<2015年8月>「毛野国」探訪④:(源氏・東国武士のルーツ探訪)

c0119160_5554333.gifc0119160_5555680.jpg
c0119160_556615.jpg


                               「毛野国探訪」③:(足尾銅山&田中正造)より続く



★清和源氏の流れを汲む「東国武士」のルーツ紹介!


両毛エリア(群馬・栃木)の魅力を紹介するシリーズ「毛の国探訪」(第4編)は源氏をルーツとする関東の有名武将の所縁の地を紹介。「太平記」(鎌倉末期・建武新政が記載)の主人公「足利尊氏・新田義貞」の出身は両毛地区です。所謂ゆる「坂東武士」とは一体何なのか?を明らかにしていきます。


   .....「太平記」の主人公・「足利尊氏」は栃木県足利市、新田義貞は群馬県「太田市」の出身.....
c0119160_55936.jpgc0119160_5591580.jpg
c0119160_5592723.gif


ところで徳川家康のルーツは一般的には愛知三河と認識されがちですが、実は群馬県太田市であることを御存知でしょうか?太田市の「世良田(serada)東照宮」は日光東照宮から家康遺骸を改葬した1644年建立されました。これを知ったのは5年前、いつか来ようと思い念願が叶った~!


    .....太田市「世良田(serata)東照宮」は2015年に家康の没後400年で結構賑った.....
c0119160_643578.jpgc0119160_644778.jpg




c0119160_65795.jpg

c0119160_681185.jpg
c0119160_682293.jpg


源頼朝・足利尊氏・徳川家康・・、ともに征夷大将軍に任ぜられましたが、実は将軍になる必須条件は「清和源氏」系(清和天皇を祖とする諸流)だったのです。頼朝と尊氏は間違いなく清和源氏の系統ですが、家康の場合はチト怪しいとも謂われ征夷大将軍となるために捏造があったという説もあります。


   .....「清和源氏諸流」(八幡太郎・義家)の子孫しか、「征夷大将軍」にはなれなかった!.....
c0119160_6112385.jpgc0119160_6113583.jpgc0119160_6121883.gifc0119160_6123744.jpg
c0119160_6125597.jpg


戦国武将の殆どは源氏or平氏末裔だと名乗っています。平氏(桓武天皇系統)の系統は平清盛・鎌倉北条氏・織田信長・明智光秀・小田原北条氏・・、かたや源頼朝・足利尊氏・徳川家康・武田信玄は源氏系統。政権は源平で交互に入れ替わったのです。確かに事実だ!非該当は秀吉だけ・・


  ....清和天皇系統図、源頼朝・義経、足利・新田の祖先もここに始まる。武田信玄も源氏の流れ.....
c0119160_625144.jpgc0119160_6251671.jpg


c0119160_7158100.jpgc0119160_6253271.jpg
c0119160_6254698.jpg


源氏・平氏末裔は皇族子孫ですが、藤原氏の専制で中央における活躍の場は全くありませんでした。彼らは東国(坂東)に下向し、私墾田を開発し徐々に実力を蓄積していったのです。関東で起きた「平将門の乱」はその象徴事件!源氏も八幡太郎義家が着々と東国に地盤を築いていきました。


    ....東京大手町の「平将門の首塚」(祟りが強烈)、平氏から分派した東国武士の代表格.....
c0119160_2157172.jpgc0119160_21571767.jpg
c0119160_21573228.jpg


名武将達は皇室の流れを汲む源平末裔と名乗り、高貴なる血統継承者として権威を高めたかったのでしょう。平清盛→源頼朝→北条氏(平氏)→足利尊氏(源氏)・・・後醍醐天皇(天皇親政)・・・織田信長(平氏)→秀吉(例外)と来たので、家康は次は絶対自分は源氏末裔と名乗ると画策したのかも・・





★新田義貞の史蹟を訪問


世良田東照宮の隣には「新田荘歴史資料館」(1985開館)がありました。ここには、鎌倉・稲村ヶ崎で奇跡を起こした新田義貞の伝説(黄金太刀を投げ入れ龍神に祈願)の銅像が立っているぞ!


   ....「新田荘歴史資料館」(世良田東照宮に隣接)のモニュメントは「新田義貞の龍神祈願像」.....
c0119160_2210512.jpgc0119160_2211647.jpg

c0119160_22112838.jpg


その伝説は、①新田義貞が後醍醐天皇綸旨を受け鎌倉幕府を攻めたものの稲村ヶ崎に来たら満潮で通過不可能に!②海上から北条の大軍が迫って来た!③義貞が海に黄金太刀を投げ入れて龍神に祈願すると潮が引いた!④北条軍も遠く沖に流され進軍突破ができた、という伝説です。

                           <2013年>鎌倉・湘南探訪(稲村ケ崎)の記事はコチラから


   .....(左)太平記で語られる「新田義貞の遠征ルート」 (右)稲村ヶ崎での龍神への祈り伝説図.....
c0119160_2215460.jpg
c0119160_22151630.jpg


次は新田義貞故郷にある「生品神社」(新田義貞挙兵伝説地、1934年国指定史跡)を訪問しました。境内に義貞が旗挙げの「旗挙塚」や陣を構えた「床几塚」があります。鎌倉攻めの稲村ヶ崎において、 龍神への祈りが通じたのも霊験あらたかな生品神社のご加護があったからなのかも・・


  ....1333年、新田義貞は後醍醐天皇の命を受け、鎌倉幕府を滅ぼすため「生品神社」で挙兵.....
c0119160_22231659.jpgc0119160_22233733.jpgc0119160_22235210.jpg

c0119160_22241177.jpg

c0119160_2231125.jpg
c0119160_22311637.jpg


    .....稲村ヶ崎・龍神の祈りの奇跡は、生品神社の神がを叶えたのだろうか・・!?.....
c0119160_22332882.jpgc0119160_22334754.jpgc0119160_22348100.jpg

c0119160_22342930.jpg


今度は太田市・山合にある金山城に登ってみました。太田市周辺はかつて新田一族が治める荘園だったため、新田義貞が築城したと言われますが、実際は横瀬氏というは新田家老直系のようです。金山は190mの独立峰ですがここに要塞の様な山城が築かれていたのです。凄い迫力!


    .....(左)まさに要塞の様な石垣 (右)金山城(日本100名城、関東7名城)の鳥瞰図.....
c0119160_5383834.jpgc0119160_5385266.jpg



c0119160_5391369.jpg


   .....井戸「月の池」登場!岩盤を掘り下げて湧水点を探し当てるとは並々ならぬ技術力!.....
c0119160_5443271.jpg
c0119160_547432.jpg


金山城は、中世の城には殆ど見られない石垣が用いられた近世のような城郭だ!月の池なる巨大井戸を過ぎ、さらに進むと要塞のような竪堀が次々と登場!よくもまあこんな急峻な山上に城を築く気になったもんだ!防衛上や見晴らしはいいが、こんな不便なところに住むのは嫌だなあ・・。


   .....(左)頂上部には新田神社が鎮座  (右)要塞の様な石垣が次々と積み上がっている.....
c0119160_5533668.jpgc0119160_5535440.jpg




c0119160_5541790.jpg


      .....頂上部には物見台がある。石壇や柱石群も発見され、展望用の施設が!.....
c0119160_60730.jpg
c0119160_603555.jpg

群馬県太田市(上野国)で新田義貞ゆかりの地を十分堪能し、次は栃木県足利市(下野国)へと入ります。やはり渡良瀬川はいつ来てもいいなア・・。森高千里や相田みつをが魅せられる訳だ!


    .....両毛エリアを象徴する渡良瀬川。森高千里の名曲「渡良瀬橋」は素晴しい~!.....
c0119160_623146.jpgc0119160_624513.jpg


c0119160_63278.gif

c0119160_673036.jpgc0119160_674882.jpgc0119160_671633.jpg



                     「毛の国」探訪②:(足利・桐生・渡良瀬川)の記事はコチラから





★ちょっと寄り道。「佐野厄除け大師」&「佐野ラーメン」


佐野市(栃木県)は、隣接する館林市・足利市・桐生市・太田市と同じで群馬県なのか栃木県なのか?他県民からは殆ど判別がつきません。両毛エリアは埼玉県も含み3県境エリアが一緒くた・ゴッチャになっているので解りにくいネ~!でも佐野といえば厄除け大師とラーメンが全国的に有名です。


      .....超有名寺院「佐野厄除け大師」は佐野市ゆるキャラ「さのまる君」がご紹介....
c0119160_6194120.jpgc0119160_619576.jpg






c0119160_6202547.jpg
c0119160_6203920.jpg


JR佐野駅・南西側の春日岡山にあり、惣宗寺の名前より佐野厄除け大師の通称の方でよく知られている天台宗の寺院です。第18代天台座主の良源(比叡山中興の祖)が平安時代に開創したとのこと。厄よけ・身体安全を中心に家内安全・商売繁盛・心願成就などに御利益があるらしい。


     ....関東全域から多くの人が参拝客で賑わう。年末年始と厄除け時期は大混雑!.....
c0119160_715994.jpg
c0119160_722085.jpg

佐野市には2013年「ゆるキャラ・グランプリ」で優勝した「さのまる」や佐野プレミアムアウトレットも有名!しかし一番有名なのは佐野ラーメン!各店に個性がありますが、手打麺と透き通る淡白味スープの2点が共通しています。青竹で打った麺が特徴で、RWは万里という店に入りましたが旨かった~!


   .....(左) 「佐野厄除け大師」の目の前にある店 (右)「万里」は国道沿いにあるお薦め店.....
c0119160_735027.jpgc0119160_74940.jpgc0119160_742876.jpg


c0119160_745095.jpg


          .....渡良瀬川に車を走らせて行き、さあ次は栃木県・足利市へ!.....
c0119160_795725.jpgc0119160_7101767.jpg





★足利市内探訪(日本最古の学校と足利尊氏のルーツを訪ねる)


  ......(左)「足利学校」のシンボル学校門 (右)日本遺産に認定され今後は世界遺産も目指す.....
c0119160_20414923.jpgc0119160_2056591.jpgc0119160_20431240.jpgc0119160_2049418.jpg

c0119160_20441157.jpg


足利で一番有名なのは日本最大の藤ガーデン「あしかがフラワーパーク」かも・・。しかし「足利学校」(日本最古の学校)と足利尊氏のルーツ「鑁阿寺」(bannaji)を紹介しない訳にはいきません。フランシスコザビエル(イエスズ会宣教師)が「日本最大の大学」と世界に紹介した驚くべき学問の府だったのです。


   .....往年の姿が見事に復元されている。茅葺屋根の方丈(講義場)や庫裏(台所・食堂).....
c0119160_2104444.jpgc0119160_2111489.jpgc0119160_2113071.jpg








c0119160_2115595.jpg


日本最古の学校の堂中央には孔子廟が鎮座し、右手に茅葺屋根の方丈や庫裏、さらに巡ると衆寮があります。遺跡図書館には古文書が多数保管。関東管領上杉憲実が学校整備したとのこと


    .....(左)ミニチュアで足利学校の全貌も再現 (右・下)孔子廟は徳川4代将軍・家綱が造営.....
c0119160_21101991.jpg
c0119160_21103588.jpg
c0119160_21111499.jpg

c0119160_21161528.jpg
c0119160_21162638.jpg


創建は不明ですが平安初期に小野篁が建てたとも・・、足利2代目義兼が子弟を教育する学問所がルーツ等、色々な説がありますが歴史が実に深い!かつて古えの学生達はどんな想いで学生生活を過したのだろう。足利学校では入場券代わりに入学証が発行されてRWも入学生になった~




★足利尊氏のルーツ、「鑁阿寺」(bannaji)を最後に訪問

今回最大の興味ある場所「鑁阿寺」へ念願の訪問が実現しました。このお寺は足利尊氏のルーツであり市民からは「大日様」として親しまれている国の史跡で最近「日本遺産」にも指定されました。足利氏始祖である源義国が当地に居館を築き大日如来を祀り足利氏の氏寺として崇められます。


   ....「鑁阿寺」は周囲を濠に囲まれ広い城郭のよう!歴史深い風情の中で学校門へ向う.....
c0119160_21184946.jpgc0119160_2119685.jpg

c0119160_21192569.jpgc0119160_21194074.jpg

c0119160_21262636.jpg


   .....(左)学校門をくぐると国宝指定された大御堂(本堂)が見えて来た!威厳があるネ~.....
c0119160_21353157.jpg
c0119160_21355854.jpg
c0119160_21361725.jpg
c0119160_21363279.jpg


どっしり構えた山門が歴史あるお寺の風情を醸しています。武家屋敷で周囲は濠とによって囲まれたまるで城郭のような厳重な作りになっています。重厚ながらもどことなく優雅な雰囲気の佇まい!太鼓橋を渡って鑁阿寺の境内へ!普通のお寺とは少し違う!鑁阿寺ならではの光景!


    ....(左)現在の本堂は足利氏7代足利貞氏が鎌倉時代に再建  (右)足利氏の家紋.....
c0119160_214109.jpgc0119160_21412486.jpgc0119160_21413832.jpg

c0119160_21415956.jpg


後醍醐天皇・建武新政が独裁的だ!と不満が高まる中、足利尊氏は武家独自政権を創始する動きを見せます。後醍醐天皇はこれに激怒して尊氏討伐を命じました。天皇派武士は北畠顕家・楠木正成・新田義貞・・、天皇に闘いを挑み南北朝を分裂させた尊氏は逆族イメージが今も残っています。


   .....(左)太平記:足利尊氏の遠征ルート(東北から九州まで) (右)鑁阿寺国宝指定は2013年.....
c0119160_22163565.jpgc0119160_22165036.gif
c0119160_22152615.jpg

       .....約40,000㎡ある鎌倉時代の武家屋敷「足利氏宅跡」として国の史跡に指定.....
c0119160_21485177.jpg
c0119160_2149347.jpg

一見、地味に見える両毛エリアですが、徳川家康・足利尊氏・新田義貞というビッグネームの故郷だったという事実にはあらためて驚きを隠さざるを得ません。お宝物が次々と発掘できたRWには相当嬉しい旅となっています。あと2回くらい魅力満載「毛の国」探訪の記事をレポートしたいと考えております!

        
         .....新田は群馬県、足利は栃木県。でも実際は同じエリア(源氏ルーツのライバル同士).....
c0119160_21503321.gif
c0119160_21504494.jpg



                     「毛の国」探訪①群馬県:「高崎・安中・館林」の記事はコチラから



                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-02-02 22:59 | Comments(150)

Commented by mcnj at 2017-02-03 07:42 x
お早うございます。

壮大な歴史ロマンですね。
足利尊氏は、足利とわかりますが、新田義貞は、太田でしたか。
家康が、両毛とは、しりませんでした。

子供のころ、兄たちの修身の教科書で、朝廷の忠臣、新田義貞が、尊氏を討つために立ち上がるのを、褒め称えてていた事を、思い出しました。
Commented by ハマジュリ at 2017-02-03 10:34 x
毛野国…太平記の主人公の出身なんですね!家康のルーツが群馬県大田市には歴史に疎いから驚き👀‼更に征夷大将軍になるため捏造したかも…って😱❕
お城やお寺の名所めぐりは伝説とかあって興味津々。鑁阿寺、重厚で優雅‼普通じゃないね✨お寺を見ると落ち着く(⚫寺だけに…(^^;)
渡良瀬川…いいね👍(森高&みつを)
🍀しあわせは いつも じぶんの こころがきめる*

RWさんのレポートいつもの事ながら素晴らしい🙌
Commented by ryoko57 at 2017-02-03 11:16 x
おはようございます😃

先日は大変楽しい時間をありがとうございました(^o^)v
皆さん風邪😷もひかず元気そうでなによりでした

私は足利尊氏や新田義貞なんて名前は知っていてもそれ以上の事はほとんど知らずあなた様の記事を読んでいろいろ教えていただいてます
他の事もそうですが
学校で習うよりどれも勉強になります
m(__)m

昔は森高千里の渡良瀬橋もカラオケで歌いましたが
今はメロディも忘れてます😢

これからもお勉強させていただきますのでいろんな記事を公開してくださいませ❗

また春のウォーキング楽しみにしてます
いつも楽しい企画ありがとうございます😃
Commented by hibikorekouji2-2 at 2017-02-03 20:27
歴史を読み進んでいると思ったら、突然現れた相田みつをさんの書にビックリ。
「しあわせは いつも じぶんのこころが きめる」大好きな言葉です。
そしてラーメンの話題まで^^
多岐に渡っていて楽しかったです。
Commented by とんぼ at 2017-02-03 20:53 x
征夷大将軍は源氏か平氏だったのですね。
徳川家康は静岡の人ではなかったのですね、勉強になりました。

相田みつをさんの本はたくさん読みました。渡良瀬川とはどんな関係がありましたかね?
Commented by 土佐けん at 2017-02-03 20:58 x
歴史(特に戦国・幕末)が好きな僕と助手
こう言う記事を読ませていただくと
ワクワクします^^
ありがとうございます♪
Commented by siawasekun at 2017-02-04 02:52 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

ありがとうございました。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by rollingwest at 2017-02-04 06:17
mcnj様、新田義貞は上州新田村なんだろうなあ・・と思ったら太田市でちょっと意外でした。平成合併で太田になったのかな?徳川家康の生誕地は三河国岡崎に間違いはないのですが、徳川家の祖先が群馬県太田出身という意味ですので誤解なきようお願いたします。でも家康の遺骸が日光東照宮から改葬された訳ですからやはりルーツとして所縁深い場所なのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-02-04 06:25
ハマジュリ様、太平記の主人公・足利と新田は同じ清和源氏の主流ですが相当仲が悪かったみたいです。重厚・貫録ある鑁阿寺を訪問して、やはり足利氏の栄光は大したもんだと思いました。尊氏の孫、足利義満は金閣寺を建て日本国王を名乗るまでの権力を手中にした訳ですからネ~。伝説の面では新田義貞も日本人の心に残っています。
Commented by rollingwest at 2017-02-04 06:34
ryoko57様、先日の中高同級会の新年会は本当に楽しかったですね!森高千里の渡良瀬橋を昔カラオケで歌いましたか!メロディを忘れておられるならば、ユーチューブをつけてありますので久しぶりに聴いて見て下さい。♪「渡良瀬橋でエ、見る夕日を~、あなたはと~ても 好きだったわ~」♪
Commented by rollingwest at 2017-02-04 06:43
hibikorekouji2様、あははすみません。中世・戦国の歴史一辺倒だとドンヨリ重くなっちゃうので途中で佐野ラーメンや渡良瀬橋(あいだみつを・森高千里)をお口直しで入れてみました。両毛地区も色々なものがありますので視点を変えて味付け・・(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-04 07:10
とんぼ様、征夷大将軍は源氏系統だけですよ。平氏系の権力武士は太政大臣の官位を与えられましたが将軍は名乗りませんでした。平氏系の鎌倉北条氏は執権を名乗りました。
ところで相田みつをは足利市の生まれです。少年期は渡良瀬川に親しみお墓も彼の美術館も足利市にありますので是非御覧になって見て下さい。
Commented by rollingwest at 2017-02-04 07:17
土佐けん様、戦国・幕末史がお好きでしたか!ワクワクして頂けたとはコチラも記事の書き甲斐がございました。また次回も歴史シリーズをやりますのでお越し下さい。
Commented by rollingwest at 2017-02-04 07:25
siawasekun様、いつもありがとうございます。今日も天気がよさそうです。そろそろ梅にウグイスかな・・?
Commented by 安人 at 2017-02-04 07:33 x
おはよう御座います 

今日も晴れですね 明日は雨模様。。

貴重な1日 友人が車出してくれてもう一度国際村~

荒崎海岸に行って来ますね

富士山今度は違う角度で撮れると良いな(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-04 07:36
安人様、上五島の方からシフトで返信コメさせて頂きます。今日はいい天気ですね。いい富士山の写真が撮れることを祈念します。小生も還暦を迎える年の節分なのでこれから川崎大師に参詣に行ってくる予定です。
Commented by umi_bari at 2017-02-04 09:05
源氏を巡る歴史の旅、楽しそうですね、
今日も超大作にバグースです。
こちらは、河津桜が咲いてきましたよ。
Commented by yokuya2006 at 2017-02-04 14:39
歴史に造詣の深いRWさんには、楽しい旅だったようですね。
やはり内地は、歴史の深みが違います。
徳川家康がねぇ~~~、へぇ~。
Commented by あき at 2017-02-04 15:25 x
こんにちは^^
森高千里さんの歌を聞きながら(良い歌ですね(^^)しっとりして)
興味深くお写真を拝見し、文書を読ませていただきました。
ワクワク、そして初めてしることにそうなんだとうなづきながら楽しく拝見しました。
歴史散策、良いですね。
これから暖かくなるので私も出かけてみたくなりました。


Commented by 伊勢新九郎 at 2017-02-04 16:47 x
私は、尊氏より義貞の方が好きです。ちなみに伊勢は、桓武平氏の流れらしく、信長同様征夷大将軍にはなれません。尊氏、義貞に亡ぼされた北条も伊勢氏の分派らしいです。
Commented by みすてぃむーん at 2017-02-04 20:08 x
rollingwestさん、こんばんはー
群馬県には何度も行きながら、お城にも寺社にも全く行って
いませんでした。
本当にこういう所にこそ、歴史が詰まっているのですね(^-^)/

機会がありましたら、藤ガーデン「あしかがフラワーパーク」と「足利学校」の
「日本最大の大学」と紹介されたそうですので、見てみたいです!
Commented by rollingwest at 2017-02-05 06:09
アラックumi_bari様、バグースを頂戴して光栄にございます。河津桜もう咲きましたか!今月下旬に修善寺・小田原・熱海へカミサンと一泊旅行で梅を見に行こうという計画ですがもう終わっちゃいそうですね~
Commented by rollingwest at 2017-02-05 06:16
バイオマスオヤジ様、太平記の世界はどうもマイナー・複雑・不可解で今までよく解っておりませんでしたが、今回現地訪問して記事編集していくうちに少しずつ頭の中が整理されてきました。足利尊氏って逆賊のイメージがありますがそんな悪い人じゃないんですよね~!むしろ権力欲は薄い方だったようです。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 06:23
あき様、森高千里は熊本出身ですが、この名曲で渡良瀬橋が有名になり今や足利市民にとっては、恩人・地元出身者のように慕われているようです。いつまでも清純さを失わない才能ある女性、魅力的ですね~!
Commented by rollingwest at 2017-02-05 06:34
伊勢新九郎様、貴殿のハンドルネームはまさに北条早雲の幼少期の名前、まさに伊勢平氏が北条の祖になったことがよく解ります。今月20日頃にカミサンと修善寺一泊旅行に行きますが、その時にリニューアルされた小田原城を見てきます。後北条氏の足跡・歴史を十分堪能してきます。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 06:42
みすてぃむーん様、足利に是非行ってみて下さい!足利学校は日本最古の大学ですよ~。日本最大の大学は日大(学生数約7万人)です。ちなみに足利・鑁阿寺は大日様と呼ばれております。あっ、コジツケのオヤジGYAG失礼いたしました~!(笑)
Commented by koyuko at 2017-02-05 10:02 x
いつも良く調べて緻密な掲載 感服いたします。
歴史に疎い私は改めて勉強のし直しをしております。
有難うございました。
Commented by 亀三郎 at 2017-02-05 10:51 x
こちらで佐野の万里の看板を見られるとは・・・・
うちの場合
山歩きにいくとき
ゴルフにいくとき
通過するだけなんです
一度は
入りたいけど
お昼は 行列ですよね??
待てない性格なので、、、
どうしても入れない??(^_^;)(^_^;)
Commented by 亀三郎 at 2017-02-05 10:54 x
森高千里の渡良瀬橋
カラオケで
栃木のご当地ソングで
検索すると
出てきます!
ただ
栃木の場合
ご当地ソングが少なくて
全部で
3曲くらいだった記憶が、、、、笑
Commented by 亀三郎 at 2017-02-05 10:56 x
足利学校 わたしも入学証
もっています
これで
ローリングウエストさんと 亀三郎
同じ門下生ですね!!
Commented by シクラメン at 2017-02-05 11:55 x
こんにちわ。足利尊氏一族の木像が並んでいる京都市北区の等持院見られたことはありますか?最近は撮影禁止となっていますが何年も前は全部撮影した記憶があります。
Commented by yuta at 2017-02-05 13:05 x
こんにちは
世良田東照宮は日光東照宮ほど有名でないので人出が少ないのでしょうか?
源平の戦いで平家が勝っていたら
その後の日本はどうなっていたのでしょうか?
Commented by さんぽみち at 2017-02-05 14:55 x
こんにちは。
栃木に住んでいたこともあって、懐かしい風景を拝見させていただきました。
一方、意外としならないこともあり、もう少し遊んでおけばよかった(?)と思ったりもしました。
ただ、残念なことは、歴史が苦手なことです。
Commented by つちや at 2017-02-05 15:50 x
こんにちは
何度か訪ねたことがある世良田東照宮から足利の地です。
こんなに詳しくは観て来ませんので教えて戴くことがたくさんです。
でも建造物は思い出に残っています。
足利、佐野はマラソンの帰りによく見学してきました。
足利名物の古印最中の味は今でも時々食べて居ます。
Commented by 寂恋法師 at 2017-02-05 16:58 x
こんばんは、毛野国観光大使の大任を立派におつとめいただき群馬県民を代表して御礼申し上げます。小生が住んでいた頃の群馬県には太田市の北西に新田郡があったけど、平成の市町村合併で由緒ある新田の名前が消えてしまった。ちょっぴりもったいない気がしますね。足利は残っているのに新田が消えてしまったのはやはり現世での力関係を映したものでしょうか。またふるさとを離れて約40年、激変したことをつくづく感じますね。昔の渡良瀬川は公害の象徴のようなイメージがあったのに今は全くその面影もなくなりましたね。森高千里効果でしょうか。佐野ラーメンも町起こしとしてうまく成功したなと感心してます。相田みつをさんは足利出身なのでご存じない方がいたら教えてあげてください。なお館林あたりからだと茨城県の古河市もすぐ側、千葉県の北西部も20~30㎞程度しか離れてなくて各県の県境など地元に人しか分からないよね。
Commented by akitaka at 2017-02-05 17:10 x
足利、佐野、太田には仕事、観光で行ったことがありますが、「鑁阿寺」は記憶がありません。最近は、吉川英治を読み直しており、丁度”新平家物語”を読んでおり、興味深く拝見しました。次は、”私本太平記”のつもりです。内容の濃いBlogに感心しました。
Commented by oyajisann at 2017-02-05 17:20 x
今晩はわたしは史学科ゆえに歴史の話は日本・東洋・西洋
問わずブログ訪問すれば興味深く拝見してます。
足利尊氏は朝廷に弓弾いた逆賊、新田義貞も落馬で敗死?と
評判イマイチですは赤穂浪士の吉良さんが地元では評判良い
の同じように慕われてるんでしょうね。
新田の城は立派だったのには驚きです。
ちなみに楠正成は関西では今でも楠公さんって慕われてます。
歴史的評価と評判は必ずしも一致しないのが面白い。
今月もよろしくお願いします。
Commented by Beat Wolf at 2017-02-05 19:07 x
徳川家康のルーツは群馬県太田市だったのですか、初めて知りました。
…ということは、家康は自らのルーツで安らかに眠るよりも
日光で守護神となることを選んだのですね。
Commented by 山小屋 at 2017-02-05 19:41 x
壮大な歴史の旅でしたね。
新田義貞の鎌倉街道は高崎から鎌倉まで数回にわけて
歩きました。
最後は稲村崎で木で作った刀を投げました。
数年前の出来事でした。
Commented by hitugao at 2017-02-05 19:58 x
いろんな所に行かれているのですね~
そして歴史のお勉強ができました。

今日はとても冷たい雨でした・・・
Commented by small-talk at 2017-02-05 20:06
僕も一昨年、足利の街を歩きましたが、歴史がありますよね。
蕎麦も名物ですし、また行ってみたいですね。
Commented by ミコちゃん at 2017-02-05 20:55 x
こんばんはぁ♪
初めて訪問させて頂きました^^
歴史好きでお詳しいですね~
お恥ずかしいですが、教えて頂く
ことばかりです
ぼつぼつ歩む人生の時期に入り
ましたので、気ままなブログを
更新中です、夫の兄が茅ヶ崎在住で
写真好きなのですよ、先日は菜の花、
今回は梅林の絵を送ってきてくれました。
またおいで下さいね^^。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 21:52
koyuko様、何時もご来訪ありがとうございます。鎌倉~室町時代の歴史って分かりにくいですよね。自分自身も今回、頭の中を整理できてよかったです。自分自身の勉強し直しやボケ防止にはブログはうってつけのツールです。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 21:59
亀三郎様、一度に3つもコメントを頂戴しありがとうございました。返信は1つにまとめさせていただきました。
①佐野ラーメンの万里はそんな有名人気店だったのですか!地元の方にお薦めの店と聞いたので入ってみましたが確かに美味しかったです!
②森高千里の渡良瀬橋はやはり栃木県を代表する名曲になりましたね!歌詞もメロディも歌声も最高です。
③足利学校入学証をもっておられるのですね!いつか同窓会をやりましょうか!(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-05 22:06
シクラメン様、京都市の等持院はまだ見ておりません。足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため建立した天龍寺も修学旅行でさらっと観た程度で今の様な歴史探究心は全くありませんでした。再度、その心境における興味の中でリベンジ訪問して見ようと思います。
Commented by Soul Mate at 2017-02-05 22:11 x
坂東武者は謎じゃなあ。勉強になったわ。将門とか尊氏とか日本史の大スターが、地元の方々には申し訳ないけどあげな田舎出身っちゅうのが解せんかったのよ。縄文系の人じゃったの?「のぼうの城」の丹羽守も「坂東武者の槍の味存分に味わわれよ。」言うとったの。。。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 22:16
yuta様、世良田東照宮は日光東照宮と違って観光客は殆どおらずガラガラでした。それだけ国民の中では知られていないのでしょうね。源平の戦いで平家が勝っていても時代はあまり変わっていなかったのかも・・。源氏も鎌倉政権では三代しかもたず平氏系の北条氏が天下を取っているのですから・・。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 22:24
さんぽみち様、栃木県にお住いでしたか!歴史が苦手ですと栃木の魅力を味わうのは残念ながら半減します。これからでも遅くないので歴史に興味をもって廻って見ると面白いですよ!
Commented by rollingwest at 2017-02-05 22:34
つちや様、世良田東照宮・足利は何度も訪問されているのですね。貴殿の地元を濃厚に紹介させて頂きましたが、教えて頂きたいなどという有りがたいお言葉を頂くと猿も木を登ってしまうではないですか~!でも地元の方はいつでも行けると思って訪問していない名所って結構ありがちですよね。
Commented by rollingwest at 2017-02-05 22:41
寂恋法師様、貴殿から毛野国観光大使の重職を御指名(以前、表彰状も受領)頂きましたので期待に沿うよう頑張っております。太田市はやはり新田郡を併合したのですね~。この地名を聞くと木枯らし紋次郎の上州新田ゴオリを思い出します。小生も渡良瀬川と聞くと公害の川を思い浮かべましたが、今回訪問して美しい清流に森高千里のイメージが重なり考え方が変わりました。次回は両毛エリアの隣、千葉県野田・関宿町をレポートします。茨城県古河市や平将門の史蹟がある茨城県坂東市もいつか登場してきますのでお楽しみに~!
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:00
アキタカ様、「鑁阿寺」は未訪問でしたか!小生は「私本太平記」全8巻を読破しましたが、「新平家物語」はまだ読んでいないのでいつかトライしてみたいです。「鑁阿寺」は「私本太平記」の冒頭に出てくる足利氏の祖先を祀る重要なお寺です。今度飲んだ時にはお互いにこの話題で是非盛り上りたいものですね!
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:08
oyajisann様、史学科卒業でございましたか!足利尊氏は朝廷に弓弾いた逆賊、新田義貞やも楠正成は忠臣と・・、明治~昭和戦中まで続いて皇族史観にもとづいた歴史イメージが我々世代にも残っている様な気がします。我々が習った源頼朝・足利尊氏・西郷隆盛の肖像も実際は別人という説もございますし・・。また日本書記も藤原氏が捏造していますし、何が本当の歴史なのかは誰も解らないのかもしれません。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:15
Beat Wolf様、小生も徳川家康のルーツが群馬県太田市だったということは5年前にNHK-BS「神社百景」の「世良田東照宮」を見て初めて知りました。日光は江戸から見れば鬼門にあたり、また自身のルーツに隣接するの地なのでここに守護の神を祀ったのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:22
山小屋様、貴殿は小生が巡った山や名所は殆ど行っておられますね。本当にビックリいたします。>新田義貞の鎌倉街道は高崎から鎌倉まで数回にわけて歩いたとは・・!これも凄い!そして最後は稲村崎で木で作った刀を投げてフィニッシュの満願御礼参拝をされたとは・・!これも凄い~!尊敬の念です。
Commented by souu-3 at 2017-02-06 06:27
群馬・栃木は最も馴染みのない所です。
行ったことがあるのは日光くらいかな?
ここで勉強させてもらいました。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:29
hirugao様、久しぶりの御来訪ありがとうございました。雨が降ったのも久し振りでした。移り行く季節・・、歴史も栄枯盛衰・・、「行く川は絶えずして元の水にはあらず」(鴨長明)ですね。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:37
ひつじ雲様、一昨年、足利を探索されましたか?登山だけではなく歴史・史跡巡りも結構やっておられるのですね!蕎麦が美味い地でしたか!それは気づきませんでした。
Commented by 地理佐渡.. at 2017-02-06 06:39 x
おはようございます。

足利、新田の故郷。どちらも地名で残っていますねぇ。
遡れば源氏の仲間です。北条に乗っ取られた鎌倉幕府
を倒す原動力となりましたね。色々ありそうでまわると
楽しいようですねぇ。

さて、今朝は雨。また雪が融けてくれます。


Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:45
ミコちゃん様、初のご来訪ありがとうございます!お気に入り登録をさせて頂きました。義兄様も神奈川県でしたか!小生も川崎でございます。今後ともあらためてお付き合いの程よろしくお願申し上げます。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 06:57
聖二殿、お主の住んでいる地はまさに坂東武士の栄えた所じゃの~!彼ら自身が縄文系の訳はなかろうが・・、むしろ先住の縄文民族(蝦夷・アイヌ)を北に追いやった武士と言えるかもしれん。坂東武士はもともと清和天皇や桓武天皇の子孫なので京都周辺にいたが、やがて藤原氏が中央実権を握り、源平の末裔は居場所がなくなり関東に新たな新天地を求めて移住したという流れでございます。そこで武力を蓄えて地元の武士団を形成し棟梁になっていったということ。ちなみにRWのご先祖様も清和天皇の末裔でございます。
Commented by rollingwest at 2017-02-06 07:08
たまゆらsouu様、栃木といえば日光だけがクローズアップされますが足利や足尾銅山はなかなか見どころありますので是非行ってみて下さい。でも交通アクセスが今一つ悪いのが難点ですかね~
Commented by rollingwest at 2017-02-06 07:15
地理佐渡様、新田の名前は新潟県にも結構多いです。清和源氏の流れは群馬・長野を通じて我が故郷にも所縁があります。今週下旬に小田原北条所縁の地を巡って参ります。
Commented by maruitamago at 2017-02-06 07:48
徳川はまさに三河の人だと思ってたのですが、
群馬県で生まれ育ったということでしょか?!
将軍になる必須条件というのも初めて知りました。
おもしろ〜い!
Commented by せいパパ at 2017-02-06 08:53 x
徳川家康のルーツは太田市とは
知らなかったです。
ずっと東海地方だと思い込んでました。
紹介された地域は行った事がありますが
いつも時間に追われて
ゆっくりと見学をした記憶が全く無いエリア
じっくりと見て回りたいと思いました。
Commented by ミコちゃん at 2017-02-06 15:55 x
早速お越しいただきましてありがとうございました^^
義兄は湘南海岸の傍に長く暮らしております
曽我梅林の写真を昨日追加でアップしましたよ^^
私もお気に入りに貴ブログをUPさせて下さいね
ホームペイジのような、高度なブログに
驚きました^^森高さんの「雨・渡良瀬橋」の
楽曲が好きでよく聴いております♪
気持ちだけは若いミコちゃんです^^。
Commented by yaguchitenga at 2017-02-06 17:02
稲村ケ崎に新田義貞ゆかりの神社があるとは
しりませんでした
鎌倉幕府を滅ぼしたのは海の干潮を狙って
進撃したそうですね
あの難攻不落の鎌倉七口から攻め入るとは
スゴイ策士だったんでしょうね
今度行ってみたくなりました
Commented by もり at 2017-02-06 17:30 x
茨城県と千葉県の境界にチバラキ県と呼ばれる
地域がありますが、太田市や足利市のあたりも、群馬か栃木かさっぱり分かりません。
両毛エリアは武士のルーツだと言う事も知らず、
恥ずかし限りです。
RWさんの爪の垢でも煎じて飲まねばです(笑)
Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2017-02-06 21:34 x
★★「毛の国探訪」★★
徳川家康のルーツが、群馬県太田市とは・・・。
神社仏閣も色々と謂れがありますね。
日本最古の学校「足利学校」知りません
でした。
RWさんの歴史ページを紹介していく
シリーズも当分続きますね。
期待しています~♪
Commented by takezii at 2017-02-06 23:04 x
RW様、こんばんは、
いつも 爺さんの拙劣ブログにコメントをいただき 有難うございます。
足利尊氏や新田義貞等の東国武士のルーツ等々、両毛地域には 歴史的な史跡 沢山有るんですね。今回もまた 膨大な資料情報レポート、感じ入っております。
訪れたことのないエリアですが 参考にさせていただき ボチボチ 行ってみたくなりますね。
Commented by wingtom at 2017-02-06 23:36 x
日光東照宮には相当昔ですが
行ったことがあります
徳川家康を祀っています
名古屋三河の出と認識してました
他にも説があったのですね
勉強になりました
今夜は熊本・産山村にいます
気温が下がってきて寒いです
足腰がかなり冷えてきました
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:00
まき子様、徳川家康御本人は岡崎の生まれなのですがご先祖様は群馬県のようです。上州からどのようなルートで三河に拠点を築いて行ったのかこれから調べてみたいと思います。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:07
せいパパ様、昨年12月から1月にかけてい茨城はアントラーズに稀勢ノ里にと慶事が続いていますね。両毛の源氏探訪の流れから、今度は茨城県坂東市を徘徊しようと目論んでおります。その心は、平将門の乱の史跡を訪ねることでございます。今回紹介した観光SPOTも貴殿の茨城に近いのですから是非訪問して見て下さい。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:14
ひろし爺1840様、広島からですと毛野国は相当遠いですからなかなか訪問する機会はないと思います。こちらのデジタルガイドで楽しんで頂ければ嬉しい限りです。またお邪魔しますね。
Commented by のんのん at 2017-02-07 06:18 x
おはようございます。
徳川家康のルーツは太田市であることを初めて聞きました。
故郷がとなり町なのにお恥ずかしい次第です。
今朝は懐かしい写真、佐野のラーメンもうれしい!
鑁阿寺等々、朝から嬉しい気分に浸っています。
渡良瀬川の夕日の景色、森高千里さんの歌う渡良瀬川や
相田みつをさんの書も素敵ですよね。
鑁阿寺(ばんなじ)読めない方もたくさんいらっしゃるのでは?難しい漢字ですね。
街の人達は大日さまと言います。私は近くに行くと必ず参詣します。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:22
ミコちゃん様、こちらこそお気に入り登録を頂きありがとうございます。今後ともあらためてよろしくお願いいたします。曾我梅林はもう満開状態でしたか!今年は春が早そうです。今月下旬に修善寺・小田原・熱海へカミサンと一泊旅行で梅を見に行こうという計画ですがもう終わっちゃいそうです。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:29
はーとらんどyaguchitenga様、稲村ケ崎は新田義貞伝説で有名な場所ですよ。でも一般的にはサザンオールスターズですよね。この時期は鎌倉の海から素晴しい冠雪富士が仰げますので是非とも行ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:39
もり様、次回のレポートは野田キッコーマン醤油工場見学と関宿の運河レポートです。まさに茨城県と千葉県の境界のチバラキ県と呼ばれるエリアの紹介ですのでコチラもお楽しみに~!次は坂東・守谷・古河あたりに足を伸ばしたいと考えています。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:46
風の又三郎様、徳川家康ルーツの群馬県はやはり皆様驚いて頂いてこちらも何だか愉快になります。とはいえ、小生も5年前にBS番組「神社百景」で初めて知ったのでまあ同じようなもんですね。足利学校は教科書にも載っていますのでコチラは全国的にも有名です。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 06:54
たけじー様、今回は群馬・栃木県が判別つかない両毛エリア記事でしたが、次回は茨城県・千葉県の県境(いわゆるチバラキ)を紹介します。キッコーマン野田醤油、利根川水運の関宿、鈴木貫太郎生家、平将門の乱史跡など歴史満載でございます。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 07:01
wingtom様、熊本の山奥の村にいらっしゃるのですか!復興支援ボランティアでしょうか・・、まさに寒さが最も堪える時期にその貴殿のお姿には頭が下がります。誠にお疲れ様です。
Commented by rollingwest at 2017-02-07 07:07
のんのん様、貴女の故郷はまさにこの両毛エリアでございましたか!朝から地元の見所を大いに楽しんで頂けてこちらも嬉しい限りです。鑁阿寺(ばんなじ)は一般の方にはなかなか読めないお寺の名前ですよね~。実は小生も全く同じでございました。大日様と崇め、足利の方はまさに高い文化の中で暮らしているなあと羨ましい限りです。
Commented by マーチャン at 2017-02-07 09:38 x
おはようございます。
ここはとうぜんのこと行ったこともなくて、
知らないところですから、勉強しながら、
じっくり調べながら見せていただきます。
それにしてもすごい情報量でまいりました。
Commented by おはよう御座います at 2017-02-07 09:57 x
おはよう御座います
いつもとても詳しく解説していただき、本当に凄いですね
僕には知らないことばかりで、言われてみれば征夷大将軍
に任命されたという事は・・・と考えて仕舞います。
戦国時代とか、明治維新には大河ドラマの影響もあって多
少は知っていますが南北朝の頃になるとさっぱりです。
足利学校は歴史の授業で習っただけですが、当時とすれば
世界最高水準の学府だったと思いました。
今回も歴史の深さと学校で習った歴史が如何に知識詰め込
み一辺倒だったのかをも、痛感致しました。
ただ単に神社仏閣を巡るのではなく、事前に調べ周った方
が歴史の背景も段々と分かってくる気がしました
記事を拝見し、つも勉強&考えさせられています
Commented by 菜桜 at 2017-02-07 10:26 x
お早うございます。
歴史大好きな私興味深く拝見させていただきました。
世良田東照宮は初めて知りました ルーツが群馬の太田とは勉強になりました。
足利学校はよく知っております。
これほど大きくはありませんが 岡山県にも閑谷学校が有ります。
Commented by ミコちゃん at 2017-02-07 21:36 x
こんばんはぁ♪
平安初期に創建されたらしい足利学校、改めて拝見させて
頂きました^^孔子廟もあり素晴らしい学び舎だったのですね
立派な人々が巣立ち、要職につかれたこと、活躍されたことなど
想像しておりますよ^^奥様もお楽しみになさって
おられる探梅は~ちょっぴりお早めに~^^。
Commented by 由乃 at 2017-02-07 21:57 x
こんばんは
とても詳しく教えていただき
勉強になりました
ありがとうございます
Commented by 村夫子BUN at 2017-02-08 01:16 x
世良田東照宮は初耳!
でもRWさんの推察通り何でもアリででしょうね。
庭の下を矢作川の支流・巴川が流れています。
ここから8㎞ほど下ると松平になります。
家康の祖父だったと思いますがここから岡崎に出て行きました。
距離にしたら10数キロ位でしょう。
その前はと言うと、祖父なのかそれより前なのか忘れましたが流れ者だったようです。
松平に流れて来て、土地の娘と結婚したようです。
流れ者ですからどうにでも作れますよね。
因みにリオの五輪カヌーで銅メダルを取って号泣の羽根田君は、
松平から1㎞位下った所に在る巴川のカヌークラブ出身です。
Commented by tsukey at 2017-02-08 04:39 x
素晴らしいブログですね~
近くの歴史なので興味が湧いてきます。
世良田東照宮も何年か前に行きました。
驚くことなどが多く勉強になります。
Commented by tombee-yanaze at 2017-02-08 05:43
足利学校、鑁阿寺には行きました。
いつものように・・詳細は忘れちまってますが・・。。
山の上の方に上がって・・何かを眺めた記憶も。
清和天皇から・・名だたる坂東武者が・・・。
新田義貞、武田信玄もそうなんですね。
金山城・・こんな遺構が残ってるんですか。
渡良瀬川・・何回渡ったことか^^
遊水地の春の野焼きはすごかった^^
佐野ラーメンも懐かしい。
あのあたり・・もう行くことはないだろうな。
Commented by rollingwest at 2017-02-08 05:59
マーチャン様、嬉しいお言葉を頂戴して有りがたきことかな!情報過多ですみませ~ん、長文ばかりで疲れちゃいますよね。これからはなるべく短く簡素にしていくよう心がけます。(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:07
おはよう御座います様、ありがとうございます。貴殿のハンドルネームがどなたなのかわからなかったのでそのまま表示で返信させて頂きます。やはり東国に武士として下向した皇族子孫は蝦夷を退治する征夷大将軍という官位が一番箔がつき武士の頂点の存在だと示したかったのだと思います。対する平氏は鎌倉北条・小田原北条一族が源氏諸流武士に対峙した大きな勢力です。
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:14
菜桜様、歴史好きでございましたか!歴史に興味ある方でも、やはり世良田東照宮の存在は知られていないですね。自分も同じようなものですが、5年前に徳川家のルーツが群馬太田と知りました。その頃は、得川氏と名乗っていたとのことです。足利学校は素晴しいですね!岡山県の閑谷学校、いつか行ってみたいです!
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:21
ミコちゃん様、みたびのご来訪誠にありがとうございます!日本人の勤勉さや礼節の深さのルーツは、平安初期創建の足利学校を通じて孔子の教えが全国に広まっていったのかもしれませんね。今年の梅は早く終わってしまいそう・・。カミサンとの修善寺旅はもう宿泊日程を決めちゃったからなあ・・(苦笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:29
由乃様、ありがとうございます。記事の書き甲斐がございました。これからも引き続きよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:38
村夫子BUN様、大変お久しぶりです!権力者が歴史を塗り替え捏造する・・、これは世界の歴史も同様のことなので何でもアリですね。蘇我・物部の歴史を抹殺した藤原氏しかり、今川氏の歴史や史蹟は徳川家によって完全に葬られています。徳川家康の祖父は、矢作川の支流・巴川沿いの松平という地名でしたか!それで徳川の子孫は松平という名前が多ののですね!目から鱗、大変勉強になりました。
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:48
遊季野彩tsukey様、ご来訪ありがとうございます!両毛エリアにお住いなのですね!世良田東照宮も行っておられるとのこと、これからも皆様が驚く様な史実を発掘していくことを楽しみにあちこち徘徊してまいります!
Commented by rollingwest at 2017-02-08 06:58
清治花便り様、足利学校・鑁阿寺・渡良瀬遊水地はもう行かれているのですね!貴殿は小生が紹介した全国各地の場所に既に足を踏み入れられているケースが多いのでいつも驚きます。貴殿が記憶に残っている眺めのいい山は「足利・織姫神社」です。足利市街が一望できて素晴しいと感銘しました!リンクに貼りつけてある「毛の国」探訪②:(足利・桐生)編で紹介していますのでその光景を是非懐かしんでみて下さい。 ン
Commented by かばたん at 2017-02-08 09:01 x
関西人の私にとってはまったくの空白地帯、空白歴史でした。金閣寺や銀閣寺の足利氏で知ったつもりになっていました。まだまだ不勉強で反省です。でも楠公さんは馴染み深いのですよね~
Commented by びーぐる at 2017-02-08 09:08 x
いつもの事ながら超詳細で盛りだくさんの内容に
なるほどなぁ~!の連続です。
置いた頭がなかなかついていけませんが興味津々。
森高千里は良かったですね~!!
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-08 18:06
歴史通には、堪らないエリアでしょう。
歴史上の有名人も多く輩出しているのに、
何か、地味というか、
パーッとした花火のようなものがありませんね。
毎回通過しちゃいます。
たまには、ちゃんと、巡らねば、ですね。
Commented by 自転車親父 at 2017-02-08 23:09 x
こんばんは。
清和源氏ですか。
私の家も清和源氏に繋がってるようです。
私の実家の本家は三代まで源を名乗ってますよ。
おそらく家康が江戸に入った時に一緒に来たみたいですね。
元は武田の家臣だったようですよ。
ちょっと歴史には疎いのですが。(笑)
Commented by nobunagaE.T at 2017-02-08 23:25 x
私は日本のほとんどの県は行った積もりでしたが、群馬、栃木は一歩も足を踏み入れたことがないのに気づきました。全く知らないことを歴史とともに教えていただき有難うございました。もう行くことはないと思うのでよかったです。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2017-02-09 00:04 x
どっしり構えた山門が歴史あるお寺の風情を醸しています。
その山門の絵がきれいです。スケッチして来るんですね。
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:00
かばたん様、関西の方にとっては両毛エリアは全く縁がない場所にも思えますが、太平記の観点に絞れば実に濃厚な繋がりがあります。関西在住時(今から15年前)、大阪の金剛山を家族登山した後に、楠正成の大活躍した千早赤坂を訪問したことが懐かしいです。河内武士達もバリバリの源氏の末裔です。後醍醐天皇を挟んで源氏諸流の武士達が闘いそれぞれの道を歩んだことが実に興味深いです。
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:08
びーぐる様、「なるほどなあ~」と感じ入って頂けることが小生が記事の書き甲斐を一番感じる時です。そして森高千里にも共感してもらったこともまた嬉しきことです。♪渡良瀬橋でエ、見る夕日を~
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:15
j-garden-hirasato様、仰る通り!両毛エリアって魅力ある見所SPOTが結構ありながらも地味で控えめというか・・、地元の方も「そうだったの?知らなかった・・」という認識の声が意外と多く入りビックリです。もっとうまくPRして観光客を呼ぶ仕掛けづくりをすればいいのに勿体ないなあ・・と思いました。
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:22
自転車親父様、小生の父親側家系も清和源氏の末裔の様ですが、貴殿実家の本家が源の姓を名乗っておられたとはまさに本格的な源氏家系ですね!甲斐源氏は清和天皇系の河内源氏一門(新羅三郎義光が祖)が甲斐国に移住し根付いた名門一族です!武田軍団・諸氏族の結束の強さはそんな背景があるのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:29
nobunagaE.T様、小生も全国都道府県でまだ足を踏み入れていないのが香川県と鹿児島県の2つが残っております。それぞれ、四国霊場巡りと南九州歴史探訪のスタート地として数年後にはデビューしたいと考えております。
Commented by rollingwest at 2017-02-09 06:46
ちごゆり嘉子様、鑁阿寺の山門は実に貫録があり見惚れてしまいました。山門の絵のスケッチはネットから拝借したものですよ。絵を描くのは好きですが、あちこち欲張って廻るのでスケッチなどしている余裕はございませ~ん。(笑)
Commented by hase at 2017-02-09 10:42 x
おはようございます。いつもコメントありがとうございます。
源氏と平家の時代にタイムスリップしそうな光景ですね。
栃木はまだ行ったことがありませんが歴史好きな方にはたまりませんね。
NHK大河ドラマにも出てきそうな古民家、こんな静かな場所で暮らせたら良いですね。
Commented by hirugao at 2017-02-09 11:03 x
なかなか群馬には行けないです。
こちらにも源平のお話にまつわるところがあります。
もう少し暖かくなったら歩いて来たいものです。

Commented by matsu at 2017-02-09 20:42 x
小生は、なぜか子供の頃から南朝びいきであり、成人して山男となり、新田次郎の「新田義貞」を読んで感動したこともあって新田義貞は好きな武将の一人です。しかし、義貞の終生のライバルで戦前は逆賊とされていた足利尊氏が、昨今は人間性豊かな名将と再評価されているのに、義貞の方は、地元群馬県や福井県を除いて、評価ははかばかしくありません。同じ南朝方の楠正成と比べると、後世の評価や人気には大変な差があると言わざるを得ません。しかし、義貞が鎌倉幕府討滅の大功労者であり、一度は尊氏を破って九州まで敗走させたことは事実です。人間性に関しては、新田次郎は、著書で「愚直なまでに正直で、皇室への忠義心の厚い人物であった」としており、軍事的な能力も決して劣っていたとは思えません。でも、同時代に稀代の三英傑〈尊氏、正成、後醍醐天皇〉がいたために、結局は3人の引き立て役に甘んじる羽目に陥ったのでしょうか。義貞もぜひ再評価に値する人物と思います。
徳川家康といえば、「家康の出自は賎民説〈先祖がささら者、遊行僧の類であった〉」、「家康影武者説〈家康は関ケ原の戦いで戦死し、縁のある世良田家の人物が影武者を務めた〉」
というのがあります。前者は、白土三平の「カムイ伝」の、後者は隆慶一郎の「影武者徳川家康」のモチーフとなりました。正統史学の世界では、これらの説は「トンデモ学説」として排撃されていますが、絶対に間違いであるという証拠もないわけです。源義経は、平泉で戦死せず北海道へ逃れた、明智光秀は、山崎の戦いでは死なず、天海僧上として江戸時代を生き延びた、このような妄想にふけるのも楽しいものです。
Commented by hokkaido-tairiku at 2017-02-09 22:30
こんばんは♪
群馬・栃木にも歴史のある見所がたくさんありますね。
最近TVで「北関東には何もない」みたいなことを言っていましたが、
全くそんな事はないですね。
徳川家康のルーツが群馬県だったとは初めて知りました^^
Commented by rollingwest at 2017-02-10 06:00
hase様、次回は茨城県坂東市にある平将門の乱の史跡を訪ねてみようと画策しております。将門の首塚は東京大手町にありますが、誰も手を触れられない程の強烈な祟り、全国最大級のパワースポットです。こちらもまた参拝にいってみようかな・・
Commented by rollingwest at 2017-02-10 06:08
hirugao様、源平合戦の史蹟は宝塚に住んでいた頃に神戸須磨・一の谷古戦場を観ましたが、屋島・壇ノ浦はまだ行っていないので今後の大いなる楽しみとして取ってあります。
Commented by rollingwest at 2017-02-10 06:15
マツ殿、さすが太平記好きの歴史マニア・・、何と言う熱のこもった長文コメントでしょう!実は小生も南朝びいきです。15年前には家族で吉野山に行き後醍醐天皇の南朝玉座も見て参りました。「私本太平記」を読んで、後醍醐天皇と足利尊氏・新田義貞・楠正成の人間関係の葛藤を知りましたが、貴殿お薦めの新田次郎著「新田義貞」を早速アマゾンで注文いたしました。あらためて勉強してみたいと思います。
源氏の流れを汲むと主張する徳川家康の出自はやはりチト怪しい感じもしますね。まあ人間のルーツなんて差別すること自体がおかしいのですが、かつては皇統子孫でなければ・・という考え方が強かったのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-02-10 06:26
北海道大陸様、一般的には「北関東には何もない」と思われていますが、まだまだ魅力ある場所が多いのでドンドン紹介して行きます。栃木は大谷石採掘場の地底探検ルートや古河が登場してきます。茨城は日立鉱山や竹内文書「皇祖皇大神宮」なども予定していますのでお楽しみに~!
Commented by ひろし爺1840 at 2017-02-10 08:49 x
!('_')!ローリングウエストさん、おっはよ~ございま~す!
お越し頂きコメントを有り難うございました。
中国地方~東北地方の日本海側にかけてまた大雪の警報が出ていますが大きな災害が起きないと良いですネ。

@('_')@先日はお名前を間違えコメントして申し訳ありません(ー_ー)!!
コメントを削除させて頂きました。

!(*^_^*)!今朝は奈良県の壺阪寺に2回参拝した時の記録画像を編集しましたので、一緒に行った気持ちになって鑑賞して頂ければ嬉しいで~す!
また、ご覧頂いた感想も楽しみにお待ちしていま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by rollingwest at 2017-02-10 21:32
ひろし爺1840様、ここ2~3日は本当に寒くなりましたね。今年は春が早いと思いきやまた厳寒に逆戻り・・、三寒四温とは良く言ったものです。あと数回こんなパターンが続き春を迎えていくのでしょう。
Commented by rollingwest at 2017-02-10 21:38
ふたたびひろし爺1840様、おはよう御座います様は貴殿でございましたか~!本当に素晴しいコメントだったのにわざわざ消さなくても・・(笑) その返信コメはしっかり残しておきますね。東国に武士として皇族子孫と征夷大将軍の関係を知って頂き嬉しかったです。
Commented by siawasekun at 2017-02-11 02:32 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

健康で、元気が一番ですね。
平凡な生活が日々送れることが幸せ、・・・・・・。
ですね。

いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
Commented by rollingwest at 2017-02-11 06:11
siawasekun様、健康で元気が平凡な生活が日々送れることが一番の幸せ・・・、仰る通りです。そして「幸せはいつも自分の心が決める」・・です。
Commented by simon777_ at 2017-02-11 08:04 x
おはようございます☆

素晴らしい内容で、どこも情報量が濃密なのに感動しています♪

清和源氏、戦国武将は血統に憧れが有って、皆ここの末裔と云う部分が有るのは有る意味面白いです。
我が家の近く、といっても山一つ越えますが(笑)、清和源氏を祀る多田神社が有ります。

東国武将達の縁起由来も面白いです。
結構劇画化されてるのにも驚かされています。

佐野ラーメン、美味しそう♪♪♪
Commented by 片田舎動物病院 at 2017-02-11 09:26 x
今回も論文並みにまとめられましたね。
15分で作成する当方とは内容の濃さが違います。

雪が降るこの時期があるから
シーズンにはバイクでどこに行こうか、
皆様のブログを参考にして模索しております。
Commented by wistereasublime at 2017-02-11 10:56
メタボの白クマです。いつもご訪問ありがとうございます。ようやく小康状態‥かな?
世良田は「せらた」だったんですね。濁って「せらだ」だとばかり思っていました。
鑁阿寺は興味があります。実は何の関係もないのですが、私の生まれた年がたまたま鑁阿寺が真言宗から独立して真言宗大日派本山を称した年だそうです。なぜか友人にこの寺に詳しい人がいて昔教えてくれました。独立したいきさつなどはまったく知りませんが‥。
Commented by ものみ・ゆさん at 2017-02-11 19:27 x
いつも精力的な調査に、頭が下がります。2年前に群馬県太田市の「尾島ねぷたまつり」に行きました。
その時、太田市尾島の歴史を調べていたら、尾島の世良田・徳川という土地は、「徳川氏発祥の地」として、江戸幕府の庇護を受けていたそうですね。将軍になる為に、源氏・新田氏の子孫が尾島世良田で徳川姓を名乗り、その末裔が三河の松平氏であると家系図をねつ造したと聞いています。
太田市に「世良田・東照宮」というのがあるというのは、知りませんでした。機会があれば行って見たいと思います。
Commented by 輝ジィ~ジ at 2017-02-11 19:33 x
RW さま
遅まきながらの※失礼致します。
呆け呆け爺の私も歴史が好きで現在、井沢元彦氏の逆説の日本史読破中で現在18巻目に突入です。
Commented by rollingwest at 2017-02-12 07:40
サイモン様、おはようございます!ありがたきお言葉に感謝いたしております。源氏の神社といえば八幡宮というイメージでしたが、多田神社とは・・?と思って調べてみましたら、摂津源氏の祖・源満仲を祀っているのですね!平安中期の鎮守府将軍で経基の子,頼光・頼信の父とありました。こりゃ、清和源氏のバリバリの主流の方ではないですか!大変勉強になりました!
Commented by rollingwest at 2017-02-12 07:49
片田舎動物病院様、シーズンのアウトドア活動の情報収集に使用して頂ければ幸いに存じます。小生はまた北陸にマニアックな歴史探訪に行こうと画策しております。
Commented by rollingwest at 2017-02-12 07:58
メタボ白クマ様、ようやく健康が回復されて何よりでした。世良田はよく調べてみたら濁って「せらだ」が正解です。また鑁阿寺が大日様と呼ばれている理由は、真言宗から独立して真言宗大日派本山を称したからなのですね!大変勉強になりました。
Commented by rollingwest at 2017-02-12 08:08
ものみ・ゆさん様、大変お久し振りでした。もう御縁がないのかなと思いましたがまた長文の解説を頂戴頂き嬉しい限りです。源氏・新田氏の子孫が太田市世良田で徳川姓を名乗ったのですか!とすれば徳川氏は新田義貞の末裔ということになりますね!しかし実態は、三河の松平氏が将軍になる為に徳川の末裔だと家系図をねつ造したとは・・!これもまた目から鱗!大変勉強になりました。松平氏が清和源氏の流れとするために、ここに目をつけたとは・・。太田市世良田が江戸幕府の庇護を受けていた理由がよく解りました!
Commented by rollingwest at 2017-02-12 08:35
輝ジィ~ジ様、井沢元彦氏の「逆説の日本史」!小生もこれから読んでみます!コメントに触発されて早速アマゾンに注文!思い立ったら吉日、ありがとうございました~!
Commented by Soul Mate at 2017-02-12 21:16 x
凄いコメント数じゃなあ。人徳よのう。北鮮ミサイル、狂っとるなあ。どっちつかずの韓国に親北鮮の政府が誕生しそうじゃし、いよいよ我が国も覚悟が必要になるのう。ご実家の方は雪大丈夫なん?お一人じゃあ心細かろうのう。。。
Commented by kwc_photo at 2017-02-12 23:32
長期出張に出ておりまして、記事も自動アップしており・・・
お返事やら巡回が出来ておりませんでしたのでご無沙汰しております。
世良田二郎三郎元信が徳川家康の影武者だった、という説がありますが、その世良田ですね!繋がってスッキリ。
歴史にはいろいろ浪漫があって、楽しいですね。
Commented by rollingwest at 2017-02-13 06:10
聖二殿、北朝鮮はオバマからトランプに替わって米国が少しは目を向けてくれるのかと期待していたが、安倍・トランプがあっと言う間に超蜜月状態になって悔しくてしょうがないんじゃろうなあ・・。少しは俺を注目しろ!と金正恩が切れて暴挙に出そうな雰囲気となって来た・・。中国は一体どう出るだろう?
Commented by rollingwest at 2017-02-13 06:16
kwc_photo様、記事は自動掲載だったのでしたか!長期出張とは海外勤務なのかな?もしそうだとすると京都の日本美に日頃から接している貴殿にとってはそろそろ京都の空気に触れたくなってきたのかもしれませんね。
Commented by ワンとも at 2017-02-13 18:26 x
徳川家康のルーツが太田市だというのは初めて知りました。
殆どの人が三河だと思っていると思います。
源氏か平氏かについては、足利幕府より後は怪しそうですよね。
Commented by koba222 at 2017-02-13 18:56
足利学校とは耳にしたことはありましたが
これほど詳しく読むことができてうれしいことです。
栃木県内など歩きまわることもなく
知らないことが多いものです。
ここでな学でいきます!(^^)!
Commented by opaphoto at 2017-02-13 21:54
こんばんは。
いつもながら盛り沢山な内容で楽しませて頂きました、
家康のルーツは太田市でしたか、
太田市と言えばついワタシの愛車レガシィ、
富士重工を思い浮かべちゃいます(^_^;)
紹介されてる神社仏閣、ついつい行きたくなりました。
Commented by mako at 2017-02-13 22:53 x
こんばんは~
こちらこそご無沙汰してます。
いつも思うのですよ..丁寧な描写に感心してます。
旅の小冊子になりますね(*^。^*)
こちらで学ばせて頂きます。
Commented by rollingwest at 2017-02-14 06:00
ワンとも様、仰る通りです!足利幕府より後の戦国武将は本当に源氏・平氏の末裔なのかは怪しそうですよね。小田原北条氏の祖である北条早雲は伊勢平氏と称しておりますが・・、徳川家康のルーツも皆さんからのコメでだいぶ怪しいかな・・といぶかしい気持ちになってきました。(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-14 06:13
めざめkoba様、足利学校は2回目の訪問でしたが実に古の雰囲気が感じられます。栃木県に行く機会がもうないとなればRW無料デジタルツアーを大いに利用して下さいませ!記事の書き甲斐がございます。
Commented by rollingwest at 2017-02-14 06:20
ろーりんぐopaphoto様、レガシィは名車ですね~!太田市と言えばスバルの富士重工!前身は、戦前まで世界有数の航空機メーカーだった中島飛行機研究所です。海軍を退役した中島知久平(大尉)が故郷・群馬県太田に設立したことに縁があります。ジブリ映画「風立ちぬ」の主人公・堀越二郎(ゼロ戦生みの親)は三菱重工ですが、中島飛行機も「隼」「紫電改」などの名機を生み出したライバルでしたからね~!
Commented by rollingwest at 2017-02-14 06:29
マコ様、嬉しいお言葉を頂戴してありがたきことかな!旅のデジタル冊子として利用して頂ければますます記事の書き甲斐がありますね~!単純なRW・・、おだてられりゃ~猿もすぐに木に登っちゃう・・!(笑)
Commented by さかきんぐ at 2017-02-14 22:58 x
こんばんわ。
太田足利など両毛界隈も歴史興味沸きますね。
晩秋の大銀杏が見事な鑁阿寺は、風情があります。(2015年11月に訪れました)
でも、やっぱり佐野らーめんも気になりますね。美味しそう。
Commented by rollingwest at 2017-02-15 06:00
さかきんぐ様、貴殿は両毛エリアに相当お詳しそうですね!鑁阿寺も一昨年の紅葉時期に訪問されておりましたか!晩秋の大銀杏とどっしりしたお寺の風情が実に見事だっやのでしょうね~!佐野らーめんはやはり旨かったです!
Commented by 安人(あんじん)です at 2017-02-19 06:02 x
おはよう御座います

今朝は風が強いです 三浦の河津さくら昨日行って来ました

今朝の風で終わりでしょうかね

写真 暗くって失敗しました泣(-_-;)

来年元気に挑戦です(笑)
Commented by rollingwest at 2017-02-19 06:11
安人様、こらからカミサンと伊豆に向います。今日は最後のいい天気なので楽しんできます。
Commented by photo510ひろし at 2017-02-19 11:30 x
両毛エリア確かに地味で、私は、今までノーマークでした。
RW様のブログで勉強させていただきました。
金山城、立派な山城ですね。一度探索に行ってみたくなりました。
Commented by rollingwest at 2017-02-24 06:05
photo510ひろし様、ちょうど今、新田次郎著作「新田義貞」を読んでおりますは、当時の金山城や鑁阿寺のことが詳しく書かれており、見て体験してきただけに惹きこまれるように読み進めております。

<< <2016年2月5日>デビッド... <2015年9月>長崎・上五島... >>