<2015年5月>高千穂・日向の山旅・神話探訪旅④:「尾鈴山・西都原古墳・飫肥」

c0119160_13233684.jpgc0119160_5395372.jpg
c0119160_5394185.jpg


9月シルバーウィークに長崎・上五島・雲仙島原へカミさんと訪ねましたが、5月新緑時期に巡った宮崎の山・歴史旅の記事がまだダラダラと続いています。あと2回残っていますが懲りずお付き合い下さい。

                      高千穂・日向の山旅・神話探訪旅③(神々の里・高千穂)より続く





★宮崎県、2つ目の200名山「尾鈴山」登山


さて宮崎県旅もいよいよ終盤を迎え、大崩山に続き日向に鎮座する200名山「尾鈴山」の単独行挑戦の日を迎えました。全国的に殆ど無名に近い山ですが知る人ぞ知る・・名滝が多い秀峰なのだ!


         ....日本200名山「尾鈴山」は宮崎県南部に秘かに佇む穴場名峰....
c0119160_5562465.gifc0119160_5563768.jpgc0119160_557437.jpgc0119160_5572977.jpg
c0119160_5575283.gif


                                   高千穂・日向の山旅・神話探訪旅②「大崩山

日本200名山に選ばれている尾鈴山の魅力は手付かずの豊かな自然が残されていることです。名貫川源流部の甘茶谷・棒谷・矢研谷に形成されている多数の支流には名勝指定された国内唯一の瀑布群が犇めいています。特に日本の滝百選に名を成す「矢研の滝」は迫力満点!まずはコチラから!


     ....この山は名瀑の宝庫!尾鈴山系の瀑布群の看板には名滝がズラリ登場!....
c0119160_7112166.jpgc0119160_7113930.jpgc0119160_7115832.jpg


c0119160_7121758.jpg

 
尾鈴山キャンプ場から杉林の遊歩道を歩いていきましょう。今朝は雨がポツポツ降っていますが、名瀑探勝なので問題ないかな。暫くすると杉林は自然林に変わり20分程で遊歩道に流れ落ちる「若葉滝」に到着、さらに歩くと小さめの「青葉滝」「二見滝」が次々現れてきました。


   ....(左)尾鈴憩いの森林館 (中)尾鈴大山神社 (右)尾鈴キャンプ場、生き生きした新緑....
c0119160_7244061.jpgc0119160_7252318.jpg


c0119160_7245628.jpg
c0119160_7251062.jpg


    ....矢研の滝に向うコース途中で次々に現れる前衛瀑布(若葉滝・二見滝・青葉滝など)....
c0119160_7322240.jpgc0119160_4564815.jpgc0119160_1815943.jpgc0119160_4342568.jpgc0119160_89528.gif

c0119160_810239.jpg


やがて尾鈴山瀑布群を代表する「矢研の滝」が出現!日本の滝100選に選ばれた高さ73m幅30mの巨大滝。水量・高さは圧倒的でその勇姿は実に見応えあり!ここまで見に来た甲斐があった!


      ....これぞ尾鈴最大の「矢研の滝」(日本の滝100選)、白滝と並ぶ双壁の名瀑....
c0119160_816575.jpgc0119160_8171963.jpgc0119160_8174569.gifc0119160_18163348.jpg


c0119160_8182065.jpg


さて来た道を戻り今度は尾鈴山への登山口へと向おう。渓流沿いのアスファルト道を登っていくと右手には名滝が連続する気持ちいいウォーキング風景が楽しめます。幸いに雨も止んできた。いざ出発・・!


         ....(左)次は尾鈴山登山コースへ!欄干から見る渓谷岩 (右)岩見滝....
c0119160_11263129.jpgc0119160_11265689.jpgc0119160_4373763.jpg
c0119160_8294930.jpg

c0119160_11272835.jpg
c0119160_526321.jpg


「岩見滝」は岩間を走り抜ける水流が激しい!「次郎四郎の滝」は2条斜滝で落差ないものの下流側に河原があり家族連れの水遊びに適しているかも・・。えのは滝は視界が開けた絵になる名瀑!


     ....「次郎四郎滝」(左)&「えのは滝」(右)、このコースでも次々に名瀑が現れてくる....
c0119160_11341422.jpgc0119160_11344255.jpgc0119160_1135297.jpgc0119160_11351787.jpg

そして千畳敷に出ました!滝両側は自然林が覆い被り緩やかに流れる清流と緑のコントラストで心が和みます。「いこいの滝」は小支流から緩やかに林道に流れ込む滝ですがS字曲線が格好いい!


           ....(左)滑め沢状の「千畳滝」 (右)S字曲線を描く「いこい滝」....
c0119160_11512888.jpgc0119160_11515213.jpgc0119160_1152104.jpg

c0119160_11525130.jpg



c0119160_11531979.jpg


      ....(左)登山届を提出 (右)水と緑が光り輝く季節、マイナスイオンが溢れる空気....
c0119160_1226328.jpgc0119160_12265654.jpg
c0119160_19264673.jpg


c0119160_12272913.jpg
c0119160_12274599.jpg


「いこいの滝」を過ぎてやっと登山者記帳台が見えてきた。本格的な登山道に入る前に静かに見送ってくれるのが「甘茶滝」。濃い緑の中にヒッソリ佇み上流側にも白い流れを見せる多段滝


      ....(左)登山道の脇から見る「甘茶滝」 (右)いよいよ尾鈴山の急登が始まる....
c0119160_12461143.jpgc0119160_12463969.jpg

c0119160_1247579.jpg
c0119160_12471935.jpg


尾鈴山頂上へはここから2時間弱ですが急登が続きちときつかった・・。曇りがちでしたが途中で神武天皇が東征船出をした耳津も見えまずまずの展望!昼前に頂上へ無事到着して目出たし・・!


    ....(左)頂上手前の尾鈴神社鳥居 (右)神武天皇船出の耳津が見える (右)昼に登頂....
c0119160_1301112.jpgc0119160_1302392.jpgc0119160_1305659.jpgc0119160_131104.jpg

c0119160_1313251.jpg


帰りは長崎尾コースを下山しましたが途中で大岩や祠が登場、やはりこの辺りは神の鎮座まします山域だネ~なんて思いながら下山。午前中満喫した名瀑を左手に見ながら15時に車へと戻りました。


         ....(左)うねる木に守られた祠 (右)巨大な神岩が山中に鎮座!....
c0119160_13173359.jpg
c0119160_13175280.jpg
 





★昨年訪ねた尾鈴山麓の「若山牧水の生誕地」「百済の里」


     ....(左)尾鈴山麓は若山牧水の生誕地 (右)牧水の生まれた家(2014年訪問)....
c0119160_13294193.jpgc0119160_1331598.gifc0119160_13334350.jpg



c0119160_1334111.jpg


昨年の大崩山挑戦で見事敗退後に尾鈴山麓の名所に立ち寄ったことはよき思い出・・。自然を愛し酒を愛した歌人「若山牧水」の生家が近くにありました。牧水が幼少期に見続けた尾鈴山や自然と遊んだ体験からよき歌が生まれたのかと再認識。ちなみに沼津にも「若山牧水記念館」があります。


                  「若山牧水記念館」記事(静岡東部「富士・沼津・伊豆の国」)はコチラから

       ....牧水生家からは川越しに尾鈴山が望める。まさに牧水のふるさと名峰....
c0119160_13434288.jpgc0119160_1344522.gifc0119160_13531865.jpg

c0119160_1342042.jpg


昨年は若山牧水生誕地から九州秘境「椎葉峠」を越して熊本方面に抜けましたが、その途中(美郷町南郷)で訪問した「神門(mikado)神社」は実に見所がありました。奈良・正倉院そっくりの建物が隣にあったのはビックリ!神門神社に眠っていた百済王の秘宝が千年以上保存されていたのです。


      ....「西の正倉院」といわれ、古代宝物が多く収蔵される「神門神社」は必見!...
c0119160_15171752.jpgc0119160_15241281.jpg
c0119160_15271626.jpg


7世紀に唐・新羅の迫害で滅亡させられた百済の王族達は、大量の移民を引き連れて日本(近畿地方)に逃れてきました。しかし奈良で動乱が起こり九州方面を目指した一派は、途中瀬戸内海で時化に遭い日向の浜に漂着、宮崎の山奥へと逃げ込んで当地に百済王国を築いたというのです。


       ....(左)百済王伝説 (中)西の正倉院の構造 (右)古代の唐獅子(高麗犬)....
c0119160_15283282.jpgc0119160_15294598.jpgc0119160_153083.jpgc0119160_5355948.jpgc0119160_15302788.jpg


c0119160_15304634.jpg


百済「福智王」がこの地に王国を築いたのですが何故こんな九州山奥に栄華を極めたのだろう?当エリアは平家落人伝説がある椎葉村に近い隠遁地。当時の大和政権に背いた何らかの理由があり身を隠さざるを得なかったのではと推察されます。百済・扶余族は日本古代天皇とも共通が多い・・

                        <2014>九州登山・歴史探訪旅②:(椎葉峠越え&市房山)





★日向を治めた伊東氏の歴史を綴る「飫肥城下町」


日南海岸の南西部には天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えた飫肥(1977年重要伝統的建造物群保存地区に選定)があります。


           ....日南の城下町「飫肥」(obi)、小雨風景を楽しむ(おび天が名物)....
c0119160_15541278.jpgc0119160_20103037.jpgc0119160_15532957.jpg
c0119160_15534872.gif

c0119160_15544881.jpg


         ....(左)飫肥城の石段を登り行く (右)元禄時代の城門は威厳あり....
c0119160_168541.jpgc0119160_4411958.jpgc0119160_1692725.jpg

c0119160_16134642.jpg


武家屋敷を象徴する門構え・風情ある石垣・漆喰塀が残る町並み、1978年復元の大手門、松尾の丸や藩校振徳堂、伊東家歴史を綴る貴重な資料が展示されている飫肥城歴史資料館もあります。


        ....日向を治めた伊東氏の宝物の数々や豪華な着物が展示されている....
c0119160_16153068.jpg
c0119160_16154299.jpg

              ....(左)飫肥城の本丸跡 (右)勇猛な武士たちの甲冑群...
c0119160_16155920.jpgc0119160_16161943.jpg


c0119160_16163251.jpg


明治の偉大な外交官「小村寿太郎」(ポーツマス条約締結)の生誕地碑があります。碑面は元帥東郷平八郎の書、清国との交渉に向かう小村は飫肥が生んだ英雄として尊敬されています。


    ....(左)飫肥城下町、用水路に鯉泳ぐ (右)風情ある門構え (右)小村寿太郎の誕生地....
c0119160_16245460.jpgc0119160_16254075.jpgc0119160_16275746.jpgc0119160_21145219.jpg


c0119160_16255871.jpg


飫肥の城下町は水郷の街です。昔からの市街中心部には用水が住民生活を支えましたが、今はその役割が薄れてしまい1970年代から本町と大手門を結ぶ通りの掘割に鯉の放流が始まりました。錦鯉が遊泳する水風景は豊かな城下町風情を伝える飫肥の風物詩となっています。





★九州最大級の「西都原古墳群」


宮崎市街から北へ車で30分走った西都市の西方には広大な洪積世シラス台地(標高50~80m)が広がっています。そこには九州最大の「西都原古墳」があり、3~7世紀頃に築造された311基の古墳がさまざまな形で点在しています。最近は古墳記事ばかりでコメンサイ(苦笑)


         ....次は西都原(saitobaru)へ向かう。雄大な九州の平原風景が広がる....
c0119160_16502320.jpgc0119160_16504530.jpg



c0119160_16511389.jpg

     
          ....「西都原古墳群」洪積層丘陵上に形成された日本最大級の古墳群....
c0119160_1655625.jpgc0119160_16552527.jpg


c0119160_16554026.gif


西都原古墳群の中央部には「鬼の窟古墳」が聳えています。西都原古墳群の最後の首長墓と言われ、古墳名は木花開耶姫に恋した鬼が一晩で窟を造ったという伝説に由来しています。


          ....「鬼の窟古墳」、西都原古墳群の中央に位置する全国で唯一の円墳....
c0119160_16591451.jpgc0119160_16595883.jpgc0119160_1702079.jpg

c0119160_1704594.jpg

c0119160_17156.jpg


ここには「西都原考古博物館」があり見学して見ました。白い壁は火山噴火で噴出されたシラスで生成、受付から展示室入口に向かう壁もすべてシラス壁、内部展示室は最新鋭設備でした。


        ....「西都原考古博物館」(2004年4月開館)は古代日向の情報受発信の拠点....
c0119160_17141022.jpgc0119160_17142492.jpg


c0119160_17145168.jpg


              ....(左)「人と歴史の博物館」 (右)「考古博物館で構成される....
c0119160_17225510.jpg
c0119160_17232383.jpg

姶良カルデラ爆発~南九州の地勢展示から始まり、東南アジアにおける南九州の位置的な交流、水耕稲作導入、日本列島の古墳時代の再現、先住民族である「隼人」の世界、西都原古墳群の立地と古墳分布模型など展示は多岐に渡っており九州の古代史を知る上で大変勉強になりました。


     ....姶良(aira)カルデラ・阿蘇カルデラの大爆発が過去数度起こり「九州シラス台地」が形成....
c0119160_17251611.jpgc0119160_1823172.jpgc0119160_17255059.jpg

c0119160_17261014.jpg


      ....火砕流に覆われた地域の縄文文化は一度完全に滅び、その後渡来人が入植....
c0119160_17311229.pngc0119160_18261276.jpgc0119160_17314226.jpg
c0119160_17322100.jpg


カルデラ大噴火で九州先住縄文人は壊滅状態となり、その後3世紀末にツングース系騎馬民族(扶余族)が朝鮮半島を南下して日本へ渡来、百済王の騎馬族首長説もあります。日本書紀では景行天皇期に熊襲が背き日本武尊が西征、女装計略を謀りクマソタケルを討伐する物語が記されます。


       ....(左)百済王は渡来騎馬民族 (右).ここで南九州王朝の礎を築いたのか...
c0119160_17374037.jpgc0119160_17375851.jpg
c0119160_17381148.jpg

                             蝦夷・毛人の群馬古墳「毛の国」探訪記事はコチラから 

   ....(左)倭人は隼人を支配下におきながら熊襲を討つ (右)日本武尊がクマソタケルを襲撃....
c0119160_17425836.jpgc0119160_19251747.jpgc0119160_4452573.jpgc0119160_17455030.jpg

c0119160_17462625.jpgc0119160_17465040.jpg
c0119160_17472639.jpg


いや~宮崎は本当に九州古代史の色々な学習ができますね~!宮崎の山旅・歴史旅は次回で最終編を迎えますが、LASTも日本神話、日向から大和へと向った「神武天皇」の史蹟をレポートします。


          ....かつて火山灰に覆われたシラス台地も今は一面の緑に輝いている....
c0119160_1757545.jpg
                  


                                                         おわり

  by rollingwest | 2015-10-13 00:00 | 九州の山旅・歴史旅 | Comments(106)

Commented by つちや at 2015-10-13 09:07 x
お早うございます
九州宮崎の旅、歩いて、観て、学んで、書いてと素晴らしい
力作です。
一度に読み切れませんので追々と読ませて戴きます。
名瀑の数々、あるものですね。 神神しさを感じて居ます。
Commented by なりちゃんジイジ at 2015-10-13 16:01 x
相変わらずの集大成ですね
このあたりは訪ねたことありません
飫肥城下など雰囲気良いですね
Commented by rollingwest at 2015-10-14 06:00
つちや様、今回記事での一番登場を頂きありがとうございます。あとで書くときにかなりマニアックになっており記事更新時期が長期旅編はいつも1年がかりになってしまいます。(苦笑) 執筆時になってこういことだったのか・・!と目から鱗で理解することも多いんですよね~。でも「百聞は一見にしかず」で実訪問があってこそです。
Commented by rollingwest at 2015-10-14 06:11
なりちゃんジイジ 様、宮崎県県境エリア(熊本・鹿児島側)は観光的にはマイナーなので未訪問の方も多いと思います。皆さんが見たことのない九州の一面をデジタル案内するのも楽しみです。なんちゃって・・、九州上陸は今回でまだ4回目なのでエラソーなことは言えませんね。(苦笑)
Commented by hirugao at 2015-10-14 08:32 x
滝たくさんあるのですね~
滝が流れるのも素敵ですね。
いろんな所に行かれての思い出は心に残りますよね。
Commented by souu-3 at 2015-10-14 09:07
多くの滝の中で次郎四郎滝が気になったのですが 次郎三郎でもなく次郎五郎でもない四郎なのは何故でしょう?
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-10-14 09:15
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、おはようございま~す!
今朝は涼しいと言うよりは肌寒い朝になりましたが、お互いに風邪を引かない様に気を付けて充実した日を過ごしましょ~!

@('_')@宮崎の山・歴史旅
★宮崎は一般に知られた観光地しか行った事が無く、沢山の滝のアニメーションと城下町や古墳巡りをゆっくりと見ながら行った様な気持ちに成って楽しませて頂きました。
またのご案内を楽しみにお待ちしています。

!('_')!来訪コメントや応援のお礼とMyBlogにお誘い!
●広島市二葉の里で200年振りに復興した「広島神輿行列」に行って来ましたので、動画とDBで一緒に行った様な気分を味わって頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!ご覧頂いた感想も宜しくお願いしま~す!それではまた・バイバ~ィ!
Commented by シクラメン at 2015-10-14 16:19 x
同じ旅行でも目の付け所が違いますね。熱心この上ないです。
滝もたくさん、マイナスイオンいいですね。又ぼちぼち見せて頂きます。
Commented by まき子 at 2015-10-14 20:28 x
滝ってなんでこんなに人の心を魅了するんでしょうね。
日本に限らず…ってのがまた。

近代は川のすぐ近くまで車でひょいっと行けるからありがたみもないかもしれないけど、
昔はそれこそ大変な思いをして山を渡って、そんな時に現れる「滝」がとっても神秘的に思えたのかもしれないですね〜。

でも私も滝は好きです。
心地良い…と感じるのは、やっぱりマイナスイオンのおかげなんでしょうね(笑)。
Commented by マロン at 2015-10-14 21:28 x
昨夜、珍しく3番目にコメントを書いたつもりなんですが? あれっ!?
RWさまの記事に魅せられて高千穂峡へウン十年ぶりに行ってきましたよ。
昔と変わっていなくて懐かしくて嬉しかったです。
いつも詳しいレポートを書いて下さっているのに私は時間がなくてそこしか行けなかったですが。。。
今回も滝特集素晴らしいですね。 
Commented by 小石 at 2015-10-14 23:50 x
レポート内容もさることながら、構成力に脱帽です!出版よし、学芸員よし~いつも頭が下がります。
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:00
hirugao様、 尾鈴山は滝三昧の登山でマイナスイオン浴びまくりの一日でした。もう半年前の山旅でしたが、今こうやって記事公開をすると当時の感動や思い出がスルメの如く噛み直されて自分の脳に刻まれます。ブログは、記憶メモ&今後のボケ防止用にうってつけのITツールでございます。(笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:07
Souu様、面白い観点でのお悩みのようで思わず笑ってしまいました。戦国時代の徳川家康のコンサルタントで仕えた豪商「茶屋四郎次郎」なんていう方もいましたね。「四郎次郎」は四郎の子供の次郎「次郎三郎」は次郎の子供の三郎という意味のようです。そういえば漫才コンビに「サブローシロー」っていたけど元気にしてるのかなあ・・(あっ関係ないか・・笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:14
ひろし爺様、もうすでにもう金曜日から風邪を引いてしまい3連休は殆ど外出せずにおりました。(苦笑) 滝アニメ・城下町・古墳巡りでデジタル旅を楽しんでいただき嬉しい限りです。広島県観光大使のご活躍何よりです!のちほどまたお邪魔いたします。
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:21
シクラメン様、マニアックな旅の巡り方が好きなので自分勝手に廻っております。でも家族との旅行はやはりメインどころにしております。このシルバーウィークに行った長崎は割とミーハーな名所ばかりでしたが、上五島・島原は隠れキリシタン史跡などつとマニアックでした。でも来年世界遺産になる可能性があるので一挙にブレイクすることでしょう。
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:28
まき子様、関西生活になって神戸の布引滝も楽しまれたようですがマイナスイオン溢れる名瀑はいつも心が癒されつい拝みたくなりますね~!アッ貴女は米国にお住いの時にナイアガラ滝を何度も御覧になっているのでしたね。失礼いたしました~!ナイアガラ是非一度ご対面して見たい!
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:35
マロン様、3番目のコメント見えませんでしたよ。最後のポチ押し忘れかな?
高千穂記事に刺激を受けて頂き早速神々の国に訪ねられたとは、コチラもレポートのし甲斐がございました。小生が紹介した場所を全て廻るには高千穂に一泊してレンタカーでないと駄目かも・・。旅行会社ツアーだと小生コースはあまりもマニアック過ぎて対象外かな・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-15 06:55
小石ペガサス様、今後とも小石文化財団川崎支部学芸員として無料報酬で働かせて頂きます。先日のNHK「ドナルドキーン生涯」は実に面白かったです。国民栄誉賞を差し上げたいくらいですね。いつまでも健康で長生きして頂くことを願うばかりです。
Commented by desire_san at 2015-10-15 08:49
こんにちは。
尾鈴山の周りには見事な瀑布群があり、私も滝めぐりをしました。
尾鈴山は私が行ったときはアケボノツツジがきれいで、心地よい山旅が楽しめました。
この近くで若山牧水が生まれたことは初めて知りました。九州もまだ見どころが多いですね。

私のブログにもコロンといただきありがとうございました。
Commented by tombee-yanaze at 2015-10-15 13:53
延岡に8年住んでいました。
懐かしい場所の数々です。
尾鈴山・・2度登りましたが、矢研の滝の名は覚えていますが映像は・・・。。
独身時代に一緒に上った友はここで意気投合し結婚しました。

西都原古墳群も大好きなところで、歩き始めた息子を連れてちょくちょく出かけたものです。
当時は・・博物館もなく、ただただ広い草原でした。
飫肥城の雰囲気も好きでした。飫肥杉という焼酎があったかな?
日南には甘露・松露と2種類の旨い焼酎がありましたね^^
遠い遠いむかし話になりました。
Commented by akiotakahashi at 2015-10-15 18:26
鹿児島湾の姶良カルデラの大噴火は、阿蘇山よりも凄く、日本全土に影響があったのでしょうね。想像するのも、面白いです。
最近は、韓国歴史ドラマをテレビで見ており、ドラマ”朱蒙”で朝鮮の扶余の話があったのを、思い出しました。RWさん研究の、騎馬民族、ユダヤ人、中国異民族などの移動定住説も、古事記、日本書紀以上に研究の価値がありそうです。
Commented by matsu at 2015-10-15 21:40 x
尾鈴山は、標高1400Mちょっとの地味な山ですが、敬愛する酒仙歌人若山牧水ゆかりの山のうえ、あの素晴らしい瀑布群があるゆえ、小生にとっても忘れがたい山の一つです。こじんまりとした城下町・飫肥は、2年前の年末にレンタサイクルで2時間ほどかけて回りましたが、大変良かったです。RWさんは、名物飫肥天は食べましたか?さつま揚げのような感じですが、豆腐が混じっているだけに、よりソフトな食感でビールが進みました。
Commented by yokuya2006 at 2015-10-15 21:57
滝は好きだなぁ、水の流れを見ているだけでも素敵なのだが、滝は水の勢いが心を騒がせるのだなぁ。
否応も無く、地球の歴史を語るのであります。

阿蘇のカルデラ爆発、ヤバイですよね。現代に起これば、北九州のみならず、この国全体が被災します。そんな自然の出来事のあいだで、たった数百年の空白のなかで、集落ができ、交通が始まり、文化の興隆などと自画自賛しているヒトの浅はかさであります。
Commented by hibikorekouji2 at 2015-10-15 22:15
名瀑の数々を眺めながら登山が出来るなんて、贅沢なお山ですね^^
こんなにも素敵な登山ができるなんて、夢の山のような気がします。
あー、体力があれば私も登ってみたいです!
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:00
desire_san様、200名山を踏破している貴殿ですから尾鈴山も登頂していると思いましたがやはりさすがです!アケボノツツジやミヤマキリシマが満開の頃の九州の山も是非歩いてみたいものです。
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:07
清治花便り様、尾鈴山を2度登られ矢研の滝にも行っておられましたか!ご友人がこの滝が愛のキューピットになったとは面白い話です。西都原古墳群も本当にダタッ広い草原ですね~!博物館も古墳整備もされていなければこの地ニ古代豪族の栄華があったとは信じられません。飫肥城の雰囲気もいいですね。飫という字は「さかもり」という意味だそうです。オビスギのノミスギに注意!(笑)
Commented by おその at 2015-10-16 06:12 x
私の母は宮崎の出身です。小林市。霧島連山の麓です。知ってる?
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:14
アキタカ様、日本の国名を「扶桑」(fusou)という言い方をしますが、古代中国の伝聞による名称で東方海上にある桑木の繁茂する島(養蚕で桑が多い)で独自の文化文字を持つ人々の意味のようです。しかしRWは「扶」の字は「扶余族」が伝道し発展させた養蚕業国の意味ではないかと勝手に解釈している次第です。
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:21
マツ殿、貴殿の敬愛する酒仙歌人「若山牧水」の生家を昨年訪ねて故郷の山も今年達成できてよかったです。瀑布群は本当に素晴らしかったです。飫肥をはレンタサイクルで回るのもいいですね。
今週末の貴殿との斑尾山・戸隠山の登山を楽しみにしています。飫肥天は食べそこないったので今回は戸隠蕎麦で美味ビールを飲みたいと思います。
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:28
バイオマスおやじ様、人間が波の音を聞いたり滝を見たりして心が癒されるのは、遠い祖先が海から陸に上がった郷愁感が本能的にあるようです。九州のカルデラ爆発は過去何度も起きて今の鹿児島湾や阿蘇山の地形があるようですが、九州の全体が爆発するような大噴火が起こったら日本はもう終わりかもしれませんね。その灰は東京まで達し交通や通信あらゆる産業は壊滅的になることでしょう。
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:35
hibikorekouji 様、今回紹介した滝の数はまだ全体の7割くらいでまだ他にも名瀑があったのですが時間切れで全て訪問できませんでした。過去幾つか山を登りましたが沢登りをせずお手軽に登れる山としては、これ程までに多くの滝が沢山見られる山は珍しいと思いました。
Commented by rollingwest at 2015-10-16 06:46
おその様、小林市は行ったことがありませんが駅伝が強い高校が有名ですよね。高千穂の峰は鹿児島の県境ですし天孫降臨伝説は鹿児島側も沢山あるので興味深々です。霧島連山(韓国岳)も早く登って見たいですね~
Commented by small-talk at 2015-10-16 08:21
九州は名瀑が多いようですね。
中々、行けませんが。
Commented by souu-3 at 2015-10-16 08:31
RWさん!如何でも良いですがサブローシローさんのシローさんは亡くなりましたが サブローさんは関西のTVに毎日出てますよ。
Commented by hirospace at 2015-10-16 09:53
歴史や伝説の重さが違いますね。
尾鈴山をこちらの頁ではじめて知りました。
西都原古墳群があり、牧水や小村寿太郎などの生誕の地でもあるのですね。
Commented by mcnj at 2015-10-16 14:07 x
660年、扶余百済王朝は滅亡しますが、日本に逃れた、禎嘉王、福智王
父子の流れ着いた、九州百済伝説ですね。
ハングルの講義で勉強しました。
禎嘉王は、宮崎日向の浜(金ケ浜)、福智王は、蚊口浦に漂着、父は、南郷村、子は40km南の比木に居住地を定めます。

訪れた事はありませんが、懐かしいところです。
Commented by wistereasublime at 2015-10-16 22:58
メタボの白クマです。
まずは尾鈴山登頂おめでとうございます。精力的な登山に敬服です。行動力に脱帽!
飫肥は行きたかったところです。薩摩藩との関係でもなかなか興味のあるところです。
西都原古墳群はとても懐かしい。いろいろと勉強していかないと面白くないかもしれないところですね。考古学の専門家と行くツアーが昔あり、参加したかったのですが日程があわなかったのが残念です。でも妻と訪れてよかったと思います。
Commented by rollingwest at 2015-10-17 03:29
ひつじ雲様、九州デビューはまだでしたか!ここ2回の山旅行でかなりお安く行ける方法を身につけました。是非とも思い立ったら吉日!
Commented by rollingwest at 2015-10-17 03:36
Souu様、関西ではサブローさんまだ頑張っておりますか!あのコンビは本当にリズム感があって面白かったですね~!
Commented by rollingwest at 2015-10-17 04:06
hirospace様、宮崎の山や歴史は物凄く濃厚です。ここは世界遺産になったら半端な九賑わい度が増すことでしょう。今ブームになっている北陸新幹線に初めて乗り、これから斑尾山・戸隠山に行って参ります!

Commented by rollingwest at 2015-10-17 04:17
mcnj様、前回の百済王記事にもコメントを頂きましたが本当に扶余百済王朝にお詳しいですね。>禎嘉王は金ケ浜、福智王は蚊口浦に漂着、父は南郷村、子は40km南の比木の事実をそのコメントで知りました。これからも色々とご教授願います。
Commented by rollingwest at 2015-10-17 04:28
メタボの白クマ様、尾鈴山登頂の祝辞を頂戴してありがとうございます。九州名峰の中ではマイナーでなかなか行きにくい場所ですが、先に片づけておいてよかったです。飫肥の伊東市は隣国の強大な薩摩藩と何度か戦いながらもその栄華を極めて来た滅ぼされない生き延び方や政治力に大したものだと思いました。西都原古墳群も大変勉強になりました。また九州の未訪問地を奥様と訪ねて見て下さい。
Commented by arak_okano at 2015-10-17 07:26
今日も日本の歴史をいっぱいありがとうございます、
バグースです。
一回の投稿、アラックなら一年かかる作業だと思います、
いや、それでも出来ません。
Commented by siawasekun at 2015-10-18 04:24 x
珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。
ありがとうございました。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2015-10-18 19:19
新緑の季節もいいですね。日本はどの季節に旅をしても楽しめるのが素敵だなぁと、ヨーロッパ旅行を計画していてつくづく感じます。
Commented by Soul Mate at 2015-10-18 20:39 x
あのフランス人が西諸弁で小林市を紹介するPR動画は最高センスええよなあ。西諸弁は通訳いるわ。九州人にはいろんな民族の血が混じっとるんじゃなあ。マコトも確かに日本人ばなれしとったの。おぬしのとこのマンション大丈夫かあ?まだ傾いてないかあ?
Commented by koyuko at 2015-10-18 20:58 x
素晴らしい滝の数々 魅了されました。
奥様とご一緒 お幸せね。
Commented by rollingwest at 2015-10-19 06:00
アラック様、今回もお腹いっぱいで食傷気味かと思いますが最後までお付き合い頂いてありがとうございます。投稿のコツもだいぶ効率化ができるようになってきたのですがマニアックになってそれに追いつかない自分を自覚いたしております。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-19 06:07
siawasekun様、この週末はいい天気でしたね~!アウトドアを思いっきり楽しまれたでしょうか?
Commented by rollingwest at 2015-10-19 06:15
fmbmrtjd-mmkkai様、日本という国は地形も様々で緑が多く四季の変化も楽しめて本当に色々な景色が楽しめます。そして様々な文化が発達し、食物やお酒が美味い。さらに温泉あり・・、こりゃ外国人が嵌る訳ですよね。
Commented by rollingwest at 2015-10-19 06:21
聖二殿、あはは・・・マコトの顔つきから思い出して九州の民族ルーツ学か~!確かにあいつは縄文人の風貌だったなあ・・(笑) 3人でいつか再会して宮崎の芋焼酎で飲みたいものじゃ!でも生きておるのかの・・
Commented by rollingwest at 2015-10-19 06:35
koyuko様、勘違いなさっておりますよ~、この新緑時期の旅は勝手気ままな宮崎マニアック徘徊です。このパターンはカミさんは全く付き合ってはくれません。(苦笑) カミサンと一緒に行ったのは9月の長崎・上五島・雲仙旅行でございます。こちらは来年公開になりますので気長にお待ち下さい。
Commented by takezii at 2015-10-19 06:53 x
RW様 おはようございます。気まぐれなブログに コメントをいただき 有難うございます。日本200名山 尾鈴山、本当に 滝が多いんですね。若山牧水関連等 今回も 広角 & 微に入り細の レポート 感じ入っております。
ここ しばらくは 深まり行く日本の秋を 楽しみたいと思っています。
Commented by 寂恋法師 at 2015-10-19 07:40 x
いつもながらの素敵な写真と紀行文ありがとう、堪能しました。新緑の季節の滝には本当に心洗われますね、不浄の六根が浄められたような気がします。また我々日本人の血には明らかに朝鮮系の人達の血が混じっているはずですが、かの国のみなさんは遠い親戚に対してもう少し穏やかな対応は出来ないものかと考えさせられます。やはり地勢学的な要因でDNA さえも変容してしまうのでしょうか?
Commented by koyuko at 2015-10-19 09:21 x
失礼しました。単独行でしたね。
余りに緻密な記事に圧倒されて、鈍い私は覚えるのに必死で勘違いしました。
お蔭でいつも歴史の勉強をさせて頂いております。
Commented by ゆうき at 2015-10-19 23:10 x
九州ってこんなに古墳群があるのですか!
多くあるのは奈良の方だけなのかと勝手な偏見を持っていたので驚きでした。

カルデラの破局噴火というのは恐ろしいですね。
現代の日本でも起こりうるという話も聞きますが、規模が凄すぎて現実感がないのが正直なところです。
でも現実感をあまり感じてなかった大津波も現実にあったわけだし・・と考えたらやっぱり恐ろしく感じました。予知出来る様になってくれたらなあ、と専門家頼りな自分の無力さを感じます。

Commented by rollingwest at 2015-10-20 06:01
たけじー様、「深まりゆく秋を楽しむ」・・、実にいいですね~!含蓄あるお言葉に座布団1枚!ここ数年は残暑が長くて「秋は一体どうなっちゃったのか?」と思っていましたが、今年は8月中旬から涼しい日になって秋が長く楽しめている気がします。
Commented by rollingwest at 2015-10-20 06:10
寂恋法師殿、法師自ら「不浄の六根」を自覚されているとは実に大したものです。滝を見ながら自戒の念を持ち、己を知ってこそ成仏もできるというもの・・!翌日にはすっかり忘れて、再び酒池肉林の破戒僧に戻っていることは容易に想像がつくのですが・・(笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-20 06:18
koyuko様、いえいえ小生も皆様のブログ記事を表面的にささっと読んで適当なコメントをして完全にトンチンカンな投稿になっていることがよくありますのでお気になさらずに~!いつもマニアックな記事ばかりですみませ~ん(笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-20 06:33
ゆうき様、古墳の多い県を調べて見ましたら、兵庫県、千葉県、鳥取県、福岡県、京都府、群馬県の順番のようです。でもこれは小さなものもあわせての数なので、巨大古墳になると圧倒的に大阪府・奈良県とのこと。九州は広大なので県別に見るとやや分散しており、それ程でもないですが巨大な古墳エリアを見れば、その豪族首長の強大権力は半端なものではなかったのではないでしょうか。
Commented by のんのん at 2015-10-20 06:51 x
おはようございます。
ローリングウエストさんの写真紀行、観ていると
旅へ・・の気持ちが掻き立てられるようです。
甘茶滝などの風景も素敵ですね。
九州へは足を運べばいつも
長崎が主で五島へ足を延ばす旅程になりますが
この辺の風景も素晴らしくいつか旅をしてみたいものです。
Commented by rollingwest at 2015-10-20 07:11
のんのん様、九州の旅は長崎が中心ですか!このシルバーウィークで上五島・雲仙島原も含めて長崎教会遺産群をカミサンとかなり欲張って廻りました。来年は世界遺産に指定される可能性があるのでまだ混まないうちに・・と!でも長崎はグラバー亭や軍艦島等がすでに世界遺産指定されているので大盛況ですね。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2015-10-20 17:12 x
うれしいコメントを有難うございます。
群馬県観光大使をなさっておられる方なのですね!
さすがの画像がいいですねえ・・・
日南海岸の南西部には、天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えた飫肥(1977年重要伝統的建造物群保存地区があるのですね。
歩くと歴史がわかりますね。
Commented by ワンとも at 2015-10-20 18:09 x
宮崎はまだ行ったことがないので一度行ってみたいと思っています。
日本の神話はまだまだ謎が多くて興味深いですね。
Commented by setuojiji at 2015-10-20 20:12 x
宮崎県の尾鈴山の登山紀行、多くの滝の存在とその貌、神門神社と百済の結びつき、日南の沃肥城下町や背都原古墳群などなどの歴史紀行何時もながら興味を持って見せていただきました。
Commented by Wingtom at 2015-10-20 20:13 x
九州には
平家の落人が散らばっているようです
五家荘では
敵味方で争ってる中で、恋が生まれたのです
Commented by びーぐる at 2015-10-20 20:17 x
これだけたくさんの滝があるんですねぇ!
滝めぐりは実に気持ちが良いだろうなと思います。
風情のある城下町歩きも楽しそう。
一転今度は古墳とは多彩すぎてすごく贅沢!
Commented by hokkaido-tairiku at 2015-10-20 22:31
こんばんは♪
あまり知られていない場所の方がいい景色に出会えて、
しかもゆっくりと出来る事ってありますよね。
滝好きの私にとって、素敵な滝がたくさん出てきて見入ってしまいました。
宮崎県、ますます行きたくなりました^^
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:03
ちごゆり嘉子様、群馬記事に入っていたので宮崎記事へシフトさせて頂きました。群馬観光大使は大学旧友が勝手に指名した自称大使(プライベート)ですので誤解なきようお願いいたします。(苦笑) 飫肥は遠くてなかなか訪問できない城下町ですが、おび天は全国どこでも購入できますよ。(笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:11
ワンとも様、日本神話は必ずしも古事記・日本書紀に記載されたものばかりではありません。実はそれ以前に驚く様な秘密が沢山書かれている謎の古代書がいくつかあり、その随所に真実の歴史が秘かに隠されているともいいます。先代王朝の古代史の殆どは藤原氏によって抹殺され我々は勝者が捏造した歴史を勉強しているのかも・・。いつかその一端に触れる旅に出て見たいと思っているRWです。
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:19
setuojiji様、今は亡き奥様と訪ねた九州旅を思い出して頂ければこちらも嬉しい限りです。九州熊襲・隼人もアイヌも先住民が迫害された歴史が埋れているのではないかと思いを馳せるところです。
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:31
Wingtom様、全国に平家落人部落は沢山ありますが椎葉村・五家荘・祖谷渓・秋山郷などいずれも山奥深い場所で驚くばかりです。高貴な暮らしをしていた由緒ある平家がこのような生活をせざるを得なかった悲劇の思いはいかばかりだったのでしょうね~
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:37
びーぐる様、渓流歩き以外での一般登山では、これだけ集中して名瀑を体験できたのは生れて初めての体験でした。手つかずの大自然、お洒落な南国リゾート、城下町に古墳、そして神武天皇や日本神話・・、宮崎県の懐の深さをあらためて知りました。
Commented by rollingwest at 2015-10-21 06:44
北海道大陸様、日本は美しい大自然に溢れておりますが、有名な観光地は人混みに溢れて世俗化した感があり、最近は手つかずの大自然(隠れた名所)を好んで訪問するようにしています。それを皆様に紹介できればまた嬉しくなってしまう「木登り猿」状態のRWです。(笑)
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-10-21 08:36
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
今日はPCで皆さんの所へお伺いし、居ながらにしてブログ旅を楽しませて頂いておりま~す!

@('_')@何時も色んな情報やショットを見聞させて頂、楽しませて貰いありがとうございます。
またお伺いするのを楽しみにしております。

!('_')!今日のMyBlogのご案内とお誘い!
*エジプト観光の回想録を再編集しましたので、スライドショーで一緒に行った様な気持ちに成って頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!ご覧頂いた感想を楽しみにお待ちしていま~す!
それではまた金曜日に・バイ・バ~ィ!
Commented by 山小屋 at 2015-10-21 09:18 x
宮崎の尾鈴山・・・
滝めぐりもできてなかなか素晴らしい山です。
宮崎に山仲間がいるので、いつか案内して貰いたいと思いました。
Commented by yamanosoyokaze at 2015-10-21 20:56
こんばんは
今回も丁寧なレポですね~
歴史に興味のあられるrollingwestさんならでは。
九州の山やまも歴史ある地も取り上げてもらって喜んでいることと思います。
宮崎の山も自然も素晴らしいと思っていますので、同じ九州に住んでいるものとして紹介していただき感謝いたします。
Commented by さかきんぐ at 2015-10-21 23:54 x
こんばんわ。

滝めぐり、いいですね。それぞれ特徴があって、癒されます。心が洗われますね。光を通す緑色の葉も素晴らしい。

宮崎に行ってみたくなりました。
Commented by rollingwest at 2015-10-22 06:00
ひろし爺様、エジプトの記事を拝見させて頂きました。海外旅行、羨ましいですね~!我が人生ドメスティック旅に徹しているRWもいつかは行ってみたいものです。
Commented by rollingwest at 2015-10-22 06:07
山小屋様、大変御無沙汰でしたが久しぶりにコチラへの御来訪ありがとうございました。宮崎にお仲間がいらっしゃるのであれば是非とも思い立ったら吉日でお出掛けして見て下さい!
Commented by rollingwest at 2015-10-22 06:14
そよかぜ様、九州の山シリーズにはいつも温かきお言葉を頂戴して誠にありがとうございます。9月も長崎・上五島・雲仙島原の旅でそちらにお邪魔いたしましたが、まだ何も手をつけておりません。次回の宮崎最終記事をしっかり書き終えてから長崎編に入りたいと思います。でも確実に来年になりそう・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2015-10-22 06:21
さかきんぐ様、多岐に渡った滝三昧でした。滝に打たれて心も洗われる修行も一度体験して見たい気も・・。宮崎観光記事はもう一回ございますのでまたお楽しみに~
Commented by nobunagaE.T at 2015-10-22 17:37 x
いつもながらの詳しい解説、じっくり読ませていただきました。綺麗な滝が沢山あるのですね。西都原の古墳群は25年ほど前に行った事があるのですが、当時の事を懐かしく思い出しました。
Commented by koba222 at 2015-10-22 20:28
「尾鈴山」は登っていませんね。
名瀑が沢山ありますね。
福岡からあまり宮崎へは行くことが少なくて
機会をなくしてますね。
市房山は登りましたが記憶が薄れてますね。
しかし読むにつれいろいろと思い出されました。
ありがとうございます。
Commented by rollingwest at 2015-10-23 06:00
nobunagaE.T様、 貴殿もかつて西都原古墳群を訪問されておりましたか!25年ほど前ですと最新鋭展示室の「西都原考古博物館」はまだなかったのでしょうね。姶良カルデラ爆発~南九州の地勢展示は実に興味深く拝見いたしました。
Commented by rollingwest at 2015-10-23 06:07
めざめkoba様、福岡から宮崎は中央山岳部を挟んでちょうど反対側なのでなかなか行きづらいのかもしれませんね。確かに宮崎県は海岸部こそようやく高速道路が開通延伸しつつありますが山間部のアクセスの悪さには驚きました。まあそのような事情だったからこそ手つかずの自然が多く残ったのでしょうね。
Commented by hiroshijiji1840 at 2015-10-23 08:16
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
何時もご覧頂き心温まるコメントを有り難うございます。
今週も元気に過ごせた事に感謝し、明日からの週末もお互いにスポーツ・芸術の秋を謳歌しましょ~!

@('_')@またのご招待を楽しみにしています。

!('_')!今日23日の投稿は、2度に渡るタイ王国の寺院仏塔や遺跡を訪ねた時の思い出を回想録にしましたので、鮮やかな色彩の彫刻などを見てひと時楽しんで頂ければ幸せます。
!(^^)!ご覧頂いた感想を楽しみにお待ちしていま~す!それでは良い週末を!・・バイバ~ィ!
Commented by hirugao at 2015-10-23 10:30 x
古墳や遺跡の多い九州ですものね。
ツアーでなくゆっくり回ってみたいものです。
今はちょうどいい時期ですものね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2015-10-23 11:57
九州は、面白い。
糸島で育ったので、歴史は、興味津々。
ただ、あまり知りません。
ここで勉強。
ははは
今日もスマイル
Commented by ふろう閑人 at 2015-10-24 03:47 x
矢研の滝は上からだけ眺めましたがほんと沢山の滝があったのですね。
飫肥も行かれましたか。私は「男はつらいよ」のロケ地巡りの一環で飫肥と油津へ、登山途中に西都原に行きました。
みんな良い所ですね。
Commented by rollingwest at 2015-10-24 06:08
ひろし爺様、 タイ王国の寺院仏塔や遺跡いいですね~!最近NHK特集でカンボジア・ミャンマーの仏塔遺跡の番組を興味深々で見ております。またのちほどお邪魔いたします。
Commented by rollingwest at 2015-10-24 06:16
hirugao様、今の時期は秋が深まりどこへ出かけても気持ちがいいですね。山は紅葉!空は高く爽やかな空気!週末はどちらかにお出掛けですか?
Commented by rollingwest at 2015-10-24 06:23
KawazuKiyoshi様、 糸島行ってみたい!邪馬台国が記される魏志倭人伝で出てくる「伊都国」ですね!九州は面白そうであと10回近くは訪問しそうな予感がございます!また何度も紹介致しますのでお楽しみに~
Commented by rollingwest at 2015-10-24 06:33
ふろう閑人様、矢研の滝を上部から眺められる場所があったのですか!真下から眺めましたがこの滝は本当に雄大、まさに尾鈴山名瀑群の筆頭滝の威厳を感じました。飫肥・油津・西都原にも行かれたのですね。油津にも行きたかったのですが時間がなくて訪問できませんでしたがいつか行ってみたい!
Commented by siawasekun at 2015-10-25 05:32 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by rollingwest at 2015-10-25 06:00
siawasekun様、モズちゃん、冬にそなえて「はやにえ」の獲物を探しているのですね~
Commented by tomiete3 at 2015-10-25 06:19
おはようございます。

 大崩山の舐めは聞いていますが・・
宮崎にこんな滝があるとは
・・足元にありながら・・

Commented by rollingwest at 2015-10-25 06:31
トムジー様、小生も宮崎にこんな滝が多くあるとは直前まで知りませんでした。地元の方も意外と知らなかったのですね。九州は色々な面で奥が深いです。
Commented by Photo510_ひろし at 2015-10-25 07:33 x
おはようございます。
滝めぐりマイナスイオンたっぷりで心が癒されますね。
矢研の滝や千畳滝と色々なタイプの滝があり宮崎の自然の奥深さを感じました。
Commented by imai at 2015-10-25 08:56 x
名暴がいっぱい、楽しめました〜。
Commented by Soul Mate at 2015-10-25 20:39 x
日本が金星挙げた南アも準決勝でNZに負けたのう。今晩の豪州vsアルゼンチンも楽しみ。ラグビーは試合後の両チームの爽やかさが異常じゃなあ。勝敗よりも勇気を持って命がけで闘ったことの意味が大きいようじゃの。中国・韓国・朝鮮で人気ないはずじゃわ。。。
Commented by rollingwest at 2015-10-26 06:00
Photoひろし様、宮崎の自然や歴史を2年連続で訪ねましたが、知れば知るほどその魅力が深まってきました。これで8割くらいは廻ったつもりですが野生馬が繁殖している都井岬の方へ次回は行ってみたいと思っているRWです。
Commented by rollingwest at 2015-10-26 06:07
imai様、こちらもいつも棚田と星を沢山楽しませて頂いております。
Commented by rollingwest at 2015-10-26 06:14
聖二殿、南アもさすがにNZオールブラックスでは敵わんじゃろ・・。あれだけの重戦車軍団のぶつかり合いをするW杯で日本はよく3勝も上げて大したもんじゃ。韓国は日本に外人が一杯おるから真の国家代表じゃないとか言うておるよ。何でも日本の活躍が妬ましく思うヒステリックな国だなあ・・(苦笑)
Commented by のんのん at 2015-10-30 06:46 x
おはようございます。
各地の旅の紀行、本当に細かく説明されてすごいと思います。
宮崎には滝もたくさんあり風光明媚な地だったでしょう。
ホントの大昔に行ったことがありますが忘れた事が多し・・
みせていただきありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2015-10-30 07:45
のんのん様、お褒めの言葉を賜りありがとうございます、宮崎にこれ程まで多くの名瀑が集中しているところがあるとは予想もしていなかったので本当にお宝物を拾った様な気持でした。また色々な場所をレポートしていきますのでよろしくお付き合い下さい。

<< <2015年GW>会津・福島探... <2015年8月>「毛の国」探... >>