<2007年3月16日>府中探訪(その1:春の訪れ・歴史編)


今年の春の訪れは早かった!冬は結構寒かったのに3月は温暖陽気の日が続き、梅・桜の開花が一挙に早まりました。そして花の色づきは例年よりクッキリ鮮やかな気がします。紅葉もそうですが木や花にとって、季節の変わり目はダラダラしているより寒暖の差が大きい方が綺麗に映えますね。


  !!!春の訪れが早すぎてビックリ~!!!(梅の記事投稿UP時は満開の盛りを過ぎて散り始め)c0119160_10113923.gifc0119160_1017549.jpg
c0119160_1037596.gif

3月中旬、春陽気の暖かい日に、歴史が深い府中市(東京都多摩地域)の街を探訪してきました。
この時はまだ梅の花が満開だった頃です。現在はもう巷の桜は散り始めており、花のレポートはタイミングが前後しますがご容赦~!(前回の「ロック40年史」に時間かけすぎて桜に抜かれた。)




★府中の歴史と「大國魂神社」

今住む川崎市と府中市は隣接しているのに、意外にもじっくりと訪れたことがありませんでした。
その歴史ある街・古社・史跡を訪ね歩いてみると見所があって、楽しいウォーキングが楽しめるぞ!
c0119160_10255614.jpg


府中市は東京と広島に2都市が存在しますが、府中の地名は全国各地にも数多く見られます。
律令時代の国府を意味しており東京府中は武蔵国の国府が設けられたことに拠る由緒の地名。
そういえば昔住んだ静岡では駿府城周辺が府中と呼ばれていたなあ。行政の中心の意味か!


     .....「大國魂神社」は武蔵国の総社であり、出雲の「大國主命」と同一の神.......c0119160_10265582.jpgc0119160_10271622.jpg
.
       ....1900年の歴史を誇る古社と清楚な巫女さん、実に、実にいいですなあ.......
c0119160_10282489.jpg

近世では甲州街道宿場町で栄えた所ですが、鎮座する「大國魂神社」がこの町の中心地でした。
先日、大宮の氷川神社を訪ねましたが、これを含む武蔵国(関東)の代表的な六ケ所の神社祭神も「大國魂神社」で併せて祭られているとのこと。西暦111年創建、さすが由緒ある屈指の古社だ!




★春到来、散策の路傍


    .....住宅開発が進む近郊畑にも春の訪れが・・(梅木や土筆も、菜の花も).......c0119160_10443768.jpgc0119160_10445433.jpg
c0119160_16414649.gif
c0119160_1642856.gif
格式ある神社をあとにして、次は東京競馬場・サントリーの武蔵野ビール工場を訪ねてきました。
このレポートは後ほど別に入れますが、「いこいの森」「郷土の森博物館」に向かっていていく途中には田園風景に春の息吹が十分感じられました。本当にいい季節になったものです。ポカポカ陽気

c0119160_1046396.jpg

サントリー工場でご馳走になった出来立ての生ビールでややほろ酔いしながらの逍遥、菜の花の田園風景を見ながらテクテク歩いていく時の気分は至福。まさに春のオジサン状態どエすなあ・・。
c0119160_15163394.gif


★府中「いこいの森」・「郷土の森博物館」

ここは市民の健康センターやスポーツ施設、庭や池のある市民が憩える公園、さらに奥へ進むくと「郷土の森博物館」があります。この一帯は歴史や庭の風情が楽しめて、なかなかいい所ですね。


  .....(左)府中市民はいい公園に恵まれて羨ましい。(右)鴨ちゃん、こっちにおいでcome on~......c0119160_10552038.jpgc0119160_10581615.jpg


     ....天に向かって咲く「府中いこいの森」での生気溢れる前向きな若梅たち......
c0119160_10565530.jpg


  .....梅・桜の木もやはり「しだれ」は感動を呼びますなあ・・・、風情があって実によい!......
c0119160_19474425.jpg


冒頭にも述べましたが、今年の梅は生き生きとメリハリのある咲き方をしている印象があります。
厳しかった寒さのあとに待ちかねた春の暖かさを感じて、木々も大いに嬉々としているのでしょう。


  ....府中の名のルーツ、大和朝廷中央集権国家のもとで国府が置かれた姿の再現....(撮影可)
c0119160_11640100.jpg
   .....「府中市郷土の森博物館」には民俗・歴史の地元文化財が展示されている。......c0119160_118377.jpgc0119160_1174418.jpg

武蔵野・多摩地区にはこのようなレトロな建物をコンセプトにした公園や博物館が実に多いね。
小金井の江戸東京建物園も素晴らしい!4月は青梅のレトロ街道も訪ねる予定なのですが、ここでも懐かしい建物・雰囲気を味わえるとは思いませんでした。さすが歴史ある街・府中ですな!


     .....この博物館は広く、レトロな復元建築物や梅林などが整備されている。......
c0119160_1193435.jpgc0119160_1195656.jpg
  .....レトロ民家には梅の風情が・・・、雛祭りは過ぎているが昔の立派な雛壇が飾られていた。......c0119160_1112898.jpgc0119160_11122789.jpg


今日は青空・爛漫の梅・ポカポカ陽気、アルコールも適度に回りながら目の保養。
春は毎年必ずやってきますが、やはり人も動物も心うきうきする季節であることは間違いなし。c0119160_17501.gifc0119160_1114914.gif
 
     ....いや~春本番!紅白梅が盛り。 何と、花びらが上下紅白ハーフの梅を発見!.....c0119160_11233364.jpg
c0119160_11234691.jpg

       ....春陽気の中、藁葺き家の前で睦まじく談笑していた夫婦.....
c0119160_11275694.jpg

さ~て、近代のレトロと梅満開の春を十分満喫!次は日本史中世のレトロの探訪に行こう・・・!
「太平記」(鎌倉時代末期・後醍醐天皇の建武新政時代)の史跡探訪なのだ。



★日本の中世史に刻まれた古戦場

今回の府中探索の契機は、新田義貞が北条鎌倉政権を打倒した古戦場跡「分倍河原」(ぶばいがわら)をかねてより訪れてみたいと思っていたことです。3月に「太平記」関連本を読んでいたことが電球のように閃いて思い立ったら吉日! まさにその通り!今日は春の吉日、春のおじさん状態。
 
     .....分倍河原の古戦場へ向かう。30分以上歩くが実に気持ちのいい新田川緑道.....c0119160_1132690.jpgc0119160_11322229.jpg

府中公園から古戦場に向かう道は「新田川緑道」と呼ばれる非常に風情ある気持ちのいい散策道です。徒歩で30分以上歩きましたが、いつまでも歩いていたいほどに心がリフレッシュしました。
ここは実にいい道、皆様も是非とも歩いてみてください。実に楽しいよ~!


.....分倍河原古戦場碑。ここに侍る猫にカメラを向けたら即・戦闘体制!(さすが古戦場の猫).....c0119160_11401860.jpgc0119160_20531194.jpgc0119160_1533670.gif

新田義貞は教科書に一応出てくる人物ですが、ライバル足利尊氏には天下をさらわれ、同時代を生きた楠正成(天皇を一途に守った忠誠の武将)に比べたら、世の評価は低いし大いに地味。
あっけない死を迎えて歴史に殆ど名を残してはいないけど、何故か渋くて存在感があります。
c0119160_1551519.gif
  .... 分倍河原駅前(南武線)には、北条政権を破った「新田義貞」の像が誇らしげに立つ。.....
c0119160_11424319.jpg

馬にまたがり天に向かって刀をかざす新田義貞公の姿は実に勇ましく凛々しいものでした。
新田殿、府中にいざなって頂きありかとう~!実に楽しい1日、 蔵出しビールもウマかった!
そういえば馬といえば、府中といえば・・・、次回は歴代のサラブレット名馬達を紹介いたしましょう。

                                                      おわり
c0119160_11434876.gif
c0119160_1144441.gif


府中探訪(その2)「ビール工場・競馬場」(アミューズメント編)

  by rollingwest | 2008-03-31 10:08 | 寺社・史跡・古道 | Comments(19)

Commented by わかこ at 2008-04-06 20:09 x
これから、ビール工場と競馬場をアップするのね( ̄∀ ̄)!
そして本日も写真を撮りまくっていたけど、完全に季節の方がブログを追い越して行きそうね。頑張れよ~!この神社に昭和天皇の崩御した年がちょうど厄年だったので厄除けに行ったのなあ・・・・こらこら、いくつの厄年かと、数えちゃ駄目よん。
新田義貞は、足利尊氏の陽動作戦にひっかかって楠正成の足をひっぱったんだと これほど戦が下手な武将はいなかったと司馬遼太郎がいっとたけど、軽くて人はいい人だったかもとRWさんが撮った写真と文章をみると・・・しみじみ( ̄∀ ̄)

Commented by rollingwest at 2008-04-06 20:45
本日は、はるばる元住吉まで同級生:真空管レトロミュージックの会に訪れていただきありがとうございました。実に楽しい1日でしたね。

そうですか、19才の女性厄年のときにこの古社に参内したのですね。
32-19=13 今から13年前の1995年に行ったのか? ん・・?
最後の言葉は完全に褒め殺しですなあ・・。
天然さんに言われると私も言葉の返しようがございません。(笑)

季節のめぐりが早いので、お馬とビールの記事は「桜」のあとの紹介とさせていただきます。
またよろしくね~!
Commented by k-koyama21 at 2008-04-06 21:48
RWさん、お元気そうで何よりです。方々を散策されていますね。ところで、「生ビールでややほろ酔いしながらの逍遥、菜の花の田園風景を見ながらテクテク歩いていく時の気分は至福。まさに春のオジサン状態どエすなあ・・。」というくだりを拝見すると、昨年荒島岳の時に行った国府「武生」も京都のにおいがあったように思いますが、新潟県の柏崎まで京都弁が伝わっているとは知りませんでした。女性の場合は、「おじさん状態どすえ!」と言うのでしょうか?
尚、介護生活でしばらく山から遠ざかっていましたが、5月の「浅間山」のリベンジには復活・参加したいと思っています。また、楽しく酒を飲みましょう!!
Commented by ペガサス at 2008-04-07 05:39 x
 さすが、人生楽しむ達人ですね。
昔ながらの余裕の笑顔が目に浮かびます。
素晴らしい写真の数々有難う。自宅に根が生えた私にはもう旅人気分。
 我が家の桜も満開です。
黄色いボンボンのような可愛い三椏、香りを楽しむ沈丁花、可愛いピンクの岩鏡、白木蓮、黄色い連翹、茶花のわびすけ、真っ赤な椿を愉しみながらの、毎朝の庭の手入れがはじまりました。
早朝の空気、水をまいた後の苔や木々、花々から感じるナノともいえない静寂が好きです。やはり日本人ですね。
 我が家もこれから、次々に緑の芽吹き、花が咲いていきます。
Commented by rollingwest at 2008-04-07 05:58
K山様、大変ご無沙汰いたしております。
親御さんの介護で本当に大変な日々が続きましたね。
ブログ更新にもなかなか手をつけられていないのでご苦労が伺えます。
ご質問の件ですが、柏崎には京文化は届いておりません。(単なる私のオチャラケです。)
歴史的および地理的考察から見ると、北陸富山までは関西・京文化の影響を受けています。福井・金沢は京都の北部で裕福な穀倉地帯であり京都の方も確実に移り住んでいるからです。
新潟は、親不知(北アルプスが海に落ち込む)の断崖絶壁で人の行き来ができず、京都文化が遮断されていました。
ただし佐渡は京都弁が残っています。何故なら天皇や高貴な方が島流しにあって流罪を受けているなごりがあるからです。

ところで私も平地歩きばっかりしていましたので5月の浅間山から山に復帰いたしますので、ぜひとも会えることを楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2008-04-07 06:04
ペガサス様、ロック洋楽の記事にばっかり嵌っていましたので、梅の記事が桜に追い越されてしまいました。
昨日は、H井と猫わか様と3人で会い、真空管アンプのある音楽喫茶店でサイモン&ガーファンクルなどの懐かしい音楽を楽しんだあと、大倉山記念館(先日の梅を公開した洋館)に猫わか様を案内してあげました。
もう葉桜だったけれど、ポカポカと暖かい春の1日でした。
Commented by ペガサス at 2008-04-07 11:12 x
いいですわね~。
お三人の個性溢れるお姿が目に浮かびます。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-04-07 23:43 x
府中は、我が故郷日野市の隣なので、小学生の時、市民プールに入るために、よく川沿いに自転車で行きました!(だって、府中市は金持ちで、市民プールも豪華だったんで!!)

それより、このハーフ梅、オミゴト!!!
Commented by rollingwest at 2008-04-08 05:45
最近、オヤジさんの故郷である東京都下の中央線周辺を歩く機会が何故か増えました。ここは必見という穴場があったら教えてください。
今度は現在お住まいの葛飾あたりも襲撃してみようかな(笑)
Commented by 嫉妬に狂うブロガー at 2008-04-08 10:25 x
RWさんのブログは精緻を極めておるが凝りすぎてアップに時間がかかっているのが難点じゃな。今頃綺麗な紅白の梅を見せられてもチト感動しづらいじゃろ。その点お友達の食山人は粗雑でもスピード感がある。なーんちゃってヒヒヒ
Commented by rollingwest at 2008-04-09 05:41
そうなんですよ~!
まさに時はカネなり。タイムリー&アミューズの両立を目指してがんばりま~す。
あ~まだ桜の記事を公開していないのに、今週の青梅レトロ(新緑の季節)が近づいちゃう・・。
Commented by green-field-souko at 2008-04-09 13:52
こんにちは~草子ですぅ~
季節ネタを追いかけていると、ほんっと、時間の経つのが速いですねえ。
急ぎの仕事をさせられているような状況に陥ることもしばしばで、
ふと気がつけば、追われ追われて月100エントリー、、、
暇つぶしには適しているんですが。。。
Commented by rollingwest at 2008-04-09 20:23
そうそう、「徒然な気持ちで気が向いたときに・・」なんて気持ちでブログを始めたものの、
最近は仕事のように取り組んでしまっているこんな自分を見て笑ってしまいます。

でも義務感でやっているわけでなく、四季の節目を感じて写真を何度も噛み締められたり、
今までの自分の趣味をあらてめて整理して刻み直してみたり、実に楽しいのことなので・・・。

ブログ開設満1年を迎えましたが、「ブログは嵌まるよ~」と言っていた方の気持ちがよくわかりました。
Commented by Minnie at 2008-04-11 12:30 x
イ~チ、ニィのサンッの掛け声と共にコメントを書かせていただきにお邪魔しました!(^0^)。
2月の初旬まで府中の近くに滞在していたのに、こんなに興味深い所があったなんて知らずにいて・・それに、もし3月の中旬までいたら、大好きな梅のお花も堪能出来たのですね~。う~ん、残念~!
でも素晴らしい写真を沢山見せていただけたので、私も春の日差しを浴びながら旅をした気持ちになれました。ありがとうございました(^-^)
次の“桜の風景″も楽しみっ♪です。手作りのお面も!(^0^)
Commented by shingo at 2008-04-11 12:49 x
先日の 休みはのんびりとして楽しかったです。
元住吉では青空食堂。柏崎に帰った時は「盛来軒」に行ってあの子供時代から変わらぬ素朴な味を味わうことにしています。3月7日、劇場に入る前に、実はふらりと寄ったのでした。チャーシューメンおいしかったあ~!
Commented by rollingwest at 2008-04-11 22:56
Minnieさん、ようこそいらっしゃいました。今後ともよろしくお願いいたします。
日本にはないアメリカの大自然の風景いつも堪能させてもらっております。美しくも可愛そうなハチノスケ物語、是非とも楽しみですなあ・・。(ハチローも期待)
次回は、元祖日本のサクラを味わってください。
Commented by rollingwest at 2008-04-11 22:58
真吾殿、先日は真空管アンプ喫茶店は楽しかったですね。
まさか自分の洋楽原点アルバム「S&Gグレーテストヒッツ赤盤」に出会えるとは思わなかった!実に嬉しかったですね。
来週くらいには、「豚のお面をかぶった方」との喫茶店&公園のショットを公開いたします。
Commented by ペガサス at 2008-04-12 03:37 x
先日の雨で、満開の桜は散りかけていますが、今は、庭のしだれ桜に可愛い可愛いピンクのお花が付いているのです。早朝、鶯が鳴いている。赤いボケ、ピンクのボケも見ごろです。

自然はいいですね。
Commented by rollingwest at 2008-04-12 06:27
今週の天気は本当に大荒れでした。こちらの桜も無残に散りまくり。
せめてもの目の保養に素晴らしかった今年の桜を本日UP公開いたしましょう。

<< <2008年4月>「ブログ開設... <2008年3月>洋楽(ロック... >>