<2014年4月>埼玉探訪:「行田・さきたま古墳群」&「和同開珎」発祥地(秩父)

c0119160_10461588.jpg
c0119160_10462658.jpg


★行田の「さきたま古墳群」を初体験

前回の東松山・川越記事に続き今回も埼玉県の歴史探索記事をお届けします。行田市の「さきたま古墳群」、日本初の貨幣「和同開珎」の発祥地(秩父)。埼玉は古代史探訪で魅力的な県なのです。


   ......埼玉県行田市「さきたま古墳公園」丸墓山古墳から稲荷山古墳を望む(1月訪問).....
c0119160_10483260.jpg
c0119160_10495189.jpg

東松山の「吉見百穴」という古墳時代の横穴墳墓を前回紹介しましたが、埼玉県北部は5~6世紀の古墳群が数多く存在しているエリア。利根川・荒川に挟まれた肥沃な土地で繁栄したためでしょう。


        .......埼玉県行田市や東松山(吉見百穴)等に古墳時代遺跡が残る......
c0119160_113542.jpgc0119160_1131746.jpgc0119160_1132643.jpg




c0119160_113434.jpg


                                 埼玉探訪(東松山・川越)の記事はコチラから  


川崎から行田のアクセスは電車だと不便なので、車で朝早く出発して10時過ぎに到着。埼玉の県名発祥碑と対面後、いよいよ「さきたま古墳群」へと向かいます。訪問時は2月初めで一点の雲もなき快晴!冬枯れの木々が疎らに生える平原に巨大な前方後円墳が現れてきた!何たる開放感!


         .......(左)埼玉の県名発祥地の碑 (右)さきたま古墳群の航空写真......
c0119160_1054361.jpgc0119160_10541677.jpgc0119160_10545898.jpgc0119160_10552350.jpg




c0119160_1055382.jpg


     .......(左)「丸墓山古墳」へと向かう (右)「二子山古墳」を望む(2014年1月)......
c0119160_11122316.jpgc0119160_11124097.jpg


c0119160_1113264.jpg


まずは日本最大の円墳「丸墓山古墳」に登ってみました。頂上部には冬枯れした桜の木がありましたが、春爛漫時期の写真をGETしてみると満開桜に菜ノ花群生のコラボ、大いなる絶景ですね~!


     .......(左)日本最大の円墳「丸墓山古墳」 (右)春は頂上部で桜満開......
c0119160_11272734.jpgc0119160_11275140.jpg



c0119160_11282852.jpg


1590年に石田三成が北条攻めで「忍城」(oshijyou)を包囲して水攻めにするために造った堤防の跡(石田堤)がありました。水攻め作戦はうまくいかなかったようですが・・。木道階段を登り頂上部に立てば行田市街が一望!やや春霞っぽい陽気で朧げだったものの遥か彼方に冠雪富士が眺望!


      .......(左)丸墓山古墳を登り上がる (右)頂上パノラマ、朧な富士山が遠望......
c0119160_1136476.jpgc0119160_1137252.jpg




c0119160_11371933.jpg


      .......初老女性が足どり軽くウォーキング、古墳散歩を日課としてるのかな?......
c0119160_12182737.jpg
c0119160_12184118.jpg

丸墓山古墳からの眺望を満喫後、全国的に有名な「稲荷山古墳」へと歩きを進めて行きました。ここは国宝「金錯銘鉄剣」(詳細後述)が出土し一躍脚光を浴びた前方後円墳。頂上部には埋葬礫槨が復元されています。舟形の河原石枠内に棺があり、副葬品として「金錯銘鉄剣」が発見されたのです。


    .......さいたま古墳群の中で最古の「前方後円墳」、頂上部に復元された埋葬礫槨......
c0119160_12203073.jpgc0119160_12235786.jpg





c0119160_1221973.jpg


稲荷山古墳から少し離れた所に武蔵国最大の前方後円墳(全長90m)「将軍山古墳」(平成9年復元)が丘の如く聳えています。陵上に並び配置された数多くのモニュメント風の土器群!不思議な光景だ~


     .......「将軍山古墳」の丘上には多くの埴輪が飾られている。将軍の名の由来は?.....
c0119160_1231670.jpgc0119160_12313147.jpg


c0119160_12315269.jpg


墓陵の中は「将軍山古墳展示館」が併設されており古墳内部に入って見学できます。石棺室にはまさに名前通り古代豪族将軍が永眠している姿が再現されていました。安置遺体と供に出土した煌びやかな馬具類や副葬品は必見!「三国志」に登場するような武具甲冑・豪華宝飾物には驚くばかり!


    .......(左)眠る将軍周辺には多くの副葬品 (右)エントランス展の騎馬将軍の銅像雄姿......
c0119160_12395357.jpgc0119160_13145917.jpg


c0119160_1240733.jpg

大和朝廷時代、関東~東北エリアには「毛人」(縄文人)が支配する巨大王国(複数部族の集合体)があり、その中で大和朝廷と婚姻関係を結んだ東国豪族が「毛野氏」(kenoshi)でした。この豪族は今の群馬・栃木を中心に大勢力を誇り2県エリアを「両毛」と呼ぶ由来は上下の毛野国という意味です。


      ......古代日本豪族の一翼勢力をなした騎馬民族、将軍眠る古墳内部を再現......
c0119160_12453654.jpgc0119160_12455125.jpgc0119160_12463586.jpg
c0119160_12465368.jpg


一族は騎馬術を駆使し武門に優れており、朝廷命により東北の蝦夷討伐や朝鮮出兵に協力することで大和朝廷との連携を図り大豪族(常陸西部・武蔵北部まで勢力範囲)の地位を保ちました。さきたま古墳群造営者が毛野氏自身か?その対抗勢力かは判然としませんが大いに関係がありそう・・


         .......「浅間塚古墳」を通過していくと「さきたま史跡博物館」へと戻る......
c0119160_12545518.jpgc0119160_12551020.jpg




c0119160_12552890.jpg


数々の古墳の周遊見学を終えて「さきたま史跡博物館」に戻ってきました。博物館前は広い庭があり日本古民家「遠藤家」が展示。家の内部を懐古的心境で拝見、次は博物館を見学してみることに


           ......「旧・遠藤家住宅」、古墳脇に民家が移築展示されていた......
c0119160_1315971.jpg
c0119160_1321322.jpg

    .......(左)旧・遠藤家住宅の内部 (右)古墳時代の人達にとっては未来の夢邸宅!......
c0119160_134685.jpg
c0119160_1341914.jpg

さて今度は「さきたま古墳史跡博物館」を勉強してみよう!今廻ってきた古墳群のおさらいと合わせついに国宝として名高い「金錯銘鉄剣」(.稲荷山古墳から出土)の本物にご対面する時が来ました。




★「さきたま史跡博物館」の国宝名剣&日本古代史考察


博物館内部では「さきたま古墳群」昭和初期の写真、足長の馬や武人の埴輪などが展示されています。大和朝廷のルーツは大陸から渡来した騎馬民族が征服したという説が有力ですが、武人・馬の埴輪、精巧な馬具等を見ると大いに信憑性があります。日本人と蒙古人は殆ど同じDNAだしネ・・


    .......博物館に飾られていた長い足の馬、武人埴輪を見ると「大魔神」を思い出す......
c0119160_1510387.jpgc0119160_1511048.jpgc0119160_15103923.jpgc0119160_15212056.jpg



c0119160_15115394.jpg


当時の渡来人は生活・武具等を作る高い工業技術者を持った人が多く、大和王権は渡来人を支配下に置き、部民制度(職業別組織体制)を導入しました。須恵器を作る人達を「陶部」(suetukuribe)、馬具や鞍を作る人達は「鞍作部」(kuratukuribe)、埴輪や土器を人達は「土師部」(hajibe)などです。


       .......(左)錆ついた鉄剣・神獣鏡 (下) 勾玉 (右)須惠器・土師器の数々......
c0119160_1942517.jpgc0119160_15411699.jpgc0119160_1541301.jpg




c0119160_15415345.jpg


1978年、稲荷山古墳から出土した錆びた金錯銘鉄剣銘鉄剣の中に「獲加多支鹵(ワカタケル)大王」の文字が発見され日本古代史究明における世紀の大発見と騒がれました。ワカタケルとは第21代「雄略天皇」のこと、鉄剣所有者は「ヲワケ臣」なる人物で雄略天皇に信頼が厚い親衛隊長だったらしい。


     .....「ワカタケル大王」の名が刻まれた「金錯銘鉄剣」(稲荷山古墳から出土)......
c0119160_1557421.jpgc0119160_1558493.jpgc0119160_1559344.jpg











c0119160_15581051.jpg
c0119160_16151556.jpg


中国古書「宋書倭国伝」の日本に関する記述に登場する「倭の五王」のうち「武王」が「雄略天皇」のことですが、日本書紀の記述を見ると、同母兄等を次々に残酷な方法で殺し天皇の地位を奪った横暴な大王で「大悪天皇」or「有徳天皇」とも呼ばれています。全く反対の評価名が同居している・・


       .......考古学的観点で実在が実証された最古の天皇「雄略天皇」(ワカタケル)......
c0119160_16162591.jpgc0119160_16171558.jpgc0119160_16163981.jpg




c0119160_16173398.jpg

雄略天皇は百済や任那を支援し、朝鮮半島で圧迫を受けた多くの民を日本に渡来させました。その反面、気性は激しく部下の不用意言動に対して激怒し焼き殺したりして猜疑心が強かったらしい。信長以上に強烈な性格の天皇が心を許し重用した「ヲワケ」とは一体どんな人物だったのでしょう?





★渡来人がもたらした技術・文化、「和銅開珎」の発祥地(秩父)を訪ねる


秩父は養蚕や絹織物業が盛んですが、多くの渡来人が当エリアに多く住んだからです。大和政権は技術力が高い秦氏族(渡来人)を統率強化し、養蚕・服飾業の奨励拡大を図り日本人に同化させました。秦野・波多野・羽田・畑山・畠中・鳩山・服部(hattori)苗字は機織り(hataori=秦織り)に由来


 ......「武甲山」が見守る秩父では昔から「秩父銘仙」の絹織物技術・養蚕業が発展してきた......
c0119160_16244532.jpgc0119160_16241954.jpgc0119160_1625511.jpg



c0119160_1626485.jpg

      
秩父に入植してきた秦氏は鉱山採掘・鋳造技術にも優れており、日本初の国内貨幣を鋳造しました。教科書で習った奈良時代の貨幣「和同開珎」は何と埼玉県が発祥地なのです。物作りに長け手先が器用な日本人の技術力は、秦氏の血・DNAが古代から継承されてきたからではないでしょうか。


  ......2013年11月「和銅開珎」御神体の「聖神社」を訪問(地元で銭神様と親しまれる)......
c0119160_16342149.jpgc0119160_16343968.jpg




c0119160_1635139.jpg


秩父の「和銅黒谷」は日本で初めて流通した貨幣「和同開珎」の発祥地。元明天皇期(708)に日本初の自然銅が秩父で発見され朝廷に献上されたからです。和同開珎が祀られる「聖神社」は地元では「銭神様」と呼ばれ、金運招来の神として宝くじ当選やビジネス成功を祈る人達に大人気らしい。


   .......(左)秩父鉄道には「和銅黒谷」の駅もある (右)金運招来の祈願で賑う「聖神社」......
c0119160_1642370.jpgc0119160_16421784.jpg


c0119160_16423864.jpg


「和銅」採掘跡は黒谷和銅山にあり一帯が「和銅遺跡」となっています。露天掘跡脇には巨大な「和同開珎」モニュメントや銅精錬所跡もあってビックリ!秩父から奈良に銅を運ぶのも大変だったろうなア・・


      ...... (左)和銅黒谷の自然銅採掘跡&銅ムカデ (右)巨大貨幣モニュメントが鎮座......
c0119160_16473018.jpgc0119160_16474499.jpgc0119160_16475751.jpg




c0119160_16482151.jpg


        ......「銅精錬所跡」、この技術も秦氏が日本に導入した高い技術の一つ......
c0119160_16564860.jpgc0119160_16563416.jpg



c0119160_16561492.jpg


和銅遺跡には、秩父銅を都へ運ぶ役割を担った「羊太夫」の説明書きもありました。この方は上野国(群馬県)の伝説上の人物で、多胡郡吉井町(現高崎市)の「多胡碑」を見に行ったことを思い出しました。この碑には日本古代史に隠されたある文字が刻まれているのです。(下記に詳細を記載)


   ......2011年に訪ねた群馬県多胡郡吉井町の「多胡碑」、ここに原始キリスト教の文字が・・......
c0119160_1712376.jpgc0119160_1713782.jpg




c0119160_1715349.jpg


群馬の県名は大陸から日本に渡ってきた騎馬民族勢力の痕跡が残っています。そして羊という名の豪族、まさに騎馬を操る蒙古遊牧民族が当地に根を張っていたことが窺えます。行田古墳群・秩父銅山跡は群馬県の隣接エリアであり、大和朝廷・騎馬将軍・渡来人秦氏に深い繋がりを感じます。


          .......和銅開珎の聖神社から望む「武甲山」、秩父の街を見守る......
c0119160_17104040.jpg

「武蔵国」「武甲山」の呼び名のルーツは「武庫」・・、日本武尊(ヤマトタケル)が武具をこの山に奉庫したからです。秩父「三峯神社」には「ヤマトタケル」銅像が堂々と立っており、大和朝廷が崇めた山だった!


       ......「三峯神社」を訪問して、天を見つめる「日本武尊ヤマトタケル」を発見!......
c0119160_171109.jpgc0119160_17111631.gifc0119160_17115272.gif



c0119160_1712845.jpg


                              名峰「武甲山」を仰ぐ「秩父の里」記事はコチラから 




★日本人とユダヤの繋がり (毎回のRW関心テーマ)


ところで日本古代史と来ればRWは「日本人のルーツはユダヤ」という説に興味を示し敏感に反応してしまいます。行田古墳の埴輪を見るとまさに古代ユダヤ人そのものだ!またキリストが処刑された十字架には「INRI」の文字があり、INARIに変化し「稲荷山」の古墳名に残されたとの説があるのです!


    ......ユダヤ司教の姿に似る埴輪、イエス磔十字架のINRI文字と稲荷山の類似は?......
c0119160_17231867.jpgc0119160_17235028.jpgc0119160_17241114.jpg





c0119160_17243199.jpg


先程紹介した羊太夫「多胡碑」には「JINRI」文字が古書に記され、キリスト磔の「INRI」と全く同じ⇒「イエス、ナザレ大王」の意味が隠されているとのこと。大和朝廷がユダヤルーツである確証の一つです。
全国で最も多い神社は八幡神社と稲荷神社ですが、両方とも全て秦氏が創設し拡大した神社です。


  ......「天孫降臨」とはユダヤ人が日本を騎馬征服し、天から皇が降りた神話として表わす......
c0119160_17344044.jpgc0119160_17351990.jpgc0119160_17345795.jpg

日本の神社には古代イスラエル祭祀との類似が多くあり、祭祀形式・禊・結界(幕屋)・神輿(=アーク)・狛犬(=ライオン)等の共通点が沢山。失われたイスラエル10支族は騎馬民族と一緒に行動し世界最東端の日本へ到着、原始キリスト教を日本神道として再生させた。こんな驚愕的な説が唱えられています。


    ......「失われたユダヤ10支族」の移動ルート、騎馬民族と一緒に渡来した説が有力?......
c0119160_17391334.jpg
c0119160_17392683.jpg

京都「祇園祭」の山鉾巡行に使用される装飾布には、イラクバクダッド宮殿や旧約聖書の一場面を表した図柄があります。ユダヤの「シオン祭」(⇒祇園と発音酷似)と開催日程や祭祀形式が完全に一致しています。天皇を裏から支え、京都遷都計画を完全指揮した秦氏は原始キリスト教直系だったのです。


  ......京都「祇園祭」のタペストリーには旧約聖書のデザイン!ユダヤ「シオン祭」と完全に同日開催......
c0119160_17452556.jpgc0119160_17454776.jpgc0119160_174623.jpg





c0119160_17462550.jpg
c0119160_17463946.jpg


「祇園祭」「高山祭」と並ぶ三大曳山祭りは「秩父夜祭り」。昨年12月に初体験しましたが何故こんな山奥に京都に似た華麗な祭りが?と思いましたが、秩父に秦氏が多くいたことを考えれば当然か!


      .......華麗なる「秩父夜祭」、祇園と類似する理由は秦氏の影響に間違いなし......
c0119160_18225043.jpgc0119160_1823843.jpgc0119160_18232210.gif

c0119160_18233963.jpg


                                 「秩父夜祭」(2013年12月)の記事はコチラから  


行田古墳群から京都祇園やユダヤ文化へ突然話が飛んでしまったような印象になりましたが、アジア大陸は実はイスラエル・ペルシャと地続きです。渡来人文化とは中国・朝鮮と即考えがちですが、蒙古騎馬民族(スキタイ)と遊牧民族(ユダヤ)が合流し朝鮮半島経由で日本に渡ってきたと理解すべきかも・・


   ......伊勢神宮灯籠の「ダビデ紋章・六芒星」、アークを運ぶ姿は神官装束・神輿と全く一緒......c0119160_18313674.jpgc0119160_18421258.jpgc0119160_19271812.jpg




c0119160_18323315.jpg


天皇家のルーツは朝鮮半島東に秦韓・辰韓・弁韓(⇒後に新羅・百済・任那)を建国した「扶余族」(騎馬民族)と云われます。秦氏(扶余族)は原始キリスト教直系・・、日本の神話(天孫降臨)という権威を構築しながら全国の神社(頂点は伊勢神宮)を支配していったと考えればいいのかもしれません。



                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-04-07 00:00 | 秩父探訪 | Comments(71)

Commented by hirospace at 2014-04-07 08:42
行田には昔勤めていたメーカーの工場があって訪ねたこともありましたが、古墳群があるとはまったく知りませんでした。
日本人とユダヤのつながりを興味深く拝見させていただきました。
引き出しがたくさんあって、内容が興味津々ですね。
Commented by m2-home at 2014-04-07 10:52
ここ最近、埼玉には縁があるのでちょこちょこと「かしら」を食べに行ってますが
こんなに見所がたくさんあるとは思いませんでした。
次回の探索の参考にさせてもらいます。

埼玉って広い。
Commented by arak_okano at 2014-04-07 18:43
石田堤は、映画、のぼうの城ですね。今回も地域の歴史物語りの数々をいっぱいありがとうございます、バグースです。調べるの苦手なアラックは何時も感謝しています。
Commented by small-talk at 2014-04-07 20:46
吉見百穴のあたり、長閑ですよね。
あの辺りは、森林公園の駅にレンタサイクルがありますから、ノンビリ自転車で廻ると良いですよ。
人も疎らな集落に、美味しいうどん屋さんがあったりと、楽しめます。
Commented by akitaka at 2014-04-07 21:05 x
「和同開珎」の発祥が埼玉県とは驚きです。「日本人のルーツはユダヤ」という説は、埴輪も似ており、祇園祭、十字架と、怪しいながらも面白き説です。さきたま古墳公園、東松山吉見百穴に、行きたくなりました。
Commented by 地理佐渡 at 2014-04-07 21:43 x
こんばんは。

埼玉の古墳群。うらやましいです。稲荷山古墳。
まさにこれは珠玉ですね。出てきている遺物が
もつ歴史的価値が大きいですしね。
古代ロマン。古墳が作られていた古代というのは
とにかく分からないことだらけ。それがま良いので
す。
Commented by 舞子 at 2014-04-07 22:14 x
「行田・さきたま古墳群」はじめてです。
埼玉もいろいろ歴史深いのですね。
いろいろ繋がりを調べると、
一本の糸に結びつくのですね。
いろいろ興味深く拝見しました。
Commented by kotonoha222 at 2014-04-07 22:19
さきたま古墳、東松山吉見百穴は昔行きましたけど、こんな感じだったのですね。
歴史的なものがさいたまにあるって言うのは貴重です。
「秩父夜祭り」って見たことが無いのですが、一度見てみたくなりました♪
    しおり
Commented by remy05 at 2014-04-07 23:11 x
アーク伝説がある徳島県の剣山(鶴亀山)にも、ノアの方舟が漂着した日
祇園祭と同じ7月17日に、山頂に神輿を担ぐお祭りがあるのも興味深いですね。
高橋良伸氏の書物から、古史古伝「契丹古伝」を知って
全く別次元のスケールの大きさで歴史観がひっくり返りました。
秦の始皇帝=ニニギ、秦=マケドニアが、斉=出雲帝国を滅ぼして
大和朝廷を建てたとなるのですが、まだまだ勉強中なので
うまく説明できませんが、弾圧、偽書扱いされてる古史古伝にこそ
真実が隠されていると思っています。
Commented by siawasekun at 2014-04-08 02:56 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。
見せていただき、感激・感動・感謝です。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:00
hirospace様、行田の古墳は関東では最大級に有名ですよ。でも何となく派手さがなく地元観光もおとなしいので殆ど認知されていないのかもしれませんね。もっとPRすればいいのに・・と思いますが。奈良飛鳥や堺の古墳の方が歴史的価値では埼玉古墳より圧倒的に上回って重みはあるのですが、観光面では行田の方が見応えがあるな~・・と思いました。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:08
m2-home様、時たま埼玉に来られているのですか!遥か九州から神出鬼没ですね~!日本古代史探訪の面では、小生は歴史の宝庫・九州に住む貴殿が羨ましくてしょうがありません。沖ノ島とか宗像大社にも行ってみたいなあ・・。今年の初夏に九州登山初デビュー予定ですが、帰りに宇佐神宮に寄ってくるつもりです。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:17
アラック様、実はこの行田古墳に行った後は、映画「のぼうの城」の舞台となった「忍城」を訪問しました。規模は大きくありませんが気品がある名城だと思いました。行田は古代蓮の里も訪ねましたのでのちほど後編をレポートいたしますね。アラック様も歴史について十分お詳しいではないですか!
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:25
ひつじ雲様、登山だけではなく埼玉のサイクリングやうどん名店探索も楽しまれているのですか!さすが色々な楽しみ方をされる引き出しの広さ!写真取材は違った角度からの視点も必要ですね。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:32
アキタカ様、日本のユダヤルーツや神道起源はまだまだ多くのネタがあり過ぎて一遍には紹介しきれません。今年の初夏に九州初デビュー(食山人氏の山計画に合流)しますが、最後は1人で神仏習合のルーツ「宇佐八幡神宮」を訪ねる予定です。天皇家が伊勢神宮と並んで崇敬するこの神社は、八幡信仰の最高権威であり、大陸から渡来した応神天皇が祀られています。これからさらに濃厚に日本神道の秘密深掘りしていきたいと思っているRWです。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:39
地理佐渡様、頂いたコメントが山寺・立石寺の方に入っていたので本来記事のコチラにシフトさせて頂きましたので御了解ください。長岡新生活はリズムに慣れて軌道に乗って来たでしょうか?日本古代史探訪の面では日本海側も沢山宝庫があります。弥彦や親不知・ノ能登半島、丹後、但馬・・、こちらも再び訪れてディープでマニアック名探索旅をしたいと思います。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:46
舞子様、日本人のルーツや古代史は本当に謎に包まれています。失われたイスラエル10支族は神のアークを隠しもち、太陽が現れる神聖地を求めアジア大陸を東へ東と放浪し、その最果てが日本という国だったのではないでしょうか?こう考えると日本は素晴らしいロマン溢れる国だな~と大きなと誇らしさも感じるRWでございます。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-04-08 06:53
ことのは様、埼玉県を侮ってはいけません。「彩玉の国」と呼称している理由は、かつては勾玉など翡翠宝飾び彩られた華やかな国だったのかもしれませんね。県はダサイタマなんて卑下しているんじゃなくて、これからはもっとアグレッシブに観光PRをすべきではないかと思います。秩父夜祭りは本当に素晴らしいですよ!是非とも行ってみて下さい。相当に混雑するので、レッドアロー号の指定席の確保はお早めに。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 07:00
remy様、さすがです!古代ユダヤの民は徳島に定住した忌部一族で、徳島・剣山にユダヤの秘宝「契約の箱」(=アーク)を秘匿したという説がありますね。その後この民は、大和政権樹立する中でアークを仁徳天皇御陵(大阪堺市)を建設し陵の中にアークの箱を秘匿したという説があるとのこと。戦後、米軍が徳島の剣山を徹底調査していたという事実からすると、この山には本当に何かがありそうですね。アークは伊勢神宮の地下に埋めてあるという説もあって、どれもこれも興味津々です。
Commented by 山小屋 at 2014-04-08 07:02 x
埼玉県の名所をぐるりと一巡り・・・
ご苦労さまでした。
公共機関を使えば3日間くらいかかるところです。
武甲山には12日に登る予定です。
上から羊山の芝桜を眺めてきます。
Commented by rollingwest at 2014-04-08 07:08
siawasekun様、古墳の近くには鳥はあまりいませんが、日本神道では鳥は神聖な存在で貴殿は常に神のさえずりに魅了されているのかもしれません・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-04-08 07:16
山小屋様、この2つコースはとても一遍には回れませんよ~!秩父・和銅開珎の訪問は昨年秋のものです。行田古墳を見終えたら、いつか古代史ネタで一緒に公開しようと期を伺っておりました。武甲山に登って上から羊山の芝桜を眺めるとは何んと素晴らしい企画!いいですね~
Commented by nao♪ at 2014-04-08 13:41 x
日本人のルーツはユダヤ!
祇園祭や秩父の夜祭も、ユダヤと通じるものがあるのですね。
歴史はロマンと言いますが、壮大なお話に圧倒されました。

中央線沿線の大倉高丸や丹沢の檜洞丸など「丸」とつく山は渡来人が多かった証と、聞いています。
単なる山登りもその歴史を学びながら登れば、壮大な歴史の中に身を置く感激が味わえそうです。
まずは稲荷山古墳を訪ねたいと思いました。
Commented by メタボの白クマ at 2014-04-08 13:46 x
さきたま古墳群はいつかは私も訪れるつもりです。古代史に興味のある方は必見と聞いています。確かに実際の景観を目におさめるのと、見ないで語るとでは大違いですね。
吉見百穴、もうかれこれ50年近く前に行った記憶はあるのですが、景色はまったく覚えていません。まだそのころは興味が湧かなかった年齢でした。
情報ありがとうごさいます。感謝m(__)m
Commented by matsu at 2014-04-08 21:04 x
今回は、古代史に造詣の深いRWさんの薀蓄満開の回ですね。にわか古代史ファンの私も目下猛勉強中です。今回取り上げた行田は、古墳、忍城、古代蓮の里公園、B級グルメ〈フライ、ゼリーフライ〉といった名物満載の地で、交通の便は極めて悪いですが、大好きなスポットで、これまで5回ほど訪れています。渡来人といえば、高麗人が住みついたと言われている土地で、秋のマンジュシャゲの群落が有名な飯能の先の高麗郷も私の大好きなスポットですが、ここも西武秩父線・高麗駅前に、天下大将軍、地下女将軍と白抜きで書かれた赤い標柱が建てられています。行田の将軍山古墳とも何かつながりがあるのか気になるところです。
Commented by opaphoto at 2014-04-08 21:57
こんばんは!おーぱです(^^)
古代史に疎いワタシもとてもおもしろく拝見致しました!
埼玉も奥深いけど、ユダヤ〜日本・・ロマンを感じますね。
Commented by yodogawasyuhen at 2014-04-09 01:06 x
こんばんは
古墳は古代のロマンですね。
こちらでも古墳が沢山あるのですが、勉強不足でまだ見に行けていないです。
私も今日敦賀のユダヤ人難民の歴史を勉強してきました。
Commented by kwc_photo at 2014-04-09 01:12
さいたまって、こんな場所だったんですね(^-^)。
実はほとんど知りませんでした。東京の隣、ってくらいで。
通ったことはありますが、観光したこともなかったです。
古墳もあるのですね。
祇園祭とシオン祭りは、本当に符号がおおいですね。京都に住むものとしては興味深いです(^-^)
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:01
nao♪様、この手の話はまだまだ目からテンになるような話が多くあり、これからRWのパワースポット巡りと共に少しずつ日本古代史ミステリーのレポートを重ねていきたいと思っております。今年は九州に初デビューします。名峰に歴史探訪にと全て完了するには何年かかるかなあ・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:09
メタボ白クマ様、ここは古代史に興味ある方は必見です!雄略天皇から直接授与された国宝「金錯銘鉄剣」は東京国立博物館展示されたら高価なチケットで行列ができるでしょうね~!小生が行った時は200円で観客は殆どおらず見放題。写真を撮っても何も言われませんでした。実際の古墳を見るのはタダですしホントお安いです。(笑)
Commented by souu at 2014-04-09 06:18 x
和同開珎発祥の地なのですか。こちらには富本銭が最初に出てきた場所があります。
それにしても町名だった埼玉が県名になったってことですか?
とっても興味のある所です。朝から興奮気味です\(^o^)/
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:19
マツ殿、行田古墳に過去5回も訪れたのですか!そりゃ相当なマニアックですな~。小生に触発されて古代史ミステリーに嵌ってこられたとは嬉しいことです。貴殿が登山に傾注するきっかけとなった山岳修験道はまさにユダヤ人がシナイ山に見立てて神聖な山を求めた宗教修行と想います。あの高い鼻はまさに西洋人、頭に黒い小さな箱、(世界中でこのような物をつける宗教は日本とユダヤにしか見られない)をつけていますし、両方とも白い服を着て羊角・法螺貝からつくった笛を吹いて、その姿はまさに瓜二つです。ユダヤ人はトーラーの巻(天狗は虎の巻)を持っています。当時の日本人が「鼻の高い妖怪」に見間違えたのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:27
ろーりんぐopaphoto様、日本人ルーツはユダヤだけではありません。今はアイヌとなった縄文人、ミクロネシア系(海洋人)、大陸からの蒙古系など多くの民族が混血し、今は単一民族のようになっておりますが・・。宗教もアミニズムなど原始的なものが沢山存在していたのでろうと思います。
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:37
yodogawasyuhen様、小生は飛鳥訪問時に天武天皇・持統天皇の稜墓や高松塚古墳などを訪問しましたが、いつか卑弥呼の墓と呼ばれる「箸墓古墳」を訪ねてみたいと思っています。そしてこの近くには大神神社があります。一度訪ねた「山の辺の道」ですがその風情や隠された歴史を再度深く味わい噛みしめ直してみたいと願っています。
Commented by mcnj at 2014-04-09 06:41 x
大変興味深く拝読させていただきました。

朝鮮語、日本語のルーツは、アルタイ語系にあり、共通点が多いとされております。
北東アジアまで勢力を広げた古朝鮮広開土大王の後、一部が高句麗になるのですが、製鉄技術、騎馬術を持った高句麗は、
新羅、百済と対立しながら、時に南下して、半島中央南部の農耕勢力、伽耶民族を脅かしました。
多くの民族が、九州北部、東部へのがれます。
宮崎地方に残る、天孫降臨説は、古代朝鮮(神話ですが)檀君の降臨説と一致しております。

天孫の蒙古斑の有無を調べれば、RW説の立証も、容易ではないでしょうか。
Commented by rollingwest at 2014-04-09 06:59
KWC様、実は京都「葵祭」を主宰する鴨氏(下鴨神社・上賀茂神社)は秦氏の中で最も権威ある宗教祭祀族なのです。天皇の宗教的儀式は全てこの鴨氏が裏天皇として決定し執り行っています。そしてこの鴨氏のルーツは原始キリスト教にあると云われ数々の多くの秘密が隠されています。京都は陰陽師によって政治が裏で操られましたが、陰陽師は星を占い五芒星をかかげていますよね。ここにも西洋文化やユダヤの痕跡がしっかり残っています。
Commented by rollingwest at 2014-04-09 07:05
souu様、朝から興奮して頂きありがとうございます。こりゃ記事の書き甲斐がありますね~(笑)。富本銭は和同開珎と並ぶ2大古銭ですから是非ともそちらの発祥地も訪ねてみたいです。埼玉県の発祥名はさきたま(前玉)と書きますが、古墳の勾玉をPRするように彩玉の国とアピールしておりますよ。
Commented by rollingwest at 2014-04-09 07:17
mcnj様も日本古代史に相当にお詳しいですね。一昨年出雲を訪ねた時に「たたら製鉄」の史蹟も見てきましたが、それ以前に大繁栄していた青銅器文化を一挙に滅ぼしたのは鉄剣文化です。この時点で大陸から渡ってきた騎馬民族が駆逐していったものと想っております。鉄武器は銅より圧倒的に強いですからね。また高句麗の広開土王の碑には日本を記した記述があります。また伽耶(kaya、kara)というキーワードは天孫降臨の中で非常に重要なキーワードを持っています。天孫降臨の高千穂峰の近くには韓国岳(karakunitake)という名峰がありKARAは謎の根幹部分を解き明かすカギとなっています。このお話はまたおいおいと・・。それではまた!
Commented by ひろし爺1840 at 2014-04-09 07:29 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございます!
今朝は全国的に爽やかな朝に成り桜前線も大分北上し各地で花見が楽しま草ですね。
何時もお越し頂き心温まるコメントや応援を頂き有り難うございます。
ーーーーーーーー
*何時もながら詳しく調査されてますね~!
私も好きな趣味の一つで昔、故郷の古墳巡りをした事が有るのですが今回は行田市の素敵な古墳群を判り良い案内と画像で行った気持ちにさせて頂ました。
また日本とユダヤとの関係は深い物が有ったのですね~!
またのご招待を楽しみにお待ちしていま~す!
ーーーーーーーー
('_')今朝の四国巡拝の旅は、霊場中で最も古く近代的な大聖堂を持つ札所の様子をアップしましたので鑑賞して頂ければ幸せます!
!(^^)!お越し頂けるのを楽しみにお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by biigle at 2014-04-09 22:05
日光に単身赴任していた時のルートの一つに122号線経由があり
行田を通ったものですが古墳があるなんてまるで知りませんでした、埼玉も奥が深いですね。
ただし書かれている通り車じゃないと不便なので
とうの昔に車とお別れしている身では行けそうもありません。
Commented by rollingwest at 2014-04-10 06:00
ひろし爺様も古墳巡りがお好きでしたか!最近は栃木県下野市の甲塚古墳から古代機織りの遺跡が出たり、箸墓古墳からの新発見があったり、我々が認識していなかった 驚愕の史実がまた出てくるかもしれませんね。考古学者は従来の常識がひっくり返される可能性もあり大変な職業だなあ・・と思うところ多いですが、壮大なロマンに想いを馳せている人はそんな俗物的な考えは全くないのかもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2014-04-10 06:08
びーぐる様、やはり見所が多い日光に赴任されていると行田は通過地だったので気に留めなかったのですね。確かに行田は車がないと交通の便がムチャクチャ不便でう。でも興味があるのであれば行田古墳は本当に見る価値が高いのでいつか訪問されて見て下さい。
Commented by setuojiji at 2014-04-10 07:50
埼玉の紀行探訪記事緻密な現地の描写と歴史を結び付けての展開、何時もながら感服して見せて頂いています、土地柄の歴史、日本人のルーツがユダヤ人、秩父と京都、驚きと興味津々が交錯、次が楽しみ。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-04-10 22:19
古墳は大小を問わなければいろいろな所で見られるかなと思うのですが、吉見百穴には興味津々、見てみたいです。
「和銅開珎」御神体の「聖神社」にお参りに行く方の気持ちがよく分かります。
私も金運招来にあやかりたいです^^

「奥の細道」デビューって、どこにあるのか分からないのですが・・・。
単なる私の勘違いだったのかなー^^;
Commented by hokkaido-tairiku at 2014-04-10 22:32
こんばんは♪
こちらには古墳がないので興味深く拝見しました。
副葬品の土器や埴輪は教科書で見たぐらいですが、
実際にこの眼でも見てみたいものです。
さきたま古墳群、きれいに整備されていて
ゆっくり見て回れる場所ですね^^
Commented by rollingwest at 2014-04-11 06:04
setuojiji様、いつも御来訪ありがとうございます。全国民が天皇陛下を尊敬している歴史の裏には、天孫降臨威厳を構築しながら先住民族(アイヌ民族等)を蝦夷として北海道・東北にの縄文人を追いやった天孫族の歴史があったと知ればちょっと複雑な思いです。白老や二風谷アイヌ遺跡を何度も訪ねましたが新たな知見でその縄文文化史跡をもう一度見つめ直してみたいと思います。
Commented by rollingwest at 2014-04-11 06:14
hibikorekouji2様、御無沙汰です!やはりレギュラーコメンテーターのお姿が見えると嬉しいことです。「和銅開珎」御神体の「聖神社」にお参りにこんなにも魅力を感じている方がいるのだから、埼玉県はもっと古代ミステリー県で観光PRや交通整備をすればいいいのに・・。町興しをもっとうまくやらんかい・・埼玉県知事と県庁観光課に喝~!
(PS):過去に掲載した「奥の細道」シリーズ記事は左のINDEXにございます。
URLは、http://rolingwest.exblog.jp/tags/%E8%8A%AD%E8%95%89%E3%80%8C%E5%A5%A5%E3%81%AE%E7%B4%B0%E9%81%93%E3%80%8D%E5%8F%B2%E8%B9%9F%E6%8E%A2%E8%A8%AA/でございます。
Commented by rollingwest at 2014-04-11 06:25
北海道大陸様、埼玉記事からいきなりユダヤ人説への飛躍には無理があるようにも見えますが、古墳の埴輪(ユダヤ司教)や馬具を見ますと騎馬民族と遊牧民族がやはりサンライズの東方最果てを目指したのかな・・と大陸移動の大きなロマンを感じます。北海道大陸にも縄文人(現在のアイヌ)にも素晴らしい重要な歴史があったはずなのに、今では完全に抹殺されてしまい誰にも知られていないのは悲しいものだな・・といつもRWは思っております。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-04-11 13:17
古代の歴史は
本当に興味がつきませんね。
この記事は、大変面白い。
毛野の話も、ユダヤの話も
また
今日もスマイル
Commented by rollingwest at 2014-04-12 06:17
KawazuKiyoshi様、前回のユダヤ記事では殆ど信じてくれていなかった貴殿も今回は興味を示してくれているようなので嬉しい限りです。このテーマはこれから息長くレポートしていきますのでいつか完全に信じて頂くまで頑張ります。(笑)
Commented by koba222 at 2014-04-13 11:32
またまたすごいレポート読ませていただきました。
特に日本人とユダヤの繋がり があるのでしたか。
大変興味深く読みました。
ありがとう!
Commented by Soul Mate at 2014-04-13 21:01 x
奥方様のご実家がある東松山市には柏崎っちゅう町があるんじゃな。「ワシら赤い糸で結ばれとるんだこて」とか言うてしつこく付きまとったんじゃないの?ヒトラーが「日本人ユダヤ説」知らんでよかったわあ。知っとったらおぬしもワシも生まれとらんぞ。日本代表ケガ人続出で心配じゃ。。。
Commented by 村夫子BUN at 2014-04-14 00:24 x
関東がこれほど大和朝廷と所縁が深い所とは…。
一寸認識不足でした。
因みにJR中央線の甲斐大和は昔初鹿野(はじかの)だったんですが、これは日本武尊が初めて鹿を見た事に由来します。
この地の秋祭りは「じじっぱ祭り」と言って日本武尊が来た時「恐ろしい奴が来た!」と元気なものは皆山中に逃げてしまい、残った爺と婆が何か歓迎しないと危ないので「ジジイとババアが踊った」ので「じじっぱ祭り」となりました。
ただこの話は92歳になる父も65の兄も聞いたことが無いと言います。私は中2の時国語の先生から聞いたんですけど…。
Commented by rollingwest at 2014-04-14 06:00
めざめkoba様、古代ミステリーの解き明かし記事はまだまだ序章です。今年は宇佐神宮・諏訪大社に関するもっとコッテリしたユダヤルーツの話をレポートする予定ですのでお楽しみに~
Commented by rollingwest at 2014-04-14 06:07
聖二殿、東松山には何と柏崎の他に米山という地名もあるのじゃよ!しかしお主はつまらんことをマニアックに調べておるなあ・・、秘かな柏崎フェチかいな?でも嬉しいぞね・・。小生は「湯駄屋」民族で毎朝にお風呂に入って禊をして一日をスタートしておりまする・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-04-14 06:40
村夫子BUN様、甲府市内にも酒折宮という日本武尊の重要な史跡がありますね。中央線に「初鹿野」という駅があったことを記憶していましたが、日本武尊が鹿を見たことに由来していたのですか!初耳で大変勉強になりました。駅名が「甲斐大和」と変更になっていたことも初めて知り、甲斐に大和朝廷の由来ある地名としてつけられたのかな?なかなか悪くはない命名の様な気がします。
Commented by tombee-yanaze at 2014-04-14 13:03
同じ埼玉、行田は近いといえば近いところに住んでおりましたゆえ・・・
この古墳群にも古代蓮にも数度足を運んでおりますが、
こんなに広かったという記憶はありません。
さらっと観光した程度だったのかもしれませんね。
ユダヤ人との繋がり、すごい説^^ 考察も鋭い。。
毎回感心させられることばかりです。
Commented by siawasekun at 2014-04-15 03:06 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
Commented by rollingwest at 2014-04-15 06:00
清治花便り様、かつては埼玉に住んでおられましたか?埼玉は交通アクセスの横繋がりが非常に不便で東京を中心に各鉄道に沿ったベッドタウン化が形成されているため、あまり県民の一体感がないことがちょっと難点ですね。でも最近道路の面では横アクセスがだいぶよくなりました。次回は行田探訪の後編にあわせて春日部・草加周辺の見所も紹介したいと考えております。
Commented by rollingwest at 2014-04-15 06:07
siawasekun様、先週末から今週にかけてはちょっと冷えましたがいい天気が続きましたね。鳥さんの囀りもだんだん賑やかに・・
Commented by K高サッカー部 at 2014-04-15 17:13 x
RWさん
ご無沙汰しております。K高サッカー部OBキーパーのK藤です。2012年夏より米国に単身赴任でそろそろ2年たちます。いつも楽しみに読ませてもらってます。最近サッカー部OB会が少ない様ですが活動お願いします。またブロガーメイト「まき子純米酒」様のブログ特にDC生活参考にしています。コンド帰国時は連絡します。
K藤
Commented by まき子 at 2014-04-16 00:33 x
RWさん、教えてくださってありがとうございます。
K藤さん、大変恐縮ですが、なんだかとっても嬉しいです〜!
単身赴任で2年…大変なことと思います。我々はたった1年でしたので…
でも毎日が「なんじゃこりゃー」な新発見の日々で本当に退屈することなく。今となってはとても良い経験ができたことに、夫に感謝しています。
(仕事していた夫を差し置いて、相当アクティブに動いていましたので…(笑))
Commented by rollingwest at 2014-04-16 07:13
K藤tomoshi殿、お久しぶり~!米国から本記事を読んで頂いていたとは嬉しいことですなあ~!感謝m(_"_)m。単身赴任2年経ちましたか、お疲れ様です。帰国したら一杯やりましょう。まき子様に貴殿がHPファンのことを伝えておきましたよ。早速、彼女から反応のコメントが上記に入っておりますね!
Commented by rollingwest at 2014-04-16 07:27
まき子様、常に新しい環境を前向きチャンスに捉えて満喫する貴女のお姿に座布団3枚!米国赴任生活は最低3年くらいは楽しみたかったのではないでしょうか?でもちょくちょくアメフト本場の試合も見に行っているし、帰国しても米国に大いに想いを馳せておりますね。
Commented by K藤 at 2014-04-16 08:57 x
まき子様
いつもRWとセットでHP楽しませて貰ってます。DCやNYの食べ物、酒、観光名所参考に一人で出歩いてます。またせんと君可愛いですね、自分の処は大学生で親と会話も有りません。今の内に溺愛してあげてください。
Commented by K at 2014-04-16 09:00 x
RWさん
ご無沙汰です。今年は米国で新年を迎えたのですが、NYに遊びに行っても人は多い、年始のご祝儀相場で高いで楽しめませんでした。今度帰国したら一杯やりましょう。
Commented by ひろし爺1840 at 2014-04-16 09:25 x
!(*^_^*)!・来訪コメントのお礼とお誘い!
 ('_')RWさん、お早うございま~す!
4月の半ばも過ぎ気候的に過ごし易く成って来ましたネ。
何時もお越し頂き心温まるコメントや応援を有り難うございました。
ーーーお誘い!ーーーーーー
('_')今日からは四国遍路旅を再開し、今回の巡礼で一番印象に残った札所をアップしましたので御覧頂ければ幸せます!
!(^^)!お越しを楽しみにお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by rollingwest at 2014-04-17 06:00
K藤tomoshi殿、帰国後の連絡をお待ちしています。カネらに声をかけますので是非とも一杯やりましょう。まき子様とは、このHPで間接的にやり取りするよりも直接ご本人ブログに書き込みされてはいかがです?tomoshiも結構シャイだからなあ・・(笑)
まき子様HPに「tomoshiが近日中にデビューする予定です」と事前仁義を切っておきましょうか?
Commented by rollingwest at 2014-04-17 06:09
ひろし爺様、四国お遍路再開ですか!あといくつのお寺を廻ると満願達成なのでしょうか?気候がよくなってきたので気持ちよく歩けますね。お気をつけて行ってらっしゃいませ~!
Commented by たのshingo at 2014-04-17 22:47 x
あまりにコメントが多くてやっとこさでコメントコーナーにたどりついたわい。もはや、芸能人並みの多さですぞ。
秩父はそんなに価値ある文化の地域だったのか~。あんな、ど田舎なのにねえ?!
確かに、現在田舎と言うても、大昔は違う場合があるて。
おいらの生まれた鵜川の女谷は、土手からいくらでも弥生式土器がでた。子供の頃、その土器の価値もまったくわからず、川の中にポイポイと投げて遊んでおった。
しまった!この罰当たりめが!
人間、知性がないと何をしでかすかわからん。困ったもんじゃ。
Commented by rollingwest at 2014-04-18 06:51
たのshingo殿、久しぶりだね~!こちらにコメントが入るということは1ケ月半後の朗読劇の本番を迎えるにあたって練習や準備にほぼ目途がついてきたという証拠かな?今回公演も満員御礼の盛況になりそうだな・・。めでたし!先日の柏崎友の会・ウォーキング班の企画も大いに盛り上がったよ。今回も練習で参加出来なかったのが残念だったが次回こそデビューを期待しておるぞよ。

<< <2014年4月>鎌倉湘南探訪... <2013年GW>山形歴史紀行... >>