<2013年GW>山形歴史紀行(その3):「酒田・象潟」探訪

        <2013年GW>山形歴史紀行(その2):日本最大級パワースポット「出羽三山」探訪より続く

c0119160_10104388.gif


★芭蕉が「奥の細道」で辿った庄内・日本海ルートを訪ねて


前回は松尾芭蕉が「出羽三山」を訪ねた記事を掲載しましたので、今回は「奥の細道」・日本海ルート(象潟・酒田)の史跡紹介からレポートに入りたいと思います。まずは芭蕉が訪問した「奥の細道」の最北地「象潟」(kisakata)を訪ねてみました。当日の山形は天候が悪く日本海は荒れた状態だった・・

c0119160_10164118.jpg
                 
   ......「奥の細道」の庄内・日本海ルート。怒涛の荒波寄せる日本海、象潟は鳥海山の麓にある......
c0119160_10191313.gifc0119160_1020125.jpgc0119160_10204512.jpg


c0119160_10205992.jpg


ここには「蚶満寺」(kanmanji)という寺が海岸近くにあり、芭蕉像が立っています。「奥の細道」観光地としては寂しい風情(雨で観光客は殆ど見かけず・・)であり、雨に濡れた境内をグルリ廻ってみました。


      ......「奥の細道」紀行の最北限地は「象潟」、「蚶満寺」の山門&芭蕉立像.....
c0119160_10335847.jpgc0119160_10341581.gifc0119160_10342814.gif



c0119160_10345862.jpg


   ......蚶満寺の境内。訪れる人は疎らで、芭蕉観光地の活気も殆どなく寂れた風情......
c0119160_1057194.jpg
c0119160_10571666.jpg


なぜ芭蕉は出羽三山から酒田経由で越後へ南下せず、鶴岡からわざわざ北上してここを訪ねたのでしょう?その理由は当地が松島と並び、浮島絶景に彩られた江戸時代の大観光地だったからです。


  ......かつては「九十九島」と呼ばれ、松島と並ぶ浮島景観の大景勝地。今は田んぼに変貌.....
c0119160_110342.jpgc0119160_1164620.gifc0119160_117254.jpg



c0119160_1174093.jpg

c0119160_1182911.jpg


しかし今は湾に浮かぶ松島の姿はなく水田の中にその面影を残しているのみ・・、1804年マグニチュード7級の象潟大地震で地盤が2.4mも隆起し、天下の名勝は一夜にして陸地となってしまったのです。


  ......(左)芭蕉象潟の句 (左)象潟の当時の面影絵図 (右)田んぼ上空からの浮島風景......
c0119160_11145529.jpgc0119160_11152716.jpg



c0119160_11154693.jpg


ナルホド!田んぼを海と見立てれば松島のようなリアス式海岸の面影を残している。凄い地殻変動ダネ~
怒涛の日本海を右手に見ながら南下、いざ酒田へ!楽しみにしていた鳥海山のパノラマは残念・・(泣)





★名峰「鳥海山」登山の思い出が蘇る・・


象潟から「鳥海山」の優美な姿を眺望したいと期待し、少しでも晴れ間を覗かせてほしいと願いましたが、遂に山容を現すことなく願いは叶いませんでした。快晴ならば下記のパノラマが見えた筈なのに。
鳥海山は今から15年前にこの頂上に立ちました。スキャナーで取り込んだ当時の写真を併せてご紹介


  .....(左)残雪の鳥海山、水田に映る逆さ鳥海(ネット写真) (右)1998年7月、仲間と鳥海山を登山.....
c0119160_1121253.jpgc0119160_11214170.jpg

c0119160_112244.jpg

     
全国200名山を今まで150座近く登りましたが、鳥海山は十指に入るほど素晴らしい印象・思い出が残っている名峰。美しい池、光輝くブナの森、数々のお花畑、なだらかで眺望開けた裾野道、切り立った岩峰、何でも揃ったバリエーション豊富な山で、次から次へと変化する絶景の連続に只々感動!


   .....コースバリエーションに溢れ素晴らしい山旅だった!真っ青な水を湛えていた幻想的な鳥海池.......
c0119160_11272259.jpgc0119160_11273628.jpg


c0119160_112839.jpg


  .....(左)鳥海池を見下ろす高台で集合写真(もう15年前か・・) (右).翌朝、鳥海山頂上でご来光......
c0119160_11311911.jpg c0119160_113208.jpg


c0119160_11322482.jpg


そして最大クライマックスは御来光時の絶景でした!朝日を浴びた鳥海山のピラミッド影が日本海をスクリーンにして浮かび上がる「影鳥海」はまさにレアな光景。感動的な映像は今も脳裏に深く刻まれています。


    ......これぞ「影鳥海」!朝日を受けた三角形山容の影が日本海に浮かび上がり大感動!.......
c0119160_11361274.jpg



               

★古より湊町として発展してきた「酒田」


酒田市は人口約11万人の庄内北部の都市(県内3位)で庄内空港や酒田港(重要港湾)を持っています。市域の大部分が河川によって運ばれた豊富な土壌で形成された庄内平野で稲作も盛んな地帯


      .......(左)酒田港の上空写真 (右)鳥海山&酒田港 (いずれもインターネット写真)......
c0119160_2132211.jpgc0119160_21321580.gif

c0119160_21323853.jpg

 
歴史は古く、平安時代朝廷が出羽国府を築城し中世から貿易中継地でしたが、1672年河村瑞賢が西回り航路を整備するとさらに繁栄を極めました。戦後農地改革まで日本一の地主だった本間家や廻船問屋の鐙屋などの豪商が活躍して繁栄の頂点を極め「西の堺、東の酒田」とも云われたとのこと


          ......日和山公園から俯瞰した酒田市街の眺望(雨上がりの景色))......
c0119160_21355175.jpg
         
しかし繁栄の中にも暗い歴史があります。江戸時代から何度も大火災の記録があり、昭和では51年にも酒田大火(17百軒以上・15万㎡焼失)が発生しています。原因は強風に煽られ火事が全域に拡大したため。酒田は全国的に風の強い町で有名で、強風日が年間の1/4を記録する場所なのです。


  ......酒田は過去何度も大火に襲われた街、昭和51年(1976)の酒田大火における焼失地域.......
c0119160_2203633.jpg
c0119160_21362845.jpg

 
1672年幕府から命を受けた河村瑞賢は西廻り航路開発に向けて綿密な調査を行い、寄港地を定めインフラ(堅牢な船・熟練水夫の選定、水先案内船・入港税免除制度等)を整えて、瑞賢船団は酒田を出発(新航路にトライ)、日本海・瀬戸内海を経由して計画通りに江戸へ辿り着くことに成功しました。


   .......北前船や千石船が航行した日本海西廻り航路(酒田~下関)を確立した河村瑞賢の像......
c0119160_2138059.jpgc0119160_21382261.jpgc0119160_21391265.jpg



c0119160_21393490.jpg

 
この成功により北前船が生れ、日本海は海上交通の大動脈となり寄港地は繁栄していきます。酒田の繁栄を支えたのは最上川の水運と36家の廻船問屋だったのです。河村瑞賢は他にも淀川河口の治水工事、越後鉱山開発などで大功績をあげています。まさに江戸時代のプロジェクトX~!の立役者

c0119160_2152268.jpg
    
      .......(左)日和山公園の白い六角灯台 (右)江戸時代の灯台は常夜灯と呼ばれた.......
c0119160_21535158.jpgc0119160_2154826.jpgc0119160_21543420.jpg



c0119160_21545338.jpg


酒田「日和山公園」は市街の高台丘の上にあり、そこに白い洋風の「六角灯台」(木造・日本最古級)が佇んでいます。お洒落な街のシンボル的灯台は明治期の建築物で酒田港の歴史を見守り続けてきました。その先輩は江戸時代の「常夜灯」、河村瑞賢の像と一緒に公園の中で威厳を保っています。






★「日和山公園」周辺の見所SPOT


日和山公園および周辺には他にも見所が沢山あります。まずは松尾芭蕉様、酒田では「暑き日を海に入れたり最上川」という句を残していますが、小生の場合は「晴れの日に鳥海見たし最上川」・・かな


           .......日和山公園に佇む芭蕉さんと2ショット、酒田でも名句を残している.......
c0119160_5524380.jpgc0119160_5544050.gifc0119160_5563658.jpg




c0119160_5572433.jpg
c0119160_5574258.jpg



公園脇には白崎医院というレトロな洋風建築があります。小学校時代にお世話になった歯医者さんみたいだなア・・。隣には威厳ある日吉神社(比叡山の鎮守)も鎮座。この鳥居は独特な形をしており上部に三角形の破風(屋根)が乗った山王鳥居、全国の日吉神社・山王神社の鳥居は全てこの形だネ・・


       ......公園の脇に佇む大正期建築のレトロな「旧・白崎医院」、お洒落な建物ですネ~.......
c0119160_653625.jpgc0119160_6532038.jpg




c0119160_6533878.jpg


     .......(左)公園の目の前には日吉神社(独特な鳥居姿) (右)尊厳溢れる日吉神社山門......
c0119160_22361383.jpgc0119160_22363276.gif

c0119160_22364764.jpg

 
日吉神社本殿の隣には大正14年に建築された「光丘文庫」、地元の最大地主・本間家の蔵書を中心に地方有志家による数万点の貴重な蔵書を集められており、皇族・学者・芸術家らも多く来るらしい。


    .....(左)日吉神社本殿を参拝 (右) 神社隣は「光丘文庫」、本間家蔵書など膨大書籍が保管......
c0119160_22385478.jpgc0119160_2239944.gif

c0119160_2239266.jpg


出羽三山で生まれて初めて対面した即身仏、ここ酒田「海向寺」(日吉神社の隣)にも「忠海上人」が鎮座していました!そして注連寺におわした「鉄門海上人」の掛軸や手形も当寺に飾られています。


      ......酒田市内にも有名な即身仏があった!「海向寺」に鎮座する「忠海上人」(ネット写真)......
c0119160_13512659.jpgc0119160_135154100.jpgc0119160_13525242.jpg



c0119160_13532113.jpg


今まで対面した即身仏は「真如海」「鉄門海」「忠海」・・全て海がついている。何で゙ダロ~!海が近いから?鳥海山があるから・・?いや多分日本海の果てまで弘法大師(空海)が来たからに違いない!


    .......海向寺の堂内は、天狗面と地蔵絵、震災復興祈願の観音などバラエティに溢れる信仰......
c0119160_14164778.jpgc0119160_14171078.jpg






c0119160_14174435.jpg

 
  .....(左)この掛軸や手形は、出羽三山「注連寺」に鎮座する「鉄門海上人」のものではないか!.......
c0119160_14253697.jpgc0119160_1426193.jpg







c0119160_14265456.jpg


海向寺の目の前にある赤錆の建物こそアカデミー賞に輝いた「おくりびと」の映画ロケに使われた「NKエージェント」(昔の料亭らしい)。酒田は「おしん」「おくりびと」と映画に所縁ある地、次回で特集を組む予定


   ........映画「おくりびと」の舞台「NKエージェント」は、日和山公園の隣、海向寺の目の前にある.......
c0119160_14425971.jpgc0119160_14444638.jpg





c0119160_1445732.jpg







★酒田文化・繁栄の象徴・・「山居倉庫」「豪商屋敷」「酒田舞妓」


江戸時代、酒田が空前の繁栄を遂げた理由は、前述の通り日本海西廻り航路(北前船)の交易に拠るものです。肥沃な土地から生まれる庄内米や紅花(染料)の積出し港として大いに栄えました。また明治時代には米穀取引所が設置され、合わせて造られた「山居倉庫」は酒田経済発展の象徴です。

c0119160_1455771.gif

     .......米の積み出し港の拠点「山居倉庫」(庄内のシンボル)、倉庫前を散策する夫婦.......
c0119160_14534819.jpgc0119160_1535620.jpg





c0119160_14554655.jpg

 
山居倉庫はNHK朝のTV小説「おしん」(世界的大ヒット)のロケ舞台にもなった現役の農業倉庫(築110年余)。館内には庄内米歴史資料館もあり、米の積出風景や昔の農家の暮らし風景も見られる。


  ........倉庫内にある「庄内米展示資料館」には、米の検査や農家の暮らしが再現されている.......
c0119160_15143478.jpgc0119160_1514865.jpgc0119160_1515012.jpg


c0119160_15152996.jpg


   .........山居倉庫の構内、倉庫裏手の欅並木道は実に雰囲気ある場所。散策お薦め!.......
c0119160_15312843.jpgc0119160_15315865.jpg

c0119160_15322939.jpg
    
酒田市内には、廻船問屋・豪商・大地主の豪華な武家屋敷がいくつも残されています。「鐙屋」(abumiya)は酒田を代表する廻船問屋で井原西鶴「日本永代蔵」にも繁栄ぶりが描かれました。


  .......酒田には豪商が繁栄、「旧・鐙屋」(abumiya)など重要文化財邸宅が多く残されている......
c0119160_15444819.jpgc0119160_154586.jpg




c0119160_15453740.jpg


そして豪商が繁栄すれば当然花街も賑わい、茶屋文化が華を開かせました。歴史ある料亭茶屋の中でも最大老舗は「相馬楼」、ここでは伝統の「酒田舞妓」の文化が今も連綿と受け継がれています。


     ........料亭茶屋街通りの真ん中には、酒田花街の最大老舗「相馬楼」が門を構える......
c0119160_1557178.jpgc0119160_15571673.jpg

c0119160_15573282.jpg


   .......(左)酒田舞妓の踊り風景 (右)豪華な御膳を模した優雅な手芸品(本間家の蔵品)......
c0119160_1672382.jpgc0119160_1673613.jpgc0119160_1675920.jpg

c0119160_1682377.jpg


日本一の大地主と呼ばれ、「本間さまにはおよびもせぬがせめてなりたや殿様に」と歌に詠われた酒田の豪商「本間家」、その旧本邸も訪ねてみました。桟瓦葺の平屋書院造りで、表は武家屋敷(二千石旗本の格式を保つ)、奥側の商家造りと一体となっている建築様式は全国的にも珍しいものです。


     .......日本一の大地主だった「本間家」の旧本邸、庄内とは庄園の中心地という意味......
c0119160_16144486.jpgc0119160_1615271.jpg

c0119160_161523100.jpg


本間家旧本邸は、幕府巡見使の一行を迎えるための本陣宿として1768年新築し庄内藩主酒井家に献上、御上が江戸に戻ると酒井家から屋敷を拝領し終戦時まで住んでいたとのこと。伏龍の赤松(樹齢400年)は立派!中に入ると大広間畳、鷹ノ羽の銀箔屏風や豪華な調度品、リッチの極みですな~


      .......(左)本間家の紋が入った幟旗、甲冑もある (右)鷹ノ羽の豪華銀箔屏風.......
c0119160_16175283.jpgc0119160_1618723.jpg

c0119160_16182410.jpg

 
     .......(左)渋い黒板張りの御勝手場 (右) 本間家専用のクラシカルワゴン(調度用?).....
c0119160_16235632.jpgc0119160_16244012.jpg


c0119160_16251353.jpg


国産ゴルフクラブ生産で有名な「本間ゴルフ」の創始者は同家の末裔。残念ながら2005年に民事再生法適用で上場廃止となりましたが、今でも酒田市にクラブ製造工場を持って事業を続けているとのこと


     ........(左)道を挟んで本間家別館 (右)本間家の紋がある行灯など数々の調度品.......
c0119160_16304448.jpgc0119160_1631163.jpg


c0119160_16311953.jpg


全国の地主達は、戦後の農地解放でタダ同然の値段で土地を明け渡し悲嘆に暮れましたが、本間様は「農地は農民に戻すもの」の考えだったため庄内は大農家が多く、地元で本間様を悪く言う人は居ないとのこと。徳は得なり。私財を投じ庄内を安定させた懐が深~い名実共に日本一の大地主だネ


  ......かつて江戸時代・大繁栄を極めた酒田、今の景気状況は・・?(白い灯台と港の全景).......
c0119160_16404237.jpgc0119160_1641297.jpg
c0119160_16411825.jpg


いや~「酒田」は本当に見所が豊富でした!芭蕉の史跡,北前船のルーツ(河村瑞賢の功績)、即身仏のお寺、山居倉庫、豪商・大地主の武家屋敷、酒田舞妓の茶屋街、古の時代から繁栄・発展してきた港街の文化を十分満喫させて頂きました。次は「鶴岡」へと向かいます。記事公開は10月頃かな・・


    .........「酒田」の港街文化を十分満喫、次は「鶴岡」へと向かう(映画村が登場予定).......
c0119160_16583820.jpgc0119160_1659831.jpgc0119160_16593330.jpg






c0119160_16595285.jpg




                                                        おわり

  by rollingwest | 2013-07-30 00:00 | 山形歴史紀行 | Comments(88)

Commented by tomiete3 at 2013-07-30 07:24
 おはようございます。

貴重な歴史紀行、このまま一冊の本になりそうですね
 ゆっくり読ませてもらいました。
Commented by 地理佐渡.. at 2013-07-30 07:47 x
おはようございます。

酒田の紹介。たくさんの資料が紹介されています。
山のことも含めて大きな紀行文を拝見していると
言える感じです。記事編成が大変だろうなぁと
その苦労も察しています。

Commented by 湘南ジージ at 2013-07-30 07:59 x
象潟の鳥海山の麓にある病院はジージの高校時代の親友が
建てた病院ですが既に鬼籍に入ってます
田舎へ帰る度に彼の病院を訪ね 御線香を上げて来てます。
酒田の本間様へは小学だか中学の時の修学旅行で行った記憶で、海向寺でミイラ?(即身仏)を見学した記憶です。
懐かしい写真と便り ありがとうございました
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-07-30 14:45
今日の記事は、特に良かった。
じっくり見せていただきました。
私たちは「おしん」を見ていません。
ちょうどアメリカに留学していたので
見損なったのです。
山口の大雨はやんだようです。
大変でした。
でも
今日もスマイル
Commented by belage at 2013-07-30 16:59 x
東に西に大活躍ですね。それと一度は行ってみたい
出羽三山!大正ロマンの建物といい、見所満載。
じっくり旅気分に浸っております。
Commented by matsu at 2013-07-30 18:30 x
鳥海山は、15年前の7月に単独で登りましたが、後天に恵まれ、2日目の朝、山頂手前で、私も影鳥海を見るという僥倖にあずかることができました。あの幻想的な美しい光景は、今でも忘れられません。今夏は、彰さんと一緒に登りたかったのですが、しばらくは無理そうなのが残念です。酒田は、食べ物も大変おいしいところで、いつか冬の名物といわれるどんがら汁を、熱燗を飲りながら、食してみたいと思っています。
Commented by kwc_photo at 2013-07-30 21:12
山形・・・まだ未踏の地です。
東北、行ってないんですよね~。未知の分だけ興味津々。
鳥海山も名前しか知りませんが、雄大な自然が楽しめそうですね。
おしんやおくりびとのロケ地でもあるのですね。
東北弁のあったかさが良いですね。
Commented by yokuya2006 at 2013-07-30 22:16
へえ~、酒田ってしっかりとした歴史が刻まれた場所なのですねぇ。やはり、昔から人が住んでいるところは違うなぁと思う、北海道人であります。
そして蚶満寺あたり、大地震で地盤が2.4mも隆起したのですって、そんな事があったと初めて知りました。また定年前に行くべきところが増えてしまいました。
Commented by siawasekun at 2013-07-31 02:23 x
山形歴史紀行(その3):「酒田・象潟」探訪、・・・・・・。
珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。

見せていただき、siawase気分です。
楽しめました。
ありがとうございました。

ブログ交流って、いいものですね。
つくづく、・・・・・・。

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 06:01
トムジー様、ご無沙汰いたしておりましたが、一番乗りを頂き誠にありがとうございます。九州からですとなかなか山形の方へは来れないと思いますのでこちらでデジタル歴史紀行を楽しんで下さいませ。このあとの山形歴史紀行は鶴岡(おしんの生家・映画村)⇒天童(将棋の街)⇒山寺立石寺・白河の関(芭蕉奥の細道)と続きます。でも全部書き終えるのは来年の春までかかりそうですので細く長くお付き合い下さいませ。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 06:08
地理佐渡様、小生の旅の楽しみ方は、①計画立案のワクワク感と旅デザインの楽しみ⇒②実際の旅巡回での数々の発見⇒③あとで写真を整理しながら記録にまとめ、訪問地の歴史をレビューし、あらためてゆっくりと噛みし直す・・とトリプルな味わい方を信条としております。ですから決して苦労どころか、写真や記事の編集は楽しくて仕方がないって感じです。ただしレポートに時間がかかり過ぎて(今回記事も3ケ月前のもの)、全て完了するのは1年はかかってしまいますのでご容赦願います。(笑)
Commented by rollingwest at 2013-07-31 06:18
湘南ジージ様、貴殿の故郷をジックリと廻り再発見の連続でした。鳥海山を快晴の中で仰ぐことができなかったのは残念でしたが、15年前に鳥海頂上から見下ろした酒田・象潟の街にこんないも見所があったのか・・!と本当に感動的でした。ふるさとは遠くにありて思ふもの・・ですね。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 06:27
KawazuKiyoshi様、お褒めの言葉を頂戴し誠にありがとうございます。山口の豪雨はまさに過去経験のない程の災害となりましたがご無事で何よりでした。ここ数年の日本列島は毎年大きな災害に見舞われ一体どうなっているのでしょうか?また暑い夏が戻ってきますがお体御自愛下さい。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 06:35
rolling55様、出羽三山は絶対お薦め!ここは本当に日本最大級のパワースポットだと思いました。江戸時代は伊勢神宮と並んで出羽三山詣でが大ブームだったわけですから、現代人も行かなきゃ!でも今この辺りも梅雨明けせず大豪雨に襲われているのでちょっと心配です。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 07:00
マツ殿、GWの山形歴史旅の計画立案にあたり貴殿より沢山のアドバイスを頂戴し誠に感謝しております。マツ殿も小生と同じ15年前の夏に鳥海山を登っておりましたか!それもご来光と日本海に浮かぶ影鳥海を仰いだとは・・!もしかして同じ日に同じ時刻で一緒の頂上にいたのかもしれませんね。弟と今年の夏に鳥海山登山が実現できないのは残念でしたが、来年誘ってやって下さい。
Commented by rollingwest at 2013-07-31 07:07
KWC-PHOTO様、前回御来訪連続記録が途絶えて残念でしたが、また今回復活して頂き嬉しいですね。山形はまだ未踏地でしたか!確かになかなか行きづらい場所でありますから、いつかジックリ計画を練ってトライされてみてください。芭蕉の奥の細道の最大見所は山寺(立石寺)です。このレポートは多分来年になると思いますがあしからず~(笑)
Commented by rollingwest at 2013-07-31 07:17
バイオマスオヤジ様、北前船の寄港地は全国的にしっかりと歴史と文化が刻まれています。またも奥様との定年旅行のネタを増やすことができて嬉しいですね。リピート山中さんのコンサート幹事、大変お疲れ様です。心より成功を祈念いたしております。
Commented by ひろし爺1840のGooブログ at 2013-07-31 07:32 x
!(*^_^*)!RWさん、お早う御座居ます!
今日で7月も最後の朝になりましたね。
何時もブログにお越し頂きコメントやグッドを有り難うございま~す!
来月も暑さに負けず、お互い元気に頑張って楽しい時を過ごしましょ~!

*ブログを見せて頂くのを楽しみにしております!

('_')今日は四国88ヶ所巡拝の2番札所をアップしましたので気楽な気持ちで御付き合い頂ければ幸せます!
('_')来訪閲覧のコメントを楽しみにお待ちしていま~す!
('_')今日は午後から山口県山口市に2泊3日の予定で出かける為、頂いたコメントのお礼が月曜日に成りますがお許し下さい。
!(^^)!来訪コメントのお礼とお知らせ!それではまたバイ・バ~ィ!!
Commented by メタボの白クマ at 2013-07-31 11:13 x
鳥海山はいつか又行きたいです。2004年に国民宿舎大平荘から登って鳳来山におりたと思います。雨男ですので時々雨の中でしたので、眺望はありませんでした。写真を見て思い出しました。
海向寺、山居倉庫、日和山公園懐かしいですが、白崎医院というのは記憶にないです。私が忘れられないのは土門拳記念館。好きな土門拳の写真をたくさん見ることができました。映画「おくりびと」は記憶に新しいですね。象潟にはそれ以前に行っているのですが、記憶がほとんど無いんです。情け無いですね。
お車での訪問は足回りが良くて羨ましいです。
東北、今年は震災に続いて、天候不順で経済的な打撃が大きいのではないかと心配しています。
Commented by koba222 at 2013-07-31 11:22
鳥海山&酒田は聴きなれた地名ですが
出かけたこともなく無知です(^○^)

鳥海山山頂の15年前のお姿はさすがにお若いです。
登りたいけどもうだめでしょう。トホホ!
何ごとも若さが必要ですね。
Commented by desire_san at 2013-07-31 11:30
こんにちは。

鳥海山は山形県だったのですね。山だけ登って帰ってきてしまったので、山形の周辺は行ったことがありませんでした。
酒田や海の景色などいろいろ見どころがあるのですね。
「奥の細道」の芭蕉の水戸をたどる、風情がある旅ですね。

私のトロイのブログにもコメントありがとうございました。
これから少しづづもう少し見どころのある遺跡や風景を紹介しますので、また覗いてください。
Commented by bono2yassan at 2013-07-31 14:03
山形へは行ったことがありませんが、鳥海山は好きな山のひとつでもあります。
だって、重巡洋艦「鳥海」のことですもの。
で、今は護衛艦「ちょうかい」ですもの。
この影鳥海の如く、日本の海にピッタンコであります。
ってか、この写真マイピクチヤ~~に保存しますた♪
Commented by hirospace at 2013-07-31 16:41
コメント、ありがとうございました。

先日の雨で、市内の川が危険水位を超えて、恥部の地区に避難指示までd手、TVの全国版でも報じられていました。

富士山程ではないにしても、白山や立山は小・中学生体験登山をしている学校がって、夏休みは混雑します。

僕も鳥海山は湯の台口から登ったのですが、今まで登った山の中でも3本の指に入る程の美しい山だったと思っています。

象潟や荘内、酒田地方の歴史も学ばせていただいて、ありがとうございました。
Commented by 山小屋 at 2013-07-31 16:56 x
9月に芭蕉の足跡を訪ねて、このあたりを
歩く予定です。
まだ、コースは決めていませんが2泊3日の予定です。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
Commented by biigle at 2013-07-31 17:36
酒田は行きたいと思いながら行きそびれている
所なのでので楽しく拝見しました。
さすがに歴史の古い所だから見どころが多そうですね!
Commented by small-talk at 2013-07-31 20:50
あの本間様ですか。
やはり、米を生む広大な農地を所有していたのだから、強いですよね。
江戸時代は、明治以降と違い、地主も小作農を大切にしたと聞いています。
Commented by hibikorekouji2 at 2013-07-31 20:56
影鳥海がとても美しいですね。
居ながらにして旅気分に浸れました。
自然の美しさと同時に、日本建築の美しさに改めて気付きました。
ありがとうございます^^
Commented by そよかぜ at 2013-07-31 21:19 x
絶賛の鳥海山
あまり知らないのですが、行ってみたくなりました。
素晴らしいところのようですね。
もっとも東北地方はほとんどどこにも行ったことはありませんが。笑
Commented by akitaka at 2013-07-31 22:08 x
今回の日本海ルート(象潟・酒田)の史跡紹介は特に内容が充実して愉しく拝見させていただきました。仙台にいたころに奥の細道ルートを酒田までドライブしましたが、酒田以北は行けず益々残念です。日本海方面は北前船の豪商、米作の豪農の館が多く残り、大富豪が多いのに驚きます。小生のいた旧M社にも新潟の大富豪伊藤家の(実力か金かは知りませんが役員になった)大先輩がいたのを思い出しました。
Commented by m2-home at 2013-07-31 22:48
山形も奥深い趣きのある土地ですね。
今のゴタゴタが終わったら東北へ旅に行くつもりです。

鳥海山はかなり良さそうですね。
また山の楽しみも味わってみたいと思いました。
Commented by souu-3 at 2013-08-01 05:23
影鳥海!感激です。写真で こんなに感動するんですもの実物はさぞ素晴らしいでしょうね。
富士山も良いけど鳥海山もね。
酒田の大火は昭和51年でしたか。忘れられないですね。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:02
siawasekun様、滅多に訪問できない山形の観光SPOTは確かに珍しい写真ばかりかもしれませんね。こちらも貴殿の珍しい自然や生態系の写真でいつも楽しませて頂いております。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:08
ひろし爺様、いつもこまめに御来訪ありがとうございます。いよいよ明日から8月ですか、早いものですね。山口市にお出かけ?豪雨災害の爪跡が残ってエラいタイミングになってしまいましたね。お気をつけていってらっしゃいませ!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:13
メタボの白クマ様、土門拳記念館も行きたかったのでしたが余りにも欲張って回ってしまった結果、ついに時間切れになってしまい思い叶わずでした。鳥海山は本当にいい山ですね~!白クマ様は雨男でしたか・・。それはちょっと残念ですが、次回の登山こそは大逆転・晴れ男になることを祈念!それでなければ影鳥海の絶景を見ることはできませんから・・・!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:18
koba222様、鳥海山は日程をかけて事前に登山口付近で宿泊して余裕をもって登れば決して難関峰ではありません。なだらかな山容で池あり湿原ありお花畑あり岩峰あり、まだまだ十分登れると思います。思い立ったら吉日!今でしょではなくても来年あたりに是非とも挑戦されてみて下さいませ。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:25
desire_san様、鳥海山は山形と秋田の県境に聳えていますのでそれぞれの県でわが故郷の名峰だと主張しているようです。山形県民は「出羽富士」、秋田県民は「秋田富士」と呼んで張り合っているようですが、客観的に見ると「出羽富士」の方が若干優勢に見えますねエ・・。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:31
海治郎様、日本の護衛艦は山・島・海・自然事象にまつわる名前が多く採用されておりますね。山好き・寺社好きのRWとしては、鳥海・黒部・白根・霧島・金剛・榛名・妙高・比叡などの名前に心が惹かれます。海上防衛は傍若無人の横暴なる中国に対してもっともっと強くしなきゃあきまへんネ~!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:37
hirospace様、北陸・新潟・東北はいつまで経っても梅雨が明けず豪雨に見舞われて本当にいやになってしまいますね。関東は7月6日に梅雨が明けたのにもう1ケ月近く待たされるとは・・。今年の桜開花も同様に関東は3月16日の早い開花だったのに東北や北海道は半月から1ケ月近くも遅れて・・、今年の天の神様は北国に厳しくて・・・。でも白山はこれから高山植物が真っ盛りですね!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:43
山小屋様、9月の山形芭蕉紀行、楽しみですね~!まだまだ天童や山寺・白河の関の写真が撮り溜めてあるのですが、山小屋様が旅に出られるまでに参考レポートを公開するのはちと難しいと思います。記事公開は多分来年早々になると思いますが、その時はお互いに旅情を噛みしめあいましょう。お気をつけて行ってらっしゃいませ!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:49
びーぐる様、酒田はなかなか思いきらないと行けない場所、「今でしょ!」の決断でこの夏から秋にかけて是非とも訪ねてみて下さいませ。歴史と経済が発展してきた街には良質の文化が残っていますね。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 06:58
ひつじ雲様、「本間様」は殿様より偉かったんですね~!お馬鹿な殿さまは全国数々あれど地主様でこれだけ多くの民衆から尊敬された方は日本の歴史では希有な存在だと思います。やはり民衆や農民を大切にしてこそ名君・・、本間様の場合は名領主ですね。「本間さまにはおよびもせぬがせめてなりたや殿様に」の歌に全てが語られています。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 07:05
hibikorekouji2様、影鳥海は人生の中で見た絶景の中で間違いなく十指に入る感動の光景でした。日本海に直面して聳える山だけあって池やお花畑に恵まれ実に美しい山、富士山は遠くに見ての名峰、鳥海山は登ってみてこそさらに魅力が溢れる名峰です。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 07:13
そよかぜ様、皆様のコメントを見ていかに鳥海山が絶賛の名峰であるかがその一端がおわかりになったkと思います。しかし実際に登ってみればもっと感動に浸れることでしょう。この山は是非とも登ってみて下さい。そして影鳥海にも出会えることを祈念しております。
Commented by rollingwest at 2013-08-01 07:20
アキタカ様、仙台勤務時代に酒田まで訪れたのですね。象潟も芭蕉が憧れた景勝地だったとは思いますが、それがなければ只の田んぼの中にあるお寺、それでもここを訪れてみたいという人が多いのはまさしく芭蕉・奥の細道のブランド力なのでしょうね~!北前船寄港地は本当に経済も歴史も豊かです。北陸の湊街を訪ねるとつくづく思います。RW・アキタカ様はお互いに貧乏性ですから、豪華過ぎるのは性に合いませんね~(笑)
Commented by rollingwest at 2013-08-01 07:24
m2home-bull様、色々あって大変でしたね。東北の雄大な自然や人々に接して、いやなことは忘れてしまいましょう。時間が少しずつ解決してくれるはずです。その時間を過ごす時は脳や五感をすっかり入れ換えて全く違うものに熱中しましょう。いい旅になりますようにう・・!
Commented by rollingwest at 2013-08-01 07:29
Souu様、朝日に浴びて山の影が日本海に浮かぶ影鳥海、まさに日本海近くに聳える位置にないとこの様な光景は見ることはできません。そういう意味ではこの光景は知られざる日本の絶景の一つだと思います。酒田の大火、小生も記憶があります。今日から8月ですね。暑さに負けず頑張りましょう~!
Commented by doronko-tonchan at 2013-08-01 16:07
毎度素晴らしいです。
内容もさることながら、これほどの作業に対して見合うコメントは見つかりません。
ただただ感心するのみです。
Commented by kotonoha222 at 2013-08-01 17:23
こんにちは~
俳句や短歌をやるようになって芭蕉の辿った奥の細道を
辿ってみたいと思うのは自然ですよね^^
でも希望は叶えられそうも無いです。
こちらは鮮明にレポートしてあるので楽しみですね♪
   ☆彡しおり
Commented by 雲母舟 at 2013-08-01 22:24 x
rollingwest さん

こんばんは!
日本海にそびえる鳥海山の影に感動です。
出羽三山はやはり神秘の山ですね。
いつか訪れてみたいと思いました。
Commented by siawasekun at 2013-08-02 01:20 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。
Commented by yodogawasyuhen at 2013-08-02 04:21 x
おはようございます。
東北の案内を有難うございます。
芭蕉の旅を楽しんだようですね。

私も東北は、仕事では行きましたが、ホテルと仕事先以外は知らないです。
機会あればゆっくり東北を廻りたいものです。
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:05
doronko-tonchan様、いつも洋楽コーナーへの御来訪ありがとうございます。またこちらへも余りあるお言葉恐縮です。次回はホール&オーツですのでまた駄洒落を大いに楽しみにしながらお待ちしておりますね~!
Commented by hohoemi-77a at 2013-08-02 06:11
おはようございます~♪
山形歴史紀行、中身の濃いブログですね!
東北はツアーで2度ばかり…
駆け足での旅行なのでもう一度行きたいです。
「鳥海山」は伏流水を見学してすごく印象に残っています。
「酒田」の町を見せていただいてここは是非訪れたくなりました。
15年前のお姿も拝見出来ました。
ありがとうございました(*^^)
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:20
俳句を愛することのは様、いつかは芭蕉の言の葉足跡を是非ともお訪ね下さいませ。次回の山形芭蕉シリーズは当然「静けさや岩にしみいる蝉の声」の山寺・立石寺でございます。でも公開は来年頃かな・・?m(_"_)m
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:30
キラフネ様、出羽の国はやはり神々がおわし、文化が繁栄し、日本の歴史ではパワーあるSPOTだったのでしょうね。山陰も北陸・東北地方も今は豪雨災害で大変ですが、8月こそ陽光に溢れるよき夏となりますように・・。
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:38
siawasekun様、いつもどうも。もう本格的に夏休みとなりますがどちらかお出かけでしょうか?また自然を大いに満喫されて下さい。
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:46
yodogawasyuhen、この夏休みは都内観光SPOTと世界遺産富士を満喫ですか!ようこそいらっしゃいませ、不安定だった天気も来週はだんだん本来の夏になりそうですね。大混雑が予想されますので人混み熱中にならないようにお気をつけて下さい。よき夏休みになることを祈念いたしております。
Commented by rollingwest at 2013-08-02 06:54
hohoemi-77a様、山形を2度訪れていたのですね。やはり山寺・出羽三山あたりでしょうか?そういう意味では、酒田ってこんなにも見所があるのに意外と地味であまりその魅力が知られていないような気がします。でも今年は秋に「おしん」が映画化されますので、このロケ地(隣の鶴岡)と合わせて人気が高まると思います。鶴岡映画村は「おしん」公開の直前(10月下旬頃)に記事公開致しますのでお楽しみに~!
Commented by hohsi at 2013-08-02 15:54
どの写真も懐かしい場所ばかり・・・
訪れたその時々と重ねています、
NHKBSプレミアムの朝番組で松尾芭蕉の歩いた道・・・
楽しんで居ます。
これからお出かけの奥只見・・も楽しみにしています。
Commented by hokkaido-tairiku at 2013-08-02 23:45
こんばんは♪
山形も内陸部と海岸部ではかなり違いがありますよね。
藩が違ったせいもあるのでしょうか・・・
象潟には盛岡に住んでいた頃に魚釣りに行った事があります。懐かしいです。
山居倉庫や本間家旧本邸は会社の社員旅行で行った事があります^^
Commented by arak_okano at 2013-08-03 03:51
おはようございます、アラックです。
しっかりと酒田を歩かないといけませんね、バグース。
大昔に行ったんです、でも、夜行バスで行って直ぐに
帰ってしまいました、いかんです。
夕陽もいいですね。
Commented by rollingwest at 2013-08-03 06:39
じょんのび様、「芭蕉・奥の細道」を記事として取り上げたのは、東京の墨田・荒川の記事(出発地の千住)と地元新潟の足跡地(出雲崎・直江津)だけでした。今回の山形旅で出羽三山・酒田・象潟・山寺、白河の関(福島)と取り上げたので、いつか一本のルートで結んで記事にしてみたいものです。まずは須賀川や松島を訪問して東日本をクリアしたいものです。
Commented by rollingwest at 2013-08-03 06:59
北海道大陸様、盛岡に住んでおられましたか・・。東北大陸って本当に広いですね。8年前に家族で岩手を旅行(盛岡・一の関・平泉・衣川・遠野・高田松原・大山崎・浄土浜・龍泉洞・花巻)してレンタカーで周遊しましたが車での移動時間が長かったこと・・。岩手は特に広いなあ・・と実感しました。今回の山形県は東北の中でも比較的面積が狭いですが、結構走りましたね~!それだけ東北は見所が沢山あるということですね。
Commented by rollingwest at 2013-08-03 07:11
アラック様、久しぶりの御訪問ありがとうございました。体調の方はいかがですか?本格的な夏到来でダイビングシーズン、海に体を洗われて再び健康を取り戻して活躍を祈念しております。
Commented by ryoko57 at 2013-08-04 15:04 x
鳥海山からの眺めは、素晴らしいですね。夕日も素敵です。
いろんな所へ行かれているようですが、大好きな事を続けていられて羨ましいです。
酒田は見所満載ですね、知り合いが今出産で里帰りしています、元気な赤ちゃんを産んでくれることを、祈っています。
Commented by Soul Mate at 2013-08-04 22:08 x
ああ、今日の「八重の桜」も泣けた。最近めっきり涙もろうなった。感情や衝動を抑制する前頭葉がどんどん退化し老化が順調に進んどる証拠らしい。衝動買いも多いけんね。酒田っちゅうところはずいぶん立派な町じゃなあ。そういえば先日本間家と鶴岡の風間家が豪華ひな人形でモメとったの。お金があるところはいろいろ大変じゃのう。。。
Commented by rollingwest at 2013-08-05 06:02
ryoko57様、いつもありがとうございます。お知り合いの方が酒田でしたか!今小生の弟も昨年から当地に勤務しているのですよ。今年の酒田は厳しい冬で桜開花が関東より3週間も遅れ、また7月は豪雨災害が続き1ケ月近くも梅雨明けが遅れ、本当に厳しい自然条件だなあ・・と思います。漸く梅雨明けで本格的な夏を楽しんでもらいたいものです。ryoko57様はあと2週間ほどで試練を迎えますが頑張って下さい。これを乗り切ればさらに素晴らしい人生が待っていますね!
Commented by rollingwest at 2013-08-05 06:19
聖二殿、昨日の「八重の桜」はまさにお涙頂戴を完全意識したSTORYだったの~。涙腺緩んで老化現象が進んでいるとはヤバイ、数年先に高価な壺や布団を買わされたり、「押し買い」で自分の財産を安く売らされたりしないよう老化防止にはくれぐれも気をつけてくれ・・。あっこうやって毎週ブログでいじってくれたり歌いまくったりしているから大丈夫か・・(笑) 明日から数日間夏休みで数日間越後の山に籠るので、久しくシャバとはおさらばさせて頂くよ。それじゃ、元気でな~
Commented by あき at 2013-08-05 11:47 x
こんにちは^^
少しご無沙汰しました。
体調を崩していましたが、仕事にも旅行にも行くことができるほど元気になりました。
ご心配をいただきありがとうございました。
これからは体調が良いからと調子に(^_^;のらずに
気をつけます。

山形歴史旅、とても興味深く拝見させていただきました。
鳥海山、絶景ですね。
いつか行ってみたいです。
お写真をテキスト、拝見していると一緒に旅をしているみたいです。
旅の楽しさ、山の楽しさがよくわかります。

八重の桜、毎週見てます(^^)
Commented by ハマジュリ at 2013-08-05 16:26 x
ご無沙汰しております。
いつもの事ながら流石ですね!山形も歴史ある素晴らしい所ですね~おくりびと見ました・・・撮影現場を訪ねるのも面白そうー。
知り合いで山形県の人がいて「のぞき」って云う場所の出身らしいんだけど。珍百景にでそう@.@

マイペースながらblog見させて頂きまーす。
Commented by 小石 at 2013-08-06 01:33 x
有難いレポート、じっくり後ほど読みたいと思います。
今も、学外博物館実習の新潟県立近代美術館での実習レポート作成の為奮闘中。コーヒーブレイクで、ブログ拝見してみました。
少し落ち着いたら、ゆっくりブロブを拝見させてください。

本当にわかりやすくて、素晴らしいブログです。来柏の折には、是非お声かけください。 頭が朦朧としています。(^-^)
Commented by rollingwest at 2013-08-06 06:01
あき様、お久しぶりです!元気に復活されて何よりです。健康こそ何にも優るお宝、失ってこそ初めて分かるそのありがたさ、小生も6年前にスキーで腰の骨を折る大怪我をして実感いたしました。でもあまり気負わず少しずつ自分の生活を取り戻されて下さい。また美しい写真の記事を大いに楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2013-08-06 06:09
ハマジュリ様、本当にお久しぶりでしたね。長い間、声が聞けなかったのは寂しかったですが、お父様の介護は大変だったことでしょう。あらためてご冥福をお祈りいたします。初盆を迎えまた一つ深い供養をしてあげて下さい。でもまたこうやって復帰して頂き嬉しいですね~!次回はわれらが故郷の隣接・長岡(三尺玉花火の解説にあわせて柏崎ぎおん祭り花火も登場)をジックリと紹介したしますのでまた遊びに来て下さいね~!
Commented by rollingwest at 2013-08-06 06:29
小石ペガサス様、真夏の中でお勉強されているのですか!偉い!柏崎でお会いしたら、学外博物館実習でどんなレポートを書いているのか是非みせて下さい。暑さの中で難しい文献ににらめっこして奮闘し過ぎて脳味噌を溶かさない程度にして下さいね~。柏崎帰省は10日・11日あたりかと思いますが、墓参りしたり本家に顔を出したりするのでスケジュール調整はのちほど電話を入れます。
Commented by biwahama at 2013-08-06 10:12
今頃は旅の途中でしょうか。
なかなか遊びに来られなくてすみません^^;
山形の旅も素晴らしい写真ばかりですね。
鳥海湖の景観に惹かれます。お天気も良くて最高でしたでしょう。
最近は天候も不安定で急な雨に驚きます。
旅の無事を祈りますね。主人も9日から大山に登るようです。
長岡の写真も楽しみにしています^^
Commented by siawasekun at 2013-08-07 01:45 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
Commented by ひろし爺1840のGooブログ at 2013-08-09 09:14 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございます!
暑い日が続きますね~!
先日四国巡拝の旅より帰って来ました。
頂ましたコメントのお礼が遅くなりましたが本当に有り難うございました。

*お盆まであと少しとなりましたね。
今日は長崎の原爆記念日ですね。
広島と同じく悲惨な出来事が二度と起こらない様にみんなで祈りましょう。

('_')今朝からブログ投稿は四国巡拝の旅を再開致しますので気楽に御付き合い頂ければ幸せます!
('_')閲覧感想コメント等も宜しくお願いしま~す!
!(^^)!それではまたお伺いさせて頂きま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by たのshingo at 2013-08-10 13:28 x
新日本紀行だね!
山形は公演で1回行ったか、通過しただけだったか?
鳥海山の美しさは目をみはるものがあるね。

おくりびとの映画を観ていた時、知り合いの御嬢さんが高校生役でアップででていてビックラこいたことがあった。
つい最近もテレビで放映していて、結局最後まで観てしまった。
いいものは、何度みてもいいやね。

山形、想像以上にいいところだね~。
Commented by setuojiji at 2013-08-11 20:56
一寸目を離していました、奥の細道を辿った庄内の紀行、象潟,蚶満寺、九十九島の大地震、名峰鳥海山の眺望と15年前の登山回想、酒田の大火災や北前船や日和山灯台、神社仏閣や本間商家の歴史的紀行、何時もながら感服しながら興味深く見せて頂きました、次の紀行を楽しみにしています。
Commented by Sloul Mate at 2013-08-11 21:31 x
夏休みはどうじゃった?お母上様はご健勝じゃったかの?この暑さでお一人暮らしは大変じゃろうからようよう気配りしてあげんさいや。昨日のNHKの「零戦」見た?若い部下に特攻命じとって自分は平気で戦後も長生きしとる職業軍人が多いねえ。ボロ負けするはずじゃわ。。
Commented by rollingwest at 2013-08-12 06:34
びわはま様、返信が遅れてお申し訳ありませんでした。ご主人様も9日から大山登山でしたか。暑い中の登山お疲れ様です。あっ人のことは言えませんね~。登山・帰省(墓参)を無事終えて昨日自宅に戻って参りました。あまりの暑さに今日は一日家に閉じこもり生活の立て直しです。(笑)
Commented by rollingwest at 2013-08-12 06:39
siawasekun様、いつもこまめな返信ありがとうございます。それにしても暑いですね~!健康にご留意願います。
Commented by rollingwest at 2013-08-12 06:44
ひろし爺様、四国の四万十市は気温四十度を超えて四づくしの猛暑となりましたが、四国巡拝の旅の時期がまだそれほど暑くなくてよかったですね。のちほどそちらにお伺いいたします。
Commented by rollingwest at 2013-08-12 06:56
たのshingo殿、知り合いの御嬢さんが高校生役で「おくりびと」に御出演!?そりゃスゴイ!山形酒田や鶴岡で映画ロケにいらっしゃった訳か!これからも山形新日本紀行が続くからよろしくね。次回は鶴岡の映画村から「おしん」や「おくりびと」のロケ地村のレポートをする予定。
Commented by rollingwest at 2013-08-12 07:03
setuojij様、いろいろとお忙しかったようですね。山形の「奥の細道」のメインは、やはり山寺・立石寺、「閑かさや岩にしみいる蝉の声」です。いずれ登場しますのでお楽しみに~。でも来年あたりになりそうです。<(_ _)>
Commented by rollingwest at 2013-08-12 07:35
聖二殿、お袋も78才でまだ一応健在だが、これからだんだん心配になってくる。とはいえ故郷に帰ると結構甘えっぱなしじゃ。お主の親孝行ぶりを見習わないとなあ・・<(_ _)>
Commented by 地理佐渡.. at 2014-07-20 06:56 x
おはようございます。

酒田。とても魅力的な町です。やはり
北前船の基地として存在がこの町の
魅力を引き立てます。また訪ねてみた
い。長岡からですと車でだいたい四時
間の所です。


Commented by rollingwest at 2014-07-20 08:57
地理佐渡様、柏崎・長岡にとって山形県って隣県なのに意外と遠くて不便なんですよね。小生は今度あつみ温泉に行ってみたいです。

<<  <2013年8月>越後長岡の... <2013年7月18日>鎌倉・... >>