<2016年4月16~17日>「毛野国」探訪③:(足尾銅山&田中正造)編

c0119160_17463992.jpgc0119160_1746517.jpgc0119160_1747321.jpg
c0119160_17471351.gif

                                    「毛野国」探訪②:(桐生・足利)編より続く


★「毛の国探訪」第3編は足尾銅山へ!


両毛エリア(群馬・栃木)の魅力を紹介するシリーズ「毛の国探訪」(第2編)は足利市と桐生市でしたが、続く第3編は足尾銅山の歴史探訪!更に日本初の公害問題「足尾銅山鉱毒事件」に毅然と対決した「田中正造」に焦点を当ててレポートします。皆様には殆ど知られていない穴場かもしれない。


  .....(左)渡良瀬川沿いに北上し、足尾銅山へ (右)足尾銅山鉱毒事件と闘った田中正造.....
c0119160_17525841.jpgc0119160_17531051.jpgc0119160_17532813.jpg

c0119160_1843839.jpg






c0119160_17534342.jpg


宿泊した桐生市のホテルを朝出発、「わたらせ渓谷道」(国道122号)を北上し足尾銅山方面へと向かいます。途中に.関東の重要な水源・渡良瀬水系の「草木ダム」が出現!今年7月迄は渇水危機にも舞われ心配されましたが、8~9月は台風が数回上陸し現在は安定水位に戻ったようです。


   .....「草木ダム」は今年の渇水危機で結構有名になったかも・・!当時は桜が満開でした.....
c0119160_18955.jpgc0119160_1885158.jpgc0119160_1882913.jpg
c0119160_1884052.jpg

c0119160_19303525.jpgc0119160_1923950.jpg
c0119160_19233121.jpg





★足尾銅山の歴史を知る (トロッコ列車で坑道探訪)


足尾銅山は栃木県・日光市足尾町に所在し1550年に発見され、明治10年(1877)に古河市兵衛が経営に着手。最先端技術を導入し最盛期には日本の銅産出量の1/4を産出する日本の代表鉱山として名を馳せました。最初に「通洞鉱神社」に参拝、次は「足尾銅山観光.」へと入ります!


   ....足尾銅山の守り神「通洞鉱神社」に参拝、「足尾銅山観光」(当地は日光市の一部)....
c0119160_20202425.jpgc0119160_20132698.jpg
c0119160_2014140.jpg


   .....日本最大級の銅山坑内が実際に体験できるトロッコ列車の駅舎で電車出発を待つ.....
c0119160_20225841.jpgc0119160_20282076.jpgc0119160_20231449.jpgc0119160_20233281.jpg
c0119160_20235070.jpg


足尾銅山は閉山していますが観光トロッコ電車に乗る観光坑道があります。通洞坑は銅山の基幹坑道として使用され、圧搾空気動力鑿岩機やダイナマイト発破工法(当時の最先端技術)を駆使して開鑿された遺構であり、保存状態も良好。足尾銅山観光ハイライトとして一部が公開されており、いざ探訪!


  .....(左)さあ出発!(銅山キャラクター源さん) (右)黄色いトロッコ電車はいざ坑道へ、進行~!.....
c0119160_20342237.jpgc0119160_20343962.jpg

c0119160_20345374.jpg

c0119160_20401817.jpgc0119160_2048278.jpgc0119160_20403379.jpg

c0119160_20405025.jpg


真暗な坑道停車場で下り、奥へ進むと鉱山採掘の蝋人形が続々登場。当時の辛く厳しい鉱石採掘の様子が年代別(江戸時代から昭和期まで)にリアル再現されています。大変だったろうなア・・


    .....江戸から昭和まで400年間掘り進めた足尾銅山坑道、長さは1,234kmに及ぶ.....
c0119160_21101214.jpgc0119160_21281192.jpgc0119160_21282573.jpg

c0119160_21284192.jpg

c0119160_2133644.jpgc0119160_21332756.jpgc0119160_21334189.jpg
c0119160_21335674.jpg


坑道見学の後は「銅資料館」を見学。鉱石が銅になる工程や作業光景、銅山の貴重資料、採掘機械等が展示されており、日本産業の近代化を支えた足尾銅山の歴史・役割がタップリ学べます。


     .....(左)トロッコ坑道見学終了 (右)次は「銅(akagane)資料館」へ入って見る.....
c0119160_21535785.jpgc0119160_21541239.jpgc0119160_2215678.jpg

c0119160_21544299.jpg


     .....資料館では銅鉱石や掘削機械の展示、通洞作業のジオラマ再現等が公開.....
c0119160_2245396.jpgc0119160_22595.jpg
c0119160_2252540.jpg






★鉱都「足尾」の栄華を残す「古河・掛水倶楽部」

次は足尾銅山隆盛期の古河鉱業・迎賓館「古河・掛水倶楽部」を訪問しました。大正初期に改築された建物は、外観は洋風、内部は和洋様式が共存する木造建築で館内には数々の資料が展示。大正期のピアノ・国産1号ビリヤード台も置かれ、当時の華やかな上流階級の様子が窺えます。


      .....足尾銅山最盛期に当地の迎賓館として栄華を誇った「古河・掛水倶楽部」.....
c0119160_22114677.jpgc0119160_22124735.jpg


c0119160_2213671.jpg


        .....2階は畳の大広間で全面窓。桜満開の景色を眺められるとは贅沢!.....
c0119160_22165492.jpgc0119160_22172010.jpg

c0119160_2218154.jpg


和風部分は明治末期に改築され洋風2階建てとなり、古河機械金属の福利厚生施設(銅山宿泊・会合施設)として今も現役活躍しています。豪華食堂・寝室・ビリヤード室は大いに見所ありです!


    .....当地を訪問の華族や政府高官の接待や宿泊に使用された古河Gr迎賓館は実に豪華.....
c0119160_5393413.jpgc0119160_540277.jpgc0119160_5402031.jpgc0119160_5404417.jpg
c0119160_541787.jpg


       .....豪華な食堂・ベッド・ビリヤード室・・、まさに上流社会の交流・迎賓施設だネ~.....
c0119160_5445745.jpgc0119160_5452227.jpg
c0119160_5455191.jpg


ビリヤード室には古河グループ創業家・歴代当主の写真が飾られています。古河財閥の創始者「古河市兵衛」は天保3 年、京都の庄屋に生まれ、26歳で京都小野組の番頭古河太郎左衛門の養子となり古河市兵衛と名乗りました。生糸取引で手腕を認められ小野組糸店の支配人となりました。


  .....(左)歴代の古河グループ創業家当主達 (右)創業者・古河市兵衛渋沢栄一と深い交流.....
c0119160_5533191.jpgc0119160_554065.jpg
c0119160_5543029.jpg

      .....古河財閥グループ発展史の基礎は足尾で築かれたと言っても過言ではない.....
c0119160_5571773.jpgc0119160_557309.jpg

c0119160_5575153.jpg


その後小野組の倒産により独立し、1875年渋沢栄一の援助を得て鉱山経営をスタートさせました。古河財閥から生まれた企業群には古河の名を冠した数多くの会社がありますが、その他にも、富士電機と富士通も有名。まさに足尾銅山は日本の近代化で重要な役割を果たしたといえましょう。


    .....明治40年の足尾鉱業事務所、重役・管理職住居が当時とほぼ変わらない姿で残る.....
c0119160_683587.jpgc0119160_69420.jpg
c0119160_693311.jpg


      .....旧足尾鉱業所付属倉庫は明治43年の煉瓦建築。桜とのコラボが素晴しかった.....
c0119160_61364.jpgc0119160_6131948.jpg
c0119160_6133696.jpg






★「わたらせ渓谷鐵道」を北上、足尾銅山の「本山精錬所跡」へ

「わたらせ渓谷鐵道」はその名前の通り、美しい渡良瀬渓谷川の流れに沿って走る鉄道で群馬県桐生駅~間藤駅(matou日光市)の17駅(44km)を結びます。元は産出された銅の輸送目的で敷設された鉄道で1911年に開業、その後国営化され現在は第3セクター経営されている観光鉄道です。


    .....(左)足尾町の中心駅「通洞駅」(足尾銅山観光の最寄駅) (右)白い木造のレトロ駅舎.....
c0119160_6214010.jpgc0119160_6215699.jpg

c0119160_6221570.jpg


      .....通洞駅のホームに立つと「わたらせ渓谷鐵道」のレトロな列車がやってきた!.....
c0119160_6255380.jpgc0119160_6261259.jpg








c0119160_6263162.jpg


間藤駅を過ぎると「間藤発電所跡展望台」、いよいよ足尾銅山の本山精錬所跡へと向います。さらに渡良瀬川を遡上して行くと巨大煙突が見えて来た!今は廃墟となった鉱山とはいかなる姿か?


      ....終点駅は間藤駅(栃木県日光市)、ここには「間藤発電所跡展望台」がある.....
c0119160_733043.jpgc0119160_734816.jpgc0119160_19462614.jpg

c0119160_741054.jpg


      .....間藤駅から足尾本山駅はすでに廃線!渡良瀬川を遡上すると巨大煙突が!....
c0119160_19535754.jpgc0119160_19555344.jpgc0119160_19543845.jpgc0119160_1955383.jpg
c0119160_2055361.jpg
c0119160_19561371.jpg


足尾銅山が閉山した後も多くの施設は取り壊されず廃墟化し、独特の雰囲気が漂っている!製錬所の周囲が皆禿げ山になっているのは、製錬所から排出された亜硫酸ガスが長年に渡って足尾の山々を汚染したことが原因・・、製錬所北部は現在も不毛の地となっています。公害の爪痕だ~


    ....渡良瀬川の対岸から、昔栄華を誇った銅山抗と製錬所全体を眺めることができる....
c0119160_2028282.jpgc0119160_20311682.jpgc0119160_20314152.jpgc0119160_2032789.gif
c0119160_20323282.jpg


     .....銅山は閉山し本山駅線路は廃線。昭和時代にタイムスリップしたような廃墟風景.....
c0119160_20481693.jpgc0119160_20483853.jpgc0119160_20543237.jpg
c0119160_20485493.jpg


旧足尾町にあたる区域の人口は、今や2千人強、銅山が閉山した影響が大きく、この100年で人口は1/10以下になったとのこと。鉱山町の共通現象かもしれないが余りにも寂しき光景だ・・


      .....「古河橋」は赤倉地区と本山坑・製錬所を結ぶな橋梁(国指定重要文化財).....
c0119160_2183480.jpgc0119160_219712.jpgc0119160_21929100.jpg
c0119160_2110065.jpg


    .....足尾には沢山の廃墟・廃屋があり村が丸ごと廃村となった地区も数多くある.....
c0119160_21153244.jpgc0119160_21155086.jpgc0119160_21161196.jpgc0119160_21171120.jpg
c0119160_21173559.jpg
c0119160_21175463.jpg


足尾銅山の歴史や廃墟後を見学し、次は館林市へと向いました。館林の見所は第1編で紹介しましたが。当市には足尾銅山の歴史とは切っても切れない人物の記念館があるからです。その名は「田中正造」、日本最初の公害問題「足尾銅山鉱毒事件」に対して立ち向かった有名な方です。

                                    「毛野国」探訪①:(高崎・安中・館林)編




★最後に「田中正造記念館」と「渡良瀬遊水地」を訪問して帰京


田中正造記念館」には足尾鉱毒事件や田中正造について学ぶ資料が沢山あります。足尾の山は煙害と炭鉱による過度の伐採で丸坊主となり、自然の恵みをもたらしていた渡良瀬川は鉱毒が垂れ流し状態となりました。現地被害民も黙っておらず正造は政府に訴え出ようと館林を出発!


  .....日本初の公害問題「足尾銅山鉱毒」に対して立ち向かった「田中正造」の記念館を訪問.....
c0119160_21432641.jpgc0119160_21472739.jpg
c0119160_21442231.jpg

c0119160_2152048.jpgc0119160_21521847.jpgc0119160_21523825.jpgc0119160_21525355.jpg

c0119160_21531010.jpg


しかし富国強兵が第一優先の明治政府は訴えを無視、正造の訴訟団を警官隊に阻止させ国家権力で弾圧したのです。(川俣事件) 田中正造は亡国演説を行い政府の糾弾を継続。そして彼は最終手段で直訴状を携え、「お願いがござる!」と天皇馬車に走り出し逮捕されてしまいました。


  .....国家弾圧に怒った田中正造はついに天皇直訴を決行!警察に制止され未遂に終わる....
c0119160_2213767.jpgc0119160_2215241.jpg
c0119160_222513.jpg


   .....(左)田中正造夫妻の絵が居間に (右)足尾銅山精錬所風景、地形もよく理解できた.....
c0119160_2254618.jpgc0119160_226431.jpg
c0119160_2262616.jpg

c0119160_2264592.jpg


次は雲龍寺を訪ねてみました。朱門を入ると左手には「足尾鉱毒事件被告の碑」があり、さらに進むとを田中正造の墓があります。この寺は川俣事件で鉱毒被害民が集結した歴史の地。石碑には正造の詠歌「毒流すわるさ止めずバ我やまず渡良瀬利根に地を流すとも」が刻まれる。

     .....田中正造の墓がある「雲竜寺」(館林市)、渡良瀬川の近くにヒッソリと眠っていた.....
c0119160_22114553.gifc0119160_2212339.jpgc0119160_22121918.jpg
c0119160_22123662.jpg

c0119160_22171773.jpgc0119160_22174696.gif
c0119160_2218069.jpg


旅の最後は、日本最大の遊水地「渡良瀬川遊水地」(利根川の中流域)を訪問して帰京しました。渡良瀬川洪水被害で足尾銅山の鉱毒被害は明確になり、明治43年には内務省による改修事業が開始、昭和5年に渡良瀬遊水地が完成したのです。今は地元住民の憩いの場となっています。


    .....利根川の中流域(群馬・栃木・茨城・埼玉)、日本最大の遊水地「渡良瀬川遊水地」.....
c0119160_22212874.jpgc0119160_22214480.jpg
c0119160_2222096.gif


水質汚染は確実に解消し、2012年国際会議においてついにラムサール条約湿地(国際的に重要湿地)に登録された遊水地となりました。田中正造翁も天国から大いに喜んでいることでしょう!


      .....ウインドサーフィンを楽しむ人達が沢山!足尾鉱毒事件の悲惨史は全く感じない.....
c0119160_222610100.jpg
c0119160_22262854.jpg

    .....かつて鉱毒事件悩まされた渡良瀬のラムサール条約登録候補地になる程に環境改善.....
c0119160_2229829.jpgc0119160_22292610.jpgc0119160_22295070.jpg
c0119160_2230495.jpg


足尾歴史と環境闘争の田中正造足跡を訪問し今回は大変勉強になりました。毛の国探訪はまだまだ続きます。第4~5編は足利尊氏・新田義貞の太平記史跡、徳川家康のルーツ世良田東照宮、佐野(厄除大師・ラーメン)、大谷石採掘場のレポート等が今後続々登場の予定です。お楽しみに~!



           【NHK番組・その時歴史が動いた】 『田中正造 足尾鉱毒事件に挑む』
                   



                                                        おわり

  by rollingwest | 2016-09-13 16:55 | 毛の国探訪 | Comments(116)

Commented by 恵那爺 at 2016-09-15 05:40 x
足尾銅山にこういう記念館が有ったんですね。
結構面白そうだから今度機会が有ったら行ってみます。

世界遺産を目指しているようですが、世界遺産になると
軍艦島みたいに、強制労働させられたって大騒ぎする人が出てきそうだな。

毛野国 上州と野州のうち、野州はなんで野州なんだろうと思ってたんだけど
毛野の野をとったんですね。
Commented by rollingwest at 2016-09-15 06:26
恵那爺様、一番乗りを頂き感謝です!足尾銅山は交通アクセスが悪いので「足を延ばすのはドウもなあ・・」と思う方が多いかも知れませんがここは必見お薦めです!21世紀現代でこれ程の規模で昭和時代の廃鉱・廃墟が残っているのはかなりレア・貴重な風景だと思います!【野州】という言葉は今まで何となく聞いたことはありましたが「下野国」の別呼称だったとは初めて知り、大変勉強になりました。「若衆道」(男色趣味)という別の意味もあるようですね。
Commented by akitaka at 2016-09-15 20:53 x
F山の会で横根山に登った帰りに、足尾銅山坑道跡に行き、面白かったのを思い出しました。
城山三郎「辛酸」を昔読んだことがあり、議員を辞めて、鉱毒公害と戦った田中正三に感心したことがあります。今の足尾は青々ときれいでした。古河の迎賓館に行ってみたいです。
Commented by koyuko at 2016-09-15 21:32 x
ずいぶん昔に足尾銅山に行った記憶がありますが、ツアーでさ~と見学、殆ど覚えていません。
お陰で詳しく知ることができ改めて勉強しました。有難うございました。
Commented by rollingwest at 2016-09-16 06:01
アキタカ様、Fツアーで足尾銅山抗観光もされていたのですね!Fツアーへの参加はここ数年、平日開催や300名山志向になって以来、殆ど欠席状態・御無沙汰いたしており申しわけございません。ここ2年は新年山行(餃子パーティ)だけになってしまいましたが、定年後には再び参加頻度を増やそうと思います。<(_ _)> 城山三郎「辛酸」、早速アマゾンで注文しました。
Commented by rollingwest at 2016-09-16 06:08
koyuko様、足尾銅山観光を一度経験されていたのですね! でも廃墟光景や迎賓館は多分廻られていないと思いますのでコチラで再び足尾の空気をお届けできて記事の書き甲斐がございました!
Commented by ひろし爺1840 at 2016-09-16 09:29 x
 !!(^^)!!RWさん、お早うございま~す!
日中も大分過ごし易くなりましたが太陽の見れない日が続きますネ。
迷走台風16号の影響で目まぐるしく天候が変わる様なので天気予報を細目にみて週末の計画を立てましょ~!

@(*^_^*)@足尾銅山関係にご案内頂きありがとうございます。
初の観光を判り良い説明とショットを見ながらゆっくりと行った様な気持ちになって見せて頂ました。
またのご招待を楽しみにしております。
!('_')!今朝のMyBlogへのお誘い!
◆もう少しすると牡蠣のシーズンが来るのを期に「宮島牡蠣」の出来るまでを取材して来ましたので、ご覧頂ければ幸せで~す!
!(^^)!ご覧頂いた感想を楽しみにお待ちしていま~す!
◇素敵で楽しい週末を御過ごしくださ~ィ!バイ・バ~ィ!

Commented by desire_san at 2016-09-16 12:27
こんにちは。
足尾銅山について豊富な画像に基づく詳しいお話し、和知氏の知らないことばかりで、興味深く読ませていただきました。田中正造さんのお話も大変勉強になりました。ありがとうございました。

私のブログにもコメントをいただきありがとうございます。
Commented by 安人(あんじん) at 2016-09-16 14:46 x
こんにちは♪

午前中 軽いジムの運動で帰って30分以内の昼寝の後

皆さんに訪問しています 30分以上昼寝するとボケるとか??医師から

最近 物忘れが激しいです(泣)

猿島 半年くらい前に日本遺産に。。

多くの観光客です
Commented by hibikorekouji2-2 at 2016-09-16 18:52
居ながらにして旅した気分になりました♪
いつもありがとうございます^^

煉瓦建築と桜のコラボは風情があって素敵ですね~。
迎賓館は本当に素敵です。
ビリヤード室に屏風があるのがなんとも不思議な光景だけど、
それはそれで素敵でね^^
Commented by small-talk at 2016-09-16 21:40
足尾銅山鉱毒事件と田中正造の話は、小学校の教科書で知りました。
話は覚えているのですが、国語の教科書だったのか、社会の教科書だったのか、覚えていません(笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-17 06:12
ひろし爺1840様、この3連休は台風が向ってきており冴えない天気ですね~。小生は出かける予定を入れていないので家でゆっくり充電しようと思っております。宮島を訪問した時に焼き牡蠣を食べましたが実に美味かったです!またお邪魔いたします。
Commented by rollingwest at 2016-09-17 06:28
desire_san様、田中正造の足跡は城山三郎の小説「辛酸」が有名なので小生も今回の旅を契機に、あらためて彼の波乱万丈なる人生をジックリと読んでみようと思います。やはり百聞は一見にしかずと感じます。
Commented by rollingwest at 2016-09-17 06:35
安人様、毎日ジムに通っておられて大したものです。そして軽い昼寝も頭をスッキリさせるためには有効ですよね。ご自分がそれだけの自覚をもって実践をされているのですからボケなんて無縁ですよ!(笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-17 06:42
hibikorekouji2様、古河鉱業・迎賓館「古河・掛水倶楽部」の写真を細部に見て頂き素晴しい感想を頂戴して嬉しい限りです。国産第一号ビリヤード室に屏風があるというご指摘!小生は何となく見ておりましたが、確かに独特の風情がありますね!
Commented by rollingwest at 2016-09-17 06:51
ひつじ雲様、足尾銅山鉱毒事件と田中正造の話は、小生は中学校の歴史の先生に教えてもらいました。その方は田中正造をかなり尊敬しているようで「日本初の公害問題に敢然と立ち向かった凄い人なんだ!」とチョークで黒板に沢山字を書きつけてで熱弁を奮っていたのが印象的でした。
Commented by 片田舎動物病院 at 2016-09-17 08:05 x
ハート型の遊水池、mapでも目立ちますね。

先人の苦労がしのばれる遺跡、
私もも見て周るようになりました。
Commented by 地理佐渡.. at 2016-09-17 08:38 x
おはようございます。

足尾銅山。久しく行っていないですが、二度ほど
行っています。鉱毒事件の歴史もありますが、
田中正造さんの存在は時代を超えて色あせはしま
せん。やはり政財界の不正は許しちゃいけません
し。折しも東京では豊洲の市場の問題が...


Commented by rollingwest at 2016-09-17 09:01
片田舎動物病院様、渡良瀬遊水地は初めて訪問したのですが、ハート型の池だったんだなあと再認識でした。森高千里の渡良瀬橋がずっと好きでしたので「ワタラセ・ハート」に胸キュン・・、ウエッ・キモイ~との声が上がって来そうなのでこの辺でやめときます・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-17 09:07
地理佐渡様、貴殿は足尾銅山を2回も訪問されたのですか!新潟県から足尾は交通アクセスが悪いのに結構お好きなのですね!貴殿が住んでおられた佐渡金山での鉱山繋がりの探訪なのかな・・。小生も鉱山探訪は佐渡金山・石見銀山・秩父石灰石鉱山・足尾銅山・夕張炭鉱・・と結構数を重ねましたが来年3回目の佐渡金山訪問を計画中です。
Commented by mcnj at 2016-09-17 09:24 x
おはようございます。

かつての公害の街、四日市に住んでおりますと、身につまされるようなレポートです。

四日市は、私企業の放った公害でしたが、足尾銅山は、国と私企業の公害でしたね。

四日市でさえ、塩浜磯津の漁民達が、実力行使に立ち上がって、企業の排水口を閉鎖しようとした時、警察の国家権力
によって、抑制されました。
当時の報道でさえ、漁民の暴力に、批判的でした。
時代は、変ったもおのだと、つくずく思います。
Commented by シクラメン at 2016-09-17 10:48 x
こんにちわ。今日から三連休らしいですね。足尾銅山まだ行ったことがありません。観光用になっているのですね。機会があれば行きたいです。
Commented by 山小屋 at 2016-09-17 12:57 x
渡良瀬遊水地・・・
ここには田中正造の足跡がたくさんあります。
散策するにはなかなかよいところです。

草木ダムは10年間仕事をしていました。
その頃はJR足尾線でした。
乗客が少なくて「乗って残そう足尾線!」というスローガ
ンが駅のあちこちに貼ってありました。
お年寄りがお金を貰って朝から晩まで乗っていました。
Commented by ハマジュリ at 2016-09-17 18:48 x
日本国中、色々な観光地があるんですね!400年も掘った坑山は凄すぎ👀
いつものように【ヘェ~】のボタン押しっぱなしッス👍
Commented by OH塚 at 2016-09-17 19:58 x
あの時代に陛下に直訴するなんて、正造凄い人。
Commented by siawasekun at 2016-09-18 04:48 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

眺めて、ほっとし心安らぎました。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:10
mcnj様、四日市と聞けばやはり公害の街のイメージが残りますね。水俣など公害訴訟問題等で有名になった市町村は仕方がないことなのでしょうが・・。小生が現在住む川崎も今なお煤煙公害のイメージが残っています。やはり神奈川に住むならば、川崎より横浜と名前優先で選択する方も多いかもしれません。でも今の日本は本当に環境が改善されましたね。
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:17
シクラメン様、昨日から3連休ですよ~!カレンダーの日付が赤いではないですか(笑) でも会社勤めしていないと関係ないですよネ。平凡な日常を健康・元気で送れることが最高の幸せですね。綺麗な空気・水の環境の中でいつまでも・・!
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:25
山小屋様、貴殿が草木ダムで10年間お仕事されていたとはビックリです!旧・JR足尾線(現・わたらせ渓谷鉄道)や周辺の見所は何でも知っておられる訳ですね。そして足尾がかつて栄華を誇り、時代の波とともに徐々に寂れていった歴史や空気も・・。是非とも今後足尾銅山が世界遺産指定が実現し、再び活気溢れる街に戻れる時が来るといいですね!
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:32
ハマジュリ様、佐渡金山も400年の歴史を誇り、未来の世界遺産を目指しています。小・中学生の頃に家族で2回程行きましたが来年40数年ぶりに3回目の佐渡へ旅しようと考えています。ここ数年、鉱山訪問旅にも興味があり、3年前に世界遺産・石見銀山(島根県)を訪問、今回の足尾銅山訪問で金・銀・銅のメダルが一応揃いました。(笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:38
OH塚様、江戸時代ではお上に直訴しただけで打ち首でしたからね~。明治時代は天皇は神様、そんな方に公害を直訴するのですから正造様はまさに命懸けの行動というしかありません。
Commented by rollingwest at 2016-09-18 06:46
siawasekun様、この3連休は台風が近付いて天候が不安定ですが野外活動はお気をつけて!
Commented by souu-3 at 2016-09-18 09:20
足尾銅山 遠い昔、教科書で習いましたね。
今は観光として残しているものがあるのですねぇ
古河に住むブロ友さんとは些か見方が違うかな、と
思いながら読ませていただきました。
Commented by takezii at 2016-09-18 11:42 x
RW様、こんにちは、
秋雨前線停滞で ぱっとしない天候が続いていますね。この連休、いかがお過ごしでしょうか。
足尾銅山の歴史探訪レポート、微に入り細の 写真、資料、拝見させていただきました。
両毛エリア自体 訪れたことのない爺さん、1度 訪れてみたくなりましたが 案内書、ガイド本代わりにさせていただきます。有難うございました。
Commented by 村夫子BUN at 2016-09-18 14:33 x
何時もながらマニアックですねえ。
あの荒涼とした山はどの程度まで復活したのでしょう?
Commented by 大室寅之祐 at 2016-09-18 15:23 x
昨日は御訪問ありがとう御座いました
僕は山梨に住んでいる大室(H・N)です
諏訪の御柱祭の記事は諸事情で書きかけになってますがまた
続編をアップするつもりです。
足尾銅山については何も知識が無く、教科書で鉱毒事件の事
を習った程度ですが、今は知ろうと思えば出向いてもネット
でも学生時代とはまるで違った歴史認識が出来て楽しむ事が
出来ますね。廃坑になった中の展示品や鉱石の運搬等も知り
ませんでしたが、日本の近代化に貢献した産業遺産として世
界遺産登録に向けて運動も盛んな様でした。
今回は足尾銅山について勉強させて貰いました。
若輩者で今回yahoo ブログからお邪魔させて頂きました。
また何かありましたら、コメント頂戴出来れば・・・と思い
ます。
Commented by hirospace at 2016-09-18 15:59
足尾銅山には古河グル-プに拠るところが大きかったのですね。
足尾とは比較になりませんが、小松にも尾小屋というところに銅山があって、当時はかなり広大は規模で、鉄道(尾小屋鉄道)が敷かれ、多くの労働者の宿舎がり村も温泉も栄えていたようですが、今は面影もありません。
同様の資料館で、当時の様子を偲ぶことが出来ます。
また、高山から流れ出たカドミウム汚染で、川には魚が生息しておらず、田畑の土壌改良に長年かかっていましたが、終わると同時に土木両者の仕事が激減しました。
Commented by Soul Mate at 2016-09-18 21:26 x
こんな大規模に廃墟が残っとるんかあ。夜は幽霊だらけじゃの。鉱毒反対運動に全財産使い果たした田中は死亡時には無一文じゃったらしいの。今の政治家は政務活動費チョロまかし、豊洲利権等ろくでない。民進党党首も笑うた。昔、「北朝鮮拉致は絶対にない」言うとった在日朝鮮人の社会党党首がおったが、「尖閣は中国古来の領土」とか言い出しかねんのう。。。
Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2016-09-18 21:43 x
★★毛野国★★
よく「足尾銅山」と聞きますが、
トロッコ列車で行って、このような
場所で採掘していたのですね。
鉱山元の古河グループ(古河電工など
有名ですが)の迎賓館、まさに古き良き時代。

群馬県館林市 田中正造氏による公害との闘い
知りませんでした。
明治天皇に直訴したのですか。

RWさんも色々と勉強していますね。
これからも、穴場情報も含め紹介して
下さい。
Commented by wistereasublime at 2016-09-19 01:11
メタボの白クマです。私も見学してきました。庚申山・皇海山に登った帰りに1泊余分にかけて見て回りました。
学生時代に田中正造の演説集などを回し読みしたことが思い出されます。ちょうど映画が出来た頃だったのではなかったかな。今の若い人にも関心を持ってもらいたいです。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:00
たまゆらSOUU様、>古河に住むブロ友さんとは些か見方が違うかな・・
上記のコメント気になりますね~。どの部分の見解で古河に住む方と相違があるのか是非とも知りたいものです。でも小生は初訪問で聞きかじりの記事を作っておりますので、地元の方の見解が必ず正しいと思いますが・・、知りたい~(笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:07
たけじー様、この三連休は台風で不安定な天気ですね。足尾銅山、かなり興味深くレポートを読んで頂き記事の書き甲斐がございました。観光面で一見何もなさそうに見える両毛エリアですが、掘り下げて廻ると見所が沢山あるでしょ!是非とも一度デビューされて見て下さい。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:13
村夫子様、すみません・・ちとマニアックになってしまい・・(苦笑) でもコメントを見ると貴殿も足尾銅山の荒涼風景をちゃんとご存知ではないですか!相当お詳しいですね。荒れた山の緑はかなり復活していると思えましたが。採掘エリアに近い山肌は今も禿山状態で鉱毒の恐ろしさを実感しました。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:25
大室寅之祐様、ようこそいらっしゃいませ!貴殿のハンドルネームはフルベッキ写真に映る田布施村出身の明治天皇・若き時代のお名前ではありませぬか!何か由来があるのでしょうか?のちほど再訪してその由来をお伺い出来れば・・と思います。以前、貴殿記事にも足尾銅山が掲載されていたのでかなり詳しいのかと思っておりました。諏訪ミステリーの一端は昨夜少し書き入れましたが、その詳細についてご問い合わせ頂ければお答えしますので楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:32
hirospace様、高山から流れ出たカドミウム汚染との記載がありましたので、「イタイイタイ病」かなと思いきや、それは岐阜県・神岡鉱山製錬所原因の富山県公害でしたね。石川県小松にも尾小屋銅山からのカドミウム汚染という史実があったことを初めて知りました!当時の日本は我々の知らない多くの公害がまだまだ沢山ありそうですね。大変驚きました。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:39
聖二殿、これ程大規模な廃墟は国内では足尾が一番かもしれない。将来、廃墟「軍艦島」と同様に世界遺産登録されるかもしれんなあ・・。田中正造のような清貧で気概溢れる政治家はもうおらんね・・。今年は、ハゲネズミ升添のセコイ姿を見てしまったので、同じ政治家でこれだけ違うのか・・と対極の大きな差をひしひしと感じたよ。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:46
風の又三郎様、館林は今や猛暑の街でイメージが先行していますが、結構見所が多いのですよ。「毛の国探訪・第1編」で詳細に紹介しておりますので御覧になって見て下さい。田中正造は日本近代史で相当有名な方であり、まさに民衆のために人生を捧げた真の気骨ある政治家です。
Commented by rollingwest at 2016-09-19 06:59
メタボ白クマ様、小生はまだ皇海山は登っていないので来年あたりに計画しようと思っているのですが、足尾と近い山なんだなと今回記事編集で気が付きました。学生時代に田中正造の演説集などを回し読みしたのですか!それは相当に田中翁に傾倒・尊敬されている証拠・・、やはり凄い方なのですネ~!
Commented by souu-3 at 2016-09-19 10:47
鍵コメです。
気になることを書いてしまってごめんなさい。
普通の主婦の方のblogですので ご近所の古河総合公園の花や鷹見泉石関係、ランチや愛犬の記事が多くRWさんのような歴史などはありません。
私も長年、住んでいても気が付かないことだらけですが 普通そんなものではないかと改めてRWさんの素晴らしさを感じています。
Commented by 亀三郎 at 2016-09-19 15:39 x
両毛線の起点?小山に住んでいますが
足尾銅山には
行ったことがないんです (;´・ω・)
ん、、、足尾は、、、ラインがちょっとずれてるか 笑
ただ
両毛という観点でいうと
一度だけ
小山 高崎 終点まで乗ったことがあります!!

これも 話がちょっとずれてる??( ;∀;)( ;∀;)
Commented by 亀三郎 at 2016-09-19 15:45 x
話がずれずれついでに、、、
秋の紅葉 どこか山に行きたいとも
考えていまして、、、
栗駒山とかどうか、、と思って
ネットサーフィンしてたんですが
麓の宿も混んでるみたいだし
シーズンは
車の渋滞、、、(観光バスまで)も
すごいらしい、、、んです (;´・ω・)

最初は 須川温泉まで車で行って
前泊なんてどうか
と考えていたんですが、、、
走行距離も長いし、、、
宿の予約も一杯かも、、、とか、、、

憂鬱なポイントが出てきて

方向転換しようかと、、、

そんな感じで、、、(笑)
Commented by かばたん at 2016-09-19 15:57 x
足尾銅山は廃墟が数多く残っていてすごいですね。また記念館の上流階級ぶりも感心しました。禿山が残ったままであることも驚きました。
「環境<経済」の反省は今生かされているのでしょうか?ちょっとそんなことを思いました。
Commented by mako at 2016-09-19 17:55 x
足尾銅山の丁寧な記事拝見~!
ブログ上で旅させて頂いた気分です。
世界遺産登録に頑張ってるのですね!
長野の松本城も登録に申請中...
指摘事項を踏まえて着々と進めてる様です。

私のブログにコメント有難うございます。
Commented by wingtom2 at 2016-09-19 21:23 x
日光には2度参拝したことがありますが
足尾銅山は未訪問地です。
わたらせ渓谷鐵道も良い感じではないですか。
世界遺産を目指し
廃墟の街に活気が出てくると嬉しいですね。
Commented by hokkaido-tairiku at 2016-09-19 21:42
こんばんは♪
足尾銅山の公害については授業で習いました。
今は観光地になっているんですね。
当時の建物も残っていて活用されているんですね。
廃屋もいい感じですね。
好きな被写体なので、機会があれば訪れてみたいです^^
Commented by 寂恋法師 at 2016-09-19 23:43 x
RWさんこんばんは
毛の国観光大使の大任誠にお疲れさまです。小生も地元ながら足尾銅山には行ったことがなく、尾瀬と並んで一度はチャレンジして見たいと思い続けて来ました。次回GDMOB会の場所として如何でしょうか?
ところで館林及び渡瀬遊水地への首都移転計画というのをご存知ですか?あの辺りは天変地異が少なく、首都直下型地震に備えて首都移転を計ろうという40年来の計画があります。40年来の付き合いのRwなればこそ極秘情報の毛の国への不動産投資をオススメしときます。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:00
たまゆらSOUU様、なるほど、そういうことでしたか!紛らわしいのですが、古河市と古河財閥・足尾銅山は直接関係はないのですよ。古河市は、室町~戦国時代の大名・古河公方の本拠地で、江戸時代・古河城の城下町です。古河財閥の創始者「古河市兵衛」は京都生まれで生糸商売でのし上がった方です。たまたま鉱山経営が栃木県足尾で大成功という流れですが、足尾と古河市(茨城県)は近いので縁があると思っちゃいますよね。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:07
亀三郎様、貴殿は小山にお住いでしたか!両毛探訪記も佐野・大谷石採掘場と足を延ばしていますが、宇都宮・小山はまだ未訪問地です。お薦めの見所があれば是非とも紹介願います。
Commented by のんのん at 2016-09-20 06:13 x
おはようございます。
今回も栃木南部の投稿をありがとうございます。
足尾鉱毒事件と天皇に直訴をした田中正造翁のこと、
歴史では学習した方は多いと思いますが渡良瀬川周辺の住民の苦しさは
分かっていないのではと思います。
儲けばかりを考えて毒のある廃棄物の垂れ流し
今はボランティアや多数の方の協力で緑は戻ってきてはいますが
山は緑もなくなり禿になりました。
今もまかり通る欲のある政治の世界、築地市場の問題もそうかと思います。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:14
再び亀三郎様、最近は登山ブームですので紅葉時期の宿は早めに抑えておいた方がいいですよ。宿が予約できない場合は、テントや無人小屋を利用して登山をするのも結構行けますよ!
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:21
かばたん様、豊洲市場問題のマスコミ取り上げ方を見ると、最近は経済より環境・信用優先の報道傾向かなとも思えますが、都知事が変わらなかったらそれも隠されていたことかもしれませんね。足尾銅山の世界遺産登録は歴史・背景の特異性が求められますので、やはり環境改善に取り組んだテーマで田中正造運動とのセットは絶対必要な気がいたします。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:28
マコ様、松本市もRWが最近嵌っている街で一昨年から2年連続で訪問しております。松本城・開智学校・市内の街風景、本当に素晴しいですね。昔、北アルプス登山で何度も松本駅は行っていたのですが松本市内の魅力は最近の再発見です。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:36
wingtom様、足尾銅山が日光市というイメージはあまりないのですが本当に近いんだなあ・・と再認識でした。でもわざわざ日光から足尾に足を運ぶ人は少ないのかも・・。今回RWが旅をした桐生市内との観光と合わせて「わたらせ渓谷鉄道」を北上することがお薦めです。
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:45
北海道大陸様、足尾銅山鉱毒事件は中高歴史では定番の公害問題ですよね。中国では各地で悲惨な公害問題が起きているようですがちゃんと授業で教えているんですかネ~。日本に対して歴史問題を認識しろと言いながら自国の闇の歴史には目をそむける国に偉そうに言われたくありません。あっ、脱線すみません!足尾の廃墟風景は是非とも見る価値ありです!
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:52
寂恋法師様、地元の見所はいつでも訪問できると思ってついに行かずじまいのケースはよくありますね~。まさか貴殿故郷の館林にある「田中正造記念館」にも未訪問ということではないでしょうネ~?あっ、でも地元に帰れば毎回昼間から居酒屋に入り浸っていそうだからありえるかも・・。また今度アラ還の地元同級会ですね!地域経済貢献、何よりです!(笑)
Commented by rollingwest at 2016-09-20 06:59
のんのん様、足尾の禿山(100年以上経っても回復しない植生)を目の当たりにして銅鉱毒の恐ろしさをあらためて実感いたしました。現代日本で環境汚染する企業は即退場ですが、当時は国挙げて富国強兵、弱い住民の生活権利や環境など犠牲になって当然という考え方だったのでしょうね。中国各地で報道されないこのような現実が沢山あるような気がします。
Commented by びーぐる at 2016-09-20 10:22 x
日光単身赴任時代に122号線経由で
川崎ー日光を往復していたので懐かしいです。
途中草木湖でよく休憩したものです。
足尾銅山の過酷な労働環境については漱石の「坑夫」に
詳しく描かれていますが酷いものでした。
Commented by ゆうき at 2016-09-20 12:26 x
足尾銅山ですか!
中学生の時に社会科見学で行った記憶があったのですが、写真を見て何となく思い出しました。
列車がなんともレトロで良い雰囲気ですね。
Commented by 菜桜 at 2016-09-20 12:55 x
今日は~♪
足尾銅山の話私も学校で習いました。
以前別子銅山へ行った時も ガィドさんより足尾鉱毒事件や田中正造の話を興味深く聞いたことを思い出しました。
機会が有れば一度訪ねてみたいです。
Commented by koba222 at 2016-09-20 17:54
足尾銅山と田中正造耳にはしてましたがこれほど
詳しく読めたのは初めてです。古河財閥もしかり
いまだ迎賓館は使われていると?
旧坑道は資料館となっているのですね。
またまた次が楽しみです。
Commented by rollingwest at 2016-09-21 06:00
びーぐる様、何と貴殿は日光単身赴任時代があったのですか!栃木県から川崎市まで帰省するのもひと苦労だったことでしょう。日光からだと東北道を利用するのかとも思いますが草木湖経由の道は混雑ない穴場ルートなのですね!
Commented by rollingwest at 2016-09-21 06:07
ゆうき様、 中学生の時に社会科見学で行ったのですね!今回記事で記憶が蘇ってもらえてコチラも嬉しい限り!わたらせ鉄道は皆様のコメントからするとJR時代は相当寂れていたようですが今は観光列車としてお洒落に復活している感じでした。
Commented by rollingwest at 2016-09-21 06:14
菜桜様、いつかは別子銅山にも行ってみたいです。愛媛県は一度だけ足を踏み入れましたがまだまだ未体験ゾーンが多いので、四国八十八ケ所霊場巡りとあわせて10年後くらいには訪問してみたいと思っております。
Commented by rollingwest at 2016-09-21 06:21
koba222様、足尾銅山&田中正造を詳しく読んで頂きありがとうございました。次回の毛の国探訪は太平記(足利尊氏・新田義貞)を中心に紹介させて頂きますのでお楽しみに~!
Commented by びーぐる at 2016-09-21 06:42 x
日光から帰る時は夜は東北道、昼は122号メインで
たまに金精峠越え沼田経由関越道ルート。
川崎からはのんびり122号ルートがメインで、
わずか一年間でしたが結構楽しめました。
Commented by rollingwest at 2016-09-21 06:56
びーぐる様、なるほど!休日前夜の東北道ならばスイスイですね。日光からの金精峠越え沼田経由関越道ルートも楽しそうです。吹割の滝も3回位行ったな~!
Commented by もうぞう at 2016-09-21 07:21 x
RWさまのレポートが素晴らしいのかも知れませんが、「佐渡金山」は、見劣りしますね。
Commented by なりちゃんジイジ at 2016-09-21 19:55 x
いつものように詳しいリポートですね
足尾銅山は尋ねたことありません
星野美術館に寄り道して、足尾峠の紅葉と日光の紅葉は何度か出かけておりますが
はげ山、鉱毒事件などは知っておりますが
Commented by setuojiji at 2016-09-21 20:33
足尾銅山は鉱毒と田中正造の名前ぐらいは記憶にあるもののこれほど掘り下げての記述、何時もながらですが感銘を受けながら見せて頂きました、有難う御座いました。
Commented by kazehasoyosoyo at 2016-09-21 21:12
お久しぶりにお邪魔します。
Windows10に変えてから、使い勝手が違い戸惑うこともあり~
やっとどうにか楽しめるようになりました。
相変わらず丁寧なレポでびっくりです。
見ているだけで行った気になります。
涼しくなってきましたので、山行きも増えることでしょう。
Commented by つちや at 2016-09-22 05:32 x
お早うございます
前回はどうしてコメント欄が出なかったのでしよう?

足尾町、これまで日光へ行く度通り過ぎて居ました。
何年か前の秋に渡良瀬鉄道で訪ねました。
RWさんのようこまめな散策は出来て居ません。
改めてその詳細に驚いて居ます。
渡良瀬遊水地もウオークなどで何度も訪ねて居ます。
昨年は隣の板倉町でのラジオ体操会に参加して友達を案内しました。
何度訪ねて見ても広い所です。 歴史もありますね。
RWさんの詳細レポートを感心しながら読んでいます。
Commented by rollingwest at 2016-09-22 06:00
もうぞう様、佐渡金山は過去2回行きましたが小中学生の頃でした。来年、世界遺産指定に向けてPRしている佐渡金山をみたび訪問したいと思っております。佐渡旅3回目は自然の大地、島流しされた歴史人物史跡も重点的に巡りたいです。
Commented by rollingwest at 2016-09-22 06:07
なりちゃんジイジ様、日光の紅葉は過去何度か大混雑の中で見ましたが、足尾峠の紅葉は穴場っぽいですね!同じエリアなのですから素晴しいのに間違いない!是非ともいつか行ってみたいです。
Commented by rollingwest at 2016-09-22 06:17
setuojiji様、北海道の公害歴史はどうだったのかなと思い調べてみました。広い大地なので大問題にはならかったというイメージがあったのですが函館(日産化学水質)や栗山(六価クロム)などの公害問題があったのですね。
Commented by rollingwest at 2016-09-22 06:24
そよかぜ様、Windows10にされての新HP再デビューでしたか!使い勝手が違い戸惑うという話をよく聞いており、小生はWindows7を保守切れになるまで使い切るつもりです。小生は今年は殆ど登山をしていません。でも週末は天気がよさそうなので久しぶりに新潟に登山に行ってみようと思っております。
Commented by rollingwest at 2016-09-22 06:31
つちや様、やはり「毛の国」探訪記事については群馬県在住の貴殿には是非とも御覧になって頂きたかったので嬉しい限りです。次回は、足利尊氏・新田義貞の故郷を取り上げて太平記の世界に思いを馳せてみたいと思っております。
Commented by さかきんぐ at 2016-09-22 13:03 x
こんにちは。

大分昔に2度程足尾に訪れた事があります。銅山と公害で社会科の授業に取り上げられました。それから時間がだいぶ経ちましたが、改めて考えさせられる訪問レポですね。

奥地の場所でなかなか行く機会がないが、歴史を見る重要なスポットですね。
Commented by hase at 2016-09-22 18:59 x
こんばんは
いつもコメントいただきありがとうございます。

毛野国?初めて聞く地です。群馬県にあるのですね。
真っ暗な洞窟めぐりですかね~・・・
炭鉱の後見たことがないですよ。
いろんな地域の情報いつもありがとうございます。
Commented by kwc_photo at 2016-09-22 22:38
歴史ではならった足尾銅山鉱毒事件。
こんな感じで銅山の坑道が残されて展示されているのですね。
人形も良く出来ていて、鉱山開発の様子がよくわかります。
田中正造も歴史で習ったきりです(^^ゞ
坑道、総延長が1200キロを超えるんですね。
ビックリです。
Commented by matsu at 2016-09-22 22:50 x
私が、わが国の反公害運動の先達といえる田中正造のことを知ったのは、若かりし頃に観た正造を主人公とした「襤褸の旗」〈昭和49年製作〉という独立プロの映画でありました。正造を演じた名優三国連太郎の見事な演技に圧倒され、以後、この人物及び足尾銅山鉱毒事件に興味を持つようになりました〈ちなみに古河市兵衛は志村喬、幸徳秋水は中村敦夫が演じており、若き日の西田敏行もちょい役で出演しています〉。正造の墓は、栃木県佐野市、栃木市、群馬県館林市等各所に分骨されているようですが、埼玉県加須市にもあるということがわかり、今年の春に訪ねました。東武日光線の柳生駅から、徒歩20分くらいの麦倉という地区にある北川辺西小学校の校庭の側にあるのですが、案内板によると小学校の中に正造に関する色々な資料を展示した資料室もあるとのことで驚きました。本来、この地域は、鉱毒事件だ大問題になった後、旧谷中村等と一緒に水没するはずだったのが、正造が地元住民と協力し反対運動を展開したため、水没を免れ存続することになったことで、地元から顕彰され、墓と記念碑が建立され今日に至っているようです。他にも、近くの国道沿いに、正造の遺影や仏壇等があるお堂もあり、地元民の正造への深い愛情と崇敬が感じられ感銘を受けました。
Commented by maruitamago at 2016-09-23 01:23
こちらでもトロッコ列車ですね〜♪
でもやっぱり随分と黒部とは違いますね。

Commented by rollingwest at 2016-09-23 06:00
さかきんぐ様、奥地の場所といいながらも貴殿は足尾を2回訪ねておられましたか?銅山精錬所は大抵長く巨大な煙突が聳えておりますが、亜硫酸ガスを薄める拡散させるためであり環境対策へのプレッシャーが感じられます。足尾鉱毒事件で痛い思いをした経験からなのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2016-09-23 06:09
hase様、毛野国は群馬・栃木・埼玉県境の古墳が多く見られるエリアであり、渡来人が栄えた土地です。中東・モンゴルからはるばる日本へ朝鮮経由で入り込んできた豪族は、大陸から初めて騎馬民族でもあったので群馬の県名に繋がっているのではないかと思います。静岡県はあまり洞窟や鉱山がないから見る機会はないかもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2016-09-23 06:17
kwc_photo様、やはり皆さんが教科書で習った鉱山としては、足尾銅山が佐渡金山と並んでトップクラスですよね。でも足尾も佐渡も交通アクセスがいいとは言えないので実際に見られた方は少ないという印象です。来年は佐渡金山レポートをいたします。
Commented by rollingwest at 2016-09-23 06:29
マツ殿、またまたリキの入った長文コメントを頂戴し嬉しい限りです。貴殿は田中正造の大ファンですからネ~!それにしても「襤褸の旗」という田中正造を取り扱った映画があったとは初めて知りました。マニアックですネ~!(笑) それも結構大物俳優が出演しておるではないですか!一度観賞してみたいものです。小生も今回編集を機にアマゾンで「辛酸」を購入し久しぶりに読んでみます。明日は青海黒姫山登山のご同行よろしくお願いいたします。天気も回復基調なので期待できますね。
Commented by rollingwest at 2016-09-23 06:39
まき子様、そうそうお互いに掲載記事が同じトロッコ繋がりだったので笑ってしましました。での小生は真暗な鉱山坑道、貴女は雄大な北アルプス大絶景・・、そちらの方がいい感じですね!(笑)
Commented by siawasekun at 2016-09-24 06:18 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

健康で、元気が一番ですね。
平凡な生活が日々送れることが幸せ、・・・・・・。
ですね。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by nobunagaE.T at 2016-09-24 17:37 x
足尾銅山のことは、うっすらとは知ってましたが、詳しくは知らなかったので興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2016-09-25 07:05
siawasekun様、変わらぬ日常を健康に過ごしていけることが一番!それを失った時にその平凡の重要性を再認識します。
Commented by rollingwest at 2016-09-25 07:18
nobunagaE.T様、小生も足尾銅山&田中正造のことは表面的にしか知らなかったので今回の訪問・記事編集で色々なことが見えました。やはり百聞は一見にしかずですね。
Commented by Soul Mate at 2016-09-25 20:40 x
祝・豪栄道全勝優勝! ワシのひいきの稀勢の里は5敗。これで優勝してない大関は稀勢の里のみ。くじけずに頑張って欲しい。豊洲の問題でチョコチョコ出てくる石原慎太郎の劣化が激しいのう。晩節をしっかり汚しそうじゃなあ。。。
Commented by rollingwest at 2016-09-26 06:03
聖二殿、豪栄道は遅咲きの初優勝で全勝の有終の美!大したもんだ!今年は阪神タイガースがメタメタだから大阪のファンの喜びも大きいことじゃろ~!稀勢の里はいつも土壇場場の詰めが甘いのォ・・。他の大関も同じようなもんだが・・。早く日本人横綱の姿を見たいものだ!
Commented by ひろし爺1840 at 2016-09-26 07:51 x
!!(^^)!!RWさん、お早うございま~す!
何時もお越し頂きコメントを有り難うございま~す!
日の経つのが早く感じられ9月も最後の週のになりましたね。
体調管理に留意し今週も楽しい充実した日々を過ごしましょ~!

@('_')@今朝も再度のブログ訪問旅「毛野国探訪」でゆっくりと楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
また色んな情報を見せて頂くのを楽しみにしております。

!('_')!今朝は晴れ間を縫って広島市植物公園に「花さんぽ」に行って来ましたのでお付き合い頂ければ嬉しいで~す!
◆ご覧頂いた感想をお聞かせ頂くのを楽しみにお待ちしています!
!(^^)!それではまたお伺いしま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by よっちん at 2016-09-26 12:33 x
田中正造氏の生涯は
感動すら感じますね。

命を賭して戦うような
政治家は今はいませんね。
Commented by あき at 2016-09-26 16:06 x
こんにちは^^
足尾銅山の中、ひんやりとして湿気があり
異空間のようですね。
良い形で残してあり、私も行ったことがあります。
まだ写真をしてな頃です(*^.^*)

銅山抗と製錬所、本当にタイムスリップしたような光景ですね。
行きたくなりました。
Commented by rollingwest at 2016-09-27 06:01
ひろし爺1840様、いつも複数訪問を頂き御礼申し上げます。広島はまだカープ優勝の余韻に浸っておられるのでは・・、これからクライマックスシリーズ・日本シリーズも制し日本一で再び大盛り上がりになれるといいですね。
Commented by rollingwest at 2016-09-27 06:08
よっちん様、 今年は升添知事や富山市議会等の堕落した首長・議員のセコサ・卑しさ・自分中心の姿を見るにつけ、田中正造のひたむきな気持ち・清貧な暮し・民を思う心とは余りにも落差が大きく言葉もありませんね。
Commented by rollingwest at 2016-09-27 06:15
あき様、銅山抗と製錬所、まさに昭和へのタイムマシンでした。これ程までの廃墟の規模は長崎軍艦島にも負けない気がします。世界遺産になったら寂れた街も再び活気に溢れるのでしょうね。
Commented by シクラメン at 2016-09-28 21:41 x
こんばんわ。わたらせ渓谷鉄道いい観光になりまし足ぶりたね。今日は大雨が降りました。京都は余り雨が降らなかったのですが雷もなりました。被害の出ないことを願います。
Commented by opaphoto at 2016-09-28 22:36
渡良瀬遊水地へは以前サイクリングで行きました、
ここがあの足尾銅山の・・と思いこの湖の底は
大丈夫なのかと思いましたが、
中をぐるっと走りましたけど全くイヤなイメージは
ありませんでしたね、ただ、なんとなく空虚な感じだったけど(^_^;)
Commented by rollingwest at 2016-09-29 06:00
シクラメン様、西日本の豪雨は結構激しかったようですね。9月は殆ど爽やかなお日様を見ていない様な気がします。まだ蒸し暑いし・・、いよいよ10月を迎え安定した秋の空が見たいものです。
Commented by rollingwest at 2016-09-29 06:09
ろーりんぐopaphoto様、渡良瀬遊水地をサイクリング周遊されたことあるのですね。明るい雰囲気でかつての鉱毒事件の雰囲気は殆ど認識できませんでした。しかしこの湖底にはかつてここで暮らしていた住民がおり強制排除される悲しい話もあったことを再認識。ちょうど今読んでいる城山三郎著「辛酸」(田中正造生涯の記録)で冒頭からその場面が描かれています。
Commented by yodogawasyuhen at 2016-09-29 18:00 x
こんばんは
私も病院の窓から季節の変わり目を楽しんでいます。
昔ですが足を銅山へ一度訪れたことがあります。
時代が変わって歴史博物館になりそうですね。

Commented by rollingwest at 2016-09-30 06:03
yodogawasyuhen様、大変御無沙汰いたしておりました。病室にいらっしゃるのですか!?お体を大切にされて下さい。でもまたこうやって元気な声が入ってきて嬉しい限りです。退院されたら健康を取り戻すために、またどんどん歩いて楽しくレポート取材ををして下さい!
Commented by たいへー at 2017-02-08 12:03 x
大変な作業だったんでしょうね。 今よりも労働環境は悪かったでしょうに。
Commented by rollingwest at 2017-02-08 21:39
たいへー 様、鉱山労働者の方の労働環境の苛酷さは我々には塑像できません。1980年に北海道が初任地でしたが当時は北海道炭鉱事故が多く多発しており暗い気持ちでニュースを見ておりました。

<< <2016年5月>日本遺産「信... <2016年8月20日>「シン... >>