<2014年11月>群馬・埼玉の世界遺産探訪(前編):荒船風穴&富岡製糸場

c0119160_5595540.jpg
c0119160_22324874.jpg


★群馬・埼玉の世界遺産を訪ねる旅


今年は6月に「富岡製糸場と絹産業遺産群」(群馬県)が世界文化遺産に、11月は「和紙」が同・無形文化遺産登録のお目出度いニュースが飛び込んできました。昨年の「富士山」と「和食」に続きこの2年間で日本は一挙に4つの世界遺産が誕生!日本人ノーベル受賞と合わせ何と誇らしいことだ!


    ......(左)富岡製糸場・世界遺産登録決定のニュース (右)群馬・埼玉の世界遺産を巡る.....
c0119160_22282666.jpgc0119160_2228472.jpg


c0119160_2229532.jpg


冨岡製糸場は約10年前に家族で訪問しましたが、当時は繰糸場内部が見学できなかったし、新たに3史跡も構成遺産群で加わったことから年内にリベンジする機会を窺っていました。また埼玉県にも足を延ばし製糸場設立者「渋沢栄一」の生まれ故郷(深谷市)、「和紙」の小川町も探訪しました。


          ......(左)「東繭倉庫」の雄姿 (右)富岡製糸場と絹産業遺産群MAP.....
c0119160_22322847.jpgc0119160_2233025.jpg

c0119160_22331519.jpg


今回のミニ旅は藤岡市内のビジネスホテル宿泊し2日間で下記のルートを廻りました。①荒船風穴⇒②冨岡製糸場⇒③高山社跡(藤岡)⇒④田島弥平旧宅(伊勢崎)⇒⑤渋沢栄一史蹟(深谷)⇒⑥煉瓦建築群(深谷)⇒⑦和紙のふるさと(小川)。前編は「荒船風穴」&「冨岡製糸場」を紹介致しましょう。


       ......(左)関越道から藤岡JCTで上信越道へ (右)下仁田ICから南牧川を遡上.....
c0119160_22382375.jpgc0119160_22383427.jpg

c0119160_2238507.jpg







c0119160_22434084.jpg







★名峰「荒船山」:家族登山を懐かしく思い出す

まずは一番山奥で遠い「荒船風穴」から攻めてみることにしました。上信越道・下仁田ICを下りて南牧川を遡上し、標高を上げて行くと「荒船山」(頂上がテーブル状の奇観が特徴的)が見えてきました。


           ......群馬の名峰「荒船山」(200名山)がついに見えて来た!.....
c0119160_22462785.jpgc0119160_2246414.jpg

c0119160_22465533.jpg



この山は10月に登った「御座山」(サンセット&サンライズ絶景)のすぐ近くに鎮座、2005年に家族登山を楽しんだことが懐かしい思い出です。最近はカミさんも娘も全く山に付き合ってくれなくなった・・(泣)


                                 <2014年10月>「御座山」単独行の記事

      ......テーブルマウンテンの奇観(ギアナ高地みたい)の荒船山は意外とお手軽に登れます.....
c0119160_2252111.jpgc0119160_22522996.jpg




c0119160_22524033.jpg

日本の山で頂上部が平な山は「平ケ岳」「苗場山」「美ケ原」等が有名です。いずれも高層湿原や高原状ですが荒船山は平な「艦岩」(tomoiwa)が頂上となっており国内では珍しい景観の岩山!遠くから見ると正に戦艦の如し!意外と簡単に登れますが断崖絶壁で高所恐怖症の人はチト怖いかも・・


     ......(左)2005年、家族3人で登頂 (右)クレヨンしんちゃん作者はこの崖から転落死.....
c0119160_22593621.jpgc0119160_231889.jpgc0119160_2313173.jpg


c0119160_2314850.jpgc0119160_2381844.jpg
c0119160_232519.jpg


あっ、横道に外れてしまいました。(失礼~) 中年オヤジの気ままな一人旅の記事に戻しましょう。
荒船山の真下を通り、神津牧場を経由していくと荒船風穴の駐車場。ここからまた山道を20~30分程歩かなければなりません。夏場の炎天下でこの道を歩かされるのは辛いだろうなアと思いました。





★蚕・繭の大量生産に繋がった天然の冷気保存庫


山道を歩き漸く構成遺産の一つ「荒船風穴」に到着しました。明治時代後期から大正時代にかけては、全国的に風穴を蚕種(蚕の卵)の貯蔵に利用することが行われていました。その中でも、荒船風穴は最大規模の蚕種貯蔵施設として機能しており、繭の大量生産に大きな役割を果たしたのです。


         ......「荒船風穴」に到着、世界遺産祝福の看板の前で、はいポーズ.....
c0119160_549226.jpgc0119160_5491730.jpg

c0119160_5493656.jpg


         ......「荒船風穴」とは蚕種(卵)の貯蔵所跡(岩の中は、冷気保存庫.....
c0119160_552212.jpgc0119160_5521889.jpg


c0119160_5523332.jpg


蚕は春に孵化するので、増産には蚕種が孵る時期を遅らせ夏・秋に養蚕数を増やす必要がありました。活用されたのが夏でも冷風が噴き出す風穴だったのです。風穴は孵化の目安となる蚕を卵のまま留めおくのに適し、気温差ずらしで孵化時期を分散し蚕種の大量生産に成功したという訳か!


    .....風穴から蚕種を時期を変えて取り出す→孵化時期をずらし蚕の大量生産を実現......
c0119160_19282333.jpgc0119160_19285962.jpgc0119160_19293225.jpg






c0119160_19295643.jpg


ガイドの方が数名この山奥で待機しており懇切丁寧に解説をしてくれました。やはり世界遺産指定されただけあって地元は気合が入っているね~!国内蚕産業の仕組を知り大変勉強になりました。


      ......(左)荒船風穴の近くにある「神津牧場」 (右)牧場の背後には「浅間山」.....
c0119160_1936414.jpgc0119160_1937883.jpg c0119160_19381462.jpg

c0119160_1939012.jpg


行き帰りに通過したのは「神津牧場」、ここも家族登山の帰りに訪れて牧場特製のソフトクリームを食べたことが懐かしい。当時は夏で牛が沢山いたけれど、今回はシーズンオフで一頭も姿を見なかった・・


     ......(左)神津牧場の夏風景 (右)晩秋は放牧牛は牧舎内に入れているのかな.....
c0119160_19421149.jpgc0119160_1942249.jpg





c0119160_19424057.jpg


      ......(左)「妙義山」の奇観はいつ見ても圧倒される (右)南牧川が再び現れる.....
c0119160_1950133.jpgc0119160_19502248.jpg




c0119160_19504260.jpg






★「富岡製糸場」と10年ぶりのご対面!

さて次はいよいよ「富岡製糸場」!日本初の本格的な器械製工場であり開業当時の繰糸所、繭倉庫などが現存する日本の近代化、絹産業の技術革新・交流に大貢献した国指定史跡は2014年6月ついに世界遺産として正式登録されました。ブームが収まったかなと思ったがやはり混雑でした~


     ......「富岡製糸場」の正門、ブームが収まった頃を狙ってきたがやはり人気は衰えず....
c0119160_20141171.jpgc0119160_20144972.jpg



c0119160_20151255.jpg
c0119160_20153013.jpg


ここも10年前、荒船山登山後に家族で訪問しましたが、当時は世界遺産登録に向けて市民運動が始まったばかり。構内も全て見学できる状態ではありませんでした。最近の世界遺産登録は年々ハードルが厳しくなっており、富岡は難しいと思っていたが10年の努力を実らせよくぞ夢を叶えました!


      ......初めて富岡製糸場を訪れたのは2005年夏(家族で訪問)、約10年ぶり!.....
c0119160_20305358.jpgc0119160_2031579.jpgc0119160_20311764.jpg
c0119160_20314350.jpg


構内見学は解説員がグループ別(10数名)に案内してくれるのでまずは予約の申し込み。エントランス横に富岡製糸場の概要・歴史が展示披露されているので学習いたしましょう。富岡製糸場は1872年、明治政府が富国強兵策の一環で産業近代化のために設置した国内初の模範・器械製糸場です。 


           ......(左)製糸場の全景 (右)案内ガイドへの申し込みを行う.....
c0119160_203763.jpg
c0119160_20373020.jpg

黒船来航後の鎖国解禁で日本は外国貿易を開始、当時最大の輸出品は生糸でした。輸出急増で需要が高まった結果、質の悪い生糸が大量につくられる問題がおき、政府は生糸の品質改善・生産向上をめざし技術指導者の育成に向けて洋式の繰糸器械を備えた模範工場を創設したのです。


           ......展示場に飾られている機織器や工場内の繰糸器.....
c0119160_20391275.jpg
c0119160_20392521.jpg

富岡が選定された理由は、①養蚕が盛んな土地で大量の繭が確保可能 ②工場建設に必要な広い土地あり ③製糸に必要な水が確保可能 ④近隣で燃料採取可能(高崎・吉井炭田) ⑤外国人指導の工場建設への地元理解でした。伊藤博文と渋沢栄一は官営器械製糸場建設のため横浜の生糸検査人(フランス技師)「ポール・ブリューナ」と契約を結び工場建設・技術移転に携わらせたのです。


   ......(左)明治天皇の払下げ許諾状  (下)製糸場開業に尽力者達 (右)美しい生糸....
c0119160_20414766.jpgc0119160_2042744.jpg

c0119160_20423551.jpg
c0119160_20424550.jpg


さていよいよガイド案内が始まり構内見学へ!東繭倉庫の立派な煉瓦建築がまず登場し当時まだ、煉瓦製造技術が未発達だった時代の話から始まりました。今は煉瓦の街として有名な埼玉深谷(渋沢栄一故郷)から瓦職人が集められて洋風煉瓦製造に挑戦した苦労話を聞かせてもらいました。


       ......流暢で解り易い解説の案内ガイド、グループ別に編成され構内を廻る.....
c0119160_20523095.jpg
c0119160_20524815.jpg

富岡製糸場には400人以上の工女(主に旧士族の娘)が就労しましたが、彼女らの労働環境は相当恵まれていたようです。当時では先進的な7曜制導入と日曜休み、年末年始・夏期休暇、1日8時間労働、食費・寮費・医療費は工場が負担、制服も貸与、まさに福利厚生の先がけだったのですナ。


      .....(左)立派な煉瓦造りの「東繭倉庫」 (右)「西繭倉庫」 (下)「女工館」の寮.....
c0119160_20541671.jpgc0119160_20543984.jpgc0119160_20545633.jpg





c0119160_20551315.jpg


           ......(左)東繭倉庫と繰糸場間の構内道 (右)工女の診療所.....
c0119160_2125860.jpgc0119160_2131845.jpg

c0119160_2133553.jpg

c0119160_2135950.jpg


さあいよいよ繰糸所の中へと入ってみよう!前回訪問時(10年前)はこの工場内はまだ一般公開されていなかったのでようやく念願が叶いました!あの錦絵に表現された繰糸所は敷地中心部にあり奥行140mの長大な建物、トラス構造の高い天井、鉄製ガラス窓で明るい大空間を実現しています。


           ......(左)繰糸場の入り口 (右)構内は繰糸器械がズラリと並ぶ.....
c0119160_2194011.jpg
c0119160_2195480.jpg

     ......繰糸場の天井はトラス構造、小学校の木造校舎(運動場)の天井を思い出す.....
c0119160_21272319.jpgc0119160_21275312.jpg






c0119160_21281443.jpg


続いては「ブリュナ館」!建設指導者として雇われたフランス人「ポール・ブリュナ」が家族と暮らし住居です。家族3人で320坪の家に暮らし、地下室やワイン貯蔵室もあったとは!もう完全に超VIP待遇だね~


         ......首長ポール・ブリュナ(フランス人)が家族やメイドと暮らしていた住居.....
c0119160_21355663.jpgc0119160_21361385.jpg


c0119160_21363012.jpg


かたや今年2月の大雪で倒壊してしまった「繭乾燥場」の無残な姿にはビックリしました。山梨や群馬は比較的大雪が降らない地域ですが、地球温暖化によってこんなリスクが年々高まってくるのかも・・


   ......「繭乾燥場」の倒壊現場、世界遺産建築がこんな姿になっていたとは想像もせず.....
c0119160_21405753.jpgc0119160_2141812.jpgc0119160_2141223.jpgc0119160_21413567.jpg



c0119160_21415252.jpg


明治政府官営工場は後に民間払い下げされ、原・三井財閥へ所有権が移り変わり1939年から「片倉富岡製糸所」となりました。空襲被害も受けることなく、戦時中も一貫して操業を続け終戦を迎えています。1952年からは電化刷新を進め、1974年は史上最高生産量を誇る大工場となりました。


          ......製糸場の取水源となった「鏑川」、夕方の絶景に癒された.....
c0119160_2149056.jpg
c0119160_21491485.jpg

しかし和服需要減少の社会情勢に加え1972年日中国交正常化で中国産の廉価な生糸の輸入増で生産量は減少し1987年操業停止となりました。それでも片倉工業は閉業後も「貸さない・売らない・壊さない」の方針を堅持、莫大なコストをかけて今の姿を保ったのです。片倉の貢献は素晴らしい!


           ......最後に「寄宿舎」の遠景を満喫して富岡製糸場を後にする.....
c0119160_21532236.jpg
c0119160_21535964.jpg
               
    ......世界遺産指定は寂れていた地方都市に活性化の起爆剤!「お富さん」も大喜び.....
c0119160_21573420.jpgc0119160_2157546.jpgc0119160_21581386.jpg

c0119160_21583186.jpg


富岡製糸場は10月に国宝指定も決定されました。富岡市の人口は5万人、地方都市の衰退が問題視されている中で、今回の世界遺産指定は確実に街の活性化へ繋がり素晴らしいことです!片倉工業の文化遺産を守る企業姿勢と市民一丸となった世界遺産に推挙した運動の結果ですね~


              ......鏑川の夕暮れ風景、心癒される田園風景.....
c0119160_225382.jpg
c0119160_225539.jpg
c0119160_2282910.jpg
c0119160_2284195.jpg

今日は朝から絶好天気に恵まれ世界遺産2つを十分堪能できました。山ばかり登っていた群馬ですが広大平野・川風景も素晴らしい!美しい夕焼け田園風景を見ながら藤岡へ車を走らせました。


           ......紅葉の群馬絶景を楽しみながら宿泊地・藤岡へと向う.....
c0119160_22105282.jpg





            

★後編は藤岡・伊勢崎(群馬)&深谷・小川(埼玉)を徘徊!


藤岡ビジネスホテルに泊まり、翌日は早朝から「高山社」(藤岡市の高山長五郎が設立した養蚕業の研究・教育機関)や、伊勢崎市の「田島弥平」が養蚕理論に基づき改築した民家等を見学しました。


      ......(左)構成資産の一つ「高山社跡」 (右)ネギ畑の遥か彼方には「赤城山」.....
c0119160_73546.jpgc0119160_74782.jpgc0119160_742797.jpg

c0119160_745772.jpg
c0119160_751481.jpg


         .....「田島弥平旧宅」は、群馬県伊勢崎市境島村にある歴史的建造物.....
c0119160_19504236.jpgc0119160_2005578.jpg




c0119160_2013041.jpg


続いて埼玉県深谷市に入り富岡製糸場の生みの親(日本近代産業の父)である「渋沢栄一」の生家や深谷市内の煉瓦建築の数々を堪能、最後は世界無形文化遺産に登録された小川町を訪問!この詳細なレポートは後編で紹介しますが、埼玉県の魅力をここでも再発見できて実によかったな~!


           ......深谷市(埼玉県)に入り、「渋沢栄一」の生家「中の家」を見学.....
c0119160_19591930.jpgc0119160_19513247.jpg


c0119160_19524420.jpg

c0119160_1953387.jpg


   ......(左)深谷市「常盤園茶舗」倉庫 (右)渋沢栄一の喜寿を祝って建てられた「誠之堂」....
c0119160_2015584.jpgc0119160_20162418.jpg


c0119160_20164525.jpg
c0119160_2017380.jpg


         ......和紙が世界無形文化遺産に指定登録、埼玉・小川町の和紙を見学.....
c0119160_20232054.jpgc0119160_20234578.jpgc0119160_2024447.jpg



c0119160_20242787.jpg


後編は来年1~2月頃の公開となります。今年の「逍遥旅日記」旅記事編はこれでラスト公開といたします。次回は「RW年末狂歌・回顧レビュー」で今年1年を振り返り本編の筆収めとさせて頂きます。



                                                         おわり

  by rollingwest | 2014-12-11 21:45 | 旅の風景 | Comments(106)

Commented by biwahama at 2014-12-11 23:12
家族旅行で10年ぶりの富岡製糸場 感慨深いのでは^^
世界遺産に登録されてから人気も高いだけに
まだ混雑してるのですね。
私もこの富岡製糸場は私も是非行きたいと思う場所です。
昔の野麦峠の印象ではかなり過酷な労働と
想像してしまいますが この工場では裕福なものだったようですね。
天井の造りも素晴らしい。
これだけの建物を綺麗に残された努力が実を結んだのでしょう。
Commented by tombee-yanaze at 2014-12-12 02:54
荒船山・・・行きたい山のひとつでしたが行かずにUターンしました。
義歯的のようにクレヨンしんちゃんの作者、臼井儀人氏が転落死した山ですね。
富岡製糸場はもう10年以上前に覗いた場所。
懐かしく拝見しました。
荒船風穴・・・蚕の飼育の工夫、人間の知恵ですね。
小川町の和紙・・石州半紙も石州和紙と名前を変えました。
Commented by rollingwest at 2014-12-12 06:18
びわはま様、御無沙汰いたしております!今年最後の旅記事に一番乗りを頂きありがとうございます。今回は家族旅行ではなく、中年オヤジの一人旅です。(最近は全く家族に相手にされていない・・苦笑) 世界遺産指定直後は大混雑なので秋のブームが収まった頃を狙って行ったのですがやはり結構混んでいましたね~。大竹しのぶが主演した「ああ野麦峠」よかったですね~!あの主人公たちは過酷労働を強いられていた「女工哀史」でしたが、冨岡製糸場の模範女工は待遇的にも断然恵まれていたんだなあとあらためて認識しました。
Commented by rollingwest at 2014-12-12 06:32
清治花便り様、荒船山の姿は遠くから見るとまさに戦艦(荒船の名はそのイメージから来ているのかな?10年前の家族登山では意外と簡単に登れましたが、こうやって航空写真を見るとまさに断崖絶壁の岩、恐ろしいですね~!クレヨンしんちゃんの臼井儀人氏も真下を覗こうとして誤って転落したのでしょうか。登山した当時は柵もなかったのですが今は設置されたのかもしれません。
石州は和紙・瓦と素晴らしい地元名産が多いですね。石見銀山に続いての世界遺産指定、誠におめでとうございます。またそちらが観光客で賑いそうですね。
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-12-12 09:32
おはようございます
きょうも素敵な景色を、何枚も何枚も見せてもらえました
よかったです到底見られないものですから幸せ気分でした。
ちごゆり嘉子でした
いつもうれしい応援有難うございます 応援☆☆”http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013
Commented by まき子 at 2014-12-12 10:39 x
クレヨンしんちゃんの作者の転落死がここ・・・
何気にそこが一番ひっかかってしまいました(汗)。
こわ〜〜〜い!

富岡製糸場、いつか行ってみたいです。
以前はまだ近かったのに、
今は遠くなってしまったからなぁ。。。いつになることやら?!
Commented by 恵那爺 at 2014-12-12 11:03 x
今回アップの場所近辺は結構行っているんですけど
行った事が無い所ばかりです。
富岡製糸場は、混んでいそうでちょっと近寄りがたいですね。
Commented by ハマジュリ at 2014-12-12 13:37 x
行ってみたいと思っていた場所です。
楽しませて頂きました。さすがです(*^▽^*)

一年は早いですね~
日々お忙しいとは思いますが、どうぞ御自愛下さいませ。
Commented by シクラメン at 2014-12-12 18:17 x
こんにちわ。寒くなりましたね。荒船山頂上登りたいけど怖そう。荒船風穴は行きたいです。世界遺産が増えていいですね。
Commented by hibikorekouji2 at 2014-12-12 19:45
世界遺産に登録されたことはとても嬉しい事なのですが、人の多さには閉口しますね。
じっくり見学できるのは、もう暫く先になりそうですね。
とは言え、近かったらすぐに飛んで行っていると思います^^;
Commented by yamanosoyokaze at 2014-12-12 20:22
こんばんは
荒船山 ってこんな所だったんですね。
クレヨンしんちゃんの作者が落ちてなくなったことは知っていましたが、こんなところだったとは。
見たら行きたくなってきました。
ちょっと怖そうだけど。
Commented by koyuko at 2014-12-12 22:46 x
富岡製糸場 世界遺産に登録する1年前に同級生と行きました。
今ほどの混雑はなく、ゆっくり見学できラッキーでした。
生まれ故郷の高田にも有名な製糸工場がいくつかありました。
今は倒産してますが・・・友人が何人か勤めてました。

それから、山の記事を見るとすぐ行きたくなりますね。それは10年も前でしたら…すぐ行動を起こしてましたが、もう無理で、見て楽しむことにしてます。
Commented by マロン at 2014-12-12 23:00 x
冨岡製糸場に行ってみたいですが、いつになるか~詳しくレポートして下さって楽しく読ませていただきました。
荒船山って断崖絶壁で東尋坊を思い出しましたが、怖そうですね。

下の記事にもコメントを入れましたがエラーになってしまいました。今回は大丈夫かな?
Commented by rollingwest at 2014-12-13 07:28
ちごゆり嘉子様、冨岡製糸場観光ツアーに是非とも申し込まれて見ては!やはり百聞は一見にしかず。日本産業近代化を牽引した土地の空気を実際吸ってみるとまた新たな発見ができます。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 07:36
まき子様、この岩から下を覗きましたがまさに垂直に切り立った断崖絶壁、クレヨンしんちゃんの作者も同じ真似をして吸いこまれちゃったのかな?
冨岡製糸場もまき子さん故郷の岐阜からは中央高速で結構アクセスは悪くないので行けますよ。蔵元ツアーも兼て是非!
Commented by hirugao at 2014-12-13 07:43 x
世界遺産になった富岡製糸場を見たいと思います。
今度はツアーでいいから行ってみます。

埼玉は年に1,2回行くのでいろいろ調べておいて参考にさせていただきますね。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 07:44
恵那爺様、冨岡製糸場は平日で行く場合でも朝早くではなくの午後の方がそんなに混んでおらず行列に並ばずに入場ができます。まずはガイドの予約申し込みを済ませ展示場で見学して時間調整をしておいた方がよいでしょう。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 07:51
ハマジュリ様、ペガサス様が先日行ってこられたようなので聞いてみては?柏崎から観光バスツアーで上信越道から群馬観光をされたのかな?横浜から出発するコースもあると思いますよ。新年会、是非とも参加して下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 07:59
シクラメン様、荒船山はファミリー登山向けの山なのでお手軽に登れますよ。断崖絶壁まで行かれるかどうかはお任せ致しま~す。(笑) 安全第一で先端まで行ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 08:03
hibikorekouji2様、日本人は熱しやすくて冷めやすいですからね~。来年あたりに平日を狙って訪ねればそろそろ人混みは収まってくるのではないでしょうか。今からツアー申し込みを計画されて見ては・・
Commented by rollingwest at 2014-12-13 08:11
そよかぜ様、さすが山の記事になると反応して頂き嬉しい限りです。是非とも九州から世界遺産見学も兼ねて荒船山登山にご来訪下さい。ギニア高地にいるような気分になりますよ。行ったことないけど・・(苦笑)

Commented by rollingwest at 2014-12-13 08:18
koyuko様、高田にも製糸場があったのですか!そういえば小生が5~6歳の頃に父方実家の屋根裏で蚕を飼っていたことを思い出しました。昭和40年の初めくらいの日本はまだまだ養蚕や製糸が主力産業の一つだったのですね。
Commented by rollingwest at 2014-12-13 08:28
マロン様、荒船山は東尋坊ばりの断崖絶壁、これほど直角の岩が切り立つ姿は日本で唯一の光景の様な気もします。コメントがエラーになる時はセキュリティキーワードがうまく入力できない場合です。今回はGoo!
Commented by rollingwest at 2014-12-13 08:35
hirugao様、埼玉県って何もないところとよく言われますが探してみると結構見所がありますよ。別リンクの埼玉シリーズを参考して頂ければ幸いです。
Commented by おーちゃん at 2014-12-13 08:43 x
富岡製糸場と渋沢栄一氏の生家、行ってみたいところです。
明治維新を乗り越えて 日本が次のステップを踏むために作り上げたところと、日本の未来を見据えた活動をしていた渋沢栄一氏。
特に渋沢栄一氏は徳川慶喜公の名誉回復のために動いてられたと云うことだけでも、その高潔な人格が解るってもんです。
Commented by mcnj at 2014-12-13 14:23 x
諏訪の片倉製糸、松本の蚕糸試験所など、養蚕業の盛んな松本生まれです。
母の実家も、養蚕農家でした。

妙義山は、懐かしいです。
日光へ行ったとき、行き帰りとも、このICで休憩しました。

地図でみると、荒船山も、近くですね。
Commented by rollingwest at 2014-12-14 05:55
おーちゃん様、渋沢栄一の生まれた深谷市内、雰囲気も歴史があり教育の高い街だと思いました。瓦職人を煉瓦製造に挑戦させて新たな技術産業を起こし、自分の故郷・深谷や近隣の冨岡を活性化させた渋沢栄一はやはり日本近代化の父ですね。東京北区の飛鳥山公園にも渋沢栄一記念館がありますので是非とも見学して見て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-14 06:08
mcnj様、松本という街も産業や教育の発展に尽力し、そして歴史と自然が満ち溢れている素晴らしい土地ですね!3月頃に松本のレポートを公開いたしますのでお楽しみに~!

Commented by 山小屋 at 2014-12-14 06:58 x
荒船山、遠くからみると船をひっくり返したような姿を
しています。
登山道には「マツダランプ」と書かれた琺瑯びきの案内板が
ありました。

富岡製糸工場は世界遺産に登録されてから、見物者が
多くなって順番待ちだそうです。
有名になるのも考え物です。
Commented by hirugao at 2014-12-14 08:16 x
埼玉の深谷というのですか。
今度は行ってみたいものです。
寒い時は出歩くのが億劫になりますね。
Commented by さかきんぐ゛ at 2014-12-14 12:00 x
こんにちは。

世界遺産巡りですね。富岡をはじめ広いエリアが指定されているが、それらを巡る旅行もまたいいですね。自分でコースルートを考えるのもまた楽しい事でしょう。

今度機会があったら、訪れた事がない荒船風穴や神津牧場を行ってみたいです。
Commented by nao♪ at 2014-12-14 17:52 x
今年の7月下旬、軽井沢に行く途中「富岡製糸工場」に寄りました。
暑い日でしたので人出はさほど感じませんでした。
駐車場もすぐにはいれましたしね。
これが主人との最後の旅となりました。
こちらの画像を拝見しながらウルウルきています。

遺産を守り続けた片倉工業は立派ですね。
今年2月の大雪で倒壊してしまった「繭乾燥場」の無残な姿には私もビックリしました。
建て替え費用はどこから出るのか?
思わず心配しましたよ。
Commented by Soul Mate at 2014-12-14 22:39 x
荒船山すご過ぎ。ヨセミテみたい。これじゃ落ちたら助からんのう。映画「シルク」見た?江戸末期にフランスから命がけで日本の蚕の卵を買い付けにくるお話。結構おもしろかった。共産党躍進。共産・社民の連立政権とかできたら米軍の代わりに人民解放軍が日本を守ってくれるのかね?
Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2014-12-14 23:09 x
★★群馬・埼玉の世界遺産★★
■荒船山のテーブル岩の写真を初めて見ました。
確かに柵が無いと転落しますね。
足かすくみそう・・・。

■製糸工場と言うと、どうしても女工哀史
の過酷な労働を想像しますが、このような
労働環境や福利厚生が充実していたとは
思いませんでした。

★やはり、家族との行動は・・・。
一人遊びができる大人(男)となりましょう!
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:00
山小屋様、荒船山は本当に奇異な山です。妙義もしかり・・、群馬県は個性的な山が幾つかありますね。冨岡は平日の午後ならば行列はなくて入れますので穴場時期を狙って行ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:07
hirugao様、埼玉の深谷は名前とは反して広大な畑が広がっています。ここの名産は深谷ネギ、本当に太くてシャキシャキしており鍋物に入れれば最高です。
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:16
さかきんぐ様、旅の楽しみは計画段階がまず一番楽しいです。いかに経済的に効率的に混まない時期に、名所をどれだけ欲張って廻るかを考えており、自分がいかに貧乏性かな・・と再認識しているところです。(笑)
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:30
nao♪様、今年の秋に突然御主人を亡くされ本当に大変でした。もうだいぶ落ち着かれましたでしょうか?御主人様と最後の旅が軽井沢とお聞きしていましたが冨岡製糸場にも訪問されていたのですね。複雑な思い出深い場所かと思いますが、あらためて心よりご冥福を祈念いたします。
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:38
聖二殿、落ちたら助からんと思う。落ち繋がりで、菅直人・海江田・渡辺喜美、野党にいた大物も次々崖から落ちたの~(もう次はないな)。自民強すぎ・・、いや野党がだらしなさ過ぎるに尽きるね。
Commented by rollingwest at 2014-12-15 06:49
風の又三郎様、荒船山は気軽に家族登山できますがこの断崖絶壁は危ないですよね。製糸工場といえば確かに映画「ああ野麦峠」で見られた「女工哀史」のイメージが強いですが当時では最先端な労働環境でエリート意識高かったんだと再認識いたしました。最近は1人で旅や徘徊する方が実に気楽で嵌っております。(笑)
Commented by hiroshijiji1840 at 2014-12-15 07:50
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
寒波が一段落したと思ったら、明日からさらに酷い寒波が襲来する予報ですね。
風邪を引かない様気を付け今週も元気で頑張りましょ~!

('_')*荒船山頂上の岩場は見ているだけでも足がすくみそ~です!(^^)!凄い所ですね。
☆世界遺産登録に成った、富岡製糸場は行った事が無く今日はゆっくりと見せて頂、今度行く時の参考や行った気分にさせて頂きました。
ご招待、有り難うございました。また見せて頂くのを楽しみにしております。

!('_')!今年最後の私の住む町の世界遺産の島・宮島に有る神社を纏めて見ましたので、一服しながらご覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!何時ものご覧頂いた感想などを頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!
Commented by つちや at 2014-12-15 09:12 x
お早うございます
四国の旅、不在間の訪問とコメント有難うございます。
帰宅してからゆっくり休んで今日からブログは再開です。

さて、世界遺産の富岡製糸場のご紹介有難うございます。
世界遺産となった製糸場です。 
近くに居ながら中々2度目が行けないでいる年寄りです。
ネギ畑から望む赤城山が綺麗に見えましたね。
上毛かるたに、「すそ野は長し赤城山」 があります。
10数回出場した大沼あかぎマラソンを思い出しています。
  

Commented by ryo at 2014-12-15 12:03 x
世界遺産の富岡製糸所へはいつか行きたいです。荒船山がクレヨンしんちゃんの作者の最後の場所なんて悲しいですね。2005年のお顔はやはり若いですね、気持ちは当時のままでも体は正直で泣けちゃいます。1年間盛りだくさんの記事楽しく読ませていただきました。ありがとう
Commented by souu-3 at 2014-12-15 16:34
今年も元気でお気に入りの場所を歩き過ごせたことは
この上もなき喜びですね。
そして皆さんを この世界に引き込める魅力を発信!
来る年もよろしくお願い致します。thank you!!
Commented by シクラメン at 2014-12-15 17:38 x
こんにちわ。毎日本当に寒いです。富岡製紙所 見学の人相変わらず多いですね。ここで見せてもらっておきます。
Commented by 地理佐渡かんりにん at 2014-12-15 19:24 x
こんばんは。

富岡製糸場。懐かしいです。一度だけ行きました。
あのころは片倉工業かなぁ、この施設を維持管理
していたのは....
とにかく懐かしいです。

荒船山。
面白い山です。行ってみたいですねぇ。
ちと怖い感じですが、それを楽しみに
登りたいですねぇ(笑)。


Commented by 寂恋法師 at 2014-12-15 20:41 x
こんばんはローリンさん、いつも素敵な写真と紀行文をありがとう。楽しく拝読しています。このレポートを以て小生が知事に、ローリンさんを群馬の観光大使に任命するように推薦しておきましょう。明日から名刺に「群馬観光大使」と入れておいて下さい。
Commented by wistereasublime at 2014-12-15 23:25
メタボの白クマです。荒船山はまだ行ったことがないです。どうしても登りたい山のひとつです。
世界遺産登録で人出が多くなったのは地域の方にはいいことなのでしょうが、人混みを避けたい私のような偏屈親父には悲しい面があります。しかしビジネスホテルを拠点にした旅はいいですね。対馬・壱岐・吉野ヶ里紀行で私も堪能しました。
富岡に目を付けた横浜にいた外国人(名を失念)の存在や、製糸場経営に乗り出した原家をとおした横浜とのかかわりは興味深いものがあります。いい旅をされたのが羨ましいです。
Commented by yokuya2006 at 2014-12-15 23:26
昔、高校時代に生物クラブでお蚕さんを飼っていました。五齢幼虫になると大きくて存在感があり、掌に乗せると冷たくて腹脚がピトピトと吸いつく感触が心地良かったものです。
毎日、桑の葉を収穫して食べさせるのに忙しかった記憶があります。彼らの桑の葉を齧るシャクシャクという音が懐かしい。
絹糸の写真を見て、そんな40年以上も前の事を思い出しました。
Commented by small-talk at 2014-12-16 00:09
僕は富岡製糸工場へ、3年程前に行きました。
世界遺産の話はチラホラありましたが、まさか本当に登録されるとは思いませんでした。
聞くところによると、長野の製糸工場のような、所謂、女工哀史のような劣悪な労働環境ではなかったそうですね。
官営だったからでしょうかね。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:00
ひろし爺様、富岡製糸場は次回訪問の参考にしていただければ幸いです。構成資産の荒船風穴を訪ねるのであれば、この変わった形の荒船山も是非とも意識して遠望して見て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:08
つちや様、四国に行っておられたのですか!八十八ケ所霊場巡りですか?小生もあと5年後くらいから四国の200名山踏破にあわせて四国八十八ケ所霊場巡りを始めてみたいと思っています。小生は香川からスタートして徳島へ5~6年くらいかけて登山と観光を兼ねて楽しみながら達成したいです。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:16
ryoko様、いつもありがとうございます。10年もあっという間だなあと思います。来年は早々に新年会楽しみにしております。そして新緑の時期に雨で延期した鎌倉アルプスを是非とも歩きましょう!
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:26
たまゆら souu様、今年も好きな場所を気ままに歩き体験できてよかったです。まさに百聞は一見にしかず!でもそのレポートをお届けできるのはいつも2~3回に分けて1年がかりですので御容赦願います。来年も九州登山のリベンジ挑戦します。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:34
シクラメン様、いつも複数回の御来訪ありがとうございます。前回紹介した宇佐神宮や国東半島も世界遺産登録に向けて地元では運動開始しております。指定されちゃうと大混雑になりますので今の内に行っておいた方がいいですよ~!
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:41
地理佐渡様、冨岡製糸場に片倉工業時代に訪問されたとはさすがです!荒船山に興味がございますか!群馬県ですので長岡からは車であっという間です。簡単に登れるので日帰りも可能ですが、周辺観光もあわせて1泊2日で御訪問されて見て下さい。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:48
寂恋法師様、群馬県も魅力ある県ですよね~!山も温泉も多いし!群馬県観光大使の拝命は光栄にございます。実は手元に3年前に訪ねた高崎観音・だるま・新島穣生家などの写真が眠っております。いつか貴殿の故郷・館林を訪問してネタを集めた一緒に「毛の国探訪」として公開したいと思います。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 06:55
メタボの白クマ様、これはもう荒船山に登って翌日は荒船風穴と冨岡製糸場を見学する1泊2日のビジネスホテル旅、構成資産を全て見るのであれば2泊3日旅を企画するしかないですね。平日であれば今は冨岡は大行列になることはありません。今から来年春の計画を練りましょう。思いたったら吉日!
Commented by akiotakahashi at 2014-12-16 06:59
荒船山の艦岩の写真には驚きました。こんな危ないところが残っているのですね。日本近代化遺産の制覇を考えているので、富岡製糸所は、早く行きたい場所です。
今年も充実したBlogを拝見し勉強になり有り難うございました。残るは、カウントダウンの淑女のダンスですね。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 07:03
バイオマスオヤジ様、高校時代に生物クラブだったのですか!まさに今のハンドルネームにしっかり生きておりますね。>掌に乗せると冷たくて腹脚がピトピトと吸いつく感触・・・、←ウチの娘ならばギャーとかいって叫び逃げそうです。(笑) 飼い子の蚕に突然変異で黒っぽいのはいなかったでしょうか?そんなレア物がいたならば完全にモスラの幼虫ですね。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 07:12
ひつじ雲様、冨岡製糸場では「女工」と言うよりは「工女」の方が一般的のようですね。この呼び名からもその取り扱われ方には高いものがありプライドが感じられます。でもあの糸を紡ぎ出す手動技術は大したものです。
Commented by rollingwest at 2014-12-16 07:22
アキタカ様、荒船山も冨岡製糸場もまだでございましたか!来年は是非とも群馬を訪ねてみて下さいませ。日本の近代化遺産の制覇を考えているとは実に素晴らしい!これから一生のまた新たな趣味が増えて何よりです。九州の近代化遺産群も世界遺産指定前に行った方がいいかもしれませんね。
Commented by hirugao at 2014-12-16 07:54 x
コメントありがとうございました。
寒くなりました…お風邪に気を付けてくださいね。
Commented by びーぐる at 2014-12-16 10:02 x
荒船山の断崖絶壁はすごいですねぇ!
写真見ているだけで背筋が寒くなります。
Commented by m2-home at 2014-12-16 10:43
蚕って昔屋根裏で飼ってたうちがありましたよね。
屋根裏でカサカサとうごめく虫たち・・・

虫嫌いなボクにはまさに悪夢ですよ(苦笑)

荒船山の断崖はボクのお気に入りにインプットされました。
いつか行って見たいです。
Commented by ジオヤー at 2014-12-17 00:04 x
実は私、群馬に住んでいながら知らないことばかりでして・・・
いや~、凄く申し訳ない気持ちになるのは何なんでしょう(笑)
普段興味があるのは、近場の飲み屋さんくらいなもんでして・・・
お恥ずかしい限りですが、群馬の名所、詳細に紹介して頂いたこと感謝します。
ありがとうございます。
富岡製糸場もまだ行ったことがないですけどね~、日本の近代史に触れることができる所のようですね。
ただ、言い訳させてもらうと、私が子供の頃は、製糸がまださかんに行われていて、地元は前橋なんですが、近所に製糸工場も2軒ほどあって(もちろん富岡のように大規模ではないですが)、その雰囲気は日常的に触れてたし、掲載されてる写真の機械が動いてるところも実際に見てたので、大体の感じは分かってるつもりです。
Commented by rollingwest at 2014-12-17 06:53
hirugao様、強烈すぎる大寒波が来ておりますね~!故郷・柏崎も相当降っておりこんなに早くこんなにも雪が積もるとはと大変なようです。お体御自愛ください。
Commented by rollingwest at 2014-12-17 06:59
びーぐる様、高所恐怖症ですか~?(笑) RWはこんな場所が大好きです。××とRWは高いところに登りたがる・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2014-12-17 07:08
m2-home様、>屋根裏でカサカサとうごめく虫たち・・・、ウチの娘も大の虫嫌いなのでこんな場面を想像しただけで間違いなく逃げます。小生は蚕を見るとモスラを想像するので可愛く思えるのですが・・(笑) でも日本古代史にとっても蚕・絹はポイントなのです。あの秦氏は蚕・絹で財力をなして裏から天皇を操ったのですから・・
Commented by rollingwest at 2014-12-17 07:13
ジオヤー様、意外と自分の住んでいる故郷の名所って行かないものなのですよね。いつでも行けると思ってか、あまりにも日常風景に溶け込み過ぎていると当り前過ぎてその魅力に気がつかないのかもしれません。日本人も日本の魅力にもっと気づき再発見できる方が増えるといいなあと思っています。外国人から見る日本の素晴らしさの声を聞くと実に新鮮です。
Commented by kotonoha222 at 2014-12-17 09:44
rollingwestさん、おはようございます。
富岡製糸場は一度も訪れた事が無いのですが、
世界遺産、凄いですね!
深谷の渋沢邸初めて見ました。
同級生が子孫と結婚しましたよ。
富岡製糸場の生みの親の渋沢栄一さん、偉大な功績を
今改めて実感しています♪
    しおり
Commented by koba222 at 2014-12-17 16:43
富岡製糸場と絹産業遺産群はやはり大変な遺産のようですね。
写真付きでいろいろと説明をよませていただき
楽しんでいます。ご家族での思い出も沢山ありますね。
最近は一人旅?御嬢さんもお年頃でしょうからね?
Commented by rollingwest at 2014-12-18 06:00
ことのは様、同級生が渋沢栄一の末裔の奥様ですか!もしかしてこのお家も管理されているのかな?渋沢栄一は都内北区にも記念館がありますので次回記事ではここの一緒に紹介する予定です。お楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2014-12-18 06:08
koba様、冨岡製糸場は10年前に訪問した時には地元の登録展開運動が始まったばかりでしたがまさか本当に世界遺産になるとは思ってもみませんでした。文化貢献のはっきりしたコンセプトを絞り、地域全体の取り組みの成果だと感心しました。
Commented by シクラメン at 2014-12-18 21:27 x
こんばんわ。今日は日本列島大雪の所も多かったことと思います。京都でも金閣寺とか北の方は雪が積もっているようですが、我が家は雪は降ってないです。朝屋根が、少し白かったです。でも寒いです。一日家にいました。
Commented by 舞子 at 2014-12-18 22:02 x
RWさんの行動力は、何時も驚きです。群馬は何となく遠く思うのですが、
思いがけず藤岡まで行きましたら、富岡製糸場も近くだったのですね。
何かとお花を追いかけたい方なので、こちらの記録を見せていただいて、
初めて知る事ばかりです。
Commented by PUKA at 2014-12-18 23:19 x
一泊のミニ旅行と言うことですが、充実の社会見学ですね。
富岡のゆるキャラ?は「お富さん」なんですね。袴姿がいいですね。
PUKAは昔の歌を思い出しました。
Commented by rollingwest at 2014-12-19 06:01
シクラメン様、雪の金閣寺は是非見てみたいものです。でも全国的な寒波襲来、特に北海道は大変な状況ですね。心配になって故郷・柏崎のお袋にTELしましたが、それ程の雪でもないようでてホッとしました。もう80歳近いので大雪が降っての雪おろしは大変ですので・・
Commented by rollingwest at 2014-12-19 06:08
舞子様、最近嵌っている行動パターンは登山ならば無人小屋、車旅行ならば安いビジネスホテルを泊まって2日間で徹底的に観光旅をするパターンです。朝から現地の観光SPOTを周遊できるので効率的に廻れて帰りも渋滞に巻き込まれず夕方に帰宅できるのですよ。3月末は山梨の宿坊に泊まって身延の山を登り、帰りは有名な身延の枝垂れ桜を見学してくる予定です。
Commented by rollingwest at 2014-12-19 06:15
PUKA様、♪「粋な黒塀みこしの松~に仇な姿の 洗い髪~」♪、 死んだ筈のお富さんも冨岡でしっかり元気に生きておられたので小生も嬉しい気持ちでした。世界遺産指定されなければお釈迦さまでも知らなかったかもしれませんね。 エーサオー、エンヤラヤ~(笑)
Commented by マツ at 2014-12-19 10:21 x
西上州といえば、妙義山と富岡製糸場ですが、後者が世界遺産に登録されてから、群馬への観光客も増えているようで、閑古鳥が泣いていた伊香保、四万といった有名な温泉郷の客足も戻ってきたようです。
隣県のせいか埼玉と地形や風土、食文化が似通っており、登山やウォーキング、食べ歩き等で足繁く当地を訪れている上州ファンとしては、喜ばしい限りです。妙義山は、一度登っていますが、一般ルート以外にも表妙義、裏妙義等バリエーションコースも豊富なのでまた、登ってみたい山です。他にも立岩とか父不見山、御荷鉾山等地味ながら、昔から山岳エッセイによく登場する名山も多いので、じっくり登ってみたいものです。
Commented by yodogawasyuhen at 2014-12-19 11:40 x
おはようございます。
富岡製糸場ですか。
私も行ってみたい所です。
山の方は無理ですけど、ここへは行ってみたいです。
機会みて寄ってみます。
Commented by takezii at 2014-12-19 17:45 x
いつも コメントをいただき 有難うございます。富岡製糸工場見学は これまで 何度も 計画しながら 毎回 流れてしまい まだ 一度も 訪ねていません。RWさんの詳細レポートや写真を 眺めながら 来年は 是非 訪ねてみたいと思っています。荒船山も 以前から 気になっている山ですが まだ 行っていません。元気なうちに 一度は 登ってみたいと 思っています。何しろ 70過ぎて 現役で働きながら いろいろ 遊ぼうと 欲張りなもので 忙しい忙しい。
Commented by desire_san at 2014-12-19 23:27
こんばんは。
荒船山にはすごい景色のところが゜あるんですね。
昔登りましたが、あのような大岩壁があるとは驚きました。

わたしのぶろぐにもこめんとをいだきありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2014-12-19 23:48
富岡製糸場、世界遺産になる前に行っておけばよかった~!
すごい人出のようですね。
やっぱりニュースになると注目度が違います。
なかなか関東に出向く機会がないのですが・・・。
歴史で習ってから、日本近代化の魁となったこの工場を
見たいなぁと思っていたのです。いつかきっと(^-^)
Commented by rollingwest at 2014-12-20 06:09
マツ殿、奇岩の山々・世界遺産・古墳やヤマトタケル伝説・数々の名温泉、群馬県は本当に魅力的な県です!地元の方は意外と気づいていないのかもしれません。ここ数年以内に是非とも妙義山の峻嶮コースをご一緒しましょう。何度も訪ねてみたいバリエーションコースの計画御案内を楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2014-12-20 06:18
yodogawasyuhen様、富岡製糸場はもうちょっとブームが収まった頃に訪問されるといいかもしれません。軽井沢・浅間山とのセット、または伊香保温泉とのセットで計画して見るのもいいかも!
Commented by rollingwest at 2014-12-20 06:25
70過ぎて現役で働きながも存分に遊ぼうとは素晴らしい!その欲張りな気持ちこそが若さを保つ秘訣ですね!富岡製糸場も荒船山も行きたいと思っている時に行くことこそが大切!是非とも健康なうちに行動を起こしましょう!
Commented by rollingwest at 2014-12-20 06:36
desire_san様、貴殿も荒船山を登山されたことがあると思いますが、平な断崖絶壁「艦岩」の頂上には立ちませんでしたか?やはり断崖の下を覗いたら足がすくみそうでした。航空写真で見るとあらためてその姿の迫力を再認識しました。
Commented by rollingwest at 2014-12-20 06:48
kwc_photo様、九州の産業遺産群、宇佐神宮・国東半島、長崎五島列島のキリスト教会遺産も世界遺産登録指定が実現する前に行っておいた方がいいですね。こちらも登山を含めて何回も九州に行くことになりそうなので旅費が辛い~(苦笑)
Commented by hiraoka-yoshi at 2014-12-20 09:14
いよいよ年の終わりを向かえお互いに寒くとも・・忙しくなってきました。
毎年の事なのに・・なんだかドキドキ仕事が片付かず困っています
いろんなことをため過ぎてしまうのですよ・・
 でもブログは毎日更新していますからよろしくお願いします。
来年の活躍も早い目に見せてくださいね・・今年は充分楽しませていただきました・・ありがとうございました。四国にも来て下さりありがとうございました。
また違った徳島も楽しみに来て下さいね
Commented by なりちゃんジイジ at 2014-12-20 21:23 x
妙義や荒船山ちょっと変わった特徴のある山ですね
妙義山は2度ほど縦走したことありますが、昔の話です。
製糸場は前を通っただけ、繭から糸をとるところは中国で見ただけです。
小川町で和紙の紙漉きをやったことありますネ
何か模様を入れたような気がします

今年もあと少し、正月はどこかに旅をされるんでしょうね
何が出てくるか楽しみにしております
Commented by rollingwest at 2014-12-21 06:11
ちごゆり嘉子様、小生の将来の夢は四国にある日本200名山を全て登りながら、八十八ケ霊場を全て巡りたいと願っています。スタートは香川讃岐、結願は徳島にしたいと思っております。
Commented by rollingwest at 2014-12-21 06:17
なりちゃんジイジ様、妙義山は10年ほど前に家族で一般的なコースをハイキングしたことがあるのですがいつか岩場の厳しいコースを歩いてみたいなと思っております。小川町で和紙の紙漉体験があるのですか!好奇心旺盛ですね。
Commented by hiroshijiji1840 at 2014-12-21 10:11
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントやポッチを有り難うございます!

('_')日曜日なのですが今日は特別にブログ投稿を致しましたので、一服しにお越し頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!御覧になった感想やご意見を楽しみにお待ちしていま~す!
まずは、ご案内まで・・・それではまた明日ゆっくりとさせて頂きますネ!
Commented by nobunagaE.T at 2014-12-21 11:27 x
RWさん、こんにちは。
富岡製紙工場は一度行ってみたいと思ってましたが遠いので行けませんでしたが、紀行を読ませていただき行った気分になりました。暗いイメージがありましたがそうではなくいい環境の下で皆さん働いてたのがよく分かりました。
Commented by Soul Mate at 2014-12-21 20:18 x
おぬしのところの新潟2区は強烈激戦じゃったねえ。100票差で自民が辛勝。でも民主票と社民票合わせたら自民を上回っとるのう。5区以外は野党も善戦しとるし。新潟は米どころで原発もあるけん保守的なんか思うとったけど意外にリベラルなんじゃなあ。。。
Commented by rollingwest at 2014-12-22 06:00
ひろし爺様、いつもありがとうございます。一両日中にお伺いさせて頂きます。こちらもそろそろ年賀状の準備に入りました。来週はもう仕事納めです。大掃除や冬タイヤ交換もせねば・・
Commented by rollingwest at 2014-12-22 06:07
nobunagaE.T様、製糸工場に関する暗いイメージは「女工哀史」や「ああ野麦峠」で我々も脳に刷り込まれていましたが、富岡製糸場は最新鋭の模範工場ですから全国から優秀な子女が選抜されたのでしょうね。日本初の福利厚生が充実した職場だったのかと知りました。
Commented by rollingwest at 2014-12-22 06:16
聖二殿、お主は異常に我が故郷の情報に詳しいのお、ビックリするわい。お主も昔の柏崎藩の脱藩浪士の生まれ変わりと違うか?
Commented by hiroshijiji1840 at 2014-12-22 08:58
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントを有り難うございました
今日は朔旦冬至と言って地球が蘇る日だそうですネ!
お互いに新たな気持ちで充実した師走を過ごしましょ~!

*('_')*今日の投稿は私の住む団地下に有る漁港を散歩した時の様子をDBと動画にしましたので御覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!御覧頂いた感想やご意見などを楽しみにお待ちしています!バイ・バ~ィ!!
Commented by シクラメン at 2014-12-22 17:43 x
こんばんわ。12月22日。今日は一年で一番昼の短い冬至ですね。ゆず風呂に入ってかぼちゃを頂きますね。明日から少しずす日が長くなると思うと嬉しいです。今年も後わずか。風邪をひかないように頑張りましょう。12月から朝の体操が休眠で
運動不足です。
Commented by rollingwest at 2014-12-22 21:29
ひろし爺様、3回目のコメント!いつもありがとうございます。今日は例年と違い新月と重なる19年ぶりに1度しかない特別な冬至のようですね。確かに真っ暗で冷え込む夜でございます。ユズ湯に入って温まりましたかあ~?
Commented by rollingwest at 2014-12-22 21:42
シクラメン様、ななな何と、一つの記事に4回もコメントを頂戴できるとは涙がチョチョチョチョ切れるくらいに嬉しゅうございます。いよいよ年末も押し迫る週を迎え、年末レビューで来年に思いを馳せたいと思っております。今日は冬至、お体を温めて御自愛くださいませ~!
Commented by しむけん at 2014-12-31 00:37 x
荒船山の頂上、あんなに凄い場所だとは全く知りませんでした。黒澤明の「乱」のラストシーンはひょっとしてここでロケしたのでしょうか?全く違うかな?
Commented by rollingwest at 2014-12-31 06:37
しむけん様、こちらの方へも・・!次々と足跡を残して頂き嬉しい限りです。おうちのPCからでなくてもスマホからも簡単に投稿できますよ。洋楽ユーチューブはスマホはなかなか不安定かもしれませんが、一般記事の方はスマホからの投稿を随時お待ちしております。来年もよろしくお願いいたします。

<< <2014年12月>「RW・年... <2014年12月>九州歴史探... >>