<2009年1月新春>「天地人」(上杉景勝・直江兼続)のルーツを訪ねて


★年末柏崎帰省にあわせて、「天地人」ゆかりの地を訪問

09年NHK大河ドラマは越後に所縁の深い「天地人」、「上杉景勝」(初代米沢藩主)に使えた忠臣「直江兼続」がその主役。景勝・兼続のことはよく知らないので、今後楽しみにしているところです。  
第1回(1/4日)視聴率は関東で24.7%!「篤姫」を上回り最近10年で第3位の好発進(メデタイ!)  


         .... NHK大河「天地人」がスタート、主人公は「直江兼続」(上杉景勝の忠臣)....
c0119160_2205583.jpg
c0119160_221211.gif


このドラマは越後⇒会津⇒米沢と舞台を移していきますが、二人の生まれ故郷が「南魚沼市」だということを知り、年末帰省途中に「六日町インター」で下りて、所縁の地を訪ねてみることにしました。
(この街は八海山登山やスキーで数回訪れましたが、街の中や史跡をじっくりと見るのは初めて)


     .... 景勝・兼続が生まれ育った「南魚沼市」の雪里景色(越後三山の麓に広がる)....
c0119160_2232946.jpg




★美味しいお米とお酒のルーツ「魚沼」


      .... (左)春の越後三山(松原修司氏水彩画より)      (右)地元の銘酒「八海山」....c0119160_229412.jpg
c0119160_2210076.jpg


「南魚沼市」は、旧・六日町と大和町が合併で誕生した新しい市です。隣接に「魚沼市」(小出町周辺が合併)があって紛らわしいのですが、今回訪ねた場所は「南のつく魚沼市」で銘酒「八海山」や魚沼コシヒカリ発祥の地です。やはり「魚沼」は高級ブランドだから、この名前は外せないね~(笑)


    .... 越後三山の麓をゆっくり流れる「魚野川」、コシヒカリや日本有数の銘酒を育む....
c0119160_22141118.jpg


「魚野川」源流は「谷川岳」や「上信越国境」の山々(過去登った「鳥甲山」「白砂山」等も該当)です。世界有数の豪雪地帯からの豊富な融雪水が世界一美味しいお米銘酒の源となっています。
年末年始は冬型気圧配置でしたが、暖冬傾向の今年は例年比較で雪はかなり少なかったなあ・・



★上杉景勝・直江兼続の生誕地

まず訪ねた場所は南魚沼市役所前にある「景勝・兼続」主従のレリーフ。師の上杉謙信から受け継いだ「義」を貫いた二人は動乱・戦国末期を生き抜きました。兼続は「愛」甲を手に持っている・・。

         .....「上杉景勝と直江兼続」主従のレリーフ (南魚沼市役所の正門前)....
c0119160_2220218.jpg


次はいよいよ二人の生誕地「坂戸山」に向かいます。ここには長尾家・坂戸城があり景勝は嫡子として、兼続(幼名・与六)は家来の長男として誕生しました。坂戸山は南魚沼市街から程近く、魚野川を渡った所にあります。静かな雪里の街、家に皆篭っているのか人の姿は殆ど見かけません。


  .....南魚沼市街から魚野川の橋を渡って坂戸山方面(景勝・兼続の生誕地)へ向かう。....c0119160_22222311.jpg




c0119160_22223524.jpg

        .....坂戸・上田地区の治水堀に連なる越後民家、堀にはカモが悠々と泳ぐ。....
c0119160_22252835.jpg

民家の道脇に車を止めて、坂戸山入口(上田地区)から雪道を歩いていくと「景勝・兼続生誕地」の石碑がひっそりと佇んでいました。周辺には「天地人」幟旗や真新しい新設休憩所・トイレがありますが、まだ寂しい雰囲気・・。今日は12月30日、新年明けブレイクの日を待ち兼ねているようです。


     .....直江兼続のシンボル「」の字を象った甲冑、街のいたる所に幟旗がたなびく。....c0119160_2227944.gifc0119160_22272227.jpg
c0119160_22273315.jpg


最近、大河ドラマの主人公は有名人物が一巡し終えたためか、脇役的だった人にスポットを当てる手法を取っています。これは結構興味深くておもしろい。新たな人物発見とともに歴史全体を俯瞰できるのでいいことだと思います。「利家とまつ」「功名が辻」「篤姫」などはその成功事例でしょう。

                                   NHK大河ドラマの歴代視聴率

  ......景勝・兼続の生誕地石碑(上田の庄・坂戸山)....兼続(左:妻夫木聡)と景勝(右:北村一輝)....c0119160_22361720.jpgc0119160_22333462.jpg

主人公・兼続は妻夫木聡、景勝が北村一輝、その他出演者も大河ドラマは毎回の如く豪華布陣!
上杉謙信は阿部寛(「義経」でも出演、碇で海に身を投じた平知盛)、やはり渋くてカッコいいね。


  .....昔懐かしいNHK大河「天と地と」(1969年) 当時・上杉謙信役は石坂浩二、今回は阿部寛....c0119160_20451712.jpgc0119160_20453185.jpgc0119160_20455771.jpg
c0119160_20461145.jpg
c0119160_20462720.gif



私にとって印象深い謙信は「天と地と」の石坂浩二。馬に跨り刀を振って軍勢先頭に立つ姿が格好よかった!柴田恭平(武田信玄)やガクト(風林火山)が演じた謙信も奇抜ながらストイックな姿が好印象でした。「天と地と」⇒「天地人」、当時から丁度40年を迎えるのか!歳とったな~、シミジミ・・・。


        .....坂戸城・生誕の地から望む、南魚沼(旧・六日町)の山と里....
c0119160_20514281.jpg
                                「天地人」のNHK新潟HPはコチラからどうぞ
                               「天地人」のNHK公式HPはコチラからどうぞ
                                         

★景勝・兼続の修行地:「雲洞庵」

地元の方に「天地人」の見るべき史跡を聞いてみたら、「雲洞庵」は絶対に見るべしと!のお答え。
資料確認すると二人が少年時代に学問・武芸鍛錬に励んだ場所とある。第1回番組で与六(兼続)が上杉謙信に向かって「こんな所に来とうはなかった!」と叫んだ場所です。ここは確かに必見!


    .....幼少期、二人が鍛錬した学問所「雲洞庵」、(左)有名な赤門(右)気品威厳ある本堂....c0119160_20545292.jpgc0119160_205559.jpg

お堂の中に入ると実に威厳ある落ち着いた雰囲気!さすが歴史大人物を育てた立派な学問所のオーラが残っている感じ。二人は「北高全祝」という優れた師匠の元で厳しく鞭撻されていきます。


         ......二人が少年時代に学問・武芸鍛錬に励んだ学問所「雲洞庵」....
c0119160_20574328.jpg

さらに見所は、実に見事な「彫刻の梁」で越後が生んだ名匠「石川雲蝶」の作品です。昨年9月に栃尾を訪ねた時「秋葉神社・奥の院」で見た見事な彫り物と同じだということに後で気づきました。
栃尾は「上杉謙信」が幼少時代に過ごして元服後、城主「長尾景虎」となり初陣を果たした所です。

                     08秋の越後路(国上山・栃尾)の記事はコチラ

         ......(左)実に素晴らしい「石川雲蝶」の彫刻の梁    (右)離れにある開山堂....c0119160_214297.jpgc0119160_2144195.jpg










c0119160_18133081.jpg
「泣き虫・与六」(子役:加藤清史郎)・・・「こんな所には来とうはなかった!」


       .....本堂の釈迦本尊脇は諸天神・観音像の数々が見事に並べられている。....
c0119160_21142039.jpg


ここの宝物殿は上杉家の歴史を知る上においては不可欠、武田信玄や息子勝頼の直筆書状もあってビックリ!この庵自体は藤原不比等(飛鳥時代)に所縁ある千数百年の歴史を誇る所とのこと。曹洞宗の修行場としても相当有名らしく、今回「天地人ルーツ」訪問地では最大見所でした。

     .....(左)開山堂へ続く位牌堂の廊下は見応えある (右)武田信玄・勝頼の直筆書状....c0119160_21154630.jpgc0119160_211549100.jpg

               ........「雲洞庵」の黒門、杉木立の中で実に風情がある。....
c0119160_21174698.jpg





★「浦佐毘沙門堂」(晋光寺)

旧・六日町地区を後にして次は浦佐方面(上越新幹線の駅がある)に向かいます。今日は冬型と思いきや意外と暖かい日、雪山には靄がかかっています。水墨画のような冬の山里風景だった・・

               ........南魚沼の雪の農村風景。山麓の雲が霞みたなびく....
c0119160_2123757.jpgc0119160_21231851.jpg

               .........雪の地平線に遥か蜃気楼の如く.......
c0119160_2130473.jpg


浦佐駅に近い街並みの中に「浦佐毘沙門天」(晋光寺)がありました。上杉謙信といえば戦の天才、「毘沙門天」(仏教四天王の武神)を篤く信仰しており、県内あちこちに所縁の地があります。
ひたすら堂に篭り、妻を娶らずストイックに信心した謙信殿。毘沙門の化身だったのかもしれないね。

      ........「浦佐毘沙門天」(普光寺)の立派な山門 (日光陽明門を模している)....c0119160_21345096.jpgc0119160_21352248.jpg

           .........毘沙門堂につながる回廊(上下)........c0119160_21385459.jpgc0119160_21391455.jpg

このお寺も歴史が深く、坂上田村麻呂(蝦夷征伐で有名、平安初期の征夷大将軍)が建立したとのこと、スゴイね~!昨年9月に訪ねた「国上寺」「弥彦神社」など越後にも名古刹が多いなあ・・。

            ......毘沙門様に祈る地元のおばあちゃん(敬虔な姿).......
c0119160_21443229.jpg
c0119160_21444945.jpg




★「柏崎」と「天地人」

さてさて南魚沼で歴史を十分味わい、今日はもう15時を過ぎた。柏崎の実家に向かい16時到着。
穏やかな年末、1年半前の中越沖地震で崩れた庭の石塀もすっかり新しく修復されていました。

  .....3年間に2度も大地震に見舞われた新潟県(魚沼地方=中越地震、柏崎=中越沖地震)....c0119160_21514952.gif
c0119160_2152118.gif


夏に体が弱っていた親父も結構元気だったので一安心!雪も全くなくてその面でも安堵しました。
雪下ろしする程の厳冬になれば高齢者への負担は高まるので、暖冬の方が実にありがたい・・。

   .......(左)柏崎北条の専称寺  (中)北条城跡の案内板  (右)安田城跡の案内板....c0119160_2155842.jpgc0119160_2155246.jpgc0119160_21553957.jpg

柏崎にも「天地人」ゆかりの史跡があります。柏崎には北条(きたじょう)や安田などの地名がありますが、いずれも上杉謙信の家臣の名から残ったものです。謙信の死後、上杉家は分裂し次の覇権争いで「御館の乱」となり、景勝に最後まで抵抗した北条高広が北条に城を構えていました。

                ........ 北条城跡の山から柏崎市街を望む...........
c0119160_2242978.jpg


今回ドラマでは直接関係ありませんが、柏崎には上杉謙信・軍師「宇佐美定満」が「枇杷島城」を構えていました。2年前の「風林火山」では昨年10月に亡くなった「緒形拳」氏が軍師宇佐美を渋く演じていたのが印象的でした。級友H井真吾は枇杷島出身、緒形氏とは共演経験もあるとのこと。

  .......(左)謙信軍師・宇佐美定満の枇杷島城 (右)「風林火山」で宇佐美を演じた故・緒形拳....c0119160_2263285.jpg
c0119160_2264810.jpg





★再び「南魚沼」の山郷風景


毎年帰省で関越自動車道を通過する時は、「越後三山」(越後駒・中ノ岳・八海山)の雄姿と魚野川沿いに広がる「魚沼の山郷風景」に目を惹かれていました。しかし日本の歴史がかくも深く刻まれていた場所ということは知らなかったので、今回「天地人」ドラマに発見させてもらい感謝感謝!

         ......水墨画のような雪の山麓は、日本一美味しいコシヒカリの産地.......
c0119160_2295290.jpg


越後三山もまだ八海山しか登っておらず南魚沼市にはあと何回か来ることになるでしょう。再訪時は「天地人」ドラマを頭に思い浮かべながらこの景色を眺める楽しみが1つ増えました。大河ドラマのよさは「街興し」に繋がっていくこと、今後も高視聴率維持で地元が益々活性化するといいね!

c0119160_2211850.jpgc0119160_22112753.jpgc0119160_2212261.jpg

                                                     おわり

  by rollingwest | 2009-01-07 22:58 | 寺社・史跡・古道 | Comments(40)

Commented by shingo at 2009-01-07 23:18 x
名前まで出されては一番手で顔をださねばなりますまいて。おや、時代劇の言い回しに・・・。「篤姫」を一度も欠かさず観たというRWさんだけあって、詳しい!最近大河ドラマをほとんど観なかった小生が、今度ばかりは観てみたいと、心揺さぶられる内容でしたぞお~!観てみよおっと。あっ、初回は公演と重なる・・・・。
Commented by rollingwest at 2009-01-08 05:53
枇杷島出身・H井殿、一番乗りありがとさん。
週末10日、今年の初公演は成功を祈念しとるよ!そのあとの皆との再会も楽しみ。第1回は土曜にNHKで再放送するので録画セットしときな。
Commented by akiotakahashi at 2009-01-08 08:03
RWさんが、仁愛の直江兼続、慈愛の良寛と同郷で愛に溢れている理由が解りました。「天地人」を見ましたが子役がしっかりして好きになりました。
RWさんのBlogが何時も充実しているのに感心しています。魚野川・治水堀の雪景色も秀作。
Commented by 食山人 at 2009-01-08 08:36 x
雪洞庵、雰囲気がありますネエ。また今回はモノトーンの写真が冬の厳しさ、静かさを伝えて素晴らしい空気感を漂わしています。紀行文としても読み応えがありました。
Commented by マサオ改め名古屋の風来坊 at 2009-01-08 11:48 x
南魚沼の冬の雪景色、それにNHK新大河ドラマ:「天地人」ゆかりの史跡である「雲洞庵」など・・・なかなか趣きが感じられる写真ばかりですね。
「天地人」の第1回放映は私も見ました。前回の「篤姫」は、旅行のために途中から見るのが途切れてしまったこともあって、あとは年末の総集編だけしか見ませんでした。
「天地人」・・・初回を見る限りなかなか面白そうな感じですが、連続ものはあくまで見続けていないと興味がなくなってしまいので、果たして今回はどうなることやらです。
Commented by ハマのJuly at 2009-01-08 11:59 x
さすが~ですっ!!写真と解説でスンゴク勉強になるし大河ドラマと連動して楽しみが増えましたわ~(篤姫も正直あんまり見ていなかったけど)視聴率が良かったらしいですね~私も見てたし・・・やっぱ妻夫木さん人気?(初回はまだ子役だったけどその子役も又、良かった)
でもやっぱり新潟県所縁だからですよね^・^
ブログのうっすら雪景色の越後も墨絵の如く美しいワ。
全国放送で観光客増加で地元活性化に期待大!
マナーを守って!そうです!「義」と「愛」
今年のテーマになりそう。
**浦佐の駅の「うらさ」のアナウンスは標準語的だと地元の人がよその駅のようだからって新潟弁的な「うらさ」に録音し直ししたと先日テレビで言っていましたヨ・・新幹線は毎月のように乗りますが~ だから違和感無く聞いていたのかな***
Commented by matsu at 2009-01-08 14:05 x
 RWさんのブログの写真は、空や池、湖など青の出し方が素晴らしいといつも思っているのですが、今回の「南魚沼の山里の雪景色」の白と黒のコントラストも墨絵のようでお見事!の一語に尽きます。「天地人」については、私が記憶する範囲では、直江兼続、上杉景勝とも主役として映像化されるのは、今回の大河が初めてではないかと思います。初回を観た限りでは、妻夫木聡、北村一輝、阿部寛の3人は十分雰囲気が出ており、2人の子役の演技も出色で次回以降、期待が持てる出来だったと思います。この「天地人」も基本的には、一昨年の大河「風林火山」のような男くさい世界の話なのですが、NHK朝ドラのヒット作「どんど晴れ」の女性ライターが、どのような味付けで料理していくか、1年間見守って行きたいと思います。
Commented by ペガサス at 2009-01-08 15:24 x
  ちょうど今日、声楽の先生とこの天地人の子役のセリフに込められた哲学について話がもりあがりました。思いが重なって非常に嬉しいです。
  この度のドラマでは、柏崎の枇杷島での上杉謙信の恋については、深く触れられず、柏崎の観光にはうまく結び付けられなかったようです。兼続が、謙信から多くの影響を受けたとすると、兼信が恋した、柏崎で育まれた女性(何にひかれたのか)を探る事も、兼続の“愛”を解く鍵が入っているはずと私はもったいなく思っています。akiotakahashi さんが、RWさんの事を“仁愛の直江兼続、慈愛の良寛と同郷で愛に溢れている”と表現しているように、きっと謙信が好きになった枇杷島城の御姫様もきっと美しい慈愛に満ちた方であったに違いありません。
     
Commented by ペガサス・・・追伸 at 2009-01-08 15:25 x
上記の matsu  さんのコメントの中に入っていた“どんと晴れ”のヒロイン、比嘉愛未さんと昨年柏崎のノザワで食事をいたしました。とても可愛い方で、この度の天地人にも上杉家の菊姫として出演しますね。どんと晴れを手掛けた小松江里子さんがこの度の脚本ですが、彼女はどんと晴れの時にすでに愛未さんを大河に考えていたという事だそうです。
  なにわともあれ・・・   “ 愛 ”  ・・・ が今年のキーワードであることは間違いなしです。
Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:03
AKIO様、木食上人の木仏鑑賞旅もかねてまた是非とも越後を巡ってみてください。
まだ越後三山を登り残していたならば、六日町・浦佐は必見です。
Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:07
食山人様、ありがとうございます。
「モノトーン写真が冬の厳しさ、静かさを伝えて素晴らしい空気感を漂わす」という食山人殿の感想表現が実にうまい言葉だなあ・・と感心しました。
でも食山人様のことだから、まずは「八海山」の一升瓶の方に最初目がいったりして・・(笑) ズボシ?
Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:12
名古屋の風来坊様、改名されたんですね!(実にワイルドな響きです)
四国八十八ケ所を終え、西国三十ケ所霊場が完了しましたら、次は越後霊場巡りにも訪れてみてください。「弘法大師越後二十一ヵ所霊場」「越後三十三観音霊場」というコースがあるらしいです。
Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:15
ハマジュリ様、今年もよろしくお願いいたします。
確かに地元テーマですと、今まで以上に興味がそそられます。
これからどんな人物や地名が出てくるのか実に楽しみ・・。
「うらさ」の地元発音は「う」が強いアクセントになるのかな?

Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:18
マツ殿、さすが上杉謙信・武田信玄好きの貴殿!やはり景勝・兼続についても昔から造詣が深いのですな。今度は越後・米沢までの上杉史跡巡礼を計画されているとのことですが、オススメの史跡をあとでご教授願います。信玄の直筆書状は、結構色々な所に残っているんですかね。
Commented by rollingwest at 2009-01-09 00:21
ペガサス様、上杉謙信が柏崎枇杷島城の姫に恋していたなんて初めて知りました!
(Kenshin Fall in Love ・・・!?)  今度よく教えて。
謙信って、女嫌いで結婚もせずひたすら毘沙門天を拝んでたんでしょ?それとも枇杷島の姫にフラれて「もう2度と恋なんかするもんか!」と女性恐怖症になったのかな・・?(笑) 
あっ謙信公、失礼しました~!
Commented by rollingwest at 2009-01-09 05:36
追伸ペガサス様、何と~「どんと晴れ」のヒロイン「比嘉愛未」と食事したの~? そりゃ~スゴイ!朝ドラはそんなに見れないけれど、岩手老舗旅館の若女将役はよかったね~!
(ムチャクチャ可愛いし)
今回は相武紗季も出るし、田中美佐子・高島礼子・長澤まさみ・・など、豪華布陣(婦人?)ですなあ。いや、男性陣もすごいけど・・・省略(笑)
比嘉愛未は、景勝の正室(武田信玄の娘)の「菊姫」という役らしいですね。

Commented by ペガサス at 2009-01-09 07:14 x
謙信は、枇和島城の娘に深く恋したのですが、城主が、身分が違いすぎめっそーもないと許してもらえなかったと、ジェームス三木の脚本に出ていたとの、声楽の先生からの聞きかじりです。笛を吹く女性だったとか。今度よく調べてみますね。間違っていたら大変だものね。

比嘉愛未さんは、とても可愛かったし、性格もあのおかみのまんまよ。コードブルーは性格とは違う役だったので、疲れたけれど役者として勉強になったと言っていましたよ。・・・生々しいでしょ(笑)
Commented by 3式機龍 at 2009-01-10 19:41 x
しみじみ見て、やっぱり似てるなと再確認しました、子役の少年。
時計を見てそろそろかなと思い、第1話の再放送をそこだけピンポイントでまた見ました。ハチロー少年、絶好調です。いじめっこ3人の中でアップがいちばん多いです。いっそのことレギュラーになるといいな。頑張れ少年ハチロー、兼続も景勝もみんないじめてしまえー(景勝が来たら逃げてましたけど)。
Commented by わかこ at 2009-01-10 20:09 x
天地人、。直江書状のくだりだけは、見たいと思ったけど、阿部寛の謙信が素敵なので謙信とRWさん似のいじめっ子が登場してる間は見るわ( ̄∀ ̄)。第二回も雲洞庵で 兼続少年をいじめるに違いないし!!わくわく。
白黒の雪景色の写真、趣があっていいなあ。ふらっと数年ぶりに帰るつもりだけど、こんな静かな雪景色になっているとうれしいな。

Commented by Soul Mate at 2009-01-10 22:32 x
実に惜しい。。フタバで麻雀しとるヒマにこれだけの知的好奇心を持って勉強しとったら今頃バカ田大の教授くらいにはなっとったろう。本でも書いたらどうかの?あっ、3人称単数のS忘れとるよ。
Commented by rollingwest at 2009-01-11 07:47
機龍殿、言われて再放送見ました。カミサンが大笑いしてました。
特に否定できなかったので、複雑な気持ち~・・!
最後は、与六(兼続)のつくった落とし穴に落とされてましたね。
(情けな~、ドジ・・!)  しかしよく発見しますなあ・・(感心)
Commented by rollingwest at 2009-01-11 07:52
猫わか様、新年早々ご夫婦揃っていじめて(励まして)くれますなあ・・(笑)
はいはい、確かに似てましたよ・・・。こうなったら一生、「猫わか・いじめ役」を貫いてやる。
Commented by rollingwest at 2009-01-11 08:20
S聖二、昔はまっていた雀荘名を出してクサシってんじゃね~!
皆さんの今回コメントで、大河に関するキーワードが1つも出てこんのはまさに君だけだよ。(笑)
それにしても君の昔の記憶力(くだらん場面やドジこいた事件は特に・・)は大したもんじゃ。
m(_ _)m

Commented by 3式機龍 at 2009-01-11 13:57 x
直江山城守といえば天下三兵法の一人ではありませんか。その兼続を少年時代とはいえ苛めてしまうのですから、ハチロー少年は家康より凄いです。命知らずです。
私は西軍がひいきなので、天下三兵法が3人とも陣営にいたのにいずれも脇役だった関ヶ原は悲しいです。ここはひとつ、ハチロー少年を総大将にして関ヶ原を戦いましょう。少年ハチローよ、家康をいじめるのじゃ! 小早川もついでにいじめるのじゃ!
Commented by hy at 2009-01-11 16:21 x
フタバって漢字?ひらがな?何だったっけ。実に懐かしいね~。そう言えば話は変わるけど、仕送り前になると、学食で金も払わずに味噌汁と御飯だけ食ってたっけ。
Commented by rollingwest at 2009-01-11 17:17
機龍殿、もう第2回目のドラマは、2人の主人公は妻夫木・北村に変わるんで、いじめっ子はもう出ないはず。安心しとります。(detara dousyo (><*)ノ~~~~~)
Commented by rollingwest at 2009-01-11 19:37
Y成、久しくおとなしくしてると思ったら突然、新年挨拶もなく毒舌登場か!失礼な奴っちゃの~(笑)  S聖二とタッグ組んで貧乏学生時代の恥部明かししてんじゃねーッつうの!
1時間50円の雀荘フタバは「二葉」だったと思うが・・。お前が一番下宿のように入り浸って雀荘のオバチャンに可愛がられていたんだろーがあ~!名前くらい覚えとけ~!
Commented by trial05 at 2009-01-11 23:42
こんばんは~。
早速取材されましたか!
二人の生まれ故郷が「南魚沼市」なんですか・・・これはベンキョーさせて頂きました!
モノクロのような魚沼の山郷風景~、厳しい風景だけど、どこか暖か味を感じますね♪
Commented by rollingwest at 2009-01-12 06:48
トライアル様、今度仙台に帰省する時は、北陸道経由で春日山城⇒南魚沼⇒会津経由で、カメラを背負って愛車ロングドライブでいかがですか? ちと疲れそうだね~(笑) お時間があれば柏崎もどうぞ。
Commented by ozemu at 2009-01-12 20:59
ブログへの訪問ありがとうございました。
しかし、方々回られたのですね。
新潟に住んでいる私でさえ行っていないところもあります。
また、山も方々行かれているようで、参考とさせていただきたいと思い
ます。
また、よろしくお願いします。
Commented by rollingwest at 2009-01-12 21:06
「新潟ラプソディ」様、ご来訪ありがとうございました。
 (トライアル様のリンクから、新潟繋がりで縁を頂きました。)
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by リトルセサミ at 2009-01-12 22:47 x
魚沼地方には、普光寺、雲洞庵、歴史を感じるお寺とかあるのですね。墨絵のような雪景色寒そうですね、雪国の厳しさを感じます。冬の雪国へはスキーでしか行きませんが、厳しい生活でしょうか、厳しいからこそ兼続の様な立派な人が出てくるのかな、私も今年は自分に厳しくメタボを減らすように頑張ります。RWさんは大丈夫かな?
Commented by rollingwest at 2009-01-13 05:51
セサミさん、柏崎はそんなに雪が積もらないですが、豪雪地帯の人は本当に大変だと思います。昔は積雪がもっとすごかった。
メタボ対策は順調に進んでいますか?小生は正月太りして、その後なかなか元に戻りません。(泣)
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-01-14 23:15 x
南魚沼・・さむそ~っ(>0<)
我が家も曹洞宗だけど、その時代でなくてヨカッタ!(修行場。。さむそうなんだモン)

お父さまもお元気、何よりです♪

小生の地域では、雪掻きだけだって、
じっちゃん、ばっちゃん達では無理なので、
雪下ろしは絶対無理!!(笑)

ドラマが町を活性化する。。その通りかもしれません!
町の復興に一役できるかもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2009-01-15 23:00
オヤジさんの地元活動や逸話・ドラマも、今後葛飾のさらなる街おこしに発展しそうな予感ですなあ・・(笑)
Commented by こだま at 2009-01-18 05:49 x
RWのおじちゃま あれ? 海がない! こだま、見たかったのになー^^
上杉謙信さんって奥さんいなかったんですか。
ゲイ? もてなかった? 宗教と戦にはまっていて忙しかったから?
Commented by rollingwest at 2009-01-18 11:09
こだまちゃん、「上杉謙信は女性だった!」という説もまことしやかに語られているんですよ。
ネットで検索してみてください。
ところで、「冬の荒波日本海」、お待たせしました~。

Commented at 2009-02-01 13:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-02-01 13:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2009-02-01 14:10
鍵米様、ご多忙中なのにこんなにも丁寧に解説いただき誠にありがとうございました。明日、「美しい海越しの富士山」の記事をお見せするので、こだまちゃんによろしく伝えておいてね。

<< <2009年1月新春>冬の柏崎... <2009年1月1日>09年元... >>