<2017年11月>Fツアー:山仲間の「300名山達成」祝賀登山(茨城・八溝山)


c0119160_06515714.jpgc0119160_06523552.jpgc0119160_06531083.jpgc0119160_06533959.jpg



★Fツアー山仲間の「日本300名山達成祝い」登山に参加!



貸切バスで名峰と酒宴を楽しむ気の合う山仲間の会「Fツアー」に初参加以来13年の年月が刻まれましたが、最近は参加頻度が激減状態でした。自分自身は「日本200名山」制覇を目指しているものの(8割の進捗)、ここ数年は登山回数自体が年4~5座と大幅なペースダウン


....Fツアーの山仲間O氏(自称:平成の食山人)が「日本300名山」制覇!(茨城・八溝山)....
c0119160_06590029.jpgc0119160_06593705.jpg
c0119160_06595962.gif


                      過去公開した「Fツアー登山記事」はコチラから 

構成メンバーの9割が70歳以上(主に団塊世代)で会社リタイアの方が大勢を占めるようになり最近は完全に平日開催が主流。200名山企画が少なくなったこともありRW は暫くFツアー参加から遠ざかり、前回(2016年1月)からもう2年近くもご無沙汰していた次第です。


..... 食山人氏の百名山祝いもFツアー山仲間と「雨飾山」に登って祝った(2009年).....
c0119160_07070917.jpgc0119160_07074247.jpg
c0119160_07081463.jpg


             <2009年>【食山人氏・日本百名山達成記念】「雨飾山」  

しかし今回は静岡勤務時代から18年間一緒に日本全国の難関峰を登ってきた山仲間・食山人氏がついに日本300名山の全制覇を迎え「お祝いの会」が開催されると聞いては欠席することはできません。偉業節目を大勢の仲間と茨城県北部「八溝山」」に登り盛大に祝いました。


   ....登山からバス帰京して、東京巣鴨の居酒屋で祝賀会にて再び大盛り上がり....                    
c0119160_08091712.jpg

11月2日(平日)有休取得、新橋駅から朝6時に集合しバスで出発!今年の8月・10月の週末は台風などで雨ばかり・・、まだ青空の下で紅葉を一度も体感できておらず欲求不満が高まっていたので、何とラッキー!まさに300名山達成に相応しい最高の快晴日に恵まれた!


     ....(左)新橋駅を朝6時バスで出発 (右) 首都高速でスカイツリーと朝日のコラボ!...             
c0119160_08130777.jpgc0119160_08133922.jpgc0119160_08140424.jpg
c0119160_08144470.jpg
c0119160_08194381.jpgc0119160_08203810.jpgc0119160_08211500.jpgc0119160_08241156.gif
c0119160_08242965.jpg







★茨城県の最高峰「八溝山」に登頂!


「八溝山」は茨城県最高峰(標高1022m)、常磐自動車道・那珂インター経由で県最北部大子町(袋田ノ滝で有名)を目指しました。10時、日輪寺駐車場に到着「八溝川湧水群コース」歩行開始


  ....日輪寺駐車場にバス到着、登山準備完了!いざ出発 (皆様、お気楽な表情)....
c0119160_08564298.jpg
c0119160_08570918.jpg


約20年前に家族3人でこの山を登りましたが頂上近くまで車で行けてアッという間の登頂で拍子抜けの山でした。食山人氏に「なぜ感動が薄い地味な山を最後に選んだのですか?」と質問したら「皆もう高齢者で関東近郊の楽な山にしないと沢山参加してくれないでしょ?」とのご回答。「成程~、仰る通り!大勢で祝ってもらうことが大切ですね!」と大いに納得した次第


 ....(左)食山人氏といつも元気なMchiko様の2SHOT (右)「八溝川湧水群コース」...
c0119160_08595019.jpg
c0119160_09001543.jpg


....紅葉が美しく色づいてきた山道を登る!10月週末は雨ばかりでやっと紅葉初体験....
c0119160_09251831.jpgc0119160_09260353.jpg
c0119160_09264345.jpg


「八溝山」の名は、八方に深く谷が刻まれている山の意味に由来。清冽な水と豊富な緑に恵まれた山で広葉樹大木が生い茂り、珍しい植物や小動物に出会うことができる自然の宝庫です。8合目付近には環境庁の「名水100選」に選定された「八溝川・湧水群」が点在しています。


  ...(左)金性水 (右)鉄水と次々に泉が登場(多少、人工的雰囲気があるが・・)....
c0119160_09292429.jpg
c0119160_09300554.jpg

八溝湧水群とは藩主水戸光圀が命名した「五水」(金性水・鉄水・龍毛水・白毛水・銀性水)、前回の家族登山では本コースは歩かなかったので新鮮な印象、バリエーションある山行が楽しめました。


   ....龍毛水・白毛水・銀性水と5つの湧水を巡り、紅葉の八丁坂を登り行く....
c0119160_09342747.jpgc0119160_09351649.jpg
c0119160_09355556.jpg
c0119160_09404475.jpgc0119160_09412329.jpg
c0119160_09415997.jpg

登山開始から1時間、11時に山頂に到着!やはり今回もあっけなかったナ~!頂上には日本武尊(ヤマトタケル)の建立と伝えられる「八溝嶺神社」が鎮座、お城のような展望台があります。


....(左)古より地元信仰の山で崇敬篤い「八溝嶺神社」 (右)天守閣の様な展望台....
c0119160_10123313.jpgc0119160_10132878.jpg
c0119160_10140326.jpg

城郭展望台からのパノラマは大感動もの!目の前には那須・日光の山々が雄大に広がっている。手前は紅葉、遥か彼方には雪が被った谷川岳も朧げにも確認することができました。


 ....展望台からは那須・日光連山が俯瞰できる絶景!快晴と紅葉の登山を漸く満喫!....
c0119160_10181365.jpg
c0119160_10185217.jpg
c0119160_10192585.jpg
c0119160_10201867.jpg

お待ちかねの昼食タイム!頂上脇の広場に座を囲み、食山人氏の快挙を祝いビールで乾杯!その後は恒例で各自が持ち寄った酒やつまみを交換しながらミニ宴会!今日は暖かい日だ!頂上で大いに盛り上り、12時過ぎに下山!再び輝く紅葉の山道を気持ちよく下っていきました。


 ....乾杯~!300名山制覇おめでとうございます!Fツアーでは4人目の偉業達成者....
c0119160_10232534.jpgc0119160_10241671.jpgc0119160_10245313.jpg
c0119160_10254137.jpg

       ....八溝山の頂上石碑・白い神馬を脇目に見ながら錦秋の中を下山....
c0119160_10345836.jpgc0119160_10351883.jpgc0119160_10365633.jpgc0119160_10372245.jpg
c0119160_10380119.jpg






★奥久慈の魅力を満喫して帰京、巣鴨の居酒屋で祝賀会!


下山途中に坂東三十三観音札所の難所寺「日輪寺」に出ました。673年(天武天皇期)に役行者が草創。807年、弘法大師により十一面観音本尊で再興、鎌倉期は源頼朝が寺領寄進、室町時代は総欅造りの大伽藍のお寺であったとのこと!何たる由緒ある歴史深いお寺ではないか!


  ....坂東三十三観音「日輪寺」、何度も山火事に見舞われ、現本堂は1973年に再建....
c0119160_11021846.jpg
c0119160_11024436.jpg
c0119160_11030132.jpg
c0119160_11033040.jpg

下山して駐車場に到着!美しい紅葉を見収めてバスに乗り「大子温泉」へ!汗を流して疲れを癒した後はバス車中で再び宴会!道の駅「奥久慈だいご」でお土産を買い帰路につきました。


     .....「日輪寺」駐車場の紅葉が実に鮮やか!楽しい記念山行でした~......
c0119160_11070996.jpg
c0119160_11073241.jpg

   ..... 「大子温泉」(保養センター・森林の湯).、湯船にリンゴが沢山浮かんでいた....
c0119160_11101261.jpg
c0119160_11104681.jpg

  .....(左)帰りのバスで宴会開始 (右)久慈川のほとりにある道の駅「奥久慈だいご」....
c0119160_11161831.jpgc0119160_11164652.jpg
c0119160_11172879.jpg

久慈川の流れが実に美しかった!源流は八溝山であり、山間部を北東へ流れて福島県棚倉町に至りここから南流、茨城県那珂郡に至り日立市と東海村経由で太平洋に注いでいます。


 ....久慈川は茨城・福島・栃木3県に跨り流域面積1.5千km2、長さ530kmの一級水系....
c0119160_11143650.jpg
c0119160_11150378.jpg
c0119160_11254266.jpgc0119160_11261711.jpg
c0119160_11270006.jpg

そして夕焼けも素晴らしかった!10月は台風など雨の週末ばかりで、久し振りに天高く光が溢れる空を見た気がする・・!奥久慈の空には飛行機雲の十字軌跡が美しく描かれていました。


  .....夕焼け空の色が刻々と変化、名峰・筑波山の上空には飛行機雲の美しい芸術絵....
c0119160_11330522.jpg
c0119160_11334214.jpg
c0119160_11341682.jpg
c0119160_11344953.jpg

無事帰京後、締めは巣鴨居酒屋で正式な達成祝賀会が開催されました。(頂上で乾杯、バスで宴会、延長の会が正解かな・・苦笑) F滝会長の乾杯音頭、食山人氏の感謝ご挨拶、記念品贈呈と続き大いに盛り上がり、21時にお開き!久しぶりに山仲間とよき一日を過ごせました。


  ....300名山達成祝賀会は巣鴨の居酒屋にてF滝氏(Fツアー会長)の乾杯で開宴!....
c0119160_11384185.jpg
c0119160_11392454.jpg

    ....記念品贈呈!食山人氏のお礼挨拶(ブランド品ウインドブレイカーを着て満面の笑み)....
c0119160_11414051.jpgc0119160_11421281.jpg
c0119160_11424114.jpg







★食山人氏と登った数々の難関峰(思い出レビュー)

c0119160_12233102.jpg
c0119160_12242293.jpg


2人が初めて知り合ったのは2000年(静岡勤務時代)、当時RW(42歳)と食山人氏(52歳)が懇親会で互いの学生時代登山経験で話が盛り上がったことに端を発します。久しく山から離れていた食山人氏が南アルプス「塩見岳」に行きたいとの要望で、ご一緒した事が縁の始まりです。


 ....(左)静岡・山好きトリオ結成!南ア「塩見岳」 (右)食山人氏バテバテだった「大無間山」....
c0119160_12262297.jpg
c0119160_12270762.jpg

 ...2001年4月「恵那山」&「木曽御嶽山」(残雪まだ多くグリセード下山が面白かった)...
c0119160_12293276.jpg
c0119160_12302186.jpg


           「南アルプス」・名峰レビュー (その1:北部編)

それ以来、静岡勤務の山仲間Y氏も含め3人で静岡・山梨・長野の名峰を夢中になって登ったものです。RWの全国200名山登頂数は現在約160座ですが、静岡赴任前は大学時代以来22年間で30座しか登っていないのに、静岡時代は3年間で25座(家族登山含む)と一挙にハイペース!


  ....2001年7月、思い出深い南アルプス南部名峰の縦走(茶臼・上河内・光岳)....
c0119160_12324523.jpgc0119160_12333390.jpg
c0119160_12345470.jpg

   ....2001年9月南アルプスの難関峰「笊ケ岳」、稜線に張ったテントからの富士山絶景...
c0119160_12405269.jpg
c0119160_12412918.jpg

....2001年10月中央アルプス大縦走(木曽駒・宝剣・空木・南駒)で見た南アルプス全山パノラマ....
c0119160_12442669.jpg

                   「南アルプス」・名峰レビュー(その2:南部編)

静岡・登山トリオの交流はRWが関西勤務になっても続きました。当時で思い出深いのは日本三大渓谷「大杉谷」(三重)~「大台ケ原」(奈良)と、霊気の修験峰「大峯山」(奈良)。2004年、東京勤務に戻りFツアーに初参加。今回の山仲間と知り合いバスチャーターの山旅が主流となりました。


   .....2002年8月「大杉谷」、桃の木小屋宿泊で滝の数々を遡上登山!.....
c0119160_12451510.jpgc0119160_12460481.jpg
c0119160_12471040.jpg

 ...2003年5月熊野古道・修験「大峰山」(稲村ケ岳・山上ケ岳・大普賢・弥山・八経ケ岳)...                   
c0119160_12501177.jpg
 ...2005年6月、Fツアーで桧枝岐から登った難関峰「平ケ岳」 (13時間以上・長丁場)....
c0119160_12510496.jpg
c0119160_12513410.jpg

東京勤務時代は、皆と楽しく登る「Fツアー」登山&静岡トリオでの北アルプス北部峰の踏破での精力的登山。特に思い出深いのは、裏銀座縦走・雪の立山連峰・雲の平・高天原温泉かな・・


  ...2006年8月北アルプス裏銀座縦走(烏帽子・水晶・赤牛・鷲羽)、奥深い山々だった....
c0119160_12533366.jpgc0119160_12540694.jpg
c0119160_12545201.jpg

...(左)2008年5月、雪の「立山連峰」大周遊 (右)黒部湖と雪に覆われた後立山連峰....
c0119160_12585056.jpg
c0119160_12592568.jpg

 ...2008年8月、北アルプス「雲の平」 (左)豪雨の薬師沢 (右)「薬師岳」の雄大な姿....
c0119160_13023676.jpg
c0119160_13034878.jpg

                 <2008年>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅②  

  ...2008年8月、雲ノ平から日本一奥深く遠い山の秘湯「高天原温泉」についに到着...
c0119160_13083999.jpgc0119160_13091167.jpg
c0119160_13100453.jpg

                 <2008年>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅③  

2009年「雨飾山」で食山人氏・百名山達成を祝い、2010年難関峰「鋸岳」(南アルプス)はテント泊挑戦、2011~202年北海道日高山脈や飯豊連峰の縦走(超苦行だった)を何とか成し遂げました。


 ....(左)2009年「雨飾山」(食山人氏日本百名山達成)(右)2010年「鋸岳」でのテント泊....
c0119160_13131256.jpg
c0119160_13135019.jpg

  ....2011年北海道・日高山脈「カムイエクチカウシ山」(奥深い秘境・日高、熊の危険が大)....
c0119160_13155320.jpg
c0119160_13161591.jpg

            <2011年>日高の奥深き難関峰「カムイエクウチカウシ山」(後編)

   ....(左)2012年5月奥秩父「雲取山」  (右)8月飯豊連峰「エブリサシ岳」、猛暑でヘロヘロ...
c0119160_13182657.jpg
c0119160_13191009.jpg

 ...2013年8月越後奥只見「荒沢岳」&「越後三山」(越後駒・中ノ岳」の長距離縦走旅....
c0119160_13220237.jpg
c0119160_13222421.jpg

2013年、越後奥只見の名峰も猛暑の中でヘトヘトになり辛かった~。食山人氏と2人で登った山で特に思い出深いのは九州宮崎の難関峰「大崩山」(ベスト5に入る名峰)でした。2014年は雨と道迷いしての登山断念、翌年の再挑戦で雄大な花崗岩・山塊のスケールを体験し圧倒されました。


....2014年九州の山デビュー、2015年5月宮崎「大崩山」リベンジ登山(前年敗退の再挑戦)....
c0119160_13242566.jpgc0119160_13245094.jpg
c0119160_13251121.jpg

c0119160_13280962.jpg
c0119160_13282390.jpg

            <2015年>高千穂・日向の山旅:九州最難関峰「大崩山」

今、小生は登山回数が年4~5座に落ちる体たらくぶり状態ですが、食山人氏は今なお年40回以上のハイペース継続の驚異的お元気さで今回300名山の達成です。小生は200名山達成までをあと40座程残していますが、細く長く10年くらいの年月をかけてチンタラと登っていきます・・。(苦笑)


 ......(左)「大崩山」(宮崎県)(右)北アルプスの秘境「雲ノ平」.......   .....(左)「大杉谷」(日本三大峡谷)~「大台ケ原」 (右)日高山脈「カムイエクウチカウシ山」...... 


                                        おわり
                                               

  # by rollingwest | 2017-11-12 13:35 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(95)

RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第37巻)



RW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第37巻)は、 ビートルズ名盤50周年の第4弾「マジカルミステリーツアー」から「ストロベリーフィールズ・フォーエバー」(1967)をお送りしています。♪\(^◇^)/♪… 下記URLよりクリック



            ビートルズ  「マジカルミステリーツアー」特集(1967)
c0119160_17073577.jpg


       【My Favorite Songs】過去紹介した名曲(INDEX)はコチラから



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
c0119160_15342514.gifc0119160_15405358.gifc0119160_1541379.gifc0119160_15412482.gifc0119160_15414376.gifc0119160_1542442.gifc0119160_15434219.gifc0119160_15441097.gif ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

.

  # by rollingwest | 2017-11-05 17:20 | 洋楽(ロック・POPS)

<2017年10月>:ビートルズ来日後に華開いた懐かしのグループサウンズ(後編)


c0119160_12520741.jpgc0119160_19532126.jpg
c0119160_19493346.gif
            <2016年6月>:懐かしのグループサウンズ(前編)より続く



★50年前のGSブーム!(ビートルズ来日公演に影響された若者達)


            冒頭導入部のコメント:前編と8割方は同じ内容です>

懐かしい昭和・高度成長時代から半世紀が経った今、色々な50周年番組や企画が続々と登場しています。日本中が熱気と興奮に包まれた51年前の「ビートルズ来日公演」(1966年夏)もその一つ、当時RWは小3でしたが、ビートルズ来日旋風の記憶は今も自分の脳裏にシッカリと刻まれています。


    ....1966年ビートルズ来日から半世紀)、これが日本のGSブームに火を付けた!....
c0119160_1953694.jpgc0119160_21581304.jpgc0119160_19533166.jpg
c0119160_19534621.jpg


同じ年にモンキーズの音楽コメディ番組がスタート、TVに夢中になって齧りついていたものです。この2つのグループによってRWの洋楽興味は当時に事前醸成されたことは間違いありません。

c0119160_2034977.jpgc0119160_2042089.jpgc0119160_2043273.jpgc0119160_2045714.jpgc0119160_22193012.jpg
c0119160_2053214.jpg

   1966来日時のビートルズ公演「武道館コンサート全11曲」はコチラより 

日本の若者も流行に続けとばかり、翌年に数々のGSバンドが雨後筍の如く続々とデビューしました。50年前の1967年はGSブームが熱狂頂点を迎え、日本芸能史に特筆される程の社会現象となって国内を席巻したのです。当時RWは小学校3~5年生、低学年の頃は怪獣映画ばかり夢中になっていた自分が一歩大人になったような気持ちになり、GS大ブームの渦に一挙嵌っていったのでした。


  ....熱狂のGSブームは僅か3年程だったが、昭和の音楽史に今も燦然と輝いている....
c0119160_20361987.gifc0119160_19162610.jpgc0119160_20363182.jpgc0119160_20364491.jpgc0119160_20371166.jpgc0119160_2036978.jpg
c0119160_19391076.jpg



....GSブーム最大人気バンドはやはり「タイガース」!2013年に奇跡の全員復活を果たした....
c0119160_2045636.jpgc0119160_20452789.jpgc0119160_20454524.jpgc0119160_20455999.jpgc0119160_22163553.jpg
c0119160_2173849.jpg

       
当時最も人気があった「タイガース」は2013年再結成後に名曲記事を紹介済み(下記リンク参照) 昨年公開の前編ではブルーコメッツ、スパイダース、ワイルドワンズ、ヴィレッジシンガーズ、サベージ、フォーククルセダーズをレポートしたので後編はそれ以外の主なGSバンドを紹介いたしましょう。

               「タイガース」奇跡の完全復活(2013)の記事はコチラから


  *(注)当時の正式バンド名は「ザ・〇〇」の呼称でしたが、全て簡略表記にします。 





★タイガースと人気を2分したショーケン(萩原健一)率いる「テンプターズ」


50年前(1967)当時のGS人気はタイガースが王者的な存在でしたが、「忘れ得ぬ君」でデビューした「テンプターズ」はそのライバルとして登場し、「おかあさん」「秘密の合言葉」「純愛」「神様お願い」と次々と大ヒット曲を放って一挙ブレイク、GS黄金期を共に支え合い人気を二分する程になりました。


....(左)デビュー「忘れ得ぬ君」♪ノーノーノー、ノノノノ~ (右)♪オ~、ママ・ママ~「おかあさん」.....  


萩原健一はショーケンの愛称で親しまれ、一時期はブロマイド売上げがNO1になる程のアイドルぶり!チョコレートTVCMでは、明治製菓がタイガース・森永製菓がテンプターズを起用(♪ヤング森永~)、こちらでもライバル同士が熱い戦いを繰り広げていたことが懐かしい記憶に残っています。


   ....(左)命がけの愛を誓い合う「純愛」(右)森永製菓のチョコCM♪ヤング森永~.....  


しかしGSブーム終焉とともに1970年12月末に解散、タイガースがその後も復活・再結成されたのに比べると、テンプターズは何となくフェードアウトして寂しくその幕を閉じていった印象があります。


     ....「神様お願い」、♪アン・ア・ア~ン、神様~お願いだア~僕のあの人に~.....  
c0119160_21200470.jpg  

 .....「テンプターズ」は「エメラルドの伝説」が頂点曲!(今もカラオケで歌います)....  
c0119160_21210244.jpg  

その後ショーケンは「太陽に吠えろ」「前略おふくろ様」等の出演で性格俳優の道へ転身し大活躍!しかし1984年いしだあゆみとの離婚や大麻所持逮捕等、波乱万丈の人生を刻み最近は芸能界第一線からは姿を消した感じです。現在は2011年に再婚、朗読活劇の舞台で頑張っているようです。






★失神パフォーマンスで一世を風靡した「オックス」


タイガース、テンプターズに次ぎ第3の人気を博したのが「オックス」(1968デビュー)でした。ハスキーな声で訴えかけるような野口ヒデトの哀愁ボーカルと、オルガン演奏中に失神するパフォーマンスを何度も演じた中性的な赤松愛(茶髪おかっぱヘア)の2本柱で熱狂的なアイドルバンドになりました。 


    .....熱狂的な人気を博した「オックス」、野口ヒデトと赤松愛が2大看板....
c0119160_21220736.jpg
c0119160_21225720.jpg

....(左)「ダンシング・セブンティーン」♪お洒落~な僕! (右)「ガール・フレンド」....


失神連鎖は公演会場に詰め掛けた女子学生にも波及、興奮した30人が次々と意識を失い病院に担ぎ込まれる事態に発展し世間を大いに騒がせ、GSブーム過熱のクライマックスの象徴でした。


  .....(左)赤松愛のステージ演奏中の失神は大騒動に! (右)「スワンの涙」.....


彼らも1971年解散しGSブームは急速に冷めていく道を辿りました。アイドルボーカリストだった野口は後に真木ヒデトと改名して演歌歌手に転身、現在もディナーショー等で頑張っているようです。





★アイ高野の歌声とスティックアクションが強烈な印象だった「カーナビーツ」


 .....「カーナビーツ」はドラマーのアイ高野(中央)が徹底的に目立っていた....
c0119160_21332380.jpg

1967年「好きさ 好きさ 好きさ」でデビューしたのが「カーナビーツ」。この曲はゾンビーズ(英国)のカバーですが、原曲を凌駕するパンチの効いたアレンジと、アイ高野(ドラマー)がスティックを客席に向かって突き出し「おまえのすべて~♪」と叫ぶアクションが人気となり120万枚大ヒットの快挙!


.... (左)「好きさ好きさ好きさ」♪お前のすべて~を~(右)「チュッ!チュッ!チュッ!」....  


「恋をしようよジェニー」「オーケイ!」「チュッ!チュッ!チュッ!」など、アイ高野の甘く狂おしい歌声がファンのハートを完全に掴みました。ビートルズ「オブラディ・オブラダ」を「♪太郎は花子を見初め~」の替え歌にしたことも印象的!バンド名は星加ルミ子が命名(ロンドンのカーナビート通りが由来)


 .... (左)「オーケイ!」 (右)ビートルズのカバー替え歌「オブラディ・オブラダ」....







★ミリタリールックがお洒落な雰囲気だった「ジャガーズ」


岡本信(vo)の甘いマスクに多くのファンが魅了され、ミリタリールックが実にイカした「ジャガーズ」、1967年デビュー曲「君に会いたい」(♪若さゆえ~・・)が大ヒットし、人気バンドとして君臨しました。


   ....「ジャガーズ」はミリタリールックで実に垢抜けた雰囲気があった....
c0119160_21350384.jpg
c0119160_21353738.jpg

RWがジャガーズで最大お気に入り曲は、英国バンド曲をカバーした「キサナドゥーの伝説」でした。「♪ おー、愛に生きてエ~死のう、貴女を連れて行こう、遥かなキサナドゥ」 フラメンコ調の軽快曲で、何と爽やかで夢ある曲と思っていましたが歌詞をよく読めば恋人を心中に巻き込む物騒な内容~


....(左)「君に会いたい」♪若さゆえ~ (右)一番お気に入り「キサナドゥーの伝説」.... 







★「ケメ子の歌」は2つの曲が存在していた!


♪ドゥワッパ~、パ~ボデュ・ウバスティ・ダンダン・・意味不明のイントロからお茶目な電子ボイス、日本中でこの不思議な「ケメ子の歌」が大流行しました。ザ・ダーツの曲が一世風靡した印象が強いですが、実は同時期にジャイアンツが「ケメ子の唄」を出しており、題名・メロディーは基本的に同じ感じでした。


 .....「ケメ子のうた」はザ・ダーツとジャイアンツが同タイミング(1968年2月)で競う....
   c0119160_21374834.jpgc0119160_21385868.jpg  

しかし題名をよく見るとダーツが「歌」・ジャイアンツが「唄」の字を使い、歌詞細部やアレンジは双方で大きく異なっていました。両曲が競い合って共にヒットし大きな話題になっていた記憶があります。





★その他の名バンド:「パープルシャドウズ」「ゴールデンカップス」「モップス」


フォーク調ムード歌謡的なサウンドが印象的だったのは「パープルシャドウズ」、彼らの大ヒット曲「小さなスナック」は有線放送から火が付き、これまた日本中で親しまれ大ヒットとなりました。演歌デュオで有名な「別れても好きな人」(ロスインディオ&シルビア)はこのバンドのカバー曲なのですよ~!


 .....「パープルシャドウズ」ほのぼの歌う「小さなスナック」はGS史の名曲....   
c0119160_21395095.jpg  


GS路線の中では異色の本格ロックを目指していたのが「ゴールデンカップス」と「モップス」でした。ゴールデンカップスの代表曲はやはり哀愁漂う「長い髪の少女」!モップスはGSブーム終焉した1970年代に入り「月光仮面」「たどりついたらいつも雨ふり」が大ヒットし、GSを経てR&Bやロックンロールに移行し成功した数少ないバンドの一つでした。人気者だった鈴木ヒロミツは2007年に亡くなりました。


 .... ゴダイゴで活躍したミッキー吉野は「ゴールデンカップス」出身!....
  c0119160_05014687.jpg

.....GSブーム終焉後、サイケデリック→ニューロック路線へ転身「モップス」、今は亡き鈴木ヒロミツ....  
c0119160_21405282.jpg

外国ロック・フォークのミュージシャンは自ら作詞作曲し反体制・反戦を主張する気骨溢れる存在でした。かたや日本のGSは外見的に洋楽バンドを意識していましたが、音楽性や中身に関しては芸能プロダクションの管理下にある単なるアイドル(作詞作曲は専門家が提供)に過ぎませんでした。


 .... 1960年代後半に100以上のGSバンドが現れ次々とヒットチャートを独占....
c0119160_21434566.jpg

GSブームは芸能史の中で僅か3年間、短い閃光で終わったものの当時の若者文化を席巻する怒涛の大流行でした。RWは小学校3~4年生でしたがGSブームに触発され、中学生で洋楽POPS・ロックに目覚めていきます。自分にとって憧れ存在だったグループサウンズは永遠の思い出です。           


    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
c0119160_22171528.jpg





★【番外・洋楽編】:「ロックの殿堂」米国ミュージアムが日本に上陸!


最後は番外編として、RWがGSブーム影響を受けて中学生から夢中になった海外ロックに関する最新話題のSPOTをレポートして記事締めくくりとしたいと思います。2017年9月「ロックの殿堂ジャパンミュージアム」(米国オハイオ州)が日本(有楽町駅前)に上陸したので早速足を運んで見ました。 


 .... 2017年9月、「ロック殿堂ジャパンミュージアム」が有楽町駅前にオープン!....
c0119160_07141899.jpg
c0119160_07151283.jpg

「ロックの殿堂」は、1986年に創設された世界4大音楽賞の一つでロックに大きな影響をもたらしたミュージシャンやプロデューサー等に授与される米国の音楽賞で今年32回目を迎えます。日本がライセンスを得てオープンした展示館ですが、米国以外でロック殿堂が常設されるのは世界初です!


.....過去125のアーティストが殿堂入り、受賞者グッズ展示や受賞時のビデオが公開.....                  
c0119160_07165932.jpg

ロックが初めて誕生した年は1955年と云われ、すでに60年以上の歴史が刻まれました。映画「暴力教室」の主題歌「ロック・アラウンザ・クロック」(ビルヘイリー&ヒズコメッツ)が全米NO1になり大ブームが起きたことに始まります。「ロックンロール」の呼称起源はR&Bとロカビリーの組合わせです。

c0119160_19570042.jpg

.....第1回受賞者(1986)はチャックベリー、レイチャールズ、ファッツドミノ、プレスリー等....               c0119160_19460526.jpgc0119160_20262230.jpgc0119160_19462951.jpgc0119160_19503721.jpg
c0119160_19511612.jpg

これにエルビスプレスリー、リトルリチャード、チャックべリー等が続き、世界の若者はロックンロールに夢中になっていったのでした。エルビス・プレスリーは「キング・オブ・ロックンロール」と呼ばれた不世出の歌手。「ハートブレイクホテル」でデビューし世界を席巻し、その後映画出演もして数々のヒットを放ちました。


.....ビートルズ、ボブディラン、ビーチボーイズは3回目、ストーンズは4回目の受賞....
c0119160_22175596.jpgc0119160_21342576.jpgc0119160_21360187.jpg
c0119160_21370738.jpg

ビートルズ、ビーチボーイズ、ローリングストーンズはロック先達(チャック・べリーやエルビス等)に憧れて誕生しており、1960年代中盤では彼らが世界を牽引する伝説的バンドとなっていきます。今や我々にとって彼らこそ神様的存在ですが、ロック殿堂は第3~4回目での受賞だったかと再認識!


 ....ロック殿堂では有名ミュージシャンのギター衣装も展示されており華やか!....
c0119160_05484138.jpg
c0119160_05490137.jpg


ビートルズ中期のコンセプト名盤が世界に与えた影響は非常に大きく、1966~1975年の10年間は、ロックが新しい分野に次々に挑戦し大発展した10年間でした。プログレやハードロックの台頭時期にRWは洋楽に夢中となり、リアルタイムでロック発展の軌跡を体験できたことは実に幸せでした。


.....1970年前後のスーパースター(エリッククラプトン、ジャニスジョプリン、レッドツェッペリン、ポールマッカートニー)....
c0119160_05573875.jpgc0119160_05584331.jpgc0119160_05594332.jpgc0119160_05591001.jpg
.....ブルーススプリングスティーン、ジョンレノン、ジミヘンドリクス、ヤードバーズ、ビリージョエル、エルトンジョン等も!....
c0119160_06070186.jpgc0119160_06074100.jpg
c0119160_06082515.jpg


1970年代後半以降になるとロックの反逆精神的な姿勢は失われ、音楽性が成熟し多彩化・産業化していきます。1980年代以降の洋楽はお洒落・洗練になり過ぎてRWにとっては今一つ心に響かないのですが、各世代での音楽に個々思い入れがある筈なので一概なコメント評価は避けましょう。


る....ビージーズ、プリンス、マイケルジャクソン、クイーン、エリッククラプトン、1980年代へと受け継がれる....
c0119160_06130953.jpg
c0119160_06135621.jpg


当然誰しも青春時代に聴いた名盤が最も心に深く残るものであり、その音楽に主観的な思い入れや嗜好をもつことは当然のことです。上記に紹介したグループサウンズは多感な時期に夢中になった世代以外はマニアックな音楽分野に映ることでしょう。GS名曲や洋楽カラオケを友達と唄う時、今もサビ部分やアレンジ等の詳細部分が自然な感じに曲が湧き出て一緒に唱和することができます。

c0119160_07161006.gifc0119160_07163854.jpg
c0119160_07170758.jpg


世の中の文化・価値観が均一的時代(例:紅白歌合戦視聴率が8割)で皆が同番組や音楽を見聴きした強い共有意識があること。当時のレコード・オーディオは値段が高くマイアルバムを一度買ったら擦り切れる程まで大事に聴く心構え・入れ込み感を持っていたことが背景にあるのでしょうね。



                                              おわり


    洋楽(ロック・POPS)に魅せられて(自分史):(全4編)の記事はコチラから


 【My Favorite Songs】過去紹介名曲(INDEX)

   

  # by rollingwest | 2017-10-26 20:00 | グループサウンズ | Comments(148)