<2012年4月7日>開業を待つ東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー

                                                                                                                                        ★「東京スカイツリー」と「歌川国芳」


今年は厳しい冬の寒さがいつまでも残り、桜開花宣言は遅れに遅れました。4月に入り漸く全国の花便りが届き始め、5月22日に開業を迎える東京スカイツリーと隅田川周辺もようやく満開桜!昨年末、スカイツリーが着工(08/夏)してから伸長してきた軌跡記事を紹介しましたが、遂にオープンを迎えます。

                               「東京スカイツリー伸長の軌跡」の記事はコチラから


  ......待ちに待った今年の桜、隅田川・満開桜と完成した東京スカイツリーのコラボがついに実現!.....
c0119160_9239100.jpg
c0119160_558314.jpg
c0119160_5573859.jpg


スカイツリー伸長軌跡の記事でも紹介しましたが、昨年2月東京スカイツリー出現を予言した浮世絵が発見のニュースが報道されました。予言絵を描いた浮世絵師の名は最近俄然注目されてきた「歌川国芳」


     .......歌川国芳がスカイツリーを予言?国芳が江戸時代に描いた浮世絵「東都三ツ股の図」.....
c0119160_913189.jpgc0119160_9133640.jpgc0119160_9135091.jpg

c0119160_9141624.jpg


歌川国芳は画想の豊かさ・斬新なデザイン・奇想天外なアイデア・確実なデッサン力を持ち、浮世絵の枠に留まらない広汎な魅力を持つ作品を多数生み出し1800年代前半に活躍した個性的な絵師です。


         ........六本木ヒルズタワーで2月開催された「歌川国芳展」を見に行きました。.....
c0119160_9244627.jpg c0119160_9245522.jpg

c0119160_9251870.jpg


2月に「国芳没後150年展」が六本木ヒルズタワーで開催されていることを知り、鑑賞訪問してきました。またスカイツリー足元の隅田川に国芳の石碑があることも発見!スカイツリー&国芳をパッケージで満喫~!
まずその前に六本木ヒルズタワー展望台を楽しんでからにしよう。ここからの大都会パノラマは2回目だ。


       .......まずは六本木ヒルズタワー展望ラウンジを歩いてみよう。大都会パノラマを楽しむ.....
c0119160_113380.jpgc0119160_1133355.jpg

相変らずの絶景ですナ~!スカイツリー展望台ばかりが注目されていますが、六本木タワー展望はむしろ穴場だと思う。大混雑の中で慌ててスカイツリーに出かけて行くよりも今はコチラの方がお薦めかも(笑)
さてそれでは本日のお目当て・国芳の絵に会いに行きましょう。ウワ~、こちらの方は大混雑だ~!


         ........(左)グランドハイアット東京を見おろす (右)歌川国芳展の入口は大賑わい!.....
c0119160_1184727.jpg
c0119160_1194024.jpg






★個性的な浮世絵のオンパレード、「歌川国芳」の世界


        ........「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」 怪獣魚か?キワモノっぽいネ~!.....
c0119160_129779.jpg

歌川国芳の魅力は何と言っても画想の自由さ・豊かさ・無限に広がるイマジネーションの世界にあります。骸骨妖怪図や化け猫・怪魚・鳥獣戯画など物語の夢やロマンの世界を具現化する手腕において他に並ぶ者のない卓越した才能を示し、まさに江戸時代の先進的なグラフィックデザイナーと言えるでしょう。


        ........(左)五十三次之内猫之怪 (中)鍋島の猫 (右)源頼光公館土蜘作妖怪図.....
c0119160_1123276.jpgc0119160_11234726.jpg
c0119160_1124639.jpg

c0119160_112757100.gif
c0119160_11271151.gifc0119160_11272574.gifc0119160_11274187.gifc0119160_1461856.jpg
一般的な美人画や人物図も描いていますが、その描き方が実に個性的です。右の男の顔は裸男が絡み合って構成されています。「欽チャンの仮装大賞」で上位入賞できるパフォーマンスかもね~(笑)


    ........(左)縞揃女弁慶・松鮨 (中)山海愛猫度図会、爪イタ~イ! (右)裸男が絡まった人面図.....
c0119160_12103964.jpgc0119160_12112713.jpg
c0119160_12114732.jpg

        ........影絵(獅子・ミミヅク・般若面)は、絡み合った猫の影(右図)を映したもの.....
c0119160_1219434.jpgc0119160_12192673.jpg
c0119160_12201049.jpg


国芳は無類の猫好きで、猫をモチーフにした個性的な浮世絵が沢山ありました。上記真ん中の影絵は、般若面と獅子面が睨みあいミミヅクが仲裁しているように見えますが、実は猫が影絵役(右)を演じていたのです。擬人化の猫絵も沢山!裃を着た猫、歌舞伎スターを猫の顔に準えた図、実に楽しいネ~


    ........(左)猫が大好きな国芳、猫ロール絵巻 (右)猫の顎掻く図 (下)猫パネル脇を行きかう人.....
c0119160_13451879.jpgc0119160_1345449.jpg





c0119160_134686.jpg


      ........(左)流行猫の曲手まり (中)猫達のオンパレード (右)猫歌舞伎役者の団扇絵.....
c0119160_14173716.jpgc0119160_14175920.jpg


c0119160_14185497.jpg


魚・蛸や蛙・金魚を擬人化した個性絵も数々登場!まさに江戸時代に描かれた「鳥獣戯画図」ではないか!その下の馬絵や忠臣蔵討入り図を見ると西洋画風にも仕立てあげている。スゴイ才能~!


      ........(左)坂田怪童丸 (中)魚の心 (右)金魚の蓮傘、ウ~ン、魚版・鳥獣戯画ダネ~.....
c0119160_14281598.gifc0119160_14283038.jpg
c0119160_14285595.jpg

      .......(左)近江国の勇婦 (右)忠臣蔵十一段目夜討之図、西洋透視画法で表現....
c0119160_14351957.jpg
c0119160_14354226.jpg

国芳によって擬人化された動物戯画や表情・仕草は江戸っ子の生態そのものでした。そんなお江戸風景を再び六本木ヒルズの展望屋上に出て満喫してみよう!東京スカイツリー遠望も期待を込めて!






★六本木ヒルズタワー展望デッキに上がり再び大都会パノラマ!


展望デッキに上がるには展望フロア(1500円)の他にさらに300円の追加料金を払う必要があります。チト高い気もするけれど、東京スカイツリーの展望料金(第1展望台2000円、450m第2展望は1000円追加で計3000円)に比べれば安いのかもしれん。オ~!今日は快晴で素晴らしい大都会パノラマだ~!


        ........(左)六本木ヒルズからの冬富士 (右)新宿高層ビル群の林立風景.....
c0119160_14412184.jpgc0119160_14414176.jpg

c0119160_14421737.jpg


真っ赤な「東京タワー」がウォーターフロント摩天楼を従えて存在感をシッカリと見せている。昭和33年デビューから50年以上も日本一の大都会展望を楽しませてくれた昭和時代の象徴塔。今後も頑張ってネ~


       .......「東京タワー」とウォーターフロントの絶景、やはり素晴らしい元祖・昭和日本の象徴タワー!.....
c0119160_14531778.jpg

さて待望スカイツリーは眺望できるかな?北東方向に遥かに見える!外観は完成形だが、展望台や商業施設は5月開業に向け着々準備中。もっと大きな屹立遠望を想像していたが意外と小さかった。


      ........(左)オッ!遥かに「東京スカイツリー」が見えている! (右)クローズUPしてみました~!.....
c0119160_1457116.jpgc0119160_14571555.jpg


c0119160_1458374.jpg






★歌川国芳・石碑があるミステリー神社(隅田川沿い)を訪問


歌川国芳の世界に触れ、六本木ヒルズからの大都会パノラマを満喫した後は、車で墨田区に向かいました。歌川国芳の石碑が隅田川沿い「三囲(ミメグリ)神社」にあると知り訪ねてみました。ここは隅田川七福神の一つで恵比寿・大黒が祀られ、祭神は宇迦御魂之命(ugatamanomikoto)、食物の神様です。


        .......「三囲神社」(mimegurijinjya)の鳥居、ここは「隅田川七福神」の一つ.....
c0119160_15114759.jpgc0119160_15133094.gif


c0119160_1514747.jpg


     .......三囲神社(向島)・鳥居から見上げる東京スカイツリー、まさにお膝元の光景ですナ~!.....
c0119160_15201437.jpg
c0119160_15254435.jpg

隅田川沿いの神社なので東京スカイツリーが間近に見える。境内には何と三越デパートのライオンが鎮座しているではないか!三囲神社は財閥の三井家が崇敬している神社(三囲はmitsuiとも読める)


          ........鳥居をくぐると、三越のライオンが狛犬に替わって堂々と鎮座!.....
c0119160_15304174.jpg
c0119160_1531880.jpg

昔は田中稲荷と呼ばれていましたが、地中から壺が発見され開けてみると狐に跨った翁像が入っており、その時に白狐が突然現れ壺を三度回って消えたため三囲神社になったといわれています。


          ........(左)三井家を祀る顕名霊社 (中)包丁塚 (右)白狐の祠.....
c0119160_1534510.jpgc0119160_15341976.jpg
c0119160_15344586.jpg


三井家を祀った顕名霊社・包丁塚・白狐の祠などがありましたが、歌川国芳の石碑はどこだろう?目立たぬ所に変哲もない石碑を発見!奇抜な物はないが刻印を読むと確かに国芳足跡が窺える。


              ........(左)これが歌川国芳の石碑     (右)歌川国芳の自画像......
c0119160_15434355.jpg
c0119160_1545388.jpg


         .......(左)金太郎尽・関羽見立 (中)天竺徳兵衛 (右)通俗水滸伝豪傑・花和尚.....
c0119160_15561559.jpgc0119160_15564493.jpg
c0119160_15575542.jpg

一番目を引いたのは不思議な「三柱鳥居」。キリスト教三位一体神社や天皇家や渡来人秦氏のルーツではないかと云われます。三柱鳥居は全国で数社しかなく、京都市太秦「木嶋坐天照御魂神社」(蚕の社)が最も有名らしい。秦氏は八幡神や稲荷神社のルーツや神仏習合にも関係ある謎の一族です。


          .......三柱鳥居は、キリスト教三位一体にルーツ?秦氏の謎を解明したいナ~.....
c0119160_15552445.jpgc0119160_1652320.jpg

c0119160_1662616.gif


秦氏は日本に土木・養蚕・鋳造技術を伝えた一族。(ハタ=機織・畑作の語源に・・)その末裔も三井・越後屋にも繋がり三越百貨店へと発展したのか・・日本の産業・商業の基礎を作った一族かも・・


    ......三越のルーツは越後屋(三井高利)、狛犬がライオンとは・・やはり西洋文化の神仏習合か?.....
c0119160_16134368.jpgc0119160_16135988.jpg






c0119160_16142619.jpg


あっ、完全に脇道話に外れてしまった・・!今日のテーマは「東京スカイツリー&歌川国芳ミステリー」でした。秦氏のミステリーはいつの日か有名な八幡神社や稲荷を訪ねた時に究明して行きたいと思います。
c0119160_16301498.gifc0119160_16304861.gifc0119160_16311586.gif
c0119160_16312984.gif





★東京スカイツリー、いよいよ開業の日を迎える


折角、隅田川まで来たのだから開業前のスカイツリー雄姿を堰堤から楽しんでみよう。まずは白髯橋から遥かに聳える塔を撮影!この辺は人が少なく静かな雰囲気。輝く太陽とスカイツリーのコラボがgood!


        ........白髯橋から眺めた隅田川&スカイツリー、粛々とオープンの日を待っている.....
c0119160_174260.jpgc0119160_1741789.jpg

c0119160_20241195.gifc0119160_20243433.jpg




c0119160_17315915.jpg


スカイツリー全景を収めるには一定距離が必要なので白髯橋辺りまで離れた方がいいかもしれない。でもやはり桜橋から仰ぐのがメインスポットとなることでしょう。アサヒビール・吾妻橋に向かって墨堤コースへ


       .......オ~!、アサヒビール本社(通称ウンチビル)が見えてきた!接近してみよう!.....
c0119160_17392528.jpgc0119160_20262281.gif
c0119160_1740548.gif



c0119160_17402359.jpg


5月22日スカイツリー開業に向けて着々と準備が進んでいます。下記写真がいち早くマスコミ公開されたスカイツリー天望デッキからの大パノラマ。やはり六本木ヒルズ光景とは高さが断然に違うことが解ります。


       ........これぞ天望デッキからの東京大パノラマ光景!3月6日一早くマスコミに公開された.....
c0119160_17515385.jpgc0119160_174647100.jpg





c0119160_17473670.jpg


     ........(左)業平橋駅はスカイツリー駅に改名 (右)「とうきょうスカイツリー駅」地図......
c0119160_1833184.jpg
c0119160_183557.jpg


天望デッキ料金3000円は高いと思うけれど、当面は予約で一杯。小生はブームが一段落して冬になってから行ってみようと思います。西高東低冬型時こそ、富士山から筑波山まで眺望できる絶好機会


     ......(左)天望デッキの予約販売に並ぶ人、チト料金高い (右)「都市と塔の物語」展示ポスター.....
c0119160_1811715.jpgc0119160_18122498.jpg
c0119160_18112843.jpg

それにしてもやはり歌川国芳のスカイツリー浮世絵には驚かされます。この位置から撮影したスカイツリーと脇の商業ビルの構図は正に瓜二つ。予知夢で見た2012年の隅田川光景を描いたとしか思えません。


       .......何度見ても不思議・・!スカイツリーの予言図としか言いようがない・・。.....
c0119160_1815841.jpgc0119160_18152575.jpgc0119160_1815395.jpg





c0119160_18161256.jpg


     ........国芳が今も存命ならばスカイツリーをバックに隅田川で暴れる鯨絵を描いたかも・・!....
c0119160_18235450.jpgc0119160_1828692.jpg
c0119160_18242980.jpg



元気を失っていた日本ですが、今年は世界一の電波塔開業で勇気づけられることは間違いなし!国芳さん、国良しの予言もありましょうな。桜の次は新緑季節・・「目に青葉・空見上げれば634塔


      .......さあ、いよいよ・・。5月22日オープンの日を待つスカイツリーと浅草・墨田の街、隅田川.....
c0119160_18323186.jpgc0119160_1832446.jpgc0119160_18331232.jpg

c0119160_18332917.jpg





                                                         おわり


次回は、「待ちに待った2012満開桜、旧友・家族と楽しんだ春爛漫(前編)」をお送りいたします。
c0119160_9404913.jpgc0119160_9413747.jpgc0119160_9413086.jpg

  by rollingwest | 2012-04-07 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)

Commented by tomiete3 at 2012-04-07 06:32
おはようございます。
東京にいるとこのような素晴らしいものを見ることが出来るのですね。

スカイツリーも人気を博しているようですね・・・営業は5月ですかね
Commented by hirospace at 2012-04-07 09:56
新しい観光スポットが出来ましたね。

予言をしていたのなら、すごいことですが、通信がない時代ですから、火の見やぐらの類だったのでしょうか?

今日も江戸文化の一片を学ばせていただきました。

雪が降ったり止んだりしていますが、晴れ間に春の日差しが感じられます。
Commented by at 2012-04-07 12:28 x
歌川国芳の数々の絵を見せていただき、相当なキワモノ好きの異能の絵師だったと再認識しました。師匠も周りも全く関係無く、自分が描きたいモノだけを描く。強烈に自由奔放でオリジナリティ溢れる人物だったのでしょう。江戸時代にこれだけやれる人も少なかったんだろうな。でも、こういう人が後世に名を残す人なんでしょうね。平賀源内しかり、杉田玄白しかり、吉田松陰しかり、、、。本人はそんな事は一切考えていなんだろうけど。
三柱鳥居は初めて見ました。かなりユニークで面白いね。秦氏の謎も興味深いです。RW氏の好奇心は凄いね。見習わないといかんと思とります。
Commented by m2-home at 2012-04-07 13:29
歌川国芳展に行きたい!行きたい!
けど、東京なんだよなぁ・・
と思っていた矢先に次回予告で歌川国芳ミステリーとあったので
すごく楽しみにしてました。

やっぱりいいですね。
この余人にないアイデアや構図。
それでいてしっかりとデッサンしてるところがいつ見てもすごい!と
感嘆を覚えずにはいられません。

猫のごとく、記事を舐めますように見させてもらいましたが・・・
やっぱり実際に行ってみたかったなと。
この手の展示会が福岡は少ないんですよね~(残念)

スカイツリーもオープンするようだし、
久しぶりに東京に遊びに行こうかなと思うこの頃です。
今回も大変面白く、また興味深い記事の数々をありがとうございました。
Commented by small-talk at 2012-04-07 17:28
確かに六本木ヒルズの展望台のほうが穴場かもしれませんね。
でも結構いい値段がするのですね。
無料の都庁展望台でいいです(笑)
後、どうせお金をかけるのなら、みなとみらいのロイヤルパークホテルの展望レストランでビュッフェが楽しめるから、こちらもなかなか魅力です。
Commented by yodogawasyuhen at 2012-04-07 18:11 x
こんばんは
スカイツリーがいよいよ完成に近づいて来たのですね。
今年は人が多いので来年の楽しみです。
東京は、刺激的ですね。
おのぼりさんやってみたいです。
Commented by biigle at 2012-04-07 19:10
いよいよ桜が満開で華やかな時季になりましたね!
歌川国芳ってほんとに個性的で面白いです~
スカイツリーは来月ですか、凄い騒ぎになるでしょうね。
Commented by biwakokayo4 at 2012-04-07 19:56
隅田川・満開桜と完成した東京スカイツリーのコラボ,絵になりますね。
絵葉書が売れそうですよ。

歌川国芳がスカイツリーを予言・・・なぜこれが描けたのか不思議です。
六本木ヒルズタワー展望ラウンシ・・・いい眺めの割に人が少ないのはいいですね。
Commented by hohsi at 2012-04-07 20:46
隅田川沿いはまさに満開の時をむかえて好い光景になりました、
今年からスカイツリーが景色に加わり歌川さんもあの世で
「わしの構想を誰が真似たのだ?」と言っていませんかね・・・
rolling さんがおっしゃるようにツリーの方は混雑が下火になってから訪れた方が得策ですね、
ヒルズの展望台へまず訪れて見る事にしましょう(^o^)
Commented by hibikorekouji2 at 2012-04-07 22:09
天望デッキの予約販売で、もう行列ができるという人気は凄いですね。
暫くは大混雑が続きそうですね。
落ち着いてからとなると、いつの事になるのでしょうかねー。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 07:22
トムジー様、東京は新しいもの古いものを含めて、アンテナを張りながらこまめに歩いてみると色々なものを発見できます。まだまだ奥が深そうです・・(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-08 07:32
hirospace 様、遠景から見てこれだけ高い「火の見櫓」もチト考えにくい感じがいたします。芸術家・音楽家の方には天から降りてくる閃き・インスピレーションによって作品が生み出されると云いますから、やはり天がお知らせしてくれた150年後の光景を描いたのではないかと小生は勝手に信じております。(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-08 07:46
しむけん様、前回のスカイツリー伸長記事でも歌川国芳の作風に一番詳しく敏感に反応されていましたね。浮世絵の化け猫絵・妖怪絵は何となくよく見てきましたが、これが殆ど国芳によって描かれていたんだなあ・・とあらためて知りました。

三柱鳥居・秦氏の謎も興味あるんですよ。実は、全国にある八幡神社・稲荷神社、そして僧形八幡神像や神仏習合の寺社、祇園祭・和銅銭の鋳造・服飾技術などは、ユダヤ文化に関係しているのですよ。そのキーポイントは渡来人・秦氏です。これから全国各地を訪ねた時に、秦氏の謎を意識的に紹介していきたいと思っています。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 07:52
m2-home bull様、実はこの秋から来年冬(11 月3日 ~ 2013 年1月14 日)にかけて、横浜美術館(みなとみらい)でも「歌川国芳と近代」というロングランの展示が予定されております。是非ともこの時期に横浜・東京に来られて、歌川国芳の絵とスカイツリー眺望を楽しむために、上京されてみてはいかがでしょうか?
Commented by K森 at 2012-04-08 08:04 x
高いとかは苦手なK森です。
4月から3カ月ほどこっちにいることになったから
遊びに誘ってください。国芳はその不気味加減に波長が合う。
ではまた!
Commented by rollingwest at 2012-04-08 08:28
small-talk 様、みなとみらいのロイヤルパークホテルの展望レストランでビュッフェもいいですよ!晴れた日は対岸の房総半島や浦賀水道もよく見えます。横浜からもスカイツリーを見ることができます。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 08:35
yodogawasyuhen 様、5月になったらやはり話題の中心はやはりスカイツリーですね!人混みはあまり好きではないので、オープン以降冬になるまで浅草にはあまり近づかないようにしておこうと思っています。(苦笑) 一段落ついて真冬の快晴日に天望台に家族で登って見ようと思っております。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 08:40
びーぐる様、上記にも記載しましたが、歌川国芳はこの秋に横浜美術館(みなとみらい)で復活します。東横線からだと、みなとみらい線で一本ですから今度は行きやすいです。小生、もう一度見に行ってみようと思っております。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 08:50
biwakokayo4 様、昨日は中学時代の友人たちと大宮公園にJリーグ観戦と花見に行ってきましたが、花冷えが非常に厳しくい一日でした。居酒屋にいる時間の方が長かったです。
今日は青空に暖かい陽気になうようで、隅田川の満期桜とスカイツリーのコラボを見に出掛ける人が相当多いと思います。来週末は葉桜になるでしょうから、今日が最高の日かもしれません。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 08:59
じょんのび様、なるほど!東武や大林組の社員が国芳の絵を見てこの隅田川に世界一の電波塔をつくろうと閃いたのかもしれません!そうだとすると、天国の国芳さん「わしの構想を誰が真似たのだ?」と言っているかもしれませんね。それとも国芳さんが生まれ変わって東武や大林組の社員になって、自分が江戸時代に描いた浮世絵を現代に再現しようとしているのかも・・(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-08 09:06
hibikorekouji2 様、半年くらいしたら落ち着くでしょう。予約して天気が悪いとガッカリするので、ブームが去った冬に「明日は冬型快晴という日」を狙って行くようにしようと思っています。
Commented by rollingwest at 2012-04-08 09:12
キンチャン!お久しぶり~!九州からこちらに来ているの?3ケ月滞在?一体どういうこと?
でも是非とも会いましょう。実はモッチャンやラン様からのお誘いがあり、4月15日に隅田川の早慶レガッタを見に行くことになっています。ガバチョ・しむけん様も来るので是非とも一緒に行こう。モッチャンに集合時刻・場所の通知があると思いますが連絡を入れて見て下さい。こちらからもフォローしておきます。
Commented by Soul Mate at 2012-04-08 16:08 x
南方仁に続くタイムリーパー国芳。明らかに現代から江戸時代にタイムスリップしたお人じゃろ。しかしおぬしも山とか展望台とか高いところが好きじゃね。まさに「○○の高上がり」か。。祖父の家にネコが12匹もおったのでワシは強烈ネコぎらい。庭に野良ネコ用のワナをしかけとるがいつもエサだけ盗られて腹が立つのよねえ。。。
Commented by hohoemi-77a at 2012-04-08 18:10
こんにちは~♪
東京は桜も満開でいよいよ春爛漫ですね。
来年の春はスカイツリーと桜の両方で大変な事になりますね。
歌川国芳の浮世絵…昔にこのような高いものを描いたのが不思議ですね。
Commented by わかこ(=^_^=) at 2012-04-08 23:07 x
猫達のオンパレードって、「猫飼好五十三疋」ね。東海道五十三次の宿場名を猫のしぐさのダジャレとともに描いて居る。猫好きにはたまりません(=・ェ・=)。この絵の頭を袋につっこんでるのが「袋井」袋い。籠の中の猫「藤川」は、ぶちかご。座布団の猫は、「見付」で「ねつき」っていう感じ(^〇^)。
 なあんてね、去年、マダム・タケコリーヌ・カグラブール様??が、歌川国芳の猫の絵葉書をくれて、「」へえ~ってはじめて知って調べたんだけどね。天保の改革で歌舞伎役者、遊女や芸者の絵を出版することが禁じられて 猫で役者描いたり落書き風に役者を描いたりと権威を揶揄してたらしいにゃん(=・ェ・=)
Commented by タケコリーヌ・カグラブール at 2012-04-09 00:07 x
はっきり言ってあげましょう。バカと煙は高いところに上がりたがる。ブタもおだてりゃ木に登る。SMオヤジのツリー好き。鞭を持つ手にデジカメ持って、ヒマさえあれば徘徊散歩。さて、国芳だが、昨年、原宿の浮世絵美術館で大々的に国芳展を開催。かねてより興味があり、さっそく見に行き、高いカタログを買った。で、猫好きのマダム・ネコーラ・ワカコリーゼ様に絵はがきを出したのであった。ところで、スカイツリーはいつモスラやゴジラの餌食になるのかな?
Commented by akitaka at 2012-04-09 04:25 x
歌川国芳の展覧会だけでなく、三囲神社の石碑まで調査して、三越のライオンのルーツを見つけるなど、何時もながらのタイムリーな調査と緻密な行動に感心しました。それにしても、スカイツリーの予言の浮世絵は不思議ですね。
スカイツリーも予約して行けても、雨だったら登山以上に悲惨ですね。また、3000円では老人割引が出来るまで足が向きません。
Commented by rollingwest at 2012-04-09 06:11
聖二殿、やはり江戸時代からのタイムリーパーであったか!確かにこんな多彩な絵を描けるお人は時空を超えてアンテナ受信して作品を残しておるのかもしれんな。
4月中旬から5月にかけてのお袋さんとの旅、ご無事でなあ~!よき親孝行を・・!Y成との洋楽会はまたじっくり日程調整しよう。
Commented by rollingwest at 2012-04-09 06:15
by hohoemi-77様、昨日の隅田川も花見客で、堰堤の通りは行列・大混雑だったとのニュースが流れておりました。でも昨日は快晴で満開、どこの桜の名所も一緒か・・。来年のお花見はスカイツリー開業後ですから想像もできないくらいの状態ですね。
Commented by rollingwest at 2012-04-09 06:21
ワカコリーゼ・ナベシーマ様、化け猫・擬人猫・歌舞伎猫三昧のコーナーを予想通り気に入って下さり光栄でございます。永遠に歳を取らないタケコ・ヒミコ・カグラザーカ様と同様に、予言卑弥呼&化け猫コンビで満開桜のもとで妖怪トランス舞を踊って下さいませ。春のお花見シーズンだけに誰も違和感は持ちませぬ。
ところで歌川国芳展はこの秋に横浜美術館(みなとみらい)でも予定されておりますので、是非とのお越し下さい。アイフォン持ってるからもう迷い猫になる心配はないし・・(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-09 06:56
タケコリーヌ・maikoカグラブール女王様、ハイハイやっとご登場いただけましたね。ネグレクト苛めよりは、やはり罵倒虐めの方が好きでございます。バカと煙に徹底し、これからもノーテンキ・レポートを続けて参りますのでよろしくお願い申し上げます。次回は、高級料亭でウサギ耳の竹子姐さんを登場させようと思っておるのですが、肖像権侵害の申し立てがございましたらご通知のほどよろしくお願い申し上げます。何もご申告なき場合はご承認いただいたものとして認識し執行させていただく所存です。あっ、東京電力の値上げ通知文書みたいだな・・(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-09 07:01
アキタカ様、3000円の天望台はやはり高いと思いますが、強気の商売として当分続きそうなので、割引は当面無理なのではないでしょうか。確かに予約して雨だと悲惨ですが、その場合は雨雲に間接照明を当てながら、晴天時に見えるパノラマを映し出す演出があるようです。小生は冬になったら行ってみようと思っております。スカイツリーの予言の浮世絵は本当に不思議で興味深いです。
Commented by kotonoha222 at 2012-04-09 19:53
墨田区探訪いいですね。
墨田公園から桜を手前にスカイツリーが見えて一度撮りたいと思っ
ていたのですが、今年は無理そうです。
いよいよスカイツリー5 月22日オープンを眼の前にして混雑する
ことでしょうけど、落ち着いたら行ってみようと思っています。
    しおり
Commented by setuojiji at 2012-04-09 20:17 x
桜の開花、東京スカイツリーの開業も間近、歌川国芳の予言的な絵画、国芳の浮世絵のオンパレードを居ながらにして見れるなんてこの上ない有難さを味わっています、三囲神社から、隅田川からとそれぞれ場所を変えての眺望を見せ、そのところの歴史を織り交ぜての展開をいつも興味深く見ています。
Commented by rollingwest at 2012-04-10 06:29
kotonoha222様、小生は今週末に学生時代の友達と桜橋や浅草に出かける予定ですが、もう葉桜になっているいかもしれません。花散らしの雨さえ降らなければと願っていますが、多分今週末まではもたないだろうなあ・・。新緑の季節に是非とも一度スカイツリーと堰堤歩きを楽しんで見て下さい。
Commented by rollingwest at 2012-04-10 06:37
setuojiji様、寒かった今年の冬の影響で北海道の春はまだもう少しという感じですね。梅も桜も新緑も一斉に萌え出すGWが楽しみなことと思います。それまではこちらのバーチャル記事で一足早い春の風景をお楽しみ下さい。
Commented by キリュー・アントワネット at 2012-04-10 14:10 x
なにやら東洋の島国が我がエッフェル塔の物真似をして久しいようですが、まだ続いておりますの? パンが無ければ竹子のおそばを食べれば良いとお教えしましたのに。
そのような塔などフランス民衆の怒りを待つまでもなくケムール人に破壊されてしまいますわ。ほほほ。
Commented by namazu_5757 at 2012-04-10 19:08
六本木ヒルズタワー展望台はほんと空いていて良さそうですね。
次の上京の折には、ぜひ行ってみたいです。
Commented by rollingwest at 2012-04-11 06:14
キリュー・アントワネット様、東京タワーの場合はモスラが繭を張り易い裾野広がりがございましたが、スカイツリーはほぼ直線ので難しいですな・・。繭をつくった後に上からモズの早にえの如く突き刺しておくのもおもしろいのかもしれまへん。そのミニチュアかんざしをつくって竹子姐さんの頭に飾ったらどうですやろ?お似合いですエ~! ほほほほ・・~!
                       (煙~る・安虎ーねっと・ペギラーゼ)
Commented by rollingwest at 2012-04-11 06:18
namazu_5757様、六本木タワーの展望デッキは露天ですので外の空気を思いっきり吸いながら陽光を浴びて大パノラマを楽しめます。スカイツリーの場合は室内ですから、生の光景を味わうには六本木展望デッキの方がお得ですよ。値段もスカイツリーの6割だし。
Commented by matsu at 2012-04-11 13:58 x
江戸末期を代表する反骨の浮世絵師、歌川国芳には私も大いに興味があります。この人の個性的な妖怪画や化け猫画は、弟子の河鍋暁斉の作品とともに後年の水木しげるや京極夏彦等にも大きな影響を与えたと思われます。隅田川七福神の三囲神社は、昔、行ったことがありますが、ここに歌川国芳の石碑があるとは気づきませんでした。それにしても、RWさんのブログには、よく猫が登場しますね。よっぽどお好きなのでしょうか(私も好きです)。今度は、猫好きで知られる洋画家の藤田嗣治や、猫好きの文豪シリーズ(夏目漱石、谷崎潤一郎等)などもアップしてもらえたら、うれしいです。
Commented by shingo at 2012-04-11 22:53 x
赤塚不二夫は、おもしろいことに命をかけていたという天才だったが、歌川国芳も奇怪なことに命をかけた天才だったんだねえ。
名前と作品が死んだあとも輝き続けることで、我々は、その恩恵にあずかることができるが、国芳さんの人生はどんなだったんかいのう?
天才は、人生を謳歌したのか、それとも・・・・。

こんなすごい浮世絵を見れて、うれしいね~。
Commented by rollingwest at 2012-04-12 06:04
マツ殿、この手のディープな絵は大好きと思っておりましたが予想通りでしたね。("^m^)
確かに魅力ある表現のオンパレード、やはり歌川国芳は天才でございます。
猫がよく出てくるのは、コメンテーターの方に猫好きな方が結構いるのでサービス精神かな・・。(笑)
Commented by rollingwest at 2012-04-12 06:09
楽shingo殿、確かに赤塚不二夫は歌川国芳の生まれ変わりかもしれん!
予言者や天才、各それぞれの時代に輪廻転生で与えている天からプレゼントされた人なのかもしれないね。
                                      (天才タコ凡)
Commented by desire_san at 2012-04-12 09:55
こんにちは。

東京も桜も盛りですね。私も3個所ほど花見をしてきました。
歌川国芳については、少し詳しく書いてみましたのでご参照ください。
http://desireart.exblog.jp/14606441/

私のブログにもコメントをいただき、ありがとうございます。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-04-12 15:54
国芳の絵を沢山見れて、面白かった。彼が
スカイ・ツリーを書いたら、どんなになるか面白いですね。
また行って、今度は昇ってみましょうか。
今日もスマイル
Commented by rollingwest at 2012-04-13 06:12
desire_san様、以前に公開されていた歌川国芳展の記事をあらためて読ませていただきましたが、細かな分析と評価をされていますね。小生が紹介していない浮世絵が沢山あり、果てしない国芳の才能にあらためて驚きました。
Commented by rollingwest at 2012-04-13 07:00
KawazuKiyoshi 様、未発見の国芳浮世絵「青く輝く江戸の火の見櫓」発見!な~んていう報道が出てこないかなあ・・と秘かに期待しております。でも何かありそううな気もしております。(笑)
Commented by trial05 at 2012-04-14 01:27
こんばんは~。
新名所、東京スカイツリーと桜のコラボ!! 
これは見事~!!

歌川国芳のスカイツリー浮世絵・・・これって、凄いよね?!不思議だ。。。
Commented by rollingwest at 2012-04-14 07:59
トライアル様、今スカイツリーの近く「江戸東京博物館」では通天閣のビリケンさんが出張してきておまっせ~!塔つながりで無理があるような気も・・(笑)
歌川国芳の通天閣の予言浮世絵も発見されたらおもしろいですな~!
Commented by yokuya2006 at 2012-04-15 09:04
なーるほど、歌川国芳の絵のいくつかは見たことがありました。この絵師が、スカイツリー浮世絵の方だったわけですか。勉強になりました。

見れば見るほど、こりゃスカイツリーだ。多分、本人が現代を訪れて「この方角から見れば、あの辺り」と見当をつけて再び戻り、悪戯で付け加えたものでしょう。
未来のやつら、俺の絵を見て魂消るゾ、と笑っていたことと思います。
Commented by biwakokayo4 at 2012-04-15 12:48
歌川国芳の自画像を見ると普通の人のようですが・・・
描かれた絵を見ると非凡な想像力をお持ちだったようで
楽しいですね。
絵画展があれば見に行ってみたいところです。
Commented by Soul Mate at 2012-04-15 13:42 x
柏崎市議同士が飲み屋でケンカ。殴られた若い議員のほうは骨折しとるなあ。温厚なおぬしからは想像もできんが、生まれ育ったふるさと柏崎は相当ヤバい街みたいじゃのう。議員は極右団体構成員じゃと。<柏崎地方は今でも「夜這い」の習慣がある。>ともネットに書いてあったがホント?おぬしもこげな環境でようりっぱに育ったもんじゃ。。。
Commented by rollingwest at 2012-04-16 06:19
バイオマスオヤジ様、なるほど!下記の推理は素晴らしい!
>本人が現代を訪れて「この方角から見れば、あの辺り」と見当をつけて再び戻り、悪戯で付け加えたものでしょう。

まさに未来(2012年)に顔を出して江戸時代に戻ったタイムトラベラーなのかもしれません。昨日、学生時代の仲間と隅田川・桜橋を訪れて、再びこの三囲神社に皆を連れて行き歌川国芳の碑を紹介いたしました。
Commented by rollingwest at 2012-04-16 06:48
biwakokayo様、昨日も学生時代の仲間と隅田川を訪れる機会があり、再び三囲神社で歌川国芳の石碑を見て参りました。神社を見上げると首が疲れるほどに高い東京スカイツリーが聳えており、帰りはスカイツリー駅から乗って帰宅でした。
Commented by rollingwest at 2012-04-16 06:58
聖二殿、お主はどこからこんな情報を得てくるのか本当によう感心するわ。確かに調べて見るとこんなみっともない事件が起きておったんだな・・。お前は柏崎フェチか?30数年前にお主が住んでいた広島の方がよっぽど恐ろしいわい。純情無垢な若い市議が酔っぱらってケンカしていたくらい、山口組が闊歩していた広島に比べたら可愛いもんじゃい。情け深く純情な街だよ。柏崎は・・。
ところで昨日は隅田川に早慶レガッタを見てきたよ。残念ながら母校は負けちまったが、スカイツリーの元で素晴らしいレースだった。
80年卒業の同期会という集まりの幹事(レスリング銀メダリスト大田さん)に合わせてもらい皆で集合写真。しかし我々の同期は結構、有名人がおるなあ・・。野田首相・サッカー岡チャン・オリックス岡田監督・瀬古・中井貴恵・・、我々とはちと違うなあ・・(苦笑)
Commented by 小石 at 2012-04-17 03:32 x
歌川国芳に感激!載せてくれて有り難う!興味が有ったけれど、見に行けなかたので、嬉しい!それにしても、素晴らしいセンス!
そして何より、やはり、そこに足を運んでくださるR W 様のセンスと素敵なまとめ方に敬服致します。ま




Commented by rollingwest at 2012-04-17 06:21
小石ペガサス様、今回もまたコメントが「ま」の字で切れていますよ。前回のようにパソコンの前でそのまま眠っちゃったんですね。(笑)  眠気にも襲われお疲れの中でご来訪頂き誠にありがとうございました。このたび一念発起で大学に入学されて毎日猛勉強中とは・・。エライ!毎週、桜の花に誘われてあちこちをほっつき歩いているRWとは天と地の違いです。(苦笑)
「ま」の次があれば続編コメントお待ちしております。 (^O^)
Commented by 小石 at 2012-04-17 09:49 x
失礼しました。
「ま」 の次はありません(^。^)y-.。o○ いつものオッチョコミスです。

それから、猛勉強でネッス(^o^)丿!!
授業の、ボヨヨ~ンヒヤリングデッス(@_@;)
先週、学食のカツ丼、ご飯がいっぱいもってあって、もったいないから完食したら、次の授業が眠たくて~眠たくて~、なれない事をすると、これだからね(-。-)y-゜゜゜

それにしても、本当に 「歌川国芳」様の記事を載せてくれて有難う!!もう感激、感激雨あられ・・・大好きなの・こういうの(^-^)、見そびれていたから・・・!!これを見ると見ないじゃ、人生何倍も違うくらい!! 芸術は爆発だ~!!は先日に見入ったけれどネ(笑)

やっと暖かくなって、庭の花があれこれ咲いて、私の本業庭師兼掃除のおばちゃんに戻れて、ご満悦です~\(^o^)/
Commented by rollingwest at 2012-04-18 08:58
小石ペガサス様、新潟は今は桜満開ですかね~!10日前のコチラの満開風景を公開しますのでまた遊びにいらしてください。
Commented by ハマジュリ at 2012-04-25 10:12 x
おはようございます(*^▽^*
毎回素晴らしいblogで楽しんでいますよ(*'‐'*)♪
いつも書き込みが遅くなってごめんなさい
アクティブなRW氏を見習って先ずは、近所の公園に出かけてきます(*^▽^*)
Commented by rollingwest at 2012-04-26 06:06
ハマジュリ様、お忙しい中で誠にありがとうございます。越後の満開桜はもう過ぎましたでしょうか?今年の米山さんの残雪はまだ相当多いのかな?新緑に残雪の山、一番いい季節5月がちかづきますね。
Commented by すー at 2012-05-06 11:53 x
隅田川レガッタ初めてでした。地下鉄浅草駅から地上に出るとスカイツリーが間近に見えて、これまでの浅草の風景とはエライちがい!クラブの30年下の後輩達にもバッタリ会って、時の流れを感じたわん。下町散歩いいね。「神楽坂散歩」編で我らの姐さんみっーけ!!
Commented by rollingwest at 2012-05-07 06:16
もっちゃん・すー様、先日はお疲れ様でした。旦那様に、老後の健康づくりは街歩きにしろと言い聞かせて下さい。こっちの方が金もかからんし、ゴルフで大たたきの悔しさもストレスもないし、雀と徹マンしなくて済むし、実に健康で経済的な老後の過ごし方だと・・(笑)

<< <2012年4月>待ちに待った... <2012年3月26日>甲斐の... >>