<2016年2月>【常陸・房総の旅】(その6):「野田・関宿」(醤油文化&利根川水運)

c0119160_21154935.jpg
c0119160_211607.jpg



★久しぶりに【常陸・房総の旅】を再開!


東日本大震災の半年前(2010年秋)に茨城・千葉をグルリ一周して過去5編に分けて常陸・房総の魅力を紹介しました。でもまだ隠れ穴場スポットが沢山あり、今回は昨年2月に巡った「ちばらぎ」のミニ旅(野田・関宿)を掲載します。利根川水運を通じて発展した「醤油の歴史」を濃い口味でレポート!

                               【常陸・房総の旅】①:牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間

                               【常陸・房総の旅】②:水戸・大洗・鹿島灘
  


★最大手・醤油会社「キッコーマン」の発祥地、野田市(千葉県)探訪


   ....何となく中途半端な「ちばらぎ」エリア、野田(千葉)・坂東(茨城)は全国的にイメージが薄い....
c0119160_21174788.jpgc0119160_2118518.jpgc0119160_21181745.jpgc0119160_14304569.jpg

c0119160_21183367.jpg


千葉県「野田市」は県北西部に細長く突き出た形で一般的にはどこの県なのか分かりにくい・・。埼玉・茨城に挟まれた市で、両毛エリアと同様に国内では殆ど無名・地味な存在です。しかし、ここに日本最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社があると聞けば、ビックリする人が結構多いかも・・


       ....ここに世界最大の醤油メーカー「キッコーマン」の本社と野田工場がある....
c0119160_21305891.jpgc0119160_2131966.jpg

c0119160_21312411.jpg


常磐自動車道を柏ICから利根川沿いに北上していくとキッコーマン野田工場に到着。敷地内には「もの知りしょうゆ館」があり、ここで醤油の製造工程を映像と展示(原料から麹やもろみ熟成や圧搾工程)でわかりやすく説明してくれます。館内は社会学習の家族連れなどで賑わっていました。


       .....工場に併設されるキッコーマン「もの知りしょうゆ館」に入ってみよう!....
c0119160_21344199.jpgc0119160_21345329.jpgc0119160_14325032.jpg




c0119160_21351928.jpg


   .....(左)何と豊富な商品群 (右)子供達の見学で賑う!醤油の生成過程が勉強できる.....
c0119160_21405165.jpgc0119160_2141944.jpg

c0119160_21412676.jpg

c0119160_581742.jpgc0119160_4571411.jpgc0119160_585060.jpgc0119160_21451556.jpg
c0119160_4523638.jpgc0119160_2146750.gif
c0119160_21462630.jpg


キッコーマンの原点は17世紀中頃、豊富な水資源に恵まれた同地域は醸造醤油産地として栄え、多くの醸造家が誕生したこと。20世紀初頭に野田の茂木6家、高梨家など8家が合同し「野田醤油株式会社」を設立。香取神宮紋「亀甲」と「亀は萬年」をかけた「亀甲萬」の商標が誕生しました。

 
     .....(左)醤油づくり錦絵 (右) 宮内省に納める御用醤油専用醸造所もある!....
c0119160_21535999.jpgc0119160_21541830.jpg
c0119160_21543596.jpg


歴代社長は3家から2人ずつ、2家から1人ずつ、8家以外の准ファミリーから2人、外部から2人選出されていますが、同族経営ながらも着々と発展を重ね今や有数のグローバル企業に成長!世界的な和食ブームの到来で、さらにグローバル戦略を展開中!これから益々発展することでしょう!


    ....和食ブームが世界に広がり醤油重要はさらに高まる。キッコーマンのグローバル戦略が注目.....
c0119160_21574472.jpgc0119160_2158492.jpg
c0119160_21582583.jpg
c0119160_21583962.jpg

c0119160_222484.jpg
c0119160_223095.gif

                               【常陸・房総の旅】③:「鹿島神宮」「香取神宮」
 



★野田・醤油の里を巡る


次は「野田市郷土博物館」へ!ここでは野田の歴史や文化、伝統などを知ることができる展示や、醤油に関連する様々の資料が公開されています。敷地内にはキッコーマンの前身・野田醤油醸造組合を結成した旧茂木佐平治邸(国登録文化財)があり、今は市民会館としても利用されます。


       ....醤油関連資料を多数所蔵(全国でも珍しい)する「野田市郷土博物館」へ.....
c0119160_434948.jpgc0119160_4342766.jpg
c0119160_4345021.jpg


      .....(左)資料館前は梅の花が満開 (右)茂木家玄関には雛人形が飾られていた.....
c0119160_6123654.jpgc0119160_6125793.jpg
c0119160_6131228.jpg


昭和 34 年に開館した博物館は京都タワー・日本武道館の建築家で有名な山田守の設計によるもの。市民文化活動やコミュニティ拠点として市民に親しまれ、「野田に生きた人々の生活と文化」という常設展示もあります。醤油醸造業で発展してきた歴史・人々の暮らしに関する資料が沢山展示・・


 .....(左)建物は山田守らしいお洒落なレイアウト構造だ! (右)醤油の歴史・文化が丁寧に解説 .....
c0119160_824351.jpg c0119160_824295.jpgc0119160_8244945.jpgc0119160_825359.jpg
c0119160_8255665.jpg

c0119160_841472.jpg
c0119160_842227.jpg


   .....(左)懐かしき昭和の居間風景も再現 (右)蓄音機やエルビスプレスリーのレコードもある!.....
c0119160_8423075.jpgc0119160_8425189.jpg
c0119160_8431088.jpg



野田市内の路地に1830年に創業した老舗のキノエネ醤油の工場があります。白醤油は全国の生産量の3割以上を占めるらしい。古い黒板塀の建物風景は醸造の歴史が偲ばれるネ~!多くの醸造業がキッコーマンに集約される中、唯一独立を守ってきた老舗の頑固さを感じました。


    .....野田の老舗醤油醸造会社「キノエネ醤油」(1830年創業)、工場建物はレトロの極致.....
c0119160_9125020.jpgc0119160_913866.jpg

c0119160_9133345.jpg
c0119160_913538.jpg

c0119160_9211884.jpgc0119160_9213275.jpg

c0119160_9215169.jpg


          .....(左)野田醤油発祥の地 (右)江戸時代の醤油づくり風景図 .....
c0119160_928114.jpg
c0119160_9282428.jpg

老舗醤油工場近くに稲荷社があり「野田の醤油発祥地」を発見!さらに歩くと野田で最も崇敬される愛宕神社が鎮座しています。本社殿の立派な彫刻は実に見事!境内にある摂社、磐座信仰の痕跡である「磐境」、芭蕉の句碑などな結構見所の多い神社だと感心しました。


          ....「愛宕神社」は平安中期創建の古社、火伏の神(カグヅチ)を祀る.....
c0119160_93137.jpgc0119160_9312216.jpg
c0119160_9314582.jpg


        .....本社殿の彫刻は実に見事!江戸期の名工・石原常八の作によるもの.....
c0119160_9363321.jpg
c0119160_9364729.jpg

    ....(左)境内社も広く豪華配置 (右)芭蕉の句碑発見!「奥の細道」春日部通過時に参詣?....
c0119160_9433138.jpgc0119160_9392732.jpg
c0119160_9394641.jpg


清水公園は、野田市民営の自然公園で広大敷地に遊戯施設や史蹟を無料鑑賞できます。醤油醸造業柏屋5代目・茂木柏衛により1894年に開園。茅葺き屋根の花野井家住宅は必見です。


    .....野田市民の憩い「清水公園」、東京ドーム6個分敷地でフィールドアスレチックが楽しめる.....
c0119160_9471752.jpgc0119160_94730100.jpg
c0119160_947559.jpg


    .....(左)金乗院(室町時代開山の古刹) (右)花野井家(幕府直轄牧場を管理)の住宅.....
c0119160_950241.jpg
c0119160_9502834.jpg
c0119160_952717.jpgc0119160_9523537.jpg
c0119160_9525018.jpg


                               【常陸・房総の旅】④:水郷(潮来・佐原)
 




★「関宿水閘門」&「関宿城博物館」、利根川治水・水運の歴史を知る


次は野田から利根川を遡り、かねてから訪ねてみたかった「関宿町」(平成15年、野田市に吸収合併)へと足を伸ばしてみました。利根川と江戸川の分岐に位置する関宿は今や陸の孤島と化しましたが、江戸時代は幕府直轄領で関所も置かれ利根川水運の重要拠点・治水の要所だったのです。


       .....利根川水運・江戸川利水の最大キーポイント「関宿水閘門」を訪ねる.....
c0119160_14351670.jpgc0119160_10133612.jpg c0119160_1013514.jpg
c0119160_10141779.jpg
c0119160_1019773.jpgc0119160_1019214.jpg

家康が江戸入城した頃の関東平野は、利根川・隅田川の氾濫が毎年続く洪水脅威に晒される地帯でした。江戸幕府は膨大な水量をコントロール(隅田川の流水量を減ら)ために上流部で「会の川」を締切り、治水工事に着手しました。これで江戸の利水環境や河川航路は安定に向ったのです。


  .....関宿は、江戸時代初期と明治時代に行われた「利根川の東遷事業」のポイント要所 .....
c0119160_10215094.jpgc0119160_10213641.jpg
c0119160_10221942.jpg


江戸川と利根川の分岐点にあるのは中之島公園です。昭和初期の江戸川改修で関宿水閘門脇に造られた自然公園で江戸川の治水工事に関連した歴史遺産(関宿棒出し石、大型バケット、トロッコ線路、鉄橋など)や治水碑もがあります。また日本一のコブシ大樹や珍しい野鳥も見られる所です。


   .....利根川は工事に携わった人々の努力と功績を称えた「中之島公園」は梅満開!.....
c0119160_10272725.jpgc0119160_10275347.jpg


c0119160_10281528.jpg
c0119160_10283646.jpg
c0119160_10342237.jpg
c0119160_10343724.jpg


      .....地平線を感じる広大な関東平野の葦原には茨城の名峰「筑波山」が見える .....
c0119160_10365680.jpgc0119160_10362121.jpgc0119160_14425332.jpgc0119160_14491091.jpg
c0119160_10372172.jpg


                               <2016年>新春ハイキング(茨城名峰&餃子パーティ)
 

江戸川・利根川の合流点に聳える「県立関宿城博物館」(関宿城を模した外観が印象的)。建物の天守閣部分は昔の関宿城を古い記録に基づいて再現したもの。関宿を往来した高瀬船、利根川水運の中継地として栄えた往時の繁栄ぶりや歴史がビジュアルに分かりやすく展示されています。


     ...「県立関宿城博物館」。松平康元(家康の異父弟)の入城した往時の建物姿を再現.....
c0119160_10444057.jpgc0119160_1045497.jpg
c0119160_1045246.jpg
c0119160_10454294.jpg


         .....(左)関宿城博物館は近未来的な展示 (右)「利根川高瀬舟」の模型.....
c0119160_10481520.jpgc0119160_10482974.jpg
c0119160_104852100.jpg


     ..... 利根川(暴れ川の異名)の洪水脅威に晒された地帯、東遷治水事業が進められた.....
c0119160_10551410.jpg
c0119160_10553895.jpg

明治時代になると政府は、利根川の膨大な流れをさらに東遷させるため(銚子・太平洋方向に流れを変える)、遠大な治水事業を推進しました。理由は足尾鉱毒事件が渡良瀬川で発生したからです。渡良瀬遊水地を作り、関宿門を閉ざし江戸へ銅鉱毒水が流れ込まないようにしたのです。

                               「毛野国」探訪③:(足尾銅山&田中正造)編



    .....明治時代以降も首都圏は河川氾濫や台風で水害に襲われた(明治時代の下町浸水)....
c0119160_10584129.jpg
c0119160_10585396.jpg

日本は自然災害多発国、特に豪雨水害は毎年必ず発生し、地球温暖化傾向でゲリラ豪雨の被害は年々増加傾向にあります。近年は首都圏治水対策が急速に進んでいることを実感します。


     .....春日部の地下にはパルテノン神殿のような「首都圏放水路」が存在(見学は予約が必要)....
c0119160_1114894.jpgc0119160_112929.jpg

埼玉県春日部市にある首都圏放水路(地下空間に巨大濠を備え溜め水で浸水緩衝を実施)はまるで地下帝国のパルテノン神殿のようだ!幻想風景体験と最新技術を勉強できてお薦め!(下記参照)。 江戸時代の関宿が果たした治水役割が隣接の春日部でこんな進化をしたのか~と実感!

                        <2014年埼玉探訪>:春日部「首都圏外郭放水路」他

                   
 



★醤油のルーツは和歌山、千葉銚子との繋がり


     ....関宿は銚子から利根川・江戸川経由で醤油を江戸に運ぶ水運要衝地として大繁栄.....
c0119160_1273225.jpgc0119160_128447.jpg
c0119160_1283247.jpg


醤油の有力メーカーの本社は千葉(銚子・野田)や茨城(土浦)にありますが、実は和歌山県と非常に深い繋がりがあります。醤油発祥地は和歌山県の湯浅(玉井醤本舗)、また巨大地震発生で「稲むらの火」を炊き村人を高台へ津波避難させた濱口梧陵(ヤマサ醤油7代当主)は広川の生まれ


    ....(左)醤油のルーツは和歌山県 (下)津波回避の伝説「稲むらの火」の濱口梧陵は紀州人.....
c0119160_1213219.jpgc0119160_12131643.jpgc0119160_12133319.jpg
c0119160_12135188.jpg

c0119160_12192515.jpgc0119160_12194828.jpg
c0119160_1220853.jpg


       .....ヤマサ醤油の本社は千葉銚子。初代濱口儀兵衛が紀州から銚子に渡り創業。.....
c0119160_1226855.jpgc0119160_12262588.jpg

c0119160_12264519.jpg


江戸の醤油需要は人口が激増加で大消費地となり、紀州・関西の醤油製造業者は江戸に近い方が有利と判断し銚子・野田へ拠点を移転したのです。動機は、関宿の水運開拓で利根川・江戸川の商品輸送が経済的になったこと。銚子・野田での醤油生産が大発展へと繋がっていきました。


        .....銚子にはヒゲタ醤油など数多くのメーカーがあり、銚子も工場見学が楽しめる .....
c0119160_12302945.jpg
c0119160_1230519.jpg

2010年秋の茨城・千葉周遊旅(霞ヶ浦・土浦・利根川風景、銚子の醤油)、2年前の足尾銅山・渡良瀬遊水地・・、関西在住時に訪問した和歌山広川の風景、今回記事を書きながら「醤油文化の伝播、関西と利根川治水と水運が繋がっている!」と歴史背景が分かり、頭の中が整理できたなア・・


    .....銚子・土浦・野田の醤油メーカーの繁栄は、利根川の水運・治水が果たした役割が大きい.....
c0119160_12325367.jpgc0119160_12331542.jpg
c0119160_12332953.jpg

c0119160_1237199.jpgc0119160_14522032.jpgc0119160_12372159.jpg
c0119160_1237373.jpg


                               【常陸・房総の旅】(その5):銚子・九十九里浜

地味で観光面では殆ど見向きもされない茨城・千葉・埼玉・群馬・栃木。まだ隠れた魅力が沢山あるはず。常陸・房総・両毛の旅はさらに続きます。マニアックな発掘旅に今後もお付き合い下さい。


    .....2017年2月、外環状「圏央道」の茨城エリアが全面開通、次回は関宿・坂東の見所紹介.....
c0119160_12433392.jpgc0119160_12434446.jpg
c0119160_12364758.jpg


c0119160_12435920.jpg



                                                        おわり

  by rollingwest | 2017-03-20 13:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(154)

Commented by 土佐けん at 2017-03-20 15:47 x
僕も助手も工場見学や、酒蔵・醤油蔵などを
見るのが大好きです^^
興味津々で拝見しました^^
ご一緒に見学した気分です^^
ありがとうございます♪
Commented by ハマジュリ at 2017-03-20 18:41 x
日本人はお醤油って昔からずーっと使っているけど、歴史とか知ると感動しちゃいますね✨
工場見学も楽しいなぁ~流石!RWさん渋い🙆
いつかツアーで行きたいですねぇ🍷(^_^ゞ
Commented by hirugao at 2017-03-20 20:22 x
私たちの好きなお醤油の産地でしたよね。
今日のあたりは埼玉を除いてあまり行ったことがないのです。

家康が開いた江戸幕府のおかげで今は大都市になりましたよね。


Commented by ryoko57 at 2017-03-20 20:45 x
醤油は日本が造った最高の調味料ですよね
柏崎にいる頃家に帰る時近道をするためスーパータカラの横から裏道へ入ると醤油工場がありそこの大豆を発酵させてる?においが嫌いでした
今でも煮物を作る時の出汁と醤油のにおいがあまり好きじゃありません
食べると美味しいけどね❗

キッコーマンや郷土資料館も楽しそうですね
醤油やその土地の歴史を知ると味わいも変わるかもね
いつか行ってみたいですね((o(^∇^)o))
春日部のパルテノン宮殿にもぜひ行きたいです
(*^^*)
Commented by kwc_photo at 2017-03-20 23:38
キッコーマンって野田発祥だったのですね。
同族経営でしたか。知らなかったです。
醤油といえば、湯浅の醤油。母が和歌山の出身なので、
湯浅の醤油には馴染みがあります。
京都にも美味しい醤油屋さんがありますよ~。
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:00
土佐けん様、酒蔵・醤油蔵工場見学がお好きだったのですね!最大手のキッコーマン近代的工場だったので老舗の手作り蔵の雰囲気は全くありませんでしたが一緒にデジタル見学をしていただきコチラも嬉しい限りです。でも御用達醤油の歴史的建物や醤油製造工程が見られて大変勉強になりました。
Commented by yuta at 2017-03-21 06:03 x
おはようございます
日本人になくてはならない調味料醤油は野田、銚子と割合近いところで作られてたのですね。
野田は以前所用で行きましたが、
たしかにキッコーマン以外にはとくに何もなかったような気がします。
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:07
ハマジュリ様、味噌や醤油は日本人料理のルーツ、世界に愛される和食の味付け起源や流通歴史を知ればまた味わい方が違いますよね。前回はウイスキー工場見学でしたが次回もそのパターンで行きますかぁ~!
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:14
hirugao様、家康が開いた江戸幕府。戦国時代を終わらせ政治・経済・流通を安定させ数々の食文化・芸能を醸成させた功績はやはり素晴しいと感服しました。利根川水運は大きな要因だったんだなあと再認識しました。
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:21
ryoko57様、スーパータカラの横から裏道へ入ると醤油工場は柏崎の老舗・西巻醤油屋(越後味噌)ですね。田中元首相がこの店の味噌・醤油を愛し、日中国交回復の周恩来との朝食にこの味噌を出したことは今も語り草です。残年がら今は廃業していますが往年のブランド名で再建が図られているようです。醤油工場の臭いも幼少時から経験していると逆にトラウマでしたか~(笑)
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:28
kwc_photo様、貴殿の母上様は和歌山出身でしたか!関西勤務時代に担当エリアだったので広川・湯浅にはよく行ったのですが、当時は醤油発祥地とは全く知らずスルーしていたことが悔やまれます。関西と千葉が水運を通じで醤油文化が繋がっていたことは、「稲むらの火」の濱口梧陵が銚子のヤマサ醤油の当主だったことで数年前に理解しました。
Commented by rollingwest at 2017-03-21 06:38
yuta様、野田はキッコーマンや醤油文化探訪以外は確かにあまり見所がないかもしれません。関宿は合併して野田市となりましたが・・。この周辺であと見るべき場所は、鈴木貫太郎(終戦を実現した首相)の生家や平将門の史蹟くらいですかネ~。マニアックですみません。(苦笑)
Commented by かばたん at 2017-03-21 07:04 x
キッコーマンの本社が千葉県野田市にあるのを初めて知りました。さらに!和歌山の湯浅や広川の醤油製造業者が銚子や野田に拠点を移転させたとは全く知りませんでした。湯浅の醤油は歴史があるのに、どうしてこんなに栄えていないのだろうと不思議に思っていたのです。さすがです。ありがとうございます。
Commented by とんぼ at 2017-03-21 08:54 x
醤油の製造元が近くにあったらいいなぁと思います。
「ちばらき」という言葉を初めて聞きました。合成語ですね?県境を越える一体感が感じられます。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-03-21 14:50
キッコーマンに、
こんな歴史がありましたか。
知りませんでした。
野田の醤油は知っていましたが、
銚子も醤油の産地だったのですね。
このコースを巡れば、
醤油博士になれること間違いなし、
ですね。
Commented by rollingwest at 2017-03-22 06:00
かばたん様、和歌山の湯浅や広川の醤油製造業者が利根川流域に拠点を移転させ、大手醤油会社が銚子・野田・土浦に本社を構えていることを知ったのは小生も数年前です。「稲むらの火」の濱口梧陵は東日本大震災で津波避難での伝説の人となりました、銚子のヤマサ醤油当主だったことを知り、今回の解明に繋がったという感じです。
Commented by rollingwest at 2017-03-22 06:07
とんぼ様、千葉と茨城が合わさって「チバラギ」・・、今から20年程前に生まれた言葉のようで地元民からするとやや自虐的な響きもあるようです。他県民からみてもあまり区別できないエリアなので両毛地区と似ている感じも・・。千葉の人は「茨城と同じ扱いをされたくない!」と否定しつつ、茨城側も「千葉も同じだべよ、どこさ変わりねがっぺよ━」てな感じのようで、仲良しオーラ全開みたいです。(笑)
Commented by rollingwest at 2017-03-22 06:14
j-garden-hirasato様、今回記事を書いてにわか醤油博士っぽく語っておりますが付け焼刃に知識を得ていつので中味は薄っぺらいです。(苦笑) ただ、自分が暮らした関西での体験、ここ数年の茨城・千葉周遊旅)や両毛旅で色々なことが繋がって分かって来たことが多くて楽しい限りです。
Commented by 地理佐渡.. at 2017-03-22 06:50 x
おはようございます。

キッコーマン。醤油というイメージですね。

>同族経営ながらも

こうした企業は多々ありましょうけど、
同社は経営がうまくいっているのでしょう。
一方、シャープや東芝に見られるように、
大企業でも行く末怪しいケースもあります。
大変でしょうねぇ。

さて、地理佐渡は今日の記事更新は休みま
すが、佐渡単身赴任中に撮影した風景をし
ばらく続けようかなと考えています。ちょ
うどGWあたりの風景も用意しましょう。
イメージできると思いますよ。



Commented by ひろし爺1840 at 2017-03-22 08:24 x
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、お早うございま~す!
ゆっくりゆっくりと暖かくは成って来ている様ですが、桜の開花が待ち遠しいですネ。
お互いに今日も元気で頑張りましょ~!

@('_')@「常陸・総房の旅」にお招き頂きありがとうございます。
ゆっくりと解説と画像を見ながら行った様な気持ちになってブログ旅を楽しませて頂きました。またのご招待を楽しみにしております。

!('_')!今日の私のブログにお誘い!
*神社仏閣巡りで広島安芸郡の多家神社に行った時の様子をアップしましたのでご覧下さ~い!
また、感想やコメントも頂けたら嬉しいで~す!
◆今日も元気でお過ごし下さ~い!バイ・バ~ィ!
Commented by mcnj at 2017-03-22 08:56 x
お早うございます。

小学校で習いました。
千葉県野田といえば、醬油。
テストにもでました。
よく、覚えています。

行田の足袋も、有名でしたね。

利根川の、太平洋への出口は、人工的なものなのでしょうか。
Commented by みすてぃむーん at 2017-03-22 18:41 x
こんばんはー
とても身近なお醤油のキッコーマンは、野田にあったのですか。
お醤油工場の見学は楽しそうです。今は、いろいろな風味の小ボトルの
ブームらしいですね。

春日部市にある首都圏放水路は本当にパルテノン神殿のようで、幻想的な造りで
広さも高さもスゴイです(^-^)/


Commented by リョースケ at 2017-03-22 23:05 x
またまた、こだわりのブログアップ楽しませていただきました。九州も各地に醤油醸造所があり、甘口の醤油が九州の醤油の特色です。当方もささやかな贅沢で、醤油は長崎チョーコー醤油の超特選を愛用しております。ところで、話は転じますが、福大附属O濠高校は、甲子園26年ぶりの出場で初戦突破、後輩の更なる活躍を祈っているところです。
Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:00
地理佐渡様、小生はキッコーマン=茂木家単独一族と勘違いしておりました。複数の醸造家が合併し経営陣選出の当時のしきたりを守ってきたとは・・目から鱗。難しい同族経営のようにも見えますが過去合併したお互いを尊重しながらグローバル戦略を成功させているのだから大したものですね。
Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:07
ひろし爺1840様、常陸・房総の旅でまだ行き残しているエリアは日立・北茨城や、古河・坂東など、こちらもマニアックな見所が多くあるのでいつか1泊2日の一人旅を企画してみようと思っているRWです。
Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:14
mcnj様、小学校テストで千葉県野田で醬油という問題はかなり高度難題ですね~!中高生でも即明快に回答できる割合は少ないのでは・・・。利根川の太平洋への広大な流れ、人工的に東方遷移させた江戸幕府・明治政府の事業はあらためて凄い!と感心しました。
Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:21
みすてぃむーん様、春日部市の首都圏放水路はまさに地下帝国のパルテノン神殿のようでした。ここは事前に予約が必要です。映像紹介・学習解説をしてくれてその後に地下の大空間をツアー旅行のように案内してくれます。ここは日本か!と思うほどの異空間ですので一度体験されて見てはいかがでしょうか?
Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:28
りょーすけ様、九州は甘口醤油でしたか!食の宝庫エリアですから拘り強い醤油醸造所が多くあるのでしょうね~!福大附属大濠高校、26年ぶりの甲子園出場と初戦突破!誠におめでとうございます!文武両道の名門、過去に多くの優秀人材を輩出・・、貴殿との長いお付き合いからさらに確信を深めました!(*^m^*)ぷっ  
Commented by 地理佐渡.. at 2017-03-23 06:48 x
おはようございます。

今朝の地理佐渡は5月初旬の小佐渡での
山野草を紹介しています。たぶん佐渡へと
お越しいただいた際に、比較的見られそう
な山野草が並んでいますよ。よろしかった
ら..


Commented by rollingwest at 2017-03-23 06:57
地理佐渡様、おはようございます。5月に周遊する佐渡の旅が今から本当に楽しみです。いつも感謝、早速お邪魔いたします。
Commented by 片田舎動物病院 at 2017-03-23 08:01 x
キッコーマンは
野田市が発祥なんですね。

ごく稀にここでも見かける
「野田」ナンバー。
やっと分かりました。
Commented by umizawa at 2017-03-23 10:12 x
キッコーマンの「ものづくり醤油館」観てきましたか?
Commented by souu-4 at 2017-03-23 10:30
キッコーマン醤油の発祥の地は千葉県なんですね。
「ちばらぎ」エリアなんて言葉も初めて聞きました。
関東の事はさっぱり判っていません。
もう一つ判らない事 教えて下さい。このブログをお気に入りに
登録しようとすると非公開ブログで登録が許可されておりませんとなります。
Commented by opaphoto at 2017-03-23 14:13
江戸川サイクリングコースで関宿城へ行きました、
その途中、野田辺りを通過中に醤油工場があるので
その匂いを嗅ぎながらペダルを回した
思い出があります^_^)
Commented by koyuko at 2017-03-23 14:37 x
和食に欠かせないお醤油 キッコーマンの愛用者です。
一度 ヤマサに変えましたが、やはりキッコーマンの方が味が上ですね。
千葉県に友人が何人かいるので、今度 案内してもらいましょう。
Commented by 亀三郎 at 2017-03-23 17:03 x
バリバリの醤油党 亀三郎です
近年は キッコーマン 特選丸大豆醤油を
愛飲中!!??
親戚が 柏にいるので
野田は
いつも 16号で 通過の街ですが
いちどは
お世話になってるので
キッコーマン
ご挨拶にいったほうが いいかな、、、
なんて
思ってしまいました (^_^;)(^_^;)
Commented by ディック at 2017-03-23 20:22 x
とても興味深く拝見しました。「もの知りしょうゆ館」とか、野田方面もおもしろそうです。
昨年は義母がもう長くはない、という宣告が出て、丸1年間遠出を自粛、それがつい先日とうとう亡くなりました。
葬式はこれからですが、あとは自分の体調を整えて、まずは春の花の季節に出歩くことも多くなるでしょう。
1年間、うずうずとしていましたから、いろいろと遠出もしてみたいです。
Commented by Beat Wolf at 2017-03-23 21:03 x
醤油といえば、キッコーマンですよね。
昔、プロジェクトXで醤油の回があって
アメリカ市場を開拓する苦闘を伝えるものでしたが
それがキッコーマンでした。
でも、ここの展示館は小学校の校外学習に人気がありそうですね。
Commented by もり at 2017-03-23 21:38 x
訪問有難うございました。
醤油には興味大ですが、今晩はちょっと時間がないので、
またゆっくり伺います。
夜中のサッカーUAE戦はご覧になりますか?
私はおとなしく布団に入ります。
昔は徹夜でも観たのですが、最近はダメです (>_<)

Commented by 晴走雨楽 風の又三郎 at 2017-03-24 00:21 x
★★醤油の旅★★
千葉県は、野田系のキッコーマン食品とキノエネ
醤油。銚子系のヤマサ醤油とヒゲタ醤油が有名です。
大規模な消費地(江戸)に近く、塩・大豆・小麦の
生産量も多く、流通(水運)が発達したので醤油産業
が盛んだったと・・・。

千葉県に住んでいるので機会があれば、野田や銚子
の醤油製造工場を見学しようと思います。

それにしても、チーバ君の鼻先が野田でしたか、
良くわかりました(笑)。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:00
片田舎動物病院様、確かに野田ナンバーってありますね。神奈川でも見ることは殆どありませんが、他エリアの方からすれば野田ってどこの県なんだろう?と思う不思議ナンバーなのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:06
umizawa様、お酢の会社に勤務される貴殿もキッコーマンとは商売上のお付き合いがあるのかな?キッコーマン「ものづくり醤油館」は今回ミニ旅で一番最初に訪問、色々と勉強になりました。
Commented by 地理佐渡.. at 2017-03-24 06:09 x
おはようございます。

お越し頂きありがとうございます。
ここしばらく単身赴任時代に撮影
した佐渡の風景を紹介します。
ある意味佐渡観光への誘いという
感じで、佐渡の魅力を多角的に紹
介できたらなぁと思っています。
全ての期待に応えられないですが、
リクエストがありましたら頑張り
ますよ(笑)。


Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:12
たまゆらsouu様、「ちばらぎ」エリアは関東人でも殆ど訪問しない場所なので、キッコーマン醤油の発祥地や関宿のある野田市は殆ど知られていないんじゃないかなあ・・。これからも関東の穴場をどんどんマニアックに紹介して行きますね。
(PS)お気に入り登録できなのですか?非公開にしているつもりはないのですが、設定画面を見ていくつか非公開になっていた項目を外してみましたのでもう一度トライさせて見て下さい。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:20
ろーりんぐopaphoto様、何と自転車で関宿城まで行かれたのですか!広大な地平線と空を見ながら開放感あるサイクリングを楽しまれたことでしょう。野田通過中で街全体に香りが漂っていたとはさすがお醤油の古里です。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:29
koyuko様、小生はあまり醤油ブランドは気にしていませんでしたが味の違いに拘る方が多そうです。コチラの方はやはりキッコーマンの愛用者が多いようですね。千葉県に友人がいらっしゃるのであれば是非とも工場蔵出し醤油を購入されてみては!
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:39
亀三郎様、こちらにもコアなキッコーマンファンが!特選丸大豆醤油の人気は高いですね。愛用ではなく愛飲ですか!お醤油飲んじゃ体によくないので程程に~!(笑) 親戚の方が柏にいらっしゃるのであれば是非、野田工場にご挨拶に行ってみて下さい。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:46
ディック様、義母様の御逝去、お悔やみ申し上げます。喪が開けたらまたアウトドアを楽しまれて下さい。東京はもう開花宣言が出ました。寒の戻りもあってゆっくり満開になっていくようですが、今年は春を長~く楽しみたいものです。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 06:54
Beat Wolf様、プロジェクトXでキッコーマン編がありましたか!当時は全く海外で醤油は知られていなかったのでしょうね。世界的な和食ブーム到来でする今は市場を開拓をしなくてもインバウンドで外人さんがクチコミやSNSでどんどん宣伝をしてくれる時代となりました。
Commented by rollingwest at 2017-03-24 07:02
もり様、大事なアウエーのUAE戦を2:0で確実に勝利できてよかったです!小生はフル代表もU23も代表選は9割以上リアルタイムでTV観戦します。早起きなので夜中の3~4時キックオフは全く問題ないのですが23~2時開始の試合はきついですね。そういう場合は録画して早く寝て3時に起きて録画再生でいかにもリアルタイムのように観戦しています。今日もこのパターンでした。そのためには試合結果が事前に知ってしまわないようニュースを一切シャットダウンすることですね。リアルタイム感を持ちながら観戦することが重要なのです。(笑)
Commented by rollingwest at 2017-03-24 07:09
風の又三郎様、千葉県は有名醤油メーカーがオンパレードですね!野田系キッコーマン・キノエネ醤油。銚子系ヤマサとヒゲタ醤油、今回全て紹介することができてよかったです。チーバ君、初めて知りました!調べてみたらムーミンみたいな可愛いキャラクターではないですか!とがった鼻の部分が確かに野田市そのものですね~!
Commented by rollingwest at 2017-03-24 07:20
地理佐渡様、みたびのご来訪ありがとうございます!丹念に廻られた佐渡の写真を参考にさせて頂き。この週末に詳細版の移動計画を詰めていこうと思っております。
Commented by koba222 at 2017-03-24 17:10
野田市のキッコウマンは有名ですね。
我が家も使うことしばしばです。
醤油の歴史もよくわかります。
レポートが素晴らしい!
Commented by oyajisann at 2017-03-24 23:23 x
キッコーマン=野田と言う事は知ってましたが、銚子にも有名
メーカーあるとは知りませんでした。
日本の文化に欠かせない醤油について勉強なりました。
お酒と同じで水大事、利根川水系が貢献してるのですね。
ちなみに私の田舎の小豆島も瀬戸内ながら醤油有名です。
何時も律儀にありがとうございます。
Commented by siawasekun at 2017-03-25 03:35 x
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
Commented by small-talk at 2017-03-25 05:36
僕も昔、キッコーマンの資料館へ行来ました。
お土産に醤油の小瓶を頂きました、そう言えば。
Commented by rollingwest at 2017-03-25 06:13
koba222様、お褒めのお言葉を頂き感謝、猿も醤油を持って木に登りまする。キッコーマンは世界最大の醤油会社ですから、殆どの方が一度は同社製品を味わったことがあるのでしょうね。
Commented by rollingwest at 2017-03-25 06:24
oyajisann様、日本の三大醤油生産地は、1位が千葉県(銚子・野田)・2位が兵庫県(播磨・たつの市)、この2県で全国シェアの50%を占めます。その次は香川県小豆島とのことです。
Commented by rollingwest at 2017-03-25 06:31
siawasekun様、東京はもう3日前に開花宣言が出てビックリですが、まだ寒い日がぶり返しているで花も鳥もちとお籠り状態ですかね・・。
Commented by rollingwest at 2017-03-25 06:45
ひつじ雲様、貴殿も興味深々で色々な所を廻られておりますね。小生も「ものづくり醤油館」で商品お土産を頂きました。大企業の工場見学はただでビールを飲めたり商品をもらえたり嬉しい限りです。(笑)
Commented by 山小屋 at 2017-03-25 07:16 x
野田の醤油は有名ですね。
春にボタンの花を見に行ったことはあります。
醤油も随分変わってきました。
我が家ではあまり使わなくなりました。

Commented by akiotakahashi at 2017-03-25 07:30
タイにいたころに、タイでは醤油を”キッコーマン”と呼んでいたのを思い出しました。野田の周りにも、いろいろ見どころがあるのを初めて知りました。利根川の写真を見て、昔は台風のたびに洪水があったのを思い出し、治水事業は大成功です。
Commented by tombee-yanaze at 2017-03-25 09:47
吉川に住んでいたtombeeにはこの辺りは庭みたいのようなもの^^
記事はほとんど知ってますが・・そこまで詳しくはない。。
庄和町の地下の水溜は・・江戸川と中川の水も入るようになってます。
オープニングに行きましたね。
一度くらい溢れた水を入れたのかな?
Commented by rollingwest at 2017-03-25 11:03
山小屋様、野田に醤油文化や花を愛でに行かれましたか!お醤油を使わなくなったということは塩分摂り過ぎに注意でお酢を多用されていることでしょうか?健康留意で小生も気をつけなければ・・
Commented by rollingwest at 2017-03-25 11:11
アキタカ様、タイではキッコーマンが醤油そのものの呼び名になっていたのですね!商品名が一般名称になっているものを調べて見ると、タバスコ・福神漬・シーチキン・サランラップ・セメダイン・セロテープ・マジックテープ・宅急便・エレクトーン・ウォークマン・テトラポッド・・、色々ありますね~!先に市場を席巻したものの商品イメージ化がいかに大切かと思います。
Commented by rollingwest at 2017-03-25 11:18
清治花便り様、貴殿は小生が初訪問地に以前お住まいだったり頻繁訪問というコメントが多くていつもビックリします。吉川はまさに利根川を挟んでの隣街ですね。小生がハイキングを一緒に行ったりしている仲間の一人に、武蔵野銀行・吉川支店で勤務している女性(越谷在住)がおり野田周辺の光景は身近だと言うておりました。
Commented by umi_bari at 2017-03-25 13:24
日本人は、醤油と味噌が無ければ生活出来ませんね。醸造を巡る旅にバグースです。今日は、お刺身で一杯にします、ウマヅラハギと桜エビです。
Commented by 菜桜 at 2017-03-25 14:11 x
今日は~♪
私は神戸灘の生一本の産地生まれですので 酒蔵も醬油蔵見学好きですね。
キッコーマン醤油は日本で一番売れてると聞きます。
少し辛めですよね?
関西育ちは甘口が好きですが…
この辺り歩いたことがないので楽しく旅行した気分になりました。
Commented by tomiete3 at 2017-03-25 17:10
有名な醤油・・盤石な経営・・で歴史を築いているのですね。

  日本の味・・いつまでもですね。
Commented by マーチャン at 2017-03-25 18:15 x
こんばんは。
またまた興味内容いっぱい。
どれを見させていただいてもうれしくなります。
やはりわたくしが注目したのも、
こちら愛知にもあるミソとショウユです。
この後ゆっくりとじっくり拝見いたします。
Commented by tsukey at 2017-03-25 18:23 x
醤油といえばキッコーマン・・・
有名ですよね(^^)
またまた凄く詳しい説明と写真
とても嬉しいですね~
保存版にして、今度行くときの
参考にしたいと思います。
有難う御座いました。
Commented by ミコちゃん at 2017-03-25 18:28 x
こんばんはぁ♪
又も私の知らない事ばかりで興味深かったです^^
千葉県野田市のキッコーマン醤油、「亀甲萬」の商標の意味も
お目出度くて^^グローバルに発展中ですね
こちら西では、兵庫県にたしか、ヒガシマル醤油があると。
埼玉、春日部には首都圏の放水路の巨大地下システムがあって
まるでパルテノン神殿ですね~!^^。
Commented by 由乃 at 2017-03-25 18:37 x
こんばんは
キッコウマンと言えば醤油
毎日使ってます
工場見学してみたいなぁ~~w
Commented by さんぽみち at 2017-03-25 18:58 x
こんばんは。
キッコーマン。よくわかりました。
以前、銚子電鉄を乗ったときにも醤油のにおいがしていたような気がします。ぬれせんべいと。
少し焦げたお醤油の香りは食欲をそそりますね。
Commented by もうぞう at 2017-03-25 19:09 x
千葉県野田市付近は、醤油が有名ですからね。
しかし和歌山が関係していたとは、ビックリです。
新潟では長岡の摂田屋が有名ですね。
Commented by midipa at 2017-03-25 19:16 x
工場見学たまにはいいですよね、学生に戻ったみたい
結構行ってみると楽しいですよね
お醤油の匂いがしてきそうです
近代工場だからそうゆうことはないかー笑
Commented by simon777_ at 2017-03-25 22:23 x
こんばんは☆

日本食のベース、醤油の故郷、野田の紹介、関西圏では和歌山の湯浅があり、東西の双璧かと・・・
日本食とともに世界飛躍。世界で作られる日も近い!

利根川江戸川の分水、日本を変えた出発点かもしれない大治水事業だっただろうと。
関宿水閘門、水のジャンクション的雰囲気は鐡道の分岐点にも通じます。
Commented by hibikorekouji2-2 at 2017-03-25 22:57
テレビ等で酒蔵はよく見るけど、
醬油蔵を見た記憶はあまりないと気づきました。
和食になくてはならないお醤油なのにもっと注目するべきでした。
子供の頃は、コロッケにもソースよりお醬油をかけて食べる派でした^^
Commented by さかきんぐ at 2017-03-25 23:01 x
こんばんわ。

うちの近場になる野田。醤油の町として、小さい頃から社会科見学で行ったりと馴染みです。隣の市、流山市も白みりんの発祥の地で、キッコーマンゆかりの地域だ。

やっぱり、利根川の水運が発達していた事が大きいでしょうね。
Commented by 自転車親父 at 2017-03-25 23:25 x
こんばんは。
野田に行かれたのですね。
私は清水公園の花ファンタジアに良く撮影に行きました。
少し前まではロードバイクで江戸川沿いに走って行ったのですが。
今はまったくダメで自動車で行きますよ。
江戸川の土手からもキッコウマンは良く見えます。
お醤油の匂いのする町ですからね。(笑)
Commented by wingtom2 at 2017-03-25 23:27 x
こんばんは
キッコウマンは日本一のメーカー
人口の多い関東にあるメーカーは自然に強くなります。
先週、兵庫県たつの市に流しびなを見に行ってきました。
ここはヒガシマル醤油のあるところです。
ご存じのように薄口で有名なメーカーです。
醤油以外の調味料も作っているので売り上げは上がっているようです。
銚子にあるヒゲタ醤油の工場見学したことがあります。
マルキン醤油は香川県小豆島(大手には入ってないようです)
Commented by 寂恋法師 at 2017-03-25 23:54 x
RWさんこんばんは、醤油の濃い口レポート楽しく拝読しました。一見マイナーな観光スポットのように思われがちですが、探れば奥深く興味尽きない歴史が浮かび上がりますね。毎回楽しく拝読してますよ。今から10年ちょっと前40代後半に浦安在住の折り、よく江戸川をサイクリングしながら北上してました。整備された自転車専用道路があり、快適なサイクリングを楽しんでました。そしていつも野田市辺りで折り返し戻って来ました。野田のレポートを読みながらかつて走った野田や関宿を楽しく思い出しました。なお春日部は帰省の折りに通るので、首都圏放水路はぜひ見たいものですね♪
Commented by rollingwest at 2017-03-26 06:18
アラック様、日本の発酵文化(お酒・味噌・醤油・酢)が今や世界から注目の的ですね~!昨夜はウマヅラハギと桜エビのお刺身で心地よく酔えましたか~?
Commented by のんのん at 2017-03-26 06:27 x
おはようございます。
千葉各地のお醤油、歴史などを詳細に記録し
見せていただくことを感謝します。
ただお醤油と言っても歴史あり・・
そんなことも気が付かず気ままに使っていたのを恥じる思いです。

故郷のとなり町には正田醤油がありますが
幼いころはこの醤油だけで
幼くて味も分からないのにキッコウマンの醤油に憧れていたこともありました。
正田醤油は美智子さまとユカリある正田家です。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 06:30
菜桜様、神戸灘にお住いでしたか!銘酒の産地、素晴しい場所にお住まいですね!六甲山の美味しいお水でいい酒蔵が沢山あります。関西勤務時代に神戸も担当エリアでしたし六甲山もよく登りました。関西は薄口味になれているから関東の醤油は濃い口過ぎて抵抗があるかもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 06:39
トムジー様、日本の味はまさに多彩な食文化、その味付けは発酵食品が欠かせません。世界人口は急増する中で日本食ブームなのですから需要増大で未来は明るいのでしょうね~
Commented by rollingwest at 2017-03-26 06:49
マーチャン様、興味深々で記事を読んで頂きありがとうございます。これからも皆さんが注目する様なネタを集めてレポートしていきますのでよろしくお願いいたします。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 06:58
tsukey様、次回ミニ旅のガイド保存版にして頂けるとはコチラも記事の書き甲斐がございます。醤油といえばキッコーマンですが皆様のコメントを見てあらためて有名な醤油メーカーがまだまだ沢山あるなあと再認識したRWです。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:06
ミコちゃん様、兵庫県たつの市が千葉県(野田・銚子)に次ぐ醤油産地ですから、ヒガシマル醤油はその代表格なのですね。こちらのメーカーもよく耳にします。やはり薄口味なのでしょうか?
Commented by せいパパ at 2017-03-26 07:13 x
毎回ボリューム満点の旅行記ですね。
利根川沿い水運で栄えた街が点在して
そこを訪れたのですね。
今は見る影もなく衰退してしまった街もあり
交通の変化ってすごいなと感じる地域ですね。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:15
由乃様、工場見学はやはりお酒工場や酒蔵がお薦め!ビール・ウイスキー・日本酒、あとはお菓子・車・鉄道・鉄鋼・石油等の分野が人気の上位を占めております。
Commented by たいへー at 2017-03-26 07:17 x
しょう油はよく使いますね。
天ぷらやとんかつやキャベツの千切りにも使います。 おかずが無い時は「しょう油ライス」!! ^^
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:21
さんぽみち様、銚子電鉄の醤油を塗った「ぬれせんべい」美味しいですよね~!
少し焦げた醤油の香りとあの湿ったような食感、独特の味です。お煎餅はやはり醤油で焼くのが主流かな?
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:29
もうぞう様、千葉県の銚子・野田が和歌山から繋がっていたとは皆様目から鱗だと思います。でも海運交通の方が当時は一番早く移動できる手段ですしルートを見れば銚子から野田・関宿経由で江戸に醤油生産品を売っていくのは実に合理的な考え方だったんだと感心します。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:36
midipa様、キッコーマンは近代工場ですから醤油の匂い・香りはしませんでしたが、昔からの伝統を守っているキノエネ醸造所ならがまた違う香り見学ができるのかも・・。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:43
サイモン様、利根川江戸川の分水事業は、新潟の大河神分水と並ぶ日本の代表的な大治水事業です。豪雪がもたらす大河を制御することがいかに大変なことか再認識します。関宿水閘門、水のジャンクション的雰囲気は鐡道の分岐点・・、お言葉が深いですね~!
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:52
hibikorekouji2様、小生も子供の頃はコロッケは醤油をかけて食べておりました。その他、色んな食べ物に醤油をかけていた気がします。カレーにもかけていたかも・・
Commented by rollingwest at 2017-03-26 07:59
さかきんぐ様、お住まいは野田のお近くですよね!流山醤油も有名ですが白みりん発祥地とは初めて知りました。こちらも千葉県・・、利根川・江戸川流域には多くの醸造所が発展してきたことがよく理解できます。
Commented by 恵那爺 at 2017-03-26 08:06 x
千葉県に長年住んでいますが、関宿は通過したことしかありません。
江戸時代流通の要衝の地5日はゆっくり歩きたいと思っているんですがなかなか実現していないです。
利根川沿いの大変面白く拝見致しました。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 08:09
自転車親父様、清水公園や江戸川沿いのロードバイクとはまさにこの周辺は貴殿の活動エリアなのですね!江戸川の土手から見るキッコーマン工場も春風景の中で絵になりますねか~!
Commented by rollingwest at 2017-03-26 08:25
wingtom様、貴殿は日本の名だたる醤油生産地を沢山訪問されているんですね~!先程、ミコちゃん様コメにもありましたように、ヒガシマル醤油の兵庫県たつの市、ヒゲタ醤油の銚子工場見学、マルキン醤油は香川県小豆島・・、まだまだ皆様から有名醤油会社の名前が出てくることを楽しみにしています。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 08:43
寂恋法師様、貴殿は浦安に住んでいた時期がありましたか!浦安から自転車で野田や関宿まで行かれたとは凄い!江戸川沿いに整備された自転車専用道路があるとは知りませんでした。春日部の首都圏放水路は予約が必要であり平日のみの公開ですのでご留意ください。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 08:58
のんのん様、美智子皇后は日清製粉に勤めていた正田家の娘のはず・・と思って調べて見ると、美智子様の祖父・正田貞一郎氏の実家が群馬県館林で醤油製造業を営んでいたとのこと。日清製粉の前身も「館林製粉株式会社」、正田醤油も館林・・、やはり所縁があるんですね~!館林は上記にコメントを頂いた寂恋法師の故郷です。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 09:10
せいパパ様、関宿町は利根川水運で栄えた街がい今は寂れ時代の変化を感じました。でもその名残で醤油会社が多く点在して未来に向けてまだ栄えていくのですから素晴しいとです。
Commented by rollingwest at 2017-03-26 09:17
たいへー様、天ぷらやとんかつも天つゆたやソースではなく醤油!おかずが無い時は「しょう油ライス」ですか!相当のお醤油好きですね!塩分過多にお気をつけください~!
Commented by rollingwest at 2017-03-26 09:25
恵那爺様、同じ千葉県でも内房総と、茨城・埼玉に近い関宿とはかなり離れていますから行くチャンスがなかったかもしrてませんが、同じ県内の名所ですので是非とも一度訪ねて見て下さい。
Commented by yaguchitenga at 2017-03-26 11:25
色んな場所を歩かれたんですね
千葉も広いですね
Commented by wistereasublime at 2017-03-26 14:26
メタボの白クマです。
キノエネ醤油の名前、懐かしいですね。
今は見かけることがなくなったような気がしますが、こんどスーパーに行ったときに醤油のコーナーを探してみましょう。
置いてあったからといって私には購入の権限はありませんが‥。
野田が、千葉なのか、茨城なのか、埼玉なのか、中学生のころの授業で、複雑な県境線を地図で追ったことを思い出しました。
Commented by nobunagaE.T at 2017-03-26 16:11 x
キッコーマンは子供の頃からよく知ってましたが、こんな歴史があるとは知りませんでした。いろいろ教えていただき有難うございました。
Commented by 寂恋法師 at 2017-03-26 19:37 x
40代後半浦安で単身生活をしてました。江戸川から関宿経由で利根川へと、それぞれの土手の上に自転車専用道路が整備されてます。だから浦安から館林まで自転車で行けます。アップダウンもほとんどなく幅約3m前後のサイクリング専用道路で極めて快適でした。いつも葛飾柴又や水元公園辺りで小休止してました。首都圏地下放水路見学平日のみの貴重な情報有り難う。次回帰省の際にチャレンジして見ます。
Commented by Soul Mate at 2017-03-26 23:00 x
「ここは関宿 大利根川へ 人にかくして 流す花 だってよ~ あの娘川下潮来笠~♪」なんで関宿かようわからんかったが、昔は栄えた町じゃったのか。潮来出身のヤクザが関宿で彼女を思い出したわけね?今野のシュート笑うた。祝・稀勢の里優勝!「君が代」泣けたわあ。。。
Commented by rollingwest at 2017-03-27 06:00
yaguchitenga様、千葉は九十九里浜を学生時代に3度歩き、南房総(鋸山・館山)、利根川下流の街も全て廻りつくしました。残る千葉県の隠れ名所は、野田・関宿でした。あと市川・船橋のコアな見所を今年中にレポートします。
Commented by rollingwest at 2017-03-27 06:07
メタボの白クマ様、キノエネ醤油に行かれているのですね。 野田は昔から相当お詳しい事がよく解ります。ここは、千葉県なのに茨城・埼玉との識別がつかず日本国民が殆ど認識されていない不思議なエリアですネ~!
Commented by rollingwest at 2017-03-27 06:14
nobunagaE.T様、キッコーマンを子供の頃から知っておられたとはご近所にお住まいなのですね。でも意外と身近にある名所の由来・歴史は頭の中に整理されていないケースが多いと思います。今回、目から鱗と再認識して頂き記事の書き甲斐がございました。
Commented by rollingwest at 2017-03-27 06:21
寂恋法師様、40代後半時では浦安の単身生活だったのですね!江戸川から関宿経由で利根川へとサイクリング鍛錬を重ねていたとは・・!昨年秋の千葉房総珍道中の時は館林肥満タヌキ状態だったのに・・。貴殿が今は痩せてスリムな体を鍛えて入る姿にビックリしてました。その動機は広島のスナックオネーチャンへの妄想でしょうが暴走にはお気を付け下さい。(房総半島制覇のRWより)
Commented by rollingwest at 2017-03-27 06:28
聖二殿、「潮来の伊太郎~ ちょっと見なれば~ 薄情そうな 渡り鳥~♪」久しぶりに橋幸夫の潮来笠を聞いてみたいもんじゃな・・。久しぶりにチミのお住まい周辺を紹介させてもろうたよ!それにしても稀勢の里の逆転優勝は凄かった!茨城県民は初場所優勝に続き、また大いに盛り上ったんだろうなア~!
Commented by 安人 at 2017-03-27 06:58 x
安人(あんじん)です

おはよう御座います 
今日は大雨です 米軍基地開放日でしたが辞めます

チケット貰って艦船に乗る予定でしたが~

桜も咲いてないし。。随分前 花の無いベースに

入ったことが有りました;
Commented by rollingwest at 2017-03-27 07:08
安人様、伊豆河津の方にコメントが入っていたのでコチラにシフトして返信コメをさせて頂きます。昨日は本当に寒かったですネ~!今日もブルブル・・。寒の戻りで桜開花も停滞ですが週末はお花見にうってつけのタイミングになりそう!
Commented by ものみ・ゆさん at 2017-03-27 11:51 x
常総(常陸・房総)が「ちばらぎ」というのは初めて聞きました。
比較的近いところですが、いろいろな魅力があることを知りました。今後の私の旅の参考になりす。
Commented by びーぐる at 2017-03-27 14:23 x
春日部や野田地域には仕事で何度か訪れたことがありますが
それ以外はさっぱりでした。
基本的に醤油好きな私としては興味津々の記事でした!
Commented by takezii at 2017-03-27 22:12 x
RW様、こんばんは、いつも 爺さんの気まぐれブログにコメントいただき有難うございます。
距離的には さほど遠くない 野田、関宿ですが 地名を知っている程度の爺さん。RW様の 詳細レポート、資料、写真で 目から鱗・・・です。ガイドブックに 使わせていただきます。
やっと 自分の時間が持てるようになりましたので 足腰 大丈夫な内に 少しづつ訪ねてみたいな と思っっているところです。 
Commented by rollingwest at 2017-03-28 06:00
ものみ・ゆさん様、常総(常陸・房総)が「ちばらぎ」はかなり一般的な言葉ですよ。地元の自虐的なギャグでチバとイバラギの合成語、ちなみに群馬・埼玉の県境は「ぐんたま」と呼ばれます。
Commented by rollingwest at 2017-03-28 06:07
びーぐる様、このエリアがお仕事担当地域だったのですね!なかなか行きづらい場所ですが、先月の外環状「圏央道」茨城エリア開通でだいぶ交通の便がよくなりましたね!醤油好きならがこのエリアは是非ともお薦めの訪問地です!
Commented by rollingwest at 2017-03-28 06:15
たけじー様、色々と超ご多忙だったのでしょうか?ご自分の自由時間が持てるようになり何よりなことです。これからは桜も咲きアウトドアの季節、健康維持も兼ねて大いに歩きまわってみて下さい。今回記事をガイドブックに使って頂けるとは嬉しい限りです!
Commented by yuta at 2017-03-28 06:17 x
おはようございます
「圏央道」の茨城エリアが全面開通したので便利になりましたね。
何より首都高など都内の渋滞が緩和されるのがうれしいです。
日本橋の上の首都高をずらす?という話があるようです。
江戸時代の街道の出発点であった日本橋の姿が現れる日を待ってます。
東京オリンピックのころはきっと・・・・・
Commented by rollingwest at 2017-03-28 07:08
yuta様、再来訪頂きありがとうございます。次回の茨城訪問は坂東市を考えているので今回開通した 「圏央道」茨城エリアぼ高速道を大いに利用させてもらおうと思っておりなす。確かに都内の首都高渋滞が緩和に間接的な好影響が出ますね!
Commented by 安人(あんじん)です at 2017-03-29 06:59 x
おはよう御座います  WBC 頑張りましたね

予選全勝も凄い 視聴率も高かったのでは??

皆頑張りましたよね

ジム 明日明後日とプールの清掃などのメンテで
お休みです

土・日曜日を入れて4連休です

出掛ける予定が有るので晴れて欲しいですね;
Commented by rollingwest at 2017-03-29 07:02
WBC準決勝で日本は今回本気で初優勝を狙ってきた米国と互角に戦いましたが、ウ~ン、本当に日本は惜しかった!ベスト4の強豪国はメジャーリーグの大スター達を揃えた中で、日本はメジャー選書は青木一人、大谷欠場というメンバーでよくぞここまで素晴しい闘いをしてくれた侍JAPAN、本当に頑張りました!日本野球レベルの高さを世界に示した誇らしい戦士達に拍手!
Commented by ひろし爺1840 at 2017-03-29 08:43 x
!(*^_^*)!ローリングウエストさん、今日は~!
●お越し頂きありがとうございます!
天候は生憎ですが大分暖かくなり過ごし易く成って来ましたネ。
今日も元気で楽しい充実一日にしましょ~!

@('_')@また、色んな情報を見聞させて頂くのを楽しみにしておりま~す!

!('_')!今日の私のブログへのお誘い!
*四国巡礼癒し旅で2回ほど訪れた高知県の28番・大日寺を纏めましたのでご一緒に行った気になって頂ければ幸せま~す!
また、何時もの閲覧感想をお聞かせ頂くのを楽しみにお待ちしていま~す!
◆それではまたお伺いしま~す!バイ・バ~ィ!!
Commented by hirugao at 2017-03-29 09:40 x
色々行かれていますね~
醤油のルーツの和歌山は絵になる街並みのようですね。
一度行ってみたいものです。
Commented by rollingwest at 2017-03-30 06:08
ひろし爺1840様、だいぶ暖かくなりましたが、桜は3~4分咲きくらいでしょうか?この週末が満開のようですが天気はいかに・・?来週末まで持ってくれないかなあと願っています。
Commented by rollingwest at 2017-03-30 06:15
hirugao様、和歌山県は関西勤務時代に8割は廻ったのですが醤油のルーツは当時認識していなかったので行きそびれております。いつかリベンジしたいと思っております。
Commented by hase at 2017-03-31 09:56 x
おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

茨城、キッコーマン醤油の工場があるところなのですね。
日本人にとってお醤油は欠かせないものですから続けていってほしいですね。
伊豆方面にも行かれきれいな河津桜見られて良かったですね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2017-03-31 15:33
醤油の話。
面白く楽しませていただきました。
我が家でもなくてはならぬ調味料ですから。
はは
今日もスマイル
Commented by rollingwest at 2017-04-01 06:47
hase様、こちらこそいつもありがとうございます。日本の味を支える醤油、メーカー名で聞けばピンときますが、県名ではなかなか印象がありませんでした。千葉・茨城が全国の3割程のシェアを占めているんですから皆さん意外と思うかもしれませんね。
Commented by rollingwest at 2017-04-01 06:55
KawazuKiyoshi様、大変お久しぶりです!もうお越しになられないかなと思っておりました。(苦笑) 利根川流域の旅は、醤油と治水事業の歴史をしっかり勉強できて非常に興味深かったです。またよろしければご来訪下さい。
Commented by 村夫子BUN at 2017-04-01 07:42 x
元山梨県人が言うのも難なんですが、「茨城」が関東って言うのは抵抗が有ります。
山梨にはテンヨって言う醤油メーカーがありますが、我が家の醤油はキッコ-マンでした。
なので野田はミミダコなんですが、「じゃあ、野田ってどんなとこ?」って聞かれるとさっぱりです。
愛知には美味しい醤油メーカーが幾つも在りますので我が家は地元の醤油です。
何と言っても愛知にはミツカンが有りますよ。
Commented by つちや at 2017-04-01 08:21 x
お早うございます
平成29年度の始まりです。
今年度もどうぞ宜しくお付き合いのほどお願い致します。

さて野田と言えば醤油が有名ですよね。
同級の女性が野田に居て海外旅行などして居ましたが数年前に
黄泉の国へと旅立ちました。
我が故郷の佐渡島の醤油も好きです。
何時もながらの長編レポート楽しく読ませて貰いました。
Commented by rollingwest at 2017-04-01 09:24
村夫子BUN様、茨城は東北には間違いなく入りませんから、やはり関東ではないかと・・(苦笑) ところで野田は千葉県でございます。西の方からすれば群馬・栃木・茨城・千葉の県境は印象が薄くどこがどこやら分かりにくいですよね~。愛知はやはりミツカン酢ですよね!小生の高校サッカー部同級生が今勤務しております。
Commented by まき子 at 2017-04-01 09:27 x
「ちばらぎ」って初めて聞きました(笑)!
その辺のエリアのことを呼ぶんですね〜。
って、それぞれの県民に怒られません?(笑)
Commented by rollingwest at 2017-04-01 09:54
つちや様、実は来月GWに貴殿の故郷・佐渡ケ島にお邪魔します。3泊4日で徹底的に廻って来るつもりです。地元の美味しいお醤油で新鮮な海鮮料理をたっぷりと味わってきたいと思っております。
Commented by rollingwest at 2017-04-01 10:18
まき子様、チバラギやグンタマっていう呼び名は北関東エリアの方が自虐的によく使う言葉なんですが・・、利根川周辺エリアって広大すぎる平野が広がっておりよく見わけがつかないんですよね~。
Commented by siawasekun at 2017-04-02 04:12 x
ローリングウエストさん
おはようございます♪♪

健康で、元気が一番ですね。
平凡な生活が日々送れることが幸せ、・・・・・・。
ですね。
Commented by rollingwest at 2017-04-02 06:10
siawasekun様、今日はお花見・鳥の声を聴くうってつけの日!いい時間をお過ごしください。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2017-04-02 18:57 x
たくさん見せてもらいました。
有難うございました こちらも寒いんですよ。
Commented by Soul Mate  at 2017-04-02 21:22 x
アベちゃんも世間知らずのアホな令夫人連れて大変じゃなあ。外に出ずお屋敷で家事一筋に頑張って欲しいもんじゃ。令夫人のおかげで株価にも影響あり日本中大迷惑じゃわ。高校生の雪崩事故、本当にお気の毒。おぬしも気をつけんさいよ。。。
Commented by rollingwest at 2017-04-03 06:00
ちごゆり嘉子、西日本の桜の開花状況はまだまだのよですね。四国・九州が4月に入っても咲いていないというのは珍しいですね。
Commented by rollingwest at 2017-04-03 06:07
聖二殿、昭恵夫人も安倍のオカーチャンにこっぴどく叱られて自粛みたいだね。それにしても母親が岸信介の娘だけあってそっくりなのだったので笑ろた・・
Commented by yuta at 2017-04-04 05:52 x
おはようございます
春日部に首都圏放水委路があるですね。
春日部はなんどか行ったことがありますが、
こういうとことがあるとは思いませんでした。
Commented by 輝ジィ~ジ at 2017-04-04 10:12 x
RWさま
遅※で失礼致します。
私は浅学菲才の輩なのですが、歳の所為か?些か知ったかぶりする事もままありますが。詳細なる貴レポで得た知識をもとに
何処かで披露するかも(笑) キッコーマン商標語源など、利用させて頂きます。
Commented by シクラメン at 2017-04-04 21:04 x
こんばんわ。今年の三月は寒い日が多かったですね。四月に入ってようやく春到来で桜も咲き出しました。日本人の調味料は何と言ってもお醤油。特に昔から、キッコウマン醤油です。
Commented by rollingwest at 2017-04-05 06:00
yuta様、春日部の地下にある首都圏放水路はまさにパルテノン神殿!国内では殆ど知られていないお宝物の見所です。ただしこの見学は平日限定で事前予約が必要ですのでHPを調べて行動に起こして下さい。
Commented by rollingwest at 2017-04-05 06:07
輝ジィ~ジ様、大変御無沙汰いたしておりました。久しぶりのご来訪嬉しい限りです。小生もキッコーマン商標語源や醤油に関する蘊蓄などは全てネットの受け売りですのでご心配なく~!でも興味を持って現地を訪問し見てきたからこそ、確信を持って知識補強にネットを利用させてもらっております。
Commented by rollingwest at 2017-04-05 06:14
シクラメン様、ようやく暖かくなって桜も満開!お花見の宴会でもお醤油は欠かせませんね~!日本の味、和食の原点ですね!

<< <2017年4月>日本遺産「信... <2017早春>伊豆半島・夫婦... >>