<2007年12月25日> 2007年・歳末カウントダウン「光都東京」


クリスマス3連休(←俺には全く関係ねー!)も終わり、いよいよ2007年の最終週を迎えました。

年の瀬を迎えた今、「丸ノ内」と「日比谷」では素晴らしい「光の芸術」が競い合っています。
仕事を終え帰宅途中に立ち寄ってみました。この美しい光景を見ながら、新年を迎えるのもなかなかロマンチックでお薦めかもしれません。 こっちは毎年、紅白見ながら家での年越しだけどね(笑)

さて、今年も残り少なくカウントダウンの秒読み開始!いろいろあって印象深い年だったなあ・・・。


★「光都東京」ライトピア2007

c0119160_1329351.jpg


例年この時期、東京・丸ノ内では「東京ミレナリオ」(神戸ルミナリエと競う年末の光のページェント)が開催されますが、今年は東京駅舎工事中であるため「ミレちゃん」は暫らく休止になったとのこと。

c0119160_1330694.jpg


それに代わる後継イベントが、丸ノ内・皇居周辺で行われている「光都東京・ライトピア2007」!
先日「師走の都会紅葉」を楽しんだばかりの「和田倉噴水公園」が今回そのメイン会場なのでした。
クッキリとした満月もイルミネーション部隊の一員にしっかり加わって盛り上げておりましたぞー!

c0119160_13514963.jpgc0119160_1352941.jpg


「和田倉濠」の石垣上に連なる樹木はライトアップされ幻想的な光景!お濠水面に映る都会夜景とのコラボレーションは、今まで見たことない初体験光景!実に不思議な気分にさせてくれました。

c0119160_13323023.jpgc0119160_13324320.jpg


12月初め「和田倉噴水公園」を訪れた時は「青空の紅葉に映える噴水」でしたが、今夜は数分ごとに色彩を変えるイリュージョナルな噴水光景。おっさん一人だけど気分はロマンチック! (o^щ^o)

c0119160_1334364.jpg
c0119160_13341691.jpgc0119160_13342982.jpg


今回企画の評判をインターネットで確認したところ、「東京ミレナリオ」に代わるイベントとしては今一盛り上がりに欠けるという意見が多少あるようです。「和田倉噴水公園」は皇居に近くやや寂しく寒そうなので若者が来ないのかも・・(笑)。 私としては和風で落ち着きのある今回の方が好きですね。

c0119160_1336480.jpg


東京駅もオレンジ色にライトアップされていました。(^o^) う~ん、やはり日本一威厳のある駅だ!
駅前の新高層ビル群も華やかなイルミネーションに飾られており、気分はまさに年末バージョン。

c0119160_13372442.jpg





★「TOKYO FANTASIA 2007」


日比谷公園」の方に足を向けて見ると「TOKYO FANTASIA 2007」という大々的イベントが開催されています。有楽町駅を降り帝国ホテル(下記左)脇を通り抜けてアプローチして見てください。

c0119160_1432935.jpgc0119160_1434661.jpg


ここには日本一高いクリスマスツリー(高さ42m)が飾られています。環境をPRするために、ツリーには芽吹きから新緑・花が咲く成長を光のイルミネーションで表現・演出が行われるのです。

c0119160_1494085.jpgc0119160_1410071.jpg


青い発光ダイオードはやはり目立つね!樹木はダークオレンジの間接照明で真っ赤に浮き上がっています。実は葉っぱが全て落ちた冬樹なのに紅葉の盛りのように見せるなんて本当にスゴイ!

c0119160_1411215.jpg


先ほど訪れた「和田倉噴水公園」と比べると圧倒的に観客の数が違う! 「日比谷公園」に向う道は大行列。警備員が声を張り上げて誘導指示する喧騒。それもカップル連れが多い。うん、うん、わかるような気がする・・・。 こちらの方が実に鮮やか・華やかなクリスマス電飾イルミネーション。
c0119160_14122832.jpg


ま、中年おやじはカメラに映像収めたらそそくさと帰ろ。家でビール飲んでた方が落ち着くもんね。
でもいよいよ迫り来る年の暮れの雰囲気を十分感じられただけで満足満足~!さて即座に帰宅。





★2007年さようなら・年末カウントダウン


さて大掃除も終わったし、喪中欠礼で年賀状書きもなく、久しぶりにまったりした時間を過ごしています。今年は柏崎に4回帰ったので年末年始は帰省せず自宅でゆっくり正月を迎える事とします。


c0119160_14181171.jpgc0119160_14151044.jpgc0119160_14152316.jpg
今年もあとわずか。カウントダウンの刻時は、下記の「ユニクロック」(美少女がダンスするユニクロ配信のデジタル時計)でお楽しみ下さい。スタイル抜群だよ~!(俺も完全におやじだね~)c0119160_14202428.jpgc0119160_14204134.jpgc0119160_14205349.jpg

 *5秒ごとにデジタル6桁表示(時・分・秒)が刻まれそのつど、踊る美少女隊が登場!
     ↓
 「ユニクロック」





今年皆様には諸事お気遣いを頂戴しまして誠にありがとうございました。   よいお年を


                                                      おわり

  by rollingwest | 2007-12-30 13:26 | 都会の風景 | Comments(11)

Commented by おっちょこ at 2007-12-30 20:47 x
わ~綺麗!旅が苦手な田舎者のおっちょこは、ただただ感激です!有り難う!
Commented by おっちょこ at 2007-12-30 20:50 x
もう一つ。 ユニクロックを貼り付けるという発想が、Rさんが有るところに新鮮な思い。軽やかさ~素敵です!
Commented by rollingwest at 2007-12-30 21:22
いや、おっちょこさんんも本当に大変な年でしたね。
来年もまたご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
それでは、よいお年を~!
Commented by はうす at 2007-12-30 23:34 x
☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪\(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚
忘年会でRWさんのHPのことをお聞きして、「ローリングウエスト」で探し当てました。その日以降は、毎日開くBLOGのひとつになっています。書き込みまでは、なかなか出来ないのですが・・・。美しい映像は私の癒しです。ありがとうございます。また来る年もよろしくお願いします。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2007-12-31 06:01 x
日比谷公園のツリーも汐留のイルミも、クリスマスには大変な人だったようですね。燈篭と青い噴水、素敵です!どうぞ、よいお年を!!
Commented by わかこ at 2007-12-31 07:12 x
年末最後を飾るにふさわしい記事ですね。ほんとにここに居ながらにして美しい景色を見られて ちょっとした私の東京散策のガイドブックになっています。日比谷って、あの人の流れに入らずともちょっとのぞいて これだけのものが見られるのなら、来年行ってみようかな・・・
ちゃんとローリングウェストで聞いている人もいる(=^ェ^;=)・・・・・そうよ、そうよ。私だってハウスさんのように静かな大人の女でいたかったのに・・・なんでかヘリウムだの猫トラまんだのつけられちゃってさ(^〇^)。まっ、楽しかったわ。来年もよろしくね。
RWさんにとって、大変な年だったようですが、来年は素晴らしい年になりますように(=^ェ^=)!!
Commented by 草子 at 2007-12-31 08:51 x
今年は突然、遊んでいただきまして、ありがとうございました。また来年もよろしく遊んでくださいませ。「のっぺ」は紅白の頃にUPしちゃおうかな~。ではでは、よいお歳をお迎えください。
Commented by rollingwest at 2007-12-31 11:10
はうすさんの絵文字もまさにクリスマスイルミネーションですな!
時たま訪れさわやかなお言葉を残して去っていく「はうす」さん、また来年もよろしぃお願いいたします。また皆での飲み会を楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2007-12-31 11:24
葛飾オヤジさbb、風邪治った?今日は無茶苦茶寒い日だから、あんまり無理しないでこじらせないようにね。でも下町の大晦日風景レポートは実は大いに楽しみにしているのじゃ。 除夜の鐘までガンバってね~!
Commented by rollingwest at 2007-12-31 11:27
わかこ様、この1ケ月でニックネームつけまくって申し訳ありまへん(笑) まだまだつけられ足りないでしょうから、逸話発生のごとに新ネームを捻り出すよう努力のし甲斐があります。
来年は神田明神の「銀猫」に会えるといいね~!
Commented by rollingwest at 2007-12-31 11:29
草子さん、今日は大雪でかなり厳しい寒さですね。
年越し時刻にUPされる暖かい「のっぺ汁」の写真と元旦の雪風景を楽しみにしております。  それではよいお年を~!

<< <2008年1月1日>新年:元... <2007年12月初旬>師走の... >>