カテゴリ:レトロな風景( 9 )

 

<2009年4月4日>桜満開!名所「小金井公園」、レトロな建物風景


c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif
今年の桜は開花宣言から満開になるまで気を揉ませてくれましたが、実に長~く楽しめましたね。
全国が好天桜に浮かれ華やいだ4月第1週末、娘の入学式の日に「小金井公園」の桜を堪能してきました。ここは千鳥ケ淵・上野公園・新宿御苑・井の頭公園と並ぶ「東京の桜・五大名所」の一つc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif
c0119160_14465715.gif
c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif
             .....桜満開・爛熟!さすが超有名な「小金井公園」だね~!実に壮観~!......
c0119160_14545779.jpg

巷はもう葉桜状態ですが、先週に満開を迎えた桜は五大名所の一つだけあって素晴らしかった。
(桜記事は公開するタイミングが難しいですね~。10日も遅れると何だ今頃かと言われるし・・笑)



★入学式前、朝の「小金井公園」

娘がこの4月から通う高校は、JR中央線「武蔵小金井」が最寄駅。(通学時間が長くてちと大変~)
今日は入学式、青空と桜に恵まれいい日になった!早目に到着したので朝の公園をチョット散策。

   .....(左)「玉川上水」の桜散策路は桜満開 (右)朝の公園はまだ静かだね~(人がチラホラ).....c0119160_1555474.jpg








c0119160_1562054.jpg

先日、吉野梅郷を訪ねた時の「羽村堰堤」を水源とする「玉川上水」がこの付近を流れていました。
小金井は自然に恵まれた住宅地、やっぱ雰囲気があるね~。桜はついに満開の日を迎えました。

       .     .....玉川上水の散策路沿いにあった「椿ハウス」にはビックリ!.....
c0119160_15185775.jpg

   ......(左)もうチューリップが咲いてる! (右)貴女ねえ・・、そんなポーズ取るお歳でもないでしょ.....
c0119160_15205837.jpg


c0119160_15203774.jpg

この時間は、殆ど人の姿はありません。でも随所にもう青いビニールシートが多く敷かれている。
今日は土曜日、絶好の花見日和。昼にもう一回来るけれど、そん時ャ~人の渦・大混雑だろうな~
さて10時から入学式。今後の高校生活が思い出深いものになるよう祈念するよ。生意気娘はん。


       .........入学式。ついに娘も高校生になっちまった~!(ますます生意気になりそう)......
c0119160_15364951.jpg

c0119160_15374063.jpg
c0119160_1537520.jpg






c0119160_1538283.jpg
入学式を終えて、桜満開の「小金井公園」を再び訪れてみました。弁当とビールを持って・・(ワクワク)
(kochira ga syumokuteki ka・・?)⇒ ( hai   hitei  itasimasen・・) m(_"_)m  



★いよいよ昼時の「小金井公園」へ

「小金井公園」は小金井・小平・西東京・武蔵野の4市に渡る広大な公園。梅やつつじ、四季折々の花緑が楽しめますが、特に桜が有名です。隣にはかつて億カンと呼ばれた「小金井カントリークラブ」があります。(全く縁がねえ・・)   やはり最高の花見日和、見る見る人の数が増えてきたぞ~!

       ..........昼時の「小金井公園」。お~、予想通り花見客がもうあちらこちらに!.......c0119160_15462277.jpg











c0119160_15465243.jpg
     .........隣接には超名門「小金井カントリークラブ」(バブル期は会員券が4億円近くに!).......c0119160_16271416.jpg


c0119160_16273173.jpgc0119160_16274286.jpg




★懐かしのレトロな光景・「江戸・東京たてもの園」
c0119160_1651343.gif
c0119160_1637953.gif
生き生きした桜のもとでビールをプシュ!弁当を食べながら春爛漫を楽しんだ後は、小金井公園の最大見所「江戸東京たてもの園」を訪ねよう。現地保存が不可能となった江戸時代から昭和初期の江戸・東京の建築物27棟が移築され復元保存されています。ここは何回来ても懐かしい所だ~

         ......レトロなる「下町中通り」、青銅ぶきの家々が雰囲気あるねえ・・......c0119160_1638962.jpg










c0119160_16382640.jpg
     
      ........(左) 三井家の庭と縁側  (右)黎明期の電話・ベル機、と洋風の台所......c0119160_16411310.jpg





c0119160_1641255.jpg

江戸・東京の歴史は昔から火事・水害・大地震・戦争空襲等多くの災禍に見舞われ、レトロな建物や由緒ある寺社などが多く失われています。東京の街自体も急激な発展進化を日々しており、再開発でこれら多くの貴重な建造物や文化遺産の居場所はますますなくなってきたのが厳しい現実

                ........ひと昔の洋風書斎(佇まいがお洒落だね~!)......
c0119160_16483237.jpg

                ......足踏み式の懐かしい黒ミシン(シンガー製)、昔お袋も使っていた。.....c0119160_16552411.jpg









c0119160_16564537.jpg

建物保存の諸課題に対処するため93年、「江戸東京博物館」が両国に建設されましたが、小金井「江戸東京たてもの園」はその分館という位置づけになっています。最終的復元棟は30とのこと。

      ..........(左) 茅葺家と井戸ポンプ  (中)菜の花風景に老夫婦がお弁当、仲睦まじく......
c0119160_1659476.jpg



c0119160_170267.jpg


c0119160_1702532.jpg

   .........(左)かまどの湯気、シュ~(右)鉄瓶と囲炉裏(真っ赤な炭火) 昔の日本の生活風景......c0119160_17121011.jpg







c0119160_17124323.jpg

おお~、かまどに囲炉裏端・・!RWが小学校低学年の頃、祖母宅(お袋側本家)にあったなあ。
本家は五右衛門風呂があり鉄釜下に板が敷かれていた。実に懐かしい光景がフラッシュバック!

        .......鮮やかな紫!春の花(ダイコンハナナ)を撮影するカメラマン ......
c0119160_17145710.jpg

      .....(左)お洒落な洋風交番赤ポスト (右)用水路・水面にユキヤナギ萌え立つ......c0119160_17323780.jpg







c0119160_173318.jpg

桜の他にもユキヤナギ、ダイコンハナナ、チューリップなど春の花は目に眩しい。新緑季節はさらに公園の輝きが増すことでしょう。レトロな建物風景の中を歩くと、昭和の春風景を思い出すねえ・・

c0119160_6402619.jpg


    .......(左)村上精華堂(化粧品店)と懐かしき市電 (右)武居三省堂(文具書店)の店内......
c0119160_17364434.jpg







c0119160_1737577.jpg

昔の商店は分野別の専門店が当たり前。金物屋・鍛冶屋・薪炭店・桶屋・荒物屋・布団屋・洋裁店・帽子屋・化粧品店・文房具店etc・・。現在はホームセンターや100円SHOPなど一つの場所で何でも安く買えちゃう時代になりました。今の方が便利でありがたいけれどノスタルジー面では・・。

    .......(左)丸二商店(荒物屋)の店内  (右) 鍵屋(居酒屋)の店内 ともにレトロ~......c0119160_17474128.jpg

c0119160_17482214.jpg


c0119160_17485438.jpg


c0119160_1750375.jpg

中通りを歩いていくと目の前に立派な「銭湯」が見えてきた!これは足立区にあった有名な銭湯「子宝の湯」。寺社のような風格!安土桃山調の「宮建築」は銭湯の見慣れた定番姿ですなあ・・。
ここは小生の愛聴番組「美の壷」で「銭湯」特集の時に紹介されていました。(谷啓さん、引退残念)

                                      リンク「美の壷」HPの「銭湯」特集

      ....... 足立千住にあった「子宝の湯」(宮造りの格調高さ)、右は脱衣所風景......c0119160_18161126.jpg







c0119160_1816448.jpg

   .......銭湯湯船の壁には、定番!富士山の背景画(日本人の心)。ケロリンの桶も懐かしい......c0119160_18193542.jpg

c0119160_18195847.jpg








c0119160_18202496.jpg

中を覗くとこれまた定番、学生時代に通った銭湯の懐かしい番台・脱衣所や富士風景の湯船が!
湯を出た後で、よく冷えたヨーグルを飲んだもんだなあ・・。パーパヤ「おかみさ~ん、時間ですよ~!」 

                   ユーチューブ:「時間ですよ~」の懐かしのドラマが見られます。c0119160_19542862.jpg


      .......(左)荒物屋と布団が干してる民家路地  (右)長屋の庭でポンプ井戸を汲む......c0119160_2064819.jpg







c0119160_207856.jpg

            ..........土管を珍しそうにして遊ぶ現代の子どもたち........
c0119160_20112574.jpg

昔よく原っぱや空き地で遊んだもんだなあ・・。メンコ(パッチと呼んだ)や釘立て・缶蹴り遊び・カクレンボ等して夕方まで皆で遊んだあの頃が懐かしい・・。原っぱには土管が沢山置いてあったもんだ。



★桜満開!春爛漫
c0119160_20135692.jpg
「江戸東京たてもの園」から公園に戻ると、もう上野公園並みの人出になっている!スゴイ・・(驚)桜は暖かさに誘われまた一段と花開き、完全満開!それにしても5大名所だけあって実に壮観!

  .....佳境の花見時間の絶頂!小金井公園はもう完全に人の坩堝・喧騒!......
c0119160_20163542.jpgc0119160_20181962.jpg
                  ...(呆然と眺める白いワンちゃん↑「人間は平和だねえ・・」)...


          ..........映画「三丁目の夕日」を思い起こさせるレトロゾーンでした!......c0119160_20205078.jpg

c0119160_20211329.jpgc0119160_20212725.jpg

やはり武蔵野は緑に恵まれ、玉川上水・はけの道等もありまた魅力的に見えてきました。また今度歩きに来よう!今日は、入学式に、満開桜、昭和レトロと大いに満足して家路に着きました。


                                                      おわり
        

(おまけ)

首都圏の満開桜も4月10日でもう終わり。この春の桜は待たされたけれど本当にいい桜でした。
c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif

      .........近所にある桜の名所、川崎の「住吉桜」(渋川沿いや「二ケ領用水」)......c0119160_20402512.jpg







c0119160_20403151.jpg

c0119160_20432530.jpg
       ........堰堤沿いには見事な桜並木が延々と続いている。(4月5日)......c0119160_2046898.jpg
c0119160_20443825.jpg

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif

     ........「皇居外苑」、あまりにいい天気なので弁当をもって春を楽しんだ。(4月10日)......
c0119160_211493.jpgc0119160_2112436.jpg
     .........↑(上)楠正成公の銅像脇に咲く桜 ↓(下)丸の内ビル背景の並木桜......
c0119160_2145649.jpg
c0119160_2152987.jpg

*当日4月10日は「天皇陛下ご成婚」50周年、あのパレードからちょうど半世紀経った日でした。
c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif

首都圏の桜はもう終わりだけど、故郷柏崎はこれからが見頃ですな・・。皆さん、素晴らしい桜を!
東北・北海道へと桜前線北上中。  あ~、やはり日本人に生まれてよかった・・!(^o^)゛♪

  by rollingwest | 2009-04-12 14:41 | レトロな風景 | Comments(33)

<2009年3月29日>「上野・根岸」から「谷・根・千」を歩く(その2) 

 リンク:「上野・根岸」から「谷・根・千」を歩く(その1)c0119160_22105636.gif
c0119160_2054634.jpg

4月初めに公開した上野の記事(大恐竜展)から20日も経ってしまいましたが、続編をUPします。
前回記事は恐竜特集ではありません。あくまでも上野・根岸~有名な「谷根千」のレトロを散策するコースの一環なので誤解なきよう・・(笑)。尻切れトンボになっていた「寛永寺」レポートより再開~!
     
                     


★江戸時代の歴史を見届けた「寛永寺」

c0119160_20562465.jpg

「寛永寺」といえば幕末「戊辰戦争:彰義隊の戦い」(上野戦争)の舞台となったことで有名です。
根本中堂など主要な建物はこの時焼失して壊滅的な打撃を受けました。明治維新後は境内地没収・公園用地に指定され寺は廃止状態に追い込まれたとのこと。(名刹なのにね~、哀れだなア・・)


        ........「寛永寺」(江戸の鬼門を守る、東の比叡山)の根本中堂......c0119160_2133451.jpg




c0119160_2135856.jpg





c0119160_2142021.jpg

実はここは「日光東照宮」と並び、江戸幕府を守る鬼門封じの寺でした。家康の意を受けた「天海僧上」が、幕府の祈祷寺として寛永元年(1624)に建立したことから寛永の名がつけられています。


        .........「戊辰戦争」では上野の山が戦場となり、旧幕軍「彰義隊」の拠点となった。......c0119160_2265269.jpg





c0119160_227944.jpg

ここは別名「東叡山」とも呼ばれ天台宗・関東総本山。「東叡山」とは「関東の比叡山」という意味。「京都」にとっての「鬼門」(北東方位)は「琵琶湖」なので比叡山に「延暦寺」が建立されましたが、「江戸」にとっての鬼門は「上野」方面、更に遠く北上すれば「日光」(東照宮)方面となる訳です。


      ........(左)上野不忍池の浮見堂 (右)琵琶湖の竹生島(6年前に家族で行ったなあ)......c0119160_2281779.jpg
c0119160_2283495.jpg

つまり家康は「上野の山=比叡山」「不忍の池=琵琶湖」、「寛永寺=延暦寺」と見立てたのです。な~るほど、それじゃ「不忍の池・浮見堂=琵琶湖の竹生島」って訳か!遊び心があるね~(笑)


      .........あの「篤姫」のお墓もあった。常時公開ではなく特別に時期指定されるようだ。......c0119160_22182158.jpg





c0119160_2253321.jpg






c0119160_22185057.jpg


徳川家の正式菩提寺は、芝の「増上寺」(浄土宗)ですが、歴代将軍15人のうち6人がここ「寛永寺」に眠っています。将軍家祈祷寺として17世紀半ばからは皇族が歴代住職を務め、日光・比叡も管轄する「天台宗本山」として近世に強大な権勢を誇りました。「篤姫」の墓もここだったのか~!

  ........「徳川綱吉霊廟勅額門」、これから咲く枝垂に風情あり(まだ3月末でしたので・・)......c0119160_2225589.jpg

しかしこれだけ威厳と権勢を誇ったこの名古刹が今は印象が薄い・・。「彰義隊」と「維新政府」が「上野の山」を火の海と化し貴重な文化遺産を焼失させたのか・・、罪深いことをしてくれたもんだ。
c0119160_22263291.jpg
                       ↑クリックすると拡大地図が見れます。



★昭和の爆笑王&「ねぎし三平堂」c0119160_20534864.gif


寛永寺から言問通りを歩きJR高架を渡り下り、ちとアヤしい鶯谷の猥雑繁華街を抜けて根岸方面に向かうと、昭和の爆笑王「林家三平」の顕彰記念館「ねぎし三平堂」があります。入口に懐かしいモジャモジャ頭の三平パネルが・・。ダジャレ連発で巧くないけどやはり笑えるんだよネ~!「よしこさ~ん

c0119160_2212412.jpg

お騒がせ「泰葉」にワイドショーネタを撒き散らされた話題の「海老名家」ですが、今年3月21日に次男いっ平が目出度く「二代目・三平」を襲名、上野鈴本演芸場で披露興行をスタートさせました。(こぶ平は4年前、「九代目・林家正蔵」を襲名済) オバカ泰葉に離婚された「小朝」も後見人です。 


   ....(左)初代「林家三平」の高座・実物大パネル (右)「二代目三平」襲名披露興行(3月)......c0119160_22264869.jpg




c0119160_22271777.jpg








c0119160_22273943.jpg


古典落語に飽き足らず自由闊達な話芸で(クダラナイけれど何故か笑える)、三平はその殻を大きく破った「昭和の爆笑王」「神風タレント」と呼ばれ大人気を博しました。昭和40年の三平司会の「踊って歌って歌合戦」のタコ顔で踊り出す姿は衝撃的だったなあ・・!客席共に総白痴化状態でした。


   .......(左)昭和レトロの家財道具が物置に沢山 (右)三平CM・「渡辺のぜんざい」懐かしいね~.....
c0119160_5223276.jpgc0119160_5224865.jpgc0119160_523465.jpg
     .......(中)大横綱・大鵬だ!↑柳家小さん・一龍斎貞凰、おお、三船敏郎もいる!......

54歳(昭55)で逝去した初代「三平師匠」、お客様へのサービス精神は永遠に心に残りますな~
「節分」:(フクはウチ~、フクはウチ~)(何故あそこはフクはウチとしか言わないの?)(洋服屋だよ~)↓落

                       三平の高座落語「源平盛衰記」がユーチューブで視聴できます。




★お寺・お墓・猫と、江戸の懐かしい風景街・「谷中」
c0119160_2135397.gif

いよいよ「谷根千」に入っていきます。「谷中」は江戸風情溢れる寺町です。関東大震災や東京大空襲被害を免れたため古い街並が当時のままに残っており、レトロブームも手伝って東京ウォークの人気SPOTなのだ!谷中は「猫の街」。確かに猫をあちこちで見たなあ・・・(オブジェも本物も)


      .......「谷中霊園」(天王寺)の桜トンネルも見事!(3月末当日はまだ7分咲きだった)......
c0119160_21365596.jpg

 谷中の墓地は実に広~い!敷地は10万㎡、お墓の数は7千もあるそうです。ここには歴史に名を残した人たちも沢山眠っている。 (徳川慶喜、横山大観、渋沢栄一、鳩山一郎、長谷川一夫・・・)


      ........下町風俗資料館付設展示場 (江戸時代の商家・酒販「吉田屋」)......
c0119160_21402044.jpg



c0119160_2140070.jpg
c0119160_21444077.jpg

桜道を抜けると観光客が増えてきました。さすが人気の街「谷中」、心の癒しを皆求めてますねエ・・
江戸時代の街並やレトロ建物に混じり、お洒落な喫茶店や猫をモチーフにしたお茶目な民家がチラホラと・・。やはりここは「猫の街」、遊び心を醸し出している。猫も縁側で寛いでいる。あくび~(フアー)。ホノボノ・・
c0119160_21542895.gif
c0119160_2155980.gif

                    .2匹の猫↑をクリックすると動き出して顎を掻き、目を擦ります。↑         


      ...........静かで余裕のある街「谷中」、遊び心ある街の中を歩けば心は癒される。......c0119160_19233850.jpg
c0119160_1923525.jpg


寺社や墓所などの多い道の途中には情緒ある立派な民家が立ち並んでいます。静かな雰囲気だね~!喧騒・高層ビルが立ち並ぶ大都会に残されたタイムスリップゾーンですな。「大名時計博物館」の庭を覗きながら、「あかぢ坂」から「根津神社」へと陽だまり道をゆっくり散策して行きました。


           ........「あかぢ坂」の緩やかな坂を下っていき根津神社へ向かう。......
c0119160_2054053.jpg




c0119160_2082513.jpg




★坂の多い文学的な街・「根津・千駄木」


      ......「根津神社」の大鳥居と参詣道 (朱色が映え歴史の深さを感じる)......
c0119160_20304634.jpg



c0119160_203115.jpg

「根津神社」は1900年以上も前に「日本武尊」が創建したといわれる由緒ある神社です。現在ある社殿・唐門・楼門・透塀などは徳川綱吉の時代につくられたもので、国宝に指定されています。


      .......(左)神社池の亀と鯉           (右)名物の赤い鳥居道をくぐり進む......c0119160_20364586.jpg






c0119160_20371429.jpg


             ..........根津神社の威厳ある境内  (谷根千の大きな見所) ......
c0119160_2101552.jpg

この神社は3千株のツツジがあり、新緑季節には色とりどりの花が見事らしい!次回来てみよう!
c0119160_21413047.jpg

谷中は台東区ですが根津・千駄木は文京区になります。東京23区に坂道は658ケ所あるそうですが、そのうち文京区の坂は何と117ケ所を数え、全体の2割近くを占めているとのこと。「千駄木のだんだん」「団子坂」、不気味な「幽霊坂」もあります。「さだまさし」の「無縁坂」も文京区湯島です。


.....(左)根津・お化け階段(幽霊坂) (中)千駄木のだんだん(右)江戸川乱歩の舞台「団子坂」....c0119160_21373248.jpgc0119160_2137569.jpg
c0119160_21382724.jpg



c0119160_21384827.jpg

文京区」はその名の通り出版社や学校が多くあります。文学に疎いRWですが、07年秋に本郷・湯島を歩いた時は「日本近代文学発祥の地」を発見!今回も一応アカデミックな気分に浸る~!
c0119160_22151738.gif

     ........(左)講談社(中)青踏社(平塚雷鳥)↓発祥の地は千駄木だった!......
c0119160_2158527.jpg


c0119160_21593036.jpgc0119160_220974.jpg
     .........(右)夏目漱石・旧居の跡もあった~!「我輩は猫である」~↑......

リンク:07年11月記事「文京区探訪」    
            
山岡鉄舟が開いた「全生庵」には幽霊画が多くあり毎年8月に一般公開されています。怪談落語の大御所「三遊亭円朝」(「牡丹燈篭」「真景累ヶ淵」原作者)が生前集めたものを寄贈したとのこと
c0119160_22351430.gif
  ......(左)長明寺の枝垂桜  (右)全生庵、有名な「円山応挙」の幽霊画が多く所蔵される。......c0119160_22235625.jpgc0119160_22241583.jpgc0119160_22243441.jpg
リンク:幽霊画のレポート(はろるど・わーど様のブログ)はコチラから    




★再び「谷中」へ戻る

近代文学の次は、西洋彫刻美術。谷中には「朝倉彫塑館」(彫塑家・朝倉文夫の住居兼アトリエ)があり、中を覗けば写実的彫像が沢山飾られています。(オ~、どこかでクマなく見た像もあるゾウ~

         ....... (左)「朝倉彫塑館」の入口. (中) 彫刻アトリエ(大隈重信像もある).....
c0119160_22172342.jpg





c0119160_22174778.jpg

c0119160_2218795.jpg]

建物も西洋モダンでお洒落な外観、でも中庭や部屋はかなり和風。この4月から老朽化にともなう耐震補強と、国の文化財保護の観点から、保存修復工事に入り4年間も全面休館となるとのこと。


                   ....... .「朝倉彫塑館」の中庭「五典の水庭」......c0119160_2228411.jpg







c0119160_222927100.jpg

千駄木から日暮里方面に向かい「谷中銀座」に入ります。この通りこそが谷中のメインストリート!
実に沢山の人が歩いている!そして並んでいる!メンチカツ店の行列にはビックリした~(@<>@;)

      .......「谷中銀座」は活気があるね~!(商店の上にも猫オブジェがあるぞ~)......
c0119160_22342713.jpg

      ........谷中銀座の大行列、何かと思ったら名物のメンチカツ屋さんでした~!.....c0119160_9361284.jpg
c0119160_9362978.jpgc0119160_9364845.jpg

やはりここは「猫の街」、店舗の飾りや通り脇のオブジェにはあちこち猫が登場しています。谷中のシンボル・石階段「夕焼けだんだん」を登ると本物の猫が2~3匹寝そべったり日向ぼっこをしている。デブ猫~、実にのんびりしている。この大不況の中でもお気楽猫たちは全く意に介していないね・・

      .......(左))谷中のシンボル「夕焼けだんだん」      (右)銅葺き家にはデブ猫.....
c0119160_946676.jpg
c0119160_1223090.gif


c0119160_9462720.jpgc0119160_9465610.gif
あ~、今日は結構歩いた~!朝から「大恐竜展」と上野アカデミックロードに始まり、「寛永寺」、「ねぎし三平堂」、人気の「谷根千」・・と今回散策は中味が濃かったね~!桜の満開期を前にしてアルコールほろ酔い気分でほっつき歩く「ノーテンキ春おじさん」は、「谷中の猫」と変わらんかもしれ~ん。


      ........ 「谷根千」散策の地図(クリックすると拡大表示で見られます)......
c0119160_15242653.jpg
 

c0119160_952549.gif
c0119160_9521997.gif
        .2匹の猫をクリックすると↑目を覚ましたり、尻尾を振り振りいたしまする。↑         

                                                      おわり
                

  by rollingwest | 2009-03-31 19:32 | レトロな風景 | Comments(30)

<2008年8月3日> 哀悼・「赤塚不二夫」・・


今朝のニュースを聞いてビックリ・・・、漫画界の巨匠・赤塚不二夫がついに他界してしまいました。
自分にとって最大のノスタルジア(いや、高度成長時代を経験した国民殆どでしょう・・)であり、昭和30年代後半の象徴だった巨星が墜ちショックですが、感謝と共に心からご冥福をお祈りいたします。


         .......(左)泉麻人著「シェーの時代」(文藝春秋・08年6月新刊) ....
c0119160_11581492.jpg

先月、「おそ松くん」が生まれた「昭和こども社会」を見事に再現・フラッシュバックさせてくれた泉麻人の著書「シェーの時代」を購入(昭和レトロ研究家の「マツさん」の推薦)して読んだばかりです。
赤塚不二夫が描いたあの昭和30年代後半の光景・漫画シーンをジックリ噛締め直し堪能しました。



    ....(左)赤塚不二夫記念館(4月訪問)、(右)バカボンのパパ、ニャロメ、ケムンパス、ベシ....c0119160_11595122.jpgc0119160_16183339.jpg

この4月には青梅市昭和レトロ街道にある「赤塚不二夫会館」をマツさん・食山人さんと一緒に訪ね、あの当時の懐かしい街風景やレトログッズを楽しんだばかりなのに・・。子供の頃、漫画を書き弟に見せるのが大好きで殆どその主役は「チビ太・イヤミ」等おそ松くんキャラクターばかりでした。


          ⇒青梅:昭和レトロの歩き旅(赤塚不二夫記念館を訪ねた時のレポート)


    .....(左)黄金のイヤミのシェ~!、(中)ダークダックスと一緒にシェーをする赤塚不二夫....c0119160_123342.jpgc0119160_1231942.jpgc0119160_1233744.jpg


アルコール依存症・食道がん・脳内出血でもう20年近く闘病生活だと聞いていたので、いつかこの日が来ると思ってはいたものの、やはり実際に訃報を聞くとショックなことです。40年前に一時代を築いた人ですが、日本現代史に燦然と輝く時代の象徴はいつまでも永遠に心に残ることでしょう。


....(左)隣接・昭和レトロ博物館展示の怪獣映画ポスター(右)少年サンデー等・懐かしい週刊漫画誌....c0119160_126953.jpgc0119160_126534.jpg
「怪獣大戦争」(昭40)でゴジラがシェー、相当複雑な気持ちでした・・。(右)ひみつのアッコちゃんc0119160_121289.gifc0119160_1212058.jpgc0119160_122920.jpgc0119160_1222189.jpg


前述した新刊「シェーの時代」は本当におもしろい!あの日あの時こんなものが流行っていた・・と「昭和こども社会」を見事に捉えています。青梅・昭和レトロ街道も皆さん是非歩いてみてはいかがですか。絶対にお薦めですよ。最後に少年時代お世話になった巨匠にあらためて哀悼と感謝・・。
   
            <産経ニュース追悼対談>:赤塚不二夫を語る(みうらじゅん・泉麻人)

c0119160_1263557.jpg
これでいいのだ・・・。

               
                                               おわり

  by rollingwest | 2008-08-03 11:55 | レトロな風景 | Comments(20)

<2008年4月20日>青梅:昭和レトロの歩き旅(その1) 

★昭和レトロの街「青梅」

東京青梅市は人口7万人強。マラソンで有名ですが、駅前周辺は青梅宿(青梅街道宿場)の雰囲気が残り、タイムスリップしたようなレトロな街。川と丘陵に挟まれた自然溢れる山里風景も広がります。
日頃・山に嵌まっているおじさん3人は、昭和レトロの平地や丘陵歩きをじっくり楽しんできました。

c0119160_22185663.jpg


今回の趣旨は小生の山友人である2名の「強モノ」を初めて引き合わせる機会でもあったのです。
その両雄は、「食山人さん」(毎週登山の雄)と、「マツさん」(日本200名山を180座近く制覇)。

           秋田・岩手の名山を訪ねて(食山人さんとの山行)
           奥多摩「大岳山」レポート(マツさんとの山行)


        ......「ある愛の詩」の映画看板や「怪人二十面相」が迎える「昭和幻燈館」......
c0119160_22363130.jpg
 
今後幾つか残っている「難関200名山」を一緒に登れる仲になればいいかなと思っていましたが、2人とも大いに意気投合してくれて(山の造詣の深さ・日本酒好き)、実に紹介し甲斐がありました。c0119160_22314073.jpg
c0119160_1825186.gif




★「青梅鉄道公園」

まず訪ねてみたのは「青梅鉄道公園」、昭和37年に鉄道開業90年記念で開所した公園。
さすがに50年近い建物、老朽化・人もまばらで寂れた感じでしたが、桜や新緑のもとではSLや新幹線も元気に見えます。食山人氏も今から20年以上前、幼少の息子さんを連れてきたとのこと。


       ......「青梅鉄道公園」のSLと、新緑の下で静養していた初期新幹線の車両......

c0119160_22395975.gifc0119160_22403172.jpgc0119160_22411240.jpgc0119160_22413912.gif

私は「テツオ」ではありませんが、鉄道マニアの方は以前公開の「大宮鉄道記念館」記事も再見~。
                                        大宮鉄道博物館のレポ-ト
あの規模に比べるとかなり物足りない気はするけれど、この鄙びた感じもなかなかの味わいあり。



          ......山里の青梅はまさに桜が花盛り!花に囲まれたSL達だった。......c0119160_2254920.gif
c0119160_225364.jpg

       .....記念館で紹介されていた.青梅の歴史。でもやはりマラソンが一番有名だよね。....c0119160_22551581.gifc0119160_2255312.jpgc0119160_22554334.jpgc0119160_2256142.gif




★青梅:山里の春

青梅の春の山里風景は、秩父の雰囲気に似ています。歴史ある街並みに素朴な風情。
鉄道公園からはJR青梅線と平行して丘陵のハイキングコースが整備されており、軽い足慣らしにはうってつけ。新緑の山々(淡い緑で光っていた)、遅い満開桜などで今が一番いい季節・・・。

  ....(左)青梅の里、散策路での神社と桜。(右)シャガの花弁で寛ぐ草虫↓、まさに春到来~......c0119160_231012100.jpgc0119160_23103981.jpg

 .....日頃、山に嵌っている食山人殿。たまには平地歩きもいいね~と大いに楽しんでいました。.....c0119160_23164778.jpg











c0119160_23171255.jpg

しかしこの2人、やはり超健脚でメチャクチャに足が速い。チンタラと写真を撮りながら歩いている小生は、あっという間に離されてしまい常時最後尾。3人で山に登る時、俺は完全に足手まといだな・・・。


 .....(左)淡い新緑に彩られる青梅の山々 (右)新緑の山麓にはレトロの青梅市が横たわる....c0119160_2318464.jpgc0119160_23182064.jpg


.....(左)青梅線の単線踏切。電車が通過~!(右)旧稲葉家(江戸時代の町年寄り)の内部風景.....c0119160_23204635.gifc0119160_23192015.jpgc0119160_23194141.jpg


「青梅」の地名ルーツは金剛寺の青い梅伝説。金剛寺の梅は、平将門が植えた「誓いの梅」と云われ、梅の実が秋になっても青々としていることから「青梅」と呼ぶようになったといわれています。
ここは梅より「枝垂れ桜」の方が有名。やはり寺社価値がより高まるものは梅・桜・紅葉でしょうか。


.....「枝垂れ桜」の金剛寺(真言宗の古刹)、境内にある青い梅こそが青梅市の起源。.....c0119160_23325476.jpgc0119160_2333658.jpgc0119160_2333172.jpg
   ......山里の民家の庭には咲き誇る桜、「藤の蕾」も開花が近い、風情があるねえ・・・......
c0119160_23365468.jpg


途中で道を間違えるハプニングもありましたが、このおかげで青梅の里の春を楽しむことができて「ケガの功名」・・・。庭木や畑には花や野菜たちが実に生き生きとした表情を見せていました、


    .....(左)タンポポと綿毛が可憐   (右)躑躅・スノーフレーク(鈴蘭水仙)・芝桜が咲き誇る......c0119160_23382655.jpgc0119160_23392624.gifc0119160_23394586.jpg

......春の畑のネギボウズ、あざやかな花々と一緒に元気に育っている。風情ある田園風景......
c0119160_23414182.jpg

さあて、山里の自然を楽しんだ後はいよいよ「昭和レトロ」の真髄に触れに行こう~! トトロ→レトロc0119160_23422875.gif

↓青梅:昭和レトロの歩き旅(その2) に続く

  by rollingwest | 2008-04-25 22:17 | レトロな風景 | Comments(23)

<2008年4月20日>青梅:昭和レトロの歩き旅(その2) 

↓青梅:昭和レトロの歩き旅(その1)から続く


★青梅レトロタウン散策

「青梅レトロタウン」はJR青梅駅の東側エリアにあり、「昭和レトロ商品博物館」「赤塚不二夫記念館」等のお宝物展示館が旧青梅街道沿い「キネマ通り」を中心に点在しています。商店街のあちらこちらに古い映画の看板が据付けられ、街全体に昭和時代の懐かしい雰囲気が漂っていました。

           .....いや~懐かしい昭和レトロの街、じっくりと味わってみよう......c0119160_10535652.jpgc0119160_1054936.jpg

     ....青梅の街・全体でこのコンセプトに協力し、店舗に映画館看板を掲げている。....c0119160_10554195.jpgc0119160_10561100.jpg


「レトロタウン」誕生のきっかけは、青梅が最も栄えた昭和30~40年代をイメージして、町おこしを進めたことが始まり。昭和風情を再現したJR青梅駅、街なかの映画看板、昭和を懐かしむ博物館、ノスタルジックな気分を楽しんでもらおうという、市民全体で取り組む意気込みが伺えます。

c0119160_10573477.gif
c0119160_1058639.jpgc0119160_10583024.jpg

春の自然路を歩いたあと、3人は蕎麦屋で一杯。日本酒好きな御二方は早速に奥多摩産の銘酒「澤乃井」(小澤酒造)を注文。この辺りから2人はもう意気投合、杯を重ね合っておりました。(笑)c0119160_18331090.jpg

c0119160_115949.gif

       ....「昭和レトロ博物館」に入ると、いきなり懐かしい東宝怪獣映画のポスターが!....c0119160_1163961.jpgc0119160_1165472.jpg
    (左)ゴジラ(隅田川・勝鬨橋)         (中右)モスラ(東京タワー)c0119160_1181886.jpgc0119160_1183632.jpgc0119160_1184890.jpgc0119160_119061.jpg
            (中左)ラドン(佐世保・西海橋)  (右)キングギドラvs三大怪獣(相模湾)

 
「昭和レトロ博物館」では、昭和時代の懐かしい商品や店舗・看板・ポスター等のお宝物に再会!
やはり昭和30年代の東宝怪獣映画は最高ですね~!四大怪獣がデビューしたあの時代こそが、怪獣映画のあるべき姿だ!真面目なストーリー仕立で、未知への恐怖と夢、雰囲気がありました。

      怪獣特撮TVゆかりの地を訪ねて(←懐かしい怪獣たちにいっぱい会えるよ~)

      円谷プロゆかりの地が閉鎖(←懐かしい怪獣のぬいぐるみたちの今後の運命は?)



        ....懐かしい昭和の裏通りが再現、水原弘の「キンチョール」ブリキ看板もある。....c0119160_11252097.jpgc0119160_11253153.jpg
         ....「由美かおる」って、死ぬまで歳をとらない感じだなあ・・。....c0119160_1127565.jpgc0119160_1128674.jpg
....(左)昔よく行った駄菓子屋風景....(右)小泉八雲作「雪女」は青梅民話がルーツだったとは!....c0119160_11294376.jpgc0119160_11295819.jpg

ちょっと薄暗い電灯に、暖かみのある数々のアナログアイテム、何か昔小さい頃に友達と原っぱで夕方暗くなるまで遊んでいた頃の光景が蘇ってくる・・。まさに「三丁目の夕日」、あの日あの時代!


      ....(左)「昭和レトロ博物館」の外観....(右)ダークダックスと赤塚不二夫が「シェ~!」....c0119160_11314138.jpgc0119160_11323729.jpg






c0119160_11324924.jpg

隣接の「赤塚不二夫記念館」も懐かしい。昔「漫画少年」だった私は赤塚キャラクター(おそ松くん・天才バカボン・もーれつア太郎等)が大好きでした。自作漫画を弟に読ませ楽しんでいたもんだなあ・・・。


     ....赤塚不二夫は無類の映画好きだったらしい。 「禁じられた遊び」のポスター↓....c0119160_1145236.jpgc0119160_11453849.jpg

     ...小学生時代に夢中で読んだ少年マガジン・サンデー・キング等の雑誌も沢山展示....c0119160_11471668.jpgc0119160_11473136.jpg

そういえば、先日「少年マガジン(講談社)とサンデー(小学館)が提携」というニュースが流れていました。かつては2大少年雑誌のライバル同士でしのぎを削り、両雄として君臨していたのに・・!
ネット普及や趣味多様化、携帯で小説が読める時代にもなり、出版業界も相当な苦境のようです。


   ...青梅の地は、やはり昭和レトロの宝庫だった。ああ「昭和は遠くなりにけり」....c0119160_114913.jpg












c0119160_11491960.gif


c0119160_11572283.jpgc0119160_11581227.jpg


子供は携帯やPC・ゲームに夢中でもう外では遊びません。ちまたにモノはあふれ、娯楽や趣味も多様化、もう日本国民が共通の音楽・TV番組を家族団欒で楽しむという時代も戻ってはきません。昭和高度成長期が少年時代だった我々世代は、このようなレトロ街に何度も足を運ぶことでしょう。
  
                                                       おわり



PS:そういえば今日は「昭和の日」だった! RWにしては珍しくタイムリーなUPじゃん!(笑)
                                                   (08.4.29)

  by rollingwest | 2008-04-25 19:08 | レトロな風景 | Comments(24)

<2008年2月11日>大宮探訪(鉄道博物館&大宮公園・氷川神社) 

前回記事「春一番・美の壷」とは公開時期が前後しますが、ジョンレノンミュージアム(さいたま市)に行った日に近隣の大宮にある「鉄道記念館」と「大宮公園・氷川神社」も同時に訪ねてきました。
大宮は今まで滅多に来ることがなく、今回いい機会だったので楽しんできました。レポート御覧あれ。
c0119160_18264182.gif

★鉄男と鉄子の憧れ「鉄道博物館」

私は鉄道マニアではなく、「鉄男・鉄子」と呼ばれる方々とは程遠いのですが、昨年秋オープンした「鉄道博物館」は一般人でも感動すると聞いて訪ねてみました。噂通りスゴイ!実にお薦め処~!
電車で行く方はJR大宮から埼玉新交通ニューシャトル「鉄道博物館駅」で下車して下さい。駅のスグ隣。

c0119160_20522890.jpg


大宮は昔から東北・上信越の鉄道玄関であり、交通の要所でありました。ここは旧国鉄・大宮操車場跡(大宮区大成町)であり、2007年10月14日にオープンした「鉄道マニアの聖地」なのです。
オープン以来・連日満員の賑わいと聞いていましたが、この日も開場40分前から長蛇の列でした。


  .....旅客用機関車の技術頂点といわれるC57形式・蒸気機関車(最後まで現役で活躍).......
c0119160_20534183.jpg


SL・貨物車・皇族専用列車・懐かしの特急電車・初代新幹線等、日本鉄道史(陸蒸気時代~昭和)に活躍した名車両36台が展示されています。実に圧巻!総収蔵品数58万点を誇るとのこと。
チケット購入や施設入場には「SUICA」や「PASMO」の電子マネーカードも使えて非常に便利!



     ....テラスから一望する「鉄道博物館」の展示場全景、歴史ある名車両群の大壮観......
c0119160_20545080.jpg



この博物館は操車場跡地だけに200平方mの広大さ。地上3階建て最上階のテラスからは車両群がひきしめあう大迫力光景が一望できます。ここは「ヒストリーゾーン」と呼ばれ、歴史に残るスターたちが誇らしげに鎮座していました。入口でまず迎えてくれるのは、明治草創期の蒸気機関車達。
日本初の鉄道は明治5年、新橋(現・汐留)⇔横浜(現・桜木町)を陸蒸気がシュッシュと行進しました。


   ....(左)日本第1号の蒸気機関車(新橋⇔横浜)、(右)名車・弁慶号(北海道開拓で活躍).....c0119160_21254924.gifc0119160_2126169.jpg


SLコーナーから奥に行くと、東海道本線豪華客車や戦前の通勤電車、操車場で活躍した機動車、皇室行幸用お召し列車(昔、原宿駅で待機しているのをよく見たものです。)も展示されています。


 ...(左)若いとき帰省でお世話になった特急「とき」 、(右)ご存知、新幹線開通の初代車両0系....c0119160_21281711.jpgc0119160_21284563.jpg


自分自身が懐かしかったのは大学時代に上京・帰省でお世話になった「特急とき」(上越新幹線の開通前に活躍していたクリーム色車両)。あの頃、上野駅から帰省する時は郷愁感があったなあ・・。
               上野・両国風景(ゴッタ煮レポート)


  ....(左)皇室お召し列車(女官室の文字が見える)、(右)日本初の国鉄バス(岡崎⇔多治見).....c0119160_21344693.jpgc0119160_21351319.jpg


テラスには日本鉄道開闢から平成時代までの歴史パネルや数々の展示物が飾られています。
特急プレートや駅プラットホームの備品等、鉄道マニアには堪えられない程のお宝物なのでしょう。実に精巧な東京駅ミニチュア模型も展示されており、やはり東京駅は威厳があるなあと感心・・。


  ...(左)由緒正しい「東京駅」のミニチュア駅舎、(右)懐かしい「あさかぜ」「はやぶさ」のプレート....c0119160_2136476.jpgc0119160_2137237.jpg


  ....(左) 日本鉄道史を飾る壮大な展示場、1F「ヒストリーゾーン」は夢と威厳に満ちている。.....
c0119160_21382791.jpg


SLや新幹線の運転擬似体験(回りの景色がどんどん移り変わる)ができるシュミレーターも目玉の一つのようです。予約制で家族やマニアの長蛇の待ち行列。私の今日の主目的はジョンレノンミュージアムなのでこちらはパスしましたが、マニアにとって絶対外せない体験コーナーのようです。


...(左)内部構造が公開・マレー式蒸気機関車、(右)英国輸入機関車(東海道本線初電化で活躍)....c0119160_2143249.jpgc0119160_21435065.jpg


それにしても迫力・威厳・スケール・歴史を兼ね備えた博物館です。子供は勉強になりはしゃげるし、大人には懐かしいし、何度来ても楽しめることでしょう。当館をじっくり楽しむためには半日は必要かもしれません。混雑回避を考えれば会場30分前到着して早めの行動がオススメでしょう。


   ....機関車の点検をするマネキン鉄道員がリアル、操車場での作業風景を再現....
c0119160_2146088.jpg


ディズニーランド以外のテーマパークに失敗事例が多いですが、当博物館は老若男女が楽しめ、世代回転してもリピーターが途切れずに訪れて流行り続けていけるのではないでしょうか。
JRも自前の土地や展示物なので投資もそこそこで済んでいるだろうし・・。2007年流行語大賞に「鉄子さん」も入るくらいに女性ファンも増えていることもあり、ますます追い風状態といえましょう。

c0119160_2373839.gif




★「大宮公園」と「武蔵氷川神社」


さいたま市には市民の憩いの場所「大宮公園」がありますが、その一角に「武蔵一宮」と呼ばれる大きな社が鎮座しています。首都圏に点在する「氷川神社」本宮として2400年の歴史を誇っているのです。な~るほど、「大宮」の名前ってそういうことだったのか・・・!目からウロコ・・。

c0119160_21505430.jpg


    .....(左) 当日は子宝宮参りや受験祈願の人も多かった。.....(右)威厳がある演舞殿....c0119160_21522818.jpgc0119160_2153983.jpg


2月は節分・受験祈願時期。お正月・七五三に次ぐ参拝客が多い時ですが、さすがに有名神社。
大いに賑わっていました。先週の節分・立春は雪だったから余計に人が多いのかもね。


c0119160_21542262.jpg


大宮公園は相当広い!第1・第2と分かれており、園内を巡るのも結構時間がかかります。
さいたま民俗歴史博物館・小動物園・児童遊園地・桜広場・梅林、その他に野球場・サッカースタジアム(大宮アルディージャの本拠地)・体育館・弓道場などスポーツ施設も充実している大公園です。



       .....(左)撒き餌に群がるカモたち.....(右)外来のユリカモメが餌を奪いに急降下.....c0119160_21553712.jpgc0119160_2156410.jpg


   ....(左)早咲き紅梅が青空に映える.....(右)民俗歴史博物館に展示される竪穴式住居....c0119160_21573439.jpgc0119160_21574592.jpg



2月上旬は一番寒い時期(今年は特に身に感じます)ですが、公園の梅林一角には早くも早咲きの紅梅が咲き誇っていました。あと1ケ月もすれば全国各地で梅祭りが開かれていることでしょう。
c0119160_21584784.jpg
c0119160_10295328.gif
そして新しい門出に夢を馳せる若者たちには、個々の進路が定まる重要な時期でもあります。
まあ50になったオジサンにとっては、時の流れが早過ぎて青春時代のドキドキ感や感動も薄れがちなのですが、桜の季節は実に待ち遠しいですねえ・・・。 やはりみんな日本人・・(笑)                                                                                 
                                                                    .                                                     おわり

  by rollingwest | 2008-02-20 20:46 | レトロな風景 | Comments(18)

<2008年2月7日> 時代の流れ(円谷プロゆかりの地が閉鎖)


怪獣特撮の創始者「円谷英二」が設立した「円谷プロダクション」のゆかりの地に終止符がうたれるとのニュースが本日(2月7日)報じられていました。世田谷区砧にある「円谷プロ」の旧本社と撮影スタジオが今月末をもって閉鎖され、取り壊された跡地は売却されるとのことです。
(敷地内倉庫には、ウルトラシリーズ等で活躍した「怪獣の着ぐるみ」が沢山眠っているとのこと)


c0119160_21264365.jpgc0119160_2127980.jpg


ニュース写真を見ると、ウルトラマンで「フジアキコ隊員」を演じていた桜井浩子さん(ウルトラQにも出ていたユリちゃん)が、ぬいぐるみと一緒に写っているではありませんか。(実に懐かしい~!)
c0119160_21345587.jpg
                              (出典:朝日新聞ネットニュースより)


昨年秋に「怪獣特撮ゆかりの地」を訪ねたときにレポートしましたが、世田谷砧は東宝ゴジラ・円谷ウルトラの各シリーズ誕生のふるさと。 (ゴジラが鎮座する東宝スタジオは今だ健在ですが・・)

c0119160_21375852.jpg
我ら少年時代の夢や憧れだった「怪獣特撮の聖地」が45年の長い歴史に幕を下ろすと聞いて、実に寂しいものを感じます。(昭和が終わって今年で20年・・・いたしかたない時代の流れですね。)
                   ↓
       懐かしき怪獣特撮ゆかりの地を訪ねて(円谷プロや東宝スタジオを紹介)


今はCGで何でも表現できる時代。ぬいぐるみでSFロマンを語ることはできず、時流の中で到底採算に合うわけがありません。「円谷プロ」も今年1月「バンダイ」資本系列となり創業者一族と経営分離したことが大きな契機と思いますが、我々のノスタルジアは少しずつ消え行く運命なのでしょう。


c0119160_21511750.jpgc0119160_21531934.jpgc0119160_21513039.jpg


奇しくもここ数日、高校時代同級生とのブログで「バルンガ」「スカイドン」「ゼットン」だのと40年前の怪獣をネタに盛り上っていたところです。実に残念ですが、倉庫に眠る懐かしき怪獣たちとは将来どこかで、展示で再会できるものと信じて本ニュースをしんみり噛み締めることといたしましょう。

c0119160_21554741.jpgc0119160_2156874.jpg

バルンガ様+旦那様、マツさん、セサミさん、しむけん様+弟様、みんな昭和40年前半で熱くなった「同世代の怪獣フェチの皆様」も同じ気持ちなのではないでしょうか?  
(どこかでまた同じノスタルジアを共有した仲間で盛り上がりましょう・・!)

                                                      おわり

  by rollingwest | 2008-02-07 21:15 | レトロな風景 | Comments(17)

<2007年9月27日>長沢浄水場(その1)~「山田建築美」と「水のありがたさ」を知る~

★長沢浄水場

先日掲載した「隅田川三橋・東京下町風景」レポートの作成に携わった時、「永代橋」「清洲橋」の設計者である「山田守」の名前を初めて知りました。→「隅田川三橋と東京下町風景」

                   永代橋(左)と清洲橋(右)c0119160_15122247.jpgc0119160_15201568.jpg


川崎市自宅の近隣丘陵には、この方によって昭和32年につくられたお洒落でモダンな芸術建築「長沢浄水場」があります。(小生と同い年生まれであり、今年で建築50周年を迎えます。)

また「長沢浄水場」は、少年時代夢中になった特撮TV「ウルトラQ」「ウルトラマン」の撮影舞台だったということもあって、「山田守アート建築美」と一緒に取材すべく早速に構内見学をしてきました。

c0119160_15245174.jpgc0119160_15273319.jpg
..↑建築当時の浄水場(建築家山田守研究所サイト:掲載了解済)...今年改築お色直しした建物↑...

事前に見学許可を得て職員の方に構内案内をしてもらい、東京・神奈川に供給されている上水道の水源や水系・流路も勉強することができましたのであわせてレポートいたしましょう。


★建築家「山田守」

「山田守」(1894-1966)は日本を代表する近代建築家のひとりで、数々の有名な建築物(東京逓信病院・電信局、日本武道館・聖橋・京都タワー・新潟万代橋など)をつくった人だそうです。
このたび「山田守建築事務所」様や「建築家山田守研究所」様よりご協力を頂きました。
誠にありがとうございました。  リンクHP→リンク:「山田守建築事務所」


....(左)日本武道館(九段)......                    ....(右)万代橋と信濃川(新潟)..
c0119160_154838100.jpgc0119160_15443598.jpgc0119160_1545541.jpg
....「山田守の」肖像写真↑(建築家山田守研究所サイトよりお借りしました)....

先日紹介した「永代橋」「清洲橋」のデザイン設計の他に、数々の公共建築物(病院・電信局・水道局等)にその名を残しています。ファンタジックな美しい曲線やアーチを取り入れた不思議な美しさを建物の中に表現しており、多分この方は先進・未来志向でお洒落な人物だったのでしょう。


★「マッシュルーム・コラム」建築

長沢浄水場」は川崎市北部(多摩区)の丘陵地高台に立つ浄水施設で、近くには聖マリアンナ医大病院・専修大学生田キャンパス・向ヶ丘遊園・生田緑地・岡本太郎美術館などがあります。
ここには東京都と川崎市の2つの浄水場が隣接していますが、今回構内見学させてもらったのは「東京都の長沢浄水場」でした。(隣接の川崎市水道局建物は後半「ウルトラQ」で紹介します。)


この建物が特徴的だな・・と思ったのは「マッシュルーム・コラム」と呼ばれる「キノコ型円柱」が列をなして配置されていることです。長い廊下に林立するキノコの列柱は、浄水場とは思えない美術館通路のような独特な雰囲気を醸し出していました。この廊下風景が一番優美でよかったですね・・。
c0119160_16213553.jpg
...「マッシュルーム・コラム」が連続する「操作廊下」↑以前は外柱も含めオレンジ色だった。.....


「山田守」のデザインは、曲面を用いた伸びやかな造形を特徴として日本の建築界に異彩を放っている・・・。と紹介されているとおり、建物内部に散りばめられている「マッシュルーム・コラム」群は「京都タワー」の和ロウソク表現や「聖橋」の美しいアーチに共通するものを感じます。「キノコ柱」は構内エントランス・階段などにも配置、会議室はさながら美術館ギャラリーのようでした。

c0119160_16315960.jpg
        .....「マッシュルーム・コラム」の会議室↑、実に優美秀麗!.....


キノコ柱は建物外壁からも見ることができますが、このような外観デザインこそ山田建築の独特な優美表現です。でも優しい色に塗り変わり、建設当時(白黒写真)と雰囲気は大幅にイメチェ~ン!

..(左)京都タワー(批判も受けましたが・・)....          ...(右)聖橋のアーチ(御茶の水)..c0119160_16421223.jpgc0119160_16422993.jpgc0119160_16424512.jpg
.....建物を支える「マッシュルーム・コラム」↑は外面からも見えて、モダン建築美は一層映える。....


今年、耐震強化のため改修が行われたのですが、目に優しいアイボリーホワイト色に塗り変えられたことから、さらに「美観を意識した建造物」に生まれ変わっているような気がします。




★「浄水場」構内見学

せっかく構内見学の機会が得られて、建築美だけでなく「浄水の仕組み」についても職員の方から教えていただいたので、今回構内撮影した水道局としての浄水施設写真も公開してみましょう。

...↓浄水プール内部....沈殿・ろ過装置や水処理プール池↓...(ここは高台で景色がよい)c0119160_1743910.jpgc0119160_1745490.jpgc0119160_175724.jpg
                              ...高度浄水処理装置↑(出典:東京都水道局)...

「浄水」とは、河川から取り入れた水を安全な飲料水にするために行う3段階の処理工程、「沈殿」「ろ過」「消毒」のことをいいます。長沢浄水場が取り入れている水の源は相模湖・津久井湖です。

浄水場には、これらの処理を行うプール池・ろ過装置・取水ポンプ・太陽光発電パネラー等が配置されており、活性炭・オゾン処理ができる「高度浄水処理装置」もありました。この装置は、東京の各浄水場にも順次増強していく予定で、東京の水もだんだんと美味しくなっていくことでしょう。



★「東京の水源」・「神奈川の水源」

東京都の水源を調べてみると78%が「利根川・荒川」水系」(群馬・秩父のダム)、19%が「多摩川」水系、「相模湖」水系他は3%となっていました。「東京都長沢浄水場」は「相模湖」水源で世田谷区・大田区に水を供給していますが、東京全体の中での供給量割合は超少数派なんですね。

              ※↓クリックするとグラフ・地図が拡大表示がされます。
c0119160_17281415.jpgc0119160_17283634.gif
 .....↑東京都の水源(出典:都水道局).....神奈川県の水源・ダム・河川↑(出典:神奈川県HP)....

今年は「暖冬による雪不足」・7月初めの「カラ梅雨傾向」で全国的渇水が心配されるという局面が一時ありましたが神奈川県については水不足で困ったという話をあまり聞いたことがありません。
実際に調べてみるとやはり神奈川県の水源は実に豊富、何と4つの貯水ダム湖と2つの大きな川によって支えられていることがわかりました。

c0119160_17403664.jpgc0119160_17405396.jpg
.......神奈川県の豊富な水を支える水源ダムは4つある。(左)相模湖ダム、(右)宮ケ瀬湖ダム.....


相模川」「酒匂川」・鮎も遡上する2系の河川、「相模湖・津久井湖・宮ヶ瀬湖」(3つの湖の水系元は山梨)と「丹沢湖」(神奈川)という合計4つの大きなダム湖、これらの水源供給力は万全です。
相模川の源流を辿っていくと先日訪ねた大月「桂川」や富士「山中湖」、酒匂川の源流は丹沢や御殿場に行き着きます。つまりそのルーツは「富士山」や「丹沢・道志山塊」ということなのか・・・。

な~るほど、神奈川が豊富な水に恵まれている理由がよくわかりました。先日「川崎の水ってマズそうだね。」という人がおりましたがそれは大きな誤解・・、実は神奈川県の水は美味しいのです。

c0119160_17393383.jpg
   .....「長沢浄水場・水彩画」、浄水場パンフレット表紙(掲載許可了解済).....


人間の命の源は水。人体の60~70%が水から構成されており健康維持は水が大事と云われます。(汚染水拡大の現在の中国の人たちは環境激変・健康不安の恐怖に晒されていることしょう。)
日本は世界的にも水に恵まれた国のひとつ(←山や森林の多い国土・雪解け水・多雨気候・台風・高度な水利技術等)ですが、このようなプロセスを経てさらに安全かつ美味しい水を安定供給してもらえる幸せを日本人は感謝しなければならないと思いました。 水道局の皆さん、ありがとう・・。


 
(後半)            →長沢浄水場(その2)~「怪獣特撮TV」ゆかりの地を訪ねて」に続く



                                               

  by rollingwest | 2007-09-27 23:03 | レトロな風景 | Comments(0)

<2007年9月27日>長沢浄水場(その2)~「怪獣特撮TV」ゆかりの地を訪ねて」

(前半)      長沢浄水場(その1)~「山田建築美」と「水のありがたさ」を知るより続く


      
★円谷プロ特撮TVの撮影場所           


小学生の頃、小生は「怪獣マニア」少年でした。
東宝映画「ゴジラ」シリーズや大映「大魔神」「ガメラ」、その他B~C級特撮映画に至るまで夢中になって雑誌・写真・模型などを集め、怪獣の諸データ(身長・体重・出生等)を覚えたものです。

  .....塗装される前はオレンジ配色だった長沢浄水場↓(出典:「光跡」HP).....
c0119160_19493028.jpg

長沢浄水場」は今回構内見学した「東京都」施設、それに隣接する「川崎市」の浄水場施設ともに、円谷プロの初期TV特撮映画の金字塔「ウルトラQ」「ウルトラマン」の撮影場所だったのです。

     カネゴン           ペギラ           ガラモン        ケムール人    
c0119160_9461635.jpgc0119160_9462843.jpgc0119160_9464392.jpgc0119160_9465574.jpg

今回の構内見学の契機は、「少年時代に味わった懐かしいTV特撮の感激をフラッシュバックしてみたい。現場をこの目で見てみたい・・・。」という思いがあったからなのでした。


 ..↓隣接する「「川崎市」の「長沢浄水場」(こちらは山田守建築ではないがSFチックな外観).....c0119160_2013868.jpgc0119160_20135288.jpg
.....「ウルトラマン」の「科学特捜隊:科学センター」や「ウルトラQ」の数多くの撮影に使われた。.....


★「ウルトラQ」

昭和41年1月9日、「ウルトラQ」TV放送開始「第1話ゴメスを倒せ」を視聴した時の感動を忘れることはできません。オープニングで現れた「ウルトラQ」のタイトル(徐々に変化形成されていくマーブル文字)、不気味さを奏でるBGM、石坂浩二の神妙なナレーション。(ああ、懐かしい・・・)c0119160_20535823.gifc0119160_2054295.gif
...「ウルトラQ」オープニングを飾る文字、「ガッチャン!キキキー」、不気味なBGMが恐怖感をそそる。...


この番組は「ウルトラマン」開始前に放映されていた空想特撮TV映画なのですが当時は白黒。
これが実にいい・・・。このモノクロ映像が一層のリアリティさと恐怖感を高めてくれていたのです。

   ゴメスvsリトラ         パゴス      マンモスフラワー        モングラー   c0119160_9521979.jpgc0119160_9523947.jpgc0119160_9525376.jpgc0119160_953468.jpg
 

日曜日のゴールデンタイム、毎週タダでお茶の間で怪獣が見られることが本当に嬉しくて嬉しくて、毎日ワクワクしてこの放送時間を待っていたものです。  (((*^o^*)~~~ワクワク・・・!


c0119160_2163616.jpgc0119160_2165083.jpg
.....「ゴメス」「ゴロー」「ジュラン」↑自宅撮影にて不鮮明画像ご容赦↑「ケムール人」「ペギラ」....


「長沢浄水場」がこの「ウルトラQ」で撮影に使われた番組は次のようなものがありました。
→「2020年の挑戦」(ケムール人)、「宇宙からの贈り物」(ナメゴン)、「虹の卵」(パゴス)など・・・
今の時代にはマニアックすぎかも・・(笑)大ファンの方がいましたら是非とも友達になりましょう!

     ラゴン                                       バルンガ
c0119160_9561232.jpgc0119160_9562674.jpg

                     リンク:「光跡」HP(参照→ウルトラQ・ウルトラマン)



★ウルトラマン

c0119160_2202587.jpgc0119160_2205661.jpg

TBS系日曜夜7時から8時といえば、日本全国の子供たちにとっては断トツのゴールデンアワーでした。「タケダ・タケダ・タケダ~」のBGMで始まる「武田薬品」空撮CMは「月光仮面」・「隠密剣士」「ウルトラQ」「ウルトラマン」「セブン」と続く、TV時代黎明期から高度成長時代までの夜のお茶の間人気番組。そして7時30分からは「不二家」提供の「ポパイ」「オバQ」「パーマン」「怪物くん」「サインはV」等が登場。(ああ、今から思うとスゴイ!幅広い世代の方が懐かしがる時間帯です。)

c0119160_21394372.jpgc0119160_2140048.jpg
...「ウルトラマン」登場の怪獣達、「バルタン星人」「アントラー」「ゼットン」、まだまだ紹介したい。...


昭和41年7月10日、「ウルトラマン」放送開始。「ウルトラQ」に次いで登場したこの番組の平均視聴率は30%を超え、最高視聴率は42.8%だったそうです。(まさに国民的ヒーロー登場!)
世は高度成長時代の真っ只中。怪獣・特撮ドラマの世界でも、当時斜陽化し始めていた映画銀幕からTVで楽しむ時代にトレンドシフトしておりました。

      ウー            ガバドン           ガボラ         ガマクジラ    
c0119160_2265838.jpgc0119160_2275930.jpgc0119160_228133.jpgc0119160_2282653.jpg

殆どの家庭にTVがようやく普及し、ちゃぶ台で家族が夕食を一緒にとった時代。日本国民の意識・価値観も、ニュース・事件・歌・娯楽等への興味も現代のようにバラバラ・自分勝手ではなく、皆で共通のものに関心を持っていました。だからこそ驚異的な高視聴率は必然的な数字であり、今でも同世代の人たちと一緒に「昭和レトロ」を懐かしがることができるのも、我々世代の少年時代がまさに「ALWAYS・三丁目の夕日」の街風景を同時に見ていたからに他なりません。

      ギガス           ギャンゴ          ケムラー        シーボーズ    
c0119160_22144332.jpgc0119160_22145869.jpgc0119160_22153825.jpgc0119160_2215539.jpg

第1話の「ベムラー」登場から最終回の「ゼットン」(唯一ウルトラマンが倒された怪獣)まで、次々に登場する新怪獣たちに小生は本当に夢中になりました。シール・写真やソノシートを集めたり、怪獣図鑑で全プロフィールを覚えたりしたものです。少年心に昭和40年前後は濃縮した数年間でした。


「長沢浄水場」は「科学特捜隊の科学センター」として登場した懐かしいレトロ風景だったのです。
c0119160_21462796.jpg
            .....「長沢浄水場・水彩画」、↑浄水場パンフレット表紙....


自分が小学校高学年になるにつれ、怪獣TVへの夢中な気持ちは当然徐々に薄れていくのですが、その後ウルトラヒーロー物がシリーズ化されて、完全に興味を失ってしまいました。
初代ウルトラマン」が、以降のウルトラヒーロシリーズと決定的に違う点は、「ウルトラマンが決して主役でなかった」ことです。この物語主役は「科学特捜隊」、あくまでも怪獣の脅威から地球を守る「人間が主役」(ウルトラマンは最後のお手伝いという位置づけ)なのです。
でも結局最後は人間の手に負えず「葵の御紋」ハヤタ隊員に頼ってしまうわけなのですが・・・。

      ジラース          スカイドン          ダ ダ        テレスドン    
c0119160_2220324.jpgc0119160_22204737.jpgc0119160_2221271.jpgc0119160_2221167.jpg

何が言いたいのか・・。小生の大好きな特撮映画は「リアリティ・恐怖心」を感じさせてくれるものでないと満足できません。モノクロ映像が醸し出す不気味さや人間主体のSFドラマになっていないと、そこに臨場感はなく全く燃えないのです。ウルトラマンシリーズは×印、単なるヒーロー物です。
初代ウルトラマンは「人間主役」なので許せますが、やはり特撮TVの金字塔は白黒「ウルトラQ」。これを超えるものはありません。その素晴らしい舞台となった「長沢浄水場」・・に会えてよかった。

     ネロンガ           ヒドラ          ペスター        レッドキング    
c0119160_22233991.jpgc0119160_22235551.jpgc0119160_2224117.jpgc0119160_22242726.jpg




★特撮映画のルーツ・トライアングルゾーン

川崎市多摩区を挟む多摩川に架かる橋「多摩水道橋」を渡ると、東京都西部ゾーン狛江市・調布市・世田谷区に入ります。ここに怪獣映画のルーツ「東宝」と「大映」の撮影所があることを発見!
県境・多摩川を越えてはいるものの、当3ケ所は何と半径2Km圏内に近接・存在しているのです。
c0119160_100135.jpg


「怪獣映画の里」がこんな近隣に点在していたのか!今回その盲点を発見したことに気づいて自己満足で舞い上がり、勝手に「特撮映画のルーツ・トライアングルゾーン」と名付けさせて頂きました。
怪獣ルーツ探索心に火がつき、さらに「レトロ懐古探訪の東京ミニ旅」を続けることにしました。

c0119160_2155113.jpgc0119160_21552332.jpg
  .....「多摩川水道橋」、相模川の水を都内供給用に水道管が設置されていたことが名の由来.....


「長沢浄水場」をあとにしてこれから訪ねる場所は、調布市にある「角川大映撮影所」と世田谷砧の「東宝スタジオ」です。ご存知の通り前者は「大魔神」「ガメラ」、後者は「ゴジラ」「ラドン」「モスラ」「キングギドラ」など、我々少年時代の夢を彩ってくれた怪獣たちの生まれ故郷です。

      ガメラ          バルゴン          ギャオス           ガッパ  
c0119160_1022096.jpgc0119160_1023419.jpgc0119160_1024898.jpgc0119160_1025834.jpg
 
  
いずれもスタジオ内部は一般公開されていませんが、各2ケ所のスタジオにはそれらを代表する「大魔神」と「ゴジラ」のモニュメン像が雄々しく仁王立ちしていました。  (n^。^)/ カッコイイー!


 .....「大魔神」の憤怒像(左)と埴輪像(右)、↓人間の愚行に鉄槌を下す金剛武神の大迫力.....c0119160_2205869.jpgc0119160_2214537.jpg
  ....↑大魔神が「そんなの関係ねー!」やっているように見えるんですけど(笑)~オッパッピー


★「大魔神」

この映画(三部作)は大映が成し遂げた日本特撮映画の歴史に名を残す秀作と言えましょう。
大映の怪獣といえば「ガメラ」シリーズが有名ですがあまり感動を感じませんでした。(特撮技術や物語内容が子供ダマシっぽかった)。しかし「大魔神」シリーズは違います。本当に怖かった・・・。

カラー映画にもかかわらず、白黒映画の持つ陰翳とリアリティ・恐怖感がひしと漂っていたのです。日本の民話・伝説も取り入れた時代劇が背景となっており、民俗考証表現もしっかりしていました。
c0119160_1045429.jpg

そして、あの重厚で不気味なBGMの作曲者は誰かと調べてみたら何と「ゴジラ」BGMで有名な「伊福部昭」・・。なるほど、迫り来る恐怖を呷る「伊福部サウンド」は大映でも活躍していたのです。

リンク:「大魔神」ストーリー

c0119160_1152190.jpgc0119160_1154354.jpg
....自宅撮影につき不鮮明画像、ご容赦↑......「角川大映撮影所」を守る「大魔神像」雄姿2体↑...


愚かな圧制君主を成敗する魔神、埴輪から変化する「蒼白・憤怒表情」の物マネは皆の大流行り。
昭和41年、「ウルトラQ」「ウルトラマン」と同じ年にデビューした「大魔神」の登場は子供心に衝撃的でした。当時の「ゴジラシリーズ」はすでに子供向映画に堕落しており、大映「大魔神」は東宝に大鉄槌と喝を与えてくれた「職人的な特撮映画」だったと今でも崇め信じております。 (`ヘ´#)怒




★「ゴジラ」


「ゴジラ映画の堕落」を嘆いてしまいましたが、やはりゴジラが「シェー」をした昭和40年「怪獣大戦争」(悪役キングギドラにゴジラ・モスラ・ラドンが結集して宇宙で戦う物語)あたりから、東宝特撮映画に対してはシラケ感と虚しさを感じ始めていました。その後「ゴジラの息子」が登場し、ゴジラが火を吐きながら空中を飛ぶシーンなどはもう馬鹿馬鹿しくて見ていられません。溜息が出ました。

c0119160_1122408.jpg
...↑世田谷区砧「東宝スタジオ」前には迫力ある怖い「ゴジラ」が立ちはだる。アアアー!フォー!咆哮...


やはり第1作・昭和29年「ゴジラ」(世界に誇る日本特撮映画金字塔)を超えるものはありません。小生は製作時期には生まれていませんが、何回見ても素晴らしい恐怖感と感動が味わえます。
(製作:田中友幸、監督:本田猪四郎、特撮監督:円谷英二、音楽:伊福部昭の黄金のカルテット)
c0119160_1010176.jpg


原水爆実験が生んだ大怪獣、得体の知れぬ登場プロセス、伊福部音楽が奏でる独特の恐怖感、傷ついた多くの人たちが病院に運ばれていくパニック光景と祈りの姿、身を犠牲にして人々を救う芹沢博士の葛藤、博士を慕う娘の悲しき恋愛物語など、恐怖におののく人間たちのドラマがきめ細かく表現されています。モノクロ映像の陰翳がより一層のリアリティで迫ってくる大名作なのです。
そして放射能や環境破壊に対する強烈なアンチテーゼ・メッセージを送る映画でもありました。

              リンク:「昭和29年・第1作ゴジラ」ストーリー
c0119160_11273746.jpgc0119160_11275889.jpg
...第1作「ゴジラ」(自宅撮影で画像不鮮明・ご容赦)...東宝スタジオ近く、「仙川」の美しい桜並木...


東宝映画特撮物ではむしろあまり注目されなかったB級怪獣映画(ドゴラ、バラン、マタンゴ、フランケンシュタイン対バラゴン、サンダ対ガイラ等)の方が好きでした。ラドンやモスラのソロ初登場の映画も人間主役で印象深い内容です。そしてゴジラは常に悪役でなければなりません。アンギラス、キングコング、モスラと1対1で戦った頃の「怖いゴジラ」が小生の怪獣映画に燃える原点です。

        ラドン               モスラ           キングギドラvs三大怪獣
c0119160_10133343.jpgc0119160_10134595.jpgc0119160_10135872.jpg

    バラン       海底軍艦        ドゴラ     フランケンシュタイン対バラゴン サンダ対ガイラ
c0119160_22131335.jpgc0119160_22134142.jpgc0119160_2214676.jpgc0119160_22142119.jpgc0119160_2214487.gif
 

        ↓詳しく懐かしい怪獣映画を思い出したい方はこちらよりどうぞ!
           リンク:(懐かしい沢山の怪獣たちが見られるHPです!)


その怪獣たちを生み育ててくれた「東宝スタジオ」は、閑静な世田谷区高級住宅街の中にひっそりと佇んでいました。(でも最新鋭の未来的なスタジオで非常にいい感じ)
                            リンク:「東宝スタジオ」HP
c0119160_11383768.jpg
.....「ゴジラ」の左に見えるスタジオ壁面には、名作「七人の侍」(三船敏郎ら)のヒーロー達!.....

                              リンク:「青梅:昭和レトロの歩き旅」


★ふたたび「長沢浄水場」

c0119160_20572136.jpg
c0119160_11404662.jpg
           .....建築当時の浄水場↑(山田守建築事務所HP:掲載許可済).......


長沢浄水場施設の見学から多摩川を渡った途端にかなり横道へ外れてしまいましたが、今日はなかなか楽しい一日でした。(未取得の夏休み休暇残を有効に使うことができ大いに満足・・)
c0119160_21353894.gif

「山田守の建築美」、「水源・水路のお勉強」、「懐かしい怪獣映画への回想フラッシュバック」。
これらの3テーマには何の脈絡もないのですが、「長沢浄水場」が触媒となってくれていい機会を与えてもらいました。浄水場と同じ50歳を迎えるこの年に「懐かしい昭和少年時代の思い出」を引き出してもらい、感謝・感謝!  大変お世話になりました。ありがとう~! (##^0^)//" 
 
     
                                                       おわり

  by rollingwest | 2007-09-27 19:39 | レトロな風景 | Comments(16)