<2008年5月3~5日> 残雪の立山連峰・大周遊(その1)


★残雪・立山連峰への憧憬が実現
c0119160_182646.gif

このゴールデンウィークは生涯忘れられない素晴らしい残雪期山行を経験することができました。
日本最大級の圏谷(カール)を擁する立山連峰のパノラマ、稜線から見る剱岳や後立山の大眺望、
残雪期・3千m級登山は初体験、北ア奥地の素晴らしい大パノラマを目の当りにして言うことなし!

         ....日本有数の峻険なる山、岳人の憧れ・「剱岳」(2,998m)をバックに......
c0119160_2012156.jpg

これも食山人さんに本格アイゼン・ピッケルでの初歩トライ山行を誘ってもらったことに縁ります。
昔から憧れていた大雪壁「雪の大谷」、日本一の大瀑布「称名滝」も雲ひとつない青空の下で見ることができて本当に感動しました! 富山からのゴールデンパノラマレポートをお届けいたします。



★残雪・立山連峰への憧憬が実現

c0119160_9135338.gif
立山へのアプローチは、アルペンルートとして観光地化・整備されており、富山側(立山・美女平)と信濃側(大町・扇沢・黒四ダム)の2つの方法があります。今回、食山人さんとの2人旅は富山からローカル鉄道やケーブルカー・バスを乗り継ぎ「雪の大谷」を体験してみようという企画にしました。


    ....ローカルで素朴な富山地方鉄道線で立山に向かう。富山の水田風景の中を行く。......c0119160_91732.jpgc0119160_20125152.jpg
                                                   

朝7時過ぎ、東京駅から上越新幹線・ほくほく線経由で富山に入ります。(GWなのに全て座れた!)
富山地方鉄道に乗り換えて水田風景や残雪の山々を味わい、立山にトコトコと向かっていきました。
c0119160_9241884.gif
   ....水田の遥か彼方に名峰「毛勝三山」。昔ながらの木造駅舎、窓の向こうには新緑が輝く。.....
c0119160_9252390.jpg





c0119160_927425.jpg


古駅舎・雪解け水で満たされた素朴な越中の水田風景、青空の下で鏡の如く光を映しています。
残雪の北アルプスを背景に見る新緑・水田・薫風は心が癒されるね~!常願寺川の橋梁を渡った時はまさに絵画のような光景。GWなのに車中はガラガラ状態、何て贅沢な一日の始まりだろう・・!


   .....清冽な雪解け水・「常願寺川」の流れ、立山名峰・毛勝山(200名山)の白さが美しい。....
c0119160_20135418.jpg
 
立山駅に到着。今日は登山予定がなく、プレ準備・観光の日。かの有名な称名滝を訪ねてみよう!
      
                                                          
c0119160_937544.gif




★日本一の大瀑布「称名の滝」

今回、GW立山訪問の契機は、かねてから憧れていた3大光景体験への切望が大きな理由です。
雪に覆われた「北アルプス深部」  ②アルペンルート「雪の大谷」 ③日本一の瀑布「称名滝」
「称名滝」を間近かに見てみたい!」その光景はやはり期待通り!いやそれ以上の大発見でした。
c0119160_1005446.gif
     ...(右)雪解け激流 (左)滝の上にはヘリコプターが飛行、空中浮遊(ハチドリみたい).....c0119160_948057.jpg




c0119160_9474717.jpg

この滝の落差は日本一!断崖絶壁から、豪快に怒涛の如く降り注ぐ350mの大瀑布なのです。
さすがスゴイ!日本とは思えない、ギニア高地の滝を見ているようだ!(行ったことないけど・・)


                                                           
          ....高度差日本一(350m)を誇る大瀑布「称名滝」の壮大なる絶景......
c0119160_12112647.jpg
   .....残雪期のみに姿を現す右の「ハンノキ滝」は落差500m!実質日本最大の滝だ!......

さらに驚いたことは、左の滝(短い方)が「称名滝」? じゃあ、右の更に長大な滝は何なんだ!?
これこそ残雪時期にしか見ることができない幻の大瀑布「ハンノキ滝」なのです。世界有数の豪雪地帯・北アルプスの雪解け水がつくりあげた日本一の落差500mの大滝を見ることができた~!
c0119160_10114845.jpg
  ...コナンドイル空想小説「失われた世界」のモデル「ギニア高地」の滝と見まがえてしまう。.....
c0119160_11594245.jpg
はて日本の「三大瀑布」はどこだっけ・・?、と調べてみると実に意外!称名滝が入っていない!
①華厳の滝 ②那智の滝 ③袋田の滝を「三大滝」(全て体現済だが・・)とする説が多いようです。
各滝とも実に素晴らしかったですが、この大スケール滝が何故選ばれないのか?納得できない!

    (左)華厳の滝(日光)       (中)那智の滝(和歌山)      (右)袋田の滝(茨城)c0119160_10163797.jpgc0119160_1031399.jpgc0119160_1031688.jpg


   ....滝壷のクロースアップ!北ア立山連峰の豪雪融水を一気に集め、その水量は実に膨大.....
c0119160_10214664.jpg

この瀑布は紅葉の時期もさらに素晴らしいようなので、今度は「錦秋の大滝」を見てみたい・・!

 

                                                                                                                     ★立山アルペンルート「雪の大谷」


そして次は夢の「立山アルペンルート」体験!立山駅からケーブルカーで美女平に登っていきます。さすが、北アルプスに向かうケープルは急登坂、最高勾配は何と30度近い傾斜がありました。
                 
             ......美女平に登っていくケーブルカー(立山駅から乗る)......
c0119160_10392021.jpg


美女平からはいよいよ立山高原バスに乗り込み、残雪期に切り開かれたアルペンルートで立山の室堂ターミナルまで向かっていきます。高度を迫り上げていくバスの車窓からは青空に映え一面雪の世界。名峰「薬師岳」も遠くに霞んで絵画のようだ!本当に「豪快・雄大」という言葉が似合う・・。

                                                            
       ....立山高原バスで雪の回廊を登っていく。黒部立山の絶景、雪壁の道が続く。....c0119160_1181868.jpgc0119160_10465578.jpg

    .....遥かには名峰「薬師岳」(2,926m)、雄大なる山容。貫禄を持ちながら横たわる。....
c0119160_10545696.jpg


さすがゴールデンウィーク、何台ものバスが行き交う!雪の壁は標高と比例するように徐々にせり上がり、目前に鋸の如く「剱岳」も斑群青に見える!この時期ならでの絶景というしかありません。

          ...高原.バスが標高を上げていくにしたがい、雪の壁はだんだんと高くなる。.....c0119160_1057354.jpgc0119160_10572143.jpg


       ....バスの車窓から、「剱岳」の勇姿も迫って見えてきた。鋸歯のようだ!......
c0119160_1058434.gif
c0119160_10591745.jpg



そしてついに室堂ターミナルに到着。憧憬の「雪の大谷」に間近かに触れる時が来ました!
やはり想像していた通りの雪の断崖絶壁!日本の豪雪地帯の雪量は本当にスゴイなあ・・!
この冬は寒さが厳しかっただけに、その白壁は例年になく高くて迫力があったようです。


      .....室堂に到着。これがかの有名な「雪の大谷」だ!まさに雪壁の大峡谷。....c0119160_1105654.jpgc0119160_121418.jpg

        ......中東の海外観光客が初めて見る雪に感動しながら、雪壁に触っている。....
c0119160_1222879.jpg


                                                           
さて今日の目的、観光の目玉、「滝と雪壁の2大パノラマ」を十分満喫した後は、宿泊地「雷鳥沢ヒュッテ」へ向かいます。室堂平から「みくりが池温泉」を経由して「雷鳥平」まで雪の山道を数十分歩いていきます。途中の道は硫黄臭が漂う。夏山時期ならば、地獄谷温泉の雰囲気なのでしょう。
                                                   
....みくりが池温泉(日本一高所の温泉)と立山連峰、コバルトブルーの池(左)はまだ雪に覆われる。....c0119160_12294852.jpgc0119160_12301414.jpg
c0119160_12345021.jpg
      .....残雪期・標高2,500mの地とは思えぬ程の暖かさ、紺碧の空に輝く太陽が眩しい!....c0119160_1237470.jpgc0119160_12372728.jpg

雪の山道を歩けば、白い大圏谷に雲一点ない青空!目の前には立山の名峰「奥大日岳」(2606m)が鎮座していました。その名からして立山の山々が篤い信仰で崇められていることがわかります。

         .....立山屈指の名峰「奥大日岳」の雄姿、実に美しい形をしている。....
c0119160_12384144.jpg

c0119160_12562063.jpg
いよいよ雷鳥沢に到着。山小屋の豪華版という感じかな・・。GWだけに多くの春スキーや登山客が宿泊していました。食堂から望む立山の全景カールが実に雄大!5月初めの標高2.500mとは思えない暖かさ!そして静かに暮れていく北アルプスの夕暮れ風景。実にいい日となりました。

       .....宿泊した「雷鳥沢ヒュッテ」。右は夕暮れの「奥大日岳」、群青に色を変えていく。....c0119160_1257488.jpgc0119160_12574643.jpg

      ....雷鳥沢から望む.立山の大圏谷。暮れなずむ空、雲一つない深いブルーの世界。....c0119160_135146.jpgc0119160_1344698.jpg


さて明日はアイゼン・ピッケルを装着して、あの稜線に立てるぞ~!期待はいよいよ膨らみます。


↓(その2に続く)
 残雪の立山連峰・大周遊(その2)
                      

  by rollingwest | 2008-05-18 09:04 | Comments(24)

Commented by shingo at 2008-05-18 20:35 x
おばんでっす。
こんなすごい回の一番手に書きこませていただき光栄です。あんな滝を目の当たりにしたら幸せだろうなあ~。
それでもこちとらRWさんに刺激され、息子のUTAとともに高尾山にいってまいりました。(レベルがあまりに違いますが、我ら親子はこの程度でござりまする)それでもなかなか画期的な出来事でありました。
ただ、夕闇迫る雪景色、確かこの色合い五感に刻まれています。子供のころ育った鵜川の山間の地はこんなにおいでした・・・・。
富山はとなりの県ですもんね・・・・・。
Commented by rollingwest at 2008-05-18 21:52
昨日の同級会(浅間山登山で欠席でゴメン!)実に盛り上がっていましたね~!
携帯で何回も写真やレポートありがとうございました。

富山や新潟などこのような豪雪地帯は世界的も稀な場所であり、このような光景を手近に見ることができる日本人は実に幸せなことなのですよ。

素晴らしい山川の風景、緑・花に溢れた自然・・・、外国人は日本の自然の美しさに驚嘆します。
その源はこの豪雪や多雨が育んだ膨大な森林であり、これこそが美味しい旬な食べ物・海鮮物の栄養分となっています。このような自然や天恵の風土を持った日本人に生まれてあらためて幸せだなあと感じる次第です。
Commented by おっチョコ at 2008-05-18 22:11 x
しかし、ただただ・・・素晴らしいと言うか、貴方は凄い!
素晴らしい自然を拝見し、又その中にRW様の姿がちょこんと入っているところが、その自然に親近感を覚え一層心地よいです。
信吾さんも息子様と愉しい時を過ごされたご様子。
私はひたすらマイガーデンで、草むしり、剪定で満足している毎日です。これからも、私には到底真似のできないRWさんの素晴らしい旅の足跡で、愉しませてください!写真の腕も、どんどんスケールが大きく、懐広くなって行く感じが伝わってきます。頑張って下さい。
Commented by rollingwest at 2008-05-19 05:39
この時期は緑が生き生きしており、自然の素晴らしさを身近な場所でも味わえるので一番いい季節ですね。
Commented by Soul Mate at 2008-05-19 12:49 x
いや~、ほんと人生満喫しとるなあ。ワシの10倍はエンジョイしとる感じがするわ。人混みが苦手じゃけんGWも家でゴロゴロしとったよ。あの袋田の滝が「三大瀑布」なん?かなりセコい滝じゃけどなあ。それにしてもGWに置き去りにされたRWの奥さんとお嬢ちゃんは人間できとるのう。普通の家じゃったら大問題になっとるど。家内安全お祈りしとります。。
Commented by matsu at 2008-05-19 18:46 x
 素晴らしい好天に恵まれただけでなく、「幻の大滝 ハンノキ滝」まで見れたとは超ラッキーでしたね。写真の相変わらずの素晴らしさには、ただただ感服するのみです。その2も楽しみにしています。
Commented by rollingwest at 2008-05-19 21:52
S聖二殿。「袋田の滝」もやはり捨てがたい。(地元茨城だと見飽きているのかいな・・)
日本人は「三大」でまとめたがっているが、いいものはいいんだから「四大」「五大」でもいいような気がするがね・・。

家族の心配ありがとさん。俺は家族で一緒に旅行したいのに、カミサン・娘がもう付き合ってくれないというのが現実じゃ~(笑)
でも娘も中3になって受験臨戦態勢になっているときに、「あなたは気楽でいいねー!」とカミサンから白い目で見られているのも事実(笑)
今月末の洋楽カラオケの歌いまくり楽しみにしておるぞ~!
Commented by rollingwest at 2008-05-19 21:57
マツさんからの毛勝山の提案から派生して、今回の素晴らしい体験が偶然にもできたんだと本当に感謝しています。
やはり「ハンノキ滝」って「幻の大滝」と呼ばれているんですか!?
本当にいいものを見せてもらいました。
次回は剱岳・後立山・赤牛・槍ケ岳北鎌尾根の写真が登場しますのでお楽しみに~!
Commented by マサオ at 2008-05-20 11:11 x
左右に称名滝とハンノキ滝が流れ落ちる写真は迫力があって実に素晴らしいですね。剣岳には度々登っており、称名滝の姿は何度も眺めたことがありますが、ハンノキ滝を実際に見たことはまだありません。残雪期にしか見られない「幻の滝」ということで納得です。
Commented by Minnie at 2008-05-20 16:28 x
RWさんの見事な写真の数々を拝見して、もう、ひたすら感動しています。凄い迫力!
日本にはこんなに素晴らしい山や滝があるのですね~!
 
ヘリコプターはホントにハチドリを連想させますね。
最近我家のフィーダーの周りでは、20機ほどの超ミニチュアヘリコプターが凄い音を立てて飛び交ってます。(^0^)
Commented by わかこ at 2008-05-21 13:15 x
500mの落差があると こういう雄大な風景になるんだね。写真でも この迫力だから、目の当たりにしたらさぞ素晴らしかったでしょうね。
豪雪地帯の雪かき、雪おろし、道路の除雪車で街の雪壁は分かるんだけど、距離ある道路の脇の雪の壁・・・誰がやるんだ?南方からの観光客ならずともこの壁に巨大猫を描いてみたいぞん(=^ェ^=)ちなみにRWさんを抜かしての猫年同級会はもりあがったぞ。( ̄∀ ̄)
Commented by rollingwest at 2008-05-21 20:44
マサオ様、コメントを頂戴しありがとうございます。
食山人さんから、当初は燕~常念~蝶の残雪山行を誘われていたのですが、初の春山歩きで経験不足の小生には、ちょっと厳しいと懸念し今回ワガママ言って立山に変更してもらいました。
でも結構歩き甲斐があるコースでした。
好天に恵まれたからこそ行けたのであって、厳しい気象条件下では
かなり苦労したのではないかと思われます。
でも滅多に見ることができない絶景を体験できて本当に大感動でした。

Commented by rollingwest at 2008-05-21 21:07
Minnie さんの見たグランドキャニオンのスケールには到底かなわないのですが、日本の山にはアメリカの山に見られない独特の霊気・歴史があるんですよね・・。
自然のひとつひとつの木々・物に神が宿っていると信ずる日本人のルーツ・アミニズム信仰(世界独特のもの)こそがこの雰囲気を醸し出しているような気がします。

ヘリコプターが空中に止まっているときは本当にMinnie さんのハチドリを連想しました。ハチノスケ元気ですか~?あいかわらず雌ガ多くてハーレム状態?羨ましいぞ~とハチローが言ってたぞ・・と伝えておいて。
Commented by rollingwest at 2008-05-21 21:25
猫わか様、同級会で飲みすぎて3日間「眠りの森の美女」状態だったんでしょうか・・? 
三日酔いから無事目覚められて何より・・(笑)

次回のH井公演後の同級会(年に何回やってんじゃ~)も当日は「会津朝日岳」に行っており、またまた欠席となり残念!
皆によろしく伝えておいて下さい。またリアルタイムな携帯画像レポート待ってます。

さてさてどのように除雪しているんでしょうか?調べてみると、GPSで除雪ルートを事前に測り、キャタピラー付きのロータリー除雪車で効率よく掘り下げて行っているようです。
開通期限はGW突入前なので、雪量も測り3月から作業を始めているようです。
来年、大壁を訪ねて「化け猫」の絵でも描いてください。
Commented by リトルセサミ at 2008-05-21 23:43 x
いやー、いい天気でよかったですね。昨年はついてない日があったようですけど、悪い時があればよい時があるということですね。ハンノキ滝素晴らしいですね、春先に見れるのなんて、来年見に行こうと思います。きれいな写真が多いですが、常願寺川ってはじめて見ました、きれいな流れですね、新田次郎の剣岳点の記を読んでどんな川かと思ってました、常願寺とその村も見たくなりますね。雷鳥沢ヒュッテのお湯はどうでしたか、私は雷鳥荘のお湯が良いというのでそちらに行きましたが、雷鳥沢も良かったのかな。雷鳥沢から剣御前、別山、雄山のコースですか、雄山からの急な下りは雪があり大変だったのでは、いずれにしても体力気力技術が充実しているようで何よりですね。私も春と秋に行ってみます。ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2008-05-22 05:45
雄山の下りはすごい急でしたね。でも残雪期は本当に登りも下りも楽だなあ・・とあらためて思いました。
雷鳥沢ヒュッテのお湯はあまり硫黄臭くなくてちょっと残念。
映画「剱岳 点の記」は来年夏のロードショーですが、山小屋にも予告ポスターが貼ってありましたよ。実に楽しみですねえ・・。

Commented by わかこ at 2008-05-25 13:29 x
プレゼントだよん、URLをクリック
RWさん命がけの生還( ̄∀ ̄)!
Commented by rollingwest at 2008-05-25 13:54
あはは、合成写真うまいね~!最高じゃー!
白黒にしたのが、ますますいい!
ウルトラQの石坂浩二のナレーターが聞こえてきそうだ。
でも雪山には、やはり「ウー」、遠くの空には「バルンガ」も浮いていてほしいね。ニゲロー!
Commented by バルンガじゃない(=`ェ´=) at 2008-05-25 21:49 x
今度はカラーだ。
我ながら泣かせるね~。
Commented by rollingwest at 2008-05-26 05:41
お~、ついに「雪山怪獣ウー」登場!
いや~大したもんです。(笑)
Commented by shinngo at 2008-05-26 21:36 x
ついつい、見ちまったよ・・・。
面白かったあ!
ところで、ウーの中にはいっているのは猫わかちゃん?
Commented by rollingwest at 2008-05-26 21:41
化け猫ちゃんです。
Commented by おっちょこ at 2008-05-29 19:05 x
それにしても、凄い人気ですね!このブログ・・・
やはり、RWさんの人徳ですね・・・!
いや~まいった!  あっぱれ!!
Commented by rollingwest at 2008-05-29 22:31
今週末は日本競馬史の名馬を紹介したいと思います。

<< <2008年3月16日> 府中... <2008年5月3~5日> 残... >>