<2016年5月>諏訪探訪④:諏訪の四季風景・史蹟紹介

c0119160_1817848.jpg
c0119160_18171955.jpg


★諏訪シリーズも四季風景・史蹟紹介でひと区切り


諏訪探訪シリーズも第4編、今回で一区切りとしたいと思います。今までは諏訪大社・守屋山の古代史ミステリー・縄文時代レポート、勇壮な御柱祭が中心でしたが、今回は歴史・四季・自然交え静かでホノボノとした諏訪の表情(2年前に訪ねた春の諏訪大社、戦国・幕末に関する諏訪史跡)を紹介します。

                         諏訪探訪①:「古代ミステリー・守屋山」&「南信濃・高遠」

    ......2014年4月に訪ねた諏訪の春風景、御柱祭の2年前は静かな春を迎えていた.....
c0119160_1819184.jpgc0119160_18224476.jpg




c0119160_18231054.jpg
c0119160_18231823.jpg


2010年頃、諏訪大社4宮を廻り諏訪湖畔もよく通ったものです。高島城、諏訪御料人(武田信玄の側室にされた諏訪氏の由布姫)の小坂観音、諏訪2温泉、旧・釜口水門、積極的に探すと見所も多い。


      ......諏訪市湖畔公園(諏訪湖ホテル前)の散策から見る湖岸光景(2010年初夏)....
c0119160_18312327.jpgc0119160_1831478.jpgc0119160_1832094.jpg

c0119160_18321511.jpg


          ......夕暮れの諏訪湖と雲間に見える南アルプス連峰(2011年3月)....
c0119160_19382917.jpg
              
約400年前に築城された高島城。当時は諏訪湖が城際まで迫り壕の役割を果たし、難攻不落の「諏訪の浮城」と称賛されたそうです。現在の天守閣は昭和45年に復興され諏訪市民のシンボル的存在


     .....諏訪の誇り、難攻不落の高島城。「諏訪の浮城」も桜満開を迎えたことでしょう....
c0119160_19413049.jpgc0119160_1941471.jpgc0119160_19432796.jpg
c0119160_19434776.jpg
c0119160_19525759.jpg


      .....2010年5月、上諏訪温泉に泊まり高島城公園を周遊(新緑が芽吹き始め)....
c0119160_20205799.jpg
c0119160_20211290.jpg

2年前の春に諏訪湖一周をしてみようと思い立ち、「旧・釜口水門」を初めて見学してみました。1937~88年まで稼働していた水門は、現行施設を俯瞰できる展望台になっています。舟通し水門があり、当時の機械類も展示されていて見応えあり!陽光を浴びた湖畔は新緑に包まれ気持がよかった。


        .....2014年4月、諏訪湖1周して静かな新緑湖畔風景を満喫!....
c0119160_20254550.jpgc0119160_2026023.jpg


c0119160_20262265.jpg


  ......(左)見事な枝垂桜(新緑)が湖畔に鎮座 (右)名建築「旧・釜口水門」(岡谷市)を見学....
c0119160_20295421.jpgc0119160_20301151.jpg


c0119160_20303350.jpg


「琵琶湖周航の歌」作詞者は小口太郎という岡谷市出身の方で公園には銅像と歌碑がありました。諏訪湖畔の方がなぜ琵琶湖の歌?と思いましたが、旧制・第三高等学校(現京大)に入学し水上部に入った経緯を知り納得!ボートを漕ぎ琵琶湖周航しながら故郷の湖を思い出していたのでしょう。


     ......「琵琶湖周航の歌」(ユーチューブ)を作曲した岡谷出身の小口太郎(諏訪湖がモチーフ?)....
c0119160_20393366.jpgc0119160_2040283.jpg
c0119160_20551376.jpg
c0119160_20401883.jpg


        ......「旧・釜口水門」をあとにして再び諏訪湖一周の湖畔周遊ドライブへ!....
c0119160_21131642.jpgc0119160_21132981.jpg

c0119160_21135554.jpg

    
釜口水門は天竜川の名前が始まる場所。天竜水系の流れは静岡県境から浜松エリアを経由し太平洋へと注がれています。大河である天竜川の源流ルーツがこの狭い水門とは興味深いですね~!


       ...... のんびりと湖畔釣りを楽しむ太公望達、穏やかな雰囲気に包まれる...
c0119160_2120824.jpgc0119160_21202933.jpg
c0119160_21204671.jpg
c0119160_2121529.jpg
c0119160_21245410.jpg
   
春のそよ風のもと、無事に諏訪湖一周(湖畔近くの諏訪下社2宮も訪問)を終え、再び諏訪の中心街に戻り腹ごしらえ(ウルトラマンが鎮座するレトロ食堂街にて塩天丼)、次は諏訪上社へと向いました。


    ......諏訪の食堂街は昭和レトロな雰囲気、「塩天丼」の珍しい名前に惹かれ満腹・満足....
c0119160_21292310.jpgc0119160_21294423.jpg
c0119160_21295864.jpg





★御柱祭の2年前、静かな諏訪大社「上社・下社」4宮を周遊(レビュー)


今年は4月から勇壮なる奇祭「御柱祭」(数えで7年ぶり)が開催されており、諏訪エリアは勇壮な熱気に包まれGWも大いに賑ったことでしょう。2年前久しぶりに巡った諏訪上社・下社はまだ御柱祭準備も始まっていなかったので人も疎ら・・、静かな雰囲気で境内をユックリと散策することができました。


  ......諏訪大社は「上社・下社」(各2宮)が諏訪湖を囲むように配置、上社本宮がメインの位置付け....
c0119160_6502151.jpgc0119160_6545722.jpgc0119160_6552621.jpg


c0119160_6555617.jpg


                         諏訪探訪②:「諏訪湖・茅野の縄文遺跡探訪レビュー」
 

  .....2010年7月に「上社本宮」(信濃國一之宮)に初参拝、諏訪神社(全国1万)の総本社....
c0119160_764135.jpgc0119160_1023197.jpgc0119160_1025336.jpgc0119160_77152.jpg

c0119160_771522.jpg


上社・前宮はやはり縄文時代の先住民文化や原始神道の痕跡が色濃く残っており独特なムードが漂っています。ここは諏訪ミステリーの核心部、古事記「国譲り」において鹿島神に抵抗して破れた出雲タケミナカタ(大国主の次男)が祀られています。そして縄文時代の神「ミサクチ神」との関わりも・・


    .....4社の中で最も原始神道の雰囲気を残す「上社前宮」(本殿なし・守屋山を崇拝)....
c0119160_7135159.jpgc0119160_1103985.jpgc0119160_7141480.jpg
c0119160_7143118.jpg
c0119160_714576.jpg


諏訪・上社前宮(茅野市)のご神体は「守屋山」、旧約聖書生贄の地「モリヤ」(アブラハムが神に息子イサクを捧げる神話)に由来し、古代ユダヤ文化の痕跡も伺えます。古代ヘブライ神殿の祭祀場「幕屋」と前宮の「十間廊」は全く酷似している!今後も日本全国に残る多くのユダヤ痕跡を探訪していきたいネ~


   ......古代ユダヤの幕屋を思わせる上社前宮「十間廊」、先住民「ミサクチ神」の影響も残す....
c0119160_846593.jpgc0119160_8472143.jpg
c0119160_847435.jpg


                    諏訪探訪③:「御柱祭・守屋山・古事記に隠された諏訪ユダヤミステリー」

   .....古代ヘブライ神殿の幕屋と酷似する十間廊、「御柱祭」ルーツは縄文とユダヤの祭が融合?...
c0119160_911165.jpgc0119160_9113743.jpgc0119160_9115194.jpg


c0119160_9121536.jpg

c0119160_9122871.jpg


八ケ岳山麓の広大裾野(標高千m)は湧水に恵まれ、落葉広葉樹の木の実に恵まれ多様な動物が生息していました。縄文人はここを狩猟地として定住し、深い文化が積み重ねられたのでしょう。


 .....諏訪湖越しに八ヶ岳が見える!上社は山間地、下社は湖畔地に位置している....
c0119160_1043349.jpg




c0119160_1045990.jpg



c0119160_1061253.jpg
 
      ......前社近くの森林にある「御射鹿池」、ここはまだ未訪問地、いつか行ってみたい!....
c0119160_10172126.jpg
c0119160_10173897.jpg

諏訪下社(春宮・秋宮)は下諏訪町に鎮座しています。上社が縄文の原始的な雰囲気を残しているのに対し、下社祭神(諏訪明神)は天地安定・五穀豊穣を祈る守護神で弥生系の神と言えるかも・・


    ......(左)春宮の鳥居前に鎮座する下馬橋 (右)「下社春宮」の宝殿に参拝....
c0119160_1019206.jpgc0119160_102104.jpgc0119160_10211921.jpg
c0119160_1021396.jpg
c0119160_10215814.jpg


      .....「下社秋宮」、2つの宝殿に参拝(本殿が存在しないことは4宮とも共通)....
c0119160_10362417.jpgc0119160_10363626.jpg
c0119160_10433495.jpg
c0119160_1037083.jpg





★「由布姫」(信玄側室)供養塔、下諏訪宿で見つけた「和宮」(公武合体の降嫁)の足跡


     .....諏訪家の悲劇を背負った「由布姫」の供養塔が境内に建つ「小坂観音」を訪問....
c0119160_1132032.jpgc0119160_1124054.jpgc0119160_1120239.jpg



c0119160_11145994.jpg
c0119160_113481.jpg
c0119160_114588.jpg


「風林火山」(井上靖著)の中で登場する由布姫(武田勝頼の母)は、諏訪家(頼重)の娘で別名は「湖衣姫」とも呼ばれます。武田信玄の侵攻で名門家は滅ぼされ側室として仕えさせられたのです。供養塔がある「小坂観音」を訪ねてみました。樹齢数百年の椹並木があり紫陽花名所としても有名


  .....諏訪湖大明神を守っていた諏訪氏は滅亡(信玄侵攻)、娘の由布姫は信玄側室にされる....
c0119160_11375178.jpgc0119160_1138935.jpg

c0119160_1138305.jpg
c0119160_11384621.jpg


 ......由布姫(諏訪御料人)は湖衣姫とも呼ばれる。山本勘助(信玄軍師)は姫を生涯守り通した...
c0119160_1128883.gifc0119160_11282648.gifc0119160_11283831.gifc0119160_11285250.jpgc0119160_1129427.jpg
c0119160_11293094.jpg


 ....................................................................................................................................

諏訪湖周辺には2つの温泉(上諏訪温泉=湖畔中心街、下諏訪温泉=諏訪下社付近)があります。下諏訪宿は甲州街道・中山道が交差する温泉が湧く宿場町。参勤交代の大名本陣宿があり、明治初期では諸文豪(芥川龍之介・与謝野晶子夫妻・島崎藤村等)が宿泊した歴史ある有名温泉です。


   ......下諏訪宿は、甲州街道の39番目で終点に位置する宿場町(下社2宮に近い場所)....
c0119160_12105070.jpgc0119160_1211599.jpg

c0119160_12112686.jpg


        ......(左)「下諏訪歴史資料館」 (右)「本陣岩波家」の風格ある門構え....
c0119160_12192968.jpg
c0119160_12201987.jpg

諏訪上社本宮の境内に湧き出ている明神湯が諏訪温泉の源泉と言われます。本湯は諏訪明神こと建御名方命(タケミナカタ)と妃(八坂刀売命)が夫婦で愛用した温泉。ある日夫婦喧嘩となり、怒った妃は下諏訪へ移ることを決断。別居するにあたって明神湯を化粧用に持参したいと考えました。温泉を綿に湿らせて湯玉にして運び、湯玉を置いた場所から湧いた下諏訪温泉「綿の湯」とのこと


   .....宿場には名湯「下諏訪温泉」、タケミナカタの妃が湯玉を置き温泉が湧いたとの故事あり....
c0119160_12221079.jpgc0119160_12222632.gifc0119160_12224899.jpg

c0119160_12232098.jpg
c0119160_12233328.jpg


    .....諏訪温泉の源泉は上社本宮から湧く「明神湯」、下社の温泉ルーツ由来が面白い!....
c0119160_12455611.jpgc0119160_12463066.jpg


c0119160_12473120.jpg
c0119160_12475085.jpg


    ....................................................................................................................................

幕末動乱期に公武合体の切り札として政略結婚をさせられた皇女「和宮」(孝明天皇の妹)、徳川14代将軍家茂の妻として降嫁する運命が彼女に突然言い渡されました。婚約を誓った相手がいた彼女は泣く泣く命に従い、中山道経由で京都から江戸に向う途中で下諏訪温泉に宿を取りました。


  .....公武合体で朝廷から徳川14代将軍家茂の妻に降嫁、「和宮」波乱万丈の運命(政略結婚)....
c0119160_1363947.jpg
c0119160_137763.jpg

幕府は和宮を迎えるため、道路整備・宿場準備・警護者を整え総勢20万人を各地に手配したとのこと。和宮行列を無事に祝画する下諏訪温泉の大騒ぎ状態はパニックになる程だったことでしょう。その後、江戸に入った和宮は天璋院篤姫(家茂の母)と対立、夫の急死という悲劇を迎え茫然の日々・・


   .....降嫁を受け入れた和宮は京都から江戸へ中山道経由で入る。下諏訪で投宿した部屋....
c0119160_1385125.jpg
c0119160_139149.jpg

そして波乱万丈の運命はさらに続き、討幕軍が江戸城総攻撃で迫ってきます。危機を迎えた和宮と篤姫は、力を合わせて戦争回避のために江戸城無血開城へ導いていくのです。篤姫が和宮に残した言葉「女は婚家が終の栖処」、徳川に嫁いだ2人の女性が運命を受け入れて生き抜いた証です。


     .....西郷隆盛に偽官軍の汚名を着せられた悲運の「赤報隊」は下諏訪で処刑された....
c0119160_13154950.jpgc0119160_1316347.jpgc0119160_13163193.jpgc0119160_13161660.jpg




★日本列島の断層クロスに位置するパワースポット「諏訪」の四季風景


過去記事で随所に紹介しましたが、日本の主要なパワースポット神社は太陽の通り道(レイライン)や主要断層に沿って点在しています。太古時代から天と地から湧き出るパワーを感じ取りそこを聖地として崇めたのでしょう。日本を分断する大断層(中央構造線とフォッサマグナ)がクロスする地が諏訪なのです。


   .....「中央構造線」(熊本地震断層に連繋)と「糸魚川・静岡構造線」が交わる地は「諏訪」!....
c0119160_14171246.gifc0119160_14172943.gif
c0119160_14174296.jpg

諏訪に古代ミステリーが多く存在する理由はそんな背景かも・・。縄文人達はこの聖地を崇めて集団生活を営み、外来侵入者も地元神を尊重して融合を図り、独特の諏訪文化が形成されたのでしょう。


      ......(左)雄大な南アルプス連峰 (右)上諏訪のホテルから見た夕暮れと黎明の富士山....
c0119160_1354205.jpgc0119160_13544753.gif
c0119160_1444013.jpgc0119160_13562157.jpg
c0119160_13551612.jpg
c0119160_13563897.jpg

あっ、ホノボノ記事で行くはずがまたいつものパターンになってしまった・・(反省) 諏訪の四季風景に戻りましょう。毎年8月15日に開催される「諏訪湖祭花火大会」、湖上に華開く4万発もの花火、水上スターマインや全長2,000mにも及ぶ大ナイヤガラ瀑布も諏訪湖ならではの夏の風物詩です。


    ......国内最多の4万発打ち上げ!「諏訪湖祭花火大会」、夏の夜空を彩る豪華花火!....
c0119160_14301474.jpgc0119160_14303442.jpg

c0119160_1595427.jpg




c0119160_14305310.jpg

c0119160_14325269.jpg
c0119160_1433595.jpg


冬の見所はやはり「諏訪湖・御神渡り」現象!湖水の氷結面が盛り上がってできた氷堤は、諏訪大社の神が渡ったものとして崇められ、方向や形によってその年の豊凶を占います。RWはいつかこの神事を見たいのですが・・、最近は暖冬傾向で殆ど見られなくなり一体いつ見られるのだろう・・


    .....大自然の神秘「諏訪湖・御神渡り」、御見渡りはクロスして出現(諏訪明神が宿るという)....
c0119160_1436517.jpgc0119160_14371639.jpg

c0119160_14373212.jpg

 c0119160_14413791.jpgc0119160_14415256.jpgc0119160_15144295.jpg

c0119160_14421029.jpg

  
今までレポートした4編で諏訪の見所をほぼ9割方お伝えできたと思いますが、最終編は「諏訪湖・御神渡り」体験実現で締めたいですネ~。パワースポット諏訪の魅力に皆様も是非触れて見て下さい。
         
         
      .....諏訪は本当に謎に満ちた日本最大級のパワースポット!また探訪を深めたい...
c0119160_15121655.jpgc0119160_15122882.jpg

c0119160_15124283.jpg

             

                                                         おわり

  by rollingwest | 2016-05-02 00:00 | 諏訪探訪 | Comments(110)

Commented by siawasekun at 2016-05-01 08:08 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by ハマジュリ at 2016-05-01 09:19 x
おはようございます
またまた、素敵な👀📷✨写真で癒され、そして驚き!
御射鹿池…素晴らしい景色。東山魁夷の画像のようですね🙆
是非、行ってみたいと思いました。
花火🎆はどこのも迫力あってすごーい!
何故か心にしみます。

良いGWをお過ごしくださいね👍
Commented by hase at 2016-05-01 15:40 x
こんにちは、大型連休良い気候に恵まれ行楽日和ですね。と言っても私はお店番があり何処へもいけないんですよ。
諏訪大社の上宮かな、3月末に信金さんのバス旅行で行ったので改めて思い出しました。
時間が無く詳しくは見てこなかったので説明ありがとうございます。
Commented by Soul Mate at 2016-05-01 20:48 x
諏訪湖一周ゆうて歩いたんか?おぬしは元気で衰えんのう。頑健に生んでくれたお母上様に感謝せんといけんよ。ブルボン、3期連続最高益更新!株買っとくんじゃったわ。今晩のレスターXマンU楽しみじゃの。。。
Commented by koyuko at 2016-05-01 22:34 x
諏訪の旅 写真も綺麗!記事も克明に記されて必死で拝読しました。
教科書も参考書も必要なしですね。素晴らしい!
Commented by rollingwest at 2016-05-02 06:14
Siawasekun様、一番乗りをいただきありがとうございます。GWは新緑の中でバードウォッチですか?よき休日をお過ごしください。
Commented by rollingwest at 2016-05-02 06:21
ハマジュリ様、東山魁夷のような御射鹿池と御神渡り・諏訪花火ががまだ未体験なので是非もう一度諏訪に行って見たいものです。秋のハイキングは諏訪に行く途中にある山梨の渓流へご案内いたしますんでお楽しみに~!GWは柏崎帰省しております。
Commented by rollingwest at 2016-05-02 07:12
hase様、GWのお仕事お疲れ様です。昔の信金旅行を思い出してデジタル旅行を楽しんで頂けて記事の書き甲斐がござました。コチラは一人暮らしのお袋の実家に弟と一緒に帰省しております。
Commented by rollingwest at 2016-05-02 08:17
聖二殿、諏訪湖一周歩くわけないでしょ。車で廻ってみただけだよ。今、柏崎帰省でお袋とゆっくり過ごしておる。岡崎のレスター優勝は引き分けでお預けになったが歓喜の日は近い!香川のドルトムント以来の日本人活躍の優勝、実に楽しみだね~
Commented by rollingwest at 2016-05-02 08:32
koyuko様、感謝です!だらだらした長文で疲れたと思いますが、しっかり読んで頂きコチラも嬉しゅうございました。皆様に読んでいただくからにはいい加減なことは書けないので自分も再勉強しながらレポートを作成するので、効果的なボケ防止になっております。
Commented by nobunagaE.T at 2016-05-02 10:12 x
こんにちは。
花火大会と諏訪大社は行った事はありませんがしってました。諏訪湖は高速道のSAから見るぐらいでしたが、詳しく解説していただきよく分かりました。今後は高速から眺めるだけでなく一周してみようと思ってます。
Commented by hirugao at 2016-05-02 19:58 x
琵琶湖周航の歌、涙なしでは見られませんでしたが
そちらの出身だったのですね。
御射鹿池はアも絵のモデルとなったところ、、、行ってみたいですね。
Commented by souu-3 at 2016-05-02 20:21
諏訪湖・御神渡りはいつでも見られる訳ではないでしょう。どんな気象の時に出現するのでしょうか?

これだけ多くの写真は どんな風に整理されているのですか?
撮って来たばかりの写真なら良いですが四季にまたがると探すのが大変!判り易い整理の仕方教えてください。
Commented by hirospace at 2016-05-02 20:47
諏訪湖は四季それぞれに違った風景が見られて、神秘的な湖ですね。
諏訪湖ICから眺める諏訪湖の夕暮れ時の風景が好きです。
Commented by small-talk at 2016-05-02 23:55
やはり、諏訪大社は風格がありますね。
あれだけ、八ヶ岳など行っているのですが、大社は一度も参拝したことがないのですよ(笑)
一度、行かねばと思います。
Commented by rollingwest at 2016-05-03 05:28
nobunagaE.T様、高速PAから見る諏訪湖は変化に乏しい円形湖なのであまり見所が無さそうかなと思っていましたが実際に訪問してみるといろいろな魅力があること発見しました。謎の深さは湖の深遠さと比例しているのかも・・
Commented by rollingwest at 2016-05-03 05:38
hirugao様、琵琶湖周航の歌は何度聴いても郷愁を誘いますね~!小生も今回の諏訪湖一周で初めて地元の方が作曲したと初めて知りました。京都三高でボート部に入れば当然琵琶湖で練習しますもんね。必然でした。
Commented by 安人(あんじん) at 2016-05-03 05:46 x
GWは如何如何お過ごしでしょうか~

連日出歩いています  昨日は疲れがでたので1日を

のんびりと過ごしました

今日は出て来ますね

素敵な1日をお過ごしください
Commented by rollingwest at 2016-05-03 05:46
たまゆらsouu様、御神渡りはここ数年全く発生しておりません。これも地球温暖化の影響ですね。いつか荘厳な風景に対面実現してみたいです。
小生の写真整理方法は、撮った写真をセレクト(一部はネットより仕入れ)して文章の構成配置を決めてそのあとにワードに文章を埋めていきます。推敲を重ねて公開UPをするのでかなり時間がかかります。あとは季節感をあわせて完成文章をタイムリーな時期にUPするパターンです。小生の記事公開は2~3年前に撮影した写真が平気で登場します。(どんなに早くても1ケ月以上はかかります。) 多少季節感がずれるレポートが多いのでご容赦願います。
Commented by rollingwest at 2016-05-03 06:03
hirospace様、四季ごとに諏訪湖を見つめていくのもいいですし、歴史カテゴリーごとに訪問を重ねていくもよし!実に面白いネタが沢山詰まっているミステリーな場所です。
Commented by rollingwest at 2016-05-03 06:10
ひつじ雲様、諏訪大社は出雲大社と同様に、伊勢神宮とは一線を画する存在(国譲り神話)なので独特の雰囲気を持っています。今度八ヶ岳周辺の山に行った際は是非とも諏訪大社を参拝してみてください。縄文文化遺跡も必見です!
Commented by rollingwest at 2016-05-03 06:19
安人様、GWは帰省しており一人暮らしのお袋と一緒に過ごしております。GW前半は天気に恵まれアウトドアを大いに楽しまれたのですね。今日はゆっくり疲れを取りまた後半も元気に歩いてください。
Commented by つちや at 2016-05-03 08:41 x
お早うございます
一度訪ねたことがある懐かしい諏訪湖です。
諏訪湖間欠泉センター近くでの宿でした。
50㍍と日本一の間欠泉に見とれたものです。
翌朝は車で諏訪湖を一週しましたがそれも昔話となりました。
7年に一度の諏訪大社の御柱祭は今年でしたね。
長野は松本城へと思っているのですがこの歳では?

Commented by シクラメン at 2016-05-03 18:08 x
こんにちわ。連休の真っ最中如何お過ごしでしょうか?諏訪の旅もいいですね。諏訪の高島城桜の季節に撮りたいです。諏訪の浮城と言うのですか。
Commented by oyaji910 at 2016-05-03 18:23
今晩は何時も訪問コメント感謝感謝です。
私は貧乏暇なしで旅行遠ざかってますが
音楽も良いけど旅も良い羨ましい限りです。
私は歴史好き(史学科)なんで武田や諏訪
真田の歴史探訪の旅してみたいです。
今月もよろしくお願いします。
Commented by akiotakahashi at 2016-05-03 21:32
天竜川の源流がここだとは初めて知りました。御射鹿池は東山魁の日本画に出てきそうな雰囲気です。
蓼科に時々行くので、諏訪湖周りは良く行きますが、知ることが多く諏訪湖シリーズは、勉強になりました。感謝!
Commented by nao♪ at 2016-05-04 01:28 x
長野・山梨方面には夫とよく車で出かけました。
諏訪湖は中央高速道路から見た風景が圧倒的に多いです。
諏訪大社も上社&下社と行きましたが・・・
あの辺が中央構造線と糸魚川・静岡構造線が交わる所でパワースポットが並ぶ!
伊那の先の大鹿村まで行った時、高遠の奥の分杭峠は磁場ゼロ地でたくさんの人が「気」を浴びていて・・・
その先では露出した二つ違う断層を見ました。
御射鹿池はカメラの撮影で行きましたが、対岸に白馬が走る東山魁夷の絵で有名ですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-04 06:51
つちや様、諏訪湖に間欠泉センターがあったとは知りませんでした。結構、色々なことを調べていたつもりなのですが死角でした。情報提供ありがとうございます。
Commented by rollingwest at 2016-05-04 07:05
シクラメン様、高島城は全ての四季風景を見たわけではありませんが、季節の移ろいが大いに楽しめそうな見所地だと思いました。昔は諏訪湖に浮いていたのかと想像すると楽しいものですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-04 07:21
oyaji910様、貴殿は史学科を専攻されていたのですか!それは歴史好きの訳ですね。今後とも音楽・歴史とお互い情報交換で切磋琢磨していきたく色々御指導願います!真田の旅(真田町・沼田市)は昨年11月にまだブームが始まる前にゆっくり探索してきました。今は大混雑でしょうから来年あたりがいいかも・・(笑)
Commented by rollingwest at 2016-05-04 07:33
アキタカ様、天竜川の源流は諏訪湖の水門が始まりです。北アルプスや八ケ岳の源流側から流れて来た水が諏訪湖に集まり、そこから伊奈・飯田への下流となり中央アルプス源流と合わさり天竜川になっています。南アルプスの源流川の流れは大井川ですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-04 07:46
nao♪様、大鹿村の分杭峠は是非とも行ってみたい場所です!ここはまさに中央構造線と糸魚川・静岡構造線が交わる最大のパワースポットですからね~!磁場ゼロ地なのですか!N極とS極の正反対の磁気が打ち消しあっている場所とは!まさに地球の気が発せられているんですね~!今度いつか絶対行ってみます。
Commented by ひろし爺1840 at 2016-05-04 08:15 x
 !!(^^)!!ブロ友・ローリングウエストさん、お早うございま~す!
GWの中にもかかわらずお越し頂き心温まるコメントを有り難うございました。
@(*^_^*)@まずはお越しのお礼とコメント!
●今日もブログ旅でGWのひと時を楽しんでおります。
「諏訪探訪」を居乍らにしてご一緒させて頂いた様な気持ちな成り見せて頂ました。
またのごブログ旅への招待を楽しみにお待ちしていま~す!

!(*^_^*)!今朝もブログのアップをしていますのでご休憩がてら遊びにお越しくださいネ。
!(^^)!何時ものご覧頂いた感想も楽しみにお待ちしていま~す!それではまた・バイバ~ィ!
Commented by mcnj at 2016-05-04 10:49 x
よく、お調べになられています。
毎回のことながら、感服の極みです。
信州人のmcnjですが、ほとんど、知りませんでした。
岡谷水門も、初めて、目にした様な有様です。
次回も、期待しております。
Commented by wistereasublime at 2016-05-04 13:22
メタボの白クマです。
私は諏訪湖越しに見る南アルプスがことのほか気に入っています。鉄道で信濃大町方面から東京方面に帰る時に下諏訪から南に諏訪湖越しに仙丈ケ岳を遠望すると家がチガヅイテいることを認識してホッとしました。
逆に東京から山に登りに行くときに諏訪湖から中央アルプスと北アルプスを見ると緊張してワクワクしたものです。
諏訪湖というのはそういう意味で忘れられない湖です。湖の一周もいい思い出です。
Commented by 山小屋 at 2016-05-04 17:28 x
諏訪湖は大きいですね。
花火の時は諏訪湖SAが朝から満車になるようです。

昨日もお伺いしましたが、コメントが拒否されました。
相性が悪いようです。
今度はどうでしょうか?
Commented by hibikorekouji2 at 2016-05-04 17:58
諏訪は四季を通して楽しめるようですね。
風景の美しさはもちろんだけど、
古代ユダヤ文化の痕跡が伺える上社前宮「十間廊」に興味津々です。
次なるユダヤ痕跡探訪を楽しみにしています^^

ブログを引っ越しました。
これからもお時間の許す時に覗いて頂けると嬉しいです^^
http://ptisiawase.exblog.jp/
Commented by あき at 2016-05-04 20:49 x
こんばんは^^
四季折々の諏訪の静かな風景に
癒しをいただき風景に感動しました。
御射鹿池、行ってみたいです。
秋が良さそうですね。
レポートとても興味深く読ませていただきました。
Commented by ゆうき at 2016-05-05 00:48 x
先日はブログが重たい件、教えていただき、ありがとうございました!
ゴールデンウィークの只今、改善作業中です。
デザインも写真も重たかった様です。

諏訪湖ですか。
電車で40分ほどなので行ってみたい土地です。
長野では連日、御柱のニュースが流れています。もう「本日の状況」から「柱にかける男たち」みたいなドキュメント番組まで色々流れます。2時間番組で御柱祭の映像流しまくったりと、長野でいかに大きな祭りなのかが実感出来ます。

それにしても塩天丼のお店、レトロで素敵ですね☆

Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:01
ひろし爺様、充実の新緑期を楽しんでおられますね。いつも活動的で何よりにございます。またのちほどお邪魔いたしますね。
Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:08
mcnj様、信州は昔から大自然の魅力ばかりにハマっていましたが、ここ数年は信州の歴史に興味深く接しています。殆ど廻ったつもりなのですが、まだまだ未訪問地や認識していなかった穴場が多くあることを再発見します。本当に懐が深い魅力満載の県ですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:22
メタボの白クマ様、小生も諏訪湖越しの南アルプスを見た時に北アルプスか!?と見まがってしまいました。まるで立山連峰のような屏風山容、本当に素晴らしい景観で感動しました。諏訪湖越しに見た登山帰りの仙丈ケ岳での安堵感、登山りに向った中央アルプス・北アルプスのワクワク感、 諏訪湖を通じて昔の記憶がフラッシュバックするとは思い出の湖ですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:29
山小屋様、最近エキサイトブログの反応が悪く重い感じがしております。一昨日も来ていただいたのにコメント拒否だったのですか!それは大変失礼いたしました。今回はちゃんと入っており感謝申し上げます。
諏訪湖の花火は一度体験して見たいのですが人混みが苦手なRWなので今後も行かないような気がしております。(苦笑)
Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:38
hibikorekouji2様、御来訪ありがとうございます。今、諏訪は御柱祭で大賑わいですが、祭りが終わればまた静かな諏訪を楽しんでみるのもいいかも!上社前宮「十間廊」の縄文やユダヤ痕跡探訪を是非とも実現されて見て下さい。思い立ったら吉日!
Commented by rollingwest at 2016-05-05 06:46
あき様、「御射鹿池」(misyakaike)の名前は、諏訪大社に伝わる神に捧げるための鹿を射るという神事ですが、ミシャカという名前に、ミシャクチ神に鹿を生贄奉納するという意味があるようです。諏訪大明神が狩りをする場所として「神野」とも呼ばれる神聖な土地だったとのこと!まさに神秘の極み、日本の隠れたパワースポットに間違いありませんね!
Commented by rollingwest at 2016-05-05 07:02
ゆうき様、貴殿HPを開くまで相当時間がかかっていましたのでこれからお邪魔いたしますがサクサクになっていることを期待しております。諏訪にはわずか40分の場所にお住まいですか!御柱祭の熱気が伝わってくることでしょう。塩天丼を食べついでに出かけられて見ては・・!
Commented by yokuya2006 at 2016-05-05 08:09
諏訪って、風光明媚な日本のド真ん中といった印象がありますけれど、仰る通り実は中央構造線による北と南からの大地のせめぎ合いと、その東はいったん陥没してから盛り上がり火山活動も賑やかなフォッサマグナ、そして東日本との接点なのですね。

オーストラリアみたいな、大昔からドデンと存在した岩盤の国と比べれば、我が日本列島は何とまあ数奇な運命を経てきたものでしょう。諏訪に神々が宿ることは必然でありましょう。
Commented by かばたん at 2016-05-05 09:32 x
「諏訪って行ったことないなあ」と思っていたら、山からの帰り温泉に入ったことを思い出しました。確か趣のあった街並みだったような思い出が…。30年前です。ありがとうございました。
Commented by もうぞう at 2016-05-05 18:52 x
諏訪湖と言えば、神社。
新潟県内には多くの諏訪社があります。
それに花火です。
しかしま~その他いろいろ、観光地なんですね~
Commented by 地理佐渡.. at 2016-05-05 19:39 x
こんばんは。

諏訪は久しく行っていないけど、学生時代は友人が
いたのでよく行きました。もちろん神社も行きました。
おんばしらは見たことが無いですけど、柱が立っている
風景は記憶にあります。

さて、昨晩秋田から戻ってきたのですが、向こうでは
桜がまだ咲いていたのに驚きました。


Commented by 片田舎動物病院 at 2016-05-05 20:19 x
自宅から諏訪湖まで片道約3時間、
気軽に行ける距離ではありませんが何回か尋ねています。

私が四社を周ったのは3年前。
全て周ると何か良いことがある予感がありましたが、
特に何も無かったです。

まあ、
何も無いのが一番、というトシになりましたが。
Commented by takezii at 2016-05-05 21:05 x
RW様、こんばんは、
いつも 爺さんの気まぐれブログに コメントをいただき 有難うございます。
今 柏崎のご実家にいらっしゃるんでしょうか。
諏訪方面の 情報、写真、数多、知らないことだらけでしたが RW様のお蔭で 少し お利口?になった感じがします。
もっと ゆっくり 拝見させていただきたいところですが 貧乏暇なし いつも後手後手で 申し訳けありません。
近い内に リタイヤすることになっており 少しは 時間の余裕が出来そうで いろいろ勉強させていただきます。
Commented by setuojiji at 2016-05-05 21:14
諏訪の四季折々の描写、歴史の変遷の展開、何時に変わらぬ奥深い内容には敬服しながら有難く拝見させていただいています。
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-05-05 22:58
こんばんは♪
諏訪湖もまだ行ったことのない場所ですが、
南アルプスを望める素晴らしい景観ですね。
四季折々にいろんな景色も楽しめて季節を変えて行ってみたい場所ですね。
御神渡りはこちらでも屈斜路湖で見られますが、
年々小さくなってきているみたいです^^;
Commented by wingtom at 2016-05-05 23:01 x
こんばんは
今は鳥取市になりましたが
道の駅 河原に泊まってます
(勿論 車中泊)
長いこと
行ってないので
今度は長野に行きたい
何時も良い旅されてますね
羨ましいです
Commented by biwahama at 2016-05-05 23:02
こんばんは。今日も五月晴れ!
主人と久々のびわ湖バレイに出かけて
水仙の絨毯を堪能~散策してきましたよ。

諏訪の旅も良さげですね。四季を通して愉しめそう♪
水面の景色と山の風景 どちらも楽しめますね。
Commented by まき子 at 2016-05-06 02:51 x
>古代ヘブライ神殿の幕屋と酷似する十間廊
っていうのも面白いですね!
島国だから独特…かもしれないけど、
近くの中国だけじゃなくロシアの影響もあるし、
船が行き交うようになってからはもっと異国情緒の文化が混ざってきてるし、
島国でこれだけいろんな文化が入ってきてるのは
日本くらいなものでは?!と思っちゃいます。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:00
バイオマスオヤジ様、諏訪は中央構造線と糸魚川・静岡構造線がクロスしている場所なのに意外と大地震の話はあまり聞かないので調べて見たら400年前に震度6.5級があったとのこと。割と少ない印象です。大断層がクロス場所だと磁場みたいにゼロ均衡するのかな・・?
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:08
かばたん様、30年前に下諏訪温泉に登山帰りに泊まっておられましたか!この街並写真から若かりし日の思い出をフラッシュバックして頂いたとはこちらも記事の書き甲斐がございました。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:15
もうぞう様、出雲から諏訪に逃げ込んだタケミナカタは日本海ルートで新潟県の糸魚川に入りそこから南下して信州に入りました。(信玄の塩の道と同じです) そんな神話から諏訪所縁の神社には新潟県にも多いのですよ。出雲に縁の深い物部に関する神社も結構あります。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:24
地理佐渡様、諏訪に友人がいらっしゃったとは、学生時代に色々と案内してもらっていましたんですね。このGWは秋田に行っておられましたか!東北・北海道はまだまだ桜が楽しめますね。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:32
片田舎動物病院様、諏訪大社4宮を全て廻るといいことがあるのですか!でも仰る通り、健康・無事に平和な日々を送れる平凡こそが一番の幸せだということを今、痛感しております。何の不幸もも起こらず日常が繰り返されることって大切ですね。

Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:44
たけじー様、柏崎帰省から自宅に戻っております。小生も早くリタイヤして行きたい場所に思いっきり行きたい気持もございますが、年金支給年齢にはあと4~5年あるし、毎日バタバタとしながら強制される生活があってこそ旅の息抜きの喜びなのかなあとも思います。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:51
setuojiji様、北海道もいよいよ本格的な春を迎えましたね。GW前半は北海道の吹雪、本州は大強風のあとは7月並の気温上昇で本当にめまぐるしい天候変化でした。異常気象が続きますが体調管理にお気をつけ下さい。
Commented by rollingwest at 2016-05-06 06:58
北海道大陸様、屈斜路湖にも御神渡がございましたか!そちらも段々と規模が小さくなってきているのは温暖化の証拠ですね。いずれは北海道が色々な作物が増えてお米やフルーツの最大生産地になっていくは間違いないんでしょうね~
Commented by rollingwest at 2016-05-06 07:05
wingtom様、鳥取まで車中泊の遠征旅でございますか!道の駅に泊まりながらのひとり旅もいつかやってみたい!時たま豪華な温泉宿を入れながらあちこち巡っていくのも気楽でいい感じですね。どうぞお気をつけて!
Commented by rollingwest at 2016-05-06 07:12
びわはま様、GWこどもの日は本当に素晴らしい五月晴れでしたね!琵琶湖の爽やかな風と新緑を楽しみながらお孫さんといい時間を過ごされて何よりです!小口太郎作詞の「琵琶湖周航の歌」を通じて、諏訪湖との縁が深かったのですね~
Commented by rollingwest at 2016-05-06 07:19
まき子様、古代日本には大陸や南方の海を通じて色々な民族が渡来しており、宗教文化が混合・共存しています。これ以上は太平洋でどん詰まりなのである意味で日本は最終地になり、これ以上狭い国土の中で争いあっても無意味と悟りお互いを認め合う「和の精神」が培われたのでしょうね~
Commented by のんのん at 2016-05-06 07:53 x
おはようございます。
諏訪の浮城・・私の好きな地ですが初めて聞きまいた。
諏訪湖の周辺は風景も素敵だし再度行きたい・・
皇女和宮・・・すごい嫁入りだったでしょう。

今年は7年の一度の諏訪大社祭りでしたが悲しみのお祭りになり辛いニュースでした。
Commented by びーぐる at 2016-05-06 08:28 x
のんびり諏訪湖一周というのも楽しそうですね~
不思議な御神渡り一度見てみたいものです。
Commented by 菜桜 at 2016-05-06 10:56 x
おはようございます。
四季を通じて信州旅行したようです。
「御柱祭」古代イスラエルの民が残したのですか?
勇壮なお祭り今年も犠牲者が出て悲しい事です。

皇女和宮 降嫁 家茂とも早く死別し 篤姫との対立も有ったりして
悲劇の女性だったのでしょうか。
Commented by さかきんぐ at 2016-05-06 23:59 x
こんばんわ。

諏訪湖の花火大会、美しいですね。湖の反射に映る花火と合わせ見事です。

諏訪湖の御神渡り、なんか神秘的ですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-07 06:27
のんのん様、諏訪御柱祭はやはり今回も死者(前回は2名の犠牲者)が出てしまいましたね。先日諏訪出身者と話す機会がありましたが、マスコミブームで取り上げられる前(20年前)まではかなり多くの死者が出るお祭りだったようです。今は大きなニュースになってしまうため安全対策や規制をしてきたようですが命がけの危険な祭りには変わりないなあと思います。
Commented by rollingwest at 2016-05-07 06:42
びーぐる様、小生も一度は見てみたい「御神渡り」ですが、見られるのは相当寒い冬が続かないと発生しませんし日数が限られています。最近は暖冬傾向で全くそのチャンスがありません。いつかお互いに夢を実現させたいものですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-07 06:53
菜桜様、「御柱祭」の風習、諏訪守屋と旧約聖書モリヤとの一致、日本の神社・祭祀配置(狛犬はライオン)、神道が偶像崇拝しないこと、天狗伝説(ユダヤ教の修行者と姿が一致)、天孫降臨に現れた猿田彦(渡来外国人)、天皇家の菊紋章とダビデ紋の一致、伊勢神宮灯籠にある六芒星マーク、京都祇園祭りとイスラエル・シオン祭との数多くの類似性、徳島・剣山のア―ク伝説、東北地方に多く残るキリストやユダヤの伝説や地名、日本とユダヤ文化には沢山の一致点があり、確実にルーツが一緒だと思います。
皇女和宮は降嫁し、家茂との死別・篤姫との対立もありましたが、最後は篤姫と力を合わせて江戸無血開城に大きな貢献をしたので有終の美となったのではないでしょうか。
Commented by rollingwest at 2016-05-07 07:00
さかきんぐ様、諏訪湖の花火大会はやはり湖面に映る花火がさらに華やかさを増すのでしょうね!わが柏崎の海中スターマインも今や日本の10大花火大会に入る程の人気になっています。是非と一度御覧あれ!
Commented by mako at 2016-05-07 15:02 x
こんにちは~
丁寧な諏訪湖一帯の記事拝見させていただきました。
信州人として改めてしっかり学ばせて貰いました。
有難うございました。
Commented by KawazuKiyoshi at 2016-05-07 15:26
諏訪地方には
なかなか足が向きませんでした。
静かな諏訪を訪ねたいですね。
今日もスマイル
Commented by rollingwest at 2016-05-08 06:04
マコ様、信州は魅力ある県ですね~!地元の方々はあまりそれを意識せずいつでも行けると思って意外と訪問していないケースもございますので、今回興味ある場所がございましたら是非とも思い立ったら吉日!お近くですのですぐに行けます。(笑)
Commented by rollingwest at 2016-05-08 06:11
KawazuKiyoshi様、お久しぶりです。御柱祭りが終わると夏は湖上花火大会ですから、静かな諏訪を楽しむには秋がいいかもしれません。でも山口県からはちょと遠いですね。山口⇒松本の夜行バスがあるようですが・・。
Commented by photo510ひろし at 2016-05-08 07:07 x
諏訪湖には、何度か足を運んでいましたが、
私の知らないスポットがたくさんあり驚いています。
去年タケヤ味噌や造り酒屋巡りを楽しんだ思い出があります。
そういえば桜の咲くころに一度訪問した高島城とても素敵でした。
日本ていいな・・・なんて感情が湧いてきて良かったです。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2016-05-08 07:39 x
なかなかコメント欄が見付らず・・・
諏訪湖など行った事がなく
神社も素晴らしいお写真をありがたく見せていただきました。
嬉しいです・・・御柱祭りで事故が起きたと、ニュースが流れましたが、
そちらでしょうかね? 見物も・・・お気をつけ下さいね・・
今日はキリスト教会で日曜礼拝があります。午後は雨になりそうです。
コメント嬉しかったです ありがとうございました。
Commented by 寂恋法師 at 2016-05-08 13:13 x
農耕民族の日本にあって主要なパワースポットがレイラインに沿っていることは理解しやすいです。しかし主要断層に沿って点在しているというご指摘には驚きました!巨大地震を力強い大地のエネルギーとして肯定的に評価したのでしょうか?天変地異は避けたいと思わなかったのでしょうか。その辺はちょっと理解し難いですね。ところで帰省の都度、福山の隠れ家的スナック“諏訪”詣でしてますよ♪やはり諏訪はパワーが溢れてるね!!
Commented by remy05 at 2016-05-08 16:27 x
中央構造線上に主要な神社が建てられているのは、ゼロ磁場が発生する未知なるエネルギーがみなぎるパワースポットであることを熟知しているからで、ここに神の意図(神業)を感じます。フォッサマグナもそうですが、世界地図の縮図であり龍体である日本列島の形成や、国生み神話には、何か秘密が隠されているような気がしてならない今日この頃^^;
Commented by Soul Mate at 2016-05-08 20:58 x
連休中は山の事故が多かったの。おぬしも気をつけんさいよ。
レスターほんと奇跡じゃった。バーディってフルタイムの工員さんで8部リーグから頑張ったんとなあ。他のメンバーも下部リーグ出身多いし。岡崎の活躍も誇らしかった。。。
Commented by マロン at 2016-05-08 22:11 x
御射鹿池の写真を拝見し、あっ!東山 魁夷の世界だって思いました。白馬が描かれるとそっくりですね。
ここがモデルだったのですか?
八ヶ岳や清里、霧ヶ峰など行きましたが、「諏訪湖祭花火大会」見てみたいですね。
詳しい歴史レポート、しっかり読ませていただきました。いつか行けたら参考にしたいです。有難うございました。
Commented by matsu at 2016-05-08 22:33 x
諏訪シリーズの最終編で、わがカラオケの大愛唱歌の一つ「琵琶湖周航の歌」だ出てくるとは・・・。そういえば、作詞者の小口太郎は、岡谷市出身だったのですね。この歌は40年以上前に加藤登紀子がリカバーし〈小生が好きな小林旭もよく歌っています〉ヒットしたものですが、中学生時代初めて聞いて以来、大好きになりました。作詞者は26才、作曲者とされる吉田千秋〈新潟県新津出身〉は24才でいずれも若死にしているのが涙を誘います。そして、諏訪湖といえば武田信玄、由布姫〈湖衣姫〉ですが、今、NHKBSで毎日曜昼に大河ドラマ「武田信玄」の再放送を行っており、ちょうど今諏訪攻めのエピソードをやっているところです。絶世の美女と謳われた由布姫〈湖衣姫〉は、これまで映画やテレビドラマで色々な女優が演じていますが、美しさでは、三船敏郎が山本勘助を演じた1969年の映画「風林火山」の佐久間良子が一番かと思いますが、小生らの世代では、大河ドラマ版の南野陽子が一番なじみ深いのではないでしょうか。この湖衣姫といいスケバン刑事といい本当に当時の彼女はよかった!今回の諏訪シリーズ最終編では、和宮まで出てくるので、100行くらいコメントしたいところですがが、きりがないので、「今宵はここまでに致しとうございまする」。
Commented by kwc_photo at 2016-05-09 00:35
この諏訪湖のしだれ桜、満開を晴天で見てみたいですね!
ずい分前に、うっかり高速をおりて一般道で諏訪湖を通った
ところ、その日が花火大会の日で渋滞していたのを
思い出しました(笑)
この花火大会も直に見てみたいですね。湖面に映り込んで綺麗だろうなぁ~(^-^)
Commented at 2016-05-09 05:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:00
photo510ひろし様、小生はタケヤ味噌や造り酒屋巡りを知りませんでした!9割位は皆様にお伝えできたかと思いきやまだまだ7割も行ってないのかも・・。RWの知らないスポットを教えて頂き感謝です。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:07
ちごゆり嘉子様、久しぶりの御来訪嬉しかったです!諏訪の神輿行列も、剣山・聖櫃の行列も全く一致していると思いました。契約の聖櫃は四国に隠された阿波の最高峰剣山の伝説。古代イスラエルの秘宝を担ぎあげるお祭りの時期に、宝蔵石・鶴石・亀石の3つの大巨岩に再会して見たいです。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:14
寂恋法師様、福山の諏訪大社の隠れ家に通っておられたとは・・!そこは貴殿の秘法溢れるパワースポットですね。ヒトは太陽からも地から気を頂きパワー吸収してきた歴史、貴殿の漲る酒地肉林パワーももう十分過ぎるくらいですのでこれ以上の聖地巡りもほどほどにされておいた方がいいかも・・!(笑)
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:21
remy様、縄文古代人は地球から噴出する気の集積地をちゃんと知り抜いていたのですね~!しかし熊本・大分の地震はまさに中央構造線ラインに繋がっており今後が不安ですね~!このラインにあるパワースポット(石鎚山・高野山・三輪山大神神社・天河神社・伊勢神宮・豊川稲荷・諏訪大社・鹿島神宮)が大地震で熊本神社のような惨状にならないことを祈るばかりです。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:27
聖二殿、今年の北アルプスは天候急変で(北海道にも雪が降ったし・・)遭難が続出だったので本当に驚いたよ。蓮華岳で遭難した人はW大出身の都職員だが、弟とサークル同級生で彼も相当なショックを受けていたよ。この時期の北アはまさに冬山なので要注意、GWって案外危険なんだよ。
岡崎レスターの優勝、本当に奇跡を巻き起こし凄いなあ~!彼の献身的な泥臭い前向きな姿がチーム結束に大きな力を与えたのは間違いない!
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:38
マロン様、皆さん御射鹿池の写真をすぐ東山魁夷の名画とフラッシュバックするんですね!ここはまだ行ったことがないのfで皆様の見ている絵画風景を是非とも一度体験しに行ってみたいと思います。ここは縄文時代の人々が神の聖地として崇めていたようですね。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:45
マツ殿、何と言う長文コメントありがとうございます!今回記事は貴殿の大好きな歌や人物が満載だったので書きたいことが沢山あるのですね。もう一度後編コメントを楽しみにしております。NHK大河「武田信玄」での「今宵はここまでにいたしとうござりまする」は流行語になりましたね~!懐かしい!確か信玄の母を演じた若尾文子がナレーションしておりましたね。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 06:52
kwc_photo様、各地の花火大会の時に思わず渋滞に入るこみハマってしまったら絶望的ですね。花火は見たし混雑は嫌いなRWなので故郷の花火(長岡・柏崎)も久しく見ておりません。諏訪は季節によって見所が沢山あるなあと思います。
Commented by rollingwest at 2016-05-09 07:00
安人様、GWはジム通いでございましたか!小生は故郷帰省が2~3日(ついでに周辺観光)、あとは家に籠ってブログ写真整理や録り溜めたDVDを見ているなど比較的地味にゆっくりしておりました・・(笑)
Commented by ひろし爺1840 at 2016-05-09 09:02 x
!(*^_^*)!ブロ友・ローリングウエストさん、お早うございま~す!
体調管理に留意し、 今週も元気に楽しく充実した日を過ごしましょ~!
@('_')@歴史ロマンたっぷりの諏訪探訪記を興味津々でじっくりと楽しませて頂きました。
中々行く事が出来ないのでショットと説明で行った様な気持ちになれました。
またのご案内を楽しみにしています。

!('_')!今朝の投稿は「藤やチューリップ」を動画とDBに編集しましたのでお茶のひと時にご覧頂ければ嬉しいで~す!
!(^^)!何時ものご覧の感想も楽しみにお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!
Commented by opaphoto at 2016-05-09 11:00
以前、諏訪湖一周サイクリングを計画したんですが
実現してません、周辺に結構見所ありますよね、
参考になります。
Commented by よっちん at 2016-05-09 22:10 x
御射鹿池は何度も行っていますが
諏訪大社からはけっこう離れていますよ。

八ヶ岳の麓
蓼科の方に位置しています。

今月末には見事な新緑を
見ることが出来ると思います。
Commented by rollingwest at 2016-05-10 06:00
ひろし爺1840様、広島から諏訪はなかなか行きにくいでしょうね~!わがブログメイトの寂恋法師が福山(広島県)の隠れ家的スナック“諏訪”に通っているようなのでそちらへどうぞ!(笑)
Commented by rollingwest at 2016-05-10 06:07
opaphoto様、諏訪湖一周サイクリングは是非とも新緑の時期が最高です!思いたったら吉日、下諏訪温泉に1泊してあちこちの名所も巡って見て下さい。
Commented by rollingwest at 2016-05-10 06:15
よっちん様、御射鹿池の大ファンなのですね!東山魁夷の名画で有名なのか、皆さんよく知っていますね~!小生はまだ未体験なので早くその神秘な池・森の中に身を置いてみたいものです。
Commented by yodogawasyuhen at 2016-05-10 07:15 x
おはようございます。
諏訪湖には学生時代に行ったことがあります。
懐かしいですね。
桜が咲く季節に湖を歩いてみたいです。
Commented by シクラメン at 2016-05-10 18:56 x
ゴールデンウイーク終わり新緑の美しい五月撮影も楽しいですね。貴女のように詳しく中々出来ません。ありがとうございます。
Commented by rollingwest at 2016-05-11 19:54
yodogawasyuhen様、諏訪湖の御神渡がRWにとっては未体験なので冬に行ってみたいですがやはり寒さ厳しい冬よりも春の諏訪の方がいいかな~!桜と新緑時期がお薦めです。
Commented by rollingwest at 2016-05-11 20:08
シクラメン様、この写真は2年前の新緑写真です。今年は故郷の山に登って新緑を楽しんでおりました!
Commented by Soul Mate at 2016-05-15 20:20 x
都知事のクズぶり笑うた。愛人との婚外子が3人、本妻との子が2人でお金がかかるのはわかるが、子供服から自分の下着、回転寿司まで税金はイカンじゃろ。あげな豪壮な別荘やらあちこちに不動産持っといて実姉は生活保護らしいし。いくら勉強ができてもお育ちは隠せんなあ。。。
Commented by rollingwest at 2016-05-15 20:39
聖二殿、締めのコメントありがとさん!いつもこまめに御来訪頂き感謝しておるよ!先日の升添の会見、何じゃあれ?正月のホテルに家族で泊まって選挙の会議をしたあ?はア~・・本当に誰が信じるの?もう恥ずかしくて大笑いするしかない!早くやめてほしいね。こんな奴に偉そうに東京オリンピックの華やかな舞台で挨拶などしてほしくない!元・妻だった片山さつきも升添に対して批判していたが、そう言えば片山さんも色々武勇伝があったよね~・・なんて、さらに大笑いしてしもうたよ。(苦笑)

<< <2016年4月16~17日>... <2016年4月2~3日>身延... >>