<2008年7月26~27日>「笠ケ岳」で出会った花々 (笠ケ岳:その3)

笠ケ岳(1~2)が完成して赤塚記事の下↓↓に公開済みですが、(その3)として笠ケ岳で出会った数々の高山植物を紹介いたします一番下をクリックするとスライドショーでも見られますよ~!

c0119160_5554856.jpg


★北アルプス・笠ケ岳の夏は高山植物の宝庫!


盛夏北アルプスはさすが花の宝庫!花に関して平地では全くノーカン・ローリングウエストです。
しかし何故か山ではバシャバシャと高山植物写真を撮り捲くってしまいます。基本的に私は山の花の知識・造詣はありませんが、でも改めてレビュー・勉強してみるとその素晴らしさがよくわかります。


    ニッコウキスゲ(ユリ科)     ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)    ハクサンチドリ(ラン科)c0119160_10344985.jpgc0119160_10351616.jpgc0119160_10353564.jpg
日光黄萓:草原・湿原の代表黄花  白山石楠花:高山常緑低木    白山千鳥:ランの如く高貴



             チングルマ(バラ科)                ハクサンフウロ(フクロソウ科)c0119160_10463310.jpgc0119160_10464650.jpgc0119160_10472242.jpg
稚児車:名の由来は枯花が稚児用の風車に似ているため   白山風露:5裂の花には毛がある 



             ヒメサユリ(ユリ科)                 クルマユリ(ユリ科)
c0119160_1121965.jpgc0119160_1124274.jpgc0119160_1125533.jpg
 姫小百合:可憐な早咲きのユリという意味           車百合:葉が茎に輪生から由来 


  カラマツソウ(キンポウゲ科)      ミヤマトリカブト(キンポウゲ゙科)  ハナヒョウタンボク(スイカズラ科)c0119160_13382528.jpgc0119160_13385648.jpgc0119160_1339108.jpg
 唐松草:葉には鋭い鋸歯    深山鳥兜:毒草で有名  花瓢箪木:氷河期を生き抜いたスイカズラ



      ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)               ショウジョウバカマ(ユリ科)
c0119160_13452251.jpgc0119160_13453535.jpgc0119160_13454686.jpg
白山一華:代表的な高山植物、消雪後に一面群生   猩々袴:奇猿の赤顔と袴状の葉が由来名


       キンバイソウ(キンポウゲ科)            コイワカガミ(イワウメ科)
c0119160_13484222.jpgc0119160_1349233.jpgc0119160_13491441.jpg
     金梅草:高山帯の多年草            小岩鏡:花の光沢が鏡を連想



  スカシユリの蕾(ユリ科)    タカネヤハズハハコ(キク科)  タカネシオガマ(ゴマノハグサ科)c0119160_140185.jpgc0119160_1401355.jpgc0119160_1403387.jpg
透百合:花弁間が透けたユリ 高嶺矢筈母子:雌雄異株の珍種 高嶺塩釜:一度の開花で枯れる



    ゴゼンタチバナ(ミズキ科)        タニウツギ(スイカズラ科)    アキノキリンソウ(キク科)c0119160_144375.jpgc0119160_1445277.jpgc0119160_145834.jpg
御前橘:6枚の葉が可憐  谷空木:山野自生の落葉低木 秋の麒麟草:日当りいい山野に自生



    ゼンマイとキヌガサソウ    キヌガサソウ(ユリ科)         オオバギボウシ(ユリ科)c0119160_14102468.jpgc0119160_14103765.jpgc0119160_14104834.jpg
薇:新芽は渦巻き 衣笠草:葉が咲く如く、エンレイソウに似る  大葉擬宝珠:橋欄干のギボシに似る



    ホタルブクロ(キキョウ科)        オオバキスミレ(スミレ科)    ウバユリ(ユリ科)c0119160_14163032.jpgc0119160_1416428.jpgc0119160_1416554.jpg
蛍袋:釣り鐘状花が特徴的  大葉黄菫:低山に生えるスミレ 姥百合:湿った林内に生える多年草


c0119160_14193948.gif
そりゃ~確かに平地植物園の花の方が豊富で華麗に決まってる。でも山中だと地味な花でも希求感があってつい調べてしまう。今年の山は残雪が多く、お盆過ぎの北アルプスも花宝庫の予感!


                                                     おわり


                          
◆下記をクリックするとスラードショーでご覧になれます。
   オリジナルボタンを押すと、花々たちが万華鏡のように華やかに鮮やかに登場しますよ~!
                         
                    「笠ケ岳で出会った花々」:スライドショー



   (注);この記事は1週間後に笠ケ岳(その2)の下に移動させる予定です。

  by rollingwest | 2008-07-25 10:11 | Comments(13)

Commented by TARA at 2008-08-18 03:38 x
ご来光の槍ヶ岳は本当に美しいですね。写真を見ながら、槍ヶ岳の頂上から見た、朝日の昇る瞬間の感動を思い出しました。生涯忘れる事のない瞬間でしたね。ヌミノーズとはああいう体験を言うのですね。

それにしても、よくこれだけ行動し、記述する時間があるわね。ちゃんと仕事してるの?

「西から昇ったお日様は東へ沈む・・・」 赤塚漫画は好きだったなあ。また一つ昭和が終わった感じで寂しいわね。合掌。
彼そのものが、ギャグだったようだけど、ローりンと同じじゃない。それで親近感がわいていたのね。納得。
Commented by rollingwest at 2008-08-18 05:53
褒めたり、けなしたり、思い出に浸ったり、忙しいですなあ・・。
夏休みはいかがだったでしょうか?
秋の来日でまた皆と再会することを楽しみにしております。
Commented by Soul Mate at 2008-08-18 23:24 x
ほんとよく時間あるよなあ。明日からまた山かいな?気をつけてな。山のことはようわからんが、日本の男子サッカーは恥ずかしい。せめてダルビッシュみたいに丸坊主にせんかい。女子サッカーはよう頑張っとるのにのう。
Commented by rollingwest at 2008-08-19 05:46
あはは、睡眠時間は5時間で十分なのじゃ。もう朝早くから目が覚める。
北アルプスも前半は雨模様だけど、後半の回復を願う。
女子サッカーの銅メダル、星野JAPANの金メダルも祈る!
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-08-20 06:37 x
きれいな花々で、見ていて鳥肌が立ちました!!

ねぇ、先輩、こんなにきれいな花の写真なんだから、冊子を作っちゃったらいかが?
Commented by おっチョコ at 2008-08-20 07:53 x
花はいいわね~。それぞれの色、形、薫り・・・
人知れず、ただ無心で咲いている花々を見ると、ホッとします。
RWさんの撮る視点に、優しさを感じますよ。皆可愛く映っているもの。花だけではなく、一生懸命カメラを花に向けているRWさんの様子が目に浮かびます。それぞれの花とお見合い!ホッホッホットットット・・・
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-08-26 23:10 x
そろそろ、ご帰還の頃ですよねェ~♪
ビバークしながら、雨の北アルプスを堪能されてきたのでは!?
Commented by rollingwest at 2008-08-27 05:55
おっちょこさん、また北アルプスの花を沢山撮ってきました。
また9月になったら公開します。
Commented by rollingwest at 2008-08-27 05:58
おやじさん、ご心配頂きありがとうございます。
今回5日間のうち3日は雨にやられましたが、一番見たかった場所が2日間晴れた日に当たって実にラッキーでした。
またのちほどレポートしますね~!
Commented by green-field-souko at 2008-08-27 06:35
RWさま おかえりなさ~い♪
一週間も山へ行ってたら社会復帰が大変じゃありませんか~?^^
Commented by わかこ at 2008-08-27 06:43 x
おかえりなさい♪うちの旦那が、猫の飼育係をさぼっていなか監視役と怪獣話のお相手、ありがとう(^〇^)。
マウントレイニアにも、ユリのミニチュア版みたいな花(名前は、Minnieさんに聞けばわかるけど・・)や、オリンピック公園の山々にもルーピンはじめ花があふれていましたよ。
北アルプスもたくさんさんいていたようで UP楽しみ!
Commented by rollingwest at 2008-08-27 19:53
souko様、お久しぶりどすなあ・・!
1週間フルに行ってたわけではないのですが、5日間の山旅は学生時代を含めて4~5回目、今回は風雨に3日間歩き結構しんどかったどす。
山の記事公開は9月にしますが、その前に・・・。フッフッフ、お楽しみの洋楽コーナーを再スタート・・。
Commented by rollingwest at 2008-08-27 20:10
猫わか様、時差ボケは直りましたか~?
ご無事での帰国、何よりです。海外不在の間、まだ見知らぬご主人殿と怪獣・大魔神・赤塚不二夫の話で毎日のように盛り上がり、実に親近感を抱いた次第です。
近々、ご主人殿とお会いする機会をセッティングし、昭和レトロの徹底ご指南いただける日を楽しみにしております。

<< <2008年7月26~27日>... <2008年7月21日>東京下... >>