アルバートハモンド 「カリフォルニアの青い空」

★(143)アルバートハモンド 「カリフォルニアの青い空」 (1973年) (2016.3.27公開)



c0119160_13162034.jpgアルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」・・、RWが中学生3年(高校受験勉強)の頃に毎日ラジオから流れていた実に懐かしいナンバー!米国西海岸光景をイメージさせる爽やかな声は、同年秋にヒットした「落葉のコンチェルト」(最後に紹介)や「フリーエレクトリックバンド」(1973)とあわせて一世を風靡した1970年初頭の代表的なシンガー・ソングライターでした。その後はあまりヒットチャートに登場しなくなったので「一発屋」だったのかな・・と記憶が薄れて行ったのですが、またAOR全盛期には当時の流行に乗った爽やかなPOP曲で再登場して「まだ元気に頑張っているんだな~」と喜んだものです。「マリン・ブルーが輝く時、オフショアに白い波が咲く。そして、エンドレス・サマーの夢が始まる」と赤面するようなキャッチコピーを引っ提げて「風のララバイ」(1981)で再登場したナンバーは、TOTOなど西海岸ミュージシャンとコラボしてAORに彩られてお洒落な印象がありました。ロマンティックなメロディ曲で「ひとりぼっちの渚」(When I'm Gone)(1981)やノリのいい軽快曲「ダウンザリバー」(1981)等のヒット曲が懐かしい~、もう35年の月日が経過したのか・・・。1944年ロンドン生まれなので英国シンガーと思いきや今回の記事編集で、彼がスペインの歌手だったことを初めて知りました。両親がイベリア半島の南端(ジブラルタル)出身で第2次大戦時に英国に避難していた経緯だったとのこと。ラテン界の人気スター、フリオ・イグレシアスの全米進出にも協力、スペイン語で歌ったナンバー「Echame a mi la culpa」(1977)も紹介しておきましょう。また彼は 作曲家としても目覚ましい才能を発揮していたことを再認識。ホリーズの「安らぎの世界」、カーペンターズ「青春の輝き」、レオ・セイヤー「はるかなる想い」、ホイットニーヒューストン「One Moment In Time」、ダイアナロス「恋のプレリュード」、その他にもアート・ガーファンクル、ティナターナー、セリーヌディオンなどのトップシンガーに次々と曲を提供し大ヒットさせていたのです。 最後は澄んだ声で秋を感じさせる哀愁曲「落葉のコンチェルト」(1973)で締めたいと思います。日本でのみシングル・カットされた曲ですが、ロマンティックなメロディでいかにも日本人好みの琴線に触れる名曲ですね~!RWも何度この曲を聴いたことか・・。 彼は今年1月にも来日を果たし今も現役で頑張っています。最近、1970年代の洋楽アーティストの訃報が次々と入ってくるようになりましたが彼にはまだまだ頑張ってほしいものです。

  by rollingwest | 2002-11-01 00:06 | 洋楽(ロック・POPS)

<< ニールダイアモンド 「スィート... ハープアルバート 「ビタースイ... >>