<2008年5月3~5日> 残雪の立山連峰・大周遊(その2)

↓(その1から続く) 残雪の立山連峰・大周遊(その1)



★立山の大稜線への登り


メインの日が到来!今日も紺碧の空、雲1つない絶好パノラマビューの遭遇チャンスに恵まれた!
12本歯アイゼンにピッケルを具備して春山登頂への初挑戦。さて、無事に完歩できるのだろうか。


       .....翌日も大快晴!いよいよ雪の立山大周遊に出発~!稜線への登りを開始....
c0119160_13373139.jpg
c0119160_13382742.jpg


雄大な圏谷には春スキーや登山客のテント村。あちこちのルートから白銀の斜面を登っていく人のシルエットが多く点在しています。食山人さんの踏み跡を道標として、一歩々アイゼンを雪に噛ませて標高を上げて行くにつれ、目に入るパノラマは徐々に徐々に雄大さを増してくるのです。


 ....左写真はかなり傾け過ぎでゴメン!本当はこんな大傾斜じゃなかった。でも結構急登だった....c0119160_7203339.jpgc0119160_7213525.jpg


       ....真っ白な「奥大日岳」をバックに!ウ~ン、この山は実に秀麗なる山だ。....
c0119160_7252173.jpg




★神の使い「雷鳥」

北アルプス立山は特別天然記念物「雷鳥」が有名。名の由来は「ガガグワ~」と轟く泣き声が雷鳴を連想させること、氷河期時代の生き残り「神の使い」とも云われます。北・南アルプスを中心に標高2,300m以上のハイマツ帯に生息しており、人が近づいてもおそれずに悠然と歩いています。


   ....残雪・立山に雷鳥(左下)!実に絵になる。 右は雪原を闊歩する雷鳥(意外と細身?)....c0119160_7281866.jpg





c0119160_7284181.jpg

雷鳥の羽の色は、雪山時期は白、夏時期は焦げ茶色に変わる擬態を見せます。今回の春山時期は当然「斑模様」でしたが、まだ白羽の割合が圧倒的でした。山の残雪割合に比例するんですね。
c0119160_7301480.gif

  ....「雷鳥」は特別天然記念物。高山帯ハイマツの中で生息する。(羽の色は白がまだ8割).... c0119160_7321589.jpg









c0119160_7322834.jpg
                                                                                       

さてだいぶ高度を上げてきたぞ・・・。さすが12本歯のごっついアイゼンは実に歩きやすい!
北アルプス景観が俯瞰できる「別山乗越(剱御前小屋)」の稜線に立つのも、もう少しだ!
c0119160_862440.jpg


      .....登山者たちが雷鳥沢から立山稜線に向けて一歩一歩、雪を踏みしめて登る。....
c0119160_7433565.jpg





★絶景の北アルプス・大展望

朝9時半、ついに立山連峰の稜線に立った!「うわ~、スゲェ!」期待以上の感動光景だ~っ!
眼前には日本屈指の峻険「剱岳」、その見事に彫刻された「岩峰群」とボリュームある山容は比類なき威厳に溢れています。その右には雄大な「後立山連峰」の長大シルエットが横たわっていた。

     ...屹立する大剣稜・「剱岳」。今から20数年前に登ったが、足が竦み実に怖かった。....
c0119160_7451568.jpg


   ...後立山連峰が一望!左から、唐松五竜鹿島槍(双耳峰は前後に重なって見えた)...
c0119160_7461666.jpg
c0119160_747158.gif

北アルプスの奥深き山々のパノラマは今まで何回も体験していますが、雪に覆われたこの時期に3千m稜線に立ったのは生まれて初めて!こんな暖かい日で、鮮明なる絶景に恵まれるとは・・・。

     ....(左)遠くに剱岳、手前は富士の折立(立山)....(右)ピッケルアイゼン(12本歯)↓....c0119160_7481311.jpg






c0119160_748271.jpg
c0119160_7542880.gif

      ....後立山連峰の最南部(針ノ木・蓮華岳)、その真下には碧色の黒部湖が眠る。.....
c0119160_7551792.jpg





★信仰の霊場・「立山」


立山の地名は、仏教由来の名称がオンパレード!「称名」「薬師」「大日」「弥陀」「浄土」などなど。
この山塊はいにしえから崇められていた山岳宗教の霊山なのです。ところで「日本三大霊山」とはどの山かご存知でしょうか?「またも三大か?薀蓄たれてんじゃね~よ!」と言わないでね。(笑)
c0119160_8315169.jpg
一に「富士山」、二に「加賀白山」、三つ目を「立山」と「御嶽山」がその座を争っています。
四山は全て登りましたが、歴史の深さ・格調はどの山も素晴らしく甲乙つけがたし。「立山」「御嶽」は地獄谷光景が迫力あるし、四大霊山でもいいのではないかなあ・・(日本人は三大が好きだねエ)


   ....立山最高峰「大汝山」(3015m)から見た「雄山神社」(3003m)と左右のパノラマ.....c0119160_834594.jpgc0119160_8353654.jpg
  ....「雄山神社」の左には北アルプスの深き山々(鷲羽・黒部五郎岳、遠くに笠ケ岳)......

立山連峰「雄山」の上には「雄山神社」が鎮座しています。「万葉集」にも詠われ、修験者が練行を重ねた山岳霊場。北アルプス絶景も従え、まさに古から崇められた我国最大のパワースポットだ。



  ...(左)先鋭岩峰と峻険な山々(船窪・不動・南沢)....(右)雄大な赤牛岳(遠くには槍・穂高)...c0119160_8451414.jpgc0119160_8453168.jpg

 
目の前に見えている光景は、北アルプスの最も奥深い場所の一つ・「船窪岳・不動岳・南沢岳」。
昔から憧れていた所で、「後立山連峰」と「裏銀座」の接続部・滅多に人が入らない深い山域です。
今それを眼前に見ることができたとは~、実に感激!しかもこの残雪期に・・・。 (>▽<)w 
c0119160_8505253.jpg
....槍・穂高ズームアップ、「槍ヶ岳北鎌尾根が大迫力の表情を見せる。(手前は赤牛・裏銀座).....
c0119160_14151850.jpg

2年前に登った日本最遠・アプローチの長い山「赤牛岳」も目の前に見えている!「槍・穂高連峰」が遥かその先に鎮座しているではないか!「槍ケ岳」は最大難所「北鎌尾根」を正面に向けている!



★雪山を下る。旅を終えて・・

    ....龍王岳を見ながら一の越山荘へ下る。さらに立山カールへ滑るように下山....c0119160_8585587.jpg



c0119160_8591111.jpg


立山連峰からの北アルプス大パノラマを満喫し大周遊は終盤。稜線から立山山崎カールへ下っていきます。残雪時期の下りは実に快適、グリセードと呼ばれる滑降歩行でスピードに溢れ充実感!
c0119160_931032.gif

          ....雷鳥平へ戻る。春スキー客のテント村が雪原に映えて実にカラフル!....
c0119160_941286.jpg


カラフルなテント村ある雷鳥平に戻って、8時間近い周遊縦走はついにゴールイン!結構歩き甲斐のあるコースだった~。本来はもっと風が強く寒さ厳しい時期なのに、本当に暖かいいい日に恵まれました。サングラスを忘れて強烈な紫外線で雪目になってしまったのは大いに不覚・・(大反省)
c0119160_951740.gif



翌日はGW混雑を避けるべく、早めに起床して室堂発朝1番のバスに乗りJR富山経由で帰京。
これもアクセスよくラッキーにも全ての乗車は座ることができて14時半には帰宅できました。
「今回は全てツキに恵まれ満足なGW旅となりましたねえ・・。」と食山人さんとホクソ笑み(* ̄ー ̄)

   .....最高峰・大汝山から俯瞰する大パノラマ(左から、毛勝山・剱岳、手前は富士折立)......
c0119160_963314.jpg

今回初めて本格的に3千m級残雪期の山旅を満喫させてもらいましたが、偶々ラッキーが重なっただけ。春山はまだまだ危険が多く経験不足の身としては慢心禁物・勉強が必要と思います。
c0119160_971498.jpg

立山にはいつか今度、紅葉の綺麗な時期に200名山「奥大日岳」に是非登ってみたいね~!
この素晴らしい光景や貴重な経験は、またひとつ人生の脳裏や体にしっかりと刻み込まれました。

                                                      おわり


PS:立山大パノラマは登山者でなくとも夏なら一般人でも手軽に味わえます。是非皆様もどうぞ!

  by rollingwest | 2008-05-18 05:32 | Comments(31)

Commented by おっちょこ at 2008-05-18 22:13 x
ただただ、ため息!
Commented by rollingwest at 2008-05-19 05:41
ははは、こちらはこれからですので・・(笑)
Commented by 食山人 at 2008-05-19 16:20 x
雄大な立山と哀愁を帯びた我輩の背中、詩情あふれる傑作です。
私のブログに借用させてください。それにしても山のスケールが伝わる良い写真です。
Commented by rollingwest at 2008-05-19 22:00
お~今回の主役「食山人さん」いらっしゃいませ~!
この写真、実にいいでしょ。私のお気に入りのひとつです。
哀愁の背中写真、どうぞご利用くださ~い。
Commented by rollingwest at 2008-05-20 05:46
山の写真は収まりきれなくて2枚につなげ合わせたりしないと臨場感が出ないんですよね。今回の立山の夕暮れ風景は偶々うまくできただけです。(笑)
Commented at 2008-05-23 23:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-05-24 06:30 x
「三大滝」が「華厳の滝・那智の滝・袋田の滝」だとは知りませんでした・・。
CHOICEの基準は景観ですかね?行きやすさですかね?
立山へは、大町からのルートしか行ったことありません。
富山からのルート、是非行ってみたい!
「雪の壁」を観るには、GWに行けばいいのですね。
Commented by rollingwest at 2008-05-24 07:05
「袋田の滝」が外れて、「称名滝」が「三大滝」に数えられるケースもあるようです。
雪の壁はGW期間中であれば、「乗鞍スカイライン」でも体験することができますよ。
Commented by shingo at 2008-05-24 15:46 x
これだけの高地で真っ青な快晴。稀なことでしょうね・・・・。
日頃の行いがいいわけね・・・・。(笑)強運だね。おめでとうございました。
ぼくも舞台公演のときはいつも快晴と無事故をを本気で祈る。
天気って、時には成否を決める鍵になる場合があるものね・・。

それにしてもRW君の爽快感がストレートに感じられて小気味いい。
Commented by rollingwest at 2008-05-24 17:20
まあ、去年はいろいろ不運ことばっかり起こったので、
今年はその反動で運が向上すると思うことにしています。(笑)
貴殿も上昇機運!6月上旬の公演成功を心より祈念します。
楽しみにしているよ。
Commented by わかこ at 2008-05-25 09:05 x
おおーっ。雪山に立つ赤い彗星!
ほんとに雄大でため息がでる山々の景色。滝も山も三大四大のランキングに相応しい!!それにこれだけの景色もチャンスに恵まれてのことなんでしょうね。上からの順位はあっても反対に「日本三大がっかり」は、天気や体調や いろんなことに左右されるから、決まらないでしょうね(^〇^)。
Commented by rollingwest at 2008-05-25 10:22
初めての本格的にアイゼン・ピッケルを使っての残雪期挑戦でしたが、大快晴や暖かさに恵まれてこんな絶景を見れたのだから、まさにラッキーの極みでした。でも次回何があるかわからないので油断禁物ですね。
そう、そう油断してサングラスを忘れて、「猫目」・・じゃなくて「雪目」になって、次の日は辛かった・・。
Commented by こだま at 2008-05-25 11:08 x
あらためて、おじゃまします。
はああ~これが立山なんですね。
立山信仰、曼荼羅もすごいですよね。ここの山に壮大な宇宙観が
あるんですね。たしかに、それだけのことはある山容と納得しながら、
じっくり拝見させていただきました。
見飽きないです。素晴らしい写真、ありがとうございました。
Commented by rollingwest at 2008-05-25 11:46
こだまさん、あらためていらしゃいませ~。
お気兼ねなくご来訪ください。
立山の曼荼羅信仰・宇宙観も、この360度のパノラマに関係してるようにも思えます。
Commented by おっちょこ at 2008-05-26 10:43 x
溜息!
中学の時のサッカー少年が、こんな雄大な自然に包まれて楽しそうにしている姿になるなんて、考えてもいなかったです。でも、二つに共通する事・・・それはチームの中に溶け込んだ笑顔でしょう。それが、RWさんの、観音様のお母様ゆずりの最高に素晴らしい所でしょう。
 包容力有る自然の素晴らしさ、さわやかさをこれからも楽しみにしています!
 
Commented by matsu at 2008-05-26 19:04 x
 ため息の出るような素晴らしい写真ありがとうございます。最初から最後まで、いいことずくめみたいだったようで、お二人の日頃の心がけがよほど良かったのでしょうか。私もあやかりたいものです。
 室堂~大日三山縦走~称名の滝のコースもすごくいいですよ。東京早朝初1泊2日で十分行けます。
Commented by rollingwest at 2008-05-26 20:46
久しぶりのおっちょこさんですな。
次回は世界有数の活火山・浅間山をレポートいたしまする。
Commented by rollingwest at 2008-05-26 20:51
今回の賜物、マツさんのおかげです。
当初は、食山人さんの燕・常念・蝶計画でしたが、縦走路の危険性を提案してくれたことがよかったかな。結果的に・・(笑)
でも食山人さんも未踏だった立山の別山に登頂し、今回の大パノラマに本当に満足気でした。
Commented by TARA at 2008-05-29 06:34 x
雄大な滝に感激し、北アルプスの大展望の写真を楽しみにしていたら、何と、開きませんでした。ガッカリ。この失望感をどうしてくれる?!とはいえ、すばらしい山行ができてよかったね。大学四年の夏のアルプス縦走を思い出し・・・そういえば、あの時もローりンは
大事な記録の手帳をなくしていったっけ。相変わらず話題作りの名人だねェ。
ところで、お礼メールは届いたの?
Commented by メシア at 2008-05-29 07:09 x
メシアも健在です。
潜伏しながら、最もいい形で動いています。
サンキュウ・サンキュウです
これからも、あちらも・・・お願いいたします。
企業コンサルタントとしての役目もチャント続いていますよ!

                                   KM
Commented by rollingwest at 2008-05-29 22:27
TARA様、蛇柄ブーツを履いている人には写真を見せないブロック設定をしているのを忘れていました。
それにしても本人も覚えていない昔の下らんこと思い出すのはもういい加減にやめてくんない?
また秋の来日を楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2008-05-29 22:30
メシア様も久しぶりの登場ですな。
雌伏充電期間中を終えて、またえらく元気になりそうな予感・・。
Commented by TARA at 2008-05-30 06:32 x
夜中に見たら、写真が開きました。本当にすばらしい光景ですね。雪目の赤とヤッケの赤が白いバックに実に良く映えて、妙に自然と一体感を成しているのは、強運のなせる業、それとも人間の理性というものを消した軽石亭の極意?
Commented by Soul Mate at 2008-05-30 12:12 x
ハァ~、ブログ見るだけで息が切れるのう、こりゃ。重たそうな格好してそのうえ雪道登ったんか?テントがようけあるけどトイレはあるん?ウォッシュレットなんかないんじゃろう?グラサン忘れたみたいじゃが目は大事にせんといけんよ。ただでさえ腫れぼったい目じゃからな。明日楽しみにしとるよ~!!
Commented by rollingwest at 2008-05-30 20:10
TARA様、だから言ったでしょう。
ガラガラ蛇ブーツを装う方のアクセス拒否設定を解除したんですって・・(笑)
でも年齢制限拒否設定にはひっかからなかったのか・・。おかしいな。

明日は再び府中からのレポート(3月の掲載忘れ分)を公開UPいたします。

Commented by rollingwest at 2008-05-30 20:11
S聖二殿、我々はテントに泊ったんじゃないよ。
山小屋に泊って温泉に入り、生ジョッキ飲んでいたに決まってるでしょ。

明日は洋楽カラオケ、1人20曲以上をノルマにしよう!
Y成との飲み会もバンバン背中を叩かれてまた噴水しないように気をつけるよ・・(笑)

Commented by メシア at 2008-06-01 12:10 x
この潜伏期間が、たまりません。
ごめんいつもジェットコースターにつき合わせて。
スリルが有り過ぎて・・・時々疲れるけれど、これがまたね・・・
天高く・・・ペガサス飛ぶので、その差が・・時々急降下・バンジージャンプもありまする・・・・。大丈夫・・・死にはしないだろうから・・・ナンセ、宇宙の果てまでも旅するのでネ・・・水中深く深層水も時々飲んでね・・・。夢見る・・・オバタンですもの。
Commented by しむけん at 2008-06-01 13:29 x
素晴らしい写真の数々、感動しました。本当に素晴らしい。一枚一枚、じっくりと見入ってしまいました。天気も最高。日ごろの行いがよろしいようですね。RWさんの赤基調のウェア、誠にお似合いですよ。お世辞抜きで。
Commented by rollingwest at 2008-06-01 15:31
しむけんさん、夏・秋の立山ならば苦労しなくても、素晴らしい北アルプスの大絶景を味わうことができますよ!
でもちと費用の方は多めにかかってしまいますが・・(笑)
また復活するかい?
Commented by リトルセサミ at 2008-06-03 00:30 x
残雪期の山は岩と雪のコントラストがはっきりしていてとてもいいですね。急な雪渓を登ることも案外楽だったのですか。アイゼンとピッケルを使っての登山すごいですね。雄山神社には、この時期神主もいて祈祷してくれたのでしょうか、いずれにしても下りの歩き方にコツがあるなんて今度教えてくださいね。しかし2日間晴天が朝から夜まで続くなんて、去年の呪がうそのようです、うらやましー。
Commented by rollingwest at 2008-06-03 05:52
3000m級・残雪期歩きは初めてですので、人に教えるなんてとてもできません。まだまだ勉強することばかりです。
それにしても写真はやっぱり光の量ですね。
今回のピーカンはラッキー以外何ものでもありません。

<< <2008年5月3~5日> 残... <2008年4月27日>秀麗富... >>