<2009年12月14日>港区探訪(その2):「高輪~三田・田町」編


            ↓ 港区探訪(その1)「白金・高輪」編より続く

 

★白金・高輪から第一京浜(国道15号)へと抜ける

       ......(左)明治学院大学・礼拝堂   (右)塔建物が印象的な高輪消防署.....
c0119160_1825519.jpgc0119160_1812089.jpg

明治学院大を後にし、桜田通りを横断。高輪方面への坂道を登っていくと、お洒落な白いド―ムが見えてきました。高輪消防署・二本榎出張所の円形講堂が交差点に佇む!(灯台みたいだね~)

               ......高野山・東京別院(ここも空海さん所縁の寺).....
c0119160_1881197.jpg

消防署脇を過ぎるとすぐ「高野山」東京別院が見えてきます。高野山とは弘法大師空海が開いた総本山(和歌山北部に鎮座)、関西在住時に何度か訪ねた寺ですが著名人の墓が多かったね~。
東京・横浜を結ぶ幹線・国道15号線(=第一京浜)に出ると、「忠臣蔵」47士の墓はもう近くだ!




★「忠臣蔵」の義士たちが祀られる高輪「泉岳寺」


        .........「泉岳寺」の山門、師走になると参列者が絶え間ない。.....
c0119160_1821740.jpg

何故にこの記事を12月中旬に公開したかというと、12月14日は「忠臣蔵」討ち入りの日であり、四十七士の墓地がある「高輪」や兵庫県「赤穂市」(義士故郷)で「義士祭」が行われるからです。師走になれば「忠臣蔵」・・。昭和一桁世代迄は日本人・心のルーツ(今年ブームの天地人の義)・・


           ........泉岳寺の境内は落ち着いた雰囲気で整然としていた。.......
c0119160_18395517.jpg

「泉岳寺」を訪ねるのは20年ぶりかな・・、今回で3回目のような気がします。11月の某休日の朝に訪問したので、まだ観光の人出は殆どなく、境内や墓所をゆっくりと散策することができました。

c0119160_1841115.jpg

忠臣蔵」と言っても若い人には殆ど馴染みがないことでしょう。赤穂藩主・浅野内匠頭(タクミノカミ)が江戸城中で吉良上野介(キラコウズケノスケ)に馬鹿にされ感情的になって起こした刃傷事件が物語の始まりです。松の廊下で殿ご乱心「殿中でござる~!」⇒浅野内匠頭は切腹となり、お家は取り潰し


   .....(左)浅野内匠頭の墓 (右)内匠の・夫人の墓(こっちの方が威厳があった・・笑)......
c0119160_18425815.jpgc0119160_18432247.jpg

赤穂藩・浅野のお家断絶となり、家来たちも職を失い浪人となってしまいました。この悔しさは誰にぶつければいいのだろう・・。浪士達の虚しい気持を纏めたのは大石内蔵助(クラノスケ)でした。このままで終わってなるものか!君主を罵倒し切腹に至らしめた吉良上野介を討つしかない。復讐~

  
      .......(上)大石内蔵助の像  (下)「義士祭」(赤穂四十七士に扮するオジサンたち).....
c0119160_19501985.jpg





c0119160_19523458.gif

c0119160_19531195.jpg

おのおの方、討入りでござる!」(名優長谷川一夫の名ゼリフ)エイエイオ~!元禄15年12月14日(主君命日)雪の舞う早朝、大石内蔵助が率いる総勢47名は集結し、両国の吉良屋敷へと向った。激闘の末、仇の御首を挙げた義士達は主君が眠る泉岳寺へ凱旋し墓前に首級を供えたのです。


  ......(左)義士の墓地へ登る石階段 (右)仇敵・上野介を討ち首を洗った「首洗いの井戸」.....
c0119160_2020938.jpgc0119160_20211548.jpg




c0119160_2022124.jpg

           ......47人義士の墓、忠臣達はここに眠る。(中央は大石内蔵助の墓).....
c0119160_2032189.jpg




c0119160_20323529.jpg


この物語は歌舞伎・浄瑠璃・講談、映画や大河ドラマ等で数多く作品がつくられ、日本人の心に刻まれ続けてきました。でも我々世代はあまり馴染みがない・・。今の子供は全く知らないだろうねエ。




★忠臣蔵のルーツ「赤穂市」


          .......かつて浅野家を主君とした播磨(兵庫県)の「赤穂城」......
c0119160_20424494.jpg

関西勤務時(02-04年)、赤穂市(岡山県に近い兵庫県)は担当エリアの一つでよく通ったものです。
兵庫西部(御崎町・赤穂市)は「日本の地中海」と呼ばれる陽光エリアで、天然塩の産地でも有名。赤穂は義士の生まれ故郷、浅野内匠頭「赤穂城」や大石内蔵助を祀る「大石神社」があります。


         ........「大石神社」の境内には義士像が並び、忠臣蔵の資料館もあった。......
c0119160_20444646.jpgc0119160_2045520.jpg

「大石神社」は威厳ある神社、ここには等身大・四十七士像が並んでおり結構壮観です。訪問時はやはり晴天日が多かった印象が強く、さすが塩田で生産する天然塩の名産地と感心したものだ。
あっ、スンマセ~ン。今回は赤穂市の紹介ではなく、港区探訪の記事でしたので元に戻しましょう。


      .......(左)泉岳寺山門を裏手から見る (右)忠臣蔵所縁の土産を売る義士堂小泉商店.....c0119160_20481039.jpg



c0119160_20482957.jpg

20年ぶりに泉岳寺の境内やお墓をゆっくりと散策し非常に懐かしい気持ちでした。立派な松の木を従えた山門をくぐり忠臣蔵ゆかりの寺を後にしました。参道脇には四十七士関連グッズが売られている義士堂(太鼓がシンボル)があります。今週の義士祭も土産が売れて大賑わいとなるでしょう。
c0119160_20501626.jpg





★「札の辻」交差点から三田へ


第一京浜(国道15号)と芝方面への三叉路交差点は「札の辻」と呼ばれます。当地に高札場が設けられたことが名の由来であり東海道から江戸への正面入口でした。ここは東京タワーの絶好ビューポイントの一つと言われます。なるほど真正面奥に見えるタワーと両脇ビルの遠近感が素晴しい・・


              .........「札の辻」交差点は東京タワー遠望の名所.....
c0119160_210138.jpg

この交差点には余り目立たないものの、明治維新の重要な歴史を刻んだ史跡があります。ここが「江戸開城:西郷南州・勝海舟会見之地」、そうだったんだ~。石碑文字は西郷吉之助ドンの直筆!


      ........江戸無血開城の意思決定がなされた西郷・勝が会見した地は港区「札の辻」.....
c0119160_211598.jpg



c0119160_2122253.jpg


三田といえば慶応大学のキャンパスがあります。ご存知、福沢諭吉が創立した私学の雄。慶大図書館・旧館は重要文化財に指定されており、やはりお洒落な感じ・・。プライドが高そうなペン十字にトンガリ帽子、卒業生の結束力の強さは比類なし。♪Keio~Keio~、Mita no Shikima, Teino~♪


 ....(左)慶応大学三田キャンパス・大銀杏 (右)慶大図書館・旧館(トンガリ帽子はこの姿から?).....c0119160_219305.jpgc0119160_2195799.jpgc0119160_21103619.jpg


c0119160_211147.jpg

三田から「芝公園方面」に向けて歩き進むと「増上寺」そして「東京タワー」がまじかに迫ってきた。





★芝の「増上寺」&「東京タワー」


芝公園といえば東京のシンボル「東京タワー」が聳えます。昭和高度成長期を支えてきたこの電波塔を守るが如く、「増上寺」が前衛に鎮座しています。ここは寛永寺と並び徳川家の菩提寺の一つ。


      ........(左)「増上寺」本堂と東京タワー  (右)一等都心部に威容を誇る朱塗りの山門.....
c0119160_21245685.jpg



c0119160_21251464.jpg


東京タワーについては、昨年末に50周年のイルミネーションを満喫したので下記記事を参照下さい。
タワー真下にある豆腐料亭「うかい亭」の庭は立派です。この庭の池から見る逆さタワーも必見!

             リンク:東京タワー50周年イルミネーションの記事(08年12月)



      .......(左)夜の増上寺と青いタワー (右)うかい亭・池の鯉と逆さタワー(08年12月).....
c0119160_6411033.jpg

c0119160_653982.jpg

東京タワーは2012年全国地上デジタル化移行時に、電波塔としての役割に終止符を打ち、その後は観光塔として生まれ変わります。高さ世界一634mとなる「東京スカイツリー」が後継塔です。


        ........東京スカイツリー(左)09年11月建設途中でようやく215m (右)完成予想図.....
c0119160_6542530.jpg
c0119160_6544597.jpg

東京スカイツリーは現在1/3の高さになり、都内東部では相当に目立つ存在になってきました。塔内部が先日公開され、TVニュースを下記ユーチューブに載せたので御覧下さい。(1月に300m超え)


   ↓ ◆ユーチューブ:東京スカイツリーの建設塔の内部を公開したTVニュース(09年11月)
あっ、また脱線しちまった~!墨田区記事じゃないんだよ。港区紹介です。東京タワーさん、gomen





★今年も暖冬模様の年の瀬


都内随所もクリスマスイルミネーションに彩られ煌びやかな光景が見られ、いよいよ年末も押し迫ってきました。しかし今年の12月上旬は暖かかった!まだ十分見られる紅葉も多く秋の延長という感じ・・


        ..........「東京タワー」オレンジ婦人のスカートを下から覗く(08年12月撮影).....
c0119160_7152191.jpg

浪士達が攻め入った日の江戸の街は雪景色。当時の12月中旬は今の地球温暖化など想像できない位に冬の寒さが厳しかったのではないかと思います。寒すぎるのは困るけれどそれなりの気温でないと年末の雰囲気が感じられません。謹賀新年の時に紅葉が綺麗だと違和感があるね~。


           .........(左)義士祭での法要風景 (右)討ち入りは雪の早朝に決行された。.....
c0119160_7195663.jpgc0119160_7201052.jpg
c0119160_7203091.jpg


          ........白金・高輪~泉岳寺~慶大~増上寺・東京タワーの地図(クリックで拡大).........
c0119160_10355466.jpg

でも忠臣蔵・義士祭のTVニュースが流れると、今年もあと半月で終わりか、早いなあ・・と感ずる人はまだ多いことでしょう。師走の慌しい時期を迎えますが皆様くれぐれもお風邪など召されぬように。


                                                   おわり




次回(12/23頃)は、港区探訪(その3):「六本木ヒルズからの大展望」をお届けします。
c0119160_7311729.jpg
この記事をもって今年のRW逍遥日記は終わりとさせて頂きます。

  by rollingwest | 2009-12-14 17:48 | 都会の風景 | Comments(32)

Commented by Soul Mate at 2009-12-13 21:49 x
おうっ、誕生日おめでとう!! ご家族に盛大に祝うてもろうたか?上野介はおヌシら越後人にも縁が深いよのう。しかし義士殿の方々の
お墓や上野介殿の首洗いの井戸とかよう写真に撮るのう。怖おないん?
Commented by rollingwest at 2009-12-13 22:37
聖二殿、よく知っているなあ・・。吉良上野介が何で越後かと思ったら上杉氏との繋がりがあったんか・・!初めて知った。
小生が墓や首切り井戸の写真を撮っても、霊感の強い貴殿と違い鈍感だから何ともない・・。
流れに流れているビートルズ・オヤジバンドの企画、1月こそ実現!
Commented by masaok15 at 2009-12-14 08:48
以前、単身赴任していた時に三田・魚藍坂に住んでおり、近くの高輪~泉岳寺~慶応大あたりはよく散歩したので大変懐かしいですね。
Commented by rollingwest at 2009-12-15 05:59
マサオ様、魚藍坂あたりもお寺などが多くなかなか雰囲気のある街ですね。
Commented by ペガサス at 2009-12-15 11:21 x

うかい亭・池の鯉と逆さタワーは、お見事!RWさんが取ったのですか?
ボキャ乏しい私には、ほめ言葉がみつからん!
どこまで行くんじゃ~!
素敵じゃん!
Commented by まき子 at 2009-12-15 21:54 x
「忠臣蔵」の話辺りにある絵巻の写真の中に描かれている、
「○」のなかに漢字の「二」が描かれているマーク?!って
どんな意味なのでしょうか?!
たまたま、そんな記号を最近目にすることがあって、
興味深く思っているのです~。
Commented by akiotakahashi at 2009-12-16 05:10
三田、田町方面もいろいろ面白い所があるのを知りました。
小生は、JR浜松町駅近くの居酒屋「秋田屋」、明治学院学園祭(女子大生目当て)、東京タワーしか行ったことがありません。
Commented by matsu at 2009-12-16 17:57 x
 忠臣蔵に、札の辻に、東京タワーときては、カキコミしたいことが多すぎて迷ってしまいます。でも、時節柄、忠臣蔵で。あまりにも有名な仇討ち譚ですが、15年前に、故深作欣二監督の傑作「忠臣蔵外伝 四谷怪談」を観て、この有名な怪談が、忠臣蔵のサイドストーリー、スピンオフ的な作品であることを知って以来、怪談好きの小生は、忠臣蔵というと真っ先に四谷怪談を想起するようになりました。RWさんには、来年の夏にでも四谷のお岩稲荷の写真をアップしてもらえるとうれしいのですが。でも、たたりがあったら、困るか(笑)。
いつまでたっても、敵役のままの吉良上野介ですが、国元の三河では名君だったとの評もあり、そもそも、上野介がいなかったら、米沢・上杉家は跡目がいなくて、お家断絶になっていた可能性もあり、そうすると上杉鷹山もこの世に出てこなかったでしょうし、大河ドラマ「天地人」も作られていなかっただろうと思います。後生の文学好き、歴史マニアにとって、吉良上野介は、まことに貴重な存在であったといえるかも知れません。
Commented by rollingwest at 2009-12-16 21:16
ペガサス様、池の鯉&逆さ東京タワーへのコメントは昨年12月東京タワー50周年記事(上記リンク)でちゃんと頂いておりますよ~。(笑))
これで2回目、感謝です。
Commented by rollingwest at 2009-12-16 21:20
まき子様、○=マークは四十七士の誰かの家紋なのかなと思い調べてみましたが、該当は見当たらずよくわかりませんでした。
忠臣蔵のプロであるマツ殿に教えていただければ幸いです。マツの廊下マークか・・?(笑)
Commented by rollingwest at 2009-12-16 21:21
AKITAKA様、女子大学園祭目当ての若かりし時代の記憶がまるで昨日のようにフラッシュバックしてきたのでしょうか?
昔から旺盛な行動力・好奇心・チャレンジ精神だったんですね。(笑)

Commented by rollingwest at 2009-12-16 21:27
マツ殿、さすがこの手の話には深い造詣を示されますね!
6つ上のコメント記事に寄せられた質問(まき子様より)に回答を戴ければと期待しております。
Commented by ペガサス at 2009-12-16 22:07 x
やはりそうか!
書き込みした後、思い出したが遅しでした。今日は、料理している時、
指先をスライスらーでサッと切ってしまい、不自由な指で書いています。
Commented by rollingwest at 2009-12-17 05:57
ペガサス様、怪我されたんですか?これから年末・年始を迎えるにあたって不便ですね。お大事に。
Commented by alkinist at 2009-12-17 08:38
うかい亭で、この夏美味い料理と酒を飲みました。東京タワーと写真も撮りましたが逆さタワーまでは気がつきませんでしたね。観察眼に敬服です。タウンウォーカーとしてのRWさんの面目躍如と言ったところですかね。
Commented by desire_san at 2009-12-17 22:09
このあたり、私も歩いたことがあり、楽しく拝見しました。
私もブログに、霧氷の風景・七面山~山伏の霧氷の写真を
載せましたので是非見てください。
http://desireart.exblog.jp/9450001/
よろしかったらブログの中に書き込みして下さい。
何でもお気軽に書き込んで下さい。
Commented by trial05 at 2009-12-17 23:27
こんばんは~。
師走になれば「忠臣蔵」!
覚えてますとも、師走の忠臣蔵テレビを!
祖父が食い入るように、何度も見てましたから。(笑)
あの世で見てるかもね~
Commented by rollingwest at 2009-12-18 05:13
食山人様、うかい亭は3年前にISO辺様にご馳走になりましたが、東京タワー真下にこんな素晴しい庭園をもった豆腐料理店があったのかとビックリしました。ここは昔、ボーリング場があった所だったかと後ほど知りました。
Commented by rollingwest at 2009-12-18 05:16
desire_san様、この周辺は見所が結構満載ですね。
七面山は10年ほど前に雪の時期に登山しましたが、頂上部は雪が深くて断念した経緯にあり、来年再度挑戦しようと思っています。
霧氷の素晴しい写真楽しみです。あとでお邪魔致します。
Commented by rollingwest at 2009-12-18 05:18
トラ様、毎度ありがとうございます。
年末に忠臣蔵を食い入るように何度も見ていたオジイチャン、何か可愛らしい感じですね。それほどに大正・昭和初期生まれの方にとっては、心に残る義の物語だったんですね。
Commented by 神楽坂 at 2009-12-19 13:56 x
14日に泉岳寺の義士祭に行ってきました。すごい人出、年齢層がかなり高い。墓所へはロープ規制で十数分待ち。みんな赤穂浪士が好きなんですね。もちろん、私も大好きですよ。赤穂市にも行って、史跡を訪ねて、大感激したし…。子供のころ、「わんわん忠臣蔵」というアニメを見たのを今でも憶えてます。小説では『四十七人の刺客』『編笠十兵衛』がおもしろかったなあ。歌舞伎、文楽いろいろ見ました。で、まき子様のご質問にあった浮世絵ですが、あれは「2つ引き」という家紋で吉良家のもの。あの場面は「仮名手本忠臣蔵」の大序「鶴ヶ岡社頭兜改めの場」と思われまする。吉良が浅野内匠頭の奥さんに横恋慕するという場面ではないかな。そういえば大学のそばに「安兵衛湯」というのがあったような気がするが…・
Commented by 葛飾のオヤジ at 2009-12-19 14:08 x
以前、札の辻の近辺で勤務していたのに
泉岳寺の中に入った事がアリマセンでした。。
結構、広いんですね!

新東京タワーを毎日見ているのに、
中から見た事がありませんでした。
今度、潜入してみよう。

二の丸はわからないなぁ。
戦のぼりのマークでも無さそうだし、
一方通行のマークでも無さそうだし(笑)
Commented by rollingwest at 2009-12-19 18:41
神楽坂様、忠臣蔵の大ファンだったんですねエ・・!赤穂にも行かれたんですか。歌舞伎・文楽でも鑑賞されていたとは、正に筋金入りでございます。m(_"_)m (hirefushi)
あのマークはやはり家紋でしたか。吉良家のものだっだとは思いも浮かばなかった・・。
まき子様、これでスッキリいたしましたか~?(小生も同様でゴザイマス)
そういえば高田馬場といえば堀部安兵衛でしたね。今度。こちらの史跡も訪ねてみよぉっと・・。
Commented by rollingwest at 2009-12-19 18:45
葛飾オヤジさん、今度是非とも泉岳寺や東京タワー展望台に行って見て下さい。同じ港区だからいつでも訪ねられると思っていると意外と行きそびれちゃうよ~。思いたったら吉日。
二の丸マークは上記で神楽坂様が解説しておりますので上記参照。
Commented by わかこ at 2009-12-20 07:25 x
米沢上杉は、謙信からの系譜で、吉良の実子が、養子f。吉良に援軍をだそうとしたとき、千坂の丹波哲郎が「上杉家は、かかわってはなりません。」と殿様を止めておったよ。そっ、そう(=^ェ^;=)。私が見たんじゃない。祖父から聞いたんだけどね。
越後関係といえば、堀部安兵衛も越後の柴田の出身で真吾君が舞台で舟木一夫とかいう高校三年生と共演したとき、自分の雰囲気が彼と似通っているので、思い切って新潟弁で堀部安兵影を演ってみたといっておったよ。と、10歳年上の姉猫が同級会で彼から、聞いた。調べてみればいこてや(^〇^)!
Commented by rollingwest at 2009-12-20 09:35
猫わか様、さすが日本史の博識家でござる。(御猿⇒御猫)
祖父やら架空の姉などを登場させて、年齢詐称のカモフラージュをしても隠れ蓑からちゃんと猫の尻尾がのぞいているよ。(笑)
お寒うございます。風邪など召されぬよう、ちゃんとコタツの中で尻尾もはみ出さず丸くなっておくれなはれ。
Commented by 3式機龍 at 2009-12-20 14:10 x
あっ、神楽坂さんもそれですか。私もそれです。
すっごい昔に「わんわん忠臣蔵」という東映のまんが映画(アニメーションとは言わなかった頃)がありまして、キラーという虎に母親を殺された子犬が、やがて成長し仲間の犬達と力を合わせて仇打ちをやっていました。街中の犬達が力を貸してくれるさまが子供心をうちまして、けっこう感動しちゃったりしたものでした。降りしきる雪の中を行進して行く犬達の姿に忠臣蔵の本質を垣間見ました。うーむ、日本人。あの主題歌、今でも歌えます。
今は落語の「蔵丁稚」が三船敏郎の内蔵助より先に浮かぶ大人になりました。
Commented by rollingwest at 2009-12-20 17:57
3式機龍様~!お久しぶりです。ようこそ再訪いただきました。(3月頃に猫まんが天界に突然お隠れになって以来、9ケ月ぶり位のような気がする。)
さすが忠臣蔵や明治維新となると、アンテナがピン!と反応しましたか?それとも奥様のバナナメールで通知を受けましたか?(笑)
また定期的な来訪を実に楽しみにしております。
Commented by ハマジュリ at 2009-12-21 12:32 x
オオー!忠臣蔵って聞くともう12月ネ~は定番だね^・^
RWサンは本当にフットワークが軽くて素晴らしいワ***
私は楽しませて頂いているだけですが・・・今、何年かぶりに大雪(谷根にて)を味わっております*サブ~イ***こんなに深々と雪が降るのを見るのは何十年ぶりなので懐かしい感じもするけどやっぱり寒い・・ストーブガンガン焚いて風邪予防!!!
 そういえば三波春夫の忠臣蔵のセリフの所が大好きでよくジイチャンと聞いていましたね~

X'masは横浜ですが~大掃除もせねば・・・いつもバタバタなHamajury*でした^・^;
Commented by 神楽坂 at 2009-12-22 00:58 x
3式機龍さん、お久しぶりです!ご登場をお待ちしてました。「わんわん~」は東映まんが祭りというのがありまして、それで見たのです。手塚治虫原案です。新潟弁の堀部はちょっと見てみたいです。『歴史読本』という雑誌の漫画連載で、でかつて、広島弁の「忠臣蔵」があって、映画の「仁義なき」みたいで、すごく面白かったんですよ。ハマジュリさんの、三波春夫の曲は「元禄名槍譜・俵星玄蕃」かと思います。これは10分にもわたる、台詞入りのすごい曲。RWは聞いたことがないかもしれないが…、ユモトが12月にカラオケで必ず歌うのだが、ホントに、すごいよ。余計なコメントして、すいません。返信コメントはせずともよいぞ。
Commented by rollingwest at 2009-12-22 06:21
ハマジュリ様、こんな大雪の中で棚田ライフを味わっておりましたか!?12月からこんなに降ったのは久しぶりかも知れませんね。
忠臣蔵の日も雪景色といっても、谷根の雪景色はまた違った風情かと思います。
こちらこそハマジュリ様のアクティブ・ライフにm(_"_)m (hirefushi) 。
週末の横浜、クリスマス、コンサート、大掃除、正月準備と頑張ってください。
Commented by rollingwest at 2009-12-22 06:24
神楽坂様、追記の解説ありがとうございました。
我々世代にも、これほどに忠臣蔵を愛し造詣に深い方々が沢山いるとは思いませんでした。
オミソレイタシヤシタ~!

<< <2009年初冬快晴日>港区探... <2009年11月23日>港区... >>