<2014年5月>静岡東部探訪(その3):「三島・韮山・北伊豆」編

静岡東部」探訪シリーズも3回目を迎えます。初回は「富士宮編」(霊峰富士を間近に仰ぐ絶景と信仰ルーツ)、2回目は「富士・沼津・伊豆の国編」(沼津周辺名所や古代ミステリー)、今回は、頼朝・政子の史蹟や伊豆国鎮守「三島大社」、世界遺産の新候補「韮山反射炉」、北伊豆「丹那断層」もあわせてご紹介

c0119160_5441962.jpgc0119160_5443180.jpgc0119160_5445055.jpgc0119160_54595.jpgc0119160_5452564.jpg
          
                          静岡東部探訪(その1):「富士宮」編

                          静岡東部探訪(その2):「富士・沼津・伊豆の国」編より続く
  



★源頼朝・北条政子の逢瀬が重ねられた「蛭ケ小島」

葛城山頂上には少年時代の源頼朝像がありました。山頂から東側には伊豆の国市を流れ行く狩野川の光景が広がっていますが、その平野部の中に源頼朝が北条政子と逢引きをしていた「蛭ケ小島」があります。頼朝は若き頃、平清盛から伊豆へ配流されたこの地で雌伏の時代を過していたのです。


   ......葛城山頂から望んだ伊豆の国市&狩野川(kanogawa)風景、少年時代の源頼朝像も......
c0119160_5552621.jpgc0119160_5553953.gifc0119160_6431826.jpgc0119160_5554944.jpg



c0119160_556116.jpg
c0119160_5562276.jpg


2人のラブロマンス地は現在、「蛭ヶ小島の夫婦」と題した頼朝・政子の銅像が仲睦まじく建っている公園、「源頼朝公配流地」の石碑もあるぞ。地名は水田地帯に広がる湿地で蛭が多かったことが由来らしいが、周囲を見渡すと一面の田んぼだらけ。デート場所としては名前も含め、ムードには欠けるなア・・(笑)


      ........頼朝&政子Fall in Love!若き日のラブ゙ロマンス舞台は韮山「蛭ヶ小島」......
c0119160_79655.jpgc0119160_792372.jpgc0119160_793457.jpg



c0119160_795059.jpg
c0119160_710252.jpg


1157年北条時政の長女として生まれた政子(韮山・成福寺に産湯井戸あり)は、父・時政が監視していた源頼朝(平治の乱後14歳で伊豆に配流)とやがて恋に落ち、この「蛭ケ小島」で何度も逢瀬を重ねました。時政は当然猛反対、源氏嫡流で罪人の身である頼朝との仲を何とか引き裂こうとします。


      .........(左・中)政子の産湯井戸(韮山・成福寺) (右)北条氏・父と娘の葛藤.....
c0119160_2273373.jpgc0119160_2283846.jpgc0119160_16555880.jpg


c0119160_2275713.jpg

時政は政子を無理やり他の男と結婚させるべく婚礼の夜を迎えますが、激しい雨中に政子は逃げ出し山・川を越えズブ濡れになって恋しき頼朝の元に向かい、遂に伊豆山神社で2人はついに結ばれます。花嫁の夜逃げとは・・、映画「卒業」みたいだ!時政も遂に折れてその仲を許すことになりました。


      .........「蛭ケ小島」(源氏再興の地)から愛を貫いた「頼朝&政子」が富士を仰ぐ.....
c0119160_22131756.jpgc0119160_22133132.jpg
c0119160_22134578.jpg


そして政子と結婚した頼朝は源氏再興に向けて当地から挙兵(1180年)、5年後には壇ノ浦で平家を滅ぼし1192年に鎌倉幕府を開いていきます。その後、2人の人生は激動を迎えますが、大恋愛していた頃が一番いい時だったのかもしれない。逢瀬を重ねた当地「蛭ヶ小島」ではどんな語らいが・・?



★創建歴史の深い霊験あらたかな「三島大社」

「三島大社」(事代主命と大山祇命が主祭神)は伊豆国一の宮として崇敬を集める歴史深い神社。また頼朝が挙兵前に戦勝祈願し、源氏再興が成就されたことでその霊験の強さが知れ渡っています。


   .......頼朝が深く崇敬し源氏再興の戦勝祈願した「三島大社」は伊豆の総鎮守.......
c0119160_221872.jpgc0119160_22181867.gif

c0119160_22183995.jpg


平清盛は京都でクーデターを企て後白河法皇を幽閉、安徳天皇を即位させました。皇位継承を絶たれた後白河法皇の子・以仁王は平氏追討の令旨を全国の源氏に発布し、1180年頼朝はついに挙兵!


   ......源氏再興旗上げした源頼朝は「石橋山」で一度敗れるが、安房に渡り巻き返しを図る....
c0119160_22224080.jpgc0119160_2223433.jpg
c0119160_22231770.gif


緒戦敗退の頼朝でしたが房総半島に渡り体制を立て直し、平家打倒に呼応する東国武士の相次ぐ加勢で形勢逆転。鎌倉入りした頼朝に弟・義経が駆けつけ破竹の勢いとなり、壇ノ浦へ追い詰めて平家を滅ぼしました。源氏再興が実現したことにより三島大明神の威光も全国に轟くこととなりました。


  .......(左)三島大社「本殿」(七五三の記念写真を撮影する親子) (右)境内中央の「舞殿」.......
c0119160_2225480.jpgc0119160_22251757.jpg


c0119160_2225358.jpg


大社には恵比寿様が祀られ商売繁盛・五穀豊穣にもご利益があると云われ、訪問時は七五三参拝の家族連れで大いに賑わっていました。恵比寿神とは大国主の長男「事代主神」とイコールなのです。


   .......(左)厳島神社池脇を祝言の列が行く (右)恵比寿(事代主神)と三宅島の関係は?.......
c0119160_5164451.jpgc0119160_517530.jpgc0119160_5172470.gif





c0119160_537928.jpg


「事代主神」を祀る最古の本宮神社は何と伊豆七島「三宅島」に存在します。(その2)記事で山岳修験の祖「役行者」(鴨族)が伊豆や三宅島に深く関係すると書きましたが、事代主神は葛城臣王・賀茂氏の神でもあり修験道神道と強く結び付いているらしい。三島大社は役行者との関係も深いカモ・・


    .......南伊豆「石廊崎」に連なる断崖奇岩、ここにも「役行者」(鴨族)の足跡が残される.......
c0119160_533421.jpgc0119160_5335945.jpg

c0119160_5341620.jpg


三島大明神に潜む謎、役行者が賀茂・石廊崎に立てた岩室神社、修業した大和葛城山との名前一致、三宅島~下田・石廊崎~葛城山~三島大社と辿った「鴨族」(=秦氏の呪術集団)、裏天皇として祭祀を司る京都「上賀茂・下鴨神社」との繋がり・・、「kamo」は古代史ミステリ-と深く関係あるに違いない。

 



★富士湧水の里「三島・清水町」、鰻が旨い!

過去何度も紹介しましたが、三島には日本三大清流の一つ「柿田川湧水群」があります。柿田川には過去3回訪問しましたが、車の往来が激しい国道1号線のすぐ脇に風光明媚な清流が広がっていること自体が驚きだ。因みに日本三大清流の他2つとは「四万十川」(高知県)「長良川」(岐阜県)です。


    .....「柿田川湧水」、3回目の訪問は2008年12月、食山人氏・マツ氏と雨ケ岳登山後に訪問.......
c0119160_8383587.jpgc0119160_8402846.jpgc0119160_8404216.jpg






c0119160_841168.jpg


柿田川の成り立ちを調べてみると、「富士山に降った雨・雪が火山灰礫地下に一旦潜って貯留され、三島溶岩流の地下(三島市・清水町)まで流れ来て湧水として地表に現れる」と解説されています。富士山周辺の湧水といえば富士宮大社「湧玉池」、山梨(南都留郡)「忍野八海」も素晴らしいですね~!


  .......静かな柿田川清流。富士山に降った雨・雪は地下で豊富なバナジウム水となって湧出.......
c0119160_8515616.jpgc0119160_8521744.jpg





c0119160_852352.jpg


       .......三島駅の近くには有数の湧水SPOTが3つもある。写真は白滝公園.......
c0119160_915788.jpgc0119160_921266.jpgc0119160_923632.jpgc0119160_925049.jpg



c0119160_931170.jpg


柿田川訪問の直近は2008年、「雨ケ岳」登山後に食山人氏宅(当時単身赴任)に泊めてもらい、三島名店「うな繁」でご馳走になりました。水が綺麗な当地は旨い鰻で有名、当店オリジナル「鰻の櫃まぶし・石焼鍋」を頂きましたが、鰻タレがお焦げと相まって絶品の味でした。最近鰻は高くて全く縁がない・・


   .....「うな繁」の(左)玄関風景と(右)「鰻の櫃まぶし・石焼鍋」、静岡は食文化も東西分岐点....
c0119160_994236.jpgc0119160_995825.jpgc0119160_9101062.jpg




c0119160_9102513.jpg


                            雨ケ岳登山・柿田川湧水訪問(2008年12月)の記事
  




★世界遺産候補となり今後ブレイクの予感・・「韮山反射炉」

富士山が世界文化遺産登録で喜びに沸いた昨年に続き、今年6月に「富岡製糸場」がその夢を叶えることとなりました。富岡は10年以上前から街を挙げて地道な活動を積み上げてきましたが漸く実現!本当に目出度いことだ。当時の富岡と同じ境遇で盛り上がっているのは伊豆の国市韮山です。


  ......2014年6月「富岡製糸場」が世界文化遺産に!同じ流れで期待を寄せる「韮山反射炉」.......
c0119160_9341912.jpgc0119160_9345782.jpg


c0119160_9351579.jpg

     
昨年政府はユネスコに新たな世界遺産として申請する推薦候補を絞り込みましたが、最終まで候補争いしたのは「明治日本の産業革命遺産(九州・山口と関連地域)」と「長崎の教会群遺産」でした。最後は産業革命遺産に軍配が上がりましたが安倍政権の経済景気優先策が裏の選定理由かもネ・・


 .......2013年世界遺産候補(明治日本の産業革命遺産の一つ)として名乗り出た「韮山反射炉」.......
c0119160_9402172.jpgc0119160_9405315.jpg

c0119160_941950.jpg









c0119160_9412646.jpg


選定地域は主に九州と山口県ですが東日本に2ケ所飛地があり、釜石(岩手)・韮山(静岡)が思いがけなく世界遺産候補へと一躍脚光を浴びる事になったのです。韓国は軍国主義生産拠点で世界遺産指定は大反対と騒いでいますが(最近この国はエキセントリック過ぎる)、各地元の期待は相当大きい・・


    .......(左)韓国は軍国施設を世界遺産にするな!と宣伝 (右)各候補地は大盛り上がり.......
c0119160_104748.jpgc0119160_1042874.jpgc0119160_6452736.jpg


c0119160_735440.jpg

c0119160_6462296.jpg

c0119160_1044757.jpg

     
今回、静岡東部探訪に出たトリガー(最大理由)は当ニュースを知ったことです。世界遺産となった富士山の信仰ルーツと世界遺産候補に名乗り出た「反射炉」を見たい・・、「反射炉」とは一体何なのだろう?RWの好奇心は擽られました。垢抜けた雰囲気漂う網目煉瓦の3基塔が天に向かって聳えている!


         ......煉瓦積みの韮山反射炉、炉体断面図で鉄を溶かす仕組みを解説.......
c0119160_1013185.jpgc0119160_10121671.jpgc0119160_10132241.jpg




c0119160_10134392.jpg

    
見学後、品川区探訪(後編)で紹介した「お台場砲台」を製造した装置だったということが判りました。煉瓦塔土台部には溶鉱炉の役目を果たす石室があり、炉内部は効率よく鉄を溶かすため反射板が設置してあります。太陽光を虫眼鏡で集め紙を焦がす原理と同じで炎熱を集中させる仕組みらしい。


        .......ペリー来航で海防強化のための大砲は韮山反射炉にて製造された.......
c0119160_1020135.jpg
c0119160_10201561.jpg
 
           .......攘夷に向けて現在のお台場エリアに設置された品川砲台.......
c0119160_10223839.jpgc0119160_1023280.jpg
c0119160_10231580.jpg

 
                            品川区探訪(後編):お台場の砲台に関する記事  

装置考案者は江戸後期の西洋流兵学者で砲術塾を開いた「江川担庵(英龍)」。門下に佐久間象山・桂小五郎らの名前が!ペリー来航後に防衛責務を任され品川台場建設と大砲鋳造に尽力した韮山出身の偉い方らしい。地元で盛り上がる世界遺産への期待!選ばれれば江川さんも一挙に有名人~


  ......(左)反射炉・生みの親・江川担庵 (右)九州・山口の遺産群と一緒に喜べる日は来るか?.......
c0119160_10285457.jpg
c0119160_10291080.gif


c0119160_10295758.jpg




★北伊豆地震を引き起こした「丹那断層」

韮山からは熱海に抜け小田原経由で帰宅しましたが、途中で「丹那断層」という80数年前に起きた北伊豆大地震(マグニチュード7.5、最大震度6、内陸直下型)の痕跡があると知り立ち寄ってみました。無料見学できる公園ですが地下観察室まである!ここでは丹那断層の断面を見ることができます。


       .......「丹那断層」・北伊豆地震(1930年直下型震度6)の痕跡をまざまざと残す......
c0119160_20492271.jpgc0119160_20494160.jpg



c0119160_2050229.jpg
 
高齢の方は「丹那」とくればトンネルを連想するのでは・・。東海道本線は昭和初期までは箱根北側を迂回するルートで山越えしていましたが、ショートカットするために箱根南側をトンネルで貫く計画が進められました。工事は断層破砕帯からの大量出水で困難を極め、起工から実に16年もかかり1934年完成


    .....昔は御殿場の裾野をエッチラ登っていた東海道線、「丹那トンネル」開通で喜ぶ工夫......
c0119160_2057370.jpgc0119160_20572294.jpg





c0119160_20574095.jpg


丹那断層は伊豆半島北部を南北に走る断層帯ですが、実は1930年発生の「北伊豆地震」は丹那トンネル掘削の工事真っ最中だったのです。もしかして工事が原因で断層を刺激し大地震が引き起こされた人災だったのかも・・。海から衝突してきた伊豆半島は今もグイグイと本州を押しまくっている筈だ・・(怖)


      .......太古に日本列島に衝突した伊豆半島は今後も大地震を繰り返す運命にある.......
c0119160_2143659.jpgc0119160_2145634.jpg





c0119160_2151431.jpg





★再び頼朝&政子のラブロマンス・・、「伊豆山神社」(熱海)に寄って帰宅

今日は早朝から出発して富士宮・沼津・三島・韮山と思う存分廻ったのでもう夕暮れが迫ってきた。熱海に出てからも「貫一・お宮の所縁地」等の名所もと欲張ったのですが時間がなくなり、史蹟訪問最後は頼朝・政子の愛が結ばれた「伊豆山神社」(熱海の小高い山に鎮座)だけに立ち寄ってみました。


       .......(左)頼朝と政子が結ばれた伊豆山神社 (右)頼朝と政子の像.......
c0119160_21174435.jpgc0119160_2118668.jpg



c0119160_21182963.jpg

  
伊豆山神社は伊豆の名がつく神社の全国総本社格であり、婚礼から逃げ出した北条政子が頼朝と当地で愛を成就させた所縁ある神社として有名。縁結び・恋愛成就を願い参拝者が結構多いらしい。



    ......(左)熱海の山の伊豆神社へ (右) 立派なご神木の陰には2人が愛を語った「腰掛石」!......
c0119160_21242751.jpgc0119160_21245060.jpgc0119160_21254689.jpg

c0119160_21265097.jpg


     .......伊豆山神社から眺望した夕暮れの相模湾、海のかなたに初島が見えた.......
c0119160_21525655.jpg
  
頼朝が源氏再興に向け旗揚げしデビューした「石橋山古戦場」(初戦敗退)も訪ねたかったものの既に夕闇が迫っていたので諦めました。小田原海岸に降り立ち、相模湾の名月を撮影して帰宅の途に・・


    ......頼朝挙兵「石橋山古戦場」近く相模湾海岸(小田原付近)に幻想の月が浮かぶ!.......
c0119160_21431427.jpgc0119160_2144111.jpgc0119160_21442430.jpgc0119160_2144375.jpg           


c0119160_21453813.gif

c0119160_2146131.jpg
c0119160_21463411.gif


     ......石橋山古戦場の夕暮れ海岸は怒涛の波音に包まれていた(さあ帰ろ~!).......
c0119160_21531793.jpgc0119160_21533118.jpg

静岡東部探訪シリーズは今回で完了・・。次回は久しぶりに熱海・小田原を廻り、新シリーズ記事をスタートさせようかなと思っています。当該記事には昔訪ねた伊豆半島・名所レビューも入れるkamo・・(鴨~n!)



                                                          おわり

  by rollingwest | 2014-05-25 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(84)

Commented by tomiete3 at 2014-05-25 06:47
おはようございます
 歴史ものが好きで、何度も何度も読み返しました。・・
頼朝が安房の国へ敗退したのは全く知りませんでした。・・
 また訪ねて読み返したいですね。
Commented by rollingwest at 2014-05-25 07:23
トムジー様、一番乗りありがとうございました!歴史に興味があるとは嬉しいことです。先日、初めて九州の登山デビューをして貴殿の故郷名峰・阿蘇の山々も遠望することができました。そして宇佐神宮・国東半島の神仏習合寺社も廻ってきましたが九州は自然も歴史も本当に魅力あふれる場所で大好きになってしまい、これから何度も行ってみたいです。九州の歴史探訪レポートもこれからどんどん紹介して行きたいと思います。
Commented by m2-home at 2014-05-25 11:16
このあたりは何度か訪れたことがあるので
記事を読んでて懐かしさがわいてきました。

湧水群があるのは知らなかったので機会があれば訪れてみたいものです。
鰻目当てですけど・・・

ちなみにボクは白焼き派です。
鰻の白焼きを山椒で頂きながら冷酒を飲んでるときに
「生きてて良かったな」と言うのが口癖です(笑)
Commented by arak_okano at 2014-05-25 17:41
今回も対策を有り難うございます。
バグースな歴史物語りですね、この中で
行ったことがあるのは、柿田川だけなんですよ。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-05-25 17:57
静かな柿田川清流、機会があれば是非訪れてみたいです。
富士山からの恵を夫の伯母が時折送ってくれるので我が家でも飲んでいますが、違いは分からないです^^;
Commented by 嶺、 at 2014-05-25 19:53 x
こんばんは。静岡北部探訪シリーズ拝見しました感服です。三島大社 韮山反射炉 狩野川は 一人旅で行ってますが 無知な私にはここまで歴史を調べる事は出来ません 勉強させてもらってます。ありがとうございました。此れからも頑張って下さい。 嶺、
Commented by small-talk at 2014-05-25 19:58
先週、白糸の滝と田貫湖へ行ってきました。
日帰りなので、他の場所には寄りませんでしたが、一応焼きそばは食べました(笑)
三島も良い街ですよね。
なぜか、三回ほど行っています。縁があるようです、
Commented by Soul Mate at 2014-05-25 21:20 x
前にTV「百年名家」でこの江川家の特集やっとったよ。この英龍という人は独学でこの反射炉建てたみたいね。それも自費で。あと兵糧のために日本で初めてパンを焼いたんじゃと。お孫さんも東大の教授じゃったから相当賢い殿様じゃったみたいね。柏崎の飯塚邸の「なんじゃもんじゃ」の花が咲いたらしいぞ。。。
Commented by kwc_photo at 2014-05-25 23:51
御殿場へ行く機会があり、三島は通りました。
三島から御殿場までの在来線の旅は、ホントのんびりしたものだった
ことを思い出していましたよ(笑)
伊豆といえば、頼朝流刑の地、でしたね。清盛のこの処置が、
後々自らの首を締めることに・・・。歴史ドラマの一場面ですね。
韮山の反射炉も見事なものが残っているので、世界遺産化が期待されますね。
Commented by siawasekun at 2014-05-26 02:46 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

居ながらにして、珍しいショットをいろいろ見せていただき、嬉しかったです。
見せていただき、感激・感動・感謝です。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
つくづく、・・・・・・・。

昨日も、拙い私のブログを見て、とても嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮、深謝です。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 05:59
m2-home様、静岡東部は結構訪れているのですか!三島がうなぎで有名なのは湧水群でいい水に恵まれていること。静岡はうなぎの焼き方にしても関東と名古屋の食文化がうまく融合しているなあと思います。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:07
アラック様、貴殿は沼津大瀬崎によく行かれるので距離的には本当に近いですよ。でもダイビングに多くの時間を割きたいので市内観光するマインドにならないこともよく理解できます。小生も食事する時間を惜しんででも見に行きたい場所への移動を優先します。
Commented by 地理佐渡.. at 2014-05-26 06:08 x
おはようございます。

蛭ケ小島。歴史好きじゃないとこの地名からは
{何?}としか聞こえてこないでしょう。
伊豆。意外と色々歴史の舞台でありますねぇ。
特に頼朝さんの頃と幕末期ですかね。

Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:16
hibikorekouji様、柿田川・忍八海・湧玉池は富士山湧水地としては見所のベスト3、是非ともその透明度と富士山とのコラボを満喫して見て下さい。神奈川県も富士山の水が忍八海・相模湖経由で水の恩恵を受けておりますので結構美味しい水です。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:25
嶺様、一人旅で三島大社・韮山反射炉・狩野川巡りですか!なかなか渋い場所を訪問されていますね。世界遺産になってメジャーになり過ぎるよりも人知れず真の歴史価値を保っている場所の方が小生的にはお気に入りなのですが・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:32
ひつじ雲様、小生が今年1月に白糸の滝を訪ねた時は工事をしておりましたがもう道はきれいに整備されていましたよね。焼きそばも食べましたか!富士宮に行ったら話題ネタに一度は味合わないといけませんね。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:40
聖二殿、先日長野県で佐久間像山の神社・資料館を訪ねたが、彼は江川担庵の弟子だった。韮山反射塔を発明した江川の影響を受けて佐久間も色々なものを発明している時代の先端を生きたお人だったようじゃよ。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:47
KWC様、三島から御殿場までの在来線の旅とはまたいい経験をされましたね。小生も若かりし頃、国鉄周遊券を購入してザックを担いだ一人旅(北海道など)をしましたが、その時の広大でのんびりした車窓風景が蘇ってきました。あの頃はヒッチハイクしたり駅に泊まったり貧乏旅行でしたが実に楽しかったです。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 06:54
siawasekun様、この週末は結構夏みたいな気温に上がりましたがまたバード探索でしたか?夏日は木陰からのウォッチがいいですね。
Commented by rollingwest at 2014-05-26 07:02
地理佐渡様、確かに「蛭ケ小島」の地名は一般的にはマニアックな部類かも・・、やはり源頼朝の歴史も北条氏あたりは結構マイナーですからね。北条政子も伊豆というより鎌倉史蹟のイメージが強いし・・。賛同共感を頂きまして誠に恐縮でございます。(笑)
Commented by ひろし爺1840 at 2014-05-26 09:27 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
今朝は生憎のお天気で憂鬱な気分に成りそうですが気持ちだけでも明るく持ってお互い一日をエンジョイしましょう~!
何時もお越し頂き心温まるコメントや応援のポチを有り難うございます。
ーーYouer To PC--
*鎌倉幕府開設の租・頼朝や政子の歴史探訪を判り良い解説付きで居ながらにして旅させて頂きました。
また富岡製糸工場跡はこの度世界遺産に決まり盛り上がってますね。
ーお誘い!From My PC-
('_')今朝は先日の花の寺から牡丹園鑑賞の様子をアップしましたの御付き合い頂ければ幸せま~す。
!(^^)!ご覧頂いた感想やご意見をお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by 山小屋 at 2014-05-26 09:40 x
葛城山・・・
静岡在住に何度か登りました。
ロープウェーもあって誰でも簡単に登れる山です。

伊豆の修禅寺も静かでよいところです。
最近、すっかりご無沙汰しています。
Commented by tombee-yanaze at 2014-05-26 16:43
あの三嶋大社のご祭神が事代主命だとは・・・・
RWさんがご承知のように古事記日本書紀に出てくる「国譲り」
大国主は長男の事代主命に意見を聞く。
この事代主命は島根半島の突端美保神社のご祭神。
二男の・建御名方神は同意せず力比べをしてスワに逃がれた。
それが・・・三嶋とは・・・。どう繋がるんでしょうね??
神話はだから面白い^^
Commented by matsu at 2014-05-26 21:24 x
九州山行お疲れ様でした。大崩山の撤退は残念でしたが、本当に素晴らしい山なので、また、天候が安定している時に、ぜひリベンジしてください。2008年12月、雨ケ岳山行後に、食山人さんに三島でご馳走になった鰻の櫃まぶし・石焼鍋は本当に美味しかったですね。昨今、鰻が不漁で高騰し、食べたくてもなかなか手が出ませんでしたが、今年は久しぶりに稚魚が豊漁で、値段も安くなりそうとのマスコミ報道があったので、たまの贅沢で、中国産ではない、国産のブランド鰻を食べてみようかと思っています。
Commented by mcnj at 2014-05-26 22:33 x
日本史の歴史を飾った、天下の英雄、頼朝も、恋に落ちることが有ったのですね。
恋の力が、原動力だったのかもしれません。

壇ノ浦で源氏にやぶれ、9歳の安徳天皇をいだいて入水したのも、清盛の正室でした。
Commented by 舞子 at 2014-05-26 23:26 x
静岡、近いようで遠いですね。
所々は訪ねても、詳しい歴史は知らない事が多いです。
東海道線新幹線に乗って、富士山が一番待遠しいですね(^^

Commented by 月乃和熊(ツキノワグマ) at 2014-05-27 04:28 x
こんにちは。いつもご訪問ありがとうございます。
今回もまた、盛りだくさんのブログで関心させられます。
歴史に思いを馳せながら、旅をするのは楽しいですよね!
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:00
ひろし爺1840様、富岡製糸工場跡は12年前に家族と行きましたが今回の周辺構成遺産はまだ訪れていないので世界遺産正式指定になる前に再度トライしようかなと思っています。
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:08
山小屋様、貴殿も静岡県にお住まいでしたか!静岡市内ですか?小生は静岡市安東(駿府城の近く)に3年間住んでおりましたが本当に楽しい日々でした。何せ冬場では静岡市内のスーパーマーケットで買い物しながら冠雪の赤石・聖岳が見えるのですから・・、歴史も山も大いに満喫した3年間でした。
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:18
清治の花便りtombee様、事代主は大和葛城の神で「一言主」とも呼ばれたようです。神のご託宣を司る神だったようです。大和と伊豆の繋がりに謎を感じますね~!卑弥呼時代に邪馬台国のライバル国に伊都国があります。九州にあったとの説が有力ですが、、イズとも読めるのでますます古代ミステリーが深まります。
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:26
matsu殿、今回は大崩山の途中撤退は本当に負け惜しみではなく結果的に大正解でした。計画通りに登山をした場合は雨の中でずぶ濡れになって夕方16時ころに下山してきたと思います。そのあと椎葉村を通過(狭い峠道を5時間近くかかりました)して市房温泉に到着も夜中の21時過ぎとなる羽目でした。途中では夕食も食べる店もなく悲惨な夜になるところでした。今回途中撤退したおかげで早めに市房観光ホテルに入り濡れた服を乾かし、温泉に浸かってゆっくり寛ぎ、新鮮な山の幸と美味しいお酒を思いっきり味わうことができました。本当によかったです。来年以降の大崩山リベンジもまた大いなる楽しみです。
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:35
mcnj様、義経・静御前の恋の方が有名(一般受け?)かもしれません。頼朝は義経を死に追いやった冷たき兄のイメージがあるからかなあ・・。頼朝が静御前を捕え、舞を躍らせた後に「義経の居場所を教えろ、さもなくば命を奪う」と迫ったところに、助け舟を入れたのは北条政子なんですよねエ・・。尼将軍の貫録、すでにこの頃から漂っております。
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:43
舞子様、東京と中京・関西の観光地を目指す方々にとっては静岡は単なる通過点のイメージなのかもしれませんね。実際には距離が近いので気持ちを近づけて訪問してみるとこんなにも隠れた見所が沢山あるのかと驚かされます。新幹線から見る富士山、あっという間ですが、富士川から通過する新幹線とコラボした富士山をゆっくり眺望するのも素晴らしいですよ!
Commented by rollingwest at 2014-05-27 06:51
月乃和熊様、旅の目的は素晴らしい絶景を味わうことも大きな目的な一つですが、そこに息づいたものを再発見することも大きな楽しみです。古代ミステリー探訪などはその究極の妄想の楽しみかも・・(笑)
Commented by つちや at 2014-05-27 09:13 x
こんにちは
柿田川の清流は昨年の8月に訪ねたばかりで
清らかな清流の流れが印象に残っています。
身近な富岡製糸場の世界遺産登録も間もなくですね。
地元では大きな期待を持って待ち焦がれていることでしょう。

小生のブログ、今日から山寺探訪が始まりました。
Commented at 2014-05-27 14:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by puka at 2014-05-27 22:34 x
頼朝と政子が富士を仰ぐ写真いいですね~。
丹那トンネルの話は、遙か昔、国語の教科書で習った事を覚えています。
もう、次第に消えつつある記憶ですが~。
Commented by yodogawasyuhen at 2014-05-27 22:36 x
こんばんは
三島の街は降りたことがありますが、都会でしたので、そのまま素通りでした。
今度機会あれば泊まってみたいですね。
白糸の滝も寄ってみたいです。
Commented by hokkaido-tairiku at 2014-05-27 22:53
こんばんは♪
こちらにお邪魔すると歴史の勉強が出来て楽しいです。
柿田川湧水と韮山反射炉はTVで見た事があります。
素敵な場所だけに地震が心配ですね(>_<)
Commented by souu at 2014-05-28 04:58 x
≫工事が原因で断層を刺激し大地震が引き起こされた人災?
そんなことってあるかな?
丹奈トンネルって暫く聞かなかったように思いますが懐かしく感じるのは高齢者なんですか?そうかもしれませんね(^_-)
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:01
つちや様、柿田川は過去3回訪ねましたが、何度行っても心が癒されます。山寺探訪が始まりましたか!それは楽しみ、小生も昨年5月に15年ぶりに再訪してその奥深さを十分堪能いたしました。あとでお邪魔いたします。
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:08
opaphoto様、静岡をじっくり訪ねると風光明媚の中に歴史が息づいています。陽光溢れ食も山も楽しめて最高の地です。地震が気にならなければ永住したい場所だと3年間の静岡生活でしみじみ思いました。
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:18
puka様、そうなんですよ。頼朝と政子の2人の後ろ姿、ほのぼのとしたものを感じます。この頃が一番幸せだったのでしょうね~!多分、情熱的な政子に迫られて頼朝の方がタジタジになっていたように想像できるのですが・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:27
yodogawasyuhen様、三島に寄ったならばやはり大社に参詣せねば!そして鰻を食さねば・・と言いたいところですが目ん玉飛び出るような高価なお値段が取られそうですから無理にお薦めしません(笑) 白糸の滝と田貫湖は是非とも立ち寄ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:38
北海道大陸様、韮山反射炉は煉瓦積み建物だけに伊豆・鈴鹿東部で大地震が起きたら瓦解する可能性があるような気がしますが、その歴史的意義は永遠に残るので、それこそが世界文化遺産だと思います。あっまだ指定が決まったわけじゃないか・・。でも今は静かな佇まいですが指定されたらあっという間に富岡みたいな大混雑になっちゃうんだろうなア・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-28 06:51
たまゆらsouu様、地球規模の地殻運動を人工的に発生させるなんて普通は考えられませんが、この場所は伊豆半島が本州に衝突接触している最前線断層だけに「トンネル工事が刺激を与えて断層にたまった力を弾けさせてしまった」・・っていう可能性もありえるような気もします。当時はそんな説など一切封殺され闇に葬られたのかもしれません。フェイスブック・ツイッターの現代なら翌日瞬く間に全国的な話題で拡散しているのではないでしょうか。(笑)
Commented by akitaka at 2014-05-28 12:00 x
家庭が穏やかな頃は、車でこの方面にはよく行き、うな繁と伊豆山神社以外は制覇しています。特に丹那断層と韮山反射炉は興味深く見学しました。新居浜別子銅山跡、富岡製糸場、琵琶湖疏水、横浜造船ドックなどを見て、C社が首になったら、全国各地に残っている日本近代化遺産を巡るのも良いかと考えています。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-05-28 16:19
静岡、伊豆
面白いところですね。
我が河津町は、源氏とはたもとをわかった仲。
歴史は面白い。
今日もスマイル
Commented by kotonoha222 at 2014-05-28 18:10
こんばんは~
三島駅の近くには湧水SPOTが3つもあるなんていいですね。
今回も綿密な旅のレポートを拝見して私など旅に出ても
歴史的なものより景色や食い気にいかに走っているかと思います。
反省頻りです^^
    しおり
Commented by biigle at 2014-05-28 18:34
柿田川は2010年に初めて訪れてその清らかな湧水に感激しました。
三嶋大社含めて今年は是非再訪問したい場所です。
うなぎも美味そうですねぇ、高そうですが・・・
Commented by tettin at 2014-05-28 21:49 x
源頼朝と北条政子のラヴ・ロマンス。大変興味深く読ませていただきました。「卒業」はよかったな。しかし、毎回、盛りだくさんの内容でほんとうに圧巻ですねぇ。
Commented by メタボの白クマ at 2014-05-29 00:23 x
三島大社の記事、参考になりました。うなぎのお店、ここに行きたかったな。今度行ってみることにしましょう。
小田原の夕闇の写真、なかなかいいですね。旅情満点です。私もこのような写真を撮りたいものです。
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:00
アキタカ様、>家庭が穏やかな頃・・(笑)いつも自虐的なコメントの入り方が小生には大いに受けております。丹那断層と韮山反射炉をかなり昔(家庭が穏やかな頃)から見学されていたとはさすがです!地震が再発する前に韮山が世界遺産指定で混雑する前に、奥様をもう一度エスコートしてあげれば再び家庭が穏やかになるかも・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:08
KawazuKiyoshi様、山口県にも河津町があるのですか!貴殿のハンドルネームの由来だったのですね。静岡県(南伊豆)にも河津町があり早咲き(2月頃)で有名な河津桜で有名です。源氏がリベンジ出世した伊豆河津町と、源氏と袂を分かった山口県河津町・・、これはおもしろい!
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:22
ことのは様、富士山は本当に湧水の里、頂上の高嶺に降り積もった雪が溶岩山肌に浸みこみ何百年のちに地上に湧水として出てくるのですから美味しいわけですよね~!食い気がまだまだ優勢とは何んともお若いことです!
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:30
びーぐる様、今年は鰻が豊漁と聞いていますので少しは安くなるかなと期待しているのですが一向にそんな気配は見えません。1000円近く出して中国産鰻も食いたくないし・・、ああ三島で御馳走になった「うな重」のひつまぶし石焼が懐かしいです。何せ只でしたから・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:40
tettin様、さすが洋楽派!映画「卒業」に反応してくれたのは貴殿だけです!S&Gのサウンドオブサイレンスを頼朝・政子の逢い引きシーンのBGMに流しちゃ変かな?(笑)ところでダスティホフマンとキャサリンロス、あのあとバスに乗って逃げて2人は幸せになれたのかな・・?
Commented by rollingwest at 2014-05-29 06:50
メタボの白クマ様、霊験あらたかなる三島大社に家内安全・健康長寿を祈り、富士山より湧き出るバナジウム水を飲み、「うな繁」で脂ののった国産ウナギを食すれば、もうこれは確実に精力がついて長生きできますね!是非とも再訪問されて見て下さい!(笑)
Commented by つちや at 2014-05-29 08:47 x
お早うございます
昨日は山寺ブログへの訪問とコメント有難うございます。
いよいよ山門をくぐって石段の坂道を登ります。
年寄りの珍道中です。 
朝が早くて人混みがなかったのが幸いでした。
Commented by なりちゃんジイジ at 2014-05-29 19:16 x
今まで訪れたことのあるところですが、良く調べておられますね
鎌倉の歴史を訪ねて、頼朝が旗揚げした石橋山の古戦場も尋ねました。
石橋山で戦いに敗れ、箱根の山中を逃げまわったことにも思いをはせてきました。
今の真鶴あたりから海路、安房・千葉にわたり、再び旗揚げして、鎌倉に幕府を開いたんですね。
政子は別格の女性ですね、伊豆山神社などでは普通の人間らしいですが?
Commented by setuojiji at 2014-05-29 20:23
静岡探訪記事、北条政子、源頼朝のラブロマンスに始まり、時代の展開、富岡製糸所の世界遺産と韮山反射炉のこと、丹那トンネル苦難の開通など時代の推移を感銘を受けながら楽しませていただきました。
Commented by rollingwest at 2014-05-30 06:00
つちや様、山寺紀行がついに始まりましたね~!昨年GWに訪ねた山寺の光景が字かに蘇ります。一つ一つの史蹟にかなり詳細に造詣を傾けておられるので感心するばかりです。芭蕉曽良の像に見送ってもらった後は長い石階段を登っていよいよ「せみ塚」ですね。これから階段を一歩一歩ずつ踏み上がるごとに語られる感慨の一語一句を楽しみにいたしております。また後ほどお邪魔いたします。
Commented by rollingwest at 2014-05-30 06:10
なりちゃんジイジ様、相当に歴史にお詳しそうで新たな歴史造詣深い方に巡りあえて嬉しい限りです!頼朝が石橋山で戦いに敗れて箱根の山中を逃げまわったとは初めて聞きました。そんな逆境からいかにして海を渡って千葉に渡り陣営を立てなおして平家滅亡に追い込んでいったのかが興味深々です。もしその辺の経緯をご存知なのであれば是非とも教えて下さい。大いに蘊蓄を語って頂き小生のモヤモヤを晴らしてくれれば嬉しいです!
Commented by rollingwest at 2014-05-30 06:20
setuojiji様、明治日本の産業革命遺産には北海道の炭鉱などを本来入れるべきではないかとも思っています。日本の産業発展のエネルギーを支え、炭鉱の落盤事故で亡くなった数々の坑夫達の悲劇はもう殆ど歴史の中に埋もれてしまっていますからね・・。
Commented by imai at 2014-05-30 08:14 x
おはようございます。
いつもながらの大作に感服です。
このブログの歴史探訪は本当に凄いです。
でもって、一番目についた画像が「鰻の櫃まぶし」。(笑)
すみませ〜ん。
Commented by ryoko57 at 2014-05-30 09:55 x
おはようございます。                          頼朝さん想うあまりずぶぬれになって家を出る政子さんの情熱はすごいですね、 勝手にもっと男っぽい人だと思っていました。  三島のきれいな水がたくさんのウナギを育てているんですね、でもウナギは好きじゃないけど!                      今旬の場所をちゃんとおさえているとは、さすがrolingwest君です  また、名所旧跡をたくさん案内期待しています。  
Commented by rollingwest at 2014-05-31 06:41
imai様、お言葉感謝です。最近、欲張りすぎのスケジュールで廻り撮りまくった写真の在庫がかなり溜まっており、いつどうやって蔵出ししていこうか頭を悩ませております。(苦笑) 記事もだんだんマニアックに入りこみ過ぎている自覚はあるのですが、もうなかなか止まりません。殆どビューキ、ASKA状態かも・・。長文で辟易するかもしれませんが懲りずによろしくお付き合い下さい。<(_ _)>
Commented by rollingwest at 2014-05-31 06:49
ryoko57様、先日の横須賀ウォーキングのあとは少しずつ歩いておられますか?秋のハイキングに備えて少しずつ体力増強しておいて下さいね。その前に6月H井の朗読劇公演と7月めさましクラシックコンサートでの皆での再会を楽しみにしております。
Commented by remy05 at 2014-05-31 21:43 x
真実探究に目覚めるまで歴史にはトンと興味がなかったのですが
日本建国史のからくりを知り興味を持つようになってまだ数年ですので
源平合戦の頃のことは、まだまだ勉強不足なんですが
平家=ペルシャ人説というのがあります(飛鳥氏も言ってます)
日本にペルシャ猫が多いのも関連がありそうです。
勉強中の古史古伝「契丹古伝」や神代文字のことを調べると
ペルシャ含むアジア全域に渡って活躍した日本人の祖先カラ族の存在が
明らかになってきます。
事実は小説より奇なり!(トンデモ・コメントで失礼しますm(__)m)
Commented by siawasekun at 2014-06-01 03:17 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

昨日も、拙い私のブログを見て、とても嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮、深謝です。
Commented by rollingwest at 2014-06-01 06:07
remy様、確かに厳島神社にある平家関係の展示品を見ましたが、ペルシア風遺物や装飾が目立っていたような気がします。平氏は海洋民族と呼ばれていますが、マレー・インドネシアを渡ってきた西アジア系やペルシャがルーツなのかもしれませんね。清盛は福原(神戸)を開いて宋貿易を試みましたが、実は海洋天竺ルートで自らのルーツ・ペルシャとの交易も夢見ていたのでは・・!決して荒唐無稽ではなくありえる事実かも・・(鴨)と思えてきました。
Commented by rollingwest at 2014-06-01 06:41
siawasekun様、今日も猛暑日となりますがバード観察は熱中症にくれぐれもご注意ください。鳥さんも5月末でのこの暑さには目を丸くしているかも・・。
Commented by Soul Mate at 2014-06-01 20:13 x
今週は高円宮家と出雲大社千家のおめでたいご縁談があったのう。千家ご先祖が天照御大神の御次男じゃったとは知らなんだ。しかし2千年以上も続く家同士のご縁談とは凄すぎ。キプロス戦元気なかったのう。W杯本番までに疲れをとって奮戦してほしいもんじゃ。。。
Commented by 星船 at 2014-06-01 22:09 x
「三島・韮山・北伊豆」編拝見しました。凄いです。良くご存知で、とても面白かったです。
私も伊豆にはよく行くのでそれなりに史跡など詳しいと思ってたのですが、知らないことをたくさん教えていただきました。
この次伊豆に行く時には打ち出して参考にしながら行きたいと思います。
Commented by rollingwest at 2014-06-02 06:04
聖二殿、出雲大社宮司「千家」のルーツは天穂命だが、実は国譲りで母親の天照大神を裏切っておるのだよ。母親から出雲を国譲りで説得する役目を受けて派遣されておきながら、結局は大国主に懐柔されて出雲に取り込まれてしまった。いわゆるミイラ取りがミイラになったていう訳じゃよ。天照大神はこれに激怒して、鹿島神宮の軍神・タケミカヅチを派遣して出雲を屈服させたという古事記のお話。天穂命は母親の天照大神の前でまともに視線を合わすことはできなかっただろうなあ・・。しかし実はこれは表向きの話。出雲は国譲りの恨みで大国主が大和を天災・疫病で祟り、天照大神はこれに恐れをなして伊勢神宮に逃げたとういのが裏話。その大国主の霊力に仕え祭祀を執り行っているのが出雲千家なのだ。その両者の末裔が結婚するんだから本当に驚愕なる歴史的な婚姻だと思う!
Commented by rollingwest at 2014-06-02 06:15
星船様、マニアックな歴史探訪「三島・韮山・北伊豆」編を楽しんで頂きありがとうございました。貴殿も歴史好きでまた伊豆も良く訪問されているとは・・!洋楽メイトでも小生と同し志向の方がまた一人増えて嬉しいことです。今後いつか熱海・湯河原・小田原周辺の歴史旅も紹介したいと思っております。
Commented by koba222 at 2014-06-02 18:22
静岡東部方面にも大変な歴史地があるのですね。
富岡製紙場の世界遺産でブレイクしてますね。
頼朝&政子のラブロマンス・・、「伊豆山神社」のことも
興味深く読みました。
rollingwestさんの詳しい歴史マンに驚くばかりです(^○^)
Commented by ひろし爺1840 at 2014-06-02 20:14 x
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
いよいよ今日から6月で衣替えですが気温の変化が激しい様なのでお互いに健康管理に気を付けて過ごしましょ~!
お越し頂きコメントやグッドを有り難うございました。
今月も先月同様に宜しくお願いします!
ーーTo You PC--
*「静岡東部探訪・その3」を判り良い解説を聴きながら居ながらにしてご一緒させて頂きました。
行った事の無い所を見られるブログって素敵ですね。
またのご招待をお待ちしていま~す!
ーーお誘い!MY・PC--
('_')今月から香川県の四国札所巡り思い出(ミニデジカメ撮影)を再開しますので、お付き合い頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!見て頂いた感想やご意見をお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by nao♪ at 2014-06-03 05:51 x
鎌倉に近いところに住んでいますから、頼朝&正子夫妻は身近な感じが致します。
伊豆もマイテリトリーで、葛城山や韮山、丹那断層、蛭ヶ小島、伊豆山神社も行きました。
三島大社がまだですが・・・
いずれにしろ我が家近辺は頼朝と北条氏の足跡が多く、頼朝と正子のラブロマンスも親しみがわきますね。

Commented by rollingwest at 2014-06-03 06:01
koba222様、小生は静岡市に3年間住んでいたので静岡県は山も含めて殆ど網羅することができました。次回は中部・西部と紹介していきますが、歴史の面では徳川家康も色彩が強まってきます。その前に伊豆・熱海・湯河原・小田原の方を先に終わらせてからにしようかな・・(笑)
Commented by rollingwest at 2014-06-03 06:07
ひろし爺1840様、長岡記事の方にコメントが入っておりましたので本来場所へシフトさせて頂きましたので御了解ください。また四国巡礼再開ですか!楽しみンしております。それにしても6月スタートから35度に猛暑日を記録するとは・・。こまめな水分補給を怠らずに~熱中症に要注意!
Commented by rollingwest at 2014-06-03 06:19
nao♪様、さすが今回紹介した場所は殆ど訪ねておられるのですね!伊豆北部はまさに鎌倉幕府のルーツなのかもしれません。世界遺産登録から鎌倉が漏れてしまって残念との声は強いですが、むしろ小生はほっとしております。富岡製糸場は殆ど人が訪れていなかったのに世界遺産になったらあの大騒ぎ。ただでさえ人気が高く大混雑する鎌倉がこれ以上芋の子洗いになって交通大渋滞になるのはご勘弁~!今のままでいいのです。
Commented by シクラメン at 2014-06-05 16:29 x
こんにちわ。世界遺産になると人がぞくぞく集まりますね。そっと見学もいいですね。いずれ鎌倉も登録になるのではと思います。
Commented by rollingwest at 2014-06-06 08:12
シクラメン様、鎌倉はいずれ世界遺産登録へのリベンジができそうなのですか!そうか・・、観光客で芋洗い状態になる前に大方のコースを早めに廻っちゃおうかな・・!先日九州の宇佐八幡・国東半島を廻ってきましたが神仏習合のルーツを自分のペースでじっくり堪能・満喫することができました。でもここも世界遺産登録に向けて今地元では大きな動きを見せているらしい・・。早めに訪問しておいてよかったかなと思っております。

<< <2014年5月18~22日>... <2014年5月>越後長岡の風... >>