<2010年正月帰省>謙信・信玄ゆかりの地を行く(その1)信州・川中島編

c0119160_17333190.jpg


★はじめに

この度左INDEXに「上杉・武田の史蹟めぐり」という特集コーナー(過去記事含む)を新設しました。
昨年はNHK「天地人」で再び謙信が脚光を浴び、仕事で山梨県を訪れる機会も増えたことが引金となり、今回の正月帰省途中では「謙信・信玄ゆかりの地」を訪ねてみたいと思い立ったからです。


c0119160_17352272.jpg"alt="rw"左をクリックしても「上杉・武田の史蹟めぐり」コーナーに入れます。

これから上杉謙信・武田信玄はもとより、後継(上杉景勝・直江兼続、武田勝頼等)も含めて、上杉・武田の史蹟・所縁地(主に越後・甲斐・信州・米沢等)をじっくりと逍遥・探訪して行こうと思います。


             ......(左)甲斐の虎:武田信玄の像      (右)越後の虎:上杉謙信の像......
c0119160_17382510.jpg
c0119160_17432538.jpg
c0119160_18234312.jpg

通常は関越自動車道で帰省しますが、今回は川中島古戦場や春日山城の訪問を主眼に置いて、上信越自動車道経由で帰り長野市・上越市に立ち寄りました。12月30日未明5時に自宅出発、ETC割引は12月不適用なので道路はスイスイ!関越花園ICを過ぎた辺りで日の出を迎えました。
c0119160_17404822.jpg


      ......上信越道・横川SAから見る妙義山の奇岩風景、駅弁釜飯は地元名物.......
c0119160_17465573.jpg

c0119160_17471989.jpg

                 
                          ......一昨年に登った浅間山 (日本有数の活火山)......
c0119160_17533091.jpg

妙義山・浅間山の名峰パノラマを満喫しながら行く高速道は快適そのもの!たまにはこのルートで帰省するのもいいねエ。長野ICを降りれば謙信・信玄が一騎討ちした古戦場や城郭・史蹟は近い。





★信玄・北信最前線の城郭「松代城」


 .....松代城(別名:海津城)は02年に城門・土塁や堀が復元された。.......
c0119160_17572849.jpg

「松代城」は川中島合戦で武田信玄の本陣となった城郭であり、別名を「海津城」とも呼ばれます。
三方を山に囲まれた平城(山本勘助が築城)ですが、千曲川を堀とした天然の要害だったのです。


                  .......早朝の松代城・お堀には水鳥が寛ぎ漂っていた。.......
c0119160_17591939.jpg

門構えの雰囲気は甲府の武田居城「躑躅ヶ崎館」に似ているような気がします。戦国時代の城郭といえば山城や天守閣のイメージになりがちですが、それに比べれば質素な平地・城屋敷だなア・・。信玄は「人は石垣・人は城」で勢力拡大した武将、平城でも十分戦える自信があったのでしょう。


      .......(左)早朝の薄氷が朝日に反射して美しい (右)水鳥飛び立つ!バサバサ、バサ~........
c0119160_1875883.jpg

c0119160_1882077.jpg


松代城への到着は朝9時前、放射冷却で気温は下がり外堀の一部には薄氷が張っていました。
30日の朝で人かげは疎ら・・。「風林火山」でブームの頃は多くの観光客数で賑わったに違いない。


              .........松代城跡の想像俯瞰図(まるで要塞みたいだ!).......
c0119160_18143746.jpg

風林火山」とは・・・・、
    「疾如風」 (速きこと風の如く)⇒攻めるべき時には風の如く迅速に進むべし。
    「徐如林」 (静かなること林の如く)⇒チャンスに備え準備整え、林の如く静寂整然と待つべし。
c0119160_18161957.jpg
c0119160_18163484.jpg

    「侵掠如火」 (侵略すること火の如く)⇒敵を侵攻する時は火のように熾烈に戦うべし。
    「不動如山」 (動かざること山の如く)⇒自陣堅守の時は山のように落ち着いて守るべし。




★千曲川から北アルプス&北信名峰の大絶景を望む


松代城をひととおり見学し、石垣上に登って見ると遠くに真っ白で雄大な山々が連なっているぞ!
千曲川河川敷の土手に登れば、北アルプス後立山連峰や北信の名峰が鮮やかに眺望できる!


           ...... 松代城・石垣の遥か向こうには北アルプス連峰が見える!......
c0119160_2084977.jpg


    .....(左)真っ白な北ア・後立山連峰と千曲川河川敷 (右)北信の名峰:高妻山飯縄山......
c0119160_20114190.jpgc0119160_20183961.jpg
c0119160_2011577.jpg

後立山連峰とは、剱岳・立山の東部に連なる大山脈(全山縦走すると3泊4日)です。京都~北陸街道から正面に見える剱・立山は古えから信仰されてきた霊峰ですが、その裏側に聳える山脈なので後立山と呼ばれます。しかし、風情や由緒がもっと感じられる名前にしてあげればいいのに・・


       ......北アルプス・北信の名峰を一望するパノラマ地図(クリックすると拡大表示)......
c0119160_20322817.jpg


     .....後立山連峰クローズアップ(左)鹿島槍&五竜ケ岳 (右)唐松岳~鑓・杓子~白馬岳.......
c0119160_20504249.jpgc0119160_2145572.gif

c0119160_6241997.jpg






c0119160_21134061.gif

c0119160_22322741.jpg


当日は正に快晴パノラマを運よく味わうこと(翌・大晦日は全国的に大荒れ天気になったのでラッキー)ができました。さて千曲川を渡って、いよいよ謙信・信玄が対決した「川中島古戦場」へと向おう!





★「風林火山」vs「毘」!両雄一騎討ちの古戦場
c0119160_21285844.gif
野戦で無敗を誇り最高の指揮統率力を持つ戦術家といわれた上杉謙信、孫子兵法を生かし理論的な戦術で騎馬軍団を擁した武田信玄、この二人の英雄が北信濃の支配権を巡って5回にわたり激突を繰り広げた戦いが「川中島合戦」。その舞台跡が「八幡原史跡公園」として残されています。


    .....(左)有名な川中島合戦の謙信・信玄一騎討ち (右)古戦場の舞台「八幡原史跡公園」....
c0119160_2120466.jpgc0119160_2121816.jpg

長野盆地は昔「善光寺平」と呼ばれ、千曲川と犀川が合流する三角地が「川中島」です。11年間で5回の合戦が行われました。その中で最大の戦いが1561年に3万3千人の兵が激突した第4次合戦であり、伝説的な両雄・直接対決はこの時(史実か否かは疑問符ですが・・)だったのです。


                ....岩国美術館所蔵「川中島合戦図屏風」....
c0119160_21332428.jpg

謙信は越後から善光寺に着陣し、さらに後南下して千曲川沿いの「妻女山」に布陣しました。信玄は上記紹介した「松代(海津)城」に鶴翼の陣を張り、両雄は対峙します。睨み合いの末、信玄の軍師・山本勘助は兵を二手に分けて挟み撃ちで妻女山を攻め落とす「啄木鳥(きつつき)戦法」を画策


                ......川中島古戦場跡に鎮座する「八幡社」.......
c0119160_213568.jpg


しかし事前にこの作戦を察知した謙信は妻女山を深夜密かに下山し千曲川対岸・八幡原に布陣。
朝の川霧が晴れた時に武田軍本隊は、いるはずがない眼前に布陣する上杉軍を見てビックリ~!
裏をかかれた武田本隊は上杉軍に猛攻をかけられ、山本勘助は討ち死し一挙劣勢に陥りました。


  ....(左)「川中島合戦」布陣図(謙信は霧で車懸の陣で動く) (右)古戦場全景(妻女山より).....
c0119160_213812100.jpgc0119160_21384919.jpg







c0119160_21403246.gif
c0119160_21405513.gif
c0119160_21405513.gif
c0119160_21405513.gif


ここで謙信は、手薄になった信玄本陣に単騎斬り込みをかけます。相対し本陣に座する信玄は軍配で応戦!これが有名な両雄の一騎討ちです。二人の勝負も、合戦自体も結局は引分けで終了。
古戦場跡には二人の対決銅像が昭和44年NHK大河「天と地と」放映の年に建立されています。


          ......八幡社の脇にある信玄・謙信の一騎討ち銅像(躍動感溢れる~!).......
c0119160_2150283.jpg

千曲川の河川敷には、ここで討死にした信玄の軍師「山本勘助」の墓が密やかに佇んでいました。周りに何もなく観光看板も不案内ですが大河TV主人公になったからこそ再整備されたのでしょう。


    .......(左)信玄の軍師「山本勘助」の墓 (右)NHK「風林火山」の勘助(内野聖陽).......
c0119160_221324.jpg






c0119160_22133957.jpg


                ......歌川広重作「川中島合戦乃図」....
c0119160_22241682.jpg


戦国時代の両雄、謙信・信玄が戦った史蹟を初めて見ることができて満足!両雄は雌雄を決することができませんでしたが、永遠のライバルだった2人は「敵に塩を送る」の故事があるようにお互いを尊重し実力を認め合う仲だったのかもしれません・・。さて、次は長野の名刹「善光寺」に向おう!

c0119160_22193819.gif





★1400年近い歴史を誇る「善光寺」


謙信が川中島の戦いで着陣したのが「善光寺」。このお寺は「牛に引かれて善光寺参り」の民話・諺や本尊秘仏ご開帳等で有名な古刹です。644年欽明天皇に創建とのこと、もう1400年近い!


         ......国宝に指定される「善光寺」本堂正門(日本第三の木造大建築)......
c0119160_22454028.jpg


         ......(左)善光寺境内の年末風景 (右)山門にはすでに賀正の文字が・・.......
c0119160_22462293.jpgc0119160_6561332.gif



c0119160_22463837.jpg


本名刹を訪れるのはもう数回目。子供の頃、家族旅行で連れて来てもらったことをよく覚えている。
明後日の元旦に備えてもう初詣の受入れ準備はスタンバイ・・、30日で人出は疎らなので境内をゆっくりと参詣することができました。最近小生は毎年初詣には出かけず、年末お礼参りにしています。


          ......(左)本堂前の護摩香炉の煙    (右)延命地蔵・六地蔵に祈る.......c0119160_2341297.jpgc0119160_6561332.gif



c0119160_2343010.jpg

    ......(左)閻魔大王も目を光らす  (右)撫でた部分を治癒してくれる↓「びんずる尊者」.....
c0119160_715362.jpg
c0119160_72158.jpg


昨年GW全国で一番賑わった観光地は「善光寺」でした。7年に1度ご開帳される秘仏「前立本尊」を見るために多くの観光客で賑わいました。昨年からのETC割引で長野高速道路は大渋滞~!


         ...... 2009年GWの人出では日本一の賑わいを記録した秘仏御開帳の法要......c0119160_793624.jpg
c0119160_792022.jpg



現在の長野市は善光寺の門前町を起源として発展した都市で、善光寺平と呼ばれる盆地から長く緩やかな傾斜の街となっています。ここは北国街道・宿場街として多くの参詣者が訪れたのです。


                 ......善光寺本堂の横全景は本当にでかい!.......
c0119160_71541.jpg


話を謙信・信玄に戻しますが、山梨県甲府市にも「善光寺」があります。川中島決戦に臨み、由緒ある名刹が焼失しては申し訳ないと、信玄が甲州に同じ寺を事前建立し宝物を移転したのです。


        ......色は違うが形はそっくりな「甲斐善光寺」 (後日、甲州編で紹介します。).....
c0119160_722293.jpgc0119160_7222446.jpg

10数年ぶりに訪れた「善光寺」ですが、いつ見てもこのお寺は威厳があってスケールが違う!
裏側参道から本堂の屋根を見上げるとまだ根雪が残っています。明日は一面が雪景色だなア・・


                ......本堂の裏側に廻ると真っ白な雪屋根だった!......
c0119160_727278.jpg





★信州から越後へと向う



長野市は真田一族の地や松代象山地下壕などまだ見所が多い街。まだ名残惜しいですが、次に謙信所縁の地(春日山城)が控えているので今回これで終わりにしよう。次回また来ればいいや・・


          ...... 長野市(善光寺・松代・川中島)の地図 (クリックで拡大表示)........
c0119160_17185667.jpg

            ......雪を被った(左)黒姫山と(右)妙高山 OH!BEATIFUL!......
c0119160_17203410.jpg








c0119160_17205388.gif

須坂長野東ICから再び上信越自動車道に乗って北上し新潟方面へと向います。信越国境の名峰黒姫山&妙高山が遠方に見えてきた。ここからは信玄がついに入り込めなかった越後の国です。


                                                      おわり



次回は、「謙信・信玄ゆかりの地を行く:(その2)越後・春日山編」 をお送りします。
c0119160_1726235.jpg

リンク:謙信・信玄ゆかりの地を行く:(その2)

  by rollingwest | 2010-01-10 17:28 | 上杉・武田の史蹟めぐり | Comments(26)

Commented by shingo at 2010-01-10 23:05 x
よっしゃ、一番乗り。
子供のころ、謙信が陣をはった山(遊園地になっていた)に遊びに行って聞いた話によると、信玄の陣からいつもより多くの煙が上がっているのを見た謙信は、出陣前の炊き出しと見破り、裏をかいて山を下りたということでござる。
子供心に、大いに関心して覚えているエピソードでごじゃるよ。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2010-01-10 23:08 x
長野から新潟に抜ける道、数回だけ行ったこと有ります。
でも、冬の道は怖くて行けられませーん

妙高はやはり、雪のトンネルだったんでしょうか?
Commented by rollingwest at 2010-01-11 06:43
H井殿、信玄挟み撃ちの動きを謙信が事前察知したのは、たしかに「信玄本陣から出る煙の量が多いのを気づいたから」と記載してありました。
なるほど、出陣前の飯炊きの煙だったのか!大変勉強になりました
Commented by rollingwest at 2010-01-11 06:48
葛飾オヤジ殿、上信越道もあらためて見所が多いことを今更ながら気づきました。当日の妙高山は大いに雪をかぶっておりましたが、道には全く雪がなくて問題ありませんでしたよ。
でも翌日からは、大晦日の大寒波が来たので、帰京する関越道は真っ白な雪光景! やはりスタッドレスタイヤは不可欠です。
Commented by わかこ at 2010-01-11 08:16 x
不動如山・・・私だ・・・・・・・
正月食べすぎたら豚が益々豚になった・・・・・
Commented by rollingwest at 2010-01-11 21:00
猫様は、お正月はコタツの中で丸くなって不動如山でしたか・・。
これからリベンジで減量の2月ですか~!頑張ってください!
Commented by Soul Mate at 2010-01-11 21:58 x
群馬かどこかの旧家で信玄の菅助(勘助?)宛ての書状が見つかっとったなあ。山本家は代々「菅助」を名乗って幕末まで高崎藩士じゃったとか新聞に出とったのう。そげな旧家じゃと霊がウヨウヨおりそうじゃなあ。。
Commented by rollingwest at 2010-01-11 22:07
聖二殿、勘助は架空の人物説もあったようだが、群馬安中の書状で実在人物と裏付けられたとのことだ。
霊感の強いお主は古戦場等を訪ねたら、金縛りにあって声も出なくなるかもしれんなあ・・(笑) ナムナム
Commented by akiotakahashi at 2010-01-12 06:43
年末の大遠征は行動力のRWさんならばです。450年の歴史は河原も平地に変わるのに驚きます。
4年前に松代に行きましたが、科学者でもある佐久間象山記念館、陸軍の地下要塞跡など面白い場所でした。
次の、故郷越後の謙信シリーズが楽しみです。
Commented by masaok15 at 2010-01-12 11:32
新潟のお正月は如何でしたか。・・・善光寺をはじめ、途中で立寄られた年末の長野各地には雪が殆んどありませんが、長野も新潟も新年になってから大分降ったようですね。
夏に北海道に行った帰り、青森から休日1000円の高速道を利用して夜中じゅう走り、上越ICから上信越道を南下して蓼科に戻りました。武田氏ゆかりの地は山梨だけでなく長野にも沢山ありますので、今後帰省する時はぜひ信州各地を経由しては如何でしょうか。
Commented by matsu at 2010-01-12 18:08 x
富士山に続くブログの新春第2弾が、「信玄・謙信古戦場巡り」とは、両雄の大ファンである小生にとっては嬉しい限りです。先週、3連休の初日の土曜日、「時代劇専門チャンネル」で、昭和44年放映の伝説のNHK大河ドラマ「天と地と」の最終回を観ることができました〈現在、保存されているのは最終回のみ〉。謙信は若き日の石坂浩二、対する信玄は高橋幸治で、例の川中島の一騎打ちの場面をたっぷり堪能しました。どっしりと床几に腰を下ろし、石坂謙信の太刀を受ける高橋信玄の悠々迫らざる貫禄は、凄いの一語に尽きます。高橋幸治は、同じ大河では、織田信長役〈太閤記、黄金の日々〉が有名ですが、信玄もぴったりで、雰囲気や風格等から見て、歴代の信玄役では、ナンバーワンなのではないでしょうか。無表情かつ抑揚のない話し方ながら、圧倒的な存在感と重厚さを持ったこの俳優は、他にも宮本武蔵や近藤勇等も演じており、昭和40~50年代のテレビ、映画、演劇界には欠かすことができない活躍振りを示しましたが、最近、とんと姿が見られないのが、寂しい限りです。カムバックを切に願います。
Commented by rollingwest at 2010-01-12 21:53
アキタカ様、陸軍大本営地下要塞はもかねがね見てみたいと思っているSPOTです。ここは日本のピラミッドと呼ばれる皆神山に掘られた地下壕で、ピラミッドパワーで戦争に勝とうとしたというミステリー伝説があるので次回訪ねて見たいと思っております。
佐久間象山もこの地の生まれでしたか!? 勝海舟・坂本竜馬・河井継之介・橋本佐内などを弟子にして維新英雄として育て上げた人物にいつか触れてみたいですね!
Commented by rollingwest at 2010-01-12 21:58
マサオ様、北海道山旅からの帰りは青森から上信越道経由で帰られたのですか!?
何というロングドライブ!その前日高や利尻などの山を登ってに20日近くも北海道周遊したあとだったのに・・・。そのタフネスさには到底かないません。長野も数々見所があるので次回もこのルートで帰省したいと思っております。
Commented by rollingwest at 2010-01-12 22:01
マツ殿、予想通りの反応で嬉しいですね。やはり謙信・信玄の猛烈なファンであるだけにこれだけの長文コメントはサスガです。
まだ書き足りないことが沢山あると思いますが、どんどん薀蓄を語ってください。当然、小生も「天と地と」で戦国ドラマに嵌ったクチです。
Commented by trial05 at 2010-01-12 23:14
こんばんは~。
>ETC割引は12月不適用なので道路はスイスイ!
 (*^m^*) やっぱりね~~! みなさん正直ですね!(笑)
この記事・写真を拝見して、今度の帰省は、中央道→上信越→北陸道経由で行ってみたくなりました。^^;
遠いかなぁ~~~

Commented by rollingwest at 2010-01-13 06:03
トラさん、貴女ならできます。
上記に書いてあるように、マサオ様は北海道から青森経由で上信越道を通って名古屋に戻っており、さらに上を行く方がおりますので、まだまだ負けちゃいけません。(笑)
Commented by ペガサス at 2010-01-13 08:59 x
RW先生、楽しい地理、歴史の授業を受けさせていただきました。学生時代、このようにわかりやすく教えて下さる社会の先生なら、勉強も好きになっていたかもしれません!   退職後は、塾経営でもされたらいかがでしょう。「おばさん、もう一度頑張ってみませんか講座」なんかも、子供たちの時間割の合間にいかがでしょう(笑)
Commented by alkinist at 2010-01-13 09:06
RWさんって、そんなに歴男でしたか?どん欲なまでの知識欲に脱帽です。決戦 川中島、昔聞いた詩吟「鞭声 粛々 夜河を渡る」を想い出しました。この時代の戦いは陰湿さが無く男のロマンがあっていいですね。今年もよろしくお願いします。
Commented by rollingwest at 2010-01-14 05:59
ペガサス様、貴女も公私とも充実した毎日のようで何よりです。
著名人との交流もビッグネームが続々登場して驚きです。
Commented by rollingwest at 2010-01-14 06:02
食山人様、1月から春先まで公私共に行事や課題が満載のようですが、お体には十分留意されて山を登って・・(あ、間違えた)、山を乗り越えていただきたいと思います。
Commented by まき子 at 2010-01-14 21:50 x
天守閣やお城は守備のために高台にあったこともあって、
城から見える風景は、とっても良いものですよね。
横川といえば、「峠の釜飯」を思い出してしまう自分です。

・・・って、なだか「やっつけ」なコメントで申し訳ありません。
いつも見ているんですが、
RWさんのキチっとした記事は、キチっと読み込んでコメントしたいなーと、
ついついコメントを書くのに時間がかかってしまいまして(汗)
Commented by rollingwest at 2010-01-15 05:57
まき子様、お気軽にど~ぞー(笑)
オヤジさんとの飲み会、日程調整いたしまする。
Commented by わかこ at 2010-01-18 15:05 x
matsuさん。武田信玄は見たことがないけれど、高橋幸治の織田信長のあの無表情さ、眼光の鋭さと威厳・・・と思って心底同感してたのです。大河ドラマを見捨てて25年・・・福山雅治だから、えへへ、がんばって見ようかなと思いました。えっと、そうそう12歳違いの あっ、兄がそういうとりました。で来週の予告を見たら、千葉道場の鬼小町だとさ、もう見なくていいや。好きだとか嫌いだとか、嫁と姑がうんちゃら、かんちゃら、朝の連続ドラマでやりゃいいのにねえ。RWさんの記事とははずれちゃうけど、愚痴コメントです。あはは・・・

Commented by rollingwest at 2010-01-18 22:28
猫わか様、NHK大河は見ないと意地を張ってたのにロッドか福山が出演すると心も変わるんですなあ・・(笑) 3式機龍様も、幕末ものなので一緒に見ておられるのかな?
小生もマツ殿と同感で、武田信玄役は高橋幸治が一番カッコよく渋かったと思うております。中井貴一はイメージに合わないし豪放さが足りなかった。「風林火山」の市川亀治郎の信玄役はなかなかの演技だった・・。
Commented by matsu at 2010-01-19 14:13 x
このブログの常連さんの中で、高橋幸治のファンの方がいたとは嬉しい限りです。先頃、CSで「黄金の日々」を通しで見ましたが、彼の信長は、実際の信長もこんな感じだったのではと思わせるぐらいのはまり役でした。寡黙でストイックな戦国武将や剣豪、軍人などの役を演じさせたら、今でも高橋幸治の右に出る者はいないと思っています。それから、「龍馬伝」、まだ、始まったばかりですが、福山龍馬がかっこよすぎるのと、香川照之の岩崎弥太郎が汚すぎるのを除けば、かなり、いい出来映えと思います。マスコミの評判も良く、通しで見るつもりです。
Commented by rollingwest at 2010-01-20 16:57
マツ殿 thank you!

<< <2010年正月帰省>謙信・信... <2010年1月1日>年始のご挨拶 >>