「アーティスト別・名盤レビュー」(第1回): 「ビートルズ」名盤からのお気に入り曲(2008.10.22)

★ビートルズの歴史と名盤・名曲の紹介にあたって

               下記写真をクリックすると、↓ビートルズのスライドショーが見られます。
c0119160_20154755.jpg"alt="rw"


ロック50数年歴史の中で・・、世界人類文化史の上で燦然と輝き、刻まれる「ビートルズの栄光」
今から振り返るとその活動期間は実質僅か7年(1962~1969)です。その中でも後半時期(1966~)こそロック発展に多大な影響を与えた金字塔、黄金に輝く濃縮の4年間が小生は大好きです。
c0119160_20165914.jpg

同時期にデビューしたロック伝説の双璧「ローリングストーンズ」がすでに50年にも迫る長期間活動していることも実に驚かされますが、「ビートルズ」が短期間で成し遂げたこの偉業・功績にも心から敬服・・・!
c0119160_2029760.jpgc0119160_20291992.jpgc0119160_20293212.jpg
c0119160_20294790.jpg

「ロックPOPS・40年史」では、偉大すぎる「ビートルズ」をワンノブゼムで語ることは余りにも失礼だったので、彼らの歴史・名盤はすでに個別版にて紹介済みです。(08.2月↓:下記の記事でリンク)

                      ビートルズの歴史・足跡(ジョンレノンミュージアムを訪ねて)

                      ジョンレノン生誕70年、暗殺30年目の命日




最近よく、友達・職場知人と「洋楽・連続数十曲歌いまくり」のカラオケに行く機会が増えました。
選曲の大半はやはり、彼らの往年名曲が圧倒的に多い!既に名曲のメロディ・リズムが体に刷り込まれており「これは何の曲だっけ?」と思っても、歌い出せば何とかなり自然にサビ部分が出てきます。
c0119160_155473.jpg
 
カラオケで自分がよく選ぶ曲は「ビートルズ後期(ラバーソウル以降)」が殆ど。一緒に歌う友達は初期作品の方が好きな奴が多くお互いに住み分けができているかな・・。(笑) これら主要アルバムから自分のお気に入り曲をいくつか紹介いたしましょう。インターネットから試聴できる各種HP等をリンク貼り付けしておきますので、名盤別・収録曲一覧表から曲名をクリックしてお楽しみ下さい。
c0119160_20365674.gif

 

★ビートルズ7年の歴史に刻まれた名盤・名曲

私が初めて買ったビートルズLPは「オールディーズ゙」(1967)、初期ヒット曲がふんだんに入ったベスト盤でした。これを聴けばビートルズの初期エッセンスが分かると何度も針を落としたもの・・
この頃はキャ~という黄色い声に包まれて生演奏公演のアイドル時期、まさにハードデイズナイト!
c0119160_15311951.jpg


 ◇ビートルズ初期(1962~1965)の大ヒットの数々「オールディーズ」からのお気に入り曲c0119160_14581415.jpg
シーラブスユー、ハードデイズナイト、ペーパバックライター、恋を抱きしめよう、ヘルプ、キャントバイミーラブ、アイフィールファイン、抱きしめたい、涙の乗車券、イエスタディ

ビートルズの名盤・名曲をユーチューブで試聴できるHPをリンクしましたのでお楽しみ下さい。
「オールディーズ」はすでに廃盤となっていますので、↓初期アイドル時代の下記2名盤を表示 
                 ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!(ハードデイズナイト)
                 4人はアイドル(ヘルプ)
                               c0119160_14595648.jpg
c0119160_1504368.jpg
 

彼らの音楽性の転換期は1966年頃、テープ逆回転の重層的な音楽編集や遊び心で新・音楽境地を開いていきました。この年に彼らは公演活動を一切中止し、以後はスタジオミュージシャンに徹していきますジャズ・クラシック・インド音楽への接近、LSD麻薬体験での幻想的な曲・エレクトロ技術の曲が続々登場。 中期の傑作「ラバーソウル」・「リヴォルバー」はビートルズ史に欠かせぬ名盤です。


 ◇彼らの音楽の路線変化が感じられる「ラヴァーソウル」(1965)からのお気に入り曲c0119160_1691116.jpg
インマイライフ、ミッシェル、ガール、ノルウェーの森、ユーウォントシーミー、ひとりぼっちのあいつ
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「ラヴァーソウル」


 ◇斬新な録音技術を駆使し始めた名盤「リヴォルバー」(1966)からのお気に入り曲c0119160_1557848.jpg
フォーノーワン、エリナーリグビー、タックスマン、ヒアゼア&エブリウエア、トモローネバーノウズ
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「リヴォルバー」

サージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」(1967)。世界初のコンセプトアルバムで、ロック史上最高傑作と呼ばれます。音楽概念を変えてロックを芸術域まで高め、その後の大発展に与えた影響・功績は計り知れません。ジャケットデザインもサイケ調の革命的なものでした。弟が当時このLPを購入した時、「何でヒット曲が入ってないLP買ってきたんだ?」と何も知らずに責めたことが恥ずかしい・・(笑)


 ◇ビートルズの金字塔「サージェントペッパーズ・ロンリーハーツクラブバンド」(1967)からのお気に入り曲c0119160_16163928.jpg
サージェントペッパーズ、ルーシー・インザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ、ラヴリーリタ、シーズリビングホーム、ウィズンユーウィズアウトユー、ア・デイ・インザライブ
              ユーチューブで試聴できるHP:  「サージェントペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」 
c0119160_16181880.jpg

最高傑作を出した後のビートルズはやや低迷に陥ります。名マネージャー「ブライアン・エプスタイン」の死を契機に、彼らの考え方や価値観にすれ違いが生じ始めて、徐々にまとまりに欠けていく時代です。
しかし個別に見れば素晴らしい曲がキラ星の如く!個性・ライバル心がぶつかり合い名曲が誕生

 ◇映画は駄作だったが音楽的に名曲揃い「マジカルミステリーツアー」(1967) からのお気に入り曲c0119160_16203794.jpg
フール・オンザ・ザヒル、アイアム・ザ・ウォルラス、ペニーレイン、ストロベリーフィールズフォエバー
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「マジカルミステリーツアー」

 ◇ビートルズ中期の諸名盤(1967~1968) からのお気に入り曲
c0119160_16271923.gif
ヘイジュード、愛こそはすべて、イエローサブマリン、ドントレットミーダウン
↑初めて買ったEPシングル「ヘイジュード」、1968年.全米9週連続1位(1300万枚・世界歴代4位)

 ◇トータル性に欠けるが各自の個性が凌ぎ合う「ホワイトアルバム」(1968) からのお気に入り曲c0119160_16323742.jpg
ギターは泣いている、バックインザUSSR、レボリューション、クライベイビークライ
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「ホワイトアルバム」


c0119160_1637108.jpg


ビートルズはライブバンドに再び戻ろうと試みますが「ゲットバック」(原点回帰)、それも叶わず皆の心は完全に離れて解散は決定的になります。しかし最後に金字塔名盤「アビーロード」を完成させ彼らの歴史に終止符・解散を象徴する「レットイットビー」が最後と勘違いされがちですが・・)を打ちました。本当に感動的なアルバム・・、 ビートルズが燃え尽きる前の最後の閃光でありました。c0119160_16551318.jpg

 ◇ビートルズ最高名盤の双璧:実質のラストアルバム「アビーロード」(1969) からのお気に入り曲
c0119160_16401497.jpg
カムトゥゲザー、サムシング、マックスウエルズ・シルバーハンマー、オクトパスガーデン、サンキング、ビコーズ、ゴールデンスランバー、キャリーザットウェイト、ジ・エンド
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「アビーロード」

 ◇ゲットバックセション映画のサントラ版:解散の象徴「レットイットビー」(1970) からのお気に入り曲
c0119160_1643175.jpg
アクロス・ザ・ユニバース、ゲットバック、レットイットビー、ロング&ワインディングロード
                 ユーチューブで試聴できるHP:  「レットイットビー」


小生が洋楽に嵌った1970年、ポールの一方的な解散宣言・訴訟でビートルズはわだかまりを残しながら終幕を迎えてしまいました。我々はリアルタイム・ビートルズを一歩遅れて聴いた世代ですが、ロック全盛期を経験してあらためて彼らの偉大さを感じ尊敬する人たちが多いと思います。
c0119160_16443731.jpg




★メンバーソロ時代の名盤・名曲

 ◇ポールマッカートニー
c0119160_1774376.gif
ポールが愛妻リンダと「ウイングス」を結成し「マイラブ」「ジェット」「バンドオンザラン」「心のラブソング」と立て続けにヒットを放っていた1970年代(小生:ハイティーンの頃)は実に輝いていましたねエ・・。バブル期のスマッシュヒット「ノーモアロンリーナイト」も名曲。愛妻を失ったポールはその後あまり元気がない気がします。06年35才年下の美女と再婚し、翌年離婚。08年に47億円もの巨額慰謝料をふんだくられました。
c0119160_1792935.jpg
c0119160_1710946.jpg
アナザ-デイ、マイラブ、ジェット、バンドオンザラン、ノーモァロンリ-ナイト
                 「ポールマッカートニー」ソロ時代の紹介HP


 ◇ジョージハリソン
c0119160_17113095.jpg
静かなるビートル」と呼ばれ地味な存在だった彼は、インド音楽に魅了され徐々に音楽の幅を広げていきます。最も輝いていたのは末期・ソロ時代、Eクラプトン等、数々の有名ミュージシャンと交友を深めロック史に大きな足跡を残しました。2001年、享年58歳の若さで病死、実に惜しまれます・・。
カラオケで「サムシング」「カムトゲザー」は不可欠。ソロ時代のお気に入りは「美しき人生」「ギブミーラブ」
c0119160_17122959.jpg
c0119160_17124855.jpg
マイスイートロード、美しき人生、バングラデシュ、ギブミーラブ
                 「ジョージハリスン」ソロ時代の紹介HP


 ◇リンゴスター
c0119160_1718312.jpg
ビートルズ初期ではアイドル、中後期は「一服の清涼剤的な存在」のリンゴ。(アップルレコードって彼の名前から採用したんだと半分信じていた・・笑) ドラム技術や音楽外活動(映画俳優や監督)でも高い評価を受けています。マイペース・飄々としているほのぼのキャラクターは実にいいですね。
彼はファンレターに必ず返事を書く律儀な人ですが、もう限界を感じ今年秋に終了宣言をしたそうです。c0119160_17184972.jpg
c0119160_1719428.jpg
センチメンタルジャーニー、想い出のフォトグラフ、ユアシックスティーン
                 「リンゴスター」ソロ時代の紹介HP


 ◇ジョンレノンc0119160_17261279.jpg
c0119160_172897.jpg
1980年12月8日、ジョンが暗殺されてもう30年を迎えるんですねえ。最高傑作「イマジン」は彼を象徴する永遠の伝説曲となっています。小生のお気に入りは「ラブ」(レターメンもカバー)、荘厳な雰囲気から始まる「マザー」(幼少時に飢えた母への愛)、ダイナミックな展開曲「マインドゲーム」ですね。今年2月に大宮の「ジョンレノンミュージアム」を見学し、あらためて彼の足跡・偉大さを再確認・・!c0119160_1729950.jpg
c0119160_1729213.jpg
マザー、ラブ、ジェラスガイ、マインドゲームス、パワートゥザ゙ピープル、スターティングオーバー、ビューティフルボーイ、ウーマン、イマジン
                 「ジョンレノン」ソロ時代の紹介HP


★ビートルズの名曲は永遠に

残念ながら、ジョンとジョージ亡き後は2度と生歌を聴くことができません。リンゴやポールも最近目立った活動がなくやや寂しいものです。でも自分自身の中に深く刻まれて口ずさんでしまう名曲は、やはりソロ時代のものではなく、ビートルズ4人で活動していた7年間期の作品が殆どかな・・。
c0119160_17305417.jpg
c0119160_1731834.gif


カラオケで一番燃えるのは「アデイ・インザ・゙ライフ」を歌う時です。徐々に迫り来るクライマックスを迎え、ピアノ「ジャ~ン」で果てる満足感は何とも言えません。選曲で「アビーロードB面メドレー」を発見すると大喜び!「ゴールデンスランバー」~「ジ・エンド」は通しで最後まで歌い切ってこそ・・。
c0119160_17322523.jpg

気のあった旧友とお気に入り曲を歌うことは、このところ年に数回定番化してしまいました。(笑)
2010年は「ビートルズ解散40周年」「ジョンレノン逝去30周年」。世界にビートルズブームが再来し、往年のファンは名盤・名曲を懐かしみ、若い世代はその新鮮さに夢中となることでしょう。
c0119160_17332727.jpg

         リンク:⇒このHPからビートルズの名曲が聴けます。(アルファベット順に検索)

                                                          おわり
                                                    




(2012.10.5):ビートルズがラブミードゥでデビューして50周年!こんな画像もつけておきますね~!

                

  by rollingwest | 2008-10-22 22:22 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(31)

Commented by green-field-souko at 2008-10-23 12:55
RWさん、こんにちは♪
「アビーロード」と「レットイットビー」しか知らないんですけど^^
これ、ガッコーの帰りに友だちんちで、よく聴かせてもらいました。
ジャケットも懐かしいです。とくに「レットイットビー」。。。
Commented by Soul Mate at 2008-10-23 16:03 x
ワシもビートルズは好きじゃわ~。好きが高じてリバプールに2回も
行ったけんね。あの4人が同じ町に住んどったこととマネージャーのエプスタインがレコード屋やっとったこととプロデューサーのジョージ・マーチンが彼らに興味を示したことは奇跡よのう。シカゴのライブ盤買ったRWよりSgt.の弟さんの方が数段格上じゃなあ。リバプールが世界遺産の街とは最近NHKの番組見るまで知らんかったよ。
Commented by rollingwest at 2008-10-23 21:43
あれれ green-field-soukoさん、インマイライフがお好きなはずでしたよね・・。
当然、この名曲が入っているリヴォルバーも愛聴盤かと思っていました。
インマイライフもここからユーチューブにつなげて、また聴いてみて下さい。
Commented by rollingwest at 2008-10-23 21:47
S聖二殿、ビートルズカラオケのときは初期時代が好きな貴殿と住み分けができてて実に丁度いいよ。ロンドン勤務時代にアビーロードスタジアムやリヴァプールのゆかりの地を訪ねたとは実に羨ましい・・。六本木のビートルズおやじ模擬バンドの「アビーロード」の常連らしいが、今度是非とも連れて行ってくれ。
Commented by green-field-souko at 2008-10-24 06:15
インマイライフ、好きなのに持っていないのです。なぜか。
というかビートルズは一枚も^^
Commented by rollingwest at 2008-10-24 23:40
(記事訂正)  「インマイライフ」は誤って「リヴォルバー」と記載してしまいましたが、正しくは「ラヴァーソウル」です。ビートルズの心境・音楽性がゴムのように変化・伸縮して発展に向かう意味なのかもしれません。(笑)
Commented by 葛飾のオヤジ at 2008-10-25 08:41 x
小生がビートルズを知ったのは中1の時。
(ビートルズよりもズートルビの方を 早く知りました)

単語の意味がわからないままも、雰囲気で歌ったことを思い出します。。

宇多田がリメイクしたイマジンを ただいま探し中!

Commented by rollingwest at 2008-10-25 11:07
オヤジさん、今回見つけたこのユーチューブは素晴らしいですわ!
各曲を初めから終わりまで聴けるし(一部の有名曲は聴けないようですが・・)、曲の解説や訳詩、初めて見た秘蔵の動画も沢山あって感動してます。
あらためて自分自身も勉強になります。オヤジさんも一つ一つ画像と音楽を楽しみながら、ビートルズを知ってみてください。
Commented by しむけん at 2008-10-25 11:21 x
ローリンさん、こんにちは。メール拝見しここにたどり着きました。ついにビートルズですね。私もはじめて買ったアルバムは偶然オールディーズ。全部完全に歌えまっせ。一番好きなアルバムは、やっぱりアビーロードでしょうか。擦り切れるほど聞きましたから、B面メドレーも同じくカラオケ完璧OKでっせ。ホワイトアルバムも大好きです。これを聞いてやっぱり天才の集まりだと思いました。
今、福岡空港のラウンジで缶ビール飲みながら書き込んでいます。朝から開店前の博多ラーメン無理言って作ってもらって、いい感じです。
今度、是非是非洋楽カラオケ行きましょう!
Commented by Brother at 2008-10-25 13:39 x
Soul Mate様 お褒めに預かり、恐縮です。サージェントのLPを買ったといっても、その音楽性を評価した上ではなく、「世界で最も売れたビートルズのLP」というキャッチフレーズに乗せられて購入した次第でありました。初めて聴いた時には正直言ってその良さがよくわからないは、兄貴からも馬鹿と言われるは散々でした・・・
Commented by rollingwest at 2008-10-25 15:06
弟殿、久しぶりの書き込みありがとさん。
やはりあの時、サージェントペッパーズ購入した際の俺の罵倒がトラウマに残っていたか・・(謝)
入門編で聴こうとしていた当時、あの名盤はあまりにも時期尚早だったかもしれんな・・(笑)
しかし時を重ねるごとにその素晴らしさが理解でき、今もって感動できるんだからやはり最高名盤だったのだな。まあビートルズ超マニアS聖二に褒めてもらったんだから、よしとしてくれい。(これで贖罪できたかな)

Commented by rollingwest at 2008-10-25 18:35
しむけん殿、あいかわらず猛烈サラリーマンやってますね!(笑)
福岡空港で博多ラーメン待ちながら、ラウンジからのコメント入力ですか・・!?
そうかあ、今度是非とも「アビーロードB面」を是非とも通しで歌いたいですね。大概のカラオケ屋はゴールデンスランバー単独歌ばかりで、なかなかメドレー見つからないですね・・。

ビートルズに限らず一級の洋楽通である貴殿の薀蓄をこれからも楽しみにしております。
Commented by Soul Mate at 2008-10-25 20:26 x
ア・デイ・イン・ザ・ライフ歌う時のRWは白目むいて恍惚の表情じゃけん怖いど。麻薬なしで完全にトリップしとる。六本木「アビーロード」のパロッツというバンドは只者じゃないけんRWにも是非見てもらいたいのよ。Y成と近いうちに行こうや。しかし弟さん怒られて可哀そうじゃったなあ。RWは反省せんといけんよ。
Commented by RW at 2008-10-25 22:12 x
パロッツ見てえ~、早く連れてけ~!
何が白目の麻薬じゃ(また誇大表示)
でも君とY成と涙流しながら大笑いする飲み会は、麻薬でやめられん。
Commented by 神楽坂 at 2008-10-26 11:00 x
嗚呼!ビートルズ…写真キャプションに記載の曲、どれもこれもメロディが浮かんできまっせ!好きな曲は「フール・オン・ザ・ヒル」「ノルウェーの森」だす。ところで「ビートルズがやって来る」のタイトルをつけたのは、あのシベリア超特急監督・映画評論家の故水野晴郎さん。「白目むいて恍惚の表情」、これも毒キノコの呪いか!おそるべし…
Commented by rollingwest at 2008-10-26 15:35
あのね・・、あんまりS聖二の毒コメントに反応しないでくださいませんか?スギヒラタケで泡吹きながらカラオケ歌っているような誤解イメージが固まってしまう・・。
しかし故水野晴郎氏のアルバム命名、ヤァヤァヤァ・・なんて言葉はまさに高度成長期しか使えない赤面ぶりですね。
                  サヨナラ・サヨナラ・サヨナラ・・・
Commented by shingo at 2008-10-26 23:24 x
神楽坂さんがおっしゃっていた「どれもこれもメロディーが浮かんで・・・」のお言葉わかりますねえ~。そして同時に、聴いていた時代の若き日の光景が曲に絡みついて蘇ってきちゃいます。
とりわけビートルズとその後の彼らは、我々の世代には特別な影響力を持っているみたいです。おいらも間違いなくその一人。
RWさんのおかげで、いろんなことを思い出させてもらえるなあ。
うお~、頭の中がビートルズのジュークボックス状態やあ~!
何?ジュークボックスはもうない?
Commented by rollingwest at 2008-10-27 05:49
もう一人のカラオケ同士、H井真吾はん。
このユーチューブはまさにジュークボックスだよ。
初めて見るいろんな画像と解説付きで、タダでビートルズの名盤・名曲を楽しめるとは本当にいい時代になったなあ・・。
今から30数年前のLP2.000円って、本当に大きな買い物だった・・。
Commented by わかこ at 2008-10-27 07:04 x
“ビートルズ大好き度”と”英語力のレベル”が違いすぎて静観してた (^〇^)ロンドン勤務\(◎o◎)/!の方だの、例え薬チュウで白目をむいて恍惚のRWさんでも英語で歌いまくるのは、凄い。なんせプロのギタリストなんだけど、英語が出来ずにロックの聖地、イギリスの空港で強制送還された知人がいる・・・・
Commented by rollingwest at 2008-10-27 21:12
昔ロンドン勤務の方は、英語より広島弁専門なのでご心配なく。
猫わか様、キノコ毒の中和は完了した?早くしないと白目剥いちゃうよ。俺もしつこいかなあ・・(笑) S聖二コメント毒もいつまでもしつこくて消えないけど。

ロッドとジェフベックの記事掲載時は大いに薀蓄をたれてください。(白目剥いて)
Commented by twin's dad at 2008-11-03 17:30 x
随分前には見ていたんだけど、コメントが遅くなってしまった。ほていやでは失敗しても、今回のこのビートルズは良かったね。ただし、カラオケの最後の選曲がだめだね。みんなで歌うのが、あの歌とはセンスを疑うよ。
Commented by rollingwest at 2008-11-03 18:12
お~Y成、生きていたか。息子さんドラフト指名はならなかったようだが、プロを目指して次の進路は決まったか?
あのねえ、。君のコメントも誰かと同じで毒があって、きわどい危険コメントが多いんだよ。自粛~!
Commented by ペガサス at 2008-11-04 07:08 x
それにしても・・・・・すごいなァ~・・・・ウン・・・ウン・・・凄い!
納得!納得!~~~~~!
Commented by rollingwest at 2008-11-04 21:26
徐々に思い出してきますぞ~、いろんな場所で音楽は脳に刷り込まれていますので。
ユーチューブをクリックして音楽を聴いてみれば、あ~これもビートルズかとガッテンしますよ。(笑)
Commented by しむけん at 2008-11-16 19:59 x
ふとした思いつきで、実家においてあるレコードを探ってみたら、LPがまだ50枚くらい残っていました。ジャスが一番多かったけど、その内、ビートルズがちょうど10枚。買った覚えが全く無いのが10枚くらい。持ってるはずで無かったのがたくさん・・・。RWさんと偶然に同じだった、最初に買ったオールディーズが無い!どこか別のところにあるか、捨てられたか?まことに残念です。不思議なことにラバーソウルがなぜか2枚あるんだけど。不思議だね~。
Commented by rollingwest at 2008-11-16 22:35
LPが50枚も残っているなんてすごいですねえ!柏崎の実家ではもう跡形もありません。今もステレオで聴けるんですか?
オールディズが無事掘り出されることを祈念いたします。(笑)
来週、WK戦の記事公開~、またご来訪楽しみにしております。
Commented by しむけん at 2008-11-16 23:27 x
WK戦楽しみですねー。
残っていたLPの珍しいところで、ジョージハリスンのリビングインザマテリアルワールドがありました。確か高校1年の頃に買ったような。クリームとかブリティッシュロック系が結構あったはずなのに1枚も無し・・・です。サンタナとかも1枚も無いし・・・。きっと当時貸し借りしていた同級生の家にあるに違いない。
Commented by しむけん at 2008-11-16 23:30 x
ビートルズは、結構生き残っていました。これはうれしい!しかし、ラバーソウルの同じもの2枚は、どう考えても不思議だ・・・。年代が違うようだけど。
Commented by rollingwest at 2008-11-17 05:52
あはは、マダラ模様ながらも少しずつ記憶が蘇っていますねえ・・。
でも友達の家にLP残っていたら奇跡的だね。
リビングインザマテリアルワールドも小生も買って聴きまくったよ。
Commented by J.B.Lennon at 2014-04-12 12:51 x
僕も最初のビートルズのレコードは『オールディーズ』でした。
僕たちの世代は“第1期後追い世代”と分類されるようです。(笑)
あと一歩でリアルタイム経験が出来なかったものの、ソロ活動は超リアルタイムで経験した・・・
確かにその通りですね(笑)
その後の世代は圧倒的に赤盤青盤で入門した人が殆ど。
僕にとっては、赤青とも全く思い入れがない(笑)

Commented by rollingwest at 2014-04-13 06:10
J.B.Lennon様、当時のビートルズ初~中期のグレーテストヒッツよいえば「オールディーズ」でしたからね~!ビートルズに遅れた世代としてはこのアルバムこそ入門編という感じでした。赤盤・青盤も全く思い入れはないのも一緒ですね。デジタルリマスターは、安い値段になってからネットで買おうと思っていながらもう5年が経過してしまいました。(苦笑)

<< <2008年10月18~19日... <2008年10月4~5日>南... >>