カテゴリ:海の風景( 4 )

 

<2010年5月3日>GW紀行②:万葉時代からの歴史街「高岡・伏木」を訪ねて


               ⇒GW紀行①:残雪の北陸名峰「笈ケ岳」から霊峰「白山」を望むより続く



★憧れの「雨晴海岸」へ

c0119160_10153623.jpg

「いつか実際にこの目で見てみたい!」・・と、過去からず~っと憧れ続けている光景があります。
海に浮かぶ北アルプス「立山連峰」↑の大屏風!この大絶景は富山県高岡の雨晴海岸や氷見市海岸から望むことができます。GWレポート②は、高岡の「雨晴海岸」や「伏木」を紹介いたしましょう。


  .....立山から雪解け水が流れ込む海は透明度が高い!親子連れがGW休日を楽しむ。......
c0119160_10172076.jpgc0119160_10335623.jpg

「笈ケ岳」から無事下山後、金沢駅で食山人氏・マツ氏と別れた小生は柏崎帰省に向かいますが、まだ午前中でタップリ時間は残されている・・。依然、素晴らしい快晴!「どこかに立ち寄って帰ろう・・」と思いを巡らせます。゙Ω!そうだ!「雨晴海岸」が近くじゃないか!こんなチャンスは滅多にないゾ~
c0119160_102624.gif

   .....憧れの「雨晴海岸」へ!だが念願の光景(海に浮かぶ立山連峰)は見られず残念・・.....
c0119160_10281225.jpg

金沢駅からJR氷見線に乗り、「雨晴駅」で下車するとすぐに風情ある浜に出ます。ついに来た~!
でも・・、あまりの暖かさで海上はすでに靄がかかり、お目当ての立山連峰は全く見えない・・・(悔)
残雪立山を望めるのは冬晴日、でも好条件日に合わせてこんな遠隔地には滅多に来れない。(泣)


   .....(左)雨晴し伝説の由来「義経岩」 (右)伏木港に勧進帳の義経・弁慶像が座する。......
c0119160_10395277.jpgc0119160_1040191.jpg

c0119160_1041821.jpg

雨晴しの由来名は、義経が奥州に落ちのびて当地に着いた時に不意な雨に見舞われ、弁慶が大岩を組んで祠を作り雨を凌いだ伝説に拠るとのこと。ここに義経岩として神社・祠が残っています。


   ......雨晴海岸からの雪の立山連峰(雨晴駅前の看板)この絶景の本物が見たかった~!......
c0119160_1048324.jpgc0119160_10483245.jpg



c0119160_10485540.jpg

折角来たのに、ついに憧れの絶景は見られなかった・・。皆様には雨晴駅入口脇にある看板写真にてご堪能あれ。海越しに3千m級の白い山々を間近に望む光景は世界でもこの海岸だけです。




★「気多神社」&「大伴神社」


      .......「気多神社は平安時代からの古社。「能登一宮」と敬われ社格が高い。.....
c0119160_10534769.jpg

「能登一宮」と呼ばれる羽咋市「気多(keta)大社」は一度訪れてみたいと思っていましたが、高岡にも「気多神社」があったので参拝。本殿は450年前・室町時代に再建された風格ある建物です。
c0119160_10553722.gif

        ......気多神社・境内は、鬱蒼とした大木に囲まれ神馬銅像も鎮座している。......
c0119160_10564686.jpgc0119160_10575032.jpg



c0119160_10582085.jpg

   .....(左)大伴家持を祀る「大伴神社」 (右)「気多神社の清泉」ミニ洞窟や竜ノ口から水がコンコン......
c0119160_1161642.jpg

c0119160_11104873.gif

c0119160_1163948.jpg


境内には万葉歌人「大伴家持」を顕彰した「大伴神社」があります。家持の史跡が存在する理由は奈良時代に高岡・伏木の地に「越中国府」が存在し、国守(県知事)として5年間赴任したからです。


      ......5月は筍・旬の季節!気多神社前の竹林には旨そうな「」が群生していた。.....c0119160_11263874.jpgc0119160_11271516.jpg








c0119160_11273925.jpgc0119160_1128246.jpg

    .....(左)裕福な家が多い金沢・富山の屋敷は実に広くて大きい。(右)花桃が真っ盛り!....
c0119160_1372951.jpg

c0119160_1374746.jpg

5月初め、北陸の春は今が旬!新緑や花桃、筍などが新たな生命力を漲らせています。心地よい日差しの中で、次は「大伴家持」に所縁ある寺社・史跡・資料館などを訪ねてみることにしました。




★「万葉集」に縁が深い高岡

             .....高岡駅前には、「大伴家持」の銅像があった。.....
c0119160_1319963.jpg
c0119160_13192687.jpg

高岡は「雨晴海岸」しか頭になかったので、駅前広場に降り立ち「大伴家持」銅像を見つけた時は何故だろうと思い観光パンフレットを調べたら、高岡は「万葉集」に縁が深いことを発見!目からウロコ!


  ....(左)気象資料館前には家持が住んだ「越中国守館跡」(右)今は朽ちた「越中国分寺跡」.....
c0119160_13252335.jpgc0119160_13315856.jpg
c0119160_1326641.jpg


先に述べた万葉時代の「越中国府」国守に赴任した「大伴家持」が住んだ屋敷跡や勤務地が、この高岡には残っていたのです。そして奈良文化をダイジェストした「高岡市万葉歴史館」もありました!


          .......「高岡市万葉歴史館」、ここが「大伴家持」ゆかりの地と初めて知った。.....
c0119160_13392250.jpgc0119160_1341421.gif








c0119160_1340330.jpg


中高時代に習った正倉院「鳥毛立女屏風」や遣唐使船模型も展示されており、家持が当地で詠んだ万葉歌も多く残されている!平城遷都1300年の節目の年にまさか北陸で奈良を学ぶとは・・!


      ......(左)「鳥毛立女屏風」(模擬図) (中)「遣唐使船」の模型 (右)「大伴家持」肖像.....
c0119160_13462918.jpgc0119160_13464681.jpgc0119160_13471755.jpg

伏木の高台には巨大寺院が悠然と聳えます。浄土真宗本願寺派の名刹「勝興寺」、戦国時代には加賀一向一揆拠点であり、近世は前田家と関係深い寺となり不動磐石な地位を築きました。


         ......(左)蓮如上人が開基した「勝興寺」唐門  (右)勝興寺の経堂.....
c0119160_13574534.jpgc0119160_13581735.jpg

c0119160_148832.gif

       .....「勝興寺・本堂」には七不思議(実をつけない銀杏や水が涸れない池等)が存在.....
c0119160_1455151.jpg

奈良時代、当寺境内には「越中国庁」があったとのこと。つまり大伴家持が毎朝出勤した場所だ~
当地で家持は5年滞在し優れた万葉歌が生まれました。七不思議と呼ばれるミステリー見所も沢山!


    .......天平の昔、勝興寺の境内が「越中国庁」の所在地、大伴家持は当地で勤務した。.....
c0119160_14102550.jpg

伏木の高台から再び海岸部(伏木駅・港周辺)に向かい、北前船で賑わった街風景を観に行こう!




★北前船で栄えた伏木の街


江戸時代、北前船貿易で栄えた伏木。近年は石油コンビナートや国際貿易港として賑わった港です。
嘗て産米輸送・石油油槽所等、環日本海圏の海上交易の重要地でしたが、今は昔の面影がない?


       .....伏木港は石油タンクや海上貨物輸送で賑わった。今はかつての面影はない。.....
c0119160_14164981.jpgc0119160_14172219.jpgc0119160_14173849.jpgc0119160_141871.jpg


c0119160_14153574.gif

c0119160_14182895.jpg

伏木高台には江戸時代からの回船問屋・旧宅が多く残っており、裕福な豪邸街並みが形成されています。その一つが「伏木北前船資料館」として公開されており、昔の伏木の繁栄を伝えています。


       .....「伏木北前船資料館」(江戸時代から回船問屋を営んだ秋元家の旧・邸宅).....
c0119160_15522471.jpg

  .....(左)「船屋半纏」「回船模型」が展示 (右)航海安全祈願で寺社奉納された「船絵馬」.....
c0119160_15535667.jpgc0119160_1605781.gif
c0119160_15545840.gif



c0119160_15553273.jpg

館内は北前船の航海用具や船主生活用具、船絵馬等が展示されており昔の繁栄が偲ばれます。建物の最上部には船の出入りが一望できる「望楼」が聳えている。狭い急階段を上がり、まるで抜け穴を通って秘密基地に行くよう感じ・・。「望楼」は二畳分程の狭い部屋で、街が一望できます。


         ....回船問屋の「望楼」はまるで秘密基地、船の航行を見張った小部屋.....
c0119160_1654077.jpg
c0119160_166272.jpg


      .......「伏木・けんか山祭り」は勇壮な祭り。昼は花山車、夜は提灯山車のぶつけ合い.....
c0119160_21335317.jpgc0119160_2126297.gif


c0119160_21265346.jpg

毎年5月15日は「けんか山」と呼ばれる勇壮な伏木・曳山祭りが行われます。山鹿流の出陣太鼓の囃子に合わせ、華やかな山車をぶつけ合う江戸時代からの伝統祭。港の男達は燃え上がる!




★伏木駅から、高岡市内の見所へ向かう


伏木駅周辺では殆ど人の姿を見かけませんでした。昔が活気に溢れた港町だけに駅前周辺・市街の雰囲気は寂しいものがあります。全国の地方都市における共通現象かもしれませんが・・。


         ......(左)JR氷見線「伏木駅」の外観とプラットフォーム(往年の活気はいずこへ).....
c0119160_21374542.jpg


c0119160_21381889.jpg


雨晴海岸からの立山連峰をこの目で見ることはできませんでしたが、高岡・伏木の地で万葉文化や格式高い寺社など見所がこんなにもあったとは!高岡市内もまだ見所が多く存在しています。


         ........雨晴海岸~高岡・伏木の見所MAP(クリックで拡大表示).......
c0119160_2141757.jpg

まだかなり時間があり5月の日は高い。折角ここまで来たのだから夕方まで徹底的に高岡を探索して柏崎帰省しよう。伏木駅から次は高岡駅に向かいます。雨晴海岸の絶景は次回のお楽しみ!


   .....いつか本物の光景を遠望してみたい!雨晴海岸に聳える「立山連峰」の大屏風!.......
c0119160_21424422.jpg



                                                       おわり



次回は、「GW紀行③:高岡歴史探訪(続編)&35年ぶりの米山登山」をお送りします。
c0119160_702944.jpgc0119160_22133242.jpg

  by rollingwest | 2010-06-02 00:00 | 海の風景 | Comments(36)

<2010年3月4~5日>八丈島レポート


★はじめに

c0119160_1083215.jpg

先日、取引先の一つである八丈島の販売店さんが移転新設オープンした際に、お祝い金持参で訪問する機会(離島の地熱・風力発電所の見学研修も兼ねる)に恵まれました。滅多に行ける場所ではないのでチト心も弾みました。誰?仕事のフリをして遊びに行ってるんじゃないかと疑ってる人は・・

c0119160_1094127.jpg
c0119160_1095961.jpg

伊豆七島」の呼び方をよく耳にしますが東京島嶼・伊豆諸島で本土寄りの有人島の総称らしい。具体的には大島・三宅島・神津島・新島・利島・御蔵島、そして八丈島が該当するとのこと。でも式根島・青ヶ島も有人島だしなア・・、yoku、wakaran。小笠原諸島も東京都だけど南方過ぎて別区分


    ........(左)伊豆諸島の交通路  (右)八丈島の地図(2つの火山から成層した)........
c0119160_10172942.gifc0119160_10181272.gif

c0119160_10182829.jpg

八丈島は伊豆諸島の中では人口が一番多く8,800人(因みに大島が僅差で8,700人)、JET機の航空路と東海汽船の航海路があります。面積は69k㎡、周囲は59kmで瓢箪の形をした島です。

c0119160_10264754.jpg
c0119160_10265867.jpg

瓢箪の地形構成は、「八丈富士」(端正な形)と「三原山」(活火山で大島も同名火山)の2火山から、ヒョッコリ・ジックリと成層された島です。海に噴出した溶岩が繋がり合い島の平地を形成したとのこと
まずは発電所レポート(研修ですから・・)を最初に、後程に島の自然・歴史、名産物などをご紹介~!




★意外と近い東京都の離島


過去、伊豆大島・三宅島・神津島も訪問したことがあり、東海汽船フェリーで相当の時間がかかった記憶が残っています。それらの島より遥か南部に位置する八丈島は遠き島のイメージがありました。
しかし羽田空港から八丈島には何と45分で到着するのだ!距離は遠いが、時間的には近い島!


             ........(左)羽田空港を飛び立つ  (右)窓から京浜工業地帯を俯瞰........
c0119160_10282040.jpg
c0119160_1028324.jpg


難点は不安定な航路条件・・。ガスに覆われやすい島の気象なので羽田を飛び立っても島に着陸できず飛行機が逆戻りすることが多々あるとのこと。1日3便しかない中、気象によって生活影響が大きい(人や物資の往来が頻繁に変わる)ので、島民は毎日ネットで空港ダイヤをチェックしています。


         .......「八丈島空港」に到着~! 末広がりの形・「八丈富士」の麓にあった。..........
c0119160_10302479.jpg
 
八丈島空港の背後に聳えるなだらかな円錐形山は有名な「八丈富士」。形は文字通り「」だ~!
空港を降り車に乗り換えて島移動!当然ですが、島の車は全て「品川ナンバープレート」でありました。

c0119160_10364281.gif
c0119160_10365363.jpg

新装オープンした販売店さんに向かう途中、八丈富士の麓を東から回りこんで行くと、海に浮かんだ「八丈小島」が見えてきました。烏帽子のごとく何とも形のいい島だ!この島にはかつて人が住み村が存在しましたが、昭和40年代に全島民が移住してしまって、それ以来無人島となったのこと。


           ........「八丈小島」は海に浮かぶ烏帽子岩のような威容を誇る。........
c0119160_10374423.jpg
あっ、八丈小島↑の方が「」の漢字体に近いかも~! (八郎のつぶやき・・)





★販売店さんへのお祝い持参&地熱・風力発電所の見学


リニューアル改装した販売店さんに到着。道路収用に伴う隣接代替地への移転ですが、敷地も拡がり立派な店舗になっていました。事前にお届けしていたお祝いの花(ラン)も綺麗に飾られています。改めて社長に御祝儀もお渡しし、今後のご商売発展を祈念しました。(宿題案件の方も解決処理)

c0119160_11394468.jpg
c0119160_113955100.jpg

午後は島内のもう一つの販売店さんの訪問を終えて、東電・八丈島地熱風力発電所の見学です。
代替エネルギー発電はCO2削減に向けた環境事業の一つですが、八丈島の発電方式は地熱・風力をベースとし火力発電がバッファー補完します。この連携をコンパクト・低コストで運転するモデルケース事業。

c0119160_11413321.gif
c0119160_11415623.jpg


地熱エネルギー源は、八丈島の活火山「三原山」の地下に存在する高温マグマで加熱された水蒸気でタービンを回して発電しています。島内に7つも温泉があるというのだから驚き!まさに火山島だ!
また島位置は台風の通り道でもあり強風に晒される場所。島民電力を賄うのは自然エネルギーです。


          ........地熱発電の仕組みを解説 (クリックすると拡大閲覧できます)..........c0119160_13462831.gif c0119160_1348975.jpg 


c0119160_1483891.jpg


火山国・日本は地熱発電もポテンシャルを有していますが、国立公園内での建設となり、生態系や自然環境保護、景観保全など解決すべき課題が多いとのこと。風力発電も台風対策や低周波健康被害等のネックもあり、新エネルギー導入といってもなかなか一筋縄では行かないようですね。




★八丈島の見所を紹介


先に紹介しましたが、八丈島は2つの火山から成層された溶岩島です。八丈富士はもう活動していませんが、富士火口には何と深い森林が存在している!こんな珍しい光景があるのかと驚き~!三原山周辺には数多くの滝や原生林が多く残されており、八丈島はまさに水と森の島なのです。

   .....(左)八丈富士・遠望 (中)八丈富士火口にある地下森林  (右)三原山にある大滝......c0119160_14172512.jpgc0119160_14175441.jpg
c0119160_14165413.jpg


その豊かな森林・渓谷風景がつくられている理由は、頻繁に来襲する台風や黒潮海流から発生する霧や雨からもたらされる豊富な水です。八丈島は日本で3番目に雨量多い場所なのだそうです。全国1番は屋久島と紀伊半島が競い、ともに巨木が林立し、渓流が多く存在する世界遺産の地。


        .......「南原千畳岩」に渦巻く太平洋・外海の怒涛(八丈小島は雲の中).........
c0119160_14403436.jpg

海に流れて冷え固まった溶岩は「南原千畳岩」という奇観も造り上げていました。千畳岩海岸は墨の様な真っ黒な岩壁が柱状節理状に残り、激しい波で侵食されていました。Zaza~n・Dodo~n!


            ...........千畳岩に押し寄せる波しぶき、遥か先には「奈古の鼻」..........
c0119160_14305049.jpgc0119160_1431775.gif


c0119160_1437417.jpg

 
八丈島の海は黒潮の流れに乗って様々な魚がやってきます。ムロアジ・カンパチ・イソマグロ・カツオなどの回遊魚や珍しい魚も見られ、まさにダイビングや釣をする人にとっては天国のような場所です。


       ..........岩場・海底棚などバリエーション溢れる海底地形、黒潮がもたらす魚の宝庫..........
c0119160_1456122.jpgc0119160_14562076.jpg


c0119160_1457275.gif




c0119160_14564827.gif
c0119160_14572071.gif


八丈島のキョン!」ガキデカ・こまわりくんが叫ぶ懐かしいフレーズを知る人はもう50前後の年配。キョンは鹿の一種で、きめ細いなめし皮が最高級品のセーム革になるそうです。野生化すると農作物を食い荒らすキョンは植物園内に僅かに飼育されているだけで今は殆ど目立たない存在です。


  .....(左)キョンに挟まれるこまわりくん (右)流罪された宇喜田秀家と豪姫(秀家正室)の像.....
c0119160_15194917.jpgc0119160_1520921.jpg
 
八丈島は漂流者・流人によって文化が築かれてきた島です。始皇帝時代には不老不死薬を求めた一行が遭難し千人もの人が漂着したとのこと。源頼朝の父・為朝や宇喜田秀家(関ケ原西軍側で敗れ、家康に八丈島へ流された)等の歴史上の人物達も失意の内に島の土を踏んだことでしょう。



 

★八丈島の名産品


伊豆諸島名産といえば筆頭は「くさや」。ウンチの様な臭いで小生も含めて苦手な人は多いですが、こよなく愛する酒飲みファンもまた多い。干物製造で同じ塩水を繰り返し使用して魚体微生物が発酵し独特の臭い「くさや液」ができたらしい。会社に土産で持って帰ったら酒飲み達が群がってきた・・


    ......(左)「くさや」(ムロアジやトビウオ)と「島唐辛子」 (右)「あした葉」&「あしたば蕎麦」.......
c0119160_15263513.jpgc0119160_15291975.jpgc0119160_15313389.jpgc0119160_15315016.jpg

島のもう一つの名産は「あしたば」(明日葉)。「葉を摘んでも明日には芽を出す」という生命力が強いセリ科植物で強壮・健康食品としても有名です。天ぷらやおひたしで食されますが、これを原料とした「あしたば蕎麦」も名産品。そして島唐辛子の辛さは半端じゃありません。ヒーヒー、涙が出るぞ~


       ........島の名店「あそこ寿司」、有名な政治家や芸能人も訪れる旨い鮨屋.......
c0119160_1542577.jpg

伊豆諸島の「島鮨」はネタがやや醤油がかった濃い色をしています。夕食は地元名店鮨屋に入り、新鮮な魚介・海産物を堪能!ここには多くの有名人が来店していました。「マイウ~」と目を細めるホンジャマカ石塚の写真もあるぞ。何とこの店には、あの小沢一郎(釣り好き)がお忍びでよく来るらしい。


     ........(左)「島鮨」(醤油色の漬けネタが特徴的)   (右)干し「岩海苔」のバター添え.........
c0119160_15453790.jpg
c0119160_15455529.jpg


八丈島の酒はやはり焼酎!鹿児島の芋焼酎づくりの人が漂着し本島の酒文化を形成したらしい。
アオチュウ(青ヶ島焼酎)は絶品の味!結構な量を飲んでしまいましたが、翌日は全く残りません。
店のご主人がマムシ焼酎もご披露。精力がつく酒ですが、悶絶したマムシの姿が生々しい~(震)


     ........(左)アオチュウ(青ヶ島焼酎) (中)島焼酎の名品の数々 (右)マムシ漬け焼酎.......
c0119160_1605016.jpgc0119160_161691.jpg
c0119160_1611823.jpg

 
亜熱帯性気候の植生はヤシ・シダ等が自生繁茂しますが、美しい南国の花の名産地でもあります。
八丈富士裾野ではハイビスカス・ストレリチア・フリージア・シンビジウム等の観葉植物が多く栽培されています。


    ...... (左)ストレリチア(極楽鳥花) 八丈の象徴花たち  (右)ブーゲンビリアフリージア........
c0119160_1783276.jpg 

c0119160_1792615.jpg

c0119160_179582.jpg




 
★八丈島よ、いざ・さらば


          .........翌朝は暖かい晴天日となった!ホテルから見る「奈古の鼻」.......
c0119160_1723333.jpg
 

初日は風が強く雨模様でしたが、一夜明けて快晴の青空、しかも初夏の様な暖かさとなりました。
懸念された飛行機も間違いなく羽田へ運航すると聞きホッと一安心。昨日巡回した2つの販売店さんに再度顔を出して激励とお別れの挨拶を済ませます。「南原千畳岩」を通過して八丈島空港へ。


    .....(左)車窓からの南国風景、ヤシの木道路  (右)空港前広場には極楽鳥花が咲く.....
c0119160_20245841.jpgc0119160_20253343.jpg

離島や山間部の人口減は全国共通の深刻な問題ですが、八丈島は意外と内地からの人が気に入って住み着く傾向が高い島だそうです。交通アクセスが比較的便利なことにあわせて、ダイビング・釣が趣味の人にとっては天国だし、豊富な植生に旨い魚、温泉も多く明るい雰囲気の島なのかも・・
 

  .......空港を飛び立ち帰京、「さらば!八丈島」!雲間からの島を望む........
c0119160_20282311.gif
c0119160_20284184.jpg

その昔は「鳥も通わぬ島」と謡われ遠い離島の代名詞の如く呼ばれた八丈島ですが、実際に訪ねてみると意外に近くて親しみがもてる東京都の島でありました。今回のような出張機会がなければ足を踏み入れることはなかったかも・・。「百聞は一見にしかず」、オイシイ出張にも感謝でゴザイマシタ~


                  .............大坂トンネル展望台から雲を被った「八丈小島」を望む.........
c0119160_20401990.jpg







c0119160_20404342.jpg


山や都会歩きばかりのRWですが、たまに離島の風情や南国景色に触れるのもいいもんだね~


                                                      おわり



次回は「早春の越後(2010)・蒲原平野:月岡温泉家族旅行」をお送りします。
c0119160_20441962.jpg

  by rollingwest | 2010-03-31 23:59 | 海の風景 | Comments(34)

<2009年3月15日>快晴・横浜!日本競馬発祥地&スカイウォーク・パノラマ

                       (09横浜記事:その2

★横浜の近代化産業遺産
c0119160_13103477.gif

皆様、「近代化産業遺産群33」なるものをご存知でしょうか?全国の産業近代化を支えた建造物・設備等の顕彰指定(07年・経産省認定)です。例えば横浜市では「赤レンガ倉庫」が「貿易立国の原点:横浜港発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」という分野で2年前に登録認定されました。


    ..... 今回「近代化産業遺産群・続33」に認定された「旧・根岸競馬場メインスタンド跡」......
c0119160_2185013.jpg

この認定に続き、本年2月に「同・遺産群 続33」が新たに追加認定(合計66部門)され、新項目「旧居留地を源として各地に普及した近代娯楽産業発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」で、横浜市の「山手公園」「横浜公園」「根岸森林公園」が加わることになったのです。(メデタシ~!)
                             「近代化産業遺産群 続33」(09年制定)

                              「近代化産業遺産群 33」(07年制定)


c0119160_21224122.gifc0119160_2123815.jpg
c0119160_21233569.gif


「根岸森林公園」の選出理由は「我国初の近代競馬場」(冒頭写真が当時の競馬場メインスタンド)が存在したこと。この威厳ある建物を一度見たいとかねてより思っていました。またこの高台はユーミンの歌に出てくる石油工場の見える場所!今日は絶好晴天だ!思わず外に飛び出しました。


      .....3月15日超快晴!べイブリッジ埠頭から望んだ「横浜みなとみらい」ビル群......c0119160_2115432.jpg






c0119160_21161627.jpg

自宅から車で高速道路(第三京浜経由~磯子方面)を走らせていくと、やがて大きな精留塔・タンクの装置群が見えてきました。本牧から根岸地区の横浜湾岸沿いにあるENEOS根岸製油所。ここは敷地の広さが東京ディズニーランド゙の何と5倍もある日本一規模が大きい石油精製工場です。


           .......高速道路から見える広大なENEOS根岸製油所......
c0119160_21282650.jpg





c0119160_21285067.gif

根岸駅から関内・伊勢崎町へ直接抜ける高台越しのルート途中に、「根岸森林公園」はあります。
車で急な坂道を上り詰めて行くと閑静な住宅街、やがて左手に公園の駐車場が見えてきました。




★石油工場を見渡せる根岸台からのパノラマ


       ......横浜根岸台から眼下に見える根岸製油所の風景 (工場フェチが喜びそう)......
c0119160_21554925.jpg

「根岸森林公園」がある高台には、「ユーミン」(荒井由美時代)の名曲「海を見ていた午後」に出てくる山手のカフェレストラン「ドルフィン」があります。やはりお洒落ですなあ・・。朝早いのでまだ営業していないからチョッと中を覗いてみよう・・。おお~、歌の通りテーブル・窓越しには製油所が見渡せる!


     ...... (左)ユーミンの歌で有名なレストラン「ドルフィン」 (右)「ドルフィン」からの窓風景......c0119160_21565888.jpg






c0119160_21571082.jpg
c0119160_21572617.jpg


「あなたを思い出す この店に来るたび 坂を上って今日も 一人来てしまった 山手のドルフィンは 静かなレストラン 晴れた午後には遠く 三浦岬もみえる~」  (プッ、ヤメテクレ~)・・ 誰っ?
c0119160_2251428.jpg

◇「海をを見ていた午後」~ ドルフィンへの道 ~(by 荒井由実)



今日は本当に素晴らしい快晴、空も海も青く澄み渡っている!工場の遥か彼方には陽光に輝く東京湾と千葉対岸まで見渡せる冬晴れのような日和となりました。ワクワクするパノラマ日の始まり~


       ......実に広大な根岸製油所、奥左遠くは本牧地区エリア、遠くに房総半島が見える。....c0119160_6213087.jpg




★根岸森林公園


根岸森林公園」は横浜市民の憩いの場。24時間いつでも無料入場できます。(駐車場は有料)
結構広い公園~!それもそのはず、ここは日本初の洋式競馬場ターフ(後述)、終戦時は接収されて米軍ゴルフ場として使用された場所だからです。(最近、ゴルフ・競馬は全くご無沙汰ですが・・)


                   ........朝の根岸森林公園をジョギングする人......
c0119160_9451730.jpg

公園内周遊路は、朝早くから学生や還暦過ぎの健康的なオジサンたちがジョギングをしています。
元気だね~!今日は気持ちいい快晴日なので、皆さん本当にいい汗をかいていることでしょう。


          ........池の前でじっと覗き込むアオサギ、まるで置物(水面に映る)のようだった!......c0119160_9481578.jpg
c0119160_9483336.jpg

綺麗な池には、青空や木々の緑が豊富な光の中で絵画の如く映りこんでいます。池を回り込んで坂を上がっていくと威厳ある欧米風の遺構建築が見えてきました。これこそが今日の目的地である「日本競馬の発祥地」、正式名称を「横濱競馬場 一等馬見所跡」といいます。貫禄があるね~


       ....... 旧・横濱競馬場のメインスタンド「一等馬見所跡」の雰囲気ある建築......
c0119160_1029100.jpg

ここは見晴しのいい芝生公園!小高い丘からは閑静な住宅街が広がり、その遥か向こうには「みなとみらい」のビル群が見える!やはりランドマークタワーはその名の通り目印となる摩天楼~!


      ....(左)春を待つ冠雪富士(beatiful~!). (右)高台からみなとみらいの遠景を望む......
c0119160_104098.jpgc0119160_1041339.jpg

芽吹きが近い木々はもう少し経てば眩しいばかりの新緑に輝くことでしょう。そして西に目を向ければ「冠雪富士」!一点の雲もない青空にクッキリと映えてしい白が鮮やかに浮かび上がっている!
もう花粉・黄砂の季節、こうやって雪の富士山が都会から見えるのもあと何回あるのかなあ・・・。




★日本競馬の発祥地:「横濱競馬場 一等馬見所跡」
c0119160_13115834.gif
日本競馬の発展史は横浜で幕末外国人居留者が娯楽施設として競馬場を開設したことに始まります。東京目黒にも競馬場がありましたが、東京・横浜2倶楽部はその後統合し、昭和12年「日本競馬会」として発足し発展の歴史へ。建物は米建築家モーガン設計の70年近い由緒ある遺構。


   .....(左)「一等馬見所跡」・クローズアップ (右)同:裏手芝生からの風景(ランドマークが遠望)......c0119160_10225550.jpg




c0119160_10231025.jpg
日本競馬の黎明期・発展の歴史、JRAの歴代名馬たちは、1年前に「府中競馬場」を訪ねた時の記事で紹介しています。小生が競馬に夢中になった頃の合言葉は「シンザンを超えろ!」・・・(古)
                     

           ......旧「横濱競馬場」戦前のレース風景。「一等馬見所」メインスタンドが鎮座......c0119160_1195182.jpg



c0119160_11105844.gif

                                府中競馬場を訊ねた時の記事(08年3月)

でも小生マイブーム時代には「シンザン」を超える馬はついに出ませんでした。「ハイセイコー」「トウショウボーイ」「テンポイント」・・、いずれも歴史的名馬ですが「五冠馬」にはなれなかった。シンザンを超えることができたのは「シンボリルドルフ」と「ディープインパクト」の2頭だけのような気がします。


   .....日本競馬史に燦然と輝く昭和の名馬 ①シンザン②テンポイント ③シンボリルドルフ....c0119160_11404345.jpgc0119160_11425145.jpgc0119160_11431188.jpg

「ディープインパクト」の引退(06年)以降、もう名馬の輩出はないかなと思っていたら、昨年は牝馬(Lady)が凄かった!昨年秋の「天皇賞は歴史に残る牝馬同士の名勝負(ウォッカvsダイワスカーレット)でした。しかも敗退のダイワスカーレットは「有馬記念」制覇の快挙!最近の女は恐ろしい。


  ......(左)↓ディープインパクト(S・ルドルフをも超えたとされる日本競馬史上の最強7冠馬)......c0119160_11451467.jpg
c0119160_11453352.jpg



c0119160_11454838.gif
   ......(右)08年秋「天皇賞」、名牝馬2頭の死闘は写真でも判定困難な名勝負だった。↑....


◇ユーチューブ視聴:「日本競馬 20世紀の名勝負」

さてさて今年の競馬クラシック戦線はどんな名馬を輩出し、感動のドラマを生むのでしょうか!?


c0119160_21531738.jpg

あっ、今日は横浜のレポートだった・・かなり脱線してしまった・・、   元に戻します~。c0119160_2119380.gifえ~と・・、え~と・・、桜・新緑はもう間近で、朝の光は輝いている。(sidoro modoro・・・汗)


         ......森林公園の散策路(木陰裏から緑を望む)、爽快な朝に散歩する人....
c0119160_21183877.jpg

素晴らしき「根岸森林公園」のパノラマや産業遺産を満喫した後は、再びゼロm地帯に下り、ベイブリッジ方面に向かいます。途中に「三渓園」「上海横浜友好園」もあるけれど、今回はパスします。
「三渓園」は花の綺麗な時期やライトアップ時にじっくり紹介してみたいと思ってるので乞うご期待。


            ......「三渓園」下にある「上海横浜友好園」 (チョットだけ立ち寄り)......
c0119160_21215669.jpg




c0119160_21221652.jpg





★ベイブリッジ「スカイウォーク」からの絶景パノラマ

                
根岸森林公園から鮮やかな冠雪富士」が顔を覗かせていた。これはチャンス!久しぶりに「スカイウォーク」を歩いてみよう!と思い立ちました。この絶景回廊が開設されて丁度20年を迎えます。
何か20年ってあっという間だねえ・・。小生もここに来るのは娘を連れてきて以来10年ぶりだな・・

                   
          ......大黒バースから仰ぎ見上げた「横浜ベイブリッジ」の雄姿......
c0119160_214219.jpg

スカイウォーク」は「横浜ベイブリッジ」高速道路に沿って真下を散歩できるビューストリート。「大黒PA」から入りましたがここは実に便利な場所。各方向の高速に向かえるし、車を置いて通用門から平場道路にも出ることができます。平場道路から数分歩いた所にパノラマ施設の入口があります。


     ......(左)橋梁の岸壁で釣りに興じる人 (右)階上から見るベイブリッジの奥行き風景......c0119160_21593110.jpg


c0119160_22283295.gif





c0119160_22271230.jpg

エレベーターを上がれば、高速道路の真下に沿うように歩行回廊が設けられており「スカイウォーク」に入った。Oh!今日は海の色が一段と青い!快晴空が映え鮮やかなblue seaに仕上げている!

        ....... 湾内にジェットフォイルが直進して来た!白波の航跡が鮮やか!......
c0119160_22401130.jpg


   ..... 大黒埠頭&JFE鶴見工場 (2月・川崎マリエンから見た裏側からの逆バージョン風景)......
c0119160_22413942.jpg


空中回廊からの展望はもう言葉も出ないッ!眼前の京浜工業地帯からは千葉房総半島が遠くに見える!右を見れば凪の湾に浮かぶ「みなとみらい」摩天楼群、そして青空に浮かぶ冠雪富士・・


 ..... 「みなとみらい」ビル群の背景に美しい富士山(これも日本でしか見られない絶景だ!)....
c0119160_21422298.jpg

真下の海は目に鮮やかな深緑色!赤い灯台の壁座には釣り人が休日を楽しんでいる。湾内を行き交う貨物船や遊覧船・JETフォイルの背後には、白波の直線トレイスが余韻を残してたなびいている。


 ....(左)とんがり赤灯台に水の乱反射、台座に釣人が数人 (右)橋梁下で2船がクロッシング!.....c0119160_21432129.jpg







c0119160_21433779.jpg

             ........一面の青に染まる横浜ベイは絵画の如く穏やかに・・.......
c0119160_21485534.jpg

こうやって見ると、海に浮ぶ「みなとみらい」摩天楼群は「ニューヨークのマンハッタン島」のようだ!
(アメリカに行ったこともないくせに・・笑⇒ Hawaii wa ittakotoaruzo!) まあそれは別として、ニューヨークに優るのは、背後に美しい日本一の富士山が見えることですね!こりゃ~、間違いない!


  .....森林公園全景と散歩人、飛び行く鳥とワンちゃんがお見合い.....c0119160_2272356.jpg






c0119160_819429.jpg

  (↑拡大してご覧下さい。→).....根岸製油所越しに東京湾と房総半島、春の光が眩く・・..... c0119160_21571786.jpg
c0119160_2217474.jpg
c0119160_22172417.gif
c0119160_22174466.jpg横浜はまだまだ魅力的な場所が沢山あります。おいおい紹介していきたいと思います。今後お楽しみに~!


                                                      おわり

                                「横浜開港150周年・前夜」
                                「開港150周年・新緑の横浜を歩く」(①前編)
                                「開港150周年・新緑の横浜を歩く」(②後編)

  by rollingwest | 2009-03-28 21:03 | 海の風景 | Comments(32)

<2009年3月3日>横浜開港150周年・前夜 (09横浜記事:その1)

c0119160_213207.jpg

★夜景「横浜みなとみらい」

先日横浜で飲む機会があり、20時半頃に一次会で終了。このまま真っ直ぐの帰宅も勿体無いので夜風に当たり、ホロ酔いオジサンはMM21(みなとみらい)をフラ~リ歩いてみることにしました。
横浜はかつて7年間連続で勤務したので結構思い入れがあります。横浜の夜、久しぶりだね~!

         .....ホロ酔い気分で「汽車道」の水上橋梁を渡れば、夜風・夜景が気持ちいい。......
c0119160_2153247.jpg

「汽車道」は明治期の臨港鉄道線と橋梁を利用して98年に整備されたプロムナード道です。運河上を横断しながら散策できるため、水辺越しに見るビル夜景が水面光に映えて非常にいい感じ!


   .....(左)刻々と色を変える「コスモ・クロック」(大観覧車) (右)「横浜ワールドポーターズ」の夜景......c0119160_2182875.jpg



c0119160_2194621.jpg

今年は横浜開港150周年の記念すべき年を迎えます。本格的イベント展開は6月ですが、GW近くから相当な盛り上がりを見せてくることでしょう。MM21もまさに未来都市に発展しました。
その礎となったのが89年横浜博覧会。カミサンと巡った日から丁度20年目か~、光陰矢の如し。

c0119160_21151136.jpg




★夜景「横浜レンガ倉庫」


赤レンガ倉庫は明治末期に横浜税関・貿易保税倉庫として建築され、新港埠頭発展に寄与してきましたが時代とともに取引量の減少で平成元年に廃止されました。その後、煉瓦倉庫保存活用が提唱され、06年に横浜観光・文化の象徴として舞台・展示ホール・商業施設等がオープンしています。


        .....09年3月:赤レンガ倉庫の夜景(開港記念の大イベントを前にして静まり返る).....c0119160_21305456.jpgc0119160_2129446.jpg



        ......02年に復活した赤レンガ倉庫は大正時代の貿易倉庫(07年4月撮影).....
c0119160_21352968.jpg
c0119160_22105314.gif



c0119160_21213892.jpg




c0119160_21355150.jpg


国内産業発展に貢献した建造物・設備等を顕彰する「近代化産業遺産」認定制度は07年度に33部門が制定、当然「赤レンガ倉庫」も選定されています。歴史と栄誉ある建物、風格あるね~!


      ......赤レンガ倉庫ライトアアップの向こうには、横浜ベイブリッジが青く輝く(09年3月)....
c0119160_2016529.jpgc0119160_2017796.jpg

現在はひっそりと静まり返るこの赤レンガ倉庫(小生も闇夜を徘徊する怪しいオジサン・・?)ですが、150周年事業では博覧会・イベントのメイン会場になる予定、大きな賑わいを見せることでしょう!
c0119160_20211166.jpg




★2年前GWに満喫した「横浜開港の道」

c0119160_20305489.jpg

2年前(07年4月)に、家族3人で「横浜開港の道」を散策しました。(ケガ入院から復帰、家族に罪滅ぼしで中華街ご馳走。) MM21~山下公園~中華街コースを辿りましたが、海岸沿いにショートカットされた遊歩道で気持ちいい路だなあと感心しました。(昔は迂回が必要、徒歩アクセスが便利に!)


 ....(左)「ランドマークタワー」夜景(09年3月) (右)「クイーンズタワー」「インターコンチ」を望む↓(07年4月)....
c0119160_2032989.jpg






c0119160_2032223.jpg

横浜博覧会開催時、展示館が並んだ風景とは一変しましたが、横浜美術館やマリタイムミュージアム、大観覧車コスモクロック(位置は移動)等は当時の面影のまま。その後は高層ビル林立の未来都市に・・
c0119160_20353638.jpg
c0119160_2035477.jpg



   ....(左)まだ朝早い「山下公園」は人も疎ら (右)GWの埠頭花壇  (いずれも07年4月)....
c0119160_20595028.jpg
c0119160_210998.jpg

でも地下鉄「横浜中華街駅」で直接行くよりは、「みなとみらい駅」or「桜木町駅」で降り「汽車道」「赤レンガ倉庫」経由で横浜税関「クイーン塔」脇を通り、「山下公園」に入ることをオススメしますね。歩くと結構な距離ですが、ベイ風景や歴史的建物を味わう散策は時間を忘れさせてくれます。


  .....(左)07年4月:大桟橋「氷川丸」(今は営業再開) (右)廃墟の様な港湾トタン小屋.....c0119160_2143233.jpg
c0119160_2145019.jpg

               .....山下公園(氷川丸前)の大道芸、皆に大受けする若者(07年4月).....c0119160_2174322.jpgc0119160_2175677.jpg

桟橋に係留されている「氷川丸」(大道芸・若者の背景の船)は、2年前に訪れた時点では営業を停止(船体修繕中)していましたが、08年4月から再び一般公開されています。(☆^▽^☆)


    .....07年4月:「中華街」にて (左)東側を司る「朝陽門」 (右)中華街のシンボル「関帝廟」 ....c0119160_21405185.jpg






c0119160_21412467.jpg

     ......07年4月:大桟橋からマリンルージュで海を渡り、横浜駅東口へ向かった。.....c0119160_2145135.jpg





 
c0119160_21441674.jpg




c0119160_21455587.jpg
 

中華街食事後は大桟橋から横浜駅東口までシャトル船(マリンルージュ)に乗って帰宅しました。
地下鉄経由よりは、海からベイブリッジやMM21ビル群を眺めながら戻る方がオススメですね!

                ⇒ 「横浜開港の道」散策の記事 (07年4月・ゴールデンウィーク)





★横浜開港150周年事業イベント

c0119160_19575065.jpg
横浜開港150周年では「開国博Y150」と称し博覧会が開催されます。MM地区「ベイサイドエリア」、山下山手の「マザーポートエリア」、旭区ズーラシア周辺「ヒルサイドエリア」の3会場で展開予定です。

c0119160_2021440.jpg

今回イベントの目玉は、フランスの大スペクタル劇団「ラ・マシン」(La Machine)の日本初上陸!
詳細内容はまだ未公開で秘密のベールに包まれていますが、アンコウや大グモの怪物や巨象のロボットが大迫力↓で動き回るようです。初めて見る光景で全国的に話題沸騰となることでしょう。


      .......フランスから来日する「ラ・マシン(La Machine)」の大スペクタル・ロボット.....
c0119160_2052360.jpgc0119160_2053969.jpgc0119160_11273490.jpg
c0119160_5565225.gifc0119160_20511263.gif
c0119160_2055837.jpg
c0119160_5574279.gif


山下公園前に聳える「横浜マリンタワー」(開港100周年で開業)はかつて横浜の象徴でしたが、平成に入るとMM21に押されて主役の座を奪われ、06年12月営業休止(来場客減少・不採算)となっていました。しかし今回150周年で装いを新たに復活し、再び人気SPOTとなることでしょう。


     ......(左)昔のマリンタワー(赤基調)      (右)開港150周年は銀色装飾で復活.....c0119160_20352512.jpgc0119160_2036393.gif
c0119160_20361959.jpg

タワー開業日は5月23日と決定!外装基調を銀色に変更(従来は赤)、展望台床部を一部ガラス張りにして地上90mから下を見渡せるよう改修にするとのこと。「世界一高い灯台」として認定された頃のタワーの高さが実感できるのだそうです。復活してよかった!めでたし~! (=^ー^)ノ彡




★おわりに

c0119160_20465570.jpg
c0119160_20474578.jpg

ペリーが来航して開国を迫られた時に、横浜村は100戸足らずの半農半漁の寒村だったそうです。その150年後には、こんな超未来都市に姿を変えているとは誰が想像したでしょう・・。(◎皿◎)!


    ...... 「みなみとみらいイルミネーション遠景」(あ~、歩いて酒も抜けてきた。そろそろ帰ろ・・).....
c0119160_20513199.jpg

ちなみに横浜市人口はどのくらいかな?・・と調べてみたら、365万人(09.2月現在)でした。これは
大阪市(264万人)より100万人多い、札幌市(185万人)のほぼ倍です。全国47都道府県中では第11位の茨城県(297万人)より上位!世界では、第一回W杯優勝国ウルグアイ(341万人)や中東のオマーン(300万人)クエート(234万人)をも上回ります。あらためてビックリだね~!

c0119160_2056358.jpg


今回は飲み会のあとフラ~と散策しただけですので、MM21周辺しか紹介できませんでした。
またジックリ歩いてみて横浜のいろいろな顔や歴史・文化などをレポートしてみたいと思います。

                      横浜市関連レポート記事:「金沢八景・称名寺ライトアップ」


    ......(左)「横浜みなとみらい」周辺地図 <クリックで拡大> (右)「開港の道」のルート図......
c0119160_21161920.gif
c0119160_21165635.gif

                                                       おわり

                                                            

<PS>:次回は横浜記事(その2)として、「旧・横濱競馬場跡」(根岸森林公園)と、「横浜ベイブリッジ・スカイウォーク」から見た大パノラマをお届けします。3月末頃の予定ですが、お楽しみに~!

c0119160_21201369.jpgc0119160_2121559.jpg


★★09年3月15日で観た快晴の横浜風景★★
 
c0119160_21213891.jpgc0119160_2121561.jpg


                    快晴・横浜!日本競馬発祥地&スカイウォーク・パノラマ

                    開港150周年・新緑の横浜を歩く(①前編)

                     開港150周年・新緑の横浜を歩く(②後編)

  by rollingwest | 2009-03-14 20:56 | 海の風景 | Comments(24)