<2009年10月4日>荒川・足立区探訪(その1):荒川区編(南千住~千住大橋)

★あしたのジョーのルーツを訪ねて


昨年夏、「巨人の星」の星飛雄馬が少年時代を過ごした墨田区の下町風景は歩いてみたけれど、今度は「あしたのジョー」のルーツ「泪橋」が見たくなってきた。荒川南千住へと足を向けてみよう。
c0119160_20335796.jpg
c0119160_20342820.jpg

                     墨田区探訪(その2):「巨人の星」ルーツの記事はコチラから


隅田川「千住大橋」南側は荒川区南千住、北側は千住○○町の名がつく足立区・北千住界隈です。ジョーが暮らした山谷「泪橋」を出発し日光街道を北上し、千住風景を踏破することとしました。

c0119160_20412792.jpg
c0119160_20414830.jpg


南千住へは地下鉄日比谷線でアクセスしましたが駅舎はビックリする程に近代的!05年つくばエクスプレスが乗り入れしリニューアルしたからです。でも南側風景はJR操車場が広がり下町の雰囲気が漂う。


      .......(左)近代的な南千住駅、(右)駅南口は操車場があってやや殺伐とした感じ.....
c0119160_20484051.jpg
c0119160_2049867.jpg

♪「サンド~バッグに~浮かんで消え~る~」♪ 尾藤イサオの渋い歌声で始まる「あしたのジョー」は「巨人の星」と並び、小学校時代夢中になったスポ根漫画。矢吹丈がボクサーの道に引き込まれたのは山谷ドヤ街で丹下のオヤジに出会ったことに始まり、泪橋はまさにその舞台となった場所


  ......(左)只の十字路だった泪橋、橋はなく新マンションが立ち並ぶ (右)立つんだ、ジョ~!......
c0119160_21134971.jpgc0119160_21141020.jpg






c0119160_21144846.jpg







c0119160_21143091.jpg

「あしたのジョーの主題歌」


丹下のオヤジがジョーを連れてきた拳闘クラブは橋の下(隅田川沿)にありました。あの橋が泪橋だと40年以上信じていたのに・・、そこは単なる交差点でしかありませんでした。大いに落胆・・(泣)

                       リンク:「東京DEEP」案内 ドヤ街山谷(振り返れば泪橋)


       ........岡林信康が歌った「山谷ブルース」の場所は、まさにこの周辺が舞台となった。.....
c0119160_21285275.jpg
c0119160_2129385.jpg

「今日の仕事は辛かった~♪あとは焼酎あおるだけ~♪」、岡林信康が歌った悲哀の山谷ブルース。
不況の世の中が長く続き、今も同じような辛い日常が繰り返されていることは想像に難くない・・。
日雇労働者の暴動など物騒なイメージがある山谷地区ですが、現在は高層マンションが林立している。

ユーチューブ:岡林信康「山谷ブルース」
          

                



★江戸時代の処刑場だった小塚原


泪橋から再び南千住に戻ると、駅前には小塚原回向院。ここにも悲しい歴史が刻まれていました。
小塚原(コヅカッパラ)は江戸時代の処刑場跡地でした。当時、埋葬死体は野犬に食い散らかされ地獄のような有様で、刑死者を弔うため1667年に本所回院の住職がここに供養の地を設けたとのこと


    .......かつて罪人が処刑された「小塚原」、死者供養のために建立された「回向院」.....
c0119160_214040100.jpg






c0119160_21405383.gif

ここは「安政の大獄」(幕末大老・井伊直弼の弾圧事件)で長州の吉田松陰・橋本左内等、維新の礎となった幕末志士が殺され葬られた場所です。橋本左内は地元で断トツに尊敬されている人物


       .......右は「安政の大獄」で処刑された橋本左内(明治維新志士の先駆け)の墓........
c0119160_2151647.jpg
c0119160_2151237.jpg

c0119160_21575344.jpg


その他にも歴史上有名な伝説人物の墓も沢山ありました。そしてここは日本近代医学の出発点にも関係した場所、解体新書を著した杉田玄白がここを死体解剖実験場として使ったとのことです。


 .....(中)鼠小僧次郎吉や高橋お伝の墓も・・(右)解体新書ターヘルアナトミア編纂の礎にもなった。....
c0119160_2052433.jpgc0119160_20531496.jpg
c0119160_20532624.gif

回向院の隣(JR線路脇)には「延命寺」(本所回向院住職が建立)があり、赤い涎掛けをした巨大な「首切り地蔵」がひっそり佇んでいます。「南無阿弥陀仏」文字は悲しき処刑者達への鎮魂念仏・・


       .........延命寺の巨大な「首切り地蔵」は数々の処刑者の霊を憐れんだ。.....
c0119160_2131264.jpg





★スサノオノミコトが祀られる由緒ある神社


南千住駅から日光街道へ北上する道は「コツ通り」と呼ばれます。あまりイメージはよくないけれど、深い歴史の中で刻まれた由緒ある名前。この商店街は懐かしい雰囲気の昭和レトロな光景でした。 


                ......コツ通り商店街風景(旧・日光街道)のイラスト.....
c0119160_21123490.jpg

日光街道に出合い反対側に渡ると、1200年以上の歴史が刻まれる「素盞雄(スサノオ)神社」が現れました。通称「お天王様」と呼ばれ、「瑞光石」という霊験あらたかな祭神降臨の史跡があります。


                  ...........「素盞雄神社」の威厳ある社殿.......
c0119160_2120558.jpg


        ........(左)演舞台である神楽殿 (右)境内には「瑞光石」が二重・鳥居に守られる。.....
c0119160_21232783.jpgc0119160_21241659.jpg

スサノオノミコトといえば、6歳時に観た東映劇画「わんぱく王子の大蛇退治」を思い出すなあ・・。
キングギドラのような八匹竜・ヤマタノオロチは実に怖かった。日本神話を丁寧に描いた映画でした。


     ......(左)神主のお払いを受ける氏子 (右)映画1シーン(八岐大蛇に立ち向かうスサノオ).....
c0119160_2128315.jpgc0119160_2222169.jpg

ユーチューブ:東映映画「わんぱく王子の大蛇退治」



               ......境内の竹林の中でししおどしがコ~ン・・と静かな音が鳴り響く.....c0119160_22322556.jpg





★千住の歴史を教える「荒川ふるさと文化会館」


日光街道を北上していくと、「荒川ふるさと文化会館」という地元も歴史博物館があります。ちょうどタイムリーに「橋本左内と小塚原の仕置場」というテーマで展示が行われていました。覗いてみよう。


   ......「荒川ふるさと文化会館」、橋本左内や小塚原「首切り地蔵」が展示されていた。.....
c0119160_22411376.jpg


       .........文化会館の中には、千住大橋を巡る歴史や昭和レトロの路地風景も紹介展示.....
c0119160_2245569.jpg


c0119160_22462639.jpg


展示内容は、刑場としての小塚原の由来、千住大橋(江戸時代初期に架橋)や日光街道の成立ち、明治時代の工業化の歴史等が紹介されています。昭和レトロ・路地風景・茶ぶ台の部屋も必見


    ......(左)岩の大滝が流れる「天王公園」 (右)季節はずれの朝顔が綺麗に咲いていた。.....
c0119160_2257410.jpg






c0119160_22573889.jpg

文化会館を出て住宅街を歩いていくと「天王公園」という滝や岩をオブジェにした荒川区民が憩う公園の脇を通過すると、いよいよ隅田川だ。日光・奥州方面の玄関口となった千住大橋が現れます。 


        .......今は青い鉄骨の橋だが、江戸時代は木造で由緒ある「千住大橋」.......
c0119160_2343023.jpg


ここで荒川区はサヨウナラ・・。千住大橋南側は悲しい歴史(泪)を垣間見ました。この橋を渡ると足立区に入ります。今度は日光街道千住宿の風情、活気ある下町風景、荒川堰堤の景色を楽しもう。


                                                   おわり




↓その2:(足立区編)に続く 荒川・足立探訪(その2):「足立区編」

c0119160_236528.jpg

  by rollingwest | 2009-11-01 20:31 | 都会の風景 | Comments(26)

Commented by わかこ at 2009-11-12 20:04 x
「あしたのジョー」でこの近辺の「向島百花園」が出てくるらしい。ジョーが、のりちゃんと行きたいけど行けなかったか、ボクシングで忘れたのか、どんなに素敵なところかと・・・・マンガを読んだこともない私が、うちのに、引きずられて行ってみた。
「ジョー、行かなくて良かったぞん(=^ェ^;=)!」
司馬遼太郎の「世に棲む日々」は、吉田松陰と高杉晋作が主役で全然違うタイプだけど面白かったし、好きだったなあ。そういえば、「松陰が 佐渡に流された時に泊った跡」って実家の近所に立て札があるよ。
Commented by rollingwest at 2009-11-18 06:30
猫わか様、「あしたのジョー」のルーツの街は想像以上に小奇麗になっており静かな雰囲気(ある意味では往年の元気がない)で、ちょっとガッカリしました。でもこの不況時代では、本当に厳しくて元気がないのかもしれない・・。
回向院は、吉田松陰の墓もあればもっとよかったねえ。
Commented by akiotakahashi at 2009-11-18 20:27
小塚原処刑場跡地などがあるのを知りませんでした。松陰、左内と新しそうな小塚原回向院とは不調和ですが、是非とも行きたくなりました。感謝!
Commented by rollingwest at 2009-11-18 22:08
アキタカ様、千住というと南千住・山谷のイメージが強かったのですが、この千住大橋周辺は江戸時代の濃縮された歴史が点在しており非常に興味深い場所と知りました。後編で紹介しますが、千住大橋は松尾芭蕉の奥の細道の出発点です。ここを通る日光街道にやっちゃ場のルーツでもあり、北千住宿場町通りの活気、古式ゆかしい銭湯建築など本当に見所が沢山ありますので是非とも訪れて見てください。
Commented by しむけん at 2009-11-19 00:31 x
東映映画「わんぱく王子の大蛇退治」、You Tube見てみたら、確かに私も昔、地元の映画館で見た淡い記憶があります。今でも古さを感じないくらい丁寧に作りこんだ味わい深い映像ですね。大いに感心しました。少年ケニヤ風の画風ですよね。違うかな?
小塚原、何となく怖いイメージがありましたが、RWさんに触発されて街歩きがてら、谷中とか雑司が谷とか護国寺のお墓巡りをついでにしてるので一度行ってみようかなぁ。
Commented by rollingwest at 2009-11-19 06:02
しむけん様、「わんぱく王子の大蛇退治」の予告編は、幼少時に見て衝撃的な感動が蘇ってまいりました。かくなる名作が今は殆ど埋もれて知られていないことが惜しいような気がします。
ストーリーも日本神話のエッセンスを丁寧かつわかり易く表現しておりましたなあ~!
やはり、しむけん様とは怪獣・ロックも含めて多くの分野で共感できて嬉しいね~(笑)
Commented by まき子 at 2009-11-19 21:09 x
あしたのジョーの次の「はじめの一歩」世代です(汗)。
でも、やっぱり昔の漫画って、
こうして実際に存在する土地を舞台にしてたりして、
なんだか親近感がわきますよね。
ウチの実家はそういうのがないからなぁ・・・
夏子の酒の地元なんて、うらやましかったりします(笑)
Commented by rollingwest at 2009-11-20 05:58
まき子様、古すぎてすんません。(笑)
50オヤジ世代が幼少の頃に心ときめかしたTV・映画漫画にお付き合いいただき感謝の次第です。
Commented by matsu at 2009-11-20 19:27 x
RWさん、お久しぶりです。今回は、「あしたのジョー」に「山谷」に「岡林信康」に「江戸時代の処刑場跡」に「わんぱく王子の大蛇退治」ですか。私の好きなもの責めですね。盆と正月が何年分か一緒にきたようなもので、コメントを書き切れません(笑)。貧民窟・スラム・寄せ場探訪もライフワークの1つとしている私は、山谷も何回か訪れたことがありますが、今は、かつての、安酒の匂いが漂うような、ちょっと殺伐とした、ささくれだった雰囲気は薄らぎ、安いビジネスホテルが集まった普通っぽい街になったようですね。「わんぱく王子の大蛇退治」も「あしたのジョー」もアニメ史、少年マンガ史に残る不朽の名作で、多感な少年期に、このような名作に接することができた我々アラフィ世代は、幸せなのかも知れませんね。
Commented by trial05 at 2009-11-21 00:38
こんばんは~。 プチ お久でゴザイマシタ~。(_"_)
>マンションが立ち並ぶ   立つんだ、ジョ~!......
・・・には、笑ってしまいました♪ ^^

あしたのジョー・・・シリマセン (ーー;)
「巨人の星」はね~、京都に熱烈なファンの方がおられまして、
星飛雄馬と頑固お父さんを、お店の壁画にしちゃったんです。^^;
こんど、撮影してこようかな~~・・・とか。^^;
Commented by ペガサス at 2009-11-21 04:32 x
「わんぱく王子の大蛇退治」・・・懐かしい!ここで見なければ、私の記憶からはすっかり消えてしまうところでした。巨人の星・あしたのジョウ。散々お世話になりました!それにしても、アツイ番組でしたよね。
あれだけ見て、感動していた私の今はと言えば、「疲れたら寝なさい・・・無理しなさんな・・・今のままで十分よ・・・何も考えなさんな・・・ケセラセラよ・・・」と自分に甘~い甘~いペガサスでした。
Commented by rollingwest at 2009-11-21 06:19
マツ殿の大好きなディープな世界や悲しい歴史、懐かしいアニメのルーツを、マツさん好みの編集でしっかり取材いたしました。(笑)
東京山谷・大阪の釜ケ崎、両方の街を訪れてみましたが、ドヤ街の雰囲気は数年前に訪れた釜ケ崎の方が圧倒的にディープでした。
天王寺公園を歩いたときは、何かもう言葉も出ないくらいの不況の深刻さを感じたものです。
Commented by rollingwest at 2009-11-21 06:28
トラ様、日本アニメ歴史の輝く金字塔劇画「あしたのジョー」を知らないんですか・・?そういう若い世代が増えてしまったのか・・。っつうことは我々が歳取っちまったということか・・(泪橋・・)
ガクッ、orz ////・・・。  立つんだジョ~!......
Commented by rollingwest at 2009-11-21 06:32
ペガサス様、「わんぱく王子の大蛇退治」を心に蘇らせてくれましたか!?嬉しいですね~!
あっ、上記トラ様返信コメントに書いた世代論は気にしないでね・・(笑)
m(_"_)m (ひれ伏すんだ、ジョ~!......)
Commented by Soul Mate at 2009-11-21 23:49 x
昔よう読んだ山田風太郎の明治小説に首切り役人の山田浅右衛門のお話もあったのう。死体の肝臓やら脳で丸薬作ってボロ儲けしとったらしい。明治の初めまで浅右衛門が首斬っとったみたいじゃな。この辺はようけ霊がおるど。。。
Commented by rollingwest at 2009-11-22 06:51
聖二殿。この地が首切り役人の副業場所だったとは死者も浮かばれんのお・・。千駄木の下宿で幽霊に慕われた貴殿だけに、この辺を散歩したらいっぱい憑いて来るかもしれんなあ・・。
南無南無・・
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-11-22 12:38 x
山谷という呼び方は、過去を知るもののみが呼ぶ地名になっちゃいましたが、地元の中では普通に息づいています。

ココに住む人たちも一生懸命、イキイキと生きています♪

ぜひ、夜の山谷にも来てみてくださいな。
Commented by rollingwest at 2009-11-22 21:24
オヤジさんの本拠地「葛飾」は来年から少しずつ攻めてみようと思っております。また穴場がありましたら事前に教えてくださいね~。
Commented by ozemu at 2009-11-23 10:21
山谷ブルースですか。
懐かしいですね。フォークを覚え立ての頃一生懸命歌っていましたね。
Commented by masaok15 at 2009-11-23 14:01
昨日、ネパール旅行から帰り、ペテガリ登山の後編を含めた貴兄のブログを久し振りに拝見しました。また、旅先からの現地ブログ報告に毎回コメントを頂きまして誠に有難うございました。
お蔭さまで旅行中は、アンナプルナ山群でのトレッキング時も好天気に恵まれ、食山人氏ともども雄大なヒマラヤの山々を大いに堪能することができました。
Commented by rollingwest at 2009-11-23 21:10
新潟ブルース様、フォークシンガーだったんですか?
今の岡林の映像を見ると、オジイチャンに近い姿になってしまいましたが、あの頃の彼は一種独特のオーラをもつ伝説的な存在でしたね。
山谷という場所は、我々が想像もできない苦渋の歴史が積み重ねられてきた街なのだと思います。小生には、本やネットでしか知ることのない世界ですが・・・。
Commented by rollingwest at 2009-11-23 21:16
マサオ様。ご無事でのヒマラヤトレッキングからのご帰還、誠におめでとうございます。
我々が日頃見ることのできない世界の屋根やネパール風景を十分堪能させて頂きました。
1ケ月近くも外国滞在されていると、日本の四季・山々・美味しい水や食が実に素晴しいものだとあらためて認識されていることと思います。またドメスティックなお付き合いをよろしくお願いいたします。。
Commented by shingo at 2009-11-23 23:29 x
泪橋が交差点とはねえ・・・・。いかに子供のころ、熱狂していたか・・・。今も頭の中で、あのメロディーがあたまを駆け巡ってはなれないよ~。
土曜の本番まで、あと稽古2回だ。
Commented by rollingwest at 2009-11-24 05:58
H井殿、今週末の公演成功を祈念!
そのあとの同窓会も拡大版で実に楽しみでありまする。
Commented by ハマジュリ at 2009-11-24 09:44 x
 「巨人の星~」懐かしいな!
明日のジョーはあんまり詳しくないけど・・・タイガーマスクとか見てたけど(もっと古い話?)
 やっぱり~ひみつのアッコちゃんかな^・^;

なんでも歴史を辿ったりするのって楽しそうだわねエ。

でも悲しい歴史にもきちんと当時の人達の慰霊の気持ちや次世代に残すべく形跡があるんですね~「どうしてこれがここにあるにかな~?」って思ったらRWさんみたいに探索実行!すると楽しいよね。

当分はRWさんのブログで楽しませて頂きますネ・・・ヨロピク
 


Commented by rollingwest at 2009-11-25 06:25
ハマジュリ様、我々の小中学校時代に大ブームになったスポ根漫画の定番劇画はやはり「巨人の星」「タイガーマスク」「あしたのジョー」が輝く三大金字塔です。
この歴史的な三大劇画の原作者はいずれも同一人物なのです。
(彼は2つのペンネームを持ち、「梶原一騎」と「高森朝雄」とに使い分けておりましたが・・)
女性スポーツ物語では「サインはV」「アタックNO1」のバレーボール版ですかねエ・・。

女性漫画のヒロインといえば、「秘密のアッコチャン」と「魔法使いサリー」が双璧でしょうか。ちなみにアッコチャンの原作者は、「おそ松くん」「天才バカボン」で有名な「赤塚不二夫」、サリーの原作者は「鉄人28号」「水滸伝」などの名作を残した「横山光輝」です。ちょっと意外と思われるかもしれませんが、同じ魔法系のヒロイン「コメットさん」の原作も横山光輝です。

<< <2009年10月4日>荒川・... <2009年9月大型連休>北海... >>