<2009年3月29日>「上野・根岸」から「谷・根・千」を歩く(その2) 

 リンク:「上野・根岸」から「谷・根・千」を歩く(その1)c0119160_22105636.gif
c0119160_2054634.jpg

4月初めに公開した上野の記事(大恐竜展)から20日も経ってしまいましたが、続編をUPします。
前回記事は恐竜特集ではありません。あくまでも上野・根岸~有名な「谷根千」のレトロを散策するコースの一環なので誤解なきよう・・(笑)。尻切れトンボになっていた「寛永寺」レポートより再開~!
     
                     


★江戸時代の歴史を見届けた「寛永寺」

c0119160_20562465.jpg

「寛永寺」といえば幕末「戊辰戦争:彰義隊の戦い」(上野戦争)の舞台となったことで有名です。
根本中堂など主要な建物はこの時焼失して壊滅的な打撃を受けました。明治維新後は境内地没収・公園用地に指定され寺は廃止状態に追い込まれたとのこと。(名刹なのにね~、哀れだなア・・)


        ........「寛永寺」(江戸の鬼門を守る、東の比叡山)の根本中堂......c0119160_2133451.jpg




c0119160_2135856.jpg





c0119160_2142021.jpg

実はここは「日光東照宮」と並び、江戸幕府を守る鬼門封じの寺でした。家康の意を受けた「天海僧上」が、幕府の祈祷寺として寛永元年(1624)に建立したことから寛永の名がつけられています。


        .........「戊辰戦争」では上野の山が戦場となり、旧幕軍「彰義隊」の拠点となった。......c0119160_2265269.jpg





c0119160_227944.jpg

ここは別名「東叡山」とも呼ばれ天台宗・関東総本山。「東叡山」とは「関東の比叡山」という意味。「京都」にとっての「鬼門」(北東方位)は「琵琶湖」なので比叡山に「延暦寺」が建立されましたが、「江戸」にとっての鬼門は「上野」方面、更に遠く北上すれば「日光」(東照宮)方面となる訳です。


      ........(左)上野不忍池の浮見堂 (右)琵琶湖の竹生島(6年前に家族で行ったなあ)......c0119160_2281779.jpg
c0119160_2283495.jpg

つまり家康は「上野の山=比叡山」「不忍の池=琵琶湖」、「寛永寺=延暦寺」と見立てたのです。な~るほど、それじゃ「不忍の池・浮見堂=琵琶湖の竹生島」って訳か!遊び心があるね~(笑)


      .........あの「篤姫」のお墓もあった。常時公開ではなく特別に時期指定されるようだ。......c0119160_22182158.jpg





c0119160_2253321.jpg






c0119160_22185057.jpg


徳川家の正式菩提寺は、芝の「増上寺」(浄土宗)ですが、歴代将軍15人のうち6人がここ「寛永寺」に眠っています。将軍家祈祷寺として17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光・比叡も管轄する「天台宗本山」として近世に強大な権勢を誇りました。「篤姫」の墓もここだったのか~!

  ........「徳川綱吉霊廟勅額門」、これから咲く枝垂に風情あり(まだ3月末でしたので・・)......c0119160_2225589.jpg

しかしこれだけ威厳と権勢を誇ったこの名古刹が今は印象が薄い・・。「彰義隊」と「維新政府」が「上野の山」を火の海と化し貴重な文化遺産を焼失させたのか・・、罪深いことをしてくれたもんだ。
c0119160_22263291.jpg
                       ↑クリックすると拡大地図が見れます。



★昭和の爆笑王&「ねぎし三平堂」c0119160_20534864.gif


寛永寺から言問通りを歩きJR高架を渡り下り、ちとアヤしい鶯谷の猥雑繁華街を抜けて根岸方面に向かうと、昭和の爆笑王「林家三平」の顕彰記念館「ねぎし三平堂」があります。入口に懐かしいモジャモジャ頭の三平パネルが・・。ダジャレ連発で巧くないけどやはり笑えるんだよネ~!「よしこさ~ん

c0119160_2212412.jpg

お騒がせ「泰葉」にワイドショーネタを撒き散らされた話題の「海老名家」ですが、今年3月21日に次男いっ平が目出度く「二代目・三平」を襲名、上野鈴本演芸場で披露興行をスタートさせました。(こぶ平は4年前、「九代目・林家正蔵」を襲名済) オバカ泰葉に離婚された「小朝」も後見人です。 


   ....(左)初代「林家三平」の高座・実物大パネル (右)「二代目三平」襲名披露興行(3月)......c0119160_22264869.jpg




c0119160_22271777.jpg








c0119160_22273943.jpg


古典落語に飽き足らず自由闊達な話芸で(クダラナイけれど何故か笑える)、三平はその殻を大きく破った「昭和の爆笑王」「神風タレント」と呼ばれ大人気を博しました。昭和40年の三平司会の「踊って歌って歌合戦」のタコ顔で踊り出す姿は衝撃的だったなあ・・!客席共に総白痴化状態でした。


   .......(左)昭和レトロの家財道具が物置に沢山 (右)三平CM・「渡辺のぜんざい」懐かしいね~.....
c0119160_5223276.jpgc0119160_5224865.jpgc0119160_523465.jpg
     .......(中)大横綱・大鵬だ!↑柳家小さん・一龍斎貞凰、おお、三船敏郎もいる!......

54歳(昭55)で逝去した初代「三平師匠」、お客様へのサービス精神は永遠に心に残りますな~
「節分」:(フクはウチ~、フクはウチ~)(何故あそこはフクはウチとしか言わないの?)(洋服屋だよ~)↓落

                       三平の高座落語「源平盛衰記」がユーチューブで視聴できます。




★お寺・お墓・猫と、江戸の懐かしい風景街・「谷中」
c0119160_2135397.gif

いよいよ「谷根千」に入っていきます。「谷中」は江戸風情溢れる寺町です。関東大震災や東京大空襲被害を免れたため古い街並が当時のままに残っており、レトロブームも手伝って東京ウォークの人気SPOTなのだ!谷中は「猫の街」。確かに猫をあちこちで見たなあ・・・(オブジェも本物も)


      .......「谷中霊園」(天王寺)の桜トンネルも見事!(3月末当日はまだ7分咲きだった)......
c0119160_21365596.jpg

 谷中の墓地は実に広~い!敷地は10万㎡、お墓の数は7千もあるそうです。ここには歴史に名を残した人たちも沢山眠っている。 (徳川慶喜、横山大観、渋沢栄一、鳩山一郎、長谷川一夫・・・)


      ........下町風俗資料館付設展示場 (江戸時代の商家・酒販「吉田屋」)......
c0119160_21402044.jpg



c0119160_2140070.jpg
c0119160_21444077.jpg

桜道を抜けると観光客が増えてきました。さすが人気の街「谷中」、心の癒しを皆求めてますねエ・・
江戸時代の街並やレトロ建物に混じり、お洒落な喫茶店や猫をモチーフにしたお茶目な民家がチラホラと・・。やはりここは「猫の街」、遊び心を醸し出している。猫も縁側で寛いでいる。あくび~(フアー)。ホノボノ・・
c0119160_21542895.gif
c0119160_2155980.gif

                    .2匹の猫↑をクリックすると動き出して顎を掻き、目を擦ります。↑         


      ...........静かで余裕のある街「谷中」、遊び心ある街の中を歩けば心は癒される。......c0119160_19233850.jpg
c0119160_1923525.jpg


寺社や墓所などの多い道の途中には情緒ある立派な民家が立ち並んでいます。静かな雰囲気だね~!喧騒・高層ビルが立ち並ぶ大都会に残されたタイムスリップゾーンですな。「大名時計博物館」の庭を覗きながら、「あかぢ坂」から「根津神社」へと陽だまり道をゆっくり散策して行きました。


           ........「あかぢ坂」の緩やかな坂を下っていき根津神社へ向かう。......
c0119160_2054053.jpg




c0119160_2082513.jpg




★坂の多い文学的な街・「根津・千駄木」


      ......「根津神社」の大鳥居と参詣道 (朱色が映え歴史の深さを感じる)......
c0119160_20304634.jpg



c0119160_203115.jpg

「根津神社」は1900年以上も前に「日本武尊」が創建したといわれる由緒ある神社です。現在ある社殿・唐門・楼門・透塀などは徳川綱吉の時代につくられたもので、国宝に指定されています。


      .......(左)神社池の亀と鯉           (右)名物の赤い鳥居道をくぐり進む......c0119160_20364586.jpg






c0119160_20371429.jpg


             ..........根津神社の威厳ある境内  (谷根千の大きな見所) ......
c0119160_2101552.jpg

この神社は3千株のツツジがあり、新緑季節には色とりどりの花が見事らしい!次回来てみよう!
c0119160_21413047.jpg

谷中は台東区ですが根津・千駄木は文京区になります。東京23区に坂道は658ケ所あるそうですが、そのうち文京区の坂は何と117ケ所を数え、全体の2割近くを占めているとのこと。「千駄木のだんだん」「団子坂」、不気味な「幽霊坂」もあります。「さだまさし」の「無縁坂」も文京区湯島です。


.....(左)根津・お化け階段(幽霊坂) (中)千駄木のだんだん(右)江戸川乱歩の舞台「団子坂」....c0119160_21373248.jpgc0119160_2137569.jpg
c0119160_21382724.jpg



c0119160_21384827.jpg

文京区」はその名の通り出版社や学校が多くあります。文学に疎いRWですが、07年秋に本郷・湯島を歩いた時は「日本近代文学発祥の地」を発見!今回も一応アカデミックな気分に浸る~!
c0119160_22151738.gif

     ........(左)講談社(中)青踏社(平塚雷鳥)↓発祥の地は千駄木だった!......
c0119160_2158527.jpg


c0119160_21593036.jpgc0119160_220974.jpg
     .........(右)夏目漱石・旧居の跡もあった~!「我輩は猫である」~↑......

リンク:07年11月記事「文京区探訪」    
            
山岡鉄舟が開いた「全生庵」には幽霊画が多くあり毎年8月に一般公開されています。怪談落語の大御所「三遊亭円朝」(「牡丹燈篭」「真景累ヶ淵」原作者)が生前集めたものを寄贈したとのこと
c0119160_22351430.gif
  ......(左)長明寺の枝垂桜  (右)全生庵、有名な「円山応挙」の幽霊画が多く所蔵される。......c0119160_22235625.jpgc0119160_22241583.jpgc0119160_22243441.jpg
リンク:幽霊画のレポート(はろるど・わーど様のブログ)はコチラから    




★再び「谷中」へ戻る

近代文学の次は、西洋彫刻美術。谷中には「朝倉彫塑館」(彫塑家・朝倉文夫の住居兼アトリエ)があり、中を覗けば写実的彫像が沢山飾られています。(オ~、どこかでクマなく見た像もあるゾウ~

         ....... (左)「朝倉彫塑館」の入口. (中) 彫刻アトリエ(大隈重信像もある).....
c0119160_22172342.jpg





c0119160_22174778.jpg

c0119160_2218795.jpg]

建物も西洋モダンでお洒落な外観、でも中庭や部屋はかなり和風。この4月から老朽化にともなう耐震補強と、国の文化財保護の観点から、保存修復工事に入り4年間も全面休館となるとのこと。


                   ....... .「朝倉彫塑館」の中庭「五典の水庭」......c0119160_2228411.jpg







c0119160_222927100.jpg

千駄木から日暮里方面に向かい「谷中銀座」に入ります。この通りこそが谷中のメインストリート!
実に沢山の人が歩いている!そして並んでいる!メンチカツ店の行列にはビックリした~(@<>@;)

      .......「谷中銀座」は活気があるね~!(商店の上にも猫オブジェがあるぞ~)......
c0119160_22342713.jpg

      ........谷中銀座の大行列、何かと思ったら名物のメンチカツ屋さんでした~!.....c0119160_9361284.jpg
c0119160_9362978.jpgc0119160_9364845.jpg

やはりここは「猫の街」、店舗の飾りや通り脇のオブジェにはあちこち猫が登場しています。谷中のシンボル・石階段「夕焼けだんだん」を登ると本物の猫が2~3匹寝そべったり日向ぼっこをしている。デブ猫~、実にのんびりしている。この大不況の中でもお気楽猫たちは全く意に介していないね・・

      .......(左))谷中のシンボル「夕焼けだんだん」      (右)銅葺き家にはデブ猫.....
c0119160_946676.jpg
c0119160_1223090.gif


c0119160_9462720.jpgc0119160_9465610.gif
あ~、今日は結構歩いた~!朝から「大恐竜展」と上野アカデミックロードに始まり、「寛永寺」、「ねぎし三平堂」、人気の「谷根千」・・と今回散策は中味が濃かったね~!桜の満開期を前にしてアルコールほろ酔い気分でほっつき歩く「ノーテンキ春おじさん」は、「谷中の猫」と変わらんかもしれ~ん。


      ........ 「谷根千」散策の地図(クリックすると拡大表示で見られます)......
c0119160_15242653.jpg
 

c0119160_952549.gif
c0119160_9521997.gif
        .2匹の猫をクリックすると↑目を覚ましたり、尻尾を振り振りいたしまする。↑         

                                                      おわり
                

  by rollingwest | 2009-03-31 19:32 | レトロな風景 | Comments(30)

Commented by わかこ at 2009-04-26 07:47 x
およっ、メンチカツ、並んでるね(^〇^)。特別おいしいとかじゃなかったけど(凄く安い)それを食べながら谷中銀ブラがステータス( ̄∀ ̄)なのかも。根岸神社、つつじが綺麗だったから、今頃がいいかも。谷中は、猫関係カフェやグッズやもたくさんあって楽しい(=^ェ^=)。
Commented by ペガサス at 2009-04-26 07:52 x
一番乗りかと思ったが、さすが猫様。一番乗りですね。
しかし、休む暇のない休日、いやいや、これがRWさんのストレス解消ですね。
Commented by ハマジュリ at 2009-04-26 13:42 x
いつもの事ながら・・へえ~流石だね~の連発!
猫チャン大好きな人にはグ・グ・グ~な谷中ですね =^・^=
日暮里はクラフト工芸の材料を買いに行ったことあるけど・・なんかやっぱりレトロな街ですよね~
RWさんのHPで十分楽しめるので~嬉しいわ~なんか得した感じ!
やはり山歩きで鍛えた体力・足だわネ!(毎回の写真といい、取材力は凄いわあ)
そろそろ私もウォーキングでもせねばメタボまっしぐら・・・・かも^^:
Commented by 3式機龍 at 2009-04-26 17:01 x
「上野は城じゃ」と海江田信義が言っていたくらいですから、現在在る建物等を全て取り払ってみると、地形的には守るに易く攻めるに難い様相を呈しているのでしょうね、この辺りは。そこにたてこもった3000人をたった1日で壊滅させたわけですから、大村益次郎という人はかなり凄いのでしょう、やっぱり。寛永寺と聞くと、天野八郎よりもこの人を先に思い浮かべてしまう私です。
谷中の幽霊坂、行きました。ただ残念なことに、周囲の建物が作り変えられた後だったようで、そのおかげで怪しい雰囲気はもはやかけらもありませんでした。円山応挙的な坂道を期待していたんですけど、あれだと出るのは痴漢くらいかなと思いました。
Commented by しむけん at 2009-04-26 18:21 x
昔、知人でゴルフの合間に仕事してると評された方が見えましたが、RWさんの場合は、街歩き・山歩き・ブログ執筆の合間に・・・ホントに仕事してるの?
最近、湯島へはお客さんに拉致されて、馴染みの場末のカラオケスナックに行きますよ(泣)
Commented by Soul Mate at 2009-04-26 21:53 x
いや~、懐かしいのう。ワシは千駄木駅の上の銭湯の裏の昭和2年築/家賃1万4千円の超レトロ木造アパートに下宿しとったけん。
押入れから戦前・戦中のタバコの箱がザクザク出てくる強烈な下宿じゃった。。ところでS&G来日じゃてな。行くん?
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:03
猫わか様は谷中を何度も訪ねているんでしょうなあ・・。貴女のオブjジェもどこかの商店街の屋根に飾ってもらったら・・(笑)
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:07
ペガサス様、ははは全てお見通しで・・、鋭い!(笑)
小生はカツオ・マグロの如く、止まったら死んでしまう海遊魚に近いのかもしれまへん・・(笑)
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:08
ハマジュリ様、近日中にメタボ増進のために飲み会を企画しますので今回は是非とも参加してください!(笑)
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:11
機龍殿、天の岩戸から出てきて下さって嬉しいですね。
前回が洋楽テーマだったので余計深く奥の祠に篭られていたんですね。できるだけ幕末・猫・怪獣・昭和レトロのテーマを心がけます。
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:20
しむけん殿!な・なんと失礼な~!仕事をしっかりやってこその趣味への没頭!
誤解は困りますなあ・・(苦笑) 2年間の実証補助事業はこの3月末に無事完了し、4月にきっちりと経産省に◎印で承認を頂きましたでござりまする!(エッヘン!) この5月で各社精算を終えたら、2年間事業も終わりなので6月頃にどこか転勤だね。
でも確かに今の職場は残業・土日出勤は殆どなかった職場なので次回時販売関係に戻れば今のような時間はつくれないかもね。
また骨折以来、ゴルフを一切やめたことも新たな時間をつくれたことも大きな理由かな。時間は自分で創り出すものなのです。(毎朝5時前には目覚めているジジーより)
Commented by rollingwest at 2009-04-26 22:26
聖二、学生時代に下宿していた千駄木の記事は懐かしいじゃろ~!
でも君の下宿していた木造アパートには夜な夜な女の幽霊が出たらしいのお・・おお怖・・!
学生時代にお前が女にもてなかったのはその女幽霊のせいじゃ(笑)
谷中・千駄木は幽霊の巣・ふるさとなんじゃなあ・・・ (南無南無)
Commented by しむけん at 2009-04-27 21:23 x
そうだったんですか~。これでまた、平民と同じようにまた忙しくなるんですね。本当に転勤もありなの?6月ですか?
Commented by Soul Mate at 2009-04-27 21:40 x
おぬしもワシと同じくらいもてんかったじゃろが?
Commented by 神楽坂 at 2009-04-27 21:53 x
谷中は祖父母の墓所、全生庵は菩提寺。よく墓参りに行きました。寛永寺といえば、徳川慶喜が謹慎した寺ですね。薩摩はどうしても幕府と戦いたくて赤報隊なんかを使って、辻斬りや放火をして旗本をあおり、その策にはまったのが彰義隊でしょう。だから、薩摩は嫌いです。ところでツヨシ君があの程度で公然わいせつ罪なら、酔って路上でギンギンギラギラを踊るのは騒乱罪じゃないの?6月にどこに転勤?
Commented by rollingwest at 2009-04-28 05:44
しむけん殿、できれば初の単身赴任でどっか遠くに飛ばされてみたいとワクワク期待している所です。
でもあいかわらず東京勤務かもね。(まあ、どこでもいいです。)
与えられた新しい場所で、しっかり仕事も遊びもやりたいと思うております。当分、慣れるまでの半年間はブログ更新ペースはガクンと落ちると思いますが・・(笑)
Commented by rollingwest at 2009-04-28 05:49
あはは聖二殿、ワシは君以上にモテんかったよ。(ご存知でしょ)
たまには千駄木に行って、君に昔惚れ込んだ女幽霊ちゃんがちゃんと成仏しているかを確かめに花でも持ってお参りに行った方がいいぞ。
実はまだ君のことを未練のまま、その場所で30年以上も待ち続けていたりして・・(笑)
Commented by rollingwest at 2009-04-28 05:55
神楽坂殿、谷中におじいちゃん・おばあちゃんのお墓があるんですか?さすが由緒正しい江戸っ子系統なんですなあ・・。
幕末といえば燃え上がる神楽坂様でしたね。
今度は調布に行って近藤勇のゆかりの地でもレポートしてみるかなあ・・。
公然わいせつ罪は、某「Tの会」においては存在自体が猥褻で歩いているだけで検挙されてもいい人が数人はいそうですな。(亀吉さんとか・・笑)
Commented by matsu at 2009-04-28 17:18 x
東京の下町の中でも、「谷根千」地区は、昔の日本映画に出てきそうな古い町並みがよく残っており、私のお気に入りの一画ですが、中でも「寺と墓とネコの町」谷中は、大好きなスポットです。全生庵の幽霊画のリンク貼りと谷中商店街、ネコオブジェ、生デブネコの写真素晴らしすぎます!そういえば、RWさんのブログには、なにげに美しい風景に溶け込んだ生ネコがよく登場しますが、それが、独特の癒し感をブログに与えていますね。RWさんなら、第二の岩合光昭になれるかも。RW流ネコ写真集をぜひアップしてください。
Commented by rollingwest at 2009-04-28 20:30
さすがマツさん、コメントの言葉一つ一つに、今まで日本史を細かく探求してきた重み・造詣の深さが感じられます。このようなコメントを頂戴するのが一番嬉しいですね。励みになります!
ゴールデンウィークに一緒に訪ねる北陸の歴史探訪の旅が本当に楽しみです。深い日本史の裏側・真実に触れられれば最高ですね!今からワクワク楽しみにしております。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-04-29 18:02 x
根津で結婚式を挙げたこともあり、ツツジの季節にはかみさんと根津神社に行っています。

しかし、先輩は歴史をよく知っているなァ。。ビックリ!

この辺り、小生的には路地のお店が大好きなエリアです♪

先輩には、今度、吉原~泪橋辺りの散策もお勧めです。(昭和を越えて、一気に『明治』の空気ですヨ!!)
Commented by rollingwest at 2009-04-30 05:42
そうか~、根津で結婚式ですか~、谷根千もオヤジさんの縁の深い場所なんですね。しかし、オヤジさんの縄張り(葛飾・荒川周辺、新宿・八王子の中央線沿い、新橋・芝周辺)は豊富ですなあ・・。あちこちの電柱にオシッコかけながら歩き回っているんじゃないの?
やはり下町歩きは楽しいですね。泪橋周辺ですか!是非とも訪ねてみたい!
丹下のオヤジ(葛飾じゃないよ)が「立つんだア~、ジョー!」と叫んだ場所ですな。(笑)
Commented by masaok15 at 2009-04-30 09:12
何時もながらRWさんならではの大変凝ったブログ編集ですね。今、蓼科に滞在していますが、実は一昨日にCATVの高速回線と契約(1ヶ月単位で可)しました。別荘なので従来は電話回線で我慢していましたが、遅いのは勿論、ついつい繋ぎっぱなしにして高額請求されたり・・・今後は貴兄の充実したブログも手軽に拝見できるようになりました。
Commented by rollingwest at 2009-04-30 18:37
マサオ様、八ケ岳からはるばるコメントを頂戴して誠に嬉しい限りです。一般人がGWに本格突入して大混雑になる前から、リゾート地に入られているとは羨ましい・・!さすが悠々自適になられた方の強みですね。
高速通信化されて誠におめでとうございます。いつもコチラの写真が多すぎで重くて申し訳ありませんでしたが、これでクイック・快適にで見ていただけるようになり、何よりです。
国の高速道路1000円政策の方も思いっきり恩恵利用されていますね。(笑)
Commented by trial05 at 2009-05-01 23:30
オヒサでゴザイマシタ~。m(_"_)m
GW中なのでしょうか?
もしかして、もしかしなくても、お山へ・・・とか!

モジャモジャ頭の三平さん! 
わぁ~~コチラでお会い出来るとは、懐かしいですね~♪

連休、しっかり楽しんでくださいなぁ~~。 (^^)/
Commented by rollingwest at 2009-05-02 06:02
トラ様、お久しぶりです。
高速1000円を生かして思いっきりロングドライブを楽しんでおられましたね。(ガソリン代の請求書をあとで見て真っ青だったりして・・笑)
こちらは本日からGWで北陸へ歴史探訪の旅に出かけます。
本当は、もしかして、もしかしなくても、お山(白山の近くの200名山)の予定だったのですが、急遽変更に余儀なくされました。
この山は残雪期のみしか登れない山(夏の登山道はない)なのですが、異常暖冬の影響で雪道が融けてしまったようです。
思いっきり路線変更して、日頃は訪ねられないマイナーで歴史の深い場所を大いに探訪してまいりま~す。それではしばし電脳世界からサヨウナラ・・(笑)
Commented by shingo at 2009-05-02 17:49 x
あちゃ~!久々にお邪魔したら、もうすでに地元にはおらず、北陸へ歴史探訪の旅とは・・・・。
今の小生の体力では、旅と聞いただけでフラフラするですよ。
あとひと月で、体力戻さねばのお。
おもろい舞台にしたいからね~。
楽しい旅をね~。と言ってももう電脳世界にはいないんだってば。
Commented by ozemu at 2009-05-04 10:35
谷根千は、良く写真を撮りに行っていました。
夕焼けだんだんの猫は懐かしいですね。根津神社も。
このコースだとかなりの時間が必要ですね。また良いコースがありましたらご紹介ください。

Commented by rollingwest at 2009-05-04 21:50
H井殿、退院後の経過はいかがかですか?
公演に向けて体調万全で頑張ってください。
実は親父が結構やばい状態になり、今日急遽旅を途中で取りやめて柏崎に帰ってきました。今は小康状態になりましたが・・。
Commented by rollingwest at 2009-05-04 21:53
新潟ラプソディさま、御無沙汰しております。
ご訪問ありがとうございました。
まだ紹介したいネタが手元に沢山あるのですが、上記理由からしばし電脳世界から身をひかせていただく予定です。またお会いしましょうね。

<< <2009年3月29日>桜開花... <2009年3月15日>快晴・... >>