<2014年4月>諏訪探訪②:諏訪湖・茅野の縄文遺跡探訪レビュー

c0119160_206174.jpg


★4年ぶりに諏訪探訪シリーズの続編を公開

諏訪探訪シリーズは、「守屋山・高遠」で第1回記事(2011年)を掲載してからもう4年近くが経過してしまいました。日本アルプスや八ケ岳登山で必ず通過途中で視野に入るのが日本のヘソ「諏訪湖」です。


     .....(左)長野県諏訪SAから「諏訪湖」を見下ろす (右)薄氷の張る冬の湖面.....
c0119160_2245550.jpgc0119160_225528.jpg

c0119160_2252332.jpg


                   <2011年5月>諏訪探訪①:「古代ミステリー・守屋山」&「南信濃・高遠」

諏訪周辺の見所は嘗て無知状態だったRWですが、数年前に当エリアが古代史ミステリーの宝庫だという事実に気付きその後何度か足を運びました。手元には撮り溜めた未公開写真が沢山あります。


     .....日本アルプスへ登山に車で出かける時は必ず通過(右手に登場)する諏訪湖.....
c0119160_2294281.jpgc0119160_22101267.jpg

c0119160_2295886.jpg

c0119160_22152650.jpgc0119160_22153658.gif

c0119160_22155652.jpg
c0119160_2216648.jpg


昨年5月(春爛漫の頃)にも諏訪湖近くの茅野市(八ケ岳山麓)を訪ね、縄文遺蹟や国宝土偶に御対面してきました。そろそろ写真も整理しておかないと溢れそうなので諏訪探訪第2回目をレポート!


                  .......諏訪湖・茅野から見る八ケ岳は素晴らしい裾野姿を広げている.....
c0119160_2221180.jpgc0119160_2221118.jpg





c0119160_2221311.jpg






★中央高速道PAから気軽に訪問できる山梨県の縄文遺蹟 (2014GW)

昨年5月GW柏崎帰省の際、毎回定番の関越道経由ではなく中央高速道で茅野・諏訪湖・松本・松代の見所を訪問しながら北上していきました。中央道下り線には釈迦堂PA(山梨県)がありますが、パーキング施設脇の階段を上がると山梨県の縄文資料館「釈迦堂遺跡博物館」が出現するのです。


     .....中央道下り線・釈迦堂PA(山梨県)、ここに「釈迦堂遺跡博物館」入口がある....
c0119160_2184558.gifc0119160_21858100.gifc0119160_2191579.jpg

c0119160_2194098.jpg


      .....釈迦堂下りPAから専用階段から縄文の博物館へ。時は春爛漫の花盛り!....
c0119160_2115958.jpg
c0119160_2116085.jpg

今回の主目的は諏訪湖周辺に栄えた茅野・縄文遺蹟ですが、プレ学習にはうってつけではないか!釈迦堂遺跡博物館(山梨県笛吹市)は中央自動車道の建設工事に伴う発掘調査により出土した縄文時代の出土品を保存・展示するための施設(鉄筋2階建て)として1988年にオープンしました。


    .....(左)釈迦堂遺跡博物館へ (右)山梨県の縄文・弥生の土器が展示されている.....
c0119160_21255835.jpgc0119160_21261561.jpg
c0119160_21264128.jpg


c0119160_2127779.jpg


    .....(左)縄文土器がオンパレード (右)火焔土器は正に燃え滾る縄文エネルギーを感じる.....
c0119160_2150076.jpgc0119160_21503584.jpgc0119160_2151090.jpg



c0119160_21512376.jpg


出土遺物において土偶(縄文時代中期が大半)は千個体以上で、同一遺跡群からの土偶の出土数としては有名な青森県・三内丸山遺跡に次ぐ多さで学術的に貴重とのこと!今まで知らんかった~


   .....(左)狩猟生活の様子が再現 (右)釈迦堂遺跡が発掘調査された当時の記録写真.....
c0119160_22275378.jpgc0119160_22281020.jpgc0119160_22282523.jpg


c0119160_2229593.jpg


     .....昨年GWの山梨はまさに桃源郷!桃の花が満開、ユキヤナギが花吹雪の如し.....
c0119160_22335760.jpg
c0119160_223414100.jpg

狩猟生活を中心とした縄文人の衣食住や土器等の事前予習を十分行い、高台から俯瞰して見れば5月の甲州は輝く桃源郷!素晴しさに感銘しつつ、諏訪湖・茅野方面へ車を走らせて行きました。


      .....再び諏訪湖の湖畔風景に!夏も冬も多くの観光客で賑う日本のヘソの湖.....
c0119160_22361310.jpgc0119160_22362754.jpgc0119160_22364327.gif


c0119160_2237335.jpg

c0119160_2245431.jpgc0119160_22455749.jpg
c0119160_22461877.jpg






★茅野市・尖石縄文考古館を訪問

八ヶ岳の西側、標高千m余の緩斜面には多くの縄文遺跡が発見されていますが、その中でも 「尖石遺跡」は縄文時代の集落遺跡として学術的価値が高く国の特別史跡に指定されています。昭和初期から地元の研究家が発掘調査を進め、2000年に完成した「新尖石縄文考古館」が展示の中心


        .....今回の最大目的地、「茅野市・尖石縄文考古館」(諏訪湖の近く)に到着.....
c0119160_22131896.jpgc0119160_22142172.jpg
c0119160_22135173.jpg



c0119160_2214262.jpg


       .....(左)八ケ岳山麓の縄文土器・遺物が一挙公開 (右)茅野の縄文火焔土器.....
c0119160_2220233.jpgc0119160_22203548.jpg


c0119160_22205273.jpg


縄文土器・石器等の実物資料に加え、映像・写真、日本各地で出土した資料から縄文時代の人々の生活や習俗や当時の環境も解説されており、縄文時代の技術も学習できるようになっています。


       .....縄文時代の採集・狩猟・漁労、衣服「編布」等の暮らしぶりが再現されている.....
c0119160_22264915.jpgc0119160_22272775.jpg

c0119160_22275015.jpg

c0119160_2228868.jpg
c0119160_2228281.jpg


ここを訪れた最大目的は国宝土偶「縄文のビーナス」&「仮面の女神」と御対面すること!「縄文のビーナス」は下方に重心がある安定した立像形でお腹とお尻が大きく張り出し妊娠女性が表わされ、「仮面の女神」の顔面は逆三角形仮面がつけられた表現でついに国宝指定されました。オメデトウ!


        .....国宝土偶「縄文のビーナス」が展示されていた!発見時は横たわっていた.....
c0119160_8121121.jpgc0119160_8105970.jpgc0119160_8115598.jpg


c0119160_8123863.jpg

c0119160_8111517.jpg
c0119160_8125340.jpg


        .....コチラも全国的メジャーな「仮面の女神」(縄文後期)、ついに国宝指定された.....
c0119160_8363233.jpgc0119160_8384149.jpgc0119160_8412851.jpg

c0119160_8414952.jpg


この土偶は今から約5千年前に作られたと知り驚愕!ところで土偶の正体とは一体何なのでしょう?東北地方から多く出土する遮光器土偶を見ればまるで宇宙人の様にも思えます。偶像としての「神」なのか?それとも宇宙服を着た何者なのか?今だに人類の誰もが謎を解けていないのです。


           .....まるで宇宙人のような縄文土偶達、右中央は有名な合掌土偶.....
c0119160_848751.jpgc0119160_8482060.jpgc0119160_8483339.jpg

c0119160_849031.jpg
c0119160_8494369.jpg


次もお目当て「与助尾根遺跡」&「尖石遺跡」に向おう!茅野市は300の縄文時代中期遺跡が発見されていますが、殆どが八ケ岳山麓の標高千m前後に位置しており、尖石遺跡が代表的な遺跡です。与助尾根遺跡は昭和24年に東大教授の設計図面をもとに地元有志で復元された住居の姿。


       .....「与助尾根遺跡」の復元住居、縄文時代の竪穴住居跡が何と28ケ所も発見.....
c0119160_85776.jpgc0119160_8572235.jpg


c0119160_8574186.jpg


      .....(左)春を待つ縄文遺蹟、木々の芽吹きは近し (右)竪穴式住居の内部に柱が屹立....
c0119160_922379.jpg

c0119160_924333.jpg
c0119160_93195.jpg


八ケ岳山麓の標高千m前後の広大裾野は豊富な湧水に恵まれ、落葉広葉樹が多く繁茂し木の実(ナラ・クルミ・クリ)に恵まれており多様な動物が生息していました。縄文人はここを狩猟地として定住したのです。尖石遺跡にはストーンサークルや自然崇拝した巨石等も残っており古代信仰の痕跡を発見!


        .....茅野・八ヶ岳山麓に広がる「尖石史跡公園」、象徴的なストーンサークル遺跡.....
c0119160_9104473.jpgc0119160_9114156.jpg



c0119160_912868.jpg
c0119160_9121817.jpg


      .....昭和20年代発掘の縄文遺跡には、神として祀られた石(自然崇拝)の痕跡が.....
c0119160_9193211.jpg
c0119160_9195280.jpg

いや~見応えがあった!憧れの国宝土偶と八ケ岳山麓の縄文遺跡を堪能し大満足!信州の春風景を楽しみながら、次の目的地・松本城(桜満開)&旧・開智学校へとマイカーを走らせていきました。


        .....八ケ岳の春風景を見ながら諏訪湖から松本方面へとマイカーを走らせていく.....
c0119160_922596.jpgc0119160_9222786.jpg









c0119160_9224429.gif






★次回レポートで諏訪大社に潜む古代史ミステリーへと迫ります!

諏訪は、高千穂や出雲と並ぶ最大級のミステリーゾーンでまだまだ解けない古代史の謎が多く秘められている場所です。有名な奇祭「御柱祭」は7年に1度行われますが、いよいよ来年春は祭開催を迎え諏訪は大いに盛り上ることでしょう。次回は2010年に体験した御柱祭の写真も公開レポートしていく予定


      .....奇祭「御柱祭」で有名な「諏訪大社」(4つの宮が存在)は古代史ミステリーの宝庫.....
c0119160_927043.jpg
c0119160_9272017.jpg

諏訪大社は2社4宮から構成されており、諏訪湖の北には諏訪下社(春宮と秋宮)、南には諏訪上社(本宮と前宮)があります。「前宮」だけが茅野市にあり御神体は背後にある「守屋山」なのです。


        .....諏訪大社「前宮」(茅野市)は最も原始的な雰囲気が残る謎が多いお社.....
c0119160_930525.jpg
c0119160_930255.jpg

そして前宮の神事だけが他の3宮と全く異なり、鹿・猪の頭を生贄とし神に捧げる「御頭祭」という奇妙な儀式が残され、ここに狩猟生活をしていた縄文時代・先住民の信仰痕跡が感じられるのです。


        ....諏訪大社前宮の神事「御頭祭」、鹿・猪の頭が生贄として神に捧げられる.....
c0119160_9323440.jpgc0119160_9325222.jpg
c0119160_9334728.jpg


c0119160_934480.jpgc0119160_9331968.jpg
 
諏訪大社が当地に鎮座する前、先住民が崇拝した「ミシャグジ神」という縄文時代の神を祀る場所を発見し訪問しました。「神長官・守矢家」資料館には「御頭祭」で生贄として捧げられた鹿・猪の頭、串刺の兎が展示されており正に衝撃的!征服された先住民に敬意を表し儀式を残したのでしょう。


   .....縄文期の先住民が崇拝した「ミシャグジ神」、祭祀する「神長官・守矢家資料館を訪問.....
c0119160_9554460.jpgc0119160_956158.jpg

c0119160_9562775.jpg

c0119160_9564546.jpg


      .....「神長官・守矢家史料館」。ミシャグジ神に奉納された動物の生贄姿が展示.....
c0119160_1034386.jpgc0119160_104390.jpgc0119160_1041989.jpgc0119160_1043620.jpg

c0119160_10552946.jpgc0119160_105625.jpgc0119160_10101899.jpg

前宮の御神体である「守屋山」は4年前に登頂しましたが、今回紹介した「尖石遺跡」や諏訪湖が一望できる絶景を楽しむことができました。当時の縄文人にとってモリヤ山こそ自分達を見守る神の山として崇めたのでしょう。実は「守屋」とは旧約聖書の「モリヤ」(生贄の地)に由来する名なのです。


      .....2011年GWに登頂した諏訪「守屋山」。山の地名は旧約聖書「モリヤ」に由来.....
c0119160_1057571.jpgc0119160_10572312.jpg
c0119160_10574485.jpg
c0119160_10581854.jpg


また諏訪大社の祭神は「建御名方神」(タケミナカタ)ですが、この神は出雲・大国主の息子で古事記・国譲り神話に登場。天照大神が派遣した鹿島神に敗れてしまい諏訪の地まで逃げて来たのです。


    .....諏訪大社は古事記・国譲りで出雲から敗走してきたタケミナカタが祀られる.....
c0119160_1134238.jpgc0119160_1141535.gifc0119160_1142698.jpgc0119160_1143883.jpg

c0119160_1145684.jpg
c0119160_11574.jpg


縄文ミシャグジ神、旧約聖書、古事記(出雲の神)が一挙登場し古代史ミステリーと言われても何が何だか分からないと思いますので今回はこの辺でやめておきます。次回のレポートでマニアックに解説する予定


                        古事記「国譲り」(出雲大社と伊勢神宮の謎の関係)はコチラから




★(LAST):諏訪湖周辺で撮影した幻想的な光景

           .....(左)夕暮れの諏訪湖畔風景 (右)湖上を舞う八重垣姫の像.....
c0119160_11214215.jpg
c0119160_11215525.jpg

            .....夕暮れの雲間から峻嶮な南アルプス連峰が垣間見える!.....
c0119160_11233580.jpg

頭が混乱する複雑な古代史ミステリーへ無理に巻き込んでしまい御容赦・・。色々な民族の痕跡や神話が残っているのは諏訪の地が古代人にとって住み易い場所だった証拠を示していると思います。
最後はお口直しで、諏訪湖周辺で撮影した夕暮の湖畔風景や夜明けの富士山をお楽しみ下さい。


        .....石灯籠・八重垣姫・初島(諏訪湖花火打ちあげ島)のシルエットが幻想的!.....
c0119160_11235396.jpgc0119160_1124727.jpg

c0119160_11242386.jpg


       .....湖畔の裸婦像も見つめるサンセット光景。自転車で家路に急ぐ人もシルエットに....
c0119160_1130722.jpgc0119160_11302197.pngc0119160_11303460.jpg


c0119160_11305177.jpg


諏訪は日本のヘソであり日本を分断するフォッサマグナと中央構造線が交わる中心点。中央構造線上には石鎚山・高野山・伊勢神宮・諏訪大社・鹿島神宮、日本のパワースポットが多く存在します。大断層がぶつかる深い磁場・地層の底から湧き上がってくる「気のパワー」が集積する所なのかも・・


        ....諏訪湖付近は、フォッサマグナ(糸魚川・静岡構造線)と中央構造線が縦横交差.....
c0119160_11364124.jpgc0119160_1138142.jpg

c0119160_11383278.jpg


          ....諏訪の高台から捉えた幻想的な遥かなる黎明富士山も御覧あれ~.....
c0119160_114112.jpg
             
諏訪は温泉があり、観光目玉としては「高島城」「夏の湖上花火大会」、冬の「御御渡神事」、武田信玄の愛した「湖衣姫」史跡等、訪ねたい場所・行事が沢山あります。皆様も是非ともご訪問あれ~!


         ....言葉もいらない諏訪湖の静寂、ユックリと時間が流れシーンとした余韻光景.....
c0119160_11415180.jpgc0119160_1141227.jpgc0119160_11413615.jpg

c0119160_1142688.jpg
c0119160_1144739.jpg

            


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-03-07 11:45 | 諏訪探訪 | Comments(108)

Commented by しむけん at 2015-03-08 00:47 x
なるほど、諏訪湖近辺は地層的にも際立って特異な場所だったのですね。いやー、勉強になりました。あの鹿と猪の頭の生贄は日本と思えない祭祀だね。神主装束と三宝に載せたリアルな頭のアンマッチさは初めて見た画像です。縄文の狩猟文化を色濃く受け継いでいる珍しいもので、大いなる歴史の継承を感じます。
Commented by wistereasublime at 2015-03-08 01:05
メタボの白クマです。
縄文土器はいつ見ても刺激的です。岡本太郎も大きな影響を受けましたが、私も大いに興味ある形・表情です。
縄文時代、諏訪湖の周囲への集中というのも未だによく理解できない事態です。縄文人にとっては豊かな暮らしやすい地域だったんだと思いますが‥。釈迦堂・尖石‥考古学研究では忘れられない遺跡ですね。
縄文土器の文様や形の図像学的解釈には興味が湧いてきます。
Commented by rollingwest at 2015-03-08 06:36
しむけん様、日本の火山や断層の随所に有名な神社やパワースポットが点在していますが、縄文人は地球の底から気が湧き上がり集中している場所を本能的に知って、そこに自然崇拝場所を設けたのではないでしょうか。富士山・阿蘇、太古から地震が多い鹿嶋、全て中央構造線上にありますが、さらにフォッサマグナと交差している場所が諏訪でございます。日本人の自然崇拝はやはり天災をもたらすものこそが神と信じて来た歴史が解る様な気がします。
Commented by rollingwest at 2015-03-08 07:17
メタボの白クマ様、小生も縄文文化に非常に興味がありこれからももっと調べていきたいです。いずれは秋田鹿角ストーンサークルや青森の三内丸山遺跡、そしてヘブライ文化が残る戸来村などに行ってみたいと思っております。昔の日本列島はかなり内陸部まで海が入りこんでいましたが、気候変動により海が徐々に後退していったため、縄文人の生活拠点は諏訪・八ヶ岳周辺から関東平野部に移動していったものと思われます。
Commented by hirugao at 2015-03-08 07:46 x
素敵な旅でしたね。
春浅いかもしれませんがピンクの花は梅?
でしょうか。
こんな時期にはこんな旅してみたいです。
Commented by m2-home at 2015-03-08 14:25
鹿・猪の頭、串刺の兎を生贄と捧げる祭りがあったとは
驚きましたね。
生贄を身代わりにした儀式は個人的に好きではないですが
勉強になりました。
Commented by Soul Mate at 2015-03-08 20:41 x
日本史はサッパリわからんが、縄文文化ってオシャレな服着て職人が矢じりとか石斧とか生産しとって黄河文明とかより全然進んどるじゃろ?世界的にもっと評価されてええのと違うの?まあ、そげなこと言うたら怒り狂う民族もおるけんなあ。。。
Commented by 寂恋法師 at 2015-03-08 22:36 x
RW さんこんばんは、小生のレベルでは古事記関連の本を読んでもどうもしっくり来ない。高千穂、出雲、奈良大和地方、諏訪地方といろいろなところが出て来るが、現代の地理感覚と時間感覚では話の筋が繋がらずなかなかスッキリしません。リタイア後で結構ですから是非研究を深めて、RW版古事記解説書を上梓してください。それにしても串刺しはリアルですね。
Commented by tombee-yanaze at 2015-03-09 04:46
今回も圧巻でした。
知らないことばかり。
諏訪湖も一大文明があったんですね。
水のあるところ・・判るような気がします。
守屋山とモリヤ・・・偶然のこじつけじゃなくて・・やっぱ関連があるのかしら?
4000年前・・三瓶が最後に噴火したころ。
広大な縄文遺跡に想像が広がります。
八重垣姫・・八重書き神社。建御名方神・・・出雲との関係を感じます。
Commented by rollingwest at 2015-03-09 06:00
hirugao様、ピンクの花は桃の花ですよ!昨年GWの写真ですので春は深まり新緑を迎えている季節でした。この時期の甲斐国はまさに桃源郷、美しき国です。
Commented by rollingwest at 2015-03-09 06:07
m2-home様、先史時代から日本列島には大陸を渡ってまたは海を渡って、文明の源・中東エリアから色々な民族が入ってきたはずです。稲作文化が流入してくる以前は縄文人の狩猟文化ですからそこに儀式の痕跡が残っていても何ら不思議はないと考えています。
Commented by rollingwest at 2015-03-09 06:16
聖二殿、実は日本の縄文文化は黄河やエジブト文明より古く地球人類のルーツという信じられないような説もあるのじゃよ。宇宙人が遥か古代に地球に降り立ち、猿人に自分達のDNAを移植し知恵を与えて、現在の人類が生れたということ(まさに2001年宇宙の旅の冒頭シーン)らしい。その痕跡こそ遮光器土偶であり、宇宙服を装着した異星人の記憶が縄文時代の日本に残されたというロマンあるお話じゃ・・!
Commented by rollingwest at 2015-03-09 06:31
寂恋法師様、古事記・日本書記は天皇権力を裏で操った藤原氏が自分達の都合のいいように歴史を塗り替えた偽書ですからまともに信じてはいけません。天孫降臨や神武天皇(初代)から10代天皇以前の話は殆どウソ!朝鮮から渡来した騎馬民族(九州王朝)が自分達の歴史が正当化して書いたものです。実は天孫族以前の天皇は物部氏の祖先(=出雲)であり、九州王朝(天孫族)と出雲王朝(物部・蘇我系)が合併したできた政権が初期の大和朝廷です。しかし645年の乙巳の変(大化の改新)で天智天皇・藤原氏(中臣鎌足)が政権をはく奪し、出雲は歴史から抹殺されて、負けた出雲勢力は諏訪に逃げ込んだのです。今、我々が教えられた古代史は全て勝者の理論で書かれた歴史書を読まされているのですよ。
Commented by rollingwest at 2015-03-09 06:42
清治の花便り様、諏訪は出雲・物部と物凄く深い関係があります。守屋山の近くには物部守屋の墓があり、ここにもモリヤ繋がりを感じます。物部守屋は崇仏論争で蘇我氏に破れてしまいこの時点で物部氏は滅びてしまいますが、彼が守ろうとした古代神道は実は縄文時代から続く古代ユダヤ教(中東から大陸を渡って日本に入ってきた移住民)がルーツなのです。物部守屋の名前はモリヤ神を守ろうとしたことから付いた名前かもしれませんね。出雲大社神殿の長大な宇豆柱と諏訪・御柱祭にも何か繋がりがあるような気がしております。
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-03-09 09:22
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
温暖の差の激しい今日この頃ですが体調管理をしっかりして、今週も元気で充実した日をお互いに過ごしましょ~!

@('_')@諏訪の歴史探訪を解説とショットを見ながら居ながらにして行った気持ちにさせて頂きました。
何時も思うのですが色んな所に居乍らにして行けるブログって素敵ですね。
またのご招待を宜しくおねがいします!

*('_')*ブログへのお誘い!
天気が悪く外出がままならない時に以前写した花達を編集し、ミュージックコラボさせてみましたので聴きながらご覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!御覧になった感想などを頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!それではまた・バイバ~ィ!!
Commented by nobunagaE.T at 2015-03-09 11:07 x
諏訪湖周辺は魅力的な撮影スポットが沢山あり、何回か訪れましたが、縄文時代より華やかな文化が開けてたとは知りませんでした。いつもながらの詳しいレポートでよく分かりました。有難うございました。
Commented by koyuko at 2015-03-09 14:24 x
守屋山は忘れられない山です。何度か行きましたが、平成16年に登頂した時、お向かいのご夫婦と4人で行きました。
頂上は抜群の眺望、感動しました。その後、向かいのご主人倒れて亡き人になり、ショックを受けました。
100名山を目指していた頃でしたが、その後 我が主人も心臓病になり、山に憧れつつ断念しました。
Commented by ハマジュリ at 2015-03-09 16:37 x
良い感じのショット流石です!
御柱祭、懐かしい!1Ο年前に行きましたよ。伝統あるお祭りって怖いくらいだわよね(((^^;)
Commented by 山小屋 at 2015-03-09 17:35 x
諏訪湖周辺にも歴史とロマンがたくさん残って
いるようです。
冬の御神渡りが有名ですが、今年は出現したのでしょうか?

諏訪には「真澄」という美味しいお酒があります。
ここの出身の女性が忘年会にいつも1升ビンを差し入れてくれます。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-03-09 19:16
一足早く桃源郷を楽しませて頂きました♪
心の凝りがほぐれていくような諏訪湖周辺の風景に見惚れていました。
自然だけでなく、歴史的にも楽しめる所が沢山あるとは知りませんでした^^;

rollingwestさんの奥深いブログはもちろんお気に入りに登録しているのですが・・・。
暫く前から、更新されてもお気に入りブログにアップされないのは何故なのでしょう???
Commented by opaphoto at 2015-03-09 22:27
諏訪はいままで通過点でしたね(^_^;)
古代ロマン溢れる地だったとは驚きです!
いつもながら勉強になります(^^)
しかし兎の串刺しはいただけません(;一_一)
Commented by GAOHEWGII at 2015-03-10 01:39 x
RW様 こんばんは

ウチの近所にも古墳跡があり、
博物館があるのですが
茅野市・尖石縄文考古館は凄いですね。
この土器の数やメジャー土偶には
驚きました。
これは楽しそうです。行ってみたい!
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:00
ひろし爺様、今日の朝は寒かったデスネ~!諏訪湖周辺はまだまだ謎だらけで興味がそそられる場所なのであと3~4回位レポートさせて頂く予定です。気長にお読みください。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:07
nobunagaE.T様、最近小生にとっては縄文遺跡がちょっとしたマイブームです。北海道・北東北地方には、縄文時代草創期~晩期にわたる縄文遺跡群が良好な状態で保存されているので是非とも行ってみたいです。2009年、世界遺産暫定リストにもエントリーされたのですよ。北海道は30数年前に多く見たので、青森・秋田を訪ねて見たいです。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:14
koyuko様、守屋山に登山されましたか!素晴らしい絶景の山ですよね。小生はユダヤの崇拝する神の山と聞いていたのでもっと神秘的な山と想像していたのですが、あまりにも明るく展望台のような雰囲気なのでちょっと肩すかしでした。4人で登られた山仲間の御主人が食後に亡くなられたとは大変でしたね。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:25
ハマジュリ様、2004年の御柱祭に行かれたのですね。小生は2010年の下社の御柱祭を見に行きました。今度は原始的・縄文的な雰囲気がある前宮の奇祭を見てみたいものです。鎌倉アルプス歩きは来月、楽しみですね~!トレーニング足慣らししておいて下さいね。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:33
山小屋様、諏訪湖は、最近は温暖化のせいで冬でも全面結氷する日が減り、御神渡りも起こらない年が多くなっています。調べて見ると最近四半世紀でに出現したのは、わずか8回(1991・1997・2003・2004・2006・2008・2012・2013年)だそうです。この2年間の冬も雪は多く降って寒い印象はありましたが暖冬だったのですね。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:41
hibikorekouji2様、小生の記事は平気で半年・1年遅れるのが常習化していますので、最近は逆に開き直って花の季節が到来する直前時期にタイミングをあわせて公開するようにしています。(苦笑) 次回は地元の横浜・川崎の桜満開風景を一早くレポートします。世間が桜への期待感に溢れている頃に見所紹介するパターンがこりゃまた楽しいのです!(笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-10 06:53
opaphoto様、諏訪には先史縄文遺跡や土偶、神代の歴史・タケミナカタの諏訪大社、奇祭「御柱祭」、武田信玄の愛した湖衣姫や高島城、公武合体で降嫁した和宮の宿泊地など歴史が好きな人には見あきない場所です。今度じっくり御覧になって下さい。
(PS)兎の串刺し写真はショックですよね。でも縄文の人々が天からの恵みに感謝して神に捧げた生贄と思うと、単なる動物虐待とは違う荘厳な感情が湧いてきます。
Commented by rollingwest at 2015-03-10 07:02
GAOHEWGII様、日本の縄文文化は、世界の他地域の新石器代の遺跡とは異なり、温暖湿潤な環境のもとで約1万年に渡り、自然と共生した高度に発達・成熟した定住生活(採集・狩猟・漁撈文化)を築いてきたことを示す貴重な遺跡群と評価されておりります。この土偶は実はその先進的な文明を人類に授けてくれた宇宙人ではないか、それを人類は神として崇めて来たのではないかという説があります。
Commented by koba222 at 2015-03-10 17:00
八が岳は好きな山ですので私も諏訪湖は度々通りましたね。
沢山の記録興味深く読みました。
(諏訪大社前宮の神事「御頭祭」、鹿・猪の頭が生贄として神に捧げられる)
この奇祭は知らなかったですね。
色々と地方により祭も様々ですね。
毎回素晴らしいレポートありがとう!
Commented by souu-3 at 2015-03-10 20:27
諏訪大社はとても興味があるのですが 御柱祭もTVで見る程度で中々行けません。 RWさんのお話が楽しみです。
コメントの中に書かれている「古代史は全て勝者の理論で書かれた歴史書を読まされているのですよ。」って そんなものなんでしょうね。知らな過ぎる者は何でも疑問に思わないのです。無知ですねぇ
Commented by 寂恋法師 at 2015-03-10 21:38 x
そうだよね、何事も勝ちゃ官軍、すべては勝者の歴史!しかしそれにしても古代史の親兄弟、一族郎党の殺し合いは凄まじいね。
Commented by akiotakahashi at 2015-03-10 21:42
釈迦堂遺跡博物館、茅野尖石縄文考古館には、一度行きたいと思っていますが、中々チャンスがありません。去年、国宝展で”仮面の女神”を見ましたが、その今でも通用する姿に驚きました。それにしても、RWさんの探究心には感心しました。
Commented by rollingwest at 2015-03-11 06:00
koba222様、小生が生れて初めて本格的な登山に連れて行ってもらったのは八ケ岳で茅野駅からアプローチしました。それだけにこのエリアには特別な思い入れがあります。しかし当時は茅野にかくも素晴らしき縄文文化が繁栄し古代史ミステリーの宝庫だったとは想像だにせず・・、まあ当時(19才)でそんなことを考えるのはありえないことで、年取ってからの思い入れですから当然のことですね。(笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-11 06:07
souu様、縄文時代にも我々が驚くような史実や英雄が存在していたはずですが、我々は一切その事実を知ることはできません。やはり「文字は武器よりも強し!」を実感します。勝者が自分の都合のいい様に歴史を塗り替えた古代史に対して堂々唱える異説に「聖徳太子の正体は蘇我入鹿だ」という解釈があります。これが実に面白い!RWは結構本気で信じています。蘇我氏は仏教伝来などで素晴らしい業績を残したのに、権謀術数の中臣鎌足(藤原氏の祖先)がクーデター(大化の改新)を起こし、蘇我入鹿を殺して超悪者にしたてあげたというのです。殺された蘇我入鹿は怨霊となって藤原4兄弟を全て病死させてしまいますが、この祟りに恐れた藤原氏が蘇我入鹿を聖徳太子として祀り上げて法隆寺を建立したという説!本当に興味深く琴線を刺激され、あり得る話だな~と感銘しております。
Commented by rollingwest at 2015-03-11 06:21
寂恋法師様、実は古事記・日本書記と対峙する弾圧された秘密の超古文書がいくつかあるのをご存知ですか?物部氏の視点から書かれた「先代旧事本記」、宇宙史観から日本開闢を記録した「竹内文書」、縄文時代に栄えた富士王朝の存在を記した「宮下文書」、京都綾部九鬼家に伝わる「九鬼文書」、アイヌや縄文人の視点から歴史を綴った「東日流外三郡誌」等、これらの古文書の中に古代日本の真実の姿が隠されていると信じているRWです。
Commented by rollingwest at 2015-03-11 06:30
アキタカ様、貴殿は神出鬼没に日本歴史の見所を見ておられるので、釈迦堂遺跡博物館と茅野尖石縄文考古館にまだ未訪問だったとは実に意外でした。大神神社に縁のある貴殿は出雲の血が流れていると思います。出雲と諏訪は兄弟のように縁がある場所(ただし敗者の歴史)ですので一度訪ねて見て下さいませ!
Commented by mcnj at 2015-03-12 07:39 x
甲信されていらっしゃいましたね。
今回は、信州諏訪ですか。
諏訪湖から、塩尻峠を越えて日本海側へ下れば、すぐ、mcnjのふるさと、松本です。
尖石遺跡、最近は6年前に行きました。
2,3回行っております。
中央構造線は、フォッサマグナに押し上げられて、諏訪湖まで曲げられましたね。
その先は、秩父の三波峡です。
Commented by rollingwest at 2015-03-12 07:46
mcnj様、甲信エリアで記事更新でこざいます。(笑) 次々回は諏訪の次に訪ねた松本城の桜や開智学校など、貴女様の故郷をたっぷりと紹介させて頂きますのでお楽しみに~!
Commented by まき子 at 2015-03-12 16:27 x
釈迦堂PA、いつも素通りしてました!
こんなスポットがあったとは。

今までは相方が興味ないって素通りしてきたところも
これからは「ムスコの教育!」って言い訳で(笑)
色々行動範囲を広げるつもりです!
Commented by シクラメン at 2015-03-12 18:11 x
こんばんわ。三月に入っても、真冬のような日がありますね。諏訪湖思い出があります。諏訪大社のお祭りに出くわしたことも思い出しました。
Commented by びーぐる at 2015-03-12 19:24 x
以前釈迦堂PAによった時に博物館があったのを思い出します。
茅野市の尖石縄文考古館というのは知りませんでしたが、貴重な遺産なんですね。
諏訪大社も行ったことがないし、知らないことばかり・・・
Commented by なりちゃんジイジ at 2015-03-12 20:54 x
こんばんは!
諏訪のあたりは山あり、湖、そば、真澄、神社、お祭りなどなど、いろいろありますネ。わたし好みのものがいろいろ、いい温泉あって、夏は涼しく、いいところです。
国宝の土偶は東博でじっくり見ました。
Commented by cynchia at 2015-03-12 21:06
こんばんは、懐かしい山々、素晴らしい景色
ありがとうございます。
Commented by setuojiji at 2015-03-12 21:15
諏訪の探訪歴史に関連付けての紀行興味深く見せて頂きました、縄文遺跡、湖畔の裸婦像など素晴らしい、次の紀行を楽しみにしています。
Commented by hokkaido-tairiku at 2015-03-12 22:41
こんばんは♪
日本アルプスを後に従えて諏訪湖の景色が美しいですね。
一度行ってみたい場所の一つです。
古代の人もやはり水のある場所に集まっていたんですね^^
Commented by ジオヤー at 2015-03-12 23:13 x
諏訪、いいっすわ~。
縄文時代の遺品って、日本固有の日本のルーツというよりは、世界に共通する古代文明のような感じします。
Commented by hiraoka-yoshi at 2015-03-12 23:17
諏訪湖近辺は、素晴らしい景色ですね・・見せてもらい感謝し・・・行って見たい気になりましたが・・無理かなあ~~。
また縄文土器にはこれまた興味が湧きますが・・:・・有難うございました。
ちごゆり嘉子の部屋からでした。 
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:00
まき子様、かしこいですね!息子さんの見聞・経験を広げるための活動費用だと言って戸外教育費予算を家計に新規計上することを旦那様に提案しましょう!でも殆どまき子様の酒代に消えちゃうかな・・?(苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:08
シクラメン様、いつか諏訪湖冬の御御渡風景を味わってみたいものです。全国的な冬戻り状態でしたが、本格的な春ももうすぐそこですね。
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:19
びーぐる様、もし北海道や北東北の縄文遺跡が世界遺産指定されたら諏訪・尖石縄文遺跡もその栄誉に輝くべきと思います。そう思わせるほどこのスケールと国宝土偶は価値あるものです。春になったら是非とも訪問されて見て下さい。
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:29
なりちゃんジイジ様、仰る通り!諏訪は山あり・湖あり・歴史あり!温泉ありに花火あり、そして古代ミステリーあり!魅力ある場所ですね。
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:36
シンシア様、懐かしい山の光景ですか!故郷の山、それとも登山で満喫した山?諏訪に思い入れがあるようで何よりなことです。
Commented by arak_okano at 2015-03-13 06:41
信州の郷土の紹介をありがとうございます、バグースです。
でみね、単純なアラックは見事な梅に眼が行ってしまいました。
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:43
setuojiji様、縄文遺跡はやはり北海道!室蘭での独身時代に、白老・二風谷・屈斜路・阿寒とよくアイヌのコタンを廻ったものです。あのビーンビーンという独特の楽器が耳に残っております。
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:51
北海道大陸様、やはり水辺のある場所に古代文化は栄えます。古代の歴史は湖台から、広大な裾野に光大史跡がコダマする。誇大広告ばりになってしまった歴史にコダわるRWでした。(mada yatteru・・苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-13 06:59
ジオヤー様、すわ驚き!貴殿は洋楽だけでなく縄文土器や土偶にも興味があったのですね!宇宙服を来てドヤ顔をする遮光器土偶、スワって合掌する土偶、燃え盛る火焔土器、ドキドキしますね!(mata mata yatteru・・苦笑)

Commented by rollingwest at 2015-03-13 07:19
ちごゆり様、諏訪湖は車を使えばアクセスがいいですから結構簡単に行けますよ。車の運転ができないのであれば高速バスなどを使って諏訪の温泉に一泊してゆっくり廻って見てはいかがでしょうか?
Commented by rollingwest at 2015-03-13 07:26
アラック様、故郷は信州でございましたか!ここ数年小生は信州に足を運ぶ回数がダントツに多くて10回以上は登山や歴史探訪に出かけています。ところでこのピンクの花は梅ではございませんよ。昨年のGWに燃え盛っていた桃の花です。まさに山梨は春爛漫の桃源郷でした。
Commented by 恵那爺 at 2015-03-14 05:43 x
釈迦堂遺跡ってそんなに出土品が多かったんですか。
知らなかった。
茅野の、尖石縄文考古館もすばらしい。
この近辺標高が高くとも住みやすい環境だったんでしょうね。

そのほか旧約聖書や古事記由来の話
なんか雄大な話で、驚きました。
Commented by rollingwest at 2015-03-14 06:48
恵那爺様、日本の縄文時代というは、欧州や中国における旧石器時代後期から新石器時代にかけて栄えた完全に日本独自の文化で1万6,500年前ですよ。四大文明なんてこれに比べれば新し過ぎます。今の人類文明の発祥は日本から大陸に伝わっていったという説さえあるのです。
Commented by siawasekun at 2015-03-14 07:23 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by 地理佐渡.. at 2015-03-14 08:09 x
おはようございます。

信州・甲州の縄文遺跡ですかね。とても
楽しそうです。長岡にも縄文遺跡があり
ますが、古代ロマンですよねぇ。
個人的には三内丸山は印象に残る遺跡で
したが、尖石などもよいですねぇ。
うらやましい体験をされています。


Commented by hiraoka-yoshi at 2015-03-14 12:56
今朝も興味深く覗かせて貰いました。縄文住居など見せてもらえ
飽きる事がありませんです。
楽しまれていますね・・・ うれしい応援コメントを有難うございます。
ちごゆり嘉子
Commented by takezii at 2015-03-14 22:36 x
RW様、いつも コメントをいただき 恐縮しております。
諏訪探訪シリーズ 拝見させていただきました。毎度のこと 中身の濃さに圧倒されております。まだまだ 続編がありそうなので 楽しみにしております。
小生にとって 諏訪湖、諏訪は これまでは 帰郷の際や 北アルプス、八ヶ岳往復の際の 通過点でしかなく 余り多くの思い出は 有りませんが 学生の頃 松本の親戚に宿泊した時のこと、同年代の若い叔母と二人で わざわざ 当時の 諏訪湖の「百万ドル?の夜景」を 眺めるべく バスで 往復したことがありました。ひとつの 甘酸っぱい青春の思い出? かな。  
Commented by rindou02 at 2015-03-14 23:32
いつもながら内容が濃いレポートですねえ。
このエネルギーは何処から??
諏訪湖は、九州から東京を経由して
一泊した事があります。
湖が見える旅館でした。
その後、駒ヶ根に行ったのです。
Commented by kwc_photo at 2015-03-14 23:50
諏訪湖、富士山帰りに訪れたことがあります。
ラスト、こんな夕焼けが見られるのですね。
うっかり花火大会の日だったので、渋滞しては大変と慌てて
通り抜けました(^_^;)
釈迦堂のあたりは遺跡が多いのですね。
花の景色も美しくて、春先は春爛漫な光景ですね(^-^)。
Commented by さかきんぐ at 2015-03-15 02:01 x
こんばんわ。

諏訪もいいところですね。春になると桜も見事ですからね。隣町の高遠の桜も見事ですから。

諏訪は湖を含めた景観が良いところですが、歴史的にも重要な地域なのでしょうね。
Commented by remy at 2015-03-15 06:12 x
偉大なる縄文神アラハバキちゃんだ!(ちゃん呼ばわりするくらい尊敬or親近感を持ってます^^;)
地球文明は、縄文宇宙文明が発祥。高橋良典氏によると、縄文人とは、地下都市と宇宙船を持つ高度なテクノロジーで世界王朝を築いたカラ族であり、スター・ウォーズを体験していた!!ってなことが「縄文宇宙文明の謎」に書かれてます(ワクワク~~)
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:16
siawasekun様、こちらこそありがとうございます。花鳥風月、春爛漫の日々近し!
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:26
地理佐渡様、長岡にも縄文遺跡があるのですか!それは知りませんでした。調べて見ると縄文遺跡は柏崎・十日町など各所にも続々とある!胎内も有名だし新潟県は結構史跡の宝庫なんですね!調べてみていつか行ってみたいです。
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:34
ちごゆり様、飽きずに覗いて頂きこちらも嬉しい限りです。いつも1年前くらいの写真記事ですが、花の到来季節に合わせてプレで皆様に楽しんで頂くのも一興かと思い始めており、花の季節に先駆けて公開いたします。
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:41
たけじー様、確かに諏訪の高台から見た夜明け前の街写真は宝石を散りばめたかのごとし!同年代の若い叔母と二人諏訪湖の夜景を見に行かれたとは・・、憧れの女性だったのですね!純粋な青春時代のドキドキ感でしたかな・・(笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:48
りんどう様、いやいや貴女様こそ九州から東京を経由して一泊して駒ヶ根・中央アルプスへ行かれたのですからエネルギーが溢れております。お互い健康で長生きをめざして常に新しいエネルギーの充電を致しましょう!(笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-15 06:55
kwc_photo様、実は富士山風景は日の出前(夜中に出発して明け方からの諏訪湖SA)の光景だったと思います。諏訪湖の夕暮れ風景と交互に富士山写真の掲載順番からすれば、完全に夕焼けと勘違いさせてしまいましたね。失礼<(_ _)>
Commented by rollingwest at 2015-03-15 07:03
さかきんぐ様、諏訪の歴史やミステリーの深さは実に濃厚です。縄文・古事記に溢れた土地には濃厚な色の桜が咲きますね!
Commented by rollingwest at 2015-03-15 07:14
remy様、4大文明に先立つ現人類文明の発祥といわれるシュメール文明(紀元前9000年頃から農耕開始)は世界最古とされる謎の文明ですが、縄文文化は1万6,500年前ですから驚きですね~!縄文の終わり頃、古事記や風土記に登場しない聞き慣れない神が「アラハバキ神」ですが、遮光器土偶がその御姿だったのですね!これはまさに宇宙服を着た天からの使者かもしれません!
Commented by hirugao at 2015-03-15 08:59 x
暖かくなったら今度はどちらを歩かれるのかしら?

尾道なんか行きたいと思っています。
今度は猫の道歩きで今調べているのですよ~♪
Commented by つちや at 2015-03-15 09:02 x
お早うございます
諏訪湖は以前湖畔の宿で一泊して車で一周したことがあります。
諏訪大社の参拝もしましたがそれも昔話となりました。
大きな御柱を見上げてきた記憶だけが残ります。
今度は松本城に登って見たいと思って居るのですが。

Commented by KawazuKiyoshi at 2015-03-15 14:43
いつもながら、素晴らしいレポート。
楽しみました。
土偶の、あのデフォルメ。
古代の人のイマジネーションの豊かさには驚かされます。
今日もスマイル
Commented by Soul Mate at 2015-03-15 21:06 x
代表監督やっと決まったのう。フランス一部リーグで2度得点王かあ。年棒2億7千万円、W杯出場ボーナス5千万円、国際Aマッチ1勝につきボーナス100万円じゃと。2年半契約でざっと7億円かあ。世界ランキング53位の日本の監督にしてはまあまあじゃろ。。。
Commented by 舞子 at 2015-03-15 22:12 x
ツアーでは必ず休憩を撮る所ですね。
諏訪湖花火のツアーにもに行きましたが、
湖面花火を寝転んで見れて最高でした。
その地その地の歴史もぎっしりなんですね。

Commented by rollingwest at 2015-03-16 06:00
hirugao様、4月はまず中高同級生たちと鎌倉アルプス(天園コース)を歩きで始動スタート。GWは柏崎に帰省しますが、帰りは会津を経由してみちのく仏像や白虎隊史跡・須賀川(芭蕉史蹟)などを訪ねて帰京する予定です。5月は昨年敗退した九州の難関峰「大崩山」(宮崎)のリベンジです。それにあわせて神武天皇・天孫降臨の日本神話史蹟を徹底的に廻ってくる計画を立案中です。
Commented by rollingwest at 2015-03-16 06:06
つちや様、次々回の記事で桜満開の松本城(開智学校も登場)をレポートしますので是非とも参考にされて下さい。5月の信州は本当に花で目に眩しいくらいです!
Commented by rollingwest at 2015-03-16 06:13
KawazuKiyoshi様、土偶デフォルメ最高ですよね。上記コメントにも書きましたが、1万数千年前の人類に智恵と技術を与えた(もしかして地球移住で細胞移植した)異星人ではないかと思っているRWです。我々の銀河系土偶達の子孫かもしれません。
Commented by rollingwest at 2015-03-16 06:32
聖二殿、勝負に厳しく手抜きを許さぬ厳しい姿勢、同僚オシムにもアドバイス与えてもらえるし日本代表はますます強くなるよ!大いに期待しましょう。
Commented by rollingwest at 2015-03-16 06:41
舞子様、日本のヘソに位置する諏訪は、地層も歴史も北と南・東と西のまさにグランドクロス!我々の計り知れない色々なものがこの地には眠っているような気がします。
Commented by hirospace at 2015-03-16 09:32 x
今回も諏訪湖周辺の史跡、歴史、自然を学ばせていただきまして、ありがとうございます。

小生の無沙汰のためにお気遣いいただき、ありがとうございます。
最近はかなり出不精になっているところに、花粉症の時期は葉尚更です。

この週末、金沢は北陸新幹線の開業で、これまでにない賑わいを見せています。
時期限定かもしれませんが、その経済効果もかなりあるように思います。
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-03-16 09:38
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
今月の終わり頃になると南の方ではちらほらと桜の開花宣言が出される様な時期にに成って来ましたが、未だ寒暖の差が激しい日が続く様なのでお互いに体調管理に気を付けて今週も元気で過ごしましょ~!

*('_')*Myブログへのお誘い!
今日は広島市植物園で開催された「クリスマスローズ展」の様子をアップしましたのでお付き合い頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!ご覧になった感想やご意見など聞かせて頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!それではまた!バイ・バ~ィ!!
Commented by rollingwest at 2015-03-17 06:03
hirospace様、金沢は本当に凄い状態になっていますね。金沢の街はお気に入りでもう5~6回行きました。富山もかなり廻ったので、今は北陸には当分近づかないようにしておき、ホトボリが冷めたあたりで新幹線で金沢駅レンタカーをチャーターして能登半島を徹底的に廻りたいものです。
Commented by rollingwest at 2015-03-17 06:09
ひろし爺様、何か昨日・今日の暖かさで今年の桜は開花が早そうですね。広島も桜に鯉幟りで華やかにスタートして黒田パワーで優勝争いを期待しています。
Commented by シクラメン at 2015-03-17 18:32 x
三月に入っても寒い日が多かったけど、昨日、今日と上着がいらないような暖かい日でした。桜の蕾も大きくなるでしょうけど、又寒い日もくるよう。三寒四温とは良く言ったものですね。暖かいとお出かけしたくなりますね。
Commented by rollingwest at 2015-03-18 06:00
シクラメン様、昨日は本当に暖かい日でしたね~。桜の蕾もかなり膨らみかけているのではないのでしょうか?今週末に我が家・輪が勤務地の川崎・横浜の桜満開風景の記事を公開いたします。桜を待つ皆様の期待に応えて!ナンチャッテ・・、いつも桜記事は公開タイミングを逃してしまいズルズルと1年が経ってしまった結果です。(苦笑)
Commented at 2015-03-18 19:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2015-03-19 06:50
yodogawasyuhen様、諏訪湖は中山道の歴史旅を楽しむ点でも素晴らしい場所です。街道宿には江戸時代の歴史や公武合体で降嫁した和宮の宿泊した宿も見ることができますよ。
Commented by koba222 at 2015-03-19 22:22
日本のヘソ「諏訪湖」は八ヶ岳の山々やその周辺の時は
必ず通りますね。しかしこれほど古い歴史が潜んでいたとは
大変勉強になりました。
動物の生贄姿は衝撃的ですね。
昔のお祭りには神にささげるものとして
慣習があると放送で聞いたことはありましたね。
Commented by rollingwest at 2015-03-20 06:05
めざめkoba様、諏訪湖はまさに日本列島地層・日本人文明交流のグランドクロス、ここにはまだまだ我々の知らない歴史や謎が潜んでいそうです。1万数千年の縄文歴史が積み重ねられてきたのですから・・。次回はミシャグチ神の詳細をレポートする予定ですのでお楽しみに~
Commented by hiraoka-yoshi at 2015-03-20 08:20
いつもうれしいコメントを有難うございます。
ちごゆり嘉子でした。
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-03-20 09:51
!(*^_^*)!RWさん、お早うございま~す!
お越し頂きコメントや応援を有り難うございました。
今日は久々に太陽が顔を見せてくれて清々しい朝を迎え明日からも天気が良い様なので、外で春の日差しを浴びながら週末の楽しいひと時を過ごしましょ~!

*('_')*Myブログにお誘い!
今日は岡山県の山陽花の寺参拝とお寺で聞いた法話を編集して見ましたので御覧頂ければ幸せます。
!(^^)!ご覧頂いた感想やご意見などを頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!
それではまた月曜日にお会いしましょ~!バイ・バ~ィ!!
Commented by alec32 at 2015-03-20 13:53
ローリングウエストさん

伊勢です。逍遥日記に初参加です。
楽しい記事がいっぱいで、知的興味を多いにそそられます。
今後は、メインメンバーに成ろうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。
尚、小生の事は、伊勢新九郎盛時とお呼び下さい。

Commented by alec32 at 2015-03-20 14:36
諏訪というと、武田家と争った諏訪頼重や頼忠等の諏訪衆を思いうかべます。佐久衆と共に、頑強な地侍というイメージですね。
中山道を徒歩旅行の際、塩尻峠から見下ろした諏訪湖が印象的でした。昔はいろいろな戦いが、この信州の地で行われたのだろう・・・と一人感慨にふけっておりました。
山あり、湖あり、自然が豊かな歴史あふれる信州は、特に小生のお気に入りの場所です。
Commented by rollingwest at 2015-03-20 20:20
ちごゆり様,、こちらこそ!1つの記事に3回も・・、本当に嬉しい限りです。また明日新たな記事に更新しますね~
Commented by rollingwest at 2015-03-20 20:28
ひろし爺様、そろそろ桜開花の声が聞こえてきましたね~!明日、桜満開の記事をお届けします。1年前の写真ですが・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-03-20 20:38
伊勢新九郎様、初めての御来訪本当に嬉しい限りです!北条早雲の生まれ変わりでございましたか!貴殿の登山経験と歴史の造詣の深さの一端を窺えるようなデビューコメント、これからが楽しみです!今度、寂恋法師と3人で飲み語り合える日を是非とも設定いたしましょう!今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2015-03-20 20:50
伊勢新九郎様、連続コメントとはまたまた嬉しい限り!4年前の諏訪・守屋山を下山したあとは桜で有名な高遠を訪ねました。高遠氏(諏訪一族)を破り伊那谷支配をした武田信玄でしたが、その息子勝頼が織田信長に高遠城の戦いで敗れて天目山で自害・・。高遠は武田氏にとっては非常に因縁ある場所ですねエ。武田信玄と駿河今川氏との三国同盟を結んだ後北条氏は伊勢氏、伊勢新九郎様の子孫も歴史に大きな足跡を残しておりますね。
Commented by siawasekun at 2015-03-21 07:28 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by rollingwest at 2015-03-21 08:02
siawasekun様、いよいよ桜開花の便りが届いてきそうです。鳥の声も活気づいてきますね~

<< <2015年3月>横浜・川崎の... <2014年11月>群馬・埼玉... >>