<2008年7月6日>新宿ゴールデン街とその周辺街を訪ねて(その2)

↓(その1)から続く

★「コマ劇場」がついに閉鎖へ、嗚呼・・思い出の歌舞伎町


新宿コマ劇場が12月に閉鎖」というニュースが先日流れていました。この劇場は「演歌の殿堂」。北島三郎、小林幸子、氷川きよし、松平健等の大物スターが特別公演を行う場所で、いつか満席にしてみたいと願う演歌歌手の憧れの舞台です。ここ数年は観客減で採算が悪化、老朽化も目立つため、閉館され再開発ビルに生まれ変わる予定だそうです。嗚呼またも昭和は遠くなりにけり・・


   ....(左)現在のコマ劇場(黒色)  (右)懐かしい昔のコマ劇場(薄緑っぽい色だったかな?)...
c0119160_8343425.jpgc0119160_835494.jpg


昔、コマ劇場と新宿ミラノ座の広場には噴水池がありましたが、今はもう撤去されなくなっています。
大学野球優勝時は神宮から新宿まで歩き、夜は皆で肩を組み歌を唄って大騒ぎしたものでした。

c0119160_8355034.jpg


皆で池に飛び込んだり、後輩が水銀灯によじ登ってヌンチャクを振り回して新聞に載ったり・・で、本当にお馬鹿やってましたねえ・・。周りは大迷惑だったと思いますが、当時のアホの一人でした。

c0119160_8462111.jpgc0119160_8472954.jpgc0119160_848142.jpg


お上りさんの大学1年生にとって、ネオン溢れる歌舞伎町を初めて見た時は衝撃的な街並光景でした。当時全くモテなかった地方出身(痴呆じゃないよ)大学生2人は、「歌舞伎町に行けば夢世界があるはず!」と当時ブームのディスコ(カンタベリーハウスだったと思う)に期待を持って繰り出しました。

c0119160_204573.jpgc0119160_2072156.jpg

馴れない「ナンパ」なるものにトライしてみましたが、見事全員スカ・・。自分たちの非力とダサさを認めたくない我々(相棒はS聖二)は、「今夜はツキがなかったなあ・・」とボヤキながら当繁華街を寂しく背にしたのでした。当時流行っていた洋楽曲(Eビショップ・愛に狂って)を虚しく歌いながら・・涙
c0119160_20154542.jpg


c0119160_20161996.jpg


同級生「H井真吾」主宰の朗読劇「物語シアター」の定番には、映画化された浅田次郎作品「ラブ・レター」があります。ドラマ主人公の「高野吾郎」は新宿歌舞伎町で20年も飯を食っている裏ビデオ屋の雇われ店長でした。こちらの方も悲しい涙の結末でしたなあ・・。あっ全く違うか、失礼(笑)

                                「物語シアター」(ラブレター)

c0119160_20232670.jpg
c0119160_20234654.jpg





★歌舞伎町アンダーワールド(裏社会)


裏ビデオ(DVD)といえば、インターネット普及の煽りでこの商売は最早や退潮気味なのだそうです。ウイニー等でファイルソフト交換・ネットを駆使できる若い世代はもうこの業態に見向きもしません。商売を支えているのは,PC不得意な晩秋の中高年だという現実に思わず笑ってしまいました。

c0119160_20255227.jpg


とはいえ、常に時代の流れに全くメゲない歌舞伎町のフーゾク業態。昭和62年に施行された「新風営法」でも歌舞伎町衰退の噂は囁かれましたが何のその!手を替え品を変え取締りを逃れて、新フーゾク業種も雨後の筍の如く生まれて大いに隆盛しています。何とも力強いもんですなあ・・。

c0119160_20275446.jpg

しかし今の歌舞伎町は昔以上に恐ろしい街になっているようです。中国人マフィア増殖・闇の犯罪地帯、裏ギャンブル、関東・関西ヤクザのせめぎ合い、闇金融ネットワークの跋扈など、足を踏み入れヘタなことをしたら、ヤクザに簀巻にされ東京湾に沈められてしまう危険に遭うかもしれない。


c0119160_20285871.jpgc0119160_2029163.jpg
c0119160_20293168.jpg


今回、神楽坂ブックと同時並行に、歌舞伎町の「アングラ・闇社会の実態」を暴いた上記の本を読みましたが結構スゴイ裏話が沢山書かれておりました。やはり「さわらぬ神には祟りなし」ですなア・・。
想像しえぬ人間模様が様々に渦巻く不夜城の街は、数十年後も逞しく生き残っていることでしょう。




★おわりに(再びゴールデン街)


今回神楽坂殿の出版祝いを契機に、日頃なかなか足の踏み入れ難い場所を見て回りましたが、直接雰囲気を肌で感じながら、実際に歩いてみると中々興味深いものでした。今回の散策は昼間だったので、本来この街が持つ素顔やエネルギッシュさ・畏怖なムードを十分に感じ取ることはできませんでしたが、夜に備えてじっくり充電している街もまた特別な味わいがあるような気がします。

c0119160_20311147.jpg
c0119160_20312961.gif



この街で日々精一杯暮らす人々・街を愛し深く入り込んでいる人々・命に危険を感じながらヤバイ橋を渡る人々等にとっては、当記事は殆ど表面的につき小生がこの街を語る資格はありませんが、やがて迫り来る再開発の波に昭和の貴重なる文化遺産が駆逐されぬよう祈るばかりです。

c0119160_20323923.jpg


                                                       おわり



神楽坂ガイドブックは以下の文章で締めくくられ、この街に熱いエールを送っています。

「平成19年、ゴールデン街全体の店舗数約250。その古い建物には一つひとつに人のドラマがあり、今も変わらぬ反骨精神が息づいている。そして今、新たなジェネレーションが昭和を生き抜いた木造酒屋の歴史に斬新なエピソードを刻み始めた。21世紀、この街は、ますます面白くなるに違いない。」

  by rollingwest | 2008-07-05 10:30 | 都会の風景 | Comments(22)

Commented by ペガサス at 2008-07-06 14:30 x
RWさんも、沢山のお顔をお持ちですね。
でも、いつも愉しそうな笑顔が伝わってきます!
Commented by rollingwest at 2008-07-06 16:30
池がなくなったのも寂しかったですが、コマ劇場自体がなくなるとはねえ・・。時代の流れですか。
Commented by Soul Mate at 2008-07-07 00:16 x
お~っ、あの池なくなったん?今の学生さんは可哀想じゃの。あれだけ騒いで逮捕される人もおらんかったけん、まあ良い時代じゃったんかもなあ。歌舞伎町なんて卒業して一度も行ったことないわ。それにしても毎週毎週あちこち出かけて元気なおっさんじゃなあ。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-07-07 05:55 x
ミラノボウルの脇を入った居酒屋で、学生時代はバイトしていました。
まだ有るのかなぁ・・?
Commented by わかこ at 2008-07-07 21:24 x
新大久保へアルバイトへ向かう途中のゴールデン街の脇の小道の写真が懐かしかった。爽やかな早朝には、喧嘩のあとの血糊が道にべっとり。黄昏の帰り道、化粧をしてなくても その方と分かる人が洗面器を持って湯屋に行く姿を見かけた。
花園神社、赤テントも観た。蜷川演出の王女メディアも観た。ビルに巨大満月を映し、平幹次郎演じるメディアがクレーンで 神社の上に居た時は感動したなあ・・・
と私の妹が・・・いや、母が・・・じゃなくて姉が、ああそうそう姉が言っていました。
Commented by rollingwest at 2008-07-08 21:26
S聖二殿、コメント登場がちょっと早かったなあ。
この続きの記事こそが、32年前に君と徘徊した「涙の空しき歌舞伎町」(Eビショップ)が出てくるのに・・(笑)
まあ、また毒の効いた広島弁であの時の思い出を茶化してくれ・・。
Commented by rollingwest at 2008-07-08 21:27
オヤジさん、すごい濃~い危なそうな場所でバイトしていたんですね。
オカマちゃんに誘惑されなかった~?(笑)
Commented by rollingwest at 2008-07-08 21:32
猫わか様。また貴女も濃密な光景を見ながらバイトに通っていたんですなあ・・。朝から血がべっとりですか・・(恐!)
花園神社の赤テントのお話もお姉様のお話らしいですが、語り口からして実際に見てきたようなリアルな表現ですなあ・・。
現在32歳とは思えぬうろたえぶりです。
Commented by ガッツ星人の妻の姉 at 2008-07-09 17:47 x
蜷川ギリシア悲劇は覚えているけど、唐十郎の赤テントの方は、残念ながら(=^ェ^;=)理解できなかったので語れないんです。
Commented by rollingwest at 2008-07-09 19:56
あら~お姉さま、初めまして!
いつも妹様には大変お世話になっております。
二人羽織も大変ですね~。
あっ、逆二人羽織(1人2役)か!失礼~(笑)
Commented by Soul Mate at 2008-07-10 00:01 x
で、出た~っ、歌舞伎町伝説。。。RWもワシもまったく踊れもせんのに新宿行けば姉ちゃんと仲良くなれると思うとった純情さ。今の中高校生が聞いたら笑い死ぬのう。お互い卒業まで姉ちゃんとは縁がなかったけど涙ぐましい努力の連続じゃった。ワシらが思う以上にワシらはイモじゃったんじゃなあ。
Commented by rollingwest at 2008-07-10 05:27
この歳(あの頃の2.5倍以上の年齢か・・)になって、そこまで恥の上塗り・卑下せんでも・・・(笑)

Commented by TARA at 2008-07-10 06:13 x
やっぱり、デイスコでのナンパはスカしていたのねェ。ビッグバンで
揃えた衣装で、目いっぱいオシャレをしていたはずだったのに、通じなくて残念だったね。当然か、失礼!
Commented by shingo at 2008-07-10 22:02 x
一度しか観たことのない舞台なのに、吾郎のことよく覚えてるね。明日また船橋で高野吾郎と会ってくるよ。
若気の至りは、男なら一つや二つや三つや四つ、ダメダ、数えきれない・・・・・。やっぱり、高野吾郎だあ。
Commented by rollingwest at 2008-07-10 22:14
ははは~、TARA様、遠い昔の苦い思い出・・。スカは予想どおりだったでしょ。(笑)
こりゃ~笑ってんじゃねえー(泣) 

ビッグバンじゃなくて「USバンバン」でしょ!
(明治通り交差点の安売りジーパン屋ね・・、よく買ったモンじゃ)

TARA様が秋に来日したら、また皆で盛り上りましょ。
次回はシロクマのブーツでも履いてくるんですか?
ワシントン条約(希少動物保護)に引っかかって逮捕されるぞ。
Commented by rollingwest at 2008-07-10 22:18
真吾殿、猫わか様の旦那様(怪獣好きのプロマンガ家・三式機龍殿)が、貴殿の先輩・柴田秀勝さんの大ファンみたいよ。
一度紹介してあげたら~! 猫わか様のお姉さまも一緒に・・。
Commented by 猫わか姉 at 2008-07-12 06:48 x
ひえーーっ。有難いお言葉ですが、遠慮します(=^ェ^;=)。噂では、放牧状態で お互いの行動に無関心らしいぞん。そんな暇があるなら、妹が、青空食堂で遊んでくれというとりましたぞ(^〇^)
Commented by rollingwest at 2008-07-12 07:10
次回は、「逆3人羽織」でお母様も登場ですか・・?
この場合はキングギドラじゃな。(笑)
Commented by shingo at 2008-07-12 22:15 x
そうそう、まずは約束どおり「青空食堂」ですね。妹さんにくれぐれもよろしくお伝えください。
Commented by rollingwest at 2008-07-13 06:24
それでは、お母様・お姉さまと3人でお越し下さい。
5人で予約取っておきます。(笑)
Commented by スー at 2008-07-13 12:39 x
先週コメント入れたんだけど、どっかいっちゃった。ゴメン、アナログなんで。ゴールデン街こんどいこ!歌舞伎町といえば、卒業式のあとみんなで繰り出して、RWさんがみんなとはぐれて行方不明になったのを思い出したよ。翌日卒業証書渡したの覚えてる?
Commented by rollingwest at 2008-07-13 13:30
先週のスー様コメント(人物以外マメ)は、この下の花菖蒲の所に頂いているのでちゃんと返信済みですよ。またの来訪ありがとさん。

確かに・・!卒業式の歌舞伎町での打ち上げ後に皆とはぐれて、終電も無かった。どこかの喫茶店で夜を明かし、翌朝始発で帰宅したことを思い出しました。
しかし私の周囲の人たちは、まあ何で昔のつまらんことをよく覚えているんでしょうなあ・・(笑)

<< <2008年7月6日>新宿ゴー... <2008年6月15日>「明治... >>