<2009年7月25~26日>北アルプスの静謐秘峰「餓鬼岳」を行く


★憧れの餓鬼岳についに登頂

今年は山頂を極めた山行は何とまだ2回しか実現しておりません。1月・伊豆半島の山、4月・丹沢縦走だけです。その後5~6月に200名山2峰に挑戦したもののいずれも連続断念となりました。
今夏は異常な天候不順が続き、戻り梅雨に悩まされた登山者は全国でゴマンといることでしょう。


    .......(左)静かなる名峰「餓鬼岳」(2647m)  (右)奇岩が連続する「剣吊り」の縦走路.......
c0119160_1118268.jpgc0119160_11182584.jpg



c0119160_11184493.jpg

今回の北アルプス「餓鬼岳」も、全国的な湿潤多雨・事前の天気予報も雨だったので、あまり期待せずに出かけましたが、何とか晴れ間に恵まれてラッキー!今年初めての200名山制覇が実現


              .......豊富な水流、滝・沢が連続するバリエーション溢れる登山道.......
c0119160_1125888.jpg

「餓鬼岳」(2647m)、北アルプスにある不気味なる名をもつこの山は昔から憧れていた秘峰でした。槍穂高に繋がるメインコース(表銀座縦走路)から東に外れた独立峰であり、アプローが長く交通も非常に不便。人が滅多に入らない山だからです。(実際今回、他人グループとは全くすれ違わなかった。)




★水量溢れる沢沿いの登山路(ハードな登り)


               .........早朝5時過ぎに白沢登山口から登山開始.......c0119160_11271729.jpg




c0119160_11274138.jpg
金曜日22:30にFツアーバスは赤羽駅を出発。今回の参加はやや少人数の9名ですが、皆この滅多に登れない餓鬼岳に憧れを持つメンバーばかりです。バスは長野県安曇野方面から白沢登山口に翌朝到着、5時過ぎから歩き始めました。天気予報はやや不安定な感じだなあ・・(期待薄)


   .......はっきりしない天候。時たま晴れ間が覗くが終始不安定で、突然の雨に悩まされた。......c0119160_1135118.jpgc0119160_11353271.jpg

森林帯に入って行くと、白沢の名前の通り、真っ白な水飛沫で水量豊富な沢や滝が次々と現れ、なかなか迫力溢れるルートです。こういう道は実に気持ちがいい!(大雨の場合は危険だが・・)


       .........紅葉の滝などの名瀑がいきなり登場!滑め沢の渓流沿いを登って行く。......c0119160_11532418.jpg



c0119160_11541756.jpg

       .........(左).緑木は湿潤な空気で生き生きと輝く。(右)オオシラビソの新しい芽が成長.......c0119160_1217987.jpgc0119160_12195245.jpg

白沢ルートの最大の名瀑は「魚止ノ滝」です。屹立した断崖から、白い瀑水は轟音を立てながら滑め落ちています。迫力あるね~!その後、沢筋から離れていき、大凪山で休憩し昼食を摂りました。


   .......(左)落差は20m以上あろうと思われる「魚止ノ滝」 (右)水量が多く渓流は荒ぶる。.....c0119160_12251391.jpg






c0119160_12253315.jpg

餓鬼岳登山道は相当ハード。皆は健脚メンバーですが、厳しい登りには息を切らして、頻繁に休憩を入れながら足を進めて行きます。この後の「百曲がり」という急登道はさらに厳しかった~!(苦)





★餓鬼岳で見た花たち(その1)

この山は渓流や奇岩溢れる峻険稜線が続くルートであり、北アルプスに多く存在する広大な花畑に遭遇することはありませんでした。しかし多くの花を見つけることができたので下記に紹介します。


     .......(左)チングルマ(稚児車)   (中)キンバイソウ(金梅草)    (右)フジバカマ(藤袴)......c0119160_12322335.jpg


c0119160_12324858.jpgc0119160_12325814.jpg

下のギンリョウソウは珍しい植物(菌類)でしょう。暗い森で出会うと一瞬小さな幽霊のようでユウレイタケの別名もあります。鎌首をもたげた小竜たちは、白く光る蝋細工の如く、不気味でもあり美しくもあり。


.....(左)ギンリョウソウ(銀竜草=幽霊草) (中)クルマユリ(車百合) (右)ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)......c0119160_12442533.jpgc0119160_12443969.jpgc0119160_1305718.jpg

でも一番華やかで多く目に付いたのは石楠花。白に上品な薄ピンクが美しいハクサンシャクナゲ、黄色をアピールするキバナシャクナゲが、厳しい登りでヒ~ヒ~喘ぐオヤジたちの苦しみを癒してくれたかな。(笑)




★やっと到着~、餓鬼岳小屋!そして翌朝に名峰に登頂!


最後の急登(今日の宿泊・餓鬼岳小屋の手前)の看板には騙された~!「あと10分」と記載してあったのに20分近く苦しんだ・・。やっと小屋に到着~!本当にタフで厳しい登り道でございました。


       ..........「西餓鬼岳」の峻険なる雄姿 (餓鬼岳小屋周辺から望む).......
c0119160_12553629.jpg

小屋到着時刻は13時過ぎでしたが、早朝5時から8時間の厳しい登りだったので皆もうヘトヘト・・。
若干のアルコールを入れて布団を敷けばもうグッタリとダウン・・。外は猛烈な雨が降り出してきました。
夕食はおでんや生グレープフルーツが出て結構豪華な食事でしたが、私は食欲もなく18時には爆睡~


   ......(左).今日の宿泊「餓鬼岳小屋」大雨が降ってきた!」 (右)小屋で食事。乾杯~!......c0119160_1256463.jpg




c0119160_1257462.jpg

翌朝は4時半に起床。睡眠をバッチリ摂ったので体の疲れはかなり取れてきた。外は雨・曇りかな・・と諦め心境だったのに何と朝日が覗いているではないか~!精鋭9名は憧れの餓鬼岳に登頂!
カラリとした晴天ではなく、北アルプス全景は見渡せなかったものの雨が上がってよかった~!


   ........(左)餓鬼岳頂上に立つ!ご来光が見えた!ラッキー! (右)頂上で集合写真.......c0119160_1371569.jpgc0119160_1373687.jpg



c0119160_1375079.jpg





★奇岩が連続する峻険なパノラマ稜線


  ......まさに仙人住む如く・・、幽谷にそそりたつ先鋭奇岩 (ナメクジ岩と勝手に命名した。).....
c0119160_13175690.jpg

餓鬼岳稜線は花崗岩・奇岩がオブジェの如く林立し、まさに餓鬼の名から想像する異界なる不気味な雰囲気が漂います。峻険な岩峰の間をアップダウンして行く道は相当にタフ&ハード、今日も苦行の始まりかな・・?しかし視界開がるパノラマウォークとスリルが連続で味わえて実に楽しいね~


   ........(左)次々と花崗岩の奇岩が連続で現われる (右)剣ズリの縦走路を行く.......c0119160_1319498.jpg




c0119160_13192952.jpg

         ..........晴れ間に望む安曇野の街、オオシラビソのシルエットが絵を引き立てる.......c0119160_13381914.jpg









c0119160_13383710.gif

ガスが掛かり天候はやや不安定でしたが、下界は晴れ間が広がり平野部の景色がよく見える!眼前には北アルプス裏銀座名峰をちゃんと確認できたし、パノラマを楽しむには十分!ラッキー!


              .........奇岩の山岳ルートをUPdownして東沢岳へ向かう.......
c0119160_13531169.jpg

      .......北アルプス裏銀座の稜線パノラマ(200名山の野口五郎岳や烏帽子岳も見える).......
c0119160_1354355.jpg
山の谷あいに輝くコバルトブルーの湖は、日本有数のロックフェルダム(岩を積み上げた堤防)「高瀬ダム湖」です。湖から烏帽子岳(右に見える尖がった山)に登り続く「ブナ立て尾根」は「日本三大急登」の一つ。3年前この急坂ルートを重荷を担いで登り、完全ヘトヘト状態・・。あん時ゃ、本当に死んだね~!


                ........ 足も竦むような垂直岩稜のルートを攀じ登っていく。.......c0119160_147430.jpg




c0119160_1472390.jpg

   .......(左)唐沢岳をバックに木に止まるアルプスの鳥・ホシガラス (右)沸き立つ山の雲.......c0119160_16222054.jpgc0119160_16482744.gifc0119160_16343962.jpg

c0119160_16224230.jpg

餓鬼岳の名の由来は「崖」の名が由来のようですが、仏教六道(天上・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄)のランクから見れば、地獄の一歩手前。景色は天国、登山の厳しさは地獄近い苦しさだった~


   ......(左)裏銀座山稜から高瀬ダム湖を見下ろす (右)雨に濡れて黒ずんだ花崗岩の岩峰.......c0119160_16544775.jpgc0119160_1702783.jpg

c0119160_1793566.gif
c0119160_16551393.jpg

    ....... 餓鬼岳に繋がる鋸状の「剣吊り縦走路」、まさにその名前通りの峻険なる岩峰群.......
c0119160_17153223.jpg

足の竦むような垂直な岩場をハシゴ・鎖を使いながら、険しい岩峰が林立する「剣吊り」の道を抜けていくと東沢岳ピークに到着。その先にある乗越から中房川沿いに温泉下山口へと向かいます。


            .......マチコさん、激流を渡る。ヒョイ!ジャ~ンプ!.......
c0119160_1717530.jpg





c0119160_17175185.jpg

この道も登りの白沢ルート同様に、水量溢れる渓流沿いの気持ちいい下山道。あちらこちらに渓流を横切る場所が現われスリル満点~!でも大雨が降って増水した時は危険な場所になりそうだ。





★餓鬼岳で見た花たち(その2)

 
再び餓鬼岳で見つけた可憐な花たちを紹介します。ハードな山行には癒しの存在。「高山植物の女王」と呼ばれる「コマクサ」が見られてよかったですね~!「餓鬼・地獄、喘ぐオヤジに極楽の花


      ........(左) コマクサ(駒草)  (中)ゴゼンタチバナ(御前橘)  (右)コイワカガミ(小岩鏡).......c0119160_17374899.jpgc0119160_1738849.jpgc0119160_17382443.jpg
 .....(左)オオレイジンソウ(大麗人草)(中)マルバダケブキ(丸葉岳蕗)(右)オオバギボウジ(大葉擬宝珠).......c0119160_1745584.jpgc0119160_17465119.jpgc0119160_1747844.jpg

    .......(左)キバナシャクナゲ(黄花石楠花) (中)カラマツソウ(唐松草) (右)ホタルブクロ(蛍袋).......c0119160_17522289.jpgc0119160_17523568.jpgc0119160_17525155.jpg

高山植物もこうやって名前を調べ整理すると少しは頭に入ったような気がするけれど、いざ生で見ると花の名が出て来ないんだよね~!あっ、花に限らずか・・。エ~、アレだよ。アレ・・(惚けの始まり)

                          リンク:過去に出会った高山植物はコチラから




★渓流下山、そして温泉

滝・沢の音を聞きながら一路「中房温泉」へと向かいますが、下山道も急傾斜でとにかく長い・・。
「早く着かないかなあ」と皆は黙々と思いながら、温泉とビールが脳裏に浮かんでいたことでしょう。


          .........激流の滝と沢、足元を気をつけて下山していく3人.......c0119160_1895516.jpg







c0119160_18101755.jpg
 
         .......川の水を飲んで一服休憩~!豊富な緑と沢の音で心は癒される。.......c0119160_18132110.jpg



c0119160_18133682.jpg

12時半、ようやく「中房温泉」に到着!この温泉は北アルプス表銀座縦走のスタート拠点、過去何度も通過しましたが、ゴール到着で温泉に入るのは初めてです。雨と汗に濡れた衣類を脱ぎ捨て湯に浸かれば極楽~!ヌルヌルとした実に素晴らしい名湯でした。そしてビールの喉越し!ああ報われた。

         .......名湯「中房温泉」の露天風呂で寛ぎ、バス内でビール乾杯.......c0119160_18223516.jpg





c0119160_18225368.jpgc0119160_1823999.gif

         .......今回辿った餓鬼岳のルート図 (クリックすると拡大で見られます).......
c0119160_18245871.jpg

今年初めての200名山「餓鬼岳」・・。その名前に違わず本当に苦しんだ難関でしたが、天候も大きく崩れずにパノラマや花を堪能して、無事下山できました。「地獄・餓鬼、終わり極楽すべてよし



                                                       おわり



次回は、「往く夏を惜しんで」(その1):「河口湖・09花火大会」の記事をお送りします。
c0119160_18264993.jpg

  by rollingwest | 2009-07-30 11:14 | Comments(32)

Commented by 名古屋の風来坊 at 2009-08-11 21:03 x
先般、早々と編集された同行のAkioさんのブログを拝見した際には、もっと天気が悪くてご苦労されたように感じましたが、2日目の餓鬼岳の岩稜などの写真を見る限りまずまずの山行だったようですね。
昨秋、逆コースで燕岳~餓鬼岳に行った折には、小生らも余り天気には恵まれず、目的にしていた餓鬼岳~唐沢岳往復ができませんでしたが、この山は人も少なく、高山植物も豊富で、天気さえ良ければ北アルプスの眺望が最高のはずなのですが・・・。今年の夏の悪天候を考えるとそう贅沢なことは言っておられませんね。
Commented by rollingwest at 2009-08-11 22:04
マサオ様、北海道の1ケ月旅の疲れはとれたでしょうか?
餓鬼岳はなかなかハードで疲れる山でしたが、北海道6山を一挙に登ったマサオ様のご苦労に比べれば、まだまだ甘~い・・!と、ひたすら平伏しております。m(_"_)m (hirefushi~)
Commented by しむけん at 2009-08-12 00:42 x
見るからにタフな山ですね。燕の花崗岩とはちょっと違う感じがします。花の写真がとても綺麗です。RWさんの腕が上達したんですか?
Commented by akiotakahashi at 2009-08-12 05:10
険しい岩峰の山道は景観も素晴らしく、実に迫力ありますね。7月でも涼しかったのが何とか制覇できた理由だと思いました。
4年前6月猛暑の中を12時間歩行した「平ガ岳」の苦しさは、忘れられません。”玉子石”を残念したのが悔やまれます。御世話になりました。
Commented by rollingwest at 2009-08-12 05:51
しむけん様、先日のTARA帰国会はお疲れ様でした。あいかわらずの笑いの渦でしたね。
北アルプスはやはり隠れた名峰がまだまだ多くあるなあ・・と懐の深さを感じます。餓鬼岳と燕岳は隣接しているので、基本的には同じ花崗岩なのではないかと思いますが、雨に濡れて黒ずんだ餓鬼岳の岩は、その名前から想像して、ちょっと不気味に見えるのかもしれません。
Commented by rollingwest at 2009-08-12 05:56
アキタカ様、久しぶりのFツアー再登場でしたが、健脚ぶりは全く衰えていないなあと感じました。先日の南アルプス白根三山縦走もよくぞあの雨の中で奈良田・大門沢を下ったものだなあと、思います。
さすが平成の役行者様です。次回の食山人様100名山達成での再会を楽しみにしております。晴飾山にしたいもんですね!
Commented by alkinist at 2009-08-12 08:31
餓鬼岳、マサオさんが書かれた通り唐沢岳へのピストンにはまだ未練がありますが餓鬼岳までのアプローチを考えるとウンザリしますね。でも秋とかの時期、いいでしょうね。晴飾山、いい名前だ!
Commented by rollingwest at 2009-08-12 20:49
食山人様、今年の冷夏・台風・水害・地震は、皆既日食の年の天候異変か・・、それとも地球温暖化の構造的なものなのか?毎年こんな夏になってしまったら本当にうんざりですね。
食山人様の百名山達成の記念碑が「雨飾山」という名がちょっと気になりますが、まさに「晴飾山」にしてお祝いしたいものです。
Commented by ペガサス at 2009-08-13 04:48 x
“ 北アルプス・静かなる名峰「餓鬼岳」 ” この題がぴったりの山の表情を、楽しませていただきました。

それにしても、素晴らしい地球、そしてその美しい地表を様々な思いで踏みしめ挑む“人の姿”は、なんとも素敵ですね。神秘としか言いようがありません。

ドナルドキーンさんの書籍の中で “果てしなく美しい日本” という題のものがあります。緑と水に恵まれた日本を、稀に見る素晴らしい国、そしてそこで住む素晴らしい人々として、深い愛情を持って紹介して下さっています。RWさんの暖かい視線で撮られた今までの数々のお写真から 、その題を実感することができます。

私達は本当に恵まれた国に住んでいますね。
お写真も、すっかり腕が上がって、さりげなく素晴らしいその時々の
空間が伝わってきます。素敵ですね、ありがとう。
Commented by か弱い わかこ at 2009-08-13 18:55 x
「百曲り」なんて言葉を 目にするだけでも「か弱い私」は、倒れそう。「厳しい登り坂」や峻嶮稜線、急登、苦しんだ、へとへと グッタリダウン!と続くと「ひえーっ、お疲れ様でーーーす。」よ(^〇^)餓鬼岳小屋で一泊してようやく頂上!!こっちが、ハッピーエンドの小説でも読み終わったように拍手したくなるような記事でした。あー、良かった良かった(^〇^)。
崖岳がなまって 餓鬼岳ってなったとか、いわれはいろいろありそうだけどRWさんの写真の何枚か、奇岩がそれぞれ鬼の角のようにも見えるね(=^ェ^=)
Commented by rollingwest at 2009-08-13 20:40
ペガサス様、北アルプスから南アルプスに至る山岳稜線は「フォッサマグナ」(糸魚川・静岡構造線)と呼ばれて、まさに地球造山運動が地表に刻んだ歴史そのものであり、海底から隆起した岩石が曝された姿でございます。
Commented by rollingwest at 2009-08-13 20:49
か弱い猫わか様、自ら同情を引こうとする謙遜の修飾語を冠して頂きありがとうございます。
あのナメクジ奇岩、なかなかのものでしょ!旦那様に「黒いナメゴン、北アルプスに現る」とかの表題をつけて、また怪獣合成写真を完成させてほしいとお願いしてみてください。
Commented by matsu at 2009-08-14 18:35 x
宗教的な興味から山に入っていった小生のような人間にとっては、この山は、その山名からして登頂意欲をそそられる山です。東京から1泊2日では、ちょっと無理なのと天候不順等もあって、今日まで未踏できましたが、きたるペテガリ岳のトレーニング山行もかねて、8月下旬か9月上旬にRWさんたちと同じコースで行く予定です。奇岩・怪石が林立する剣吊りコースは面白そうですが、登り、下りとも雨が降ると厳しそうなコースですね。山小屋で、受付の時に餓鬼のイラストが書かれたしおりをもらえるそうですが、それも楽しみです。
Commented by rollingwest at 2009-08-14 21:28
マツ殿、今年の不順だった天候もついに安定期を迎えたようで実にラッキーですね。餓鬼岳からの北アルプス大絶景が楽しめることでしょう!お気をつけて。9月北海道のぺテガ岳・石狩岳を一緒に制覇できることを楽しみにしております。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-08-16 13:36 x
「餓鬼岳」・・・名前の通りの「岳」ですねぇ!
まぁ、よくもこんな「岳」に挑戦しますね~
(BGMで中島みゆきが聴こえてきそうな・・・)

岩に赤文字で「←→」は何を意味する??
「天国←→地獄」?
「崖←→しあわせ」

それとも
普通に、「北←→南」???
Commented by こだま at 2009-08-16 14:21 x
いや~ん。こんな蒸し暑いときに、山登りなんかしたら、
こだま、ないーぶだから、倒れて死んじゃいましゅでしゅよ。
RWのおじちゃまは、丈夫なんでしゅのね。

同窓会は楽しかったでしゅか^^
Commented by rollingwest at 2009-08-16 20:11
オヤジさん、「← →」の印を見て意味を深堀りなんて、ユニークな視点で捉えておりますなあ・・!
「夏休み←  →明日から会社」ですかねエ・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2009-08-16 20:16
こだまチャン、新潟市で開催した高校サッカー部同窓会は大いに盛り上がりました。新潟市に滅多に足を踏み入れたことのなかったRWはこの街の素晴らしさを垣間見て羨ましく思いました。
万代橋周辺の散策もしましたが、本当にいい街ですね。今月末あたりに公開UPします。
Commented by Soul Mate at 2009-08-16 22:59 x
アドベンチャーしとりますなあ。誠にお疲れさんです。ところでセコい話で恐縮じゃが山登りの人はケガした時は生命保険が適用されるん?それとも山登り用の特別の保険があるん?こんな山じゃとケガする人もおるじゃろ?RWも気をつけんさいや。
Commented by rollingwest at 2009-08-17 05:57
聖二殿、広島に帰省しておったのかい?
保険は任意さけど、小生は団体での山岳保険に入っているよ。
ご忠告ありがとさん。気をつけま~す。
Commented by まき子 at 2009-08-18 17:26 x
餓鬼なんて名前は付いていますが、
なんだか綺麗な岩肌だなぁ~って思ってしまいます。
アメリカのヨセミテに似ているような。
あそこは氷河に削られてできた岩肌ですが、
ココはどうしてこんな風に出来上がったのでしょう。。。
地球の壮大さを感じてしまいます。
Commented by rollingwest at 2009-08-18 20:11
まき子様、瀬戸内旅行よりお帰りなさいまし~!羨ましい内容でしたね。
ヨセミテなどのアメリカ山岳風景を実際に見たことはありませんが、決定的な違いは日本の山には湿気感があることなのではないでしょうか。霊気・山岳宗教・滝・緑・花・温泉、このあたりなのでしょうねエ。
ところで「パイレーツ・ロック」のご紹介大変感謝しております。
RWーTOPICSに紹介したいと思っています。(自己満足の世界ですが・・笑)
Commented by ペガサス at 2009-08-19 08:52 x
マツさんの“宗教的な興味から山に入っていった小生のような人間”という言葉、気になるなあ~。
Commented by trial05 at 2009-08-20 00:03
残暑お見舞い申し上げます~。
餓鬼の文字、「百曲がり」・・・なぁ~~んとタフなんでしょう~!!

益々の健脚ぶり! 怪人か? (*^m^*)
Commented by rollingwest at 2009-08-20 06:02
ペガサス様、マツさんは山伏・行者さんから興味があったようですよ。
Commented by rollingwest at 2009-08-20 06:03
トラ様、ETC1000円でまた仙台帰省でしたか?
益々のパワフルぶり、こちらこそ脱帽~
Commented by desire_san at 2009-10-25 22:50
ブログを楽しく読ませていただきました。
餓鬼岳は私も登りました。ブログに、「餓鬼岳と唐沢岳」の写真を載せました。カラマツの紅葉が最も美しい北アルプスの山です。
http://desireart.exblog.jp/9154413/
よろしかったらブログの中に書き込みして下さい。
何でもお気軽に書き込んで下さ
Commented by カラオケ8.18 at 2016-09-07 12:54 x
二つ目のコメントです。さっきのは跳ねられたかもしれません。どうもやり方が悪いのかも。ということで取りあえずテストです。
Commented by カラオケ8.18 at 2016-09-07 12:56 x
上手くいきました。が、K岳の件で地図とか探したらまたコメントします。
Commented by rollingwest at 2016-09-07 23:28
おお!架け橋様、久しぶりのご来訪ですね~!霞沢岳の提案、楽しみにしております。あわせて体のトレーニングちゃんとしておいて下さいよ。計画案ができましたらまた小杉の居酒屋で打ち合わせしましょう。もちろんそのあとは洋楽カラオケで・・!(笑)
Commented by カラオケ8.18 at 2016-09-08 14:36 x
携帯メール有難うございました。楽隠居で楽なわりにそこそこ忙しく少々お時間下さい。もちろんトレーニングは重要なのですが、雨が多くて・・・。
Commented by rollingwest at 2016-09-09 06:12
架け橋様、有言実行を楽しみしておりますよ。来年あたり実行しますか!?

<< <2009年8月5日>往く夏を... <2009年初夏>大手町・皇居... >>