<2014年10月25~26日>2014秋:「御座山」単独行&「小諸・軽井沢」探訪(前編)

c0119160_20422193.jpg

★日本200名山・「御座山」(おぐらやま)・・、隠れたお宝物の名峰!


今年最後の登山は群馬・長野の県境に聳える200名山「御座山」(2112m)で締めくくりました。「八ケ岳」と「両神山」(奥秩父)の中間点にある山ですが、山名を聞いても殆どの方が知らないと思います。実は穴場の感動名峰だった~!山容姿も頂上からの大パノラマも素晴らしい~の一言に尽きます!


    .....「御座山」は奥秩父と八ケ岳の間にある日本200名山、無名だが推奨の名峰!.....
c0119160_20432914.jpgc0119160_2044445.jpgc0119160_20434531.jpgc0119160_20442880.jpg


c0119160_5505986.jpg


c0119160_2045113.jpg


この山を登るのは実に簡単・・2時間半で頂上に立てますが、山奥にあり交通の便が悪いため登山口までのアプローチが長いのです。山頂無人小屋で泊まり夕暮れ&日の出の大パノラマを満喫しようと、RWはかねてから計画を立案。快晴の週末を狙って、いつでも出掛けられるように準備万端状態


       .....中部横断自動車道の佐久小諸付近、ついに「浅間山」が近付いてきた!.....
c0119160_21443526.jpgc0119160_21444536.gif


c0119160_2145044.jpg


10月25~26日は安定的な秋晴れ予報・・、ヨッシャ、キタ~!RWは車に登山用具を積んで朝7時に自宅を出発。関越・長野道の佐久小諸ICから南下して千曲川沿いに奥秩父方面へと向いました。


        .....「千曲川旅情」を感じながら源流へ向う。堰堤の流れが印象的な光景.....
c0119160_21513264.jpgc0119160_21525830.jpg


c0119160_21531337.jpg


        ......小海を通過してさらに支流の道を行く。「相木川」の流れは清冽な印象.....
c0119160_21554672.jpg
c0119160_21555938.jpg

北相木村は長野県東部に位置する人口8百人の過疎村、見渡す限りの緑と川音だけが聞こえる何もない山奥風景ですが心が落ち着かされます。おお「御座山」が見えて来たぞ!まさに神座の山・・


    ......(左)山奥源流へと入り「北相木村」へ (右)ついに「御座山」が全容現す!貫録の姿.....
c0119160_21573022.jpgc0119160_21574380.jpg
c0119160_2158043.jpg
c0119160_21581513.jpg







★避難小屋に宿泊、山頂で360度の夕暮れ大パノラマを満喫!


       ......(左)白岩登山口の駐車場に到着  (右)カラマツ林の登山道を歩き出す.....
c0119160_2244814.pngc0119160_2255042.jpgc0119160_225441.jpgc0119160_2252018.jpg


c0119160_226626.jpg

c0119160_226443.jpgc0119160_2265536.jpg
c0119160_227988.jpg


13時30分白岩登山口に到着、紅葉のカラマツ林の道を歩き始めます。1時間程歩くとシャクナゲが生える岩場「見晴し台」へ到着(浅間山が俯瞰)、さらに40分登ると「前衛峰」、ここから最後のキツイ登り


       .......(左)1時間程で「見晴し台」へ到着  (右)浅間山の稜線が見えてきた!.....
c0119160_2215396.jpgc0119160_2216068.jpg


c0119160_22161513.jpg

           ......(左)前衛峰に到着 (右)うだの沢トーミから最後の登り.....
c0119160_2223248.jpgc0119160_22232679.jpgc0119160_2223429.jpg







c0119160_22235842.jpg


16時に避難小屋に到着。2002年に建替えられた小屋の内部は床板張りで清潔感に溢れています。でも紅葉ハイシーズンで大パノラマが楽しめる山なのに宿泊者は自分だけ・・、人気薄の山だネ~と再認識


       ......「避難小屋」に到着、登山客は誰もおらず今夜は一人ぼっちの自炊宿泊.....
c0119160_2230451.jpgc0119160_22305745.jpgc0119160_22312883.jpg




c0119160_22315419.jpg


山小屋から少し登ると頂上部へ出ます、ナ・ナ何という絶景だ~!いきなり眼前には八ケ岳が出現!さらに先の断崖絶壁に頂上標識が見えている。RWは興奮状態で頂上を極めてセルフタイマーで自写


       ......(左)夕暮れの光雲を被った「八ケ岳」 (右)頂上部絶壁から見る北相木村.....
c0119160_22364159.jpgc0119160_22361460.jpgc0119160_22365784.jpg



c0119160_22372071.jpg


  ...... 誰もいない夕暮れの「御座山頂上」に立つ!感動の大絶景を一人占めして大満足!.....
c0119160_22414545.jpgc0119160_22421092.jpgc0119160_22422537.jpg


c0119160_2242448.jpg


頂上に立つとまさに360度の大絶景!八ケ岳の背後は雲海に浮かぶ南アルプスが島の如し!右手遥か先には北アルプスの峰々が延々と連っている!右から後立山名峰、槍ヶ岳も俯瞰できる!北東部は榛名山・妙義、奥には尾瀬や越後の山々まで見えるではないか!空気が澄んでいるネ~


              
    .....(左)サンセット絶景!「八ケ岳&南アルプス」 (右)「北アルプス」の全景も俯瞰できる!.....
c0119160_22484046.jpgc0119160_22485967.jpg

c0119160_22491771.jpg

c0119160_7152387.jpg


        ......(左)雲海に浮かぶ夕暮れの「榛名山」 (右)秩父の名峰「両神山」.....
c0119160_5525961.jpgc0119160_5531563.jpg



c0119160_5534448.jpg
c0119160_554187.jpg


          ......「浅間山」の夕暮れパノラマ・・、シ~ンとした空気が横たわり続ける... 
c0119160_6591937.jpg
c0119160_704968.jpg


眼前には浅間山の雄大山容、右はギザギザした奥秩父の両神山、雲海に浮かぶ山々が素晴らし過ぎる~!こんな光景を独占で楽しんでいいのかいな・・。夕暮れパノラマは時間経過につれ彩色が変化し食い入るように見入ってしまった。雲海&南アルプスが変幻する光の芸術ショーを得と御覧あれ~


  .....夕陽が山の端に沈み始めると、南アルプスと雲海のイルミネーションが変化躍動し始める.....
c0119160_745447.jpgc0119160_751184.gif

c0119160_19393819.jpg








c0119160_753378.jpg


c0119160_755119.jpg

         
   .....RWの眼前で「南アルプス連峰」は彩りの絵画を次々描きながら徐々に光を失っていく・・.....
c0119160_19444235.jpg

c0119160_1945271.jpg
 
さて日が暮れれば山小屋で就寝準備を整え自炊夕食。コンロで温めたおでんを摘まみながらビールで乾杯~!日本シリーズ(ソフトバンクVS阪神)のラジオ実況を聞きながら19時過ぎに寝てしまいました。しかし睡眠6時間で十分なRWは夜中1時過ぎに目が覚め、もう眠れない。朝まで結構冷えました~


     ......(左)寝袋を敷き、夕食の準備開始  (右)おでんを肴にビールで一人乾杯!.....
c0119160_19471623.jpgc0119160_1947346.jpgc0119160_19474828.jpg



c0119160_19481275.jpg
c0119160_19482573.jpg


    .....放射冷却の夜で寝袋に包まる。夜中のオシッコで見た暗闇に浮かぶ木々のオブジェ.....
c0119160_19581762.jpgc0119160_19583082.jpgc0119160_1959041.jpg




c0119160_19591280.jpg
c0119160_20104015.jpgc0119160_20105487.jpg



c0119160_20111345.jpg







★翌朝は御来光の大絶景!

朝4時、朝食を済ませ、寝袋・ザックを詰めて出発準備完了!5時は真っ暗でしたが徐々に明るくなってきた!黎明ブルーの中で頂上に再び立ち待機、御来光を待つことに・・。またも雲海が幻想的光景


   ......夜明け前に再度頂上へ!今度はサンライズ芸術を楽しもう!黎明の山頂でその時を待つ.....
c0119160_20363732.jpgc0119160_20365212.jpgc0119160_20373338.jpg
c0119160_2038753.jpg


c0119160_20383780.jpg


       ......日の出方面は薄暗いオレンジ、反対側の山々は明るい薄暮で水彩画の如し.....
c0119160_20444888.jpg
c0119160_2045189.jpg
          
山頂で待つこと30分、黎明の空は刻々と色彩を変化させ両神山(ギザギザ山頂)の右から太陽が昇って来た~、大感動!過去、美しい御来光を数々体験しましたが頂上で独占して見たのは初めて!


    ...... いよいよ太陽が昇って来た!360度の大パノラマが時間とともに色合いを変えて行く.....
c0119160_20475021.jpgc0119160_20453987.jpg



c0119160_20481726.jpg

c0119160_20502491.jpg



    ......(左)山肌が朝日で真っ赤に染まる! (右)ついにキタ~!両神山右手から日の出!.....
c0119160_20504857.jpgc0119160_2051847.jpg







c0119160_20512414.jpg


夕暮&御来光パノラマを一人占めで楽しませてもらった御座山頂上ヨ・・さらば!一生想い出に残る壮大光景が脳裏にシッカリ刻まれました。1時間半の爽快な下山で駐車場に到着!今日も大快晴~!


         ......朝日が差し込む気持ちのいい山道を下る。軽やかな1時間半の歩き.....
c0119160_20581572.jpg
c0119160_20582932.jpg

    ......(左)駐車場のマイカーが見えて来た!下山完了  (右)再び千曲川の道を快適ドライブ.....
c0119160_2102916.jpg
c0119160_2104442.jpg

さて今日は朝から、信州の名所を数々訪ねて紅葉を思いっきり満喫してみよう!これから小諸・懐古園、浅間山・鬼押出し、軽井沢へと向います。雄大な浅間山が青空に映えて実に美しかった~!


        ......(左)千曲川と浅間山 (右)稲が刈られた田園風景、浅間山を間近に!.....
c0119160_212854.jpgc0119160_2122352.jpg

c0119160_2123689.jpg






★小諸なる古城のほとり・・「懐古園」を訪問


「懐古園」は小諸城址に残る「三の門」や苔蒸す野面積の石垣、樹齢500年の大欅、四季折々の風情が楽しめる公園です。RWは初訪問だったのでジックリと園内を散策しました。仙石秀久により完成された日本百名城は城下町より低い位置に築かれ「穴城」と呼ばれる全国で珍しい建築形態です。


        ......小諸の古城「懐古園」を初めて訪ねる。迫力ある「三の門」を通過して入場.....
c0119160_21111620.jpgc0119160_21113420.jpg


c0119160_21115829.jpg


    .....(左)仙石秀久(秀吉時代の小諸城主)が築いた穴城 (右)威厳ある黒門跡の石垣.....
c0119160_21144425.jpg
c0119160_21145654.jpg

       ......(左右)紅葉の坂道を登り黒門跡へ向う  (中)千曲川旅情の歌のパネル.....
c0119160_21161490.jpgc0119160_2116283.jpgc0119160_2117113.jpg
c0119160_21175291.jpg


初代藩主・仙石秀久は、大手門・石垣等の城郭整備し小諸城下町や街道の整備を行い現在原形を築いていきました。その後城主は徳川・松平氏、越後から移封された牧野氏と変わり街の発展に繋がっていきました。明治時代になると小諸城に「懐古神社」が祀られ城内を「懐古園」と呼ぶことに・・


              .....(左)「懐古神社」に参拝  (右)霊験あらたかなる鏡石.....
c0119160_2126567.jpg
c0119160_21261999.jpg

       ......(左)菊祭り馬場の紅葉は目を見張るばかり! (右)水の手展望台からの風景.....
c0119160_2128411.jpgc0119160_21281963.jpg

c0119160_2128347.jpg
c0119160_21311628.jpg
c0119160_21313955.jpg

島崎藤村が小諸に来たのは明治32年のこと。かつての恩師に招かれて小諸義塾に赴任しました。小諸で過ごした6年間で「雲」「千曲川のスケッチ」「旧主人」等が生まれ、大作「破戒」が起稿されました。「藤村記念館」には藤村の小諸時代を中心とした作品・資料・遺品が多数展示されています。


        .....「島崎藤村」記念館 「小諸なる古城のほとり」・・藤村「落梅集」の冒頭詩.....
c0119160_21354240.jpgc0119160_21363480.jpg
c0119160_21365174.jpg


             ......「富士見台」からの景色を満喫して、再び「三の門」に戻る.....
c0119160_2141487.jpg
c0119160_21411830.jpg





★続きの後編レポートは来年1月にお届けします!


小諸の後は、浅間山大噴火の溶岩庭園「鬼押出し」&「噴火博物館」を訪問、最後は軽井沢の紅葉名所を訪ねて夕方には自宅に戻りました。この後編レポートは来年早々の記事で公開致しましょう。


     ......(左)「鬼押出し」溶岩群の参道(浅間山を背景に)  (右)広大なる黄葉の大平原.....
c0119160_2145861.jpgc0119160_21452456.jpg

c0119160_21453764.jpg


            ......(左)「軽井沢高原教会」の黄葉 (右)軽井沢の並木ロード.....
c0119160_21484510.jpgc0119160_2149325.jpg


c0119160_21492051.jpg


        ......(左)豪華で威厳ある「旧・三笠ホテル」  (右)「霊場池」の鮮やかな紅葉.....
c0119160_2153243.jpg
c0119160_21531296.jpg

今回撮った絶景は実に大感動!何枚もシャッターを切りまくったなア・・。通常はお蔵入りさせない写真を沢山捨てたのは残念・・。サンセット大絶景の捨て難い写真を再度掲載して記事を終わりにします。


         ......再び山上の大パノラマをご堪能下さい!夕方の光を浴びる「八ケ岳」.....
c0119160_21544459.jpg
   
     ......雲海の「南アルプス」、中央左が日本標高2位「北岳」・3位「間ノ岳」、右に「甲斐駒」.....
c0119160_21545641.jpg
  
今回ミニ旅はRW生涯で特筆される印象が脳裏に刻まれました。世界に誇る美しい日本の山々の素晴らしいサンセット&サンライズを大俯瞰できたこと。噴火したらもう見られないかもしれない浅間山の大絶景。そしてRWとは無縁なる高級保養地・軽井沢で満喫した紅葉風景・・。思い立ったら吉日!


      .....日が沈んだ後も深い色を変化させ夕闇に包まれていった。余韻漂う夕刻の絶景.....
c0119160_21552079.jpgc0119160_21553276.jpg



c0119160_21554826.jpg


c0119160_215608.jpg

    


             
                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-11-18 00:00 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(132)

Commented by cynchia at 2014-11-18 00:10
こんばんは、お疲れ様でした、素晴らしい山の景色、この時期ならではですね、行きたくなります。
小諸も好きで、八ッからの帰り小海線の乗り換えで立ち寄りました、ありがとうございます。
Commented by rollingwest at 2014-11-18 06:47
cynchia様、一番乗りを頂きありがとうございます。今年の紅葉はなかなかいい感じでした。天気がいい日を狙って無人小屋に泊まり翌朝から周辺観光地を訪ねる旅もなかなかいいものだと再発見です。一般宿ですと予約変更の制約があるので、天候を直前まで見極めて判断というわけにはいかないし、何と言っても無料ですからね~!気楽な一人旅で好きなコースを廻りまくるRWにとっては性に合っている気がします。
Commented by kwc_photo at 2014-11-18 08:12
山の紅葉はいいですね~。
こちらもまた、私の未踏の地です。
中学の頃、千曲川を「ちまきがわ」と読んで笑われた記憶が
蘇ってしまいました(笑)これ、読めないですよね。
懐古園の紅葉、印象的です。一度行ってみたいのですが、
なかなかここまでは行けませんので、rwさんの写真で楽しませてもらいます(^-^)
Commented by koyuko at 2014-11-18 16:16 x
本当! 隠れた名峰ですね。
こんな素敵な景色を1人占めとは贅沢ね。
かっての山女は100名山を50まで制覇したところ、
主人の発病で断念しました。
もう、筋力が弱って無理ですが、山は本当に素晴らしいです。
Commented by tombee-yanaze at 2014-11-18 17:10
よくもあま・・こんな山をご存じでしたね。
用意周到準備万端、満を持して登られたほどの山。
両神と八ツの真ん中・・ロケーションも然ることながら・・
なんもかんもがうまくいって、シタリ顔のRWさん^^
とにかく素晴らしい!!
小諸なる古城のほとり・・何十年も前にカミさんと歩きました。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-11-18 18:15
360度の大パノラマを独り占めだなんて、全ての空間がrollingwestさんのものだったのですね^^
山を愛すればこその貴重な体験ですね。
刻々と変わる空の色、想像しただけでもワクワクして来ます♪
いつか山頂からご来光を愛でてみたいです。
Commented by なりちゃんジイジ at 2014-11-18 20:50 x
大自然を独り占めして満足したでしょうね
夕方、朝方の光の変化はきれいですね
この山の名聞いたことありませんね、そこへ単独行とは、クマに襲われそうです
楽しんでおりますネ!!
Commented by biwahama at 2014-11-18 22:36
こんばんは~山々の景色 赤く燃えるような朝焼け
綺麗ですね。独り占めした山頂での高揚した気持ちは
自分へのご褒美ですね。
夕景より朝焼けの方が綺麗なのかな。
ご来光だけあって神々しいのかもしれませんね。
Commented by GAOHEWGII at 2014-11-19 00:21 x
rollingwest様 こんばんは

この山も上ったことはないですが、
山頂独り占めなんてうらやましいです。
天気も良くて最高じゃないですか。
良かったですね!
紅葉の写真がキーフみたいできれいですね。
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:00
kwc_photo様、「ちまきがわ」ですか~!何となくそんな風に読めそうで「ちくまがわ」よりはしっくり来る感じも・・(笑)。因みにウチの娘は「ちまき」さんのニックネームで呼ばれております。あっ関係ネーカ・・。<(_ _)> 
懐古園はよかったですね~!何度も回顧してしまいそうな庭園でした。
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:07
koyuko様、いつも小まめに早い段階でコメントが入り嬉しい限りです。今回は本当に隠れた穴場名峰でした。登山には相当な時間を要する両神山と八ケ岳の丁度中間点にあるにも関わらず往復4時間で登って下りてこられるですからこりゃ驚きです。でもこの登山口に行くまでが結構大変なのですよ。カーナビ付きの車がなかったらとても辿りつけそうにもない山奥でした。
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:14
清治の花便り様、200名山を毎年少しずつ消化しているRWなのでこの山はいつかと思いつつ余りもマイナーで地味な印象を持っていたので後回しにしていたのですが、実際に登って見るとこんなに手軽に大絶景を満喫できる山だったのか~!と目から鱗が5枚くらい剥がれまくってしまいました。
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:23
hibikorekouji2様、あまりの絶景にジコチュー状態で「世界の中心で秋を叫ぶ」(意味不明)でございました。いつか山頂からご来光を愛でてみて下さい。でも宿泊する場所が頂上付近の小屋でなければなりませんのでそれなりの装備と覚悟が必要でございますが・・。☆ヽ(▽⌒*)♪yume kanaimase!
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:31
なりちゃんジイジ様、200名山を目指す人でないとこの山の名前を知っている人は殆どいないような気がします。この山には鹿は多いようですがクマはいない感じです。小生は単独行はあまりやらない方なのですが今年は2回も一人登山をやってしまいました。
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:41
びわはま様、大変御無沙汰いたしておりました~!夕景も朝焼けも神々しさにおいて甲乙つけがたしです。ただし朝の方が青空の中で光が時間と共に増して来るので、未来を感じていい気持ちになれます。-+0
Commented by rollingwest at 2014-11-19 06:48
GAOHEWGII様、一般記事の方にも御来訪頂きありがとうございます!登山ブームの現在、紅葉ハイシーズンの晴天の週末、関東近郊の山でこんな大絶景を山頂で一人占めするということはなかなか体験できないものです。まさにレアなるお宝物の週末となりました。
Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2014-11-19 21:33 x
◆この時期の紅葉や山の景色は素晴らしいですね。
それも独り占め。一瞬集を切り取る。
シャッターチャンスを待つRWさんが目に浮かびます。
それにしても、山小屋に一人で泊まるのは勇気が・・。
どうも私は臆病なので・・・。
でも夜空は、満点の星。このひととき。
至福の時を過ごす。この時間はご褒美。

★最近は、ブログのアップ回数が増加しましたか。
また、山々の素晴らしい写真をお願いします。
(*^^)v~★
Commented by rollingwest at 2014-11-20 06:04
風の又三郎様、ご訪問ありがとうございます!小生も誰もいない無人小屋に泊まるのはちょっと怖いかな・・と思っていましたが、いざ泊まると綺麗な小屋で意外とアッケラカンとした一夜を過ごしました。でも広い小屋に一人で寝ていると気温はどんどん下がり・・、とにかく寒かった~。夜中の1時に目が覚めてしまい朝4時に起きるまでの時間が長かったこと長かったこと・・(苦笑)
(PS)ブログ更新回数は一般記事も洋楽記事もそれぞれ交互に12~13日に1回の更新ペースは変わっておりませんよ。
Commented by つちや at 2014-11-20 08:29 x
お早うございます
両神山は聞いたことが有りますが御座山は初めて知りました。
一人での山登りは若いからできることですよね。
その若さが羨ましいです。 
ましてや山頂でのご来光の独り占めは他の人にも見せたかったのでは?

鬼押し出園は今年の予定でしたが行きそびれて居ます。
この辺りの紅葉も良かったようです。
行動範囲の広さに感心しています。 



Commented by マツ at 2014-11-20 09:13 x
御座山は、2005年11月3日に彰さんと一緒に行き帰りともJR小海駅からタクシーを利用し日帰りで登りました。(白岩登山口から山口登山口へ下山〉。登り始めのカラマツ林の黄葉が大変綺麗だったことと!
頂上からの八ケ岳や奥秩父・上州の山々の眺めが良かったことを覚えています。200名山の中でも非常に地味なマニア向けの山と思いますが、全体に漂う幽玄な雰囲気が私は好きです。ウィキペディアによると、この山は、昭和60年8月の日航機墜落事故の際、第一報ではこの山が墜落場所と誤報が流されたとのこと。もし御巣鷹山ではなくこの山にジャンボ機が墜ちていたら、以降「御座山」を巡る登山の状況は大きく変わっていたことと思います。
Commented by hirugao at 2014-11-20 09:13 x
あまり知らない山でしたがお一人だったのですね。
若いころは一人も何度かしましたが・・・
今思えばかなり無茶だったかもしれません。

草ですね~
若いからできるのかもしれません。
Commented by small-talk at 2014-11-20 23:00
僕もかなり昔ですが、御座山の避難小屋に泊まりました。
懐かしいですね。
ついでに。。。
今年の11月の初めに雲場の池に行きました。
Commented by 山小屋 at 2014-11-21 05:44 x
天気に恵まれた登山だったようです。
山で見る星は格別なものがあります。
独宴会も楽しかったようです。
Commented by rollingwest at 2014-11-21 06:00
つちや様、御座山をご存知の方は殆どいないのですが、こうやって穴場の名峰を見つて皆様に報告できたので非常に嬉しい気持ちになりました。
>ましてや山頂でのご来光の独り占めは他の人にも見せたかったのでは?←まさにその心境でしたので、今回記事は絶景写真を厳選に厳選を重ねて結構リキを入れて書きました~!
Commented by rollingwest at 2014-11-21 06:08
マツ殿、この山を登ろうと思ったのは貴殿と新潟焼山でご一緒した時に「楽勝の山ですよ」とアドバイスを受けたことがキッカケです。快晴日を狙って御来光を仰ぎ軽井沢紅葉とコラボさせようと思い立ちました。わが弟とは数年前まではマツさんとこの山に登っていたんですね。現在の彼はまるで山への興味を失っていますが・・(苦笑)
(PS):日航ジャンボ機事故が起きた直後にマスコミが、当初は「御座山に墜落した」と報じていたことは鮮明に覚えています。もうあれから30年近い年月が刻まれるのですね。
Commented by rollingwest at 2014-11-21 06:19
hirugao様、単独行はやはり危険が増すのでなるべく複数メンバーで登山するようにしているRWですが、快晴日を直前まで判断して自由自在に行動できるのはやはり一人旅です。車で行って手軽に登れる山に限られます。
Commented by rollingwest at 2014-11-21 06:28
ひつじ雲様、相当の昔ですと御座山避難小屋は建て替え前だったのでしょうか?今回の新しい小屋は広くて立派なものでしたが登山客の少なさに比べるとちょっと勿体ないような気もしました。(苦笑) 霊場池は初めて訪ねましたが素晴らしい散策が楽しめますね。
Commented by rollingwest at 2014-11-21 06:36
山小屋様、これだけ広い避難小屋で一人だと放射冷却の夜はやはり寒かったです。やはり大勢の人がいる方が体温で小屋があったまる効果はありますね。夜の独演会で結構酒量を上げたのでオシッコも何回もいっちゃいました。1時に目が覚めて4時に起床するまでの時間が長かった~(苦笑)
Commented by hiroshijiji1840 at 2014-11-21 08:27
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントや応援のポチを有り難うございました。
投稿の励みに成り嬉しく思ってま~す!
ーToYouPCへ!-
*2112mの「御座山」からの眺めは素晴らしいですね~!
懐古園も未だ訪問した事が無く、ゆっくりと居乍らいして楽しませて頂きました。
来年、元旦のご来光を楽しみにお待ちしてます。
ーMyBllogへ・お誘い!-
('_')今朝は再度訪れた鳥取大山の枡水高原の秋の様子をアップしましたのでお付き合い頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!御覧頂いた感想やご意見などを楽しみにお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!
Commented by imai at 2014-11-21 09:15 x
おはようございます。
御座山、夕景も朝景も絶景ですね〜。
八ヶ岳と両神山は登ったことはありますが、御座山は登ったことがありません。
御座山の景色をRWさんのHPで堪能でき良かったです。
ありがとうございました。
Commented by ryoko57 at 2014-11-21 10:49 x
御座山の夕焼けから朝焼けだんだん空が明るくなっていくのを見られるって山頂まで行った人だけが味わえる醍醐味ですね。とても美しい景 色ですね。 昨日は蔵王の山頂の池に何か兆候があったとか?日本は大丈夫でしょうか、今後もいろんなところへ行くでしょうが、気をつけて山を楽しんでください。
Commented by マロン at 2014-11-21 17:31 x
美しい山の風景に感動しています。
朝焼けの綺麗なこと! あ~山に行きたい!
日航ジャンボ機事故が起きた御巣鷹山の近くなんですか?
私はあの2日後に家族で新幹線で予定していた軽井沢に行ったのですが、TVも墜落のニュースばかりだったので忘れません。
タクシーの運転手さんが、あの山です。って教えて下さいました。 もう30年近く建つのですね。
暫くPCをお休みしている間に素敵な記事の数々を拝見して楽しませて頂いています。
Commented by m2-home at 2014-11-21 19:00
軽井沢の近くにこんな山があったとは。
知りませんでした。

来年は本州の山々を攻めてみたいものです。
秋の山は紅葉が素敵だけどクマには遭遇しないのですか?
九州はクマいないから安心してるけど軽井沢周辺はクマいるからどうなのかなと。
Commented by 舞子 at 2014-11-21 19:33 x
何もかも独り占めの大自然!
思い出の残るすばらしい行動に拍手です(^-^)//

懐古園も鬼押し出しも懐かしいですが、
名山登りの方が貴重な体験ですね。
Commented by wistereasublime at 2014-11-21 19:51
メタボの白クマです。コメント者のハンドルネームの記載欄が無くなったんでしょうか。前々回から変わったたようですね。
さて夕暮れの雲の写真がとても美しい。こんな写真が撮れたらいいなと思います。
御座山、金峰山の真北、八ヶ岳と両神山に挟まれているのですから、少なくとも私は5回は眺めているはずなんですが、記憶にないです。八ヶ岳からの同定をしていないということですね。しかし静かな山旅を味わえそう。是非とも訪れたい山になりました。
自由民権運動の最後の蜂起を指導した菊池貫平は確か北相木村で、最後は御座山の北の十石峠を越えて信州までいって鎮圧されたのではなかったかな。田代栄助・井上伝蔵などとともに死刑判決を受けた方を思い出しました。秩父事件を偲びながら歩いてみたいです。
Commented by シクラメン at 2014-11-21 21:27 x
こんばんわ。御座山と書いて、おぐらやまと呼ぶのですね。京都にも小倉山があります。お一人で準備をして山小屋一人はちょっと淋しいですね。きれいに山が撮れています。でもいいなあ。
Commented by souu-3 at 2014-11-21 21:40
光を浴びる八ケ岳 綺麗ですね~~
山は素晴らしい!けれど「光」が より一層素晴らしさを
引き出していますね。
Commented by さかきんぐ at 2014-11-22 00:17 x
こんばんわ。

見事な陽の光を拝ませて頂きました。ありがとうございます。ご利益を授かりそうです。森林の中から光が差し込む風景も好きですね♪。

行き方のレポートもあり、自分も頑張って登った感じになりました。
Commented by Choco16 at 2014-11-22 02:05 x
RW様、こんばんは。真っ赤に染まった陽光の中に佇む八ヶ岳は、まるで天空か何かのような風景で感動しました!こういう光景を僕も味わってみたいです。今年は富士山のご来光見に行くつもりだったのですが、あいにくの天気で結局行かずじまい……。RW様の行動力に改めて脱帽です。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:00
ひろし爺様、やはり元旦のスタートは日の出写真が目出たいのでこの御来光SHOTを年始冒頭記事に使おうと思っております。貴殿も正月向けの素晴らしいユーチューブをまた作成されるでしょうからRW-INDEXに貼り付けて紹介させていただこうと今から期待しております。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:08
imai様、御座山は200名山なのでかねてより山名だけは意識はしていたのですが、八ヶ岳と両神山の中間点にあってこんな素晴らしい眺望が得られる名峰(それも結構お手軽に登れる穴場)だったとは、実は小生もこの秋まで知りませんでした。何事も百聞は一見にしかずですね。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:21
ryoko様、朝日・夕日の山岳風景の素晴らしさは、刻々と変化する色彩、これには絶対に雲が欠かせないんですよネ~!当日は360度雲海だったので全ての山が見渡せて日光と雲の彩どり芸術を楽しむことができました。平地歩きからだんだん標高を上げてこんなパノラマをいつか見せてあげたいです。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:30
マロン様、お久しぶりです!日航機事故の時に軽井沢訪問で近くにいらっしゃったのですね。複雑なお気持ちだったことでしょう。もうずっと更新されていなかったのでブログやめちゃったのかなのと思い、お気に入りINDEXから外してしまったのですが復活されて何よりです。また登録しますのでURLを教えて下さいませ。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:40
m2-home様、貴殿は軽井沢がお好きですから次回訪問の際に是非ともこの山に登って見て下さい。でも交通の便が悪いのでレンタカーを借りていかれたほうがいいですよ。この辺は鹿は多いようですがクマはいないように思えました。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:47
舞子様、隠れ名峰を一人占めして夕刻・日の出絶景を見られたことは初体験で一生心に残るいい登山になりました。翌日の軽井沢の真っ赤な紅葉も本当に美しく最高でした。元旦記事も明るく赤LOOKの年初レポートにしたいと思っております。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 06:55
メタボ白クマ様、貴殿がお見えになっていない中でwistereasublimeさんという新しい方が来られているなと思っていたのですが、実はハンドルネーム表示がいつの間にか変わっていたのですね。実にカッコいいネーミング!こちらの方が似合っておりますよ。(笑)
御座山は近くから見ると非常に素晴らしい姿をしているなあと思いましたが、八ケ岳・奥秩父から仰ぐとあまり目立たない山(小生もあまり記憶に残っておらず)なのかもしれないませんね。山自体が無名なので意識して特定していなかったのかも・・。登山時間は楽勝なので是非ともトライして見て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-11-22 07:03
シクラメン様、御座山は一見「おぐらやま」と読めないように思えますが、よく斟酌してみるとやはりこのように読めます。まさに神が座っているような「かみくら」の山でした。山小屋でたった一人で泊まるのも夕刻・日の出の絶景を頂上で独占するのも初体験だったので非常に印象に残りました。神の座に座って神になったような気持ちをカミしめながら・・。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-22 07:11
たまゆらsouu様、山も紅葉も光によって色々な姿を見せてくれるので楽しいですね。特に秋は空気が澄んでいるだけにその濃淡が一層鮮明になるので一番いい季節です。もっと光を・・!(笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-22 07:18
さかきんぐ様、大変御無沙汰いたしておりました。久しぶりのご来訪、嬉しい限りです。太陽の光って実に素晴らしいなあと一人頂上で感慨に浸っておりました。森林の中から光が差し込む風景からは、今日は朝から快晴青空のもとで紅葉が楽しめるゾとワクワク感も倍増でした。♪
Commented by rollingwest at 2014-11-22 07:26
Choco16様、今回の登山は360度絶景の真ん中に切り立つ絶壁岩の頂上に立っていたのでまさに天空から俯瞰しているかのようでした。富士山は17年前に登り素晴らしい御来光を見たのですが高山病にかかってしまい景色を楽しむ余裕もありませんでした。(苦笑) 富士登山の際は酸素飴などを持って行った方がいいですよ。
Commented by mcnj at 2014-11-22 17:29 x
御座山、いい球ですね。
ロケーションが最高です。
八ヶ岳、南アルプス、北アルプス、浅間山、関東山地、秩父山地などをみわたせる、絶好の位置に有りますね。
天候も最高で、雲一つない御来光が拝めましたね。
サンセットも素晴らしいです。
信州人のmcnjは、小諸懐古園へは、何度も行きました。
いいところです。
Commented by yamanosoyokaze at 2014-11-22 19:01
素敵な日に、素敵な山に登られましたね。
素晴らしい夕焼け&朝焼け。
それに一人で満喫なんて~
でも、誰かと一緒に叫びたくならなかったですか?
こんな素晴らしい光景ですもんね~
Commented by つきのわぐま at 2014-11-22 19:04 x
うわ~!!
相変わらずダイナミックですね~。
やっと風邪もぬけたので、
どこか近場に紅葉を見に行きたくなりました。
まだまにあうかな・・・
Commented by hirospace at 2014-11-22 19:41
御座山、素晴らしい山旅ですね。
アクセスの悪い山も、それなりの楽しみがあって、いろ~と登られておられますね。
でも、山小屋で一人で宿泊というのは怖くありませんか?
僕は小心者だから駄目ですね。
小諸の観光も流石に歴史にも精通されておられるので、要を押さえられて言うように拝見させていただきました。
Commented by まき子 at 2014-11-22 21:06 x
ご無沙汰してました〜。
RWさんのblogはいつも読み応えがあるので、なかなか時間があるときしかコメント入れられず…
足が遠のいてしまっていてごめんなさい〜。
紅葉いいですね!
こちらも今日、六甲山に行ってきましたよ♪
ムスコがまだ歩けないから車でいきましたが、
いつかハイキングしたいです。
今日も天気がよかったので、登山者がいっぱいいました!
Commented by remy05 at 2014-11-22 21:22 x
軽井沢へは、同僚とバスツアーで行ったことがあるのですが、この日はとにかく体調が悪くて、バスの中でもずっと寝てたし、旧三笠ホテルに外観が似ているホテルでは、夕食のご馳走も一口も食べられず、ベッドで朝まで寝ていて何にも覚えてないというお粗末な小旅行を思い出しました、
Commented by たけじい at 2014-11-23 05:20 x
RW様、コメントいただき有難うございます。御座山、「おぐらやま」と読むんですね。知りませんでした。詳細で素晴らしいレポート、参考になります。今回の野辺山は バスツアーとて 逍遥は出来ず 景色は 車中から 眺めるだけでした。
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:02
mcnj様、このお近くにお住いなのですね!小生はこの1年間は上信越自動車道の信州がマイブームです。昨年秋の火打山、今年7月の黒姫山、9月の新潟焼山、野沢温泉・小布施、10月の御座山・小諸・軽井沢、11月富岡製糸場・荒船風穴等の世界遺産群(アッここは群馬か)・・と連続6回訪問です。実に魅力的な高速道路沿線ですネ~!
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:16
そよかぜ様、素敵な日をターゲットにして出かけたので予定通り素晴らしいパノラマを見られて満足でございました。今年の山はこれで最後の登り納めでしたが、今年は初めて九州の山にデビューして想い出が深く残る年となりました。来年は大崩山のリベンジも含めて再び上陸したいと思っております。
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:23
月乃和熊様、風邪を召されておりましたか!?昨日は暖かったですが、その数日前は12月の様な寒さで気温変動がありましたからね~。快復されたのであれば里の紅葉は今が盛り!今日もいい日なので是非ともお出掛けをしてみては・・!
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:30
hirospace様、小生も無人山小屋に一人泊まるのは幽霊でも出たらいやだなあ・・なんて思っておりましたが、この素晴らしい絶景パノラマで小屋も新しくそんな雰囲気は殆ど感じませんでした。でも曰くつきの山で廃墟の様な無人小屋だったら恐怖でブルブル震えていたかも・・(苦笑)*
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:36
まき子様、今は子育ての他に初めての関西生活スタートで見るもの聞くもの食べるもの皆新鮮で最高に楽しい時だと思います。もう少しすれば赤ちゃんが成長し一緒に歩いて色々な場所を訪問する楽しみがどんどん増して行きますね。
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:43
remy様、軽井沢ではジョンレノンがヨーコとショーンと楽しく過ごした万平ホテルも訪ねてきましたよ。ジョン家族の写真が飾ってありました。元旦にレポートいたしますのでお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2014-11-23 06:51
たけじい様、コメントありがとうございます。宮島記事の方に入っておりましたのでコチラにシフトさせて頂きましたので御了解下さい。小生の方も余裕があれば、国鉄小海線「野辺山駅」(標高1,345.67m:日本一標高が高い普通鉄道駅)に寄ってみたい気持ちもあったのですが、翌日は浅間山・軽井沢の紅葉巡りで時間がなくて・・(苦笑)
Commented by PUKA at 2014-11-23 11:04 x
RW様の旅行記は、その内容や写真のすばらしさにいつも敬服しておりましたが、今回の絶景は凄いですね。
夕日に浮かぶ南アルプス連峰の描写など、あまりの名文に読んでいるだけで感動いたしました。
Commented by biigle at 2014-11-23 11:58
お一人で登られたんですか?凄いなぁ!!
パノラマ眺望がまさに絶景で素晴らしいですね~
小諸に大学時代の友人がいたので懐古園にも行きましたが、懐かしいです。
Commented by ジオヤー at 2014-11-23 14:29 x
オー ブラボー!、感動が伝わって来ました。
こちらまで、雄大な気分にさせてもらいました。
Commented by furaibow581203 at 2014-11-23 14:29
こんにちは、風来坊です。
御座山、野辺山高原の近くにあるのですね。松本に10年ほど前に3年弱単身していましたので、地理勘は未だ頭に残っていると思います。一人での山歩き、寂しくは無かったかも知れませんが、この辺りですと相当冷え込んだのではと思います。お疲れ様でした。
軽井沢、こちらも夏の良い時期には人が多いと会社の部下に行くなと言われ、晩秋の寂しい時期に行きました。白糸の滝など楽しみましたのを覚えていますが、さすがに人は少なかったです(笑)。
Commented by KawazuKiyoshi at 2014-11-23 15:59
素晴らしい。
この中に出てくる、小諸。
一度ゆっくり歩いてみたかった所です。
学生時代から、思いながら、一度も足を
踏み入れられなかったところなんです。
佐久の草笛
なんて想い出です。
今日もスマイル
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-11-23 17:32
山登りができる方は、いいですね!
のぼりたい気持ちがあっても、体力がないと
無理です。
いい写真ありがとうございました。
ちごゆり嘉子でした。

http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013

Commented by yokuya2006 at 2014-11-23 18:22
わわわ、何て素晴らしい山の夕焼け、朝明けなのでしょう。下界のこまごまとした事は吹っ飛びますね。
こんな景色を経験してしまうと、お山が忘れられなくなるのでしょうね、きっと。
Commented by akitaka at 2014-11-23 19:06 x
小屋からの夕暮れ&御座山山頂からの日の出は素晴らしく良き天気に恵まれ何よりでした。無人小屋を使うなど流石に山を良くご存知です。朝の写真がプロ並みです。
懐古園には暫らく行っていませんが、石垣から眺める千曲川は風情があります。
それにしても、訪問される方が多いのに驚きますが、内容が充実しているからですね。
Commented by Soul Mate at 2014-11-23 20:32 x
ご実家の方は地震大丈夫じゃったんか?お母上様もお一人じゃけん心配じゃなあ。一人で山小屋泊かあ。そこいらじゅう幽霊だらけじゃろ。よく眠れるねえ、尊敬するわ。奥方様もおぬしが一人で命がけのアドベンチャーしとるのご存知なんかね?豪州戦の岡崎カッコよかったのう。ケーヒルもさすがじゃ。。。
Commented by シクラメン at 2014-11-23 21:53 x
こんばんわ。明日は勤労感謝の日で三連休なのですね。
どちらの観光地も人が多いでしょうね。以前浅間山と鬼出し公園二度行っています。始めは軽井沢に家族単位でゴルフに行った時、次は
会社の仲間と行きました。旅っていいですね。
Commented by ちりさど at 2014-11-23 22:37 x
こんばんは。

誰もいない夕暮れの「御座山頂上」

これはすごいです。一人で迎えるこの風景。
いやぁ、できれば興奮を語り合える仲間が
ほしいことでしょう。朝の風景もすごいですし。


Commented by yodogawasyuhen at 2014-11-23 23:24 x
こんばんは
山の紅葉を独り占めみたいです。
山上の風景は最高でした。
私も登りたくなりました。
Commented by つる姫 at 2014-11-23 23:36 x
ブログ訪問頂きありがとうございます!
羨ましい限りの山頂独り占めの静かな単独行ですね。
「おでんで一杯」とは贅沢な時間でがめっちゃ美味しそ~~~♪
いつかは私もそんな山の夜を過ごしてみたいものです(*´∀`)
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-11-24 01:50
御座山」(おぐらやま) なのですね!
山頂で独り占めとは・・単独でしたのですね・・
素晴らしいお写真見せてもらえて・・よかったです。
こちらにも訪問ありがとうございました。
またいらして下さいませ。
ちごゆり嘉子でした。
  http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013 
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:00
PUKA様、南アルプス連峰の描写に反応して頂き誠に感謝申仕上げます。おだてればすぐに木や山に登ってしまう単純RWですのでますます記事の書き甲斐を感じて頑張ります。今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:07
びーぐる様、小生は方向音痴なので余り単独行はやらない方ですが、今年は2回やりました。いずれも迷いようのない分岐のない一本道なので・・。それにしても今回は予想外の絶景パノラマに恵まれてラッキーでした。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:16
ジオヤー様、ブラボー・ヤッホー・コケコッコーの気持ちで朝の日の出を待ちかまえておりました。(意味不明) 日の出の当った山に小屋があれはアニマルズの「朝日のあたる家」だな~と思いましたがそんな小屋は見つかりませんでした。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:29
風来坊様、本当にお久しぶりですね!松本に単身赴任とは羨ましいですね~!今年の春は桜満開の松本城を見てきましたので来年の春に公開いたしますのでお楽しみに~!今からこんな話をしていると鬼が笑いますね・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:36
KawazuKiyoshi様、小生も何故か小諸がずっと未踏の地だったので今回ようやく訪問で来て心のつかえがようやく取れた感じです。「佐久の草笛」って何だろうと思って調べてみたら、三の門の脇にある江戸時代から続く伝統の信州七割蕎麦を伝承する名店なのですね。名物がくるみそば、くるみおはぎと記載してありました。
Commented by おーちゃん at 2014-11-24 06:39 x
御座山山頂での絶景…見事としか言えません。
夕陽のもの哀しさ、そしてご来光の神々しさ。
素晴らしい。
紅葉の朱も鮮やかで、秋を満喫されたのでしょう。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:42
ちごゆり嘉子様、実際の山登りは無理でもで疑似体験を楽しんで頂ければRWもますますヤリ貝・トリ貝・ホタテ貝(またも意味不明)になって頑張ってレポートいたします。あっ、海じゃなかった。山でしたね・・
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:50
バイオマスオヤジ様、懐かしの「ミツワ石鹸」(わわわ・・輪が3つ~♪)ですな!(笑) 神の座の山に立ち一瞬神の気持ちになって下界を睥睨しましたが、再び下界に戻れば穢れと俗世にまみれた修行足らずの俗人に即刻戻ったRWでございました・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-24 06:58
アキタカ様、みどりの会のワイン登山は実に楽しそうですたね!それに富士山の大眺望が得られて何よりでした。このメンバーにさらに賑やかな面子を加えての12月9日の横浜での忘年会が大いに楽しみです。土産話を是非聞かせて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:08
聖二殿、一昨夜の地震発生後に早速お袋に電話したが何事もなくてホッとした。でもこの一年間、かなりの回数で足を運んだ北信濃があんな被害を受けて複雑な気持ちでニュースを見ていたよ。無人山小屋の宿泊は霊感の強いお主に派無理だろうな~(笑) 今回の山行は当然カミさんにはコースも宿泊小屋も事前に話してあるに決ってるでしょ。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:19
シクラメン様、小生は3連休やGWの時は逆に観光地にはあまり出ないようにしています。混雑にまきこまれるのはマッピラ御免なので、この時期はむしろ家に籠ってブログ記事をまとめたり、身の回りの雑事をするようにしています。昨日は免許の書き換えで横浜の二俣川免許センターに行っておりました。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:26
地理佐渡様、いやいや、このようにRWブログに多くのコメントを入れて頂ける皆様こそが、興奮を分かち合い語りえる合えるお仲間達でございます。旅の途中で、数々のSHOT(登山・観光地)を撮りながら、写真は何枚くらいになるかな、記事は前編後半に分けてどんな構成記事にしようかなと、そんことばかり考えながら風景をチョイスしておりましたよ。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:33
yodogawasyuhen様、小生は京都の紅葉は今まで体験が少ないので、いつか行ってみたいです。中心部のお寺よりは愛宕山・神護寺など郊外の山に登って楽しみたいと今から思っております。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:43
つる姫様、今は登山ブーム再来なので紅葉まっさかり時期はどこの山に行っても人・ヒト・ひと~の大混雑ですね。登り2時間半の絶景パノラマを満喫できる山にも関わらず、たった一人での静かな登山を初体験したので本当にお得気分でした。この携帯パックおでんはお湯で温めるだけ、お値段も1袋300円未満なのでこちらも超お得でした。その分、ひとり酒の量がつい進んでしまった感じです。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:50
ちごゆり嘉子様、何と1日に2回も御丁寧にコメントを頂き恐縮です。おぐらやま(普通は小倉山と書きそうですが)の山名由来は、日本人の古代信仰で巨大な岩を「磐座」(イワクラ)や「神座」(カムクラ)と呼び、神や自然崇拝の対象とていることにあるんだと認識しました。まさに神の座という感動を受けました。
Commented by rollingwest at 2014-11-24 07:57
おーちゃん様、>夕陽のもの哀しさ、そしてご来光の神々しさ。・・まさにそのような気持ちで絶景をズ~ッと見つめておりました。移ろいゆく時間・絶景の変化、まさに「行く川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず・・」、寒い一夜を過ごした後は、また新たな日の出を見て明るい未来を感じました。
Commented by ハマジュリ at 2014-11-24 12:24 x
こんにちは(*゚ー゚)v

偉大なる自然!!素晴らしいですね~

レポートを感心しながら見させて頂いています(ё_ё)

これから年末にかけていろいろイベントがあって忙しくなるかと思いますが、どうぞ御自愛下さいませo(^-^)o
Commented by 恵那爺 at 2014-11-24 13:15 x
コメント入れさせていただいたつもりでしたが、漏れていました。
御座山はだいぶ前に言った覚えがありますが、ほとんど記憶にないです。
覚えているのは、山頂標識ぐらいかな。

日の出の写真はきれいですね。

ライブドアーの相互RSSを貼っているので更新されると分かりますので次は忘れずに入れますね~
Commented by nao♪ at 2014-11-24 14:47 x
200名山「御座山」(おぐら山と読むのですね)のことは知りませんでした。
ましてこの様な大パノラマが堪能できる山とは・・・
軽井沢はわりとしょっちゅう通い、奇岩の妙義が見えてくると感嘆の声を上げるのですが、その奥にある山でしょうか?

晴れを狙って一人で車を運転し、誰もいない避難小屋に泊まってサンセット&サンライズを楽しむ・・・
その若さとフットワークの良さが羨ましいです。
主人との最後の旅は軽井沢でした。浅間を見ると涙が出ます。
Commented by hohsi117 at 2014-11-24 17:27
秋を存分に満喫されて一年のしめくくりに
ふさわしく・・・本当に健康的な日々を
送られていると感心しています。
一昨年春に小諸へ旅して浅間山をまじかに
見ました、秋もまた雰囲気の異なる景色を味わえるのでしょう、
飯豊山も今日はすっきり見えてこの数日で
てっぺんは真っ白に成りましたよ。
Commented by TARA at 2014-11-24 20:30 x
ご無沙汰していますが、相変わらず元気そうで何よりです。
霊験あらたかなご来光の写真は、とても良かったです。
それにしても、睡眠時間が6時間とは羨ましい。老化現象か、
脳の休息時間が不要なのか...たぶん後者ね。
Commented by setuojiji at 2014-11-24 20:50
「御座山」の登山紀行に加えて夕陽、日の出、雲海や四囲の山々の眺望も加わり見事な写真の数々を見る事が出来ました、登山者ならでは味わえない感激を得たことでしょう、こちらもその感動を味わえたことを感謝しています、有難う御座いました。
Commented by rindou02 at 2014-11-24 20:52
お座山は「おぐらやま」?
日本語は本当に難しいです、ふり仮名かローマ字を
入れてないとこちらの山も読めないのが多いです(ーー;)
展望が素晴らしい良い山のようですね。
山小屋は一人だったとか、楽しかったでしょう。
一年のしめくくりの登山?
私は持病克服の為もあり、週一で登るようにしてますので
まだまだ今年は登りますよ(*^。^*)
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:00
ハマジュリ様、この3連休も柏崎に帰省されていたのですか?北信州の地震はビックリしましたね。柏崎も大きなエリアでは地震の巣になっているのでちょっと心配です。何事もない落着いた師走が迎えられますように・・
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:07
恵那爺様、御座山は手軽に登れるので日帰り登山をするケースが多いと思います。それだけに頂上の展望に恵まれないと多分何も心に残らない山だと思います。いい日を狙って夕暮れ・日の出を見るという目的に絞っていくと素晴らしい山に変貌します。
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:14
nao♪様、御座山は佐久まで行き奥秩父方面へ南下し浅間山とはやや離れて行きます。軽井沢・浅間山は亡くなれたご主人との最後の旅でしたね。次回はそのエリアで輝いていた紅葉をたっぷりお届けいたします。
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:22
じょんのび様、一昨年にこのエリアを楽しみまれたのですね。12月は富岡製糸場と関連遺産の記事をお届けしたいと思います。飯豊山はこれからは日々真っ白になっていくのでしょうね~!本格的な冬を迎えますがお風邪など召されぬように・・!
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:30
TARA様、何と久しぶり~!RWブログに顔を出されるのは2年ぶりくらいかいな!10月19日はW大ホームカミングデーで17回生がかなり集まったよ。小生はパーティには行かなかったけど行ったメンバーは野田元首相や瀬古などと楽しく懇親していたようだ。ところで当日リョースケも来ておりGDM40周年OB会は必ず出席すると言っていたよ。2016年秋に開催するので日程決めたら必ず帰国してよ。
Commented by rollingwest at 2014-11-25 06:41
setuojiji様、北海道はもう雪の便りですが関東の平地ではまだまだ紅葉が楽しめそうなのですがもう師走、アウトドアももう封印して年賀状や大掃除など年末モードに入って行こうと思っております。
Commented by rollingwest at 2014-11-25 07:00
りんどう様、まだまだ登山を継続ですか!それも週一回で・・!凄いパワフルですね~。持病克服・健康維持の明確な目的があるとそれは前向きになりますね。小生は冬はもう山は封印して家で籠っております。でも平地は積極的に徘徊する予定です。(笑)
Commented by kotonoha222 at 2014-11-25 14:12
rollingwestさん、こんにちは〜
コメ欄に気が付いて下さり有難うございます^^
小諸には何年か前に訪れて懐古園、島崎藤村記念館そして表の像も眺めて来ました。
紅葉が見事ですね。紅葉橋の名前の橋を渡った気がします。
私が行った時も紅葉が素晴らしくて行って良かったと心から思いました♪
「旧・三笠ホテル」 の中にも入り又)「霊場池」の紅葉も満喫しました。
同じ行程を辿っていたみたいですね(^^)/
懐かしく拝見しました♪
    しおり
Commented by nobunagaE.T at 2014-11-25 22:22 x
何時も精力的な活動にうらやましく思いながら読ませていただいております。前回の宮島紀行にもコメントさせていただきましたがうまく送信されませんでした。何度かやり直したのですがダメでした。今回も2度目の挑戦ですが少し不安です。前回から送信のシステムを変えられたのですね。パソコンに不慣れなため対応が出来ません。今回は何とか送信できるように祈りながら送らせていただきます。
Commented by hokkaido-tairiku at 2014-11-25 23:09
こんばんは♪
秋の登山はこんな素晴らしい景色に出会えるんですね。
紅葉はもちろんですが、朝夕の素晴らしい色、
これは山に登らないと見られないですね。
いい景色を見せて頂きました^^
Commented by rollingwest at 2014-11-26 06:00
ことのは様、ようやく落着かれてきたようで何よりです。軽井沢は過去何度か街中を通過したり周辺観光はしていたのですが、今回本格的に旧軽の魅力を堪能しました。「旧・三笠ホテル」「万平ホテル」「軽井沢高原教会」「霊場池」、皆素敵でしたね~!後編は元日に公開いたしますのでお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2014-11-26 06:08
nobunagaE.T様、エキサイトブログがセキュリティ強化でコメント投稿で画面認証を取りいれたため不慣れな方は投稿ができないとの声が寄せられました。ちょっと迷惑な話ですが時代の流れでしょうがないんですかね。今回はうまく投稿されておりますよ!よかったよかった!今後とも引き続きよろしくお付き合いの程よろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2014-11-26 06:21
北海道大陸様、北海道は奥の深い山が多いですが、近郊に近いお手軽な山もありますから夏ならばこんなパターンで楽しむにも一興!でも北海道の単独登山はヒグマが怖いなあ・・(苦笑) もう大雪山は真っ白なんですね。お風邪など召されませんように・・!
Commented at 2014-11-26 17:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2014-11-27 06:00
日本ブラリ様、久しぶりのご来訪ありがとうございました。相変わらずお元気そうで従来スタイルも維持されて何よりです。個別の感動言葉が何よりも大切ですね!
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-11-27 11:46
ちごゆりです こめんとありがとうございました。
素晴らしい画像になんども見せてもらっています・・
すごい人気ですよね・・それにも驚きです・・次も期待しますね。
 http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013
Commented by rollingwest at 2014-11-28 06:35
ちごゆり嘉子様、何と一つの記事に3度もコメントを頂戴してありがたきことです。次回は九州・大分からのレポート(半年前の九州登山&歴史旅:その③記事)でございます。お楽しみに~!
Commented by hiroshijiji1840 at 2014-11-28 09:33
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントを有り難うございました。
目まぐるしく天気が変わり体調管理が難しいので風邪など引かない様にお互い注意しましょ~ネ。
ーToYouPCへ!-
*「小諸・軽井沢」探訪・前篇を改めて見直させて頂きました。
行った事が無い所が多く、日本も広いな~と感じました。
ーMyブログに・お誘い!-
('_')今朝は広島森林公園のモノレールで鷹の条山に上がりましたので展望台からの眺めを一緒に御覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!ご覧頂いた感想やご意見をお待ちしていま~す!
それではまた!・・・バイ・バ~ィ!!
Commented by rollingwest at 2014-11-29 06:04
ひろし爺様、貴殿のご来訪で初めて1記事で120コメントの新記録を達成することができました。これもブログメイト様達よりご愛顧頂いてる積み上げによるものだなあ・・と本当に嬉しい限りです。皆様方に感謝申し上げます。あらためて今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by 小石 at 2014-11-29 11:20 x
数々の素晴らしい風景、そして感動のコメントをありがとう!!
今年もRWさまにとって、充実した一年でしたね。
また、楽しみに拝見させていただきます。
Commented by rollingwest at 2014-11-30 08:43
小石ペガサス様、秋のご多忙状態も一息つかれたでしょうか?貴女にとっても昨年秋からの1年はDキーンセンター理事としてまた勉強に励まれて本当に充実した年だったと思います。今年もあと1ケ月で終わりですね。お風邪など召されぬようお体御自愛ください。
Commented by シクラメン at 2014-12-10 16:39 x
こんにちわ。  最後の画像  夜に浮かぶ光の芸術
秋は夕暮れです。 ◎です。
Commented by rollingwest at 2014-12-11 06:02
シクラメン様。またもコチラへの御訪問ありがとうございました。ついに新記録124コメントを頂き嬉しい限りです!
Commented by しむけん at 2014-12-31 17:08 x
まさに絶景独り占め。いと羨まし。
Commented by rollingwest at 2015-01-01 08:07
しむけん様、初日の出を見ている様な荘厳な気持ちになりました。なかなかできないお宝物体験でした。
Commented by mcnj at 2015-01-17 11:31 x
御座山、山容といい、てんぼうといい、素晴らしい山ですね。
長いアプローチを走ってたどり着いただけの価値が実感できる山ですね。
シーズンも最高でしたね。
生まれ育った信州の名所をあちこち紹介していただいて、懐かしかったです。
ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2015-01-18 07:11
mcnj様、>長いアプローチを走ってたどり着いただけの価値が実感できる山!←まさにお言葉の通り!的確な表現で嬉しさが倍加しました。信州は本当に魅力ある県ですね。この2~3年、RWは完全に信州に嵌っており再発見の連続です。
Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2015-01-24 10:18 x
★★「小諸・軽井沢」探訪★★
コメントが遅くなりました。
●それにしても、景色(写真)は素晴らしいですね。
山岳雑誌や山岳写真の様な写真、これをR/Wさん
が生で、それも独り占め・・・。
サンライズ・サンセット、屋根の上のバイオリン弾き
(年賀状の写真用?)
●紅葉、その季節と時間、日差しがマッチすると
この様な写真が撮れるのですね。
(R/Wは晴れ男・・・)
●ジョン、ヨーコ、ショーン良き思いで/シーン・・・。
★今後もR/Wの力作を期待しています~★。
Commented by rollingwest at 2015-01-26 05:45
又三郎様、返信コメントが遅くなりました。前編の方に入れて頂いたおかげでコメント数が過去最多記録(130となりました。また今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by ahana12 at 2015-04-05 09:28
ローリングウエストさん
おはようございます。
いつもブログを見て下さり温かいお言葉をありがとうございます。

御座山、登山日記感動しながら拝見させて頂きました。
登る道中の紅葉も美しく
宿泊された山小屋から少し登った場所が山頂で
そこから見える景色は絶景ですね。
私もこんな場所に立ってみたいと思いました(でもそこに行くまでが大変ですね)
夕暮れから星空、そして朝焼けは見事ですね。
すごく感動しました☆
その時間にその場所でいないと見えない光景ですものね。
頑張って登った後にはこんな素敵なご褒美があるんですね。
素敵な登山日記・美しいお写真を楽しく拝見させて頂きました。
感動をありがとうございました(*^。^*)

誰も人がいなく、その美しい風景を独り占めできるというのが
なんとも嬉しいですね。

Commented by rollingwest at 2015-04-05 10:57
心色様、初めてコチラへの御訪問頂きありがとうございます。桜の季節に、まさか昨年の紅葉期に登った絶景記事にコメントを頂戴するとは思いませんでした。登山もお好きなのですか?今年も山記事が3~4回出てくると思いますがお楽しみに~!今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。

<< <2014年12月>九州歴史探... <2012山陰山陽の旅⑧>「宮... >>