<2009年6月20~21日>奥秩父秘峰・断念、梅雨の合間に・・


★2回連続の200名山登頂断念


今年の関東地方の梅雨明けは関西よりも早く7月14日、その後も暑い日が続きました。また今年も猛暑なのかね~?暑すぎる夏は困るけれど、景気回復も考えれば肌寒い冷夏よりはいいかも・・
(⇒・・と7/20に記述しましたが、その後全国的な天候不順。今年は稀に見る多雨冷夏です。)
c0119160_17431732.jpg

RW記事は季節移ろいに1ケ月の遅れを取っているため、梅雨に悩まされた6月時のレポートです。
この6月は200名山・奥秩父秘峰「和名倉山」(別名・白石山)をマツさんと制覇する予定でした。

c0119160_17444616.gif
c0119160_17452322.gif

6月は雨の多い週末が続き、1泊2日計画に見合う土日晴れの日が訪れません。日程が二転三転したあげく、土曜好天日に見切り発車で出かけたものの翌日は雨に見舞われて最終的に断念・・。ゴールデンウィーク・「笈ケ岳」(雪道が消え断念)に続き、2回連続で登頂を諦めるハメに見舞われた・・(泣)
c0119160_1748983.jpgc0119160_17473347.jpg








c0119160_17494426.gif
しかし、初夏の奥秩父は瑞々しく、苔蒸したムードで緑深まりゆく山歩きを味わうことができたし、久々の山小屋宿泊ではエキスパートの山ベテランとの会話も楽しく、なかなか有意義な旅でありました。





★「和名倉山」へのアプローチ

和名倉山」へのトライは5月下旬から日程を決め出発を何度か試みたものの、週末梅雨が続いて2回延期。しかし6/20(土)晴天!日曜予報はやや不安定ながらもう我慢ならずいざ決行じゃ~
マツさんとはJR相模湖で待ち合わせ、中央道・勝沼ICから北上して山梨県北部に向かいました。


         .......(左)一ノ瀬高原(三ノ瀬登山口)より登りはじめる。 (右)苔の蒸した岩........c0119160_17594197.jpg










c0119160_180665.jpg

「和名倉山」(別名・白石山)は日本200名山ですが、多分殆どの人が聞いたことがないマイナーな山です。奥秩父にある秘峰で北に両神山・東に雲取山・西に甲武信岳を望む位置にあります。


         .......「和名倉山」(2036m)のルート図 (奥秩父の最深部にある)........c0119160_18123474.jpgc0119160_181351100.gif







c0119160_18213726.gif

車は甲州市(旧・塩山市)の山奥道を上り詰めていき、三ノ瀬登山口に12:30に到着し登山開始。
緩やかな道を歩いて行けば堰堤滝の水風景や瑞々しい緑に包まれます。楽な登りで気持ちいい。


                ........林道途中にあったコケに覆われた堰堤の滝........c0119160_1833079.jpgc0119160_1841979.jpgc0119160_18524710.gif





★「将監小屋」に宿泊

2時間半程歩けばやがて今日の宿泊地・「将監小屋」に15時前に到着~、荷物を下ろして山小屋泊りの手続を済ませます。明日が頂上挑戦のメイン日、今日は前衛までのアプローチの位置づけ


          .........「将監(しょうげん)小屋」は青いトタンで覆われた質素な佇まい........
c0119160_1903328.jpg
一服した後に翌朝登山の下見を兼ねて「将監峠」まで登ってみましたが、どんよりと曇っており視界は開けず・・。明日の天気予報は雨模様だけどまた一変青空の奇跡を期待するしかないね~(祈)


    ..........(左) 「将監小屋」の   (右)目の前に広がる草原を登り「将監峠」へ下見......
c0119160_1912373.jpg
c0119160_1914062.jpg


さて下見からは戻った後は、待望のビールをプシュッ!つまみを開け焼酎に移行してマツサンとしばし歓談。この小屋に飼われている犬がクンクンと鼻を鳴らしながら餌をねだりににじり寄ってきたぞ。
c0119160_20321281.jpgc0119160_20322646.gifc0119160_20323922.jpg
c0119160_20325349.jpg


  .......餌をねだりに来た小屋のワンコロ。(カメラを向けると吼える。鹿肉を沢山貰ったくせに)......c0119160_20424010.jpg
c0119160_2043078.jpg







c0119160_20432385.gif

マツサンと麻雀の話題で盛り上がっていたところ、気さくなオジサン(麻雀好きの団塊世代の方)が話しかけてきた。この方たち、話が弾んでいくうちに200名山はおろか静謐な難関峰(景鶴山等)を専門に登っているエキスパートであることがわかりました。話の内容が大いに参考になったなあ・・


  ..........(左)草原から見下ろした「将監小屋」  (右)山のエキスパートおじさんたち(同泊)........ c0119160_20575425.jpg




c0119160_20581817.jpg

盛り上がっていましたが明日に備え、早めに就寝(19時過ぎ)。夜空を見上げると雲が少なく何か晴れそうな予感!もしかして、またも大逆転? 「何だかいけそうな気がする~♪アルと思います。」
c0119160_21124720.jpg





★雨の翌日、登山断念でやむなく下山
c0119160_21281830.gif
c0119160_21283532.gif
c0119160_2129336.gif

バシャバシャ、ザーザー、早朝4時過ぎに目覚めれば激しい雨音。あ~あ、やはり天気予報は当たっちまったか・・(落胆) このところずっとお天気男で自信を深めていたのに・・そう幸運は続かないか。


             .........日曜朝は強い雨、登頂は断念(残念・・・カエロウ)........c0119160_21331567.gif
c0119160_21333212.jpg

それにしてもすごい降りだなあ・・。わざわざこんな山奥まで来たのだから、小雨程度なら登頂したいけど・・、さらに雨音は強くなる。エキスパートおじさんたちは完全に行く気なし。我々もや~めた・・。
無理は禁物、安全第一・・、また来ればいいや。


    .......(左)下山途中で見た渓流水(風流なる流れ) (右)鮮やかなレンゲツツジ........c0119160_21382932.jpgc0119160_21385711.jpg

昨日歩いてきた登り2時間半の山道は、下山なら所要2時間なので朝8時にはもう駐車場に到着。

車は昨日来た道を引き返しますが、この近くには「おいらん淵」とよばれる戦国時代の悲劇の場所がありました。ここは心霊スポットとしても有名で、遊女達の霊が彷徨う場所とも云われています。


......心霊スポット「おいらん淵」は、旧・塩山市の「黒川鶏冠山」の武田隠し金山に由来した悲劇....c0119160_22433555.gif
c0119160_2243525.jpg

黒川鶏冠山の山中には、戦国時代に武田家の隠し金山があり、武田軍の豊富な軍資金を産出しました。最盛時には鉱夫や遊女がここに集められ繁栄を誇りましたが、武田氏滅亡で黒川金山はついに閉山。金山の秘密漏洩を危惧した武田残党に騙されて、遊女らは淵に沈められたのです。
c0119160_22471644.jpg
c0119160_22473351.jpg

夜中にこの道をドライブすると数々の怪奇現象に遭遇するそうです。この淵近くでは死亡事故も多くちょっとヤバイな場所かも・・。同乗のマツサン(武田信玄好き)が急に強い吐き気に襲われ体調を崩し始めました。おお、怖~、もしかして花魁の霊が憑依してきているのかもしれない。逃げろ~!
c0119160_2248103.gif

c0119160_1013757.jpgc0119160_1013757.jpgc0119160_1013757.jpgc0119160_10142265.gif


            ........輝く緑を目にしながら、山梨の麓へ再び下っていく........c0119160_7555599.jpg








c0119160_7563013.jpg

雨に濡れた新緑は一段と生き生きとして輝き始めている。緑は目に眩しく、車窓風景はなかなかの絶景です。フルーツの里・勝沼を通り中央道経由でJR相模駅到着。マツサンとはここでサヨウナラ~




★相模湖・津久井湖、梅雨風景

さ~て、まだ日曜日朝の9時・・、時間がエラく余ってしまった。(本来今は奥深い山に挑戦中・・)
帰路は相模湖・津久井湖の風景を楽しみながら、下道経由で厚木に抜けて川崎自宅に帰ろう。


      ........雨に煙る相模湖、観光ボートは出番なく係留されている。........c0119160_842033.jpg


c0119160_843815.gif




c0119160_845819.jpg

        ............雨の季節もまた一興、白鳥ボートくんもゆっくりと休養日........c0119160_8375913.jpg





c0119160_83982.jpgc0119160_8383531.gif
朝早い雨の相模湖には殆ど人の姿が見られません。出番のない観光船やボートは雨に濡れながら湖面に寂しく浮かんでいました。GWと夏休みの狭間なので本番出勤に備えゆっくり休んで頂~戴


        ............相模湖に煙る雨霧、絵画のような梅雨時の風景........
c0119160_8541920.jpg

相模湖を後にして次は、隣接の津久井湖に向かいます。この2つの湖は神奈川県の水源を担う重要な人造湖。その水は富士山・忍野八海から桂川を経てこの湖に貯められています。その流れは相模川に繋がっていきますが、神奈川県の人は富士山水源の美味しい水を飲んでいるのですよ。


        ..........津久井湖周辺の民家沿道には、鮮やかな紫陽花が咲き誇る。........
c0119160_8555991.jpgc0119160_8563363.jpg
c0119160_8525919.gif

津久井湖
は一望できるような展望台や公園はなく、周辺は地元の一般道です。梅雨時期の象徴・アジサイが民家脇にひっそりと咲いています。雨の日はやはり菖蒲か紫陽花が似合いますなあ・・


             .......相模川・津久井湖を横断する道志橋からの眺め........
c0119160_965888.jpgc0119160_972532.jpg






c0119160_985024.jpg








c0119160_98168.jpg

c0119160_981438.jpg


神奈川・水源風景を十分堪能し、厚木方面に南下し自宅に戻りました。今回の登頂断念も残念でしたが、山は逃げる訳ではない・・(1ケ月前北陸山行を断念した時も同じ言葉を言ったような・・笑)
でも次回のFツアー・北アルプス餓鬼岳(7月下旬)こそ、晴天に恵まれてほしいなあ・・。(祈念)


          ...........相模湖・津久井湖周辺の地図 (クリックすると拡大表示)........
c0119160_9303246.jpg


さていよいよ夏本番!季節の花は紫陽花・菖蒲から、向日葵の鮮やかな表情の花に変わっていきます。16年ぶりの冷夏も予想されますが、皆様、お互い健康に注意し夏を乗り切って参りましょう。
c0119160_9313229.jpg


                                                    おわり



次回は久々の「東京都心風景シリーズ」をお届けします。
c0119160_10181854.jpg

  by rollingwest | 2009-06-25 17:35 | Comments(28)

Commented by shingo at 2009-07-20 21:10 x
確かに山は逃げないやね。途中断念して帰ってくるのも勇気なのかもね。
北海道の夏登山の悲劇も、引き返せば起こらなかったのに・・・・。実にかわいそうだった。亡くなった方々のご冥福を祈りたい。     
雨模様の風景もいいものずらね。川や湖のRWさんの写真には、小生とりわけ癒されまする。
Commented by rollingwest at 2009-07-20 22:48
H井殿、貴殿の名前も水に関係があるから昔の祖先から水に癒されるDNAを受け継いでいるのかねえ・・(笑)
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-07-21 06:00 x
奥秩父は登った事がありません・・。
秋にドライブで行った事しか・・・有りま千円。

さすが大滝村って感じですね~!!
苔が、水のきれいさを教えてくれていますネ!!

これだけ綺麗なマイナスイオンを浴びまくっちゃったら、先輩のお肌は美しくなっちゃったのでは?(相模湖のスワンちゃんのように(笑)

Commented by ペガサス at 2009-07-21 13:30 x
なんて素敵な風景なのでしょう。RWさんのお陰で、日本は本当に素晴らしい国であるとますます感謝するばかりです。
昨日、柏崎高柳の貞観園を訪ねました。新潟県では国指定3件の中に入っていて、静寂と簡素、さりげなさが気に入りました。こんなところで音楽会なんて素敵かも・・・・。RWさん是非今度取材をお願いいたしまする。
Commented by matsu at 2009-07-21 19:25 x
 和名倉山は夏までに、是非登っておきたかったのに残念至極です。でも、山は逃げないので、秋にでも、天候の安定している頃を見はからって必ずリベンジしましょう。花魁淵については、気になったので、帰宅してウィキペディアで調べたら、花魁淵の由来について書かれた看板の文章を全部読んだ者は呪いを受けるなどと書かれていました。原因不明の急な吐き気に襲われたのも花魁の祟りだったのか、しばらくはガクガクブルブルでした。でも、本当の原因は、前の晩、山小屋で、あまり、つまみを食べないで、焼酎を飲み過ぎたせいでした。もう年なので、飲み過ぎにはお互い注意ですね。
Commented by まき子 at 2009-07-21 21:51 x
武田信玄、そのようなことも・・・
花魁霊・・・ちょっと、いや、女性なだけにコワイかも(汗)。

って、それはさておき、
つい先日登山客の例のニュースを聞くにつれ、
RWさん大丈夫かなーって思っていました。

そんな本格的な山登りではないにしろ、本当にお気をつけくださいませ。。。

Commented by Soul Mate at 2009-07-21 22:59 x
う~ん、ワシはこの「おいらん淵」の写真だけでもうダメじゃわ。いやあ、山登りはいろいろ怖いことが多いのう。昔は狂人を山に捨てとったみたいじゃけん山の中でさまようとった人もおったじゃろうのう。RWもご安全に!!
Commented by rollingwest at 2009-07-21 23:05
オヤジさん、そうなんですよ。この山は甲斐の国からアプローチしましたが、埼玉県大滝村に所属なのです。埼玉の山ってイメージが薄いかもしれませんが、百名山が2つ(甲武信岳・両神山)もあるんですよ。
Commented by rollingwest at 2009-07-21 23:12
ペガサス様、貞観園はまだ訪れていないのですが、松之山の棚田と合わせて、じっくり見てみたい場所の一つです。いつか取材したいと思っています。
Commented by rollingwest at 2009-07-21 23:18
マツ殿、今回は日程を3回も延期して臨んだのに敗退で残念でした。マツさん自身もオイヅル・和名倉・笊ケ岳と3連敗でついていませんが、またいいことありますよ。
あの時の急な吐き気は、前日の飲みすぎだったのかなあ・・。
武田信玄を尊敬しているマツさんは、遠い昔にこの辺りの淵に縁があったのかも・・(怖)
失礼~!  飲みすぎとすきっ腹のアルコールに注意!(笑)

Commented by rollingwest at 2009-07-21 23:23
まき子様、先日の北海道大量遭難のニュースは我々にとってもショックでした。実は秋に北海道に数日入山する予定ですが、今回の件は他山の石として自分自身の戒めとすべきとあらためて思いました。
Commented by rollingwest at 2009-07-21 23:26
聖二殿、貴殿は学生時代に下宿先で女幽霊にまつわりつかれたから今回の伝承・怪談は余計に身にしみることであろう・・。
まだあの当時の女幽霊はお前のことを待っているかもしれんから、花束持って供養に千駄木に行ってこい。(笑)
Commented by akiotakahashi at 2009-07-22 06:35
梅雨風景とアジサイを楽しませていただきました。それにしても「将監小屋」とはみすぼらしい小屋ですね。
先週の北海道の山での10人凍死には、夏山でも厳しいなと驚きました。梅雨の季節は渓流が一挙に濁流になるか、土石流が怖いななど多方面からの注意が必要かと考えた次第です。
Commented by ハマジュリ at 2009-07-22 10:43 x
日本中にはたくさん興味深い山々があるのだとRWさんのブログで感じています。
自然が相手なので途中で登山断念もあるけど・・大事なことよね!引き返す勇気だね~さすがですRWさん。

無理は禁物・安全第一・また来ればいいや~!(あると思いますっ)

梅雨時の山々のもやった感じも又、素適ですネ。

いつも凄いな~と感心しながら楽しませてもらっていま~す。

 (TVで皆既日食を生中継するところです・・こちらも楽しみだわ!)
Commented by alkinist at 2009-07-22 14:00
和名倉山は40年以上前の学生時代、山仲間と登りましたが道に迷い苦労した思い出があります。将監小屋のボロさは当時と同じですねエ。山頂は林の中で全く展望がききませんでしたが大きな倒木の根を屋根代わりに樹皮を敷いて床にし木立の間にのぞく星空を見ながら寝た記憶は今も鮮明です。二瀬への道は復活したのですか?
Commented by rollingwest at 2009-07-22 22:10
アキタカ様、今週末はいよいよ北アルプス餓鬼岳でご一緒しますね~!今度こそ天気に恵まれてほしいと願っているのですが、日本列島は梅雨明けしていないとみえて今週末もやや不安が残りますね。晴れ男復活だ~!祈念!
でも今回お互いブログ開設後、バーチャル世界で毎日のようにお会いしていたのに山で一緒に行くのは本当に久しぶりですね。1年以上ぶりですかね。実に信じられない気持ちです。

Commented by rollingwest at 2009-07-22 22:17
ハマジュリ様、いつも無駄なく的確で心暖かい感想を頂き誠に誠に嬉しい限りでございます。
貴女の多彩趣味のなせる業ですな。m(_"_)m (hirefushi)  ♪次こそいけそうな気がする~! 天候大逆転、アルと信じます。

Commented by rollingwest at 2009-07-22 22:24
食山人様、お久しぶりでございます。最近、殆ど山に行っておられないようですがフラストレーション溜まっておりませんでしょうか?それにしても6-7月週末は雨が多かったですね。
食山人様の100名山達成記念山行(8月下旬・雨飾山)の参加案内を本日エントリーいたしました。実に楽しみです。
幹事からの案内文には、ご本人が一番喜ぶものは「酒とつまみ」なので充実させるようにとのお達しが出ておりました。(笑)
Commented by しむけん at 2009-07-25 20:07 x
RWさま、今回の北アはいかがでしたか?天気に恵まれたことを祈念します。
奥秩父といえば、大学時代(たぶん3年)甲武信岳に10月末ごろ、山登り初心者の下級生を連れて行ったところ、天候急変、雪が降って、面倒を見るのが大変だった思い出があります。
先週、ついに夫婦50才割引で「剱岳・点の記」見てきました。奥様は、始まってすぐ寝息を立てていました。「私は寝てない。ちょっと目を閉じていただけ。」と言い張ってましたが・・・。
良かったですよ~。明日山に行きたくなるような素晴らしい映像でした。奥様曰く、「宮﨑あおいのような奥さんは絶対にいない。あれはやりすぎ。私だって、ダンナが浅野忠信なら、ああなれるかも知れないけどね。」
ほざいてろ!
Commented by rollingwest at 2009-07-26 21:55
しむけん様、ご無沙汰しております。
今、北アルプス餓鬼岳より帰って参りました。
こちらはカンカン照りだったようですが、信州はまだ梅雨明けしておらず不安定な天候で結構雨に悩まされましたが、頂上から稜線歩きのときは絶景を楽しむことができてラッキーでした。
記事公開は8月10日前後になつかと思いますが、楽しみにしていてください。「点の記」まだバタバタして映画館に足を向けていないのですが、こちらも早く見たい!
Commented by わかこ at 2009-07-29 14:50 x
夏だね~。花魁淵、千駄ヶ谷の女幽霊。ちょっとだけ、うらやましい。花魁淵を過ぎたら、治ったっていうなら、飲みすぎってこともないんでは・・・・
そんな話の一つも ほしいけど、あんまり能天気で色気のない私には、無関係かなあ(=^ェ^;=)。もっとも かるーーいRWさんにも幽霊さんの話は、ないでしょうね(^〇^)?
Commented by rollingwest at 2009-07-29 23:03
猫わか様、データ喪失のショックから時間が経過し何とか吹っ切れて気力がまた充実してこられたでしょうか?またこうやって登場していただき嬉しい限りです。
夏の幽霊には縁がなくても、怪談・化け猫屋敷があるじゃないですか・・。妖怪バージョンコスチュームでの次回登場を期待しちょります。(笑)
Commented by ozemu at 2009-07-30 21:34
今晩は。
最近山に行っていません。熊が怖いのかもしれません。
尾瀬にもここ数年行っていません。今年の秋は是非行きたいと思っていますが。どうなることか。
Commented by rollingwest at 2009-07-31 06:00
新潟ラプソディ様。ようこそ。
熊は鈴を鳴らしながら歩いていれば、近づいてきません。出会い頭でなければ大丈夫です。尾瀬の秋も人出が少なくて結構風情がありますので、是非ともお楽しみ下さい。
Commented by TARA at 2009-08-01 20:54 x
ご無沙汰していますが、相変わらず元気そうで何よりです。奥秩父にこんな素敵な場所があったとは!奥秩父といえば、岩登りの練習の記憶が一番鮮明なので・・・
また、懐かしい北アルプスの意外な顔を見せてくれる美しい写真を楽しみにしています。

話は変わりますが、急遽ちょっと一時帰国します。8月8日ー12日の予定です。花福の集まりは、8日(この日しか空いていないので)
の線でアンジェラさんに任せてあります。予定はどう?
Commented by trial05 at 2009-08-02 00:12
今週はバタバタしておりまして、ご無沙汰致しました~。(_"_)
2回に分けて拝見致しました。^^;
途中断念して帰ってく勇気!さすがエキスパートのRWさんです!
花魁の霊・・・ おぉ~~ 怖いぃ! (でも 面白い記事でした)^^;
相模湖に煙る雨霧、ステキに写されてますね~♪
今日の京都はうだるような暑さ!相模湖雨霧で 癒されましたよぉ~!
 
Commented by rollingwest at 2009-08-02 05:16
TARA様、お久しぶりどすなあ・・!生きておられて何より。
彼氏との仲はうまく復活しましたでしょうか?それともまだ意地張ってんの?
そうですか、来日されるのか!急な話だなあ。
ちーと予定が詰まっているのですが、何とか時間をやりくりして参加したいと思います。彼氏の近況ヒアリングはそのときに・・(笑)
Commented by rollingwest at 2009-08-02 05:19
トラ様、京都祇園祭のあたりから実にお忙しそうでしたね~!
ご多忙の中、足を運んでいただき誠に恐縮、感謝感激雨あられ~!
トラサンのコメントがないと最近はこちらも精神不安定に陥ります。(笑)
ところで関西地j方の梅雨明け宣言はいつ出るんでしょうかね~!

<< <2009年初夏>大手町・皇居... <2009年6月7日>世田谷探... >>