<2010年3月13~14日>早春の越後(2010)・蒲原平野:月岡温泉家族旅行



★はじめに

c0119160_22173680.jpg

3月中旬、新潟の「月岡温泉」に行ってきました。1年ぶりの家族旅行(昨年は娘の高校入学祝いで伊豆旅行)でしたが、今回は両方の母親をご招待。最近それぞれの伴侶(我々にとっては父親)を亡くし一人暮らしとなったので、たまには孫の顔でも見せて温泉で慰労する親孝行企画でした。

c0119160_22184496.jpg

早朝6時に自宅出発、関越経由で埼玉東松山の義母を迎えに行き、柏崎には昼に到着。昼食後に実家を発ち、北陸自動車道・燕三条ICから越後平野を走っていきました。本当に広大な平野だ!

c0119160_221932100.gif
c0119160_2220151.jpg

越後平野は別名「蒲原平野」とも呼ばれ、日本一の米どころです。昔この辺りが広大な湿地地帯で潟が点在したことが蒲原の名の由来と思われます。蒲の穂が多く茂っていた風景が目に浮かぶ・・


             .........広大な蒲原平野、山形と新潟を結ぶ羽越本線の電車が行く........
c0119160_2232565.jpgc0119160_22322485.jpgc0119160_22323824.jpg

小生、新潟県出身なのに月岡温泉・瓢湖周辺は初めての訪問でした。それにしても360度の感覚で地平線が見える広大な穀倉地帯。あらためてコシヒカリの一大生産地のスケールには驚きです・・。




★国産原油の里を訪ねて


c0119160_22445652.jpg
c0119160_2245715.gif

日本は石油消費量(年間約2億KL)の99%以上を輸入に頼る石油無資源国ですが、現在も新潟や北海道・秋田で細々と国産原油が採掘されています。わが故郷・柏崎は日本石油産業発祥の地、そして蒲原平野の新津・黒川もかつて大きな油田が存在しました。国産原油の歴史探訪・・


     ......(左)日本最古の機械堀り井戸櫓   (右)新津(現・新潟市)の「石油の世界館」........
c0119160_22503489.jpgc0119160_22504847.jpg

鉄道や石油の街として知られた新津市は、現在は新潟市の一部(秋葉区)となってしまいました。
市町村合併は時代の流れとはいえ、街・独特の風情・歴史が埋没していくようで何か惜しい気がします。折角の機会、近代産業発展に貢献した国産原油の歴史を「石油の里公園」で見てみよう。


     ........(左)原油汲み上げポンピングパワーの木櫓  (右)草創期の国産原油採取の仕組み.......
c0119160_2315582.gif
c0119160_2345383.jpg


       ......... 「石油の世界館」のロビー長椅子には石油鉱夫の蝋人形が座ってた~.......
c0119160_9412778.jpg

ここには古より地表に石油が滲み出て草水くそうず)と呼ばれていました。明治時代、金津村庄屋の中野貫一が開坑して原油を採掘し精製販売を開始。中野石油王の住宅や油田関連施設・石油櫓等が「石油の里公園」「石油の世界館」として残されており、当時の面影を偲ぶことができます。


       .......(左)原油櫓が乱立した明治時代の新津風景  (右)地球や石油の歴史を辿る........
c0119160_9435469.jpgc0119160_944811.jpg

c0119160_10112694.jpg

    .....(左)L型採油装置 (中)原油輸送パイプの石油遺構 (右)原油採掘装置のバルブ.......
c0119160_9464427.jpgc0119160_9465636.jpgc0119160_9471669.jpg

09年経産省が、幕末~昭和初期の国内産業近代化に貢献した全国各地の建造物を「近代化産業遺産33」として認定され地域史・産業史ストーリーに纏められました。「新津油田・石油の里公園」も「我が国近代石油産業の歩みを物語る近代化産業遺産群」の一つとして登録されています。

             リンク:「我が国近代石油産業の歩みを物語る近代化産業遺産群」


       ......「石油の里公園」に残る近代産業遺産(ブロック製の原油タンクやパイプライン).......
c0119160_1016867.jpgc0119160_10163529.jpg


日本書紀」には「668年、越の国から燃ゆる水が天智天皇に献上」と記されており、滋賀の近江神宮と黒川村(越後蒲原)では、この故事に因んで「燃水祭」の儀式が毎年7月7日に行われます。


        .......(左)天智天皇への「燃土燃水献上図」  (右)近江神宮の「燃水祭」......
c0119160_10192057.jpgc0119160_10262683.gif
c0119160_1027623.jpg


関西勤務の頃、近江神宮「燃水祭」に2回出席し挨拶する機会を得ましたが、柏崎出身ということで滋賀の方と話が弾みました。でも現在の柏崎にはもう石油産業発祥・遺構は存在していません。


    ........(左)「黒川油田」昭和17年の風景  (右)かつて柏崎には「日石製油所」があった。.......
c0119160_1037840.jpg
c0119160_10335656.jpg


石油の歴史に日頃触れることのない家族達も石油館の展示物を興味深く見ていましたが、そろそろ出発~。次の目的地「瓢湖」に向わなければ・・。外は小雨が降り始めて、結構冷えてきたぞ・・。





★白鳥の湖・「瓢湖」


         .......(左)冷たい雨で煙るグレー色の瓢湖にて (右)色異なる2羽の鴨........
c0119160_10421569.jpgc0119160_10425072.gif







c0119160_1043970.jpg


新津の里から阿賀浦橋を渡り阿賀野川を越えると、旧・水原町(現・阿賀野市)に入っていきます。
ここに白鳥の湖として有名な「瓢湖」があります。用水池の形が瓢箪に似ていたことから、こう呼ばれます。昭29年、飛来した野生・白鳥の餌付けに吉川重三郎氏が全国で初めて成功したのです。


             ............餌を上げると鴨たちが群がってきた!Come on~!........
c0119160_10523646.jpgc0119160_10525922.gif



c0119160_10531863.jpg


     ......瓢湖の中州で寛ぐ数羽の白鳥 (大陸に渡らずに日本で過ごすのかな・・?).......
c0119160_111294.jpg
c0119160_1175412.gif
c0119160_1111077.jpg

この湖は08年にラムサール条約に登録されています。今年の春は寒い日が続いたので白鳥が多く残っているかな・・と期待しましたが、やはり3月中旬なのでもう殆ど飛来してしまっていた。例年、怪我で飛び立てない白鳥が数羽はいるようですが、中にはここが気に入り住み着いている奴も・・。

c0119160_1162087.gif
c0119160_1163554.gif

餌を求めて鴨ばかりが群がって来ましたが、白鳥の冬姿は地元HP・掲載写真↑でご容赦下さい。
しかし3月半ばなのにチラホラと雪が舞い始めてきた・・。おお、寒い~!早く温泉に浸かりたいね~。
c0119160_11224778.gif






★お肌ツルツルの湯で有名な「月岡温泉」


本日お目当ての「月岡温泉」に16時頃に到着~!玄関お迎えから素晴しい気遣いのおもてなし!
仲居さんの丁寧な説明を受けた後、浴衣に着替えてさあ温泉に入りましょう!その前に写真をパチリ


           ........月岡温泉に到着!まずはお茶を一服。2人の祖母に囲まれて.......
c0119160_1141576.jpg

      ......(左)白玉の湯「泉慶」、岩の露天風呂  (右)夕暮れの月岡温泉と温泉の煙........
c0119160_11452575.jpg
c0119160_1146163.jpg

c0119160_1146142.gif


c0119160_11463442.jpg


月岡温泉は新潟の奥座敷・歓楽温泉のイメージがありましたが、北陸の由緒ある温泉の様な印象を受けました。歴史は意外と新しく大正時代、石油開発目的で掘削したらたまたま湯が出たとのこと
柏崎温泉と同じで石油臭い湯は実に懐かしい~!美人名湯と云われるだけあり、お肌はツルツル!


        ...........大満足だった素晴しい食事、個室部屋で高級感もサービスもバッチリ!........
c0119160_11545134.jpg


c0119160_1155626.jpg
c0119160_11551897.jpg

      ......温泉卓球を楽しむ女戦士!特に東松山のおばあちゃんが予想外に強かった。........
c0119160_1221861.jpg







c0119160_1224087.jpg


食事も美味しく、一品一品に心がこもっており高級感にも溢れて皆は大満足~!食事後は温泉の定番、卓球を楽しみました。寝る前にもう一度お湯に浸かり、女性陣はますます美人のお肌に・・。



           ............卓球バトルの後はもう一度「美人の湯」に入ってリフレッシュ!........
c0119160_1295182.jpgc0119160_1210166.jpg

「白玉の湯・泉慶」は月岡温泉のハイグレード(2~3万円の高級感あり)旅館ですが、閑散期だったためか期間特別料金で1万円後半のお得な値段でした。また来てみたいと思わせるお勧めの宿だ!





★雄大な蒲原平野と日本海奇勝・海岸道を走る


月岡温泉を朝早く出発して2日目は新潟市内に向かって車を走らせます。蒲原平野は実に広い!
人工物が殆どない地平線光景は何度見ても驚いてしまう。川の流れも気分もユッタリとして緩やか・・


           ...........翌朝温泉を出発し、蒲原平野の川風景を見渡す!雪山が遥かに・・.......
c0119160_12425066.jpg

信濃川・阿賀野川下流は人口増加の近世後、新田開発で農耕地を広げてきましたが、低湿原開墾地は度重なる洪水と悪い水はけに悩まされ続けました。 飯豊・会津・上越の豪雪山脈から流れ来る雪解け水は余りにも豊富過ぎるからです。しかし長足進歩した治水技術が現在の田園風景に・・


   ......何たる広大光景!建物が一つもなく地平線が見渡せる!日本一の米処「蒲原平野」.......
c0119160_1244394.jpg

雄大なる蒲原平野を相当距離走り、新潟中心部(空港・港湾部)を脇目に見て信濃川を渡って行きました。蒲原平野を見渡す如く越後中央部に鎮座する2つのなだらかな山は「弥彦山」と「角田山」



             ...........早春の田んぼに浮かぶ「弥彦山」と「角田山」の遠景........
c0119160_12534636.jpg

田園風景から海岸線に出て行くと、ここからは「越後七浦」と呼ばれる奇岩奇勝が続くシーサイドラインに入ります。日本海は比較的穏やか・・、空も徐々に晴れ渡ってきて佐渡ケ島も遥かに望めました。



     ........「越後七浦シーサイドライン」を走れば、岩壁に釣り人。堤防のミニ灯台に荒波寄せる。......
c0119160_1246694.jpgc0119160_1324856.jpg

 .......白波は寄せ、遠浅の砂浜に吸い寄せられてまた消ゆる。 (右)「獅子ケ鼻」の断崖絶壁.......
c0119160_12571244.jpg
c0119160_13101312.jpg


c0119160_131871.gif

c0119160_12574191.jpg





★越後総鎮守・「彌彦神社」から「寺泊魚市場」へ


蒲原平野に鎮座する弥彦山の麓に鎮座する「彌彦神社」は、古より「いやひこ様」の敬称で新潟県人に尊敬の念をもって親しまれています。祭神は天照大御神の御曾孫にあたる「天香山命」です。
小学生の頃、家族旅行で両親と神社参詣に何度か来たなあ・・。社殿はいつも威厳に満ちている。


   ......越後随一の古社「彌彦神社」にも石油産業の遺構(蒸留タンク)が保存されていた!......
c0119160_13415517.jpg

c0119160_13395842.gif


c0119160_1343910.jpg


2年前の秋に国上山(上杉謙信や良寛などに縁ある国上寺)を訪れた時、久しぶりに彌彦神社に参拝しロープウェイで弥彦山にも登りました。(そのレポートは下記リンク記事からご参照)。おっ、何と社殿の中にも国産原油の遺構(日本石油製油所で使われた蒸留塔)が展示されているではないか!


             ...........弥彦山・2景(冬の雪原&黄金色・実りの秋)........
c0119160_13492238.jpgc0119160_13493825.jpg

                            リンク:秋の越後路(歴史と実りの風景)を訪ねて

弥彦山の標高をあらためて確認すると634m、何と東京スカイツリーと同じ高さなのです。尖鋭なる電波塔と、丸くなだらかな山容の弥彦山と高さが全く一緒とは気がつかなかった・・。越後人の心を癒す弥彦山を後にして、次は日本海の幸が溢れる「寺泊市場」。ここは全国的に有名な観光スポット!
c0119160_13562827.gif


                .......新鮮な魚が豊富に並ぶ「寺泊市場」........
c0119160_13595760.jpgc0119160_1402151.jpg

この市場はいつ来ても活気に溢れ、観光客が多く賑わっています。とにかく魚の種類が多く品揃えが豊富。見ているだけでも十分楽しい!寺泊名物「浜焼き」は旨そうだけど、ちと値段が高いなあ・・

                .......寺泊の名物「浜焼き」(串刺し海鮮)........
c0119160_1445519.gif
c0119160_1451098.jpg

わっ、何だ、これは~?!エイリアンみたいな悪魔の顔をした不気味な干物がぶらさがっているぞ!
実はエイ干物の裏側が悪魔に見えるのか!よくできてるねエ~、エイ・リアルなん?(oyaji gyag sira~)


       ..........(左)活気溢れる市場の店内 (右)エイ干物が「デビルフィッシュ」になっている!......
c0119160_1493931.jpg
c0119160_1410795.jpg


海産物のお土産を購入し、海岸線を南下していくと出雲崎町に入ります。ここは良寛さんや日本石油創業者・内藤久寛、猫わか様などを輩出した由緒ある天領の里。芭蕉が奥の細道で詠んだ名句「荒海や佐渡に横たふ天の川」、黒人演歌歌手ジェロの「海雪」もこの出雲崎が舞台となりました。


  ......(左)出雲崎の良寛堂&良寛像 (中)石油公園と内藤久寛 (右)何かと話題の柏崎原発.....
c0119160_1414637.jpgc0119160_1414213.jpgc0119160_14144045.jpg


出雲崎も国産原油が海から採掘された由緒ある場所、「石油記念館」があるので一度御覧あれ。刈羽村に入り世界最大級の「柏崎・刈羽原発」を通過。07年7月中越沖地震では構内火災シーンが衝撃的でした。原子炉再開も安全に対する地元感情とエネルギー政策の挟間に揺れ動いています。


   .......柏崎に到着。実家から仰ぐ米山、威厳ある新雪の姿で白く雄々しく輝いていた!.....
c0119160_14198100.jpg


柏崎に13時半に到着。お袋を実家に送ってお茶で団欒後に帰京の途へ・・。故郷の名峰・米山は、昨日降った雪が威厳ある白銀姿で輝いています。東京に向う関越道からは越後三山や谷川岳の新雪姿が本当に素晴しかった!寒かった3月はこんなにも美しいパノラマをプレゼントしてくれました。


       .........前日に降った新雪が美しい「越後三山」&「谷川岳」 (関越道経由で帰京)........
c0119160_1421140.jpgc0119160_14212352.jpgc0119160_14214231.jpg


             .........今回辿った越後周遊コース (地図をクリックすると拡大表示)........
c0119160_557293.jpg


蒲原平野をジックリ走ったのは初めてですが感動的な風景でした。水の恵み・美味しいお米、世界一の豪雪・日本列島の地形・気候が我々に恵みを与えてくれる穀倉地帯の姿を今更ながら再認識・・
今回柏崎から月岡温泉周遊距離は220km、川崎からの総距離650km、やはり新潟県は長大だ。


          .........久しぶりに楽しい家族旅行でした!(彌彦神社をバックに)........
c0119160_14342963.jpg

親孝行したい時には親はなし」、まだまだ元気でいてほしいおばあちゃん達。この旅行会は来年も再来年もやりたいと思う・・。何事も健康第一であればこそ実現できた2日間だとコチラも再認識・・
毎日、寒い天候不順の日が続きますが、皆様体調管理のご留意を!


                                                     おわり



次回は「大和路・思い出の旅レビュー(その1):奈良・西の京・斑鳩編」をお送りします。
c0119160_14293710.jpg

  by rollingwest | 2010-04-14 00:00 | 故郷の風景 | Comments(52)

Commented by 食山人 at 2010-04-15 12:02 x
おお、なんと一番乗り!いやあRWさんの親孝行ぶりに感動 いたしました。女4人を連れての温泉旅行、なかなかできるものではありません。石油レポートもありの、その中身の濃さにも脱帽です。
Commented at 2010-04-15 18:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by m2-home at 2010-04-15 20:30
上杉謙信が好きで、越後にはいつか行ってみたいと思ってたんですよ。
記事を読んでて益々行きたくなりました。
いい家族旅行ですね。
Commented by まき子 at 2010-04-15 22:43 x
いいですねー!温泉卓球!!
私も、卓球部ではなかったですが、これは燃えるタチです(笑)。

両方の母親とお子さんを連れての旅行、お母様たちも孫と一緒に旅行なんてなかなかないでしょうから、
喜んだでしょうね♪
Commented by trial05 at 2010-04-15 23:06
こんばんは~。
親孝行企画、 いいですね~~♪ 
ましてや両方の母上さまを伴って、とは・・・!!
そうそう、ワタシも頻繁に両親を連れてドライブしてましたよ!(エライでしょ?)( ̄0 ̄)/ 

月岡温泉・・・・ココへ泊ろうかなぁ~~♪
Commented by rollingwest at 2010-04-16 00:27
食山人様、久々に一番乗りありがとうございます。
いつも一人で遊びほうけてばかりいると家族に見放されそうで、挽回企画を立ててみました。(苦笑)
とはいえ、このGWまた北陸山行へのお付き合いよろしくお願いいたします。実はそのための布石だったりして・・。
今年は山もまだ1回しか行っておらず、2回目が登山道のない200名山でちと不安ですが、ご迷惑をおかけしないよう頑張りまする。
Commented by rollingwest at 2010-04-16 00:30
鍵コメ様、今年の春はこんなにも寒いのに目当ての白鳥さんたちは既に大方飛び立っていってしまったのがちと残念でした。
娘は生意気ギャルで手に負えません・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2010-04-16 00:35
m2-home様、上杉謙信好きでしたか~!越後人としては非常に嬉しいです!左に掲載してある特集記事INDEXに「上杉・武田の史蹟めぐり」というコーナーがありますので、是非ともクリックしてみて下さい。上杉にゆかりある越後の土地紹介が沢山見られますのよ。お楽しみあれ。
Commented by rollingwest at 2010-04-16 00:39
まき子様、温泉卓球って結構燃えるんですよね。
実はホテル宿泊を予約するにあたっては卓球ができる宿という条件で旅行会社に依頼してしまいました。まき子様の場合は、美味しいお酒を出すホテルが条件ですかな・・?(笑)
Commented by rollingwest at 2010-04-16 00:43
トラさん、今年のGWも最後の高速1000円を生かしてロングドライブ仙台帰省ですか?
月岡温泉は磐越道の途中ですので、是非とも泊まってみて下さい。お肌がツルツル今以上に美人になれますよ。今回は長野善光寺・上越市ルートを通る計画も入れるんでしたっけ?
Commented by akiotakahashi at 2010-04-16 02:46
一族郎党穏やかな仲良しでRWさんの人徳の賜物です。母上がた、奥様のお喜びの雰囲気が伝わります。
新津の公園、弥彦神社に油田・石油の遺物があるのが面白そうで訪ねたいです。昨年は寺泊、国上寺などに行き新潟ファンになったのもRWさんのお陰で感謝です。
Commented by rollingwest at 2010-04-16 06:01
アキタカ様、新潟県はまだまだ見ていない名所・旧跡・自然があるので、あらためて故郷の県の懐の深さを感じました。
今年のGWも是非ともお越しあれ~!
Commented by namazu_5757 at 2010-04-16 10:15
家族旅行はいいですね〜積極的にこう言う計画は立てていかないといけませんね。
我家では家族全員そろうのは年一回くらいです。(長男は池袋在住)
妻の父親のふるさとが小千谷ですので3年前に行きました。
地震の傷跡が残っていましたが棚田の美しさには驚きました。
Commented by hirospace at 2010-04-16 16:22
月岡温泉は北陸では人気のある温泉です。
若い頃、仕事で新潟に良く行きましたので、漂湖や弥彦神社など懐かしい写真が拝見できました。
寺泊市場には近年に何度か行ってこともあります。

御両家の方もご家族も集って、楽しくて有意義なたびになりましたね。
Commented by sam_blog at 2010-04-16 20:21
新潟は何度か行った事がありますが
ゆっくりと温泉に入った事がありません。

温泉宿ではやっぱり浴衣に卓球、我が家でもやりました。
温泉に入って美味しい料理を食べまた入る
温泉宿...行きたくなりましたね
Commented by ハマジュリ at 2010-04-16 23:25 x
さすがRWさん~親孝行&家族旅行ですね!
月岡温泉は随分昔に行ったような~いい感じの旅ですね~瓢湖~越後平野~ 新潟ってやっぱりいいね!!

でも今年は暑くなったり4月中旬になるのにまだまだ寒い日があったりね~・・・のど飴をなめまくり風邪予防のつもりが・・・なんだか口内炎になりそう^・^;

最近の楽しみは十日町の千年の湯に行くこと・・・やっぱり温泉はいいよね~
Commented by わかこ様( ̄^ ̄) at 2010-04-17 06:10 x
わっ、良寛と内藤久寛といくら出身が同じというだけで並べて書いてよいのか (=`´=) !それは、神楽坂様に私ごときが、「あ~ら、神楽坂様になら高杉晋作を譲ってあげてもよくてよ!」ってくらい不遜だぞ。(^〇^)それに良寛にさん、内藤久寛呼び捨て、わかこに様ついてるし(=^ェ^;=)
連休は山なのね!!行っていらっしゃい。
月末に帰省するので、ここからRW君に手を振ってやろうと思ったのに、残念ね。
「http://www.town.izumozaki.niigata.jp/5yuuhi/index.html
Commented by rollingwest at 2010-04-17 07:47
namazu様の義父殿の故郷は小千谷でしたか!故郷帰省するときはいつも関越自動車道から小千谷ICを降りて柏崎へのルートを使っています。ここは世界一の四尺玉花火・錦鯉・へぎ蕎麦・棚田・小千谷ちぢみ等、まだじっくり見たいところが多くあるのでいつかレポートしてみたいと思います。
Commented by rollingwest at 2010-04-17 08:04
hirospace様、こちらからすれば山中・山代・和倉温泉は憧れの奥座敷温泉です。奥能登の温泉も行ってみたいですねえ・・。北陸も自然・歴史・温泉・文化の深みが溢れる素晴しい場所ですね。今まで7~8回は訪ねていますが、まだまだ観たいところが沢山あってあと数回は足を踏み入れるような気がしております。
Commented by rollingwest at 2010-04-17 08:13
samさんのHPはいつも家族登山の記事で羨ましいですね。10年程前までは小生の家族も同様の状況でした。娘も百名山を6~7座は登ったかなあ・・。今は全~くつきあってくれません。
温泉に行こうというと目を輝かせますが・・。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2010-04-17 08:19
ハマジュリ様、お久しぶり~!4月初めはご多忙でありましたか?寒暖の差が激しすぎるジグザグの猫の目天気は本当に体にこたえますね。こっちはちっとも風邪を引きませんが・・(笑)
十日町も小千谷と並んでいい街ですねえ・・!へぎ蕎麦も旨いし。
今度いつか、松代・松之山温泉に入って美しい棚田風景を見てみたいと憧れの気持ちを持っております。
Commented by rollingwest at 2010-04-17 08:24
猫わか様、いつになく殊勝な態度でございますなあ・・。
それでは言い直して、良寛さん・内藤久寛翁・猫わかはんと修正させていただきます。前お二人に続いて、銅像が建つのはいつのことでしょうか?
Commented by 名古屋の風来坊 at 2010-04-17 11:44 x
ご夫妻双方の母上をご招待しての家族旅行とは実に見上げたもの・・・お元気な内に親孝行しておくことはいいことですね。
5月の連休は食山人さんらと200名山のオイズルガ岳に登られるそうですが、雪のある時にしか登れない山のようですので、気を付けて行って来てください。
Commented by 偽猫わか3式機龍 at 2010-04-17 14:45 x
帝の御寵愛を受けしわらわを良寛のような平民と同列に語るとは何事。かかる無礼許しませぬ。誰かある、RWとやら申すこの者を島流しにせよ。

ああ、だから八丈島だったのかぁ。
Commented by 湯の花の女神 at 2010-04-17 20:33 x
なんと猫さまが帝の想い人であられたとは!聞き捨てなりませぬ。帝とは光源氏の君かえ?光といえば……光はオヤジの禿頭であったな。お肌ツルツルは頭頂部にも効くのであろうか?しむけんさまにお勧めせねば。親に孝養は尽くすものぞ。以後良く伝わるキリスト教の如く、お続けなされませ。さもないと島送りより辛い、石川島人足寄せ場送り(恩赦なし)を申しつけますぞ!
Commented by rollingwest at 2010-04-17 21:21
風来坊様、実はGW山行に向け家族に対する事前根回し・罪滅ぼしだったりして。(図星)
ところで小生の御柱記事の時に、今回掲載された「下社・木落し」の写真を一部お借りしたいと思います。迫力ある記事をリンク紹介させていただくつもりですのでよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2010-04-17 21:42
機龍帝殿、(hehe~)m(_"_)m (hirefushi) お、お許しを~!
自称・儚なき猫わか「花散らし里」様を平民扱いにしてしまい、何卒ご赦免の程よろしくお願いいたしますだ~!八丈島島流しは勘弁してくだされ~、せめてハチロー島あたりに・・。
石川島人足寄せ場送り(恩赦なし)もご勘弁~!
のちほどマタタビとロッドポスターを献上いたしまするゆえ・・。
Commented by rollingwest at 2010-04-17 22:10
湯の花の女神様、京の都で光源氏様に湯女のご奉公でございましたか?
帝の寵愛は神楽坂様とばかり思っておったゆえ敬称の使用を誤り、島流し流罪の憂き目に負うております。何ほどRプラントの舞を再演いたしまするゆえ、ご斜面の程・・賜りたく。
なれど、京美人偽舞妓の舞を見せるとのご好意はさらなる拷問ゆえに、ご・・ご勘弁・・・。
Commented by しむけん at 2010-04-18 00:21 x
以前報告したように、お袋が昔の北蒲原郡笹神村の出身で、実家土産と言えば近所の瓢湖の銘菓「白鳥の卵」。子供の頃よく食べました。子供心に本物の「白鳥の卵」だと思ってた。
お嬢さんの写真、またどうせ無断掲載なんでしょうが、その内ばれて思いっ切り口きいてくれなくなるよ、きっと。後悔先に立たず。親孝行は立派・感服。
今日でようやく引越し完了。家族全員、極度の睡眠不足と手荒れで身体ボロボロ・・・。生涯引越し回数をカウントしたら、何と通算12回目でありました。
↑湯の花の女神どの、一体何を小生にお勧めくださるのでしょうか?(怒の3乗)
Commented by rollingwest at 2010-04-18 06:04
しむけん様、お母上の故郷は蒲原と聞いておりましたが笹神村でしたか・・。蒲原って本当に広いですね~!地平線の光景はビックリしました。
娘の写真はご指摘の通り無断掲載ですが、小さい写真なのでバレてもそれほど多分波風は立たないと踏んでおりまする。
しむけん様の場合は、娘さんの写真をドアップ掲載でしたからね。ありゃ~怒られるわ・・(笑)
ところでようやく引越しは落ち着きましたか?大変お疲れさまでした。
仕事・新生活が落ち着き、上京の折あらばまたお声をおかけ下さい。
S聖二・神楽坂様との楽しすぎたあの日の夜を再び再現いたしましょう。今度はジャニスジョプリンの降臨・恍惚の舞が見れまする。
Commented by ozemu at 2010-04-18 18:20
月岡温泉ですか。
子どもの頃、まだ動物園がありました。
カリオンパークのところですね。
Commented by rollingwest at 2010-04-18 20:47
新潟ラプソディ様、月岡温泉の入り口に確かにカリオンパークという案内がありました。昔、動物園があったんですか。昭和のレジャー温泉だったのかもしれませんが、今は高級感や女性や家族から好まれる温泉イメージの脱却に向けて必死に努力しているのかもしれませんね。全国にあったかつての歓楽温泉は同じ様なベクトル志向です。
Commented by Soul Mate at 2010-04-19 02:09 x
おうっ、感心、感心。親孝行しとるじゃないの。あの石油鉱夫の蝋人形、RWと思うたよ。コメント読まんかったら普通の家族写真に見えるのう。お母上様方もお幸せそうなお顔でなによりじゃ。出来が悪うてようけご苦労かけたんじゃけえしっかり孝行しんさい。
Commented by rollingwest at 2010-04-19 05:54
S聖二殿、親孝行の貴殿から「このブログには家族がチットモ登場せんのう・・」という言葉にグサッと来て、今回の企画をしたのも半分事実ですかな・・(苦笑)  このGWはまたお袋さんを連れてどこかへ行くのかいな?
Commented by matsu at 2010-04-19 18:58 x
月岡温泉は、今から20何年か前、大学時代の悪友らとともに夏の新潟競馬&弥彦競輪ツァーへ行った時に、一度だけ泊まったことがあります。その時は、田園地帯の真ん中にある、何の変哲もない歓楽温泉といった印象だったのですが、新潟県の地場産業の1つ石油と関わりが深い温泉だったのですね。昔ながらのひなびた自炊宿もあるようなので、今度、山か競馬で、近くを訪れた際にでも、久しぶりに立ち寄ってみたいと思います。それにしても、RWさんは、本当に親孝行ですなあ。同世代としては、頭が下がる思いです。奥方も、娘さんも本当にご立派です。
Commented by rollingwest at 2010-04-20 06:31
マツ殿、新潟競馬&弥彦競輪ツァーでの月岡温泉でしたか!
この頃はギャンブル三昧で歓楽温泉ツアーだったわけですね。
また新潟競馬場の直線レースや飯豊周辺の登山後には立ち寄ってみてください。さてそろそろ笈ケ岳ですね。よろしく「お願いいたします。この週末は新しく登山靴を購入したので平地を歩き足慣らししておりました。
Commented by hirospace at 2010-04-20 07:44
奥獅子吼の山頂で一緒だった方も連休に笈ヶ岳に登ると反されていました。
奥山は今年は残雪が多いようです。
素人だと残雪がない方が楽だと思っていましたが、藪の中を歩くより雪の上を歩く方が楽だからと話されて、なるほどと納得していました。
今年の連休もたくさんの人が登られるようですね。
Commented by setuojiji at 2010-04-20 16:37 x
お二方のお母様を囲んでの家族旅行、孫娘を交えさぞおばあちゃ
ん達はお喜びでしたでしょう、越後の旅、油田開発の歴史、温泉
の憩い、蒲原平野のパノラマ、北海道では珍しくはない風景だ
が、色々見せて頂きました、ご苦労様でした。
Commented by rollingwest at 2010-04-20 22:47
hirospace様、本日夕方にGWに一緒に笈ヶ岳を登るマツ殿から、頂上付近の雪の付き具合はどうなんだろうという問い合わせがありましたが、hirospace様のパノラマ写真を見て結構残雪は多い感じですよ・・、と返答しました。情報提供ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2010-04-20 22:51
setuojiji 様、ありがとうございます。
小生も北海道勤務していた頃は、初めて見て感動した地平線光景もいつのまにか感動が薄れて常的になっていました。しかし久しぶりに見るとやはり素晴しい光景ですね!
Commented by ペガサス at 2010-04-21 11:43 x
やっぱり、中学生の時にRWさんに感じたお人柄が、今このブログから同じように感じ取れます。素晴らしい御家族。旦那さまを亡くされた両家のお母様を思うRWさんの優しいお気持ちが滲み出ていて、とても心地よく拝見させていただきました。

お母様は観音様のような人とおっしゃっていましたね。優しい母性がRWの中にしっかりしみ込んで、ご家族円満!RWさんのお父様、お母様のお人柄がうかがえます。この世の天国とは正にこのブログの中にあり!

「家族の絆」・・・素晴らしいメッセージをありがとう。
Commented by そよかぜ at 2010-04-21 19:11 x
温泉卓球ですね~
なんだか映画に出てきそう。
きれいな景色と美味しいご馳走。
きっとお母様方も満足されたことでしょう。
Commented by rollingwest at 2010-04-22 20:34
ペガサス様、先に携帯連絡いたしました通り、今回の親孝行もどきは日頃の罪滅ぼしと今度またGWに山に行くための根回しでございました~!(苦笑)
Commented by rollingwest at 2010-04-22 20:36
そよかぜさん、毎週本当にすごいペースで登山されておりますね。
最近、全く山の気を吸い込んでいない穢れた身になっておりまする。GWに北陸の残雪名山に挑戦してまいりまする。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2010-04-22 21:44 x
家族旅行=美人に囲まれた旅行
・・・ウ、羨ましい~っ♪

先輩の親孝行旅行で、お母さま方もスッカリ、若返っちゃった感ですね!!
Commented by rollingwest at 2010-04-23 05:47
葛飾オヤジ様、この旅行も恒例化にできればいいなと思っております。まあ、お互い元気なうちに・・・(笑)
次回は、オヤジさんも家族旅行や仕事で良く訪ねられた奈良・大和路の旅を紹介いたしますのでお楽しみに~!
Commented by そよかぜ at 2010-04-23 07:22 x
北陸の山は登ったことがありません。
いつか行ってみたいとは思っていますが。
こちらは雪も無く登りやすいので、ふらりと出かけることが多いんですよ。
Commented by rollingwest at 2010-04-23 21:52
そよかぜさん、小生は九州の山はまだ一つも登ったことがございません。できれば九州に転勤させてくれないかな・・・と秘かに願っております。(笑)
Commented by そよかぜ at 2010-04-25 19:38 x
ぜひおいでください。大歓迎しますよ~ 笑
GWの山旅が楽しいものでありますように。
Commented by rollingwest at 2010-04-25 20:52
そよかぜ 様、小生の返事でコメント50個目にしていただき誠にありがとうございました。実はこの数字は初の快挙なのです・・!
Commented by yoridorimidorii at 2014-02-13 23:03
一回では読み切れないので、コメントできず
二回目ですが、まだ読み切れない。(笑)

親孝行されてますね。
私も義母一人になりました。
「親孝行したい時には、親はいず」・・・とは、よく言ったものです。

月岡温泉、良いところですね。
年一回、恒例の温泉旅行に 月岡温泉 と思うのですが
北陸は近いのですが、新潟は遠〜く感じられます。

でも、一度は行きたいです。
Commented by rollingwest at 2014-02-14 06:00
yoridorimidorii様、月岡温泉のお湯は本当に素晴らしいです。でも新潟県って本当に細長くて広い・・、柏崎から月岡温泉を周遊した旅は結構な距離を走りました。ましてや岐阜から北陸三県を越えてですと相当遠いですね。名古屋方面から新潟空港経由で行くのが一番効率的なのでは・・

<< <2010年4月24日>大和路... <2010年3月4~5日>八丈... >>