<2011年7月9日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その4):水郷(潮来・佐原)編

RW洋楽コーナー(My Favolite Songs)をINDEX左下に開設いたしました。主に1970年代前後の名曲が中心となりますが是非ともお楽しみください!



★あやめ・菖蒲の水郷・茨城「潮来」

c0119160_2205550.jpgc0119160_1527456.gif



c0119160_2213573.gif

常陸・房総旅を1年がかりで公開しております。前回は鹿島(茨城)・香取(千葉)の両神宮を紹介しましたが、今回は利根川を挟んで向かい合う2つの水郷、潮来(茨城)・佐原(千葉)をレポートしましょう。昨年当地を訪問した時は、震災発生など夢にも思わずほのぼのとした風景だった。


       ......水郷(潮来・佐原)、鹿島・香取神宮の地図位置(クリックで拡大表示).....
c0119160_2138149.jpg

                   【常陸房総の旅】(その3)鹿島神宮・香取神宮の記事はコチラから

c0119160_221205.jpg

        ......潮来の河川道路から眺めた利根川(日本一の流域)の風景は雄大だった!...
c0119160_22143760.jpgc0119160_221512.jpg







c0119160_12272819.jpgc0119160_15302045.jpg
                 
茨城の水郷「潮来」は水風景にあやめ・菖蒲が咲き誇る6月中旬~7月上旬に訪ねるのが一般的。小生が訪問したのは11月・・、当然観光客は殆ど不在でしたが、逆にゆっくりと散策できてよかった。潮来あやめ祭りで有名な「前川あやめ園」とその近くにある名刹・神社を紹介いたします。

c0119160_10411013.gif


          ..........「前川あやめ園」(市営庭園)のアーチ橋&「潮来」の看板......
c0119160_10582551.jpg
c0119160_1058389.jpg

♪「潮来の伊太郎~、ちょっと見なれば~ 薄情そうな渡り鳥~」♪ .潮来といえば・・、やはり橋幸夫デビュー曲「潮来笠」(1960)が有名(古~)。 最近は氷川きよしが歌ってるから結構知っているかも・・。前川あやめ園入口には潮来の伊太郎像が佇んでおり、像の前に立つと「潮来笠」の曲が流れます。


       ..... 潮来の象徴「伊太郎像」、橋のデビュー曲が流れる。橋幸夫、若けエ・・......
c0119160_12204163.jpgc0119160_1221542.jpgc0119160_12213051.jpg






c0119160_16443985.jpg
c0119160_12215848.gif

橋幸夫&氷川きよしデュエット「潮来笠」 ⇒

誰もいない秋~、あやめ田を見おろすアーチ橋上に立つと蒼い川面、静かにそよぐ柳並木連なる川堤、遊覧船の航跡・・、ほのぼのとした風情があるなア・・。潮来いたく気に入ったネ。(oyajigyag)寒・・


       ......川面に映る柳並木、遊覧舟が静かに行く・・(アーチ橋に昇って俯瞰した景色)......
c0119160_15342462.jpgc0119160_15345479.jpg

c0119160_1535192.jpg


    ...... 秋に見た「あやめ園の全景」、人が疎らだっただけ静かな風情で味わいがあった。......
c0119160_15555390.jpg
c0119160_15561623.jpg


折角、梅雨時期に合わせ記事公開したので、.鮮やかな花菖蒲・あやめの華麗な姿・一斉競演する光景(見てきたかの如く・・)を掲載します。ここには約5百種類100万株の花が植えられています。


      .....祭りの時期に訪ねたら、かくなる華麗なる花の競演が見られたはず・・....
c0119160_161209.jpg
c0119160_1614152.jpg


祭りで有名な光景(よくTVで放映されるシーン)は「嫁入り舟」、白むくに身を包んだ綺麗な嫁入り娘を乗せて川遊覧します。 舟の船頭は、潮来市商工会青年部の選り優りのイケメン達が漕ぐらしい。


         ......ハイシーズンには一面の花田が広がり、嫁入り舟が川を行く......
c0119160_1645123.jpg
c0119160_165938.jpg


スミマセ~ン。リアルに撮った写真とバーチャル(インターネット拝借)写真とが複数交錯し、またも皆様に混乱を与えているかもしれません。アーチ橋が写り込んだものはリアル、花咲き誇り写真はバーチャルでした。





★潮来の名刹「長勝寺」


あやめ園内を周遊し、近くにある「長勝寺」を訪ねて見ました。数分歩くと、立派な唐様建築の「山門」が現れてきた。風格ある門をくぐれば茅葺の本堂、禅宗寺の剛健質素な姿を保っているネ~


       ...... 長勝寺の山門、前川あやめ園の裏手から少し歩いた所に佇んでいた。......
c0119160_16545838.jpg
c0119160_16552045.jpg


              ...... 長勝寺の本堂は歴史を感ずる実に風格ある姿.....
c0119160_16544023.jpgc0119160_1721981.jpg


c0119160_17251100.jpg


長勝寺の禅寺の屋根は厚く盛り上がった冠帽子の如し・・、お堂の中を覗いて見よう。暗くて誰もいない「仏殿」の中は、阿弥陀三尊仏(禅宗なのに・・?)が祀られ、荘厳な気が漂っている。この寺にある庫裡・書院等は元禄時代の建物で、水戸家所縁の宝物が多く収蔵されているそうです。


        ..... (左)威厳ある寺の堂内には阿弥陀本尊 (右)鐘楼脇には紅葉風情 .....
c0119160_1717411.jpg
c0119160_1718864.jpg


寺は江戸時代に荒廃したそうですが、修復し中興したのは水戸黄門様(徳川光圀)。ルーツは源頼朝の開基、武運長久を祈願し「長勝」と名づけられたとのこと。すごいビッグネームが二人も登場してきたネ~!近くには稲荷神社が鎮座する稲荷山があり、水郷・潮来の街も見渡すことができました。


     ......(左)稲荷山神社の鳥居 (右)境内には野口雨情・中山晋平の詩碑があった。....
c0119160_17212313.jpgc0119160_17214974.jpg


c0119160_17222199.jpg





★潮来市民の結束、大震災からの復興に向けて


今年の「あやめ祭り」・・、東日本大震災で潮来も大きな被害を受けたため、今年の開催が危ぶまれていましたが無事行われたようです。復興の象徴としてニュースで何度も放映されていたネ・・


  .....今年開催が心配された「あやめ祭り」だが、市民が結束し被災地・潮来を元気づけた!......
c0119160_17342077.jpgc0119160_1733533.jpgc0119160_1732128.jpg







c0119160_17351471.jpg


    .....(左)震災亀裂が激しかった潮来の川岸  (右)香取佐原の水郷風景も傷つけられた。......
c0119160_17461139.jpg
c0119160_17473010.jpg
c0119160_17482720.jpg

今年の「あやめ祭り」は震災復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯されたそうです。ネット写真を見ると、潮来市民が一体になり苦境を乗り越えようという漲った気持ちがヒシヒシ伝わってきます。


   ......今年の「あやめ祭り」、復興を願い1万個の「水郷の燈」が灯された。(ネット写真より)......
c0119160_17594423.jpgc0119160_1804254.jpg


c0119160_181923.jpg
c0119160_1873854.jpgc0119160_1882638.jpg




c0119160_1885837.jpg


さて震災発生前の時間に戻しましょう。昨年秋、かくなる悪夢が当地を襲うことなど夢想だにしていなかったRWは、長閑な潮来風景をノーテンキに逍遥・満喫して次の目的地「佐原」に向かいました。


     ......再び潮来のアーチ橋に戻ったRWは、車を再び発進して利根川を渡っていく。......
c0119160_18211213.jpg


c0119160_21424216.jpg






c0119160_18221162.gif


   ......茨城・潮来の街を後にし、水郷・佐原(香取市)へ車を走らせる!広大な地平線風景だネ~.....
c0119160_18242977.jpg







★伊能忠敬の生まれ故郷、千葉の水郷「佐原」


江戸時代の歴史街で有名な「佐原」(千葉県香取市)は利根川を挟んで潮来と対峙します。水郷の地の利を生かし水運業が発展、醤油・酒醸造も大いに栄え江戸への大供給地となりました。


     ......水郷・佐原は千葉県香取市、利根川を挟んで潮来の向かい側にある歴史の街......
c0119160_20214345.jpg
c0119160_20221347.jpg


江戸中期に35軒の造り酒屋で「関東の灘」とも呼ばれ、水運・産業の活況で豊かになった人々は、江戸文化を取り入れ発展させ独自の佐原文化に昇華させました。面影残す街並(歴史的建物・商家が軒を並べ重要伝統建造物群の保存地区選定)が小野川沿いに今も残っています。


   ..... 水運で江戸文化を取り入れ「江戸優り」(edomasari)と呼ばれるほど栄えた佐原の街.....
c0119160_20281144.jpg
c0119160_20283967.jpg


佐原が「伊能忠敬」に縁ある地だったことも、当地を是非訪れた動機の一つ。江戸っ子が神輿担ぎで血を滾らす「富岡八幡宮」(江東区)を訪ねた時、驚異なる地図事業を成し遂げた「伊能忠敬」像を見つけました。佐原の醤油・酒屋を婿養子で継ぎ50歳まで働いた街風景を見たかったからです。


  .....「富岡八幡」は、忠敬像・深川祭(江戸三大祭)の日本最大神輿・横綱顕彰碑など見所多し.....
c0119160_20392796.jpg
c0119160_20412690.jpg

                           「富岡八幡」を闊歩する「伊能忠敬」の記事はコチラから

佐原から江戸に出て忠敬は第2の人生を目指し、全国各地を巡り歩き日本地図作成の大事業(16年間で10回遠征)に着手した時が55歳だったことに驚かされます。寿命全うは74歳。江戸時代の寿命が今の7割とすれば78歳で日本を行脚し始め、106歳で人生を全うしたのか・・


     ......「伊能忠敬記念館」は、佐原の街風景の中に溶け込んだよう存在していた。......
c0119160_2211017.jpgc0119160_2213471.jpgc0119160_222162.jpg

          ......館内では忠敬が使った測量器具類が展示されていた。.......
c0119160_2273045.jpgc0119160_2275552.jpg






c0119160_2282389.jpg


忠敬は16年間で10回遠征し全国各地を歩いて、緻密な測量を刻み続け大事業を完成させました。伊能地図はグーグル衛星地図とも大幅な狂いはなく、精緻な偉業図は世界を驚かせています。


    ......日本全国を歩き廻り丁寧に測量を繰り返して精密な地図を作りあげた!....
c0119160_22262336.jpgc0119160_2227186.jpgc0119160_22274830.jpg



c0119160_22283873.jpg


忠敬が婿養子として人生の大半を捧げて働いた江戸時代の醸造商都は小野川の柳沿いの道を歩くとさらに風情が味わえます。明治時代の帝冠建築銀行や昭和レトロのボンネットバスもあり興味深い・・


   ......(左)江戸の風情・中村屋商店 (右)旧三菱銀行佐原支店「三菱館」とボンネットバス......
c0119160_2225891.jpg
c0119160_2231837.jpg


   .... 江戸文化を残す.歴史街を南北に流れる小野川、さらば水郷(潮来・佐原)......
c0119160_227124.jpg


c0119160_2218175.jpgc0119160_22164946.jpg



c0119160_2272393.jpgc0119160_2275078.gif

「潮来・佐原」の水郷風景を十分と満喫し、マイカーは利根川沿いの道を進み太平洋側へと向かいます。それにしても利根川ってドでかい~!さすが日本一の流域面積を誇り、水はゆったりと流れます。水源は新潟・群馬県境、谷川・水上の山々。世界的豪雪地帯から流れ来る大量なる水の集結


     ......再び利根川に出る。水郷地区の風景はひと際広いね~!......
c0119160_20541787.jpg

次なる目的地は千葉県銚子「犬吠崎」、そして「九十九里浜」を南下していくルートを経由して東京へと戻って行きました。常陸・房総の旅はいよいよフィナーレに。次回記事をお楽しみに・・。


     .....アヤメ・菖蒲・紫陽花の季節も終わり・・、いよいよ梅雨明け・本格的な夏へ!......
c0119160_2058925.jpgc0119160_20583725.gifc0119160_20592350.jpgc0119160_20594226.gif


c0119160_21016.gif


本記事公開はまだ梅雨時期の前提で作成していましたが、何と7月9日に関東地方も梅雨明け宣言!(平年より12日も早い)季節が相当早く展開していますが、夏の暑さは9月頃まで続きそうな気がする
長い猛暑の中で原発供給不足による電力危機が到来・・・、チョッと辟易とするなあ・・(苦笑)

c0119160_11504986.gifc0119160_1151897.gif
c0119160_11512219.gif


皆様、熱中症に気をつけ、栄養水分を摂り、夏バテせず健康第一でこの猛暑を乗り切って参りましょう!



                                                         おわり



次回は、「近江琵琶湖の風景」レビュー(その2):「湖東エリア」編をお送りします。
c0119160_2181185.jpgc0119160_2184294.jpgc0119160_658976.jpg

  by rollingwest | 2011-07-09 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(50)

Commented by small-talk at 2011-07-09 14:08
佐原の町並みって素晴らしいですね。
出かけてみたくなりました。
Commented by shingo at 2011-07-09 17:45 x
久々に早い登場に、秀樹でもないのに感激!

3.11以前と以後では、すべてが変わったように感じてしまいますねえ。でも、美しいあやめまつりが行われて良かった。大英断!
そういえば、3.11の直前の日曜日に群馬の前橋で公演をやったんだよね。1週間ずれていたらと思うと怖い。
それ以降、舞台イベント関係者はお手上げ状態が続いていたが、ようやく最近動き出したようだ。

来週末は柏崎行きだ。
Commented by yodogawasyuhen at 2011-07-09 20:15 x
こんばんは
水郷巡りもいいですよね。
ハナショウブが綺麗です。
佐原へは、何時か寄ってみたいです。

最近の春秋は、京都が多いです。
Commented by rollingwest at 2011-07-10 07:08
small-talk 様、一番乗りありがとうございます。利根川沿いにこのような江戸文化が華開いたのも、豊富な水に恵まれ酒・醤油の醸造業が発達し、江戸との水運で商売が栄えたからこそですね。人が集い育ち文化が発展していくには、やはり経済の下支えがあってのものですね。佐原から江戸に逆輸入さた伊能忠敬、この高い志を持った人物が日本の地図技術を世界に示すことができたのだなあ、と日本文化の奥深さにあらためて感心いたしました。
Commented by rollingwest at 2011-07-10 07:15
楽shingo様、東北も茨城・千葉もまさに3.11を境に平穏なる生活が一変されたことをあらためて感じます。昨年秋に自分自身がこの地を巡っていた時の、ほのぼのとした雰囲気は今は夢の如しなのかもしれません。明日で震災発生から4ケ月か・・、猛暑到来で、ますますストレスがかかってくる被災者の皆様に一刻も早く平穏・安全・団欒が戻ることを祈念します。
Commented by rollingwest at 2011-07-10 07:20
yodogawasyuhen 様、本記事は、まだ梅雨空が続き花菖蒲・あやめ・紫陽花が十分似あう時期と予想して公開したつもりなのですが、あまりにも早すぎる梅雨明けに閉口してしまいました。(苦笑)
Commented by yokuya2006 at 2011-07-10 09:24
千葉に引っ越してきた20年前、東関東自動車道を走り佐原を過ぎたあたり、目前に広がる膨大な水量に圧倒されたのが、潮来の最初のイメージでした。

これこそが水郷。私の中では、その後仕事で通っていた伊勢湾に注ぐ三本の河の風景と共に、水郷二大イメージとして脳裏に焼き付いています。

ついで言えば、生まれ故郷のうねり流れる天塩川、石狩川も忘れ難いですけど、、、
Commented by Soul Mate at 2011-07-10 20:08 x
伊能忠敬っちゅうおっさんは凄いお人じゃの。時々こういう神様みたいな人が出てくるよのう。今まさにこういうお人が出てきて日本を救うてくれんかの。政治家は資産よりもIQを公開すべきじゃわ。嗚呼、あっぱれ「なでしこジャパン」、でかした丸山!!! 準決勝も勇戦して日本を勇気づけてほしいもんじゃ。。。
Commented by まき子 at 2011-07-10 23:12 x
本当に早い梅雨明けでしたね~。
しかも、梅雨らしい雨はほとんどなく・・・
今年も水不足で悩まされそうですね(涙)。
Commented by akiotakahashi at 2011-07-10 23:21
潮来、佐原の水郷に行ったことはありません。古い街並みが残っているようで、面白そうです。
千葉の震災被害は浦安だけでなく、広域だと解りました。昨日(7/9)梅雨明けし、各地で35℃を超えたと聞き、体育館などでの高齢の震災避難者は辛いだろうと心配しました。
Commented by rollingwest at 2011-07-11 06:06
バイオマスオヤジ様、利根川光景は地平線が見えるほどに雄大でした。ちょっと広すぎるとも思いましたが・・(笑)
利根川の源流は谷川岳など上越国境の山々、三河の源流は南アルプス伊那や美濃の山々、石狩川の源流は大雪山系ですね。今年の夏に北海道の日高の山に登りに行きます。天塩川の源流の天塩岳もいつか登ってみたいと思っています。
Commented by rollingwest at 2011-07-11 06:13
セージ殿、伊能忠敬はやっぱり凄い人だと思ったよ、世界に誇れる江戸時代の偉人だということがあらためて分かった。
それにしても、昨日は早朝4時前から起きて女子サッカーW杯のTV中継に釘づけになっていたが、胸がすく思いだった!すごいね~!丸山に素晴らしいパスを出した沢穂希は太したもんだなあ。前回はハットトリックで、釜本の累計得点も越えたし・・。まさに歴史的な女子アスリートだ!こうなったら何としてでも優勝してほしいものだ。そして全米女子オープンの宮里コンビの活躍も素晴らしい!元気のない日本に是非とも、夢と希望を与えてほしいものだ!

ところで今後、左下のINDEXに洋楽コーナーを新設したよ。マイフェイバリットの曲を月に3~4曲を紹介していこうと思うておる。第1回は、お主と小生が大好きな永遠なる名曲アルスチュワートの「イヤーオブザキャット」でスタートを飾ったぞ。お互いに趣味が合っているからお主の好きな1970年代の名曲が続々と登場するのでお楽しみにな~!(笑)
Commented by rollingwest at 2011-07-11 06:19
まき子様、本当に梅雨明けが早かったので(梅雨入りの5月末も含めて)ビックリです。小生は今年の夏は意外と水不足には悩まされないのではないかと思っています。確かに梅雨時期は少雨でしたが、昨年度の冬で雪が沢山降っていますので、まだまだ山からの雪解け水に多く恵まれると予想しています。
Commented by rollingwest at 2011-07-11 06:24
アキタカ様、信州の夏を楽しまれていたようで何よりです。茨城・千葉方面にも復興のために是非とも観光消費へ!昨日のNHK特集でもやっておりましたが、千葉の被害は殆どが液状化被害ですね。
浦安・船橋・千葉の都市湾岸部、香取佐原の利根川周辺、柏・我孫子・成田などの印旛沼周辺・・、放射能HOTスポット被害も含めて、首都圏の影響も深刻なんだなとあらためて認識した次第です。
Commented by m2-home at 2011-07-11 23:19
久しぶりに伝家の宝刀を抜きましたね。
ギャグの切れなさぶりがボクはすごく好きですよ(笑)

それにしても、利根川周辺がこんなにも魅力的な土地とは知りませんでした。
潮来といい、佐原といい、この土地の雰囲気に何とも心が癒されますね。
Commented by rollingwest at 2011-07-12 06:12
m2-home 様、切れのないoyajigyagを細かくチェックしていただいており誠にありがとうございます。(笑) 猛暑の夏には、寒いgyagが一服の清涼剤かと思いまして・・(苦笑)
それにしてもクソ暑い~!博多祇園山笠は猛暑の中でクライマックスですね!
Commented by 小石 at 2011-07-12 08:20 x
10万件アクセス・おめでとうございました。
内容の深さ+オモシロキャラで、モテモテですね。
今後ともご活躍ください。
Commented by rollingwest at 2011-07-13 06:10
小石様、ご来訪ありがとうございます。
海の浜辺に、清流の川原に、小さな輝きをたたえながら水辺の中で貝のごとくしている姿もいいですね。
Commented by kwc_photo at 2011-07-13 08:50
10万アクセスおめでとうございます。
今回も内容の濃いレポート、堪能しました。
潮来、はいたこ、と読むのですね。オヤジギャグの意味がわからず、検索してしまいました(笑)

花菖蒲咲く様子は素晴らしいですね。断層はちょっとビックリですが・・・
水郷のある街並み、嫁入り船などは、滋賀県の近江八幡と共通するものがありますね。

・・と思ったら、次回は滋賀県湖東ですか!バッチリタイムリーですね(^-^)
Commented by namazu_5757 at 2011-07-13 20:51
若いとき自転車で、幸手から水海道、取手、香取、銚子へと走った時のことを思い出しながら見せていただきました。
この気が遠くなる地平線、夕日は容赦なく沈んで行くし、
田んぼの真ん中に野宿もしにくいし、気の遠くなる思い出です。
アーチ橋が気になりますね。上からの景色がいいですね〜
Commented by rollingwest at 2011-07-14 06:09
KWC様、確かに「いたこ」とは読みにくいですね。小生にとっては小さい頃から橋幸夫の歌謡曲で頭の中に刷り込まれておりましたが・・(笑)
そうです!次回の記事では琵琶湖の水郷風景「近江八幡」を紹介致します。9年前の冬に家族で訪ねましたが、大いに見所がありました。やはり経済や水運で発展した場所がいい街並みが形成されていますね~!次回もお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2011-07-14 06:22
namazu様、若かりし頃に自転車でこのエリアを走られたのですか!今回、車で走ってもひたすら続く平坦な地平線光景が長く続くなあ・・と思いましたが、自転車では相当に辛かった旅だったかもしれませんね。変化がなさすぎて飽きるかも・・(笑)でも若い時でしかこんなことはできませんね。
次回の千葉銚子の記事で紹介いたしますが、小生も学生時代に「九十九里浜」のひたすら続く長~い砂浜を3回歩きました。今から、考えると相当にアホです。(笑)
Commented by 葛飾のオヤジ at 2011-07-14 12:30 x
あやめのライトアップ、きれいですねー。
ホントは今年、こんな感じで菖蒲のライトアップをやりたかったのですが、会議の結果、来年に持ち越しです。。
Commented by rollingwest at 2011-07-15 06:22
葛飾おやじ様、堀切菖蒲園にも久しく御無沙汰ですので来年あたりに行ってみようかと思っています。その時は是非ともライトアップ企画を期待いたしております。それにしても今年は梅雨らしい日が少なくなって、葛飾菖蒲さんたちも唖然としていることでしょう。(笑)
Commented by バイオマスおやじ at 2011-07-15 07:33 x
なーるほど、山の人は川を見て山を想うのですね。面白いなぁと思いました。
Commented by hirospace at 2011-07-15 10:08
利根川って、奥が深いですね。
尾瀬の帰りに、利根川の源流を通り水上温泉に抜けたことがあります。

潮来・・子どもの頃、よく橋幸夫の真似をしました。

伊能忠敬は佐原の出身ですか?
色々と勉強になります。
Commented by desire_san at 2011-07-15 11:05
こんにちは。

あやめ・菖蒲が咲く季節に水郷・潮来に一度行きたいとおもっています。時間がとれず未だこの季節に行ったことがありませんでしたので、写真を楽しみ見せて頂きました。さすがにあやめ・菖蒲が美しいですね。

私のブログにもコメントをいだき、ありがとうございました。

Commented by しむけん at 2011-07-15 13:54 x
YouTubeで、橋幸夫と氷川きよしの「潮来笠」のデュエットを見たあと、アル・スチュワートの「イヤー・オブ・ザ・キャット」を見て堪能しました。
カサブランカの映像が意外と合っていたりして不思議な感じでありました。洋楽コーナー、楽しみにしとります。
九十九里は一度ご一緒してます。学生時代は全く意味の無いことにものすごい価値を感じていたんだと、懐かしく思い起こしました。
Commented by ryo_1989 at 2011-07-16 01:19
お寺を「美しい」と思う時が来るとは!
ビックリです、この記事で価値観変わりそう(笑)。
俺も時間できたら、訪れたいです。
Commented by わかこ 埼玉県歌 熱唱! at 2011-07-16 06:04 x
 秩父の雲のむらさきに 風もみどりのむさし野よ 恵み豊かなこの山河 われら生まれてここにあり
おお埼玉埼玉 輝くダ埼玉!♪(^〇^)「ダ茨城」や 「ダ千葉」には、負けたくないが・・・我が埼玉には、こんな素敵な水郷がない(=^ェ^;=)な?きっと。
Commented by rollingwest at 2011-07-16 06:52
バイオマスおやじ様、豊饒の海の源は、川を通じで流れ来る山からの栄養素です。日本が海の幸に恵まれているのは、山国であるからなんですね~!
Commented by rollingwest at 2011-07-16 06:59
hirospace 様、日本最後の秘境というと北アルプスの黒部奥・雲の平、北海道日高山脈などがあげられますが、利根川源流も普通の人間には近づくことのできない「秘境」です。沢登り・ロッククライマーでなければ入ることができない場所で、まだまだ未開のルートが多く残されているようです。
Commented by rollingwest at 2011-07-16 07:04
desire_san 様、大和葛城山に続いて、大無間山に登られましたか!?あとでまたお邪魔しますね~!
Commented by rollingwest at 2011-07-16 07:11
しむけん様、貴方と神楽坂様と一緒に九十九里浜、歩きましたな~!実におバカでノーテンキなるよき時代でしたね。当時の砂浜歩き写真をスキャナーで取り込みましたので、次回の千葉銚子記事の時に公開しますね。
洋楽「My Favorite Songs」コーナーに早速反応していただき嬉しいですね。イヤーオブザキャットの冒頭詩は「ボガード映画のようなのようなある朝に・・」です。だからこそ世界的名画「カサブランカ」とマッチするわけですね~!もうオーリアンズの「ダンスウィズミー」に更新してしまいましたが、保存版もつくりましたのでいつでもレビューして楽しんでください。
Commented by rollingwest at 2011-07-16 07:17
ryo_さんは、お若いのに感性が豊かですね。あの茅葺の素朴な長勝寺はよかったです。是非とも水郷風景とあわせて訪ねてみてください。洋楽何でもOKのryo_さんがアルスチュワートが初耳だったとはこちらも意外でした。ryo_さん記事で新たな発見をさせてもらっている小生でしたが、こちらも新たなお宝もの名曲をどんどん教えますね~!(笑) これからもよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2011-07-16 07:27
猫わか様、茨城・千葉を過敏に意識しておりますな~(笑)
茨城も埼玉も日本の歴史・古代史では見るべきところが結構ありますよ!ところで県歌を知っている人(猫)って、なかなかいません!素晴らしい、エライ!
話は変わりますが、今度洋楽名曲コーナーをスタートさせましたが、輝かしい第1回は「イヤーオブザキャット」!あっ、猫わか様を意識したわけではございませんでしたが・・・。たまたま、猫のたまです。(笑)
ロッドスチュワートも来月あたりに登場させますのでお楽しみに~!
Commented by desire_san at 2011-07-17 16:24
こんにちは。度々ブログにコメントをいただきありがとうございます。

大無限山にも登られたそうですね。大無限山に登られるとは、かなり熱心に山登りをされていたのですね。

私は、北のヴェネツィアといわれるロシアでも最も美しい町といわれるサンクト・ペテルブルグの写真をブログにのせました。町の雰囲気が感じられる写真を選びましたので、是非見てください。

よろしかったらブログになんでも結構ですので、コメントをいただけると感謝致します。

これからしばらく、少しづつロシアの写真を紹介しますので、よろしかったら時々みて下さい。
Commented by biwakokayo4 at 2011-07-17 20:07
こんばんは
ガイドブックも顔負けしそうな位、詳しく書かれていますね。
次回の近江琵琶湖の風景も楽しみにしています。

Commented by setuojiji at 2011-07-17 20:40 x
水郷の潮来、佐原、その地域の歴史を織り交ぜての紀行を興味深く見ています、そちらのあやめ祭りの写真を見ると広大な地域のように見えます、此方の規模は比較にならない小さいようですね、次の紀行を楽しみにしています。
Commented by Soul Mate at 2011-07-17 23:58 x
いざ、決戦の時じゃなあ。石原莞爾も生きておれば「世界最終戦論」がこういう形で日米決戦として具体化したことをどう思うことじゃろう。なでしこジャパンの武運を祈るのみ。嗚呼、南無八幡大菩薩、どうか栄光を我がなでしこジャパンに。。
Commented by rollingwest at 2011-07-18 06:29
desire_san 様 大無限山のような南アルプス深南部の山や海外の有名な名峰、クラシックや歌劇、キリスト教宗教都市など本当に広範囲な趣味をお持ちですね。日本の200名山制覇はどのくらいになりましたでしょうか?小生は136座となりましたが、九州の山を一つも登っていないのが悩みです。九州だけで10数座残っているので、お金がかかりそうです。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2011-07-18 06:35
biwakokayo様、ようこそいらっしゃいませ!琵琶湖周辺は東西南北にそれぞれ多くの見所があるので大好きでした。そこに四季の変化が加わると、さらにバリエーションが増えていろいろ表情なを見せてくれますね。地元にお住まいですと、当日思い立ってから即訪問できるので羨ましいですね~!また素晴らしい数々の名SHOTを楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2011-07-18 06:41
setuojiji 様、利根川周辺は広大な地平線が見えて、かつて何度か走った北海道の雄大なる自然の中にいるような錯覚にもとらわれました。北海道にもいくつか有名な菖蒲・あやめ園があるようですね。
Commented by rollingwest at 2011-07-18 06:50
聖二よ~!本当に、なでしこJAPANよくやってくれた~!本当に凄かった!最初から危ないシーンの連続でドキドキハラハラ、パスも何度もカットされて、やはりアメリカは強すぎると思ったが、よくぞ2回も土壇場で追い付きPK戦に持ち込んでくれた!W杯で日本サッカーが何と何と優勝するとは・・!震災・原発で沈んでいた日本を大いに勇気と元気を与えてくれた~!本当に感動した!ありがとう、なでしこJAPN!
Commented by arak_okano at 2011-07-18 20:58
アラックです。
すいません、ご無沙汰をしてしまいました。
嫁入り舟!!!
とんでもバグース!!!
液状化で大変かと思いますが、日本の美しい
姿ですね。
嬉しくなってしまいました。
有り難う御座います。
水がある景色はワクワクです!!
Commented by rollingwest at 2011-07-19 06:15
アラック様、最近は身辺いろいろと大変だったと思いますが、平常に近づきつつありますでしょうか?水を愛する貴殿ですので海も川も共通の親近感を感ずるのかもしれませんね。次回も、琵琶湖の水郷風景を紹介致しますので、お楽しみ頂ければ幸いです。
Commented by biwahama at 2011-07-20 23:03
こんばんは。いつもガイドブック顔負けの記事で
感動してしまいます。記事も写真も素晴らしいですね。
嫁入り船も灯籠も美しい限りです。
予告編~近江八幡の堀ですね。
実家近くですから楽しみです。

コメントありがとうございました。
孫って本当に可愛いですね。
明日退院します。
少々娘は貧血があり心配もありますが
暫くは家で孫と娘のお世話を楽しみたいと想います。
Commented by rollingwest at 2011-07-21 21:56
biwahama様、お孫さんの誕生、あらためておめでとうございます。目に入れても痛くない心境がよく伝わってまいります。当面は孫成長日記のブログに衣返しそうですね。(笑)

Commented by 寂恋法師 at 2011-08-04 23:06 x
ローリンさん、超ご無沙汰、改めてお詫び申し上げます。ところでGDMOB会もいよいよあと一月ですね。今からとても楽しみです。さて前回はバテバテでしたので、今回は来週からの夏休みにフィットネスクラブにでも通いにわか仕立てで足腰を鍛えて上で参加したいと思っています。標高差、および踏破距離はどの程度を想定し鍛錬しておけばよいのでしょうか。ご教示ください。毎日のペットの犬との散歩位ではだめでしょうか?
Commented by rollingwest at 2011-08-09 06:58
寂恋法師様、本当に超々ご無沙汰いたしておりましたね。元気にされていましたか?
今回のGDM-OB会企画は「富士樹海ツアー」(樹海の中の彷徨)です。前回のような登山ではないので、ヘバることはないと思いますが、是非とも足腰を鍛えておいて下さいね~!小生は、翌朝の二日酔いの方が心配です。(苦笑)
それでは皆様との再会を楽しみにしております。最終案内は近日中に発信しますね。

<< <2011年7月21日>近江琵... <2011年5月14日>諏訪探... >>