<2014年5月>越後長岡の風景・歴史探訪(後編)

★前編は長岡市内の見所紹介、後編は郊外中心に・・


昨年GW(柏崎帰省時)に、隣接「長岡市」の歴史見所(主に市内部)を巡り、前編レポートで纏めましたが久しぶりに続編公開・・。後編は長岡市郊外と近隣穴場スポットをピックアップして紹介致します。市町村合併で寺泊(弥彦山近く)まで長岡エリアが拡大したことで良寛・芭蕉史蹟も登場!


     ......(左)信濃川の夜空に上がる三尺玉大花火(8月) (右)長生橋冬景色......
c0119160_20522235.jpg c0119160_2053720.gifc0119160_2054549.jpgc0119160_20541519.jpg



c0119160_20544411.jpg


前編は旧市街をメインとした歴史探訪で「山本五十六」「小林虎三郎」「河井継之助」の3大ビッグ゙ネーム(長岡出身)の史蹟巡り。戊辰戦争・太平洋戦争の戦火に巻きまれた長岡の歴史悲劇を綴りました。

                                    越後長岡の風景・歴史探訪(前編)


    .......(左)海軍総司令官「山本五十六」肖像 (右) 小林虎三郎米百俵の群像」......
c0119160_2182720.jpgc0119160_2183625.jpgc0119160_2184789.jpg

c0119160_219927.jpg

  .......(左)「河井継之助」記念館の入口  (右)継之助が購入した最新武器「ガトリング砲」......
c0119160_21223912.jpgc0119160_21225542.jpg


c0119160_21231144.jpg


後編最初は「戊辰北越戦争」の「大黒古戦場跡」にある「北越戦争伝承館」を訪ねました。広大な水田遥か先には河井継之助が長岡城奪還で新政府軍と交戦した「八丁沖古戦場」も俯瞰できる!


         .......長岡郊外の田んぼに佇む「北越戦争伝承館」(激戦地跡)......
c0119160_21293859.jpgc0119160_2130896.jpg


c0119160_21304330.jpg

c0119160_2130594.jpg


長岡城を奪われた河井継之助は、城の北部に広がる沼地(八丁沖)を縦断し城に迫る作戦を立てました。八丁沖は底無し沼で通行不可能と言われ、突然攻撃に驚いた山県有朋・西園寺公望が率いる新政府軍は裏をかかれ一斉退却、継之助は奇襲攻撃で長岡城の再奪還に一時的に成功しました。


    .......(左)「八丁沖古戦場」を遥か望む (右)「北越戦争」の藩別対峙図・攻防経路......
c0119160_21361044.jpgc0119160_21362551.jpg





c0119160_21363888.jpg


しかし戦いの中で河井継之助は流れ弾を足に受け重傷となり長岡藩兵の指揮能力・士気は一挙に低下、新政府軍は再び体制を立て直し反撃攻勢開始。その勢いに長岡軍はなすすべなく城を再び奪われ会津藩へ敗走していきます。河井継之助は只見で死去、北越戦争の終止符は打たれました。


        .......(左)「大黒古戦場」跡の石碑  (右八丁沖古戦場」跡の赤鳥居.......
c0119160_21424791.jpg
c0119160_214309.jpg


北越戦争伝承館に飾ってある幕末維新の志士達の若き日の集合写真を見てビックリしました。歴史教科書に乗るビッグネームの名前が続々!西郷隆盛・勝海舟・坂本竜馬・中岡慎太郎・大久保利通・桂小五郎・高杉晋作・大隈重信・伊藤博文・後藤象二郎他・・・、そして明治天皇も!何と貴重な写真だ~


    .....明治天皇を囲む各藩・勤王党志士達、錚々たるビッグネーム!(クリックで拡大閲覧).....
c0119160_21451655.jpgc0119160_21452868.jpg


c0119160_21454784.gif

  ↑上記写真は、「フルベッキ写真」と呼ばれ「明治天皇暗殺・すり替え説」があるらしい~!(驚)





★縄文時代から続く由緒深い「宝徳大社稲荷」・・(旧・越路町)


JR信越線の越後岩塚駅近くの小高い丘陵に真っ赤な大神殿が浮き立つごとく目に飛び込んできます。ごく普通の田舎風景の中にまるで巨大な宇宙船が舞い降りたかのような不思議な光景!地元では岩塚のお稲荷さんと親しまれる「宝徳山稲荷大社」の巨大神殿、鳥居も巨大でド派手~!


    ......立派な千木が張り出す「宝徳稲荷大社」の神殿群全景、旧越路町は今は長岡市......
c0119160_224368.jpgc0119160_2245174.jpg



c0119160_225616.jpg


そのスケール・デザインからすると新興宗教臭がプンプンとしますが、その歴史は古く縄文の昔まで遡るらしい。解説には「殷帝大王の命により物部美万玉女命が瓊名の里に日宮の御社を建て・・」とありますが、ムム・・誰のことかさっぱり解りません。でもそんな由緒正しき神社だったとは知りませんでした。


     .......(左)鳥居越しに仰ぐ「宝徳大社」奥宮 (右)宝徳・大提灯、菊花御紋の天井......
c0119160_6542462.jpgc0119160_6551575.jpgc0119160_6545232.jpg



c0119160_6543936.jpg

社殿に入ると金ピカ本殿に巨大提灯、やはり新興宗教っぽいなア・・。でも蝋燭が立ち並ぶ本殿の光景が実に幻想的!毎年11月の夜に開催される夜祭大祭(別名ろうそく祭り)では全国の神々が一堂に集まり国家隆昌・人民安泰・諸産業発展が多くの参拝者に祈念され火の鳥となって姿を現すらしい。


              ......絢爛豪華!「宝徳稲荷」の光り輝く神殿内部......
c0119160_710136.jpgc0119160_7102788.jpg






c0119160_7104499.jpg







★市町村合併で巨大化した新「長岡市」

先程紹介した宝徳稲荷は一応長岡市ですが昔の越路町です。2005年度の平成大合併で長岡は9つの市町村(栃尾・山古志・寺泊・越路、等)を呑みこみ面積841k㎡(3倍強)、人口28万人(1.5倍)と巨大化。栃尾や寺泊といえばそれだけでイメージした文化や風景があったのに何か寂しい気持ちも・・


  ......(左)平成大合併で「長岡」は一挙拡大! (右)あぶらげ・雁木で有名な旧「栃尾市」も編入....
c0119160_62347.jpgc0119160_7215131.jpgc0119160_7221134.jpg




c0119160_7231181.jpg


雪深い栃尾は「雁木」(がんぎ)の街でもあります。古い建物・各家々の仕様によって屋根の高さが違い、冬の生活に工夫した特徴ある柱や格子戸等が歴史の重みを感じさせてくれます。栃尾名物は巨大「油揚げ」。随所に「あぶらげ」の看板が見られ、古い雁木街並の風景に溶け込んでいる感じです。


   ....(左)上杉謙信が少年時代に過ごした常安寺 (右)栃尾城から長尾景虎として初陣!......
c0119160_7294646.jpgc0119160_730334.jpgc0119160_7301643.jpg

c0119160_737422.jpg




c0119160_7304938.jpg


「栃尾」は「上杉謙信」所縁の地。幼少時代「常安寺」で過ごし元服後、栃尾城主「長尾景虎」となり、この地で初陣を果たしました。寺裏手の長い階段を上がれば「火除け神社」で名高い「秋葉神社」が鎮座しています。奥ノ院の彫刻は越後のミケランジェロと呼ばれた「石川雲蝶」実に精密な作品で名高い!

                  「越後のミケランジェロ」と称された「石川雲蝶」記事

    .......(左)秋葉神社の「石川雲蝶」彫刻は必見! (右)栃尾には静御前の墓」もあった......
c0119160_845734.jpgc0119160_852042.jpg

c0119160_855235.jpg

c0119160_86867.jpg


         ......魚沼の「山古志村」は素晴らしい棚田が多くあり、闘牛・錦鯉で有名......
c0119160_8104617.jpgc0119160_8111293.jpg

c0119160_8113125.jpg


c0119160_8125233.jpg



c0119160_8131658.jpg


棚田・闘牛・錦鯉で静かな山合い生活を送っていた「山古志村」も今や長岡市の一部です。「山古志村」といえば2004年「中越地震」で大きな被害を被った場所、あれからもう10年の月日が経つのか・・


  .....2004年「中越地震」は大規模な土砂崩れ・新幹線も脱線、防災意識の高まりの契機.....
c0119160_8294098.jpgc0119160_8365213.jpg






c0119160_8371075.jpg


ところでわが故郷・柏崎もその3年後に大地震に見舞われ液状化被害で多くの家屋が倒壊しました。「中越地震」と「中越沖地震」・・、県民さえ間違えやすいのに他県の方は全く頭がゴチャゴチャ状態でしょう。もっと解り易い命名をすべきでした。「2004小千谷・魚沼地震」「2007柏崎・刈羽沖地震」を推奨!


  ......(左)故郷「柏崎」は2007年「中越沖地震」で被害  (右)2つの地震の呼び名が紛らわしい......
c0119160_8514847.jpgc0119160_852791.jpg
c0119160_8522185.jpg


     .......長岡市は「寺泊」(海産物ツアーや佐渡航路で有名)も編入、海をついに手に入れた......
c0119160_901430.jpgc0119160_903385.jpg


c0119160_905164.jpg


国道402号線沿いに鮮魚専門店が並び競い合っている「魚の市場通り」は、通称「魚のアメ横」と呼ばれている全国的に有名な「寺泊の観光スポット」!海の恵みの宝庫で豊富な種類の鮮魚がオンパレード、浜焼きの人気が特に高い!全国から観光バスが続々と乗り付けて市場はいつも大賑わい状態です。


       ......(左)バスツアーで大人気の「魚のアメ横市場」 (右)干物「デ゙ルフィッシュ」はエイです......
c0119160_982076.jpgc0119160_984337.jpgc0119160_985713.jpg




★日本最古の即身仏ミイラ「弘智法印」が眠る古刹「西生寺」


寺泊の野積地区(弥彦山のすぐ脇)にある真言宗智山派寺院が「西生寺」。ここは「日本海の鎌倉」と称され1300年近い歴史を持つ即身仏霊場、733年に僧行基が開いた越後では屈指の古刹です。


     .......寺泊・野積にヒッソリ佇む即身仏霊場「西生寺」(奈良時代・行基が開創)......
c0119160_9213798.jpgc0119160_92155100.jpgc0119160_9224743.jpg





c0119160_9233326.jpg


即身仏とは、穀類を断つ三千日の厳しい「木喰修行」で身体を浄化し腐りにくい体質に変え、地中祠で経を唱えながら往生を遂げていったミイラのこと。全国24体ある即身仏の大半が新潟・山形に存在


     .......当寺には日本最古の即身仏ミイラとなった「弘智法印」(立像)が眠っている......
c0119160_9323026.jpgc0119160_9324942.gif





c0119160_9331039.jpg


                  <2008年>山形の即身仏ミイラ記事:「出羽三山」

上記山形記事で掲載した全国の即身仏は江戸時代以降のものですが、当地に眠る「弘智法印即身仏」は唯一鎌倉時代のミイラ。文部省学術調査(1959年)で本物と認められた最古の即身仏なのです。 


           ......(左)水子供養菩薩のスケールに圧倒 (右)本堂(阿弥陀堂)......
c0119160_938292.jpg

c0119160_9384683.jpg


     ......(左)弘智法印ミイラが安置される霊堂 (右)巨大な弘智立像を下から仰ぎ見る......
c0119160_9431691.jpgc0119160_94331100.jpg


c0119160_9435651.jpg


弘智法印は諸国や高野山で修行し「迷える民の憐れみ・救済」を目的に長い伝道旅を行っていましたが、高野山を去り越後で自ら即身仏になろうと決心。1363年座禅を組んだまま当地で入定しました。


          .......(左)霊堂祭壇にミイラが眠る (右)本堂の阿弥陀仏......
c0119160_9513799.jpg
c0119160_9515684.jpg


         .......(左)これぞ、弘智法印の即身仏 (右)客殿には木像ミイラも鎮座......
c0119160_955124.jpgc0119160_955447.jpgc0119160_956086.jpgc0119160_9562263.jpg





c0119160_956355.jpg


2010年「弘智法印御伝記」という古浄瑠璃を蘇らせる上演がドナルドキーン先生(米国から帰化した日本文化研究の第一人者)によって実現しました。古浄瑠璃物語の舞台はわが故郷・柏崎ですが、当時中越沖地震で壊滅状態になっていた柏崎に復興と希望の光を持ってもらおうという企画でした。


   .....柏崎の地元文化財団がD・キーン先生とコラボし蘇らせた古浄瑠璃「弘智法印御伝記」......
c0119160_10114655.jpgc0119160_1012367.jpg





c0119160_10121888.jpg


この企画で大いに活躍された方が我がブログをスタート時期(2007)から応援してくれているハンドルネーム「小石ペガサス」様です。彼女は小生の中学同級生で、地元文化財団(ブルボン・オーナー家)から柏崎文化をPR発信する熱心な方。当縁で2013年に柏崎に「ドナルドキーンセンター」が目出度くオープンしたのです。


  .....縁を取りもったブ゙ログメイト「小石ペガサス様」(同級生)がキーン先生と2ショット!(本人掲載了承済).....
c0119160_10172451.jpgc0119160_10252323.jpg




c0119160_1028994.jpg

 
      .......2013年9月、故郷柏崎に「ドナルドキーンセンター」がオープン!キーン先生の書斎・居間......
c0119160_10325139.jpg
c0119160_1033578.jpg

昨年秋オープンの直後、小石ペガサス理事様に館内を案内してもらいました。キーン先生のNY時代の書斎が復元されており1800冊の蔵書や貴重な資料が保存されています。充実した映像ライブラリーも必見!


   .....2013年10月、小石ペガサス理事様に案内して頂きキーン先生気分で椅子に座りました......
c0119160_10351781.jpg
c0119160_10354314.jpg

現代も我々に素晴らしい縁を与えてくれた有難き「弘智法印」(即身仏)様に感謝!西生寺は芭蕉の弟子・「曾良の旅日記」や鈴木牧之「北越雪譜」にも記され、松尾芭蕉や良寛もここを訪れています。


      ......西生寺には松尾芭蕉や良寛も来訪、歴史的な名刹だったことが窺い知れる......
c0119160_10422173.jpgc0119160_10493996.jpgc0119160_10383315.jpg







c0119160_10391973.jpg


c0119160_103937.jpg

           .....「弘智法印」(即身仏)様に再度参拝して「西生寺」を後にした.....
c0119160_10574385.jpg






★寺泊・弥彦山の周辺にある良寛や芭蕉の史蹟紹介

市町村合併以前は寺泊町でしたが長岡市に併合されちゃったので「長岡歴史紀行」の一環として周辺にある良寛所縁史蹟、芭蕉「奥の細道」の越後ルートを紹介し最後の締め括りとしたいと思います。


   ......西生寺近くには越後名峰「弥彦山」(日本三彦山)が越後平野に堂々鎮座......
c0119160_1111571.jpg

c0119160_11111863.jpg

c0119160_11114837.jpg


西生寺訪問後は弥彦山の麓「旧・分水町」(現・燕市)にある「良寛資料館」にも立ち寄ってみました。当地で良寛と関わった家々に残る家宝(良寛の遺墨や資料)を公開させてもらう施設としてオープン


     .....1980年開館の旧・分水町「良寛資料館」、良寛遺墨等が多く展示.....
c0119160_11142085.jpgc0119160_11143788.jpg


c0119160_11145679.jpg


        .......資料館では様々な良寛の表情・姿が人形でリアルに再現......
c0119160_11184492.jpg
c0119160_11185535.jpg


良寛は出雲崎に生まれ、倉敷の円通寺で修行後、諸国行脚を経て少年期に過ごした懐かしい当地に戻り「国上山」(kugamiyama)の五合庵で「只管打坐」修行の日々を送りました。「国上寺」は山の中腹に建っており709年に弥彦大神のご託宣によって創建された県内でも格式が最高位の古刹です。

                               <2008年>秋の越後路を訪ねて(その1) 

   ......旧・分水町の国上山「国上寺」、良寛は20年間「五合庵」で過ごし修行・句・書道に励む......
c0119160_11225146.jpgc0119160_1123384.jpg


c0119160_11232233.jpg


この古刹は「良寛和尚」が約20年過ごした寺として全国的に有名!諸国行脚を終え越後に戻った良寛が住んだ「五合庵」や展望公園に子供と遊ぶ「良寛像」を見ることができます。また出雲崎にある生家跡には「良寛堂」があり、堂前には渋い雰囲気の「良寛和尚」が佐渡を見渡すように座しています。


   ......(左)良寛生誕地の出雲崎「良寛堂」  (右)国上寺、良寛と子供達の戯れる銅像......
c0119160_11271041.jpgc0119160_11272294.jpg

c0119160_11273956.jpg


c0119160_11275357.jpg


                               <2008年>秋の越後路を訪ねて(その2) 


出雲崎では「荒海や佐渡に横たふ天の河」・・、ご存知「松尾芭蕉」の「奥の細道」で有名な俳句が生まれました。芭蕉が弟子・曽良と山形から海岸線を南下し、当地「出雲崎」に歩き着いた時の句ですが、「荒海」というと季節風が吹きつける悪天候日・・、こんな時に天の川が見えたのかなあ・・?(笑)


      .......芭蕉が辿った越後「奥の細道」ルート、出雲崎で詠まれた有名な一句......
c0119160_11314885.jpgc0119160_1132375.jpgc0119160_11321964.gif



c0119160_11323443.jpg



                       <2013年GW>山形歴史紀行:奥の細道「山寺・立石寺」 


長岡市は元々新潟県中部にある中核都市ですが、市町村合併によるエリア拡大で歴史的史蹟も当然増加しています。かくも価値の高い見所が多いのですからもっとPRすればいいのに・・と思います。歴史・文化・自然・食に恵まれた越後の魅力をもっと発信してもらいましょう!小石様、柏崎もヨロシク!


        .......長岡名物、「笹団子」「柿の種」「赤飯」、山本五十六も愛した「水饅頭」......
c0119160_11404873.jpgc0119160_1141085.jpgc0119160_11411381.jpgc0119160_11412317.jpgc0119160_11451716.jpg


                                                        おわり

  by rollingwest | 2014-05-13 00:00 | 故郷の風景 | Comments(86)

Commented by arak_okano at 2014-05-13 08:03
凄い歴史上の重要な出来事があったのですね、バグースです。長編、帰ってからパソコンでゆっくり見させて頂きます。
Commented by 小石・ペガサス at 2014-05-13 09:06 x
これは、コメント早めにしておかねばね。

皆様、是非ドナルド・キーン・センター柏崎にいらしてください。

私は館長ではなく、財団の理事ですのでRW様、お間違えのないように(⌒‐⌒)

RW様ブログのお仲間なら、受け付けにお申し出いただければ、私がご案内をさせていただきます!

RW様、よくまとめてくださいました。私も勉強になりました!さすがです!
Commented by hirospace at 2014-05-13 09:29
越後になると、知った名前や訪ねたところもあって、少し身近に感じます。

しかしながら、大きな県で、まったく知らなかった所や歴史を紹介いただいて、勉強になりました。
長岡を中心とした山の会とも年に1~2度の交流もあるのですが、近くて遠いところだとも感じています。
Commented by 村夫子BUN at 2014-05-13 09:36 x
「山本五十六」「小林虎三郎」「河井継之助」皆長岡藩?!「そう言われればそうだ」ですがやっぱりビックリです。あの短期間にこれだけの人物が出たのは土壌があってのことでしょう。
私の先祖は庄内藩士ですので何となく親近感を覚えます。
「明治天皇を囲む各藩・勤王党の志士達」どうしてこんな写真が有ったんでしょう?!凄すぎです!
「宝徳大社」知りませんでしたが随分立派な神社ですねえ!
先日山小屋さんのブログにもコメントしましたが弥彦山は深田久弥氏の絶筆「百名山その後」にも載っている山で、私もいつか登りたいと思っている山です。
何時もそうですがRWさん内容が濃くって長くって1度に載せるには勿体無いです。
驚くようなことがイッパイ載っているので丁寧に読みたいのですが時間が許して呉れません。
Commented by m2-home at 2014-05-13 11:42
昔から
日本酒と言えば「越乃景虎」を愛飲してます。

栃尾には以前より行ってみたいと思ってました。
このレポートのお陰で酒蔵訪問以外の楽しみも出来ました。
Commented by biwahama at 2014-05-13 14:16
こんにちは。長岡も見どころがたくさんありますね。
海も近くにあり魚も豊富で美味しいでしょうね。
宝徳稲荷大社 朱色の鳥居も社殿も見事ですね!
Commented by 嶺、 at 2014-05-13 20:24 x
こんばんは。お疲れさま。凄いですねーよくぞここまで調べましたね、此れからも頑張って下さい。勉強させてもらってます。ありがとうございます。
Commented by 星船 at 2014-05-13 20:40 x
栃尾といえば、随分昔ですが、NHKの大河ドラマ「天と地と」で上杉謙信のファンになりました。うろ覚えですがそのドラマでは栃尾城から物語が始まったのではないでしょうか。上杉謙信を演じた石坂浩二はカッコ良かったなぁ。それからだいぶ経ってからですが海音寺潮五郎の原作も読んだことを思い出しました。
「河井継之助」や「山本五十六」など長岡市は歴史のある町なのですね。RWさんのブログを読むと行ってみたくなります^ ^
Commented by akitaka at 2014-05-13 22:14 x
越後と言えば、清貧の良寛禅師が一番好きです。また、ちょうど司馬遼太郎の「峠」を読んでいる所です。偉人が多く輩出する新潟は、良き環境によるのでしょうね。
ところで、幕末の有名志士達の集合写真は、本物なのでしょうか?西郷隆盛の入った同じような写真を見たことがあります。それにしても、凄いメンバーに驚きました。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-05-13 22:42
rollingwestさんの故郷柏崎に「ドナルドキーンセンター」があるとは知りませんでした。
もう帰化されていますが、日本人以上に日本人の心を持つドナルドキーン氏には惹かれるものがあります。
機会があったら是非訪れてみたいです^^
Commented by 地理佐渡.. at 2014-05-14 05:56 x
おはようございます。

長岡市郊外。北越戦争の話題が今回のメイン?
河井さん。悲劇のヒーローって感じがします。
抗戦は賛否両論ありますが、長岡藩にも譜代
としての意地があった。こう見て良いのかなぁ。
今となっては身勝手な思い込みを私がしてい
るだけですね。
さて、今日は気温が上がるとのことです。
いよいよ本格的初夏。こういう日を重ねて
いく内にまずは梅雨が来ますね。

Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:00
アラック様、2回連続の一番乗り誠にありがとうございます!長編記事を読んでバグースを感じて頂ければまたのお越しをお待ちしております~!怪我はもう快癒されましたか?無事健康って本当にありがたいことです。平和に平凡な時間を過ごせることがやはり一番です。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:08
小石・ペガサス様、昨年秋のキーンセンター御案内頂きありがとうございました。館長兼任かと思っておりましたが、失礼いたしました。肩書きを修正しておきました。H井からの情報によると昨年都内(浅草ビューホテル)でも柏崎観光発信の集いで講演されたとか・・。ますますのご活躍を祈念いたしております。「弘智法印御伝記」のルーツ「西生寺」も是非訪ねて見て下さいませ。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:17
hirospace様、長岡を中心とした山の会とも;交流があるのですか!それはやはり地元の史蹟・名所。美味しいものをご案内して下さいとおねだりした方がいいかも!やはり地場の魅力をお互いに紹介しあって魅力発信をすればさらに旅の思い出は深まりますね。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:24
村夫子BUN様、ありがとうございます!CD-ROM(読むだけonly)ではなく、これだけのお言葉を頂くとRW猿は木に登ってしまいそうで一層に記事の書き甲斐を感じてしまいます。(笑)最近、自分でもマニアックになり過ぎているなあ・・と反省しつつもコントロールがなかなか効きません。何でもかんでも欲張って廻り、長文レポートにしてしまう貧乏性かつ殆どビョーキのCD(クレイジー・ドメスティック旅)-RW(読み書き記事)をまたお楽しみ下さいませ~!q(^o^)pV 
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:31
m2-home様、小生が小学生時代(1969年)にNHK「天と地と」ブームで日本酒「越乃景虎」が新発売された記憶があります。九州の貴殿が長岡のお酒を愛飲されていたとは初めて知りました!そんなにも名酒なのですか!今度飲んでみたいです。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:40
びわはま様、何とお久しぶりですね~!お元気でしたでしょうか?二人の可愛いお孫さん、大きくなったのでしょうね。長岡はエリアが拡大して郊外部が歴史が深いので見所多しです。宝徳稲荷大社の朱色の鳥居・社殿、本当に巨大で新興宗教かいな?と思ったら、何と縄文時代からの由緒ある神社とか・・。そのギャップに目がテンでございました。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:47
嶺様、いつもじっくり読んで頂きまして誠にありがとうございます!<(_ _)> 貴殿もブログ公開されているのならば是非ともURLを教えて下さい。今度是非とも遊びにまいります。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 06:54
星船様、上記にも記載しましたが「天と地と」で石坂浩二の演じた上杉謙信(あの出陣のポーズ)はカッコよかったですね!いまだに脳裏に刻まれています。大ブームで魅了され、あれから大河ドラマを見るようになりました。歴史ある栃尾を是非とも訪ねて見て下さい。独特の歴史濃い空気が漂っている街です。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 07:02
アキタカ様、幕末の有名志士達の集合写真は当然レプリカでした。本物は新政府軍の偉人の所縁地にあると思いますが、そてにしてもビックリしました。明治天皇と近代史夜明けのビッグネーム達が一同に揃ったの若き日の姿があったとは・・。
ところで貴殿は本当に良寛好きですね。良寛さんの恋人だった貞心尼の墓は柏崎「洞雲寺」にあります。今度良寛探訪の専門記事をつくってみようかな・・。柏崎には貴殿の好きな木食上人の彫刻したお寺もありますしいつか訪ねて見て来て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-14 07:09
hibikorekouji2様、ドナルドキーンセンター柏崎はまだオープンしたばかりでまだ1年経っていないのですが結構人気が高く多くの方が来ているようです。もし御来訪意思がございましたら中学同級生「小石ペガサス」様が案内してくれますので事前に小生へ打診して下さい。仲介しておきますよ。 y(^e^)s
Commented by rollingwest at 2014-05-14 07:16
地理佐渡様、今回の記事メインは合併によって長岡市となってしまった周辺各地の見所紹介がメインです。北越戦争は、前回の市内史蹟探訪から郊外に出ていく繋ぎとしての史蹟訪問ですね。でも長岡は、北越戦争に長岡空襲と焼き尽くされ、本来はもっと価値ある史蹟・建物などがあったはずです。そのような観点からすると、長岡を火の海に導いてしまった河井継之助や山本五十六に対する感情は市民それぞれ複雑なものがあるのでしょうね。
Commented by ひろし爺1840 at 2014-05-14 08:42 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
ーーTo You PC--
*越後長岡市とその周辺は小生、未踏の地で今朝は画像と説明を見ながらゆっくりと見物して回った気持ちにさせて頂ました
またのご招待をお待ちしていま~す!
ーーFrom My PC--
('_')今朝は先月最後の巡礼旅と花や唄をDBと動画にしアップしましたので行って見た気持ちに成って頂ければ幸せます。
!(^^)!御覧になった感想やご意見をお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by ryko57 at 2014-05-14 15:09 x
長岡市があんなに広がったとは知りませんでした。姪のお婿さんが栃尾の人で、時々大きな油揚げをいただきます 美味しいですよね。 ずらっと並んだ超有名な日本史を飾る方々すごい写真ですね、びっくりです! 小石ペガサス様懐かしい、ちっとも変わってないですね。 今度柏崎に帰る時はキ-ン記念館行ってみようとおもいます。
Commented by まき子 at 2014-05-14 15:58 x
長岡の寺泊に行ったのが懐かしくなりました。
浜焼きの「あなご」は食べた事ありますか?
新潟の酒飲み友達に教えてもらって買ったのですが、
いやーーー見た目のグロテスクさはおいといても、
とっても美味しかったです!(笑)

でも最近は漁師の高齢化や若者不足で、
あなごもあまり獲られなくなったとか…
なんだかさみしいですね。
Commented by シクラメン at 2014-05-14 18:52 x
こんばんわ。実に長いブログですね。勤王の志士たちの画像
京都でも見られますが、このように大勢のは初めてです。私は新潟や長岡に行ったことがないのです。芭蕉、良寛様色々ありますね。
Commented by imai at 2014-05-14 20:42 x
こんばんは。
いやぁ〜、今回も大作ですね!
私が暮らす町、越後長岡を紹介していただき感謝、感謝です!
私より長岡の事をよくご存知ですよ。
私、一つだけ行ってないところがありました。
北越戦争伝承館です。
今度行ってみたいと思います。
ありがとうございました。
Commented by matsu at 2014-05-14 21:25 x
物心ついて以来、川端康成、谷崎潤一郎、三島由紀夫らの大ファンであった小生にとって、米国人でありながら、彼ら偉大な日本の文豪に愛情を込めたメッセージを発信し続けたドナルド・キーンのことは、常に意識していました。でも、数年前に地元関係者の尽力で、RWさんの故郷柏崎にキーンの記念施設がオープンしていたことは、恥ずかしながら失念していました。素晴らしい偉業と思います。日本の大企業は、いたずらに内部留保をため込むだけではなく、国境を越えた文化の興隆に財を投じてもらいたいと思います。B社万歳!なお、九州山行、天気が気がかりですが、お気を付けて行ってください。
Commented by yokuya2006 at 2014-05-14 21:48
へえー、長岡市が今では浜焼の寺泊やアブラゲの栃尾まで呑み込んでいたのですねぇ、知らなかった。
長岡は酒処、まあ新潟はどこも酒処ですけど、吉乃川さんがありましたねえ。昔、私の会社の販売店さんがあって、よく営業の方に同行した思い出深い街なのです。
Commented by メタボの白クマ at 2014-05-15 00:30 x
明治天皇を囲む各藩・勤王党の志士達の写真にはびっくりしました。いつの、どこでの写真なのでしょうか?
明治天皇が真ん中に他の人と区別がつかないくらいになじんで写っているのに驚きました。
高杉晋作・中岡慎太郎も写ってますね。
山古志の名は、あの中越地震の時の大土砂崩れで強烈に印象に残っています。
錦鯉と闘牛と棚田で有名だったのもそのときに知りました。
柏崎が中越沖地震で大きな被害だったこともよく覚えています。
出雲崎は訪れたいところです。何といっても良寛と芭蕉ですからね。
情報ありがたく拝見しました。
昔から親しんできたお二人、私としては訪れなければならないところです。

来週からの九州の山行、気をつけて行ってきてください。天気に恵まれますようお祈りいたしております。
Commented by kwc_photo at 2014-05-15 00:38
幕末大好きな私の中でも、戊辰の戦の終盤、会津や長岡の戦いは
何とも悲壮感がただよい、苦しくなるのですが、河井継之助が報いた
一矢は痛快だったことでしょう。
勝てば官軍、とは言いますが、官軍・賊軍と別れて日本人同士が
争ったあの戦いは、やはり歴史としては重いですね。
戦国時代の関ヶ原の戦いとは、ちょっと室が違う気がします。

幕末の志士たちの写真は、よく出てきますね。
京都でもいろいろなところで目にします。
実は坂本龍馬、西郷隆盛・・・と書いてありますが、よく似た人だと
いう説が有力ですね。こんなに一堂に会することはなかったといいます。
でも、歴史ロマンを掻き立てられる、面白い写真ですね。
実際の写真には違いないですしね。
よくよく見ると、坂本龍馬の顔も別人ですがね(^-^)
Commented by rollingwest at 2014-05-15 06:27
ひろし爺様、精力的な巡礼すごいですね。今度は奥の細道を辿る道を企画されるってのはいかがでしょうか~!?やっぱコリャ無理ですね。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-15 06:36
ryko57様、実は小国町も長岡に併合されたのですよ。柏崎に合併しようという働きかけもあったのですが、長岡の方が便利らしくてあっちに行ってしまいました。まあデカくなればいいってもんじゃありませんが・・。小石ペガサス様、 ryko57様のキーンセンターご案内よろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2014-05-15 06:44
まき子様、いつもは定番イカ焼きなのですが・・。あなご浜焼きうまそうですね!今度食べてみます。見た目のグロテスクさという点ではエイリアンみたいな姿で干されているエイもうまいかも・・。かぶりついたら睨まれそうだな・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-15 06:51
シクラメン様、すみません。マニアックに長すぎて・・<(_ _)> 適当に読み流してください。勤皇志士たちの画像はあまりにも豪華メンバーで本当にビックリしました。新潟県は自然や歴史見所が多くお酒や食べ物も美味しいですので是非ともお越しください。
Commented by rollingwest at 2014-05-15 07:02
imai様、貴殿お住いの長岡は合併拡大でますます観光エリアが増えましたね。本文にも書きましたがもっとPRすればいいのにと思います。そうだ!温泉が当たれば大いなる観光拠点メッカになります。月岡温泉みたいな美人肌湯を掘り当てるために長岡市に掘削支援策を推進させましょう!
Commented by rollingwest at 2014-05-15 07:09
マツ殿、新潟県の300名山で未踏の山(青海黒姫山あたり?)に行ったついでにドナルドキーンセンターや良寛史跡を訪ねて見て下さい。九州・大崩山は相当難関の山なので気をつけて行って参ります。雨予報は変わればいいのですが・・。戸隠連峰の計画提案を楽しみにお待ちしております。
Commented by rollingwest at 2014-05-15 07:16
バイオマスオヤジ様、「越の誉」っていう越後のお酒はご存知ですか?実は柏崎の名酒であり、こちらも中・高同級だったH氏が酒蔵の社長をやっております。もう一人、あの北朝鮮に拉致され無事帰還できたH池も高校同級生です。あいつとは大学の夏休み帰省した際によく2人で地元パチンコ屋に入り浸っていたことが懐かしき思い出です。でも彼は家族全員が帰国できてよかった!
Commented by rollingwest at 2014-05-15 07:23
メタボの白クマ様、そうなのですよ、明治天皇だったら堂々と前面真ん中に写っていてもよさそうなのに、皆さんに隠れるように控えめにしているのが何だか微笑ましい感じがします。山古志の中越地震の時から各企業に防災意識が高まり危機管理体制の構築に動き始めました。中越沖地震の時はこちらに登場されている小石ペガサス様も家が壊れ柏崎小学校で避難生活されて大変だったのですよ。
Commented by rollingwest at 2014-05-15 07:31
kwc_photo様、これだけの長文コメントで幕末維新に相当お詳しいことがよく窺えます。長岡・会津の戦いはやはり悲哀に溢れる独特のものがありますね。ところで、この幕末の志士たちの集合写真の本物は、どこに所蔵されているのですか?是非ともご教授願います。坂本龍馬、西郷隆盛は実は別人物説が有力・・?確かにこんなオールスターが一堂に会することはなかったかもしれませんね。もしそうだとしてもやはり大物勢揃いでスゴイ!この写真は・・
Commented at 2014-05-15 09:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by remy05 at 2014-05-15 21:32 x
幕末の志士たちの写真は、本物ではなくそっくりさんではないか
という記事を読んだことがあります。よって本物の写真は存在しないと思います。
明治天皇すり替え事件(本物は暗殺)によって、面が割れると困るという理由で
都が東京に移されたそうです。だから集合写真でも控えめに
写ってるんですね。
Commented by small-talk at 2014-05-15 21:47
僕は一応、新潟生まれなのですが、長岡には縁がありません。
山下清も愛した、あの花火は見てみたいですよね。
Commented by yodogawasyuhen at 2014-05-15 22:13 x
こんばんは
仕事で新潟へは行きましたが、長岡のことは知りませんでした。
機会あれば長岡 新潟に行ってみたいです。
旅の企画してみます。
Commented by なりちゃんジイジ at 2014-05-15 22:37 x
長岡は何年前か、花火を見に行ったくらいです。
見事な花火でした。
長岡の歴史のことも全く知りません。
よく読んでみます
Commented by hokkaido-tairiku at 2014-05-15 22:51
こんばんは♪
戦国時代から昭和にかけて知っている名前が出てくると
やはり歴史のある土地なんだな~ と実感します。
棚田の風景、こちらでは見られないので
一度この目で見てみたい風景です^^
Commented by mcnj at 2014-05-15 23:30 x
中越の歴史、興味深く拝読させていただきました。
寺泊は、ツアー旅行で、たちよりました。
懐かしいところです。
出雲崎からは、霞んだ、佐渡しか見えませんでした。
芭蕉、良寛、ゆかりの地でしたね。
Commented by siawasekun at 2014-05-16 02:06 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。
見せていただき、感激・感動・感謝です。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
つくづく、・・・・・・・。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:00
鍵コメ様、御事情理解いたしました。色々とあったのですね。誰にも心煩わされず穏やかな時間を過ごせることが一番大切ですね。あらためて今後もよろしくお願いいたします。
Commented by つちや at 2014-05-16 06:02 x
お早うございます
シャクナゲの赤城寺への訪問とコメント有難うございます。

さて長岡と言いますとウン十年前、小学1年生の時に母と訪ねました。
佐渡島には汽車が走っていません。 初めて乗った汽車に胸がときめきました。
また山本五十六元帥の戦死は小学4年の時学校の授業で先生が告げました。
戦後の長岡は高速を走って通り過ぎるだけですね。

ところで山寺の記事がありました。
この20日の誕生記念に訪ねる予定です。 じっくりと読ませていただきます。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:07
remy05様、エ~?明治天皇暗殺・すり替えという説があるのですか!「孝明天皇逝去後、幼君として擁立された睦仁親王は暗殺され、長州が仕立てた大室寅之祐が睦仁親王を騙って身分を継承した。・・」ムムム、これは興味が湧いてきた。いつもremy05様には目からウロコを何枚も剥がして頂いておりますが・・、またも感謝です。妄想かもしれませんが、また新たに一つ究明のミステリーテーマのご提供ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:14
ひつじ雲様、貴殿は新潟生まれでしたか!長岡の花火は過去2回行きましたが信濃川河川敷で見るには昼間から場所取りをしておかないと結構厳しいです。1回目は15時ころから柏崎から長岡に向ったら高速が大渋滞、ついに高速道路の上から花火を見る羽目になってしまいました。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:21
yodogawasyuhen様、思いたったら吉日、是非とも長岡に行ってみて下さい!近くには蓬平温泉があるのでコチラをベース宿泊して寺泊・栃尾・山古志村を廻って見るのもいいかもしれませんね。夏は結構暑くなりますので秋がいいかも・・。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:28
なりちゃんジイジ様、長岡の花火は空襲で亡くなった方々の鎮魂で始められました。北越戦争も含め、まさに長岡が戦火にまみえた悔しさと悲しさがこの大輪の華に込められています。でも市外から来る観光客の方は明るい華の大輪にだけに目を奪われているかもしれませんね。亡くなった方々も未来に向って皆が喜んでくれるのであれば・・と成仏されていることでしょう。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:39
北海道大陸様、結構歴史お好きですね~!戊辰戦争のラストが函館五稜郭の戦いですから鳥羽伏見開戦から会津・東北の戦いに至るまでのプロセスとして北越戦争の史蹟をデジタルに楽しんで頂き幸いです。一度生で御覧になって下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:48
mcnj様、寺泊といえば海産物ツアーに目がいきがちですが歴史が深くひっそりと多く息づいているところです。「日本海の鎌倉」とはよく名づけたもんだと思います。次回は是非とも良寛・芭蕉・弘智法印の史蹟などを楽しまれて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 06:55
siawasekun様、感涙とはこちらも感謝、越後の国にも鳥取材是非とも行ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-16 07:03
つちや様、佐渡から長岡に来て初めて都会に来たなあと思ったのですね。小生も柏崎で小学生のころ、長岡のデパートで家族で買い物に行くことが大都会に出るような楽しみでした。
今度、山寺・立石寺に行かれるのですか?誕生記念の歴史旅、充実した内容になるといいですね。マイ記事を参考にして頂ければ幸いです。芭蕉の心境をじっくりと堪能されて下さい。
Commented by puka at 2014-05-16 09:46 x
4年ほど前に長岡花火大会を見に行きました。その時は花火ツアーだったので、すぐに新潟のホテルへ~でした。長岡は見所がたくさんあるんですね。今度はゆっくり行ってみたいです。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-05-16 11:49
いやー、実に楽しかった。
長岡のこと柏崎のこと。
ドナルド・キーンさんのこと。
歴史も地方も面白いものです。
有難うございました。
今日もスマイル
Commented by tombee-yanaze at 2014-05-16 16:18
最後にやっと知ったところが出てきました。
弥彦山に行ったとき、五合庵に行きました。
でも良寛資料館にはには行ってません。
かなり昔のことで記憶の中からずいぶん薄れておりますが・・・。
Commented by kotonoha222 at 2014-05-16 17:05
長岡は同じ県だったのに、こちらに来てから一度だけ
花火大会に行きあまりの迫力に感激しました。
駅からの真っ直ぐの道、印象に残っています。
弥彦山は高校の時にクラスメートと一緒に登りました。
担任も一緒でしたね。
砂だらけのおにぎりでも美味しかったです^^
   しおり
Commented by biigle at 2014-05-16 18:45
いやはや、長岡の奥の深さにびっくり仰天です!
宝徳稲荷大社の絢爛豪華さはちょっと類を見ない様な・・
Commented by koba222 at 2014-05-16 22:18
越後方面知らないことが多く
歴史の深さに驚いてます。
時々歴史上の名前が出てくると
そうなのだと。

長岡の花火は有名だし
地震で被害が大きかった山古志村などはすぐに
わかりましたが芭蕉の足跡も多いのですね。
即身仏が多いのは自然との闘いのことありなのでしょうね。
Commented by 舞子 at 2014-05-16 22:22 x
長岡の事はいろいろ知って入る様で、歴史的な事はあいまいな事ばかりです。
こちらの記事を読んで、その深さに感銘です。

長岡にも海が出来たのですね。
小中学校では寺泊まりで海水浴で、西長岡駅から電車で行きましたがもうないですね。
子供の頃、長岡城の歌が出来て広報のトラックに乗って踊らされました(^^
砦のかがり影ふけて~月陣営に傾きぬ~♪(^^
Commented by rollingwest at 2014-05-17 06:28
puka様、長岡花火を御覧になりましたか!前編記事でも書きましたが「越後三大花火」という分類があり、1つは「長岡花火」、2つ目は隣接・小千谷市の「片貝まつり」(世界一の四尺玉」、そして3つ目は我が故郷の「ぎおん柏崎まつり海の花火大会」なのであります。柏崎花火は海から次々に上がる海上スターマインが豪華です。小学校時代は海岸で市民がゴザを敷いて鑑賞する地元花火でしたが今や全国ベスト10にも入る程の有名な大会(全国から観光バスが集結)となりました。是非とも一度体験して見て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-17 06:36
KawazuKiyoshi様、地方の歴史も興味をもって探索してみると色々なものが発掘できます。これからも故郷・新潟県のPRを記事を通じて発信していきたいと思います。貴殿のお住いの山口県もいつかジックリ廻り大いに紹介したいですね~!
Commented by rollingwest at 2014-05-17 06:43
清治の花便り様、国上山の五合庵に行かれましたか!やはり良寛さんの歴史を知るにはこのお寺は欠かせませんね。柏崎には良寛さんの恋人だった「貞心尼」の史蹟がいくつかあり今度紹介しますね~!
Commented by rollingwest at 2014-05-17 06:50
ことのはしおり様、弥彦山や角田山はやはり遠足のメッカですね。柏崎からはちょっと遠すぎて遠足で行ったことはなく、弥彦神社は家族旅行の思い出が中心です。昔は県内の観光地巡りもかなり大きな大旅行だったような気がします。今は車で日帰りで好きなように廻れるようになり時代は変わったなあと実感します。
Commented by rollingwest at 2014-05-17 06:55
びーぐる様、宝徳稲荷大社の巨大さ・絢爛豪華さは半端ではありません。写真を拡大で見ると大鳥居の下にある車が小さく見えるのでその大きさがわかってもらえると思います。何か新興宗教・拝金主義っぽく思えるのですが縄文時代からの崇拝地といわれると・・mm言葉も出ない。
Commented by rollingwest at 2014-05-17 07:04
koba222様、越後の国には日蓮・親鸞が流された場所もありまだまだ見所があります。新潟県って細長いので同じ県内でもまだ行ったことがない市町村がいくつかあります。芭蕉も出雲崎のあとは柏崎に宿泊する予定だったのですが、地元庄屋に不審者と思われて断られ芭蕉一行は直江津まで行って泊まったそうです。快く泊めてあげれば柏崎も芭蕉史跡として大いに観光PRできたのに・・。
Commented by rollingwest at 2014-05-17 07:16
舞子様、青春時代に過ごされた長岡の歴史をここであらためて頂き嬉しい限りです。長岡城の歌があったのですか!なかなか深みのある歌ですね。柏崎の場合は「三階節」(♪米山さんから雲が出た~)でよく盆踊りをしたものです。
Commented by souu-3 at 2014-05-17 20:47
中越地震は2004年だったのですね。
もう10年ですか?早いですね。
Commented by siawasekun at 2014-05-18 01:28 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、深謝です。
Commented by rollingwest at 2014-05-18 04:34
souu様、10年は一昔・・と昔は言ったものですが中越地震もつい最近のような気がして・・。20年が一昔って感じですね。まあ還暦を迎えてからが新たな人生ですのでその日に着々と備えておきます。
Commented by rollingwest at 2014-05-18 04:42
siawasekun様、今週末もいい天気ですね。アクティブに活動されているものと思います。いい一日を!
Commented by setuojiji at 2014-05-18 21:03
越後長岡の紹介記事、時代考証を的確に把握しての展開、市町村合併により地域考証に違和感を与えかねない嫌いがありますが致し方ないですね、ゆっくり再読して楽しみます、次を楽しみにしています。
Commented by Soul Mate at 2014-05-18 21:18 x
似合わんなあ、おぬしとDK博士の書斎。おぬしの書斎にはたぶん団鬼六全集と石原豪人画集ぐらいしかないじゃろうけんなあ。戦前欧米で大ベストセラーになった「武士の娘」を書いた杉本鉞子は河井継之助と対立した勤皇非戦派の筆頭家老の娘じゃったらしいの。サプライズ選抜の大久保は活躍してくれる予感。。。
Commented by ひろし爺1840 at 2014-05-19 10:37 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
何時もお越し頂き心温まるコメントや閲覧の感想を有り難うございます!
ーーTo You PC--
☆駅前に確か8尺玉のモニュメントが有りましたよね?
越後長岡周辺散策・後編を解説を聴きながら居ながらにして旅をさせて頂ました。
今回もブログ旅を楽しませて頂き有り難うございます。
ーーお誘い!FromMyPC--
('_')今朝は先日の続きの花みどり公園から石楠花鑑賞の様子をアップしましたので少しでも行った気持ちに成って頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!閲覧の感想やご意見をお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by デビルフィッシュ at 2014-05-19 11:37 x
セージさん、だまされちゃダメよン。DKセンターは裏ブログでは「どっきり・コスプレ」センターのこと。写真の書斎は実はあの手のコミック誌がずらりと並ぶ、めくるめく秘密の小部屋。「荒縄や サドに横たう 飴と鞭」。司馬先生の『峠』はちょっと長すぎ。後半は飽きた。
Commented by rollingwest at 2014-05-21 18:17
setuojiji様、北海道も多くの市町村がなくなったのでしょうか?北海道は支庁がありますもんね。小生は室蘭だったので胆振支庁でした。広いな~北海道は・・!
Commented by rollingwest at 2014-05-21 18:23
聖二殿、」あいかわらず今回も神楽坂様が反応するような触媒誘発コメントありがとさん。お主から文壇・神楽坂サマに働きかけて、宇野記念館・団文学館・石原絵画館を設立するようよろしく実現しておくれヤス!(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-21 18:26
ひろし爺1840様、8尺玉はちとないですね~(笑)世界第大は4尺玉なので・・。でも長岡の3尺玉は信濃川夜空に思いっきり大輪の花を咲かせます。
Commented by rollingwest at 2014-05-21 18:31
デビルフィッシュエイ・ヤ~神楽坂サマ、DKセンターとはダービーキタ~センターの略称でもありまする。還暦祝いは赤いチャンチャコ着て勝ち馬馬券のあぶく銭を皆に大盤振る舞いされんことを期待しております~!(笑)
Commented by nao♪ at 2014-05-25 06:24 x
栃尾も山古志村も長岡市に統合したのですね。
新潟県では新潟市に次いで第二位の長岡市は昔から通るだけで、市内をじっくり見たことがありませんでした。
RWさまの記事を拝見し見どころいっぱいの当地・・・
秋のクラス会の一泊旅行がこの地なので、積極的に参加を考えてみようかという気になりました。
弥彦や岩室温泉には去年の春に行っているのですが・・・

かのドランルド・キーン氏のセンターがRWさまの故郷柏崎にできたのですか・・・
これも興味がわきますね。
Commented by rollingwest at 2014-05-25 07:14
nao♪様、秋のクラス会、楽しみですね~!長岡の歴史見所を大いにクラスメイトの方に紹介してあげて下さい。もしお時間あれば是非とも柏崎にも足を延ばしてみて下さい!

<< <2014年5月>静岡東部探訪... <2014年4月12日>201... >>