<2008年8月20~24日>北アルプス「黒部源流」4泊5日の山旅(その2)

                                  黒部源流・4泊5日の山旅(その1)から続く



★奥深き北アルプスの大展望・「雲ノ平」:(3日目)

さて本日はメインイベント!北アルプスの秘境最深部を訪ねる時が来ました。どんなに厳しい風雨の山行であっても、今日さえ晴れてくれればいいのです。その切望が通じたのか、朝目覚めたら(前日は飲みすぎ)外は雲一つない大快晴日!心躍るような気持ちで外に飛び出していきました。


   ...小屋の外を見れば雲一つない最高の日和!期待感に胸が膨らむ黎明の稜線(Y氏提供).....
c0119160_2112398.jpg

   ....前日豪雨の溜まり池は快晴青空に映えて鏡の如く美しい!丘の上は「雲ノ平山荘」.....
c0119160_21164015.jpg


雲ノ平」は周辺を数々の名峰に囲まれた天上の山岳庭園です。その名の通り雲中の高層平原で、4km四方に湿原が広がる瑞々しい台地です。その山の端からいよいよ朝日が出てきました!
c0119160_5482750.jpg


      ....(左)ついに日の出!真っ青な空に輝く朝日の強烈な光が眩しく嬉しい!.....
c0119160_5503438.jpg


前日まで降り続いた雨は、木道・花々の雫となって残り、ダイヤモンドのように輝いています。
あちらこちらに見える溜まり水や池塘は、真っ青な空を映す手鏡となって散りばめられていました。

....(左)花枯れ「チングルマ」雨露が光る。(右)透明度100%池塘に青空が映える(Y氏提供).....c0119160_5505376.jpgc0119160_5511480.jpg

チングルマ写真↑をクリックすると拡大で水滴がよく見えますよ。

....(左)雲ノ平の中心「スイス庭園」「祖父ケ岳」に向かう (右)「祖父ケ岳」上空を飛ぶヘリコプター.....
c0119160_21182913.jpgc0119160_843202.jpg

今度は北アルプス名峰群が一挙に俯瞰できる大展望スポット「スイス庭園」と「祖父岳」をめざしていきます。長く続く木道を行けば、右に「黒部五郎岳」と「笠ケ岳」が見えてきた!「笠ケ岳」は先月に登ったばかり、編笠のような悠然な山でしたが、こちらから見ると突起が鋭い形をしているなあ・・。

....(左)雲ノ平の名峰「黒部五郎岳」(ここも巨大圏谷を擁す) (右)先月に登った名峰「笠ヶ岳」.....
c0119160_5572227.jpgc0119160_5575625.jpg

c0119160_559318.gif

      ....「スイス庭園」の木道を行く。「水晶岳」(別名:黒岳)が朝日の中で雄大に鎮座.....
c0119160_2033857.jpg


おおっ!2年前に縦走した「水晶岳」「赤牛岳」の長大な稜線も間近かに迫ってきた。2名峰は日本で最もアプローチの長い踏破が困難な山、あの時の苦しい山行思い出も今となっては懐かしい。

....背後彼方には、2年前夏に踏破した「赤牛岳」(往復26時間かかる日本一遠い山)が遠望.....c0119160_61978.gif
c0119160_21222955.jpg


....(左)言葉に表せぬ程の究極ブルースカイ!(Y氏・提供) (右)庭園周辺を鎮護する遥か岩峰.....c0119160_635194.jpg






c0119160_20403411.jpg

「スイス庭園」へ来ると美しい池塘の数はさらに増え、目前に座する「赤牛・水晶」とのコントラストは実に見事~!さらに進むと今度は「薬師岳」が現れ、あらためてこの山体の大きさ圧倒されます。
c0119160_662042.jpg

   ....美しい池塘が点在する「スイス庭園」からの大展望!(左:「赤牛岳」・右「水晶岳」).....c0119160_212598.jpg


c0119160_21353736.jpg

    ....「祖父岳」頂上に登り詰めていく展望木道!「水晶岳」の重厚な山容が実に雄大!.....
c0119160_21271758.jpg


「雲ノ平」の真ん中にある「祖父岳」山頂につい到着、「オオ~ッ!何も言えねエ・・」、雲ノ平を取り巻く黒部源流の山々が360度の大展望!鋭い穂先で天を突く名峰「槍ヶ岳」はやはり華がある!
2年前2回登った「鷲羽岳」はボリューム感溢れ貫禄を見せている。大満足のケルン群・頂上でした。

        ....「祖父岳」頂上に到着!食山人氏と2人で北アルプスの大パノラマを満喫.....
c0119160_6152599.jpg
c0119160_604484.jpg
c0119160_62553.jpg
c0119160_633547.jpg
     ...北アルプス名峰群の雄姿が一望、大感動!(左)ワリモ岳 (中)鷲羽岳 (右)槍ヶ岳.....


「祖父岳」をピストン登頂して満喫「した後は、雲ノ平山荘」に再び折り返します。途中、「祖父庭園」では「オコジョ」を発見!日本で一番高い所に棲家を持つイタチですが、その動きの素早いこと・・。
今まで何度か写真撮影を試みましたが毎回失敗。ピンボケながらやっとカメラに収められた。(笑)

....(左)「オコジョ」は超すばしっこい動きで撮影に苦労する。 (右)「雲ノ平山荘」よ、いざサラバ!.....c0119160_2130041.jpg









c0119160_6472314.jpg


「祖父岳」に対し「祖母岳」という展望丘もあり、ここを経由してもう一つのメインスポット「高天原温泉」に向かいます。ついに「雲ノ平」ともお別れ・・、19才の時ここを訪れましたが肩に食い込む重い荷物で息も絶え絶え、じっくりと絶景を味わう余裕はありませんでした。今回は本当によかったなア!

 
  ....「祖母岳・アルプス庭園」で再び「雲ノ平」の雄大さを実感!遠くには「槍ヶ岳」の穂先が!.....
c0119160_654647.jpg

 ....「薬師岳」の全貌を眺めながら、「雲ノ平」を後にする。やはり薬師はドデカイ山だなあ・・!.....
c0119160_2131130.jpg

「高天原峠」への道は北ア奥秘境に北上するルートなので、「水晶」「赤牛」「薬師」の巨大3名峰が更に大きい圧倒感で徐々に迫ってくる。これらを下から見上げる縦走はこれが生涯最後かな・・。


                                  黒部源流・4泊5日の山旅(その3)                  
                                  黒部源流・4泊5日の山旅(その4)に続く

  by rollingwest | 2008-08-22 20:58 | Comments(23)

Commented by 神楽坂 at 2008-09-07 12:31 x
原稿に追われ、家にこもりきりという生活をしている神楽坂にとりましては、この写真、レポートはまさに一服の清涼剤。資料山積みの暑苦しい机の上を清爽な風が吹きわたるようでございました。それにしても、すごい体力ですね。頭のなかまで筋肉なのでしょうか?その3を非常に楽しみにいたしております。
Commented by rollingwest at 2008-09-07 17:54
今度はどこのガイドブック出版ですか? お疲れ様です。
今年の夏は全国的に不安定な天候で、5日間中3日間は風雨に苦しみましたが、メインの憧憬目的地ではバッチリ晴れてラッキーでした。
その3は、日本一奥深く遠い温泉「高天原温泉」の紹介です。

9月末には、洋楽・ロックアーティスト別名盤(第1回はビートルズのマイフェイバリット名曲)
をスタートさせますので、こちらにも造詣深い「神楽坂殿」のコメント楽しみにしております。
Commented by しむけん at 2008-09-07 19:18 x
目にも眩しいくらいの美しい写真、情景が目に浮かぶようなコメント、ありがとうございます。世俗にまみれた毎日の生活の中、本当に心が洗われる思いがします。
今、レッドツェッペリンの最初のアルバムを聞きながら、拝見しています。(貴殿に触発されました・・・)
社会人2年目の夏、会社の山好きの先輩と2人で、名古屋発夜行で新穂高温泉から、鏡平・双六・三俣蓮華・鷲羽・野口五郎・烏帽子と歩く途中、大きな大きな薬師岳が見えたのを思い出しました。あの時は、ウチに帰らずその足で、会社の山好き大先輩2人の伊吹山夜行登山に寝ずに付き合いました。あの頃は体力あったね、ホントに。
それ以来、体を壊して山からは遠ざかり、一昨年企画いただいたGDM-OB会の浅間隠山が、25年ぶりくらいの山との再会でした。
RW様、これからも楽しみにしています!
Commented by rollingwest at 2008-09-07 20:23
しむけんさんも薬師岳のスケール雄大さをしっかり知っていたんですね!
ロック・POPS、怪獣、昭和レトロ漫画に山の素晴らしさを共感して頂ける「しむけん殿」からコメントをもらうと、喜びと新たな意欲が湧いてきます。
今回の雲ノ平ルートは初めてGDMのメンバー(CHAさん・亀吉さん・スケコマシY沢さん・O塚さん)に連れて行ってもらった苦行の道です。
また数年後には再びGDMーOB会を企画しますよ~!
Commented by わかこ at 2008-09-08 21:44 x
おこじょだ!!\(◎o◎)/!おごっじょ~♪ 見たかったな、本もの。いいな。うらやましいな。なでたいな。
数年前 姑のお誘いでおこじょがいるという尾瀬へ行った。雨上がりの抜けるような青い空や小さくても存在感のある花々やおこじょも 高い山に自分の足で登っていかなければ見られないのね?(=^ェ^;=)尾瀬のお散歩コースで疲れきった ひ弱な嫁は、昭和一桁の姑達の会から抜け、滝見も夜の蛍見もパス。ロッジで おこじょのでぬいぐるみを買っていた。以来二度と山歩きへの御誘いはこなかったのだった・・・・
Commented by 架け橋 at 2008-09-08 22:20 x
こんばんは。いやあ、何だかんだいってよい天気ではないですか。先輩はすごいですね←仕事だって山場と聞いておりますが。今回の写真は人の配置のアングルがグッドですね。
Commented by rollingwest at 2008-09-08 22:33
猫わか様、おこじょを撫で撫でするのは至難の業でしょうねえ・・・
(実にすばしこく、写真を数枚撮ってやっとこんな画像が撮れたくらいですから・・)

そうですか、猫わか様もおこじょを見聞するためにかつて尾瀬に山歩きに行ったことがあるんですか。え~と、姑様が昭和一桁とすると御歳は75歳前後、嫁の猫わか様が自称32歳・・?すごくお歳が離れているんですね~。
それだけジェネレーションギャップがあると、嫁どころかおばあちゃんと孫状態ですね(笑)
Commented by rollingwest at 2008-09-08 22:38
架け橋様、山とカメラとビートルズとお酒のプロからお褒めの言葉を頂くとは嬉しいですなあ・・。
9月下旬ごろに「新宿ゴールデン源流・秘境縦走の旅」へのいざないを楽しみにしております。
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-09-08 22:46 x
ちょこちょこ はしる おっちょこちょいの おこじょだじょー♪(・・・早口言葉、難易度3級。)

こんなに凄い山なのに、「道がある」ということが凄い!

山の上での「空」の色は、すごいエネルギッシュな青色ですねっ!!
Commented by Soul Mate at 2008-09-08 23:00 x
「小松みどり」言われても誰も顔思い出せんじゃろ。。それにしても
ほんとに元気なオヤジじゃなあ。いつも写真見るだけで疲れるわ。
雨の日に鉄の梯子なんか降りるんは命がけよのう。休みの日に
こげんな苦行する人らの気が知れん。。。ケガせんよう気をつけんさいや。
Commented by rollingwest at 2008-09-09 05:48
オヤジさん、ハタ坊風の早口言葉で可愛らしいですなあ・・。
今度、難易度1級をご披露下さい。
やはり今回は天上の楽園道でした。天気さえよければ・・(笑)
Commented by rollingwest at 2008-09-09 05:52
S聖二、たしかに「五月みどり」の妹と言い直しても、今じゃ誰にも通じんかもしれん(笑) でも深い山小屋の美人女性主人というこのアンバランスがいいのじゃ。
ところでY成からまだ連絡がないのだが、例の会いつ実現するんじゃろ?
Commented by green-field-souko at 2008-09-09 08:10
北アルプスの大パノラマを満喫しておられるお二人さん。
なにやらおもざしが似ていらっしゃる気が…う~ん、気のせいかしら。
ほら、仲良しカップルって、いつの間にか似てくるって言うしぃ♪ 草子
Commented by matsu at 2008-09-09 08:55 x
 夜行バスで富山~折立~薬師沢~雲ノ平は、自分が去年、赤牛岳へ行った時と同じコースです。自分も同じコースを歩いたからわかるのですが、悪天候の中の薬師沢の遡行、雲ノ平までの樹林帯の登りはさぞ大変だったと思います。でも、だからこそ、翌日の雲ノ平の空の青さと風景の美しさへの感動が倍加したのではないでしょうか。
 それと、オコジョ、あのすばいこい動物をよくカメラに収められましたね。自分の20年強の山ヤ人生の中でも、オコジョを見たのは、10何年か前、剣岳へ行った時ただ一度だけなので、写真でも久々に見ることができ感激しました。オコジョは冬毛の時(全身真っ白)の方が可愛いので、冬山になる前に高山に入り、オコジョのいそうな場所に張り込んで頂いて、白い妖精に変身した姿を撮してアップしてもらえると最高なのですが、さすがにこれは無理ですね(笑)。
 続編のアップも楽しみにしています。
Commented by Soul Mate at 2008-09-09 22:09 x
例の会、ワシはいつでもええよ。Y成は仕事変わったばかりじゃけん忙しいかもしれんね。今日のニュースでやっとったけど今年の山の遭難の半分は50代/60代の人じゃて。気をつけんといけんで。
Commented by rollingwest at 2008-09-10 05:48
なるほど、なるほど・・SOUKO様、山小屋で美人に会って目尻を下げニンマリしているところが似ているっていいたいのかな~。(笑)
 言われる前に自分で言っとこ・・。

それは冗談として、薬師・雲ノ平・高天原の肝心な所で大晴天に恵まれ、今回は本当に満足感・達成感に溢れました。

Commented by rollingwest at 2008-09-10 05:56
マツさんも昨年単独行で「赤牛岳」を踏破されていたんですねえ・・、さすがです!
北海道「東大雪」の山、熊に遭わないよう気を付けて行ってきてください。 (弟にヨロシク!)

帰還後の飲み会での土産話と、「赤塚不二夫」「怪奇大作戦」「バラン」のプレゼントビデオを本当に楽しみにしております。
Commented by TARA at 2008-09-13 20:30 x
何と懐かしい所に行ってたの!大学2年の時、初めて味わったあの鎖場のスリリングさは、忘れられないわね。
スイス庭園ではなく、いつかスイスの山と湖を見に来る?
Commented by ローリングウエスト at 2008-09-13 21:31 x
TARA様の秋の来日にあわせて、またGDMのミニOB会の単独開催ができることを祈っています。できるだけ幅広くスケジュール空けておいてよ。またガラガラ蛇のブーツと熊のコートを着て来日ですか?ワシントン条約に触れて逮捕されますよ。(笑)
Commented by リトルセサミ at 2008-09-15 23:01 x
雲の平って全方位いい景色が見れて、奥深くてなかなか行けないけど、良い所ですね。雨上がりのすがすがしさがとてもよく感じられ、また逆光の輝きが素晴らしいです。水溜りの青空も雰囲気が感じられ勉強になりました。大雨の中を強い意志で登って行ったからこそこういう景色が見れたのであって、RWさんの努力の凄さと思いました。
Commented by rollingwest at 2008-09-16 05:47
セサミ様、恐縮にござります~。
奥深い北アルプスは本当に雰囲気がありますね。
Commented by ペガサス at 2008-09-20 03:25 x
これが、天の国と言わずに、どこを天国といえるでしょうか。

           美しい!!!!
 
       もっと、もっと・・・

Commented by rollingwest at 2008-09-20 05:22
昨日のH井初日公演の成功おめでとうございました。
ペガサスさんのバックアップの賜物と思います。
まさに天の国に昇った気持ちでの充実感でしょうか。
本日も有終の美を祈念します。

<< <2008年8月20~24日>... <2008年8月20~24日>... >>