<2008年5月17日> 世界有数の活火山「浅間山」に登る

★火山列島日本と浅間山

c0119160_18221286.gif

日本列島は、世界有数の地震列島(世界の地震の2割は日本で発生)、そして火山王国です。
日本には多数の活火山がありますが、その中でも危険度Aランク火山は13座あるとのこと。
浅間山・阿蘇・桜島・磐梯山・伊豆大島・三宅島・十勝岳・有珠山等、名だたる「火の山」ばかり!

       .....白と黒の美しい縦縞模様こそが、浅間山(2568m)がもつ独特の外観....
c0119160_21471495.jpg


中でも浅間山・阿蘇山・桜島あたりが三大火山ですかねエ・・。北軽井沢で見られる「鬼押し出し」の奇岩・大景観は「天明の大噴火」(浅間山の有史上で最大級)によって造りあげられたものです。


       .....「鬼押出し」は浅間山の大噴火によって築かれた自然の溶岩芸術園....
c0119160_21591395.jpgc0119160_21594086.jpg


浅間山(2568m)の登山は、1972年噴火以来35年間、頂上・火口には立入禁止となっていました。
最近では2004年にも噴煙を上げ、いつ爆発してもおかしくない危険な山として警戒されています。


  .....(左)煙をたなびかせる浅間山と浅間隠山(上空写真)....(右).浅間山の噴火と大噴煙...c0119160_2272439.jpg
c0119160_2281456.jpg




★浅間山禁止区域が火口付近まで解禁(リベンジ登山)


浅間山は「日本百名山」ですが,全山制覇をめざす人にとって「登山禁止令」は忸怩たる思いだったことでしょう。仕方ありませんが久しく、外輪「黒斑山」登頂で「浅間山完登」と見做されていました。
でもやはり「本物の頂上に立ってこそ!」という気持ちが本音・・・。(小生も然りでございますが・・)
c0119160_22251617.jpg
昨年秋にFツアー幹事から嬉しい知らせが届きました。頂上までの解禁ではないのですが、規制が大幅に緩和され、火口近くの「前掛山」まで行けるようになったとのこと。最近、噴火活動が落ち着いていることに加えて「百名山ブーム」で解禁を求める声が強くなったからなのかもしれません。


      .....前掛山の迫力ある断崖絶壁風景、広い意味での火口?外輪山なのかな?....
c0119160_22122994.jpg


昨年11/10、Fツアー「浅間山」が企画されて勇んで参加、でも氷雨日となってしまい登頂は断念・・。
結局は温泉と海野宿見学に終わったので今回はそのリベンジです。(参加は約20名近い大盛況)

                         浅間登山を断念して「海野宿」のリンク記事



★前衛「トーミの頭」から「草すべり」を下る。


Fツアーメンバーは早朝集合し、上信越自動車道・小諸IC経由で高峰高原・車坂峠に到着し10時過ぎに登山開始。山道を進めていくと奇岩「トーミの頭」が現れます。「浅間を遠くに見る岩峰」という意味でしょう。しかしこの時、浅間山はガスに包まれて見えません。今日は晴れるのかなあ・・。

  .....浅間山の前衛奇岩「トーミの頭」からアプローチ、いきなりスリル溢れる登山道となる。....c0119160_6214149.jpg




c0119160_6215920.jpg


岩頭からは「湯ノ平高原」まで一挙に下る「草すべり」と呼ばれる急斜面!ここは実に面白かった!
目の前に横たわる浅間山のシルエット、断崖絶壁絶景を見ながら滑り落ちていくスリル感です。
単調な登りをイメージしていた浅間山登山がいきなりこんなドラマチックな始まりを見せるとは・・。


        .....「トーミの頭」から「前掛山」を遠くに望む。左の斜面が浅間山本体の裾野....
c0119160_2240499.jpg


        .....「トーミの頭」から「湯ノ平高原」に下る急斜面。「草すべり」と呼ばれる。....
c0119160_2241213.jpg



よく考えればここは世界有数の火山、この変化に富む地形は大規模爆発で生まれた外輪火口跡と認識すれば考えれば実に納得できるものです。この奇岩群や斜面は爆裂火口が刻んだシルエット、もし噴火時にここにいたならば岩があちこち吹っ飛んできてとても生きてはいられないでしょう。
c0119160_22502892.jpg


     .....「草すべり」を無事に下りきる。右には「牙山」(ぎっばやま)の奇観が迫る。....c0119160_22541687.jpg




c0119160_22543326.jpg



湯ノ平高原」は枯湿原風な平坦地、これからが浅間山の本格的な登り。昼食時間ですがビールは自粛控えめ。しかし徐々に雲行きが怪しくなり天候急変、何と雹が降ってきた!大丈夫かなぁ・・・。
c0119160_2322070.jpg





c0119160_233095.jpg


   .....今日の浅間山頂上はガスってしまうのかな?季節外れの雹に降られやや不安な気持ち....
c0119160_235717.jpg




★浅間山の爆裂火口を体験

浅間・直登基点の「賽の河原」に到着、いよいよ浅間山が眼前に迫りました!独特な縦縞の模様を刻んだお椀を伏せたような山容は火山の象徴。単調な裾野斜面を一歩々と登り始めると視界が開けて徐々に晴れてきたぞ~!雄大なパノラマはまさに月の丘の世界だ!(行ったことないけど・・・)

   .....裾野斜面を一歩一歩登る。背景には「黒斑山」と、盆地のような「湯ノ平高原」....
c0119160_23111666.jpg


裾野中腹に至ると、立入り禁止告知板(ゲージが1つ)、その先を見ると明確な登山道があります。
頂上を見上げると何人もの登山者姿。実際は多くの人が火口付近まで行っているようです。「皆で渡れば怖くないか・・」とコンプラ・自己責任をつい忘れてしまい上部まで共に登ってしまいました。

   ....「浅間山」火口付近からの光景(殆どのメンバーが登山禁止の字を読め(ま)なかった)....c0119160_23131546.jpgc0119160_23134218.jpg


   ....(左)「前掛山」の断崖絶壁火口をもう一度!....(右)「浅間山」裾野、岩と雪の斑模様....c0119160_23193977.jpg




c0119160_23195392.jpg

本当の頂上はまだ先ですが、これ以上のコンプラ違反は自粛。火口を覗けただけでも大満足~!
食山人殿は学生時代に登頂済。「真の頂上体験者は私のみ!」と遂にプライドを崩しませんでした。
そして次は「浅間山頂上」として現在公式認定されているピーク「前掛山」を目指すことにしました。


.....先行二人の影を追い「前掛山」へ向かう。爆裂火口の岩峰がまるで人の顔のように見える!....
c0119160_23241682.jpg

c0119160_2326556.jpgc0119160_23301071.jpg

でもこちらの方がもっと感動!荒涼たる爆裂火口の大パノラマをさらに満喫することができました。
世界有数の火山はやっぱりスゲエなあ~と感嘆し、登ってきた稜線を戻り再び「湯ノ平高原」へ・・・。



★変化に富んだ楽しい下山道

「さてもうこれ以上は登りなし~」と、皆は平坦な野っ原で座を広げて缶ビールとワインのミニ宴会。
あとは下山後の楽しみ「温泉」をめざすだけ。下山道の景色は変化に富み、素晴らしいものでした。


  .....再び「湯ノ平高原」へ戻る。今まで我慢してきたビール・ワインを開けてのミニ宴会。....
c0119160_2338687.jpg

c0119160_23415969.jpg

c0119160_23422471.gif
c0119160_23522834.gif


徐々に谷筋を下っていくと、中国桂林や妙義山のような奇岩群が目前に迫って来る楽しい山道。
ここも浅間噴火の外輪火口として刻まれた地形なのでしょう。噴火スケールが実にでかいこと・・!

 .....(左)天を突く牙山(ぎっばやま)の先鋭峰.....(右)鉄分濃い真っ赤な川が谷間を流れる。....c0119160_23574551.jpg




c0119160_2358085.jpg


      .....谷筋を下る道には、オブジェのような独特の形をした木々が時々見られる。....c0119160_00591.jpgc0119160_021547.jpg


     .....妙義山のような奇岩群!浅間山でこんな光景が見られるとは思わなかった....
c0119160_034486.jpg




★鉄とイオウの渓谷、真っ赤な温泉


川沿いは鉄が錆びた赤岩石や硫黄結晶が沢山あり、異様な渓流風景が広がって実に面白~い!
「不動滝」も赤茶けていました。草木の姿が少なく感じたのは外輪山が植物には厳しい環境が故?

  .....イオウと鉄錆岩が印象的な「不動の滝」、ここは遅まきながらようやく春の息吹が・・。....c0119160_062633.jpgc0119160_064718.jpg












c0119160_07076.jpg


下山後に浸かった「天狗温泉」の湯は真っ赤か!(鳥甲山の小赤沢温泉とソックリ) タオルは一挙に鉄の錆で茶色に変色。でも本当に火山地底から湧き出てきた天然温泉という実感で大満足~!

       .....天狗温泉「浅間山荘」、鉄さびで真っ赤なお湯が実に素晴らしかった!....c0119160_0101775.jpg




c0119160_0103329.jpg



★火の山「あさま」

静岡在住時代、「富士浅間(せんげん)神社」の名を随所に目にしたものです。(富士吉田と富士宮に2大総社が鎮座)  娘の七五三をした静岡市浅間神社も市民に敬われる由緒ある古社でした。

 .....「前掛山」頂上に立つ人。の荒涼の大絶景は浅間噴火の激しさをあらためて認識し感嘆!....
c0119160_013678.jpg


「何で浅間なんだろう・・」と多少疑問に思っていましたが、当時はあまり意識せず深く考えず・・。
「浅間神社」は富士山大噴火を恐れる人心を静めるために建立、火山鎮護の神を祀っています。c0119160_0182427.jpg
c0119160_0141169.jpg


あさま」という言葉は「火山」を意味する古語とのこと。なるほど~富士は古代から阿蘇山と同様「火の山」として畏怖崇拝されていたので、「浅間神社」と呼ばれてたのか!それじゃあ「浅間山」って「火山」そのものをストレート表現した名前ではないか! 「あそ」「うす」も火山を表す同系の古語、だから「阿蘇山」「有珠山」なんですなあ・・。「あさま」も「あそやま」が多分訛ったんでしょう・・。 

             
   .....1年数ケ月前(07.2月)、万座スキー場から見た白雪の「浅間山」(左)と「浅間隠山」(右)....
c0119160_016672.jpg


2年半前に大学時代・山仲間と再会のOB会を企画して「浅間隠山」に登った時に目の前に雄大な「浅間山」パノラマを仰ぐはずでしたが、残念にもガスに覆われてその光景を味わえませんでした。
昨秋も雨で断念・・。今回やっと「浅間山」の素晴らしい姿を知ることができてリベンジ、グ~グ・グ~!

                                                      おわり

  by rollingwest | 2008-05-31 21:17 | Comments(22)

Commented by TARA at 2008-06-08 21:16 x
あの時見るはずだったのは、こういう光景だったのね。
それにしても、草すべりの斜面では、また直滑降をやったの?全く
怖いもの知らずで懲りないわね。
来週、リョースケ君に会ったら、宜しく言っておいて。今度は何を空ボッカするのかしら?ローりンも2年半前のように、一本道を間違えないように気をつけて。ナビのせいではないんだから。
Commented by Soul Mate at 2008-06-08 22:52 x
お~っ、相変わらずやっとるのう。とても家族持ちの生活ぶりとは思えんのが素晴らしいの一言じゃわ。まあ体が動くうちにあちこち頑張って登りんさい。毎回で申し訳ないが、RWはええ奥さんもろうたのう。それにしても突然火山が噴火したらどうするん?山登りっちゅうのは危険なスポーツじゃなあ。
Commented by rollingwest at 2008-06-09 05:56
TARA様、2年前のGDMーOB会では皆さんにこのような絶景をお見せしたかったんですが、ガスがかかってちょっと残念でしたわ。
そのうえ、皆のKYな山姿、特にTARA様のヒョウ柄・トンボサングラス・子供スポーツシューズの周りから大きく浮き上がっていた姿は一生私の目に焼きつく光景でしたなあ・・(笑)
リョースケとまた会ったら、その話と空ボッカの話題をはずすことはできません・
Commented by rollingwest at 2008-06-09 05:59
S聖二よ、いつも心配ありがとさん・・。
確かにその瞬間に噴火が始まってしまったら、もう何も言えんなあ。
またあのバカ、懲りない奴と皆から白い目で見られるのは間違いありません・・。 一応、気にしながら登っております。(苦笑)
Commented by おっちょこ at 2008-06-09 06:40 x
ただただ凄い・・の一言です。
Commented by わかこ at 2008-06-09 20:37 x
山は、RWさんのブログで見てるのが安全かつ疲れないでいいね。山はやだ。°゜(≧o≦)゜°。ザンボラが出るから・・・・
Commented by rollingwest at 2008-06-09 20:46
おっちょこさん、火山がいっぱいあるから日本は温泉天国なんですよー。水と緑と温泉に恵まれ、素晴らしい我国ですなあ・・!
Commented by rollingwest at 2008-06-09 20:49
猫わか様、一昨日は火山爆発的な飲みすぎでしたか~?(笑)
H井の公演は昨日見ましたが、実に熱演、素晴らしかったですね。
ところでザンボラって何ですか? 火山怪獣?

Commented by わかこ at 2008-06-09 21:43 x
未熟者め( ̄(oo) ̄)
火山怪獣、おしい!火山に生息するが、灼熱怪獣だ。
前コメントのURLをクリックせよ。
Commented by rollingwest at 2008-06-10 05:43
あ~思い出した、々~。灼熱怪獣ザンボラーね。
発音が悪いから(最後の-、もないし)、一瞬わかんなかったよ。
舞台は、浅間山だったんだっけ?
Commented by 掛け橋 at 2008-06-10 23:01 x
ご無沙汰いたしました。浅間山ってこんな山だったのですね。峰の茶屋からの道は単調なような感じですが、西側のルートはすごく変化に恵まれているのですね。浅間山は遠くから眺める山としても好きです。ではまた。
Commented by rollingwest at 2008-06-11 05:42
掛け橋様、本当に久しぶりにいらっしゃいましたね。
貴殿もいまや数少ない真の浅間山頂上を極めた方のお一人ですが、やはり山容の印象は単調なイメージだったんですな。
確かにバリエーションあるオモシロイ山でした。
また復活の程を・・(笑)
Commented by 食山人 at 2008-06-11 09:23 x
雌阿寒岳も確か現在登山禁止で隣の少し標高の低い雄阿寒岳に登っているはずです。浅間山の場合、あと少しで山頂とのことで、残念な現状となっているのでしょうか?
登山をことさらに特別視するつもりはありませんがゴルフがそうである様に人が見ている、見ていないにかかわらず一定のルールの中で楽しむもの、自然をゲームの一部のような感覚で捉えていると、いつか手痛いしっぺ返しを食らうように思えてなりません。RWさんにはもっと深く山歩きを楽しんでもらいたいからこそ、年寄りの苦言を。
Commented by matsu at 2008-06-11 16:55 x
 浅間山のブログで、灼熱怪獣ザンボラーの名前が出てくるとは思いませんでした。トカゲ的な外形にオレンジ色の背びれがついた変な怪獣でしたね。
 火山と怪獣といえば、ラドンの故郷が阿蘇山でしたね。阿蘇山の噴火で、体を焼かれて死んでいく番いのラドンをロングショットでとらえた不朽の名作「空の大怪獣ラドン」のラストシーンを思い出すと胸が熱くなります。
 おっと、山の話でしたね。浅間山は、私も本山には登ったことがなく、黒斑山と浅間隠山に登ったのみです。でも、この山以外にも、新潟の焼山とか渡島駒ヶ岳とか頂上を極めずに、すぐ手前で仰ぎ見る山が2,3あってもいいかも知れませんね。
Commented by rollingwest at 2008-06-12 05:45
食山人さん、肝に銘じます。
マツさんとの山行を楽しみにしております。
Commented by rollingwest at 2008-06-12 06:06
マツさん、怪獣の話でもやはり造詣が深いですな。
ザンボラーはやはり浅間山でしたか・・。
ラドンの阿蘇山での最期のシーンもロマンがありましたね。
平成ゴジラのラストシーンも三原山火口に落とされました。
怪獣に競馬名馬など、またいろいろとご教授願います。
Commented by こだま at 2008-06-12 14:12 x
RWさん、こんにちは♪
浅間山と草津白根山は地底で通じていて、一方の火山活動が活発だと、
もう一方はおとなしいと聞いたことがありますが、ほんとですか?

看板は「登山禁止」でなくて「自己責任で進め!」にしたら、いいかもしれませんね~
お気をつけくださいね~
Commented by rollingwest at 2008-06-12 16:59
へ~、新説ですね~!初めて聞きました。
でも2つの山は近いんだから十分ありえますね。
それにしても「こだま」さんは草津白根が好きですねえ・・。
あの湯釜は死の世界だけど、エメラルドグリーンが本当に素晴らしい!
Commented by 空ボッカのリョースケ at 2008-06-12 19:31 x
昨日は上京し、短い時間でしたが久々にRWのお元気なご様子にも接し、小生も楽しい時間を過ごさせていただきました。
特に、RWの背骨座屈骨折の生々しい傷跡に素手で触れさせていただける光栄にも浴し、こりゃ今年は何かいいことがあるかも知れんぞと勝手に思い込んでおるところであります。
(なにか、ご利益がありそうな感じでしたから)
これからもRWの楽しい山の便りを楽しみにしているし、また、GDMのメンツで再会を楽しみにしています。浅間山は登れなかったけれど、写真で十分堪能させていただきました。ありがとね。
Commented by rollingwest at 2008-06-12 20:16
リョースケさん、初デビューありがとさん!
TARA殿・神楽坂殿・しむけん殿様も含めてGDMお馬鹿な談笑サロンとしてご利用下さい。(笑)
お気遣いの土産もご持参頂き恐縮。 たまには空ボッカじゃない時もあるんだね・・(笑) 失礼
旅の会HPにも訪問の報告入れてありますよ。
ところでTARA殿の落雷クラッシュPCは治ったんだろうか・・?
Commented by リトルセサミ at 2008-06-17 22:00 x
今回の登頂おめでとうございます、前掛山迄登れたのですね、途中雹が降ってきても登って、迫力ある景色を見て、いいなー。残雪があり浅間山の模様がはっきりわかりいい景色です、これを元に版画を作ってはいかがですか。RWさんのセンスですといいものができますよ。天狗温泉も良かったようですね。
Commented by rollingwest at 2008-06-18 05:39
確かに・・縦縞模様は版画にピッタリですね。
残念ながら、手先が不器用なので彫刻刀をうまく使えませんが・・(笑)
さすがバリバリの活火山、周辺にはいい温泉が多いですね。

<< <2008年6月1日>国宝「薬... <2008年3月16日> 府中... >>