<2007年11月3日>文京区探訪(小石川・本郷・湯島) 


古い町並みが少なくなってきた東京で、今もなお静けさを保ち、歴史・文学の雰囲気を残している所が文京区です。その名のとおり、東京23区の中ではもっとも文教的アカデミックな街ですね。


地下鉄「後楽園駅」で降りて、小石川から本郷・湯島を経由し神田駿河台「御茶ノ水」駅まで逍遥・散策する長~い散歩旅でしたが、懐かしく落ち着いた雰囲気での歩きは実に心地よいものでした。



★江戸時代の名残を残す「小石川・春日」

c0119160_21364143.jpg
     ...東京ドームの隣とは思えぬほど静かな石垣塀の道(水戸黄門が完成した庭園).....

c0119160_10504550.jpg

「後楽園」といえば「東京ドーム」。 学生の頃は「巨人軍球場」と「遊園地」「場外馬券場」しか連想しなかった小生。これから文京区を探訪しようとせん人物としては全くふさわしくない・・・? (笑)
c0119160_1053839.jpg

アミューズメントのメッカ、喧騒たる娯楽施設のすぐ隣には「小石川・後楽園」が静かな空間を保ち続けています。この庭園を完成した方は、水戸光圀公(人生楽ありゃ~♪の黄門様)であります。
庭モミジも色づく時期ですが、今年の紅葉はやはり遅い。都心の木々はまだ青々と輝いています。

c0119160_21373725.jpgc0119160_21375155.jpg
     .....「後楽園」の名の由来は「先に憂いて後に楽すべし」。池の背後は東京ドーム....

c0119160_1054314.jpg
c0119160_10545677.jpg

小石川・春日の街並を散策していくと多くの坂道に行き当たりお寺・史跡があまた点在しています。
東京23区に坂道は658ケ所あるそうですが、そのうち何と文京区の坂は117ケ所を数え、全体の2割近くを占めているとのこと。「さだまさし」の唄に登場する「無縁坂」も文京区湯島なんですよ。


....(左)春日町に鎮座する北野神社↓通称「牛天神」。
源頼朝が来訪、夢に祭神・菅原道真が現われ「牛」形の願い石が残されたとの故事による。.....c0119160_21452640.jpgc0119160_21454151.jpg

   ....(右)「伝通院」、徳川家康の生母や千姫など徳川家ゆかりの女性の墓が多い。↑.....


★近代文学発祥の地「本郷」


「樋口一葉」や「坪内逍遥」等の日本近代文学をまともに読んだことがない小生にとって、樋口一葉を語る資格はない(逍遥日記のネームを使う資格もない?(笑)・・・)のですが、散策路の足を進めていくと「菊坂」という坂道に行き当たりました。ここは一葉が貧しく暮らした人生ゆかりの地です。

c0119160_2231983.jpgc0119160_2234982.jpg
.....(左)一葉旧居跡に残る井戸(まだ現役)... (右) 一葉が通った質屋(伊勢屋)と菊坂の風景....


「菊坂」を抜けて左折北上すると、「本郷菊富士ホテル跡」という所に出くわしました。
この辺は静かで実に落ち着きのある坂の道です。文京区は実に雰囲気があるねえ~・・・。


c0119160_2285179.jpg
  ....「近代学発祥の地:本郷」の銅盤碑(江戸振袖火事や女子美大跡でもあるらしい)...


ここには「近代文学発祥の地」という銅盤モニュメントが見られます。そこに記載されている名前は実にメジャーな方ばかり。文学に直接触れたことが少ない小生でも7割位は知っている文士達。
彼らは本郷の地に集い貧しい生活に耐えながら、文壇で活躍する未来の夢を見ていたんですね。



★東京大学「本郷キャンパス」

本郷といえば「東京大学」。敷居が高すぎて小生には全く縁のない「日本最高学府」ですが、
本郷キャンパスを歩くと実に興味深く素晴らしい建物が沢山あります。

c0119160_2216929.jpg
    ... 国重要文化財・東大「赤門」(正門ではない)、加賀前田家屋敷の門だった。...


高層ビル化や郊外移転の拡張等で何の感慨も受けない大学キャンパスが増えているご時勢、比較にならない程の「歴史の重」みと「優秀人材を輩出したプライド」をビシビシと感じました。

c0119160_2217964.jpgc0119160_22173234.jpg
    ....東京大学構内キャンパス風景、日本を支えた数多くの優秀人材を輩出.....


「団塊の世代」の大量退職が始まった2007年。当時大学生だった全共闘世代の方々が警察と戦って傷つけられた「安田講堂」、事件から早40年近い歳月が刻まれました。東大シンボルの建物として修復され復活しているものの、今だに当時の傷を心身とも引きずっているような気もします。

c0119160_2226060.jpg
    ....東大のシンボル「安田講堂」。全共闘の終焉を告げる占拠事件から40年近い。.....



★受験生の神様「湯島天神」

学問の神様で有名な天神様「菅原道真」を祀っている「湯島天神」は受験シーズンになると白梅のもとで「合格祈願絵馬」が沢山飾られます。いや~まさに文教の頂点:文京区のシンボル神社だ!

c0119160_22294788.jpgc0119160_22311529.jpg
     ....受験シーズン期は合格祈願で賑わう「湯島天神」、学問の神様「菅原道真」を祀る。...


「湯島天神の白梅」はあまりにも有名ですが、当日訪れた日は「菊まつり」の真っ最中でした。
c0119160_22313521.jpg


これがまた実に豪華で素晴らしい!この日のために手塩にかけて大事に育てられた高貴で芸術的な数多くの菊たちが凌ぎを削って競い合っています。いいタイミングに恵まれて、満足・満足~!

c0119160_22315315.jpg
    ...湯島天神は白梅が有名だが秋の「菊まつり」も実に見事!豪華芸術の粋を競う。...



★幕府直轄の学問所「湯島聖堂」

日本の最高学府・東京大学が本郷に設置されたのも、元々は徳川幕府が推奨・直轄する学問所がこの湯島の地に開かれたからであります。「昌平坂学問所」という儒教の大学だったのです。

c0119160_22502657.jpg
            ...幕府直轄の学府「昌平坂学問所」の地、「湯島の聖堂:大成殿」....

c0119160_22511051.jpgc0119160_22551583.jpg
     ....幕府は儒学教育を推進、開祖「孔子」が祀られている。↑世界最大の孔子像....

儒教の開祖は「孔子」、ここには世界最大の孔子像が鎮座。当日は「孔子復活百周年事業」として孔子に纏わる公開イベントが開催されていました。「都心の静謐」に感激、実に貴重な場所です。
c0119160_2256217.jpg
   ...「聖堂:.大成殿」構内は荘厳な静けさが漂う。隣が喧騒な「御茶ノ水駅」とは思えない。...




★江戸の総鎮守「神田明神」

湯島聖堂の目の前にある奥まった高台には「神田明神」が重厚な雰囲気で鎮座しています。
江戸三大祭りで有名なのは「神田祭」、この御神輿が担がれるとき江戸っ子の血は騒ぐ時!
でも神輿の担ぎ手には丸の内・大手町のビジネスマンも大いに貢献しているとのことですよ。

c0119160_2333699.jpg
          ....江戸の総鎮守・「神田大明神」、「神田祭り」は「江戸三大祭りの筆頭.....


ここに祭られる神は3つ、1と2は「恵比寿」「大黒」、そして第3はあの怨霊伝説で有名な「平将門」
恐ろしいイメージが先行する「将門」ですが、関東では崇敬される英雄武将なのでした。

c0119160_2351593.jpgc0119160_2361453.jpg.
   ....(左)天平時代の聖武天皇創建の由緒ある神社...(右)唯我独尊を貫いていた境内の銀猫....


「日本三大怨霊」とは「平将門」「菅原道真」「崇徳上皇」。いずれも日本の歴史に強烈な印象を残す御三方ですが、その中でも「平将門の首塚」は特に崇め恐れられている存在です。
c0119160_23403189.jpgc0119160_2312066.jpgc0119160_23121783.gif
 ...(左)「承平の乱」首謀者「平将門」...(中)(右)大手町ビル群の谷間に鎮座する「将門の首塚」...


M物産隣り・大手町高層ビルの谷間に、雷鳴と共に飛翔してきた「将門の首」が祀られています。
過去何度も移転を試みても、祟りと思われる不幸な事故がつど起こりました。小生も今この近くで勤務しているのですが、毎日昼休みにお参りしているサラリーマンの姿を何人か見かけます。




★フィナーレ「御茶ノ水:神田駿河台」


文京区探訪というのに「何で神田なんじゃ~?さっきから千代田区が紹介されているじゃねーか」とクレームもありましょうが・・、「御茶ノ水駅」を最後のゴールとしたものなのでご容赦下さい。

      ....(左) 「御茶ノ水駅」に架かる「聖橋」、名前のルーツは隣接する「湯島聖堂」.....c0119160_23224591.jpgc0119160_23232881.jpg
   ... (右) 日立ビル脇に埋もれる「蜀山人」終焉地の立札。食山人さん、他意はありません・・。....


「神田駿河台」はやはり「学生の街」、もうここに来ると文京区の静かな雰囲気は全くありません。
「喧騒」の言葉が似合う賑いを見せています。(でも学問拠点という面では共通点があるのかな?)
神田川北側・湯島には医師系大(順天堂・東京医科歯科)がありますが、南側の駿河台には有名私大(日大・明治・中大)の最新鋭の高層ビル校舎が林立。昔の古いキャンパスが懐かしい・・・。


c0119160_23325031.jpg
       ....神田駿河台風景を象徴する「日本ハリストス正教会」の「ニコライ堂」.....

御茶ノ水駅のすぐ隣には、立派な「東欧ビザンチン式教会」がそびえています。学生時代から目に焼きついている風景ですが、初めて入ってみました。
この教会は通称「ニコライ堂」、ロシアの修道司祭ニコライが建立したことにちなみます。

c0119160_23334352.jpg
       ....この日は教会内部を無料公開、金色の荘厳な礼拝所にはミサが流れていた.....



東京23区の史跡・街並みはもう殆どと言っていいくらい訪ね歩いてきましたが、意外にも文京区の周辺はじっくりと散策したことがありませんでした。本当に風情があるいい街並みです。
この周辺に散々出没していたのに、今さらにこの街の魅力を再発見!遅すぎるってか・・?<(_ _)>


やはり、学問や文学の風情が似つかわしくない小生には縁遠い場だったのかな・・。
誰~!?自分をよくわかってるじゃん・・・と言った人は!  (`ヘ´#)!!!

                                                    (おわり)

  by rollingwest | 2007-11-03 21:32 | 都会の風景 | Comments(18)

Commented by alkinist at 2007-11-28 15:53
なんと驚いた。小生のブログのコメントに後楽園のことが書いてあったので立ち寄ってみたら・・・RWさんはすっかり東京ウオーカーの感がありますね。山歩きのほうもお付き合いをお願いします。
Commented by おっちょこ at 2007-11-28 21:03 x
しかし、凄い行動力としか言いようのない。ゆっくり時間を楽しんでいるご様子。山だけではなく、町までも・・・。さすがです。いい人生を歩んでいますね~!羨ましい~!
Commented by rollingwest at 2007-11-29 00:26
こちらこそ、小石川周辺の散策でブログでダブっていたのもおもしろい縁だなあと思いました。今回、御茶ノ水駅前の「太田蜀山人」の終焉の地が本当に目立たないところにあり、やっとのことで見つけたのですが、非常に寂しい気がしました。食山人さん、一度訪れて手厚くお祈りしてあげてください。
Commented by rollingwest at 2007-11-29 00:30
結構、日頃見慣れている街並みもじっくり歩いてみると、自分への刻まれ方・印象の残り方が違いますね。これから平地もどんどん歩いてみるつもりです。(笑)
Commented by 葛飾のオヤジ at 2007-11-29 05:16 x
なぁ~るほど!「後楽園」「聖橋」の名前の由来は初めて知りました・・。
「この日のために手塩にかけて大事に育てられた菊」、見事です!子どもの時に見てもつまらなかったものが、最近は立ち止まってでも見入ってしまうものが多くなってきた。
本郷の先の、日暮里谷中・根津・池之端コースも趣きありますよ!
Commented by rollingwest at 2007-11-29 05:49
文京区:続編コースはまたいつかレポートしてみる予定です。
そのうちオヤジさんの葛飾にも足を伸ばす気でいますよ~。
Commented by おっちょこ at 2007-11-30 07:23 x
 (`ヘ´#)!!!  <(_ _)> 芸が細かいわね~。S様のブログでもW様がかわゆい表情をおつくりになっていたけれど。ローリングさんのもかわゆいので、使わせてね(笑)
Commented by rollingwest at 2007-11-30 21:22
は~い、ナンボでもどうぞ。これからもできるだけ新しい顔文字を使うようにします。
Commented by リトルセサミ at 2007-12-01 00:16 x
後楽園から御茶ノ水までゆっくり散策して、新しい発見ガありいいですね。こんどは食事どころも開発してくださるとうれしいのですが、期待しています。話は変わりますが、雪の便りが聞こえ出しました、スキーも復活し活躍することを期待しています。
Commented by rollingwest at 2007-12-01 05:50
屋久島の疲れは癒えましたでしょうか?またゆっくり充電されて素晴らしい山の写真を見せてください。
Commented by おっちょこ at 2007-12-03 07:29 x
あらためてゆっくり拝見して、あまり東京のお散歩は興味がなかった私でしたが、来年から、週2回土曜日に上京する可能性ができましたので、時間が許す限りおのぼりお散歩をしてみようかという気になりました。好奇心の巾が狭い田舎者の私をその気にさせるとは、お写真とコメントのお力でしょうか。 マイペースで、遅ればせながら東京見物を楽しむ事にします。  
Commented by 神楽坂 at 2007-12-03 19:04 x
おお!学の聖域に軽い足跡を残してしまったのですな。赤門をくぐるなんて・・三四郎池の周囲も逍遥して、漱石をしのびましたか?神田明神には銭形平次の碑と八五郎の碑もあったかと思います。こっちのほうが、ローリンさんには似つかわしいかも。参道に天野屋という茶店があったでしょ?ここは江戸時代から続く、甘酒の店、自家製の糀を使っています。柴崎納豆なんかも作っていて、江戸庶民の味です。はや、師走。風邪と飲みすぎにご用心。そんなの関係ねェ~かな。
Commented by rollingwest at 2007-12-03 22:32
あんまり露骨に言わないで・・(苦笑)
無理して精一杯背伸びしてるのに・・・。少しは気~使ってよ。
「もう二度と××とは言いません。」の殊勝なお言葉は完全に忘れてますね。先日の高田馬場の飲み会で認識済ですが・・・(笑)
Commented by わかこ at 2007-12-05 10:06 x
直したよん\(^o^)/ 118座あれでいいのかしら?
いわゆる谷根千(谷中根津千駄ヶ谷)には、猫が沢山いるので時々行っていたんですが、今度は神田明神に行きます。猫に会いに(=^ェ^=)このブログで行きたいところが沢山見つかりました。
Commented by 祭大好 at 2009-02-27 13:21 x
たいへん遅レスですが
神田祭りが江戸三大祭の筆頭とは、聞いたことありません。
三大祭の筆頭であり、日本三大祭にも数えられるのは日枝山王神社というのが一般定説です。
天下祭りの序列も、陰陽・干支において、陽であり兄であるのが山王、陰で弟が神田と定められていることからも分ります。
Commented by rollingwest at 2009-03-01 06:40
ご指摘ありがとうございました。大変勉強になりました。
Commented by kwc_photo at 2010-09-23 14:09
3~4年前から、東京へ行ったついでにいろいろと史跡を
めぐるようになりました。
湯島聖堂、ニコライ堂も行きましたよ。
ニコライさんは、函館にもゆかりがあって、坂本龍馬に
関係のある沢辺琢磨、同志社創立者新島襄とも交流があり、
大変興味深い人物でしたので、お茶の水に立ち寄った際は
すぐに立ち寄りましたし、函館に行った時もハリストス正教会
は2回訪れました。内部も見せいていただいて感激した
のは記憶に新しいです。
ニコライ堂も内部を公開する日があるのですね。
機会があれば是非見てみたいです。ロシア正教会の内部は
キリスト教の教会とはまた違う趣がありますしね。
お香をたいて、もうもうとした中で祭礼をするようですよ。
Commented by rollingwest at 2010-09-23 21:49
ロシア正教会は原始キリスト教の面影を多く残していますが、建物の威厳は素晴らしいものがありますね。小生は歴史・建物は洋より和に興味(音楽は逆だけど・・)があるので、あまり詳しくはありませんが、正教会の建物は大好きです。
函館の正教会も行きました。トラピスト修道院(男)とトラピスチヌ修道院(女)でしたねえ。手作りバターが有名だったような気がする。

<< <2007年11月10日> 信... <2007年10月20-21日... >>