<2009年3月7日>「青梅・吉野梅郷」と「玉川上水の源」を訪ねる 

           ......... 「玉川上水」&「野火止用水シリーズ(第1回) .......


★花の季節が足早に到来!
c0119160_16173668.jpg
c0119160_1629614.jpg

前週、南伊豆で早春桜を追いかけ目出たく涙の葉桜敗退となりましたが、今度は梅でリベンジ
昨年4月の「青梅レトロの歩き旅」と同メンバー(食山人氏・マツ氏)で今年も青梅ウォークに出掛け、満開間近の梅風景を満喫!週末=雨と諦めていたのに一転思わぬ大快晴で梅の神様に感謝~!

c0119160_16241073.jpgc0119160_16255288.gif
c0119160_1626286.jpg

異常暖冬の煽りを受け今年の春は、花祭りの関係者は商売で相当気を揉んでいるようです。熱海の梅も3月初めにもう終わりのようだし、東京桜開花も3月下旬の予想。気温の低い青梅ではまだ山桜が五分咲き情報、三寒四温に安定しない猫の目天候・・。天気も開花も読み切れない~!
c0119160_16283984.jpg



★青梅・吉野梅郷周辺の史跡・見どころレポート



今回は青梅に広がる「吉野梅郷」(マツさんの企画)です。ここは旧・吉野村で有名な梅の名所!
いきなり吉野梅郷に入ってしまうのも勿体無いので、事前に周辺の観光SPOTを巡ってみることにしました。JR青梅線「二俣尾駅」に9時過ぎ集合。まずは地元で由緒ある古寺・「海禅寺」を訪問。

           .... 1500年以上の歴史を誇る「海禅寺」(曹洞宗・古刹)の石階段と山門......c0119160_16395398.jpgc0119160_16401530.jpg

このお寺は青梅一帯をかつて支配していた地元豪族の菩提寺です。精巧木彫りが施された風格ある山門、「しだれ桜」と「楠木」、古木の梅などなかなかの雰囲気があります。桜の時期は必見!

           ....海禅寺の「しだれ桜」と「」の老大木、影絵状態の不思議な風景......
c0119160_16545432.jpgc0119160_16545892.jpg

              ....古い大木の白梅、早足到来の春、雨上がりの青空......
c0119160_173133.jpg


奥多摩橋を渡ると多摩川の源流が春の日差しを乱反射して眩しく輝き、今日一日の期待が膨らんでくる・・。橋を渡れば高台の「愛宕神社」、境内から見る「青梅の里風景」は心を癒してくれました。

          .....(左)奥多摩川の光り輝き  (右)愛宕神社から奥多摩の里を眺める.......
c0119160_1745166.jpgc0119160_17546.jpg


程近い場所に「吉川英治(1892-1967)記念館」があります。終戦期に青梅に疎開、この地で「新平家物語」を執筆開始したとのこと。庭も広く、母屋・書斎も立派!展示収蔵室も大いに見応えあり!

           .....「吉川英治記念館」の立派な日本庭園とエントランス.......
c0119160_17123115.jpgc0119160_17125823.jpg




c0119160_17131651.jpg

  .....(左)しだれ梅が映りこむ「吉川英治の書斎」   (右)長編名作「宮本武蔵」も展示.......c0119160_17255735.jpgc0119160_17253439.jpg

長編文学って今まで敬遠していたけれど、今度いつか「吉川英治」に挑戦してみっかなあ・・・。
c0119160_17282319.gifc0119160_17285075.jpg(pu! ba~ku!  niawan kara、yametoke・・)  誰ッ?




★青梅・吉野梅郷の春風景


いよいよ吉野の梅郷(住所も梅郷○丁目)に足を進めていきます。観梅通リをそぞろ歩きすれば、春の花が咲き誇っている。それにしても「青梅の里は何とも広い庭を持つ家ばかりだ!」ビックリ~

             .....青梅エリアの里民家は、敷地・庭が本当にゆったりして広い。.......
c0119160_1758147.jpg

         ......(左)ミツマタも生き生き!      (右)ネコヤナギ、なつかしい肌触りだ~......c0119160_181930.jpgc0119160_1815698.jpg

広い民家の庭には早春の花々が咲き誇っている!久しぶりにネコヤナギを見た!昔はどこにでもあったのに今はどうしてお目にかからないんだろう・・。猫の人や漫画には最近よく縁があるのに・・


           ......竹林の向こうに広がる梅林 (日本独特の風景のような気がする・・).......
c0119160_1811442.jpg




★吉野桜のような「青梅・梅の公園」
c0119160_20104284.jpg

観梅通りをさらに進み行くと、観梅客の数が突然増えてきた!日向和田駅から押し寄せてくる人たちです。ここ数日雨続きだったのに今日の突然の青空に誘われてのことでしょう。めざすは本日のメイン目的「青梅・梅の公園」、展望台から見る公園はまさに奈良の吉野桜のように見えます!

 ....「吉野梅郷」の名は奈良・吉野桜に由来(確かに似ている)、右は5年前訪れた「吉野桜」↓....c0119160_20185159.jpg   
c0119160_201941.jpg


       .....(左)青梅市「梅の公園」、吊り下がる白梅 (右)鮮やかな紅梅、寛ぐ老夫婦......c0119160_2022426.jpg







c0119160_202557.jpgc0119160_20252412.jpg

この公園にある梅は120種類、1500本の木が植えられているとのこと!4万㎡の広さ、丘陵に整備された散策道からは色々な角度から梅の表情を味わうことができて飽きることがありません。


         .......(左)槍ヶ岳形のような杉林の下には紅梅萌え立つ (右)梅を愛でる人々......c0119160_20294796.jpg



c0119160_20302031.jpg

春のオヤジ3人はビニールシートに腰を据え、お待ちかねの昼食タイム!ビールにおつまみ・ワインに焼酎お湯割りと、今日の予期せぬ晴天と目の前に広がる梅爛漫景色で酒悦の世界に浸りました。

        .....日中の暖かさも手伝って、梅の花がどんどん開き始めてきた!......c0119160_2040265.jpgc0119160_20413835.jpg









c0119160_20412275.jpg

吉野の名に因んだ青梅の素晴らしい梅郷を十分に満喫して、3人オヤジはJR青梅線電車に乗り込み「日向和田駅」から次の目的地「羽村駅」に向かいます。今度は玉川上水の源流を探索~!




★玉川上水のルーツを訪ねて


羽村市」は小生が訪れたことのない東京都唯一の市でした。都下26市の中では最も人口が少ない市(5万7千人)ですが、「玉川上水」の取水堰がある場所として有名!やっと来たなあ・・(^-^)ゞ

               .....「玉川上水」の水源である「羽村・取水堰」の水門......
c0119160_20545019.jpg








c0119160_20552518.jpg


         ....「玉川堰下橋」の上から見渡せる多摩川の流れと堰門......c0119160_2105168.jpg










c0119160_2111623.jpg

「玉川上水」は1653年開削、当時人口が100万人にまで増加してしまった江戸の飲料水を確保するため、「多摩川」から「四谷水番所」までの給水路(全長42km)として拓かれたものです。この大プロジェクトを7ケ月で完成させ名誉・苗字を受けた「玉川兄弟」の銅像が顕彰されていました。


  .......(左)水流を制御する「牛枠」(伝統的河川工法) (右)玉川上水を開いた玉川兄弟像......c0119160_2172796.jpg





c0119160_2112376.gif
c0119160_2174653.jpg

             .....堰堤電燈と「羽村取水堰」の穏やかな水流風景.....
c0119160_2184880.jpg


「羽村堰下橋」を渡ると、多摩川全体と取水堰が眺められて大きな開放感が得られます。この堰堤は西多摩地区屈指の桜の名所!もう一度、青空で桜満開の時期に来て見たいもんですなあ・・。
羽村市にはカタツムリのような井戸や、「大菩薩峠」で有名な作家「中里介山」の史跡があります。

 ....(左)「まいまいず井戸」蝸牛の如し (中)羽村市郷土博物館 (右)禅林寺(中里介山の墓)......c0119160_21305552.jpgc0119160_2131944.jpgc0119160_21312277.jpgc0119160_21314964.jpgc0119160_2132725.jpg

今後「はけの道」と合わせ「玉川上水」武蔵野風景を歩いてみたいと思っている自分にとって、まず最初に源流堰を見ることができたのはラッキーでした。春の奥多摩川の水は深い緑で味わい深く・・

         .....(左)羽村取水堰と深緑の水        (右)奥多摩川のエメラルドグリーン......
c0119160_22413485.jpg






c0119160_22421476.jpg

今日は素晴らしい晴天のもとで、梅が咲き誇る青梅の里、近代文学史の2人の巨匠ゆかりの地、玉川上水の源など、相当な距離(2万歩)をウォーキング!「結構、疲れた~・・!体重減らしが出来たかな・・?」と期待したけれど、立川駅前でまた打ち上げでアルコール補給⇒プラマイゼロ~!


          .....(左)吉野梅郷周辺の地図 <クリックで拡大> (右)羽村取水堰周辺地図......c0119160_22495593.jpgc0119160_2250976.jpg


                                                     おわり
c0119160_22561262.gif
 

  by rollingwest | 2009-03-08 16:10 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(30)

Commented by 名古屋の風来坊 at 2009-03-15 16:24 x
今回同行した食山人氏が早々と発信されたブログを先日すでに拝見していますが、いつもながらに素晴らしい写真と内容構成で、ブログ編集の方もさすがです。(速報性というのもブログの重要な要素ですので、ご友人のブログだってなかなかのものですが・・・)強いていえば、男3人で行ったことをばらさないで、ご夫妻で行ったことにした方が良かったかも。(・・・実際にもその方がずっと良いかと思いますが)
Commented by shingo at 2009-03-15 22:26 x
川崎マリエンにUTAと行ってきたよ。今日が唯一のチャンスだったので、行こうと思っていた矢先、RWさんから後押しのメール。
良い天気で暖かで言うことなし。・・と言いたいところだが、暖かすぎたせいか、黄砂のせいか、日頃の行いのせいか、富士さんは、み見えなんだ・・・。
だけど久し振りに、父子二人でドライブを楽しめたよ。たぶんこれから二人で出掛けることは少なくなるだろうなと、息子の顔をマジマジと見つめてみたよ・・・。貴重なひとときだった。ありがとうね。
Commented by ペガサス at 2009-03-16 06:28 x

   シビレ~ル~ !!

     ますます 写真・文章の腕も上がり、本当に癒しの空間!
     本、出版した”暁“には、出版パーティー呼んでね!

                             素敵よ~  !!
Commented by 食山人 at 2009-03-16 16:27 x
同じところに行ったのかと不安になるほどの写真のできばえ、悔しいけどアングル、構図が回を追うごとに工夫されて感心しています。今度、是非 風来坊さまと山行など一緒すると更に腕を上げること請合います。これだけ褒めると今後、やりにくいでしょ。ヒヒヒ
Commented by matsu at 2009-03-16 18:56 x
先週土曜日の荒天を考えると先々週の私たち3人の僥倖を思わずにいられません。それにしても、いつもの事ながら、RWさんの写真は、構図といい、色彩といい、ピクチャレスクそのもの、ため息が出るような美しさですね。空の青と梅の白、桃色のコントラストが素晴らしい!こうなったら、海禅寺の枝垂れ桜、羽村堰堤の桜堤の満開の時期にも出かけてみたくなりますね。特に羽村堰堤は晴れた日なら水の色が素晴らしくきれいです。
Commented by rollingwest at 2009-03-16 21:46
名古屋の風来坊様、中年オヤジ3人だからこそ皆様の安心感を呼ぶんですよ。カミサンと仲よさそうな虚飾に近い写真を載せるのも気が引けますし・・(笑)  ときたま虚飾報告しますね。(^_^)/~~
Commented by rollingwest at 2009-03-16 21:54
H井殿、あんな素晴らしい日だったのに富士山が見えなかったか!そりゃ~残念~!
小生もこんな絶好なチャンスはないと思って、午前中に横浜ベイブリッジに出かけた。
スカイウォークを歩き、素晴らしいみなとみらいビル越しの富士山と東京湾・千葉の海風景を味わえたよ。この時期は確かに午後になると気温上昇・花粉・黄砂で空気が澱んでしまうから、やはり冬晴れの寒~い日がオススメです。
Commented by rollingwest at 2009-03-16 21:57
ペガサス殿、本や写真アルバムはかさばるのでもうコリゴリ・・。
ブログという素晴らしい記録保管庫ができた現代テクノロジーに感謝しております。
Commented by rollingwest at 2009-03-16 22:02
食山人様、いつも毎週月曜日に先行公開していただける貴殿ブログを早速拝見させていただき、当日の思いを噛み締めながら編集文章を考えますので、いつも参考になって助かっております。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2009-03-16 22:07
マツ様、今回の青梅梅郷の企画提案、誠に感謝しています。
教えてもらうまで、こんな素晴らしい梅の風景や玉川上水源流があったとは知りませんでした。次回は、加賀の秘境難関の山「笈ケ岳」ですがよろしくお願いいたします。何せ残雪の山にテント泊は初めての経験なので緊張しております。準備万全で臨みましょう!
Commented by Soul Mate at 2009-03-16 22:11 x
花粉症とかないん?なんでそんなに元気なん?その体力にも感心じゃけど、その徹底した物見遊山精神も驚異的じゃわ。体が動くうちに海外も見とった方がええど。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-03-16 23:11 x
確かにあの日は最高に良い天気でした。
小生も半袖で過ごした記憶。。

古い大木の白梅も青空によく映えていて素敵な写真です!
(青空を背景にすると、小生の場合、鼻の色が飛んでしまうので、先輩の腕に感心しちゃう!)

吉野梅林は、山にけぶっている感があって、大好きです。

玉川上水路は、東村山市内の景色と、三鷹駅から吉祥寺に向かう辺りも好きです。
Commented by at 2009-03-17 03:41 x
いやはや、このブログ主。皆さんに愛されて…恐れ入るばかり。
強靭性と柔軟性、そして芸術性・感性・・・
食山人様の「これだけ褒めると今後、やりにくいでしょ。ヒヒヒ」などは、皆さんからいかに愛されているかが滲み出ておりますね」
人徳!人徳! ごめん、やっぱプレッシャ~になるか?
でもほんと、とても素晴らしいブログです!!
Commented by rollingwest at 2009-03-17 19:44
聖二殿、「物見遊山精神」とはもうチットましな言い方がないのかねえ・・。
(あいかわらずの毒コメントぶり)
「探究心旺盛」とか、「百聞は一見にしかずを実践してる」とか、仰ってほしいもんジャわ。
あっ、「アルコール漬け」で帰ってくるから、やっぱ「物見遊山」の範囲内か・・。(苦笑)

Commented by rollingwest at 2009-03-17 19:48
そうか、青梅もオヤジさんの縄張りでしたねえ・・・。
(新宿発~山梨までのJR沿線周辺はオヤジさんの領地でした。)
玉川上水路(東村山市内景色と、三鷹駅~吉祥寺)のウォーク、いつかトライしてみたいと思っています。
Commented by rollingwest at 2009-03-17 19:54
今だ小生にとって謎の人物「蟻様」、心あたりがないこともないんだけど・・。
転勤の時に教えて下さい。「私じゃありません」と最後までシラ切らないでね(笑)
Commented by わかこ at 2009-03-18 19:09 x
勿論、もちろん!我が家には猫柳は植えてあります。ピンクの猫柳もあるのか\(◎o◎)/!?可愛い(=^・^=)。念のため、食山人のブログを見に行ったら、アカネコヤナギというんだね(=^ェ^=)。我が家の庭にも、アカネコヤナギを植えたいなぁ。窓に映るしだれ梅の写真が、素敵ね。部屋も如何にも文豪の書斎って雰囲気で凄く大好きな写真です。
Commented by rollingwest at 2009-03-18 20:46
やはりネコヤナギは植えておりましたか!猫に縁のある植物は全て庭に揃っているんですかな?(マタタビも栽培しておるんでしょうか。酔っ払わないように・・笑)
旦那様が久しく音沙汰ないんで、ロッドコンサートに無理やり付き合わされて洋楽病に当たり」入院したのかと心配しましたが、新しい仕事のオファーで忙しいとお聞きして安心しました。
Commented by trial05 at 2009-03-18 22:57
こんばんは~。
見事な吉野梅郷 なんですね~~!!
名は奈良・吉野桜に由来とあるだけあって、確かに 似ておりますネ。
それにしても、青梅には 大自然がまだまだあるんですね~。
一転思わぬ大快晴♪ ← おめでとうございました~。(*^^)v
Commented by rollingwest at 2009-03-19 05:47
トラさんの吉野桜の写真も是非とも見てみたいものですなあ・・。
今年、吉野の金峯山寺からトライされてみてはいかがですか?
見事なショット楽しみにしております。
Commented by akiotakahashi at 2009-03-19 07:20
梅は終わったかと思っていましたが「吉野梅郷」は素晴らしいですね。青梅は都会近郊とは思えない清流が好きです。
以前「玉川兄弟」(杉本苑子?)を読み感動したことがあり「玉川上水」とはどんな所かと思っていました。場所が解り是非行きたいと思います。
Commented by こだま at 2009-03-19 10:11 x
RWのおじちゃま、おっはよー! …あれ? 居ないじゃん。
あ、そうか、会社でお仕事してるのね。遊んでくれるって言ったのにぃ。ぷんぷん。

吉川英治さんちみたいなシブイおうちに、こだま、住んでみたいでしゅ。
それとか、ほら、あそこ。白洲次朗さんちも、いいと思うのね。
なんだかんだ言って遊んでいるっぽい、次朗さんみたいなハイクォリティなおひと、
こだま、タイプでしゅのぉ(はあと)
Commented by rollingwest at 2009-03-19 22:04
AKIO様、全国を飛翔行脚していた行者旅から無事ご帰還で何よりです。
玉川兄弟に感動していたとは知りませんでした。
もう桜が咲き始めます。この堰堤桜は相当見事なようなので、訪問されてみてはいかがでしょうか?
Commented by rollingwest at 2009-03-19 22:08
こだまちゃん、只今会社(?)から帰宅してまいりました~。
いや~こんな家に住んでみたいけど、家の掃除や修理。庭の手入れとか大変そうですな・・。
私ゃ~、手のかからん集合住宅で十分満足どえす。
白洲ジローさんは、この間TVで2週連続のドラマやってたけどあいかわらずハイソで男気あって格好いいでしたな~。町田にある白洲邸「武相荘」も一度見てみたい。ブアイソーなんて名付けるあたりも洒落っ気十分です。
Commented by カコ at 2009-03-21 00:05 x
青梅は東京に住んでいるなら、少し足を伸ばせば行けるところ。
こんなに素敵なところなら、是非行かなくてはと思わせてくれますね。玉川上水の歴史も勉強になりました。
それにしても素敵な写真ばかりで、、、、皆さんのおっしゃる芸術性が光っていますね!
Commented by rollingwest at 2009-03-21 05:33
カコ様、もう東京の桜はここ2~3日で咲き始めますが、青梅の桜は4月初めだと思います。
是非満開の時期に羽村堰をトライしてみてください。(小生も玉川上水の散策を何回かやってみたいとワクワクしております。)
Commented at 2009-03-21 06:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2009-03-21 08:47
猫わか様、おっ久しぶりの1番乗りコメントですな~!ありがとう。
大丈夫だよ~!こちらから食山人「の」←ここをあぶり出しにしてみたら「様」の字が浮かび上がってきてるから。 そっちでもやって見~(笑)
Commented by わかこ at 2009-03-23 07:35 x
蝋をぬっても、火であぶってもでてこないんですけど・・・・・・
Commented by rollingwest at 2009-03-23 21:49
王様、王様、猫わか王様、皆の衆には見えておりますぞ。「様」の字がちゃんと様になって浮き出ております。あなた様には見えないのでしょうか?
(もしや瞳に縦筋が入っている猫様には見えないのかも・・・、megane kakena)

<< <2009年3月3日>横浜開港... <2009年2月27~28日>... >>