<   2002年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

RW/洋楽コーナー:「My Favorite Songs」 (第15巻)

【My Favorite Songs】の過去紹介した記事一覧(INDEX)はコチラから

c0119160_4263387.jpg



★(100):エルトンジョン 「ホリディ・イン」  (1971年)   (2011.8.7公開)



c0119160_20492018.jpg3年前の夏にRW洋楽コーナー「My Favorite Songs」(第1回はアルスチュワート「イヤーオブザキャット」)をスタートさせてから今回で何とかようやく100回の節目を迎えることができました。当初記事をレビューしてみると結構あっさりとした文章ばかりでしたが、今ではダラダラした長文を欲深く書いてしまっているなあ・・と反省しきりでございます。洋楽ブロガーメイトの皆様からのコメントが増えるにしたがい完全なマニアック記事になってしまったRWですが、今も暖かくお付き合い頂き大変感謝いたしております。記念すべき100回目掲載は、小生を洋楽趣味に導いてくれたエルトンジョンの初期名盤「マッドマン」からの隠れた名曲「ホリディイン」といたしました。小生は「マッドマン」こそエルトンの最高傑作と評価しており、この名盤に収められている数々の名曲もあわせて紹介したいと思います。小学校高学年にビートルズの活躍やモンキーズのTV番組を見て、洋楽への興味はすでに心の中で醸成されていましたが(我々の世代は誰もが同じかな・・)、本格的にLPレコード(今や死後)を購入して洋楽に嵌ったのは1970年、エルトンジョンやS&Gが入門への誘い人でした。エルトンを初めて聴いて衝撃を受けた曲はやはり「イエスイッツミー」(第1巻:009)・・、「何と素晴らしい曲だ~」と感動に震え一挙に彼の虜となってしまいました。当時は清楚な雰囲気を漂わせたやや吟遊詩人風、「僕の歌は君の歌」「や「人生の壁」などを真摯かつ暗めに歌い上げている初期の姿が本当によかったなあ・・。その後は頭が禿げ上がって肥満化し、アヒルの被り物などでエキセントリックな姿(吟遊詩人⇒ギンギン奇人)に変化していくのを見て、それまでの彼に抱いていたイメージがガラガラと崩壊してしまい本当に悲しかった・・(苦笑) とはいえ、初期時代からのエルトンが当時鉄壁コンビだったバーニートーピンとホモで愛し合っていた仲と聞いていたので、すでに腰が引け始めていたのも事実なのですが・・。小生がエルトン最大名盤と崇める4枚目の作品「マッドマン」には有名なシングルヒット「可愛いダンサー」「リーヴォンの生涯」が収められていますが、やはり本名盤の最大特徴は全編にポール・バックスマスターの荘厳なるオーケストラアレンジが施されていることです。アルバムのテーマ曲「マッドマン」や、アメリカ大陸の先住民の悲劇を壮大に歌い上げた「インディアンサンセット」、この2曲はまさに本アルバムの最大の聴き所となっています。チェロ奏者のバックマスターが奏でる低音域かつ重厚なアレンジは、70年代初期のエルトン作品に残した 功績は大きく、彼の存在抜きでこの当時の作品を語ることはできません。ピアノと野性的なギターが交錯した「レイザーフェイス」も名曲、この頃の暗いイメージのエルトンは実に魅力的でしたね~!上記の掲載曲「ホリディイン」はバンジョーとストリングスとのコラボが素晴らしい佳曲、哀愁と爽快さを併せ持つ不思議な旋律で展開して行くのです。名盤「マッドマン」には捨て曲は一つもありません。エルトンが丁寧に作り上げた偉大なるコンセプトアルバムで有終の美を飾った哀愁バラード「グッドバイ」を聴いて頂き、節目の100回目を締めとしたいと思います。そしてRW洋楽コーナー「My Favorite Songs」はヨボヨボの爺々になるまで500回の節目を刻むまで頑張り続けて行きたいと考えておりますので今後もご愛顧の程よろしくお願いいたします!<(_ _)>

(PS):過去に紹介した「エルトンジョン」特集記事(2009.1.24)はコチラから



⇒迫力の姉妹ボーカルで一世を風靡した「ハート」の「バラクーダ」(1977) をお送りします。♪\(^◇^)/♪





★(099):クリストファー・クロス 「セイリング」 (1980年) (2014.7.24公開)


c0119160_20193382.jpg久しぶりに80年代AORアーティストをご紹介!RW洋楽コーナーもついに100回目の大台にリーチがかかり99回目記事を迎えました。ブログ洋楽仲間の某女史を真似して数字駄洒落でTOTOの名曲「99」を掲載しようかなとも思いましたが、アーティスト名の頭文字に引掛け「クリストファー・クロス」を取り上げることにしました。あっ、ドーデモいいことですみません。80年代初頭はまさにAORブームが華やかりし時代・・、社会人デビューしたての頃(新入社員配属地は北海道)にボズスキャッグス、ボビーコールドウェル、ランディーヴァンウォーマー、エアサプライ、その他デビッドフォスター系アーティストを夢中になってカセットテープに録音しまくり(当時は貸しレコード屋が百花繚乱)、カーオーディオBGMを流しながら北海道ドライブを楽しんでいたものです。(その後、小生はAORが皆同じようなサウンドに聞こえ食傷気味となりついに飽きてしまいましたが・・) 数々のAOR名盤の中でRWが最も嵌ったのはクリストファークロスの2名盤「南から来た男」と「アナザーページ」でした。当アルバムを中心にクリクロの名曲を前後編に分けて紹介したいと思います。彼の歌声を初めて聴いたのはデビュー盤「南から来た男」(フラミンゴのジャケットが印象的)からシングルカットされた「風立ちぬ」(Ride Like The Wind) ・・、今この題名を聞くと、松田聖子の歌や宮崎駿・映画の題名の方が完全に有名ですが実は「栗黒様」の方が先駆けでございました。吹きすさぶ風の音が冒頭に入るパターンはこの曲と、ピンクフロイド「吹けよ風呼べよ嵐」くらいしか小生は思いつかない・・。その次にリリースされた曲が冒頭に紹介した「セイリング」でした。真っ青なカリフォルニア海岸の波打ち際にいるような抒情的風景を彷彿させ、澄み渡った歌い上げる繊細な声の素晴らしさにRWは一挙虜に・・・!さらにヒットは続き、「もう二度と」(never be the same)や「セイ・ユール・ビー・マイン」などの名曲が世界を駆け巡り彼の名声はあっという間にトップを極めて行ったのです。「南から来た男」の制作参加メンバーは大物ばかり・・、ドンヘンリー(イーグルス)、マイケルマクドナルド(ドゥービーズ)、ジェイグレイドン、JDサウザーなどウエストコーストの重鎮達が名を連ねており、さすが彼らが関わっただけあって捨て曲は一つも無し!心に染みるメロディと個性的なハイトーンヴォイスに彩られた名曲は全てが素晴らしい名盤でした。「ライトイズオン」やマイケルマクドナルドとコラボした名曲「愛はまぼろし」も印象的!今の若い世代でも充分にアピールできる親しみ易さを持っていることがこの人の強みではないかと思います。デビュー盤「南から来た男」とシングル「セイリング」は1980年グラミー賞の5部門を独占、最優秀楽曲賞と最優秀新人賞の同時受賞はグラミー賞史上初の出来事という偉業を成し遂げています。翌年も活躍が続き、日本だけにシングルカットされた「マリー・アン」なんて曲もあったなあ・・。詩情的ロマンチックな澄み切ったハイテナーヴォイス、どんな美男子なのかな?と想像していたのですが、初めてそのルックス(頭が禿げ上がった中年太りのおっさん風)に接した時はまさに目がテン!洋楽史上で最も声とルックスにギャップがある双璧アーティストはわが洋楽の導き人「エルトンジョン」(被り物での肥満化以降)と「クリストファークロス」でした(涙)。皆様にも美しき声のイメージがガラガラと崩壊しないよう、今回のユーチューブは殆どイメージ映像だけにしておりますので悪しからず~!(苦笑)  前編のLAST締め曲は、やはり「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」を選択しました。スティーブゴードン監督・脚本の映画「ミスター・アーサー」の主題歌となった曲でこちらもアカデミー歌曲賞を受賞しています。(次回後編は「アナザーページ」からの名曲を中心に紹介予定)




★(098):ジムクロウチ 「アイガッタネーム」 (1973年) (2014.7.10公開)


c0119160_22515970.jpg今回紹介するジム・クロウチも今の若者には殆ど知られていないシンガーソングライターですが、我々70年代ロックフリークにとっては衝撃的な死を突然迎えた悲劇のヒーローとして今も心に深く残っているアーティストでした。上記掲載曲は1973映画「ラストアメリカンヒーロー」にフィーチャーされた70年代を代表する名曲、「アイガッタネーム」は日本の洋楽ファンの心を一挙に魅了してしまいました。センチメンタルかつメロディアスなボーカルから序盤が始まり、後半からは劇的な展開で一挙にクライマックスを迎えるような歌い方、構成・アレンジは実に秀逸!まさに日本人の琴線を擽った70年代の洋楽史に刻まれる名曲と言えましょう。そして今なお伝説として語り続けらている最大の所以は、1973年(彼が人気絶倒期に達していた時期)に飛行機事故で非業の死を迎えたことです。公演に向うためチャーターしたエアクラフトが木に接触、乗員6人が全員即死するという衝撃的なニュースが入ってきたのです。ジムクロウチは生前に僅か2枚のアルバムと4枚のシングルを出していただけでした。彼のヒット曲を初めて聴いたのは深夜ラジオ放送(アメリカンTOP40)から流れてきた「リロイブラウンは悪い奴」(1973)、何か泥臭いけどお茶目なオトボケ歌だなあと思いましたが、これが彼の初全米1位曲となり米国では彼の人気に一挙に火が点いたのです。「アイガッタネーム」があまりにも美しく洗練された名曲だったので、その路線の垢抜けたシンガーかなと思い込んでいたのですが、初期のヒット曲「ジムに手を出すな」(1972)や「オペレイター」(1972)を聞くと全く正反対のイメージが漂っていたので実に意外な印象を受けました。当時はジェームステイラーやキャロルキング等のシンガーソングライターブームでしたが、彼らとは一線を画すブルースやカントリーを基調とするプレイスタイル、素朴な語り口と大らかなオトボケ・お笑い調を醸し出し独特な雰囲気を持ってたのです。米国のブルーカラー層の市井の人々の日常や感情を冒頓に語るように歌っていた背景には、道路工事の仕事や教師など職を転々としながらジムの苦しい下積み生活にありました。薄暗いクラブで報われな日々を、カントリーやブルースを披露する生活の臭いは名曲「歌にたくして」(1973)や「ラヴァーズクロス」(1973)にも顕されているような気がします。そしてミュージシャンとしてついに苦労が報われて大ブレイクで成功を手にしたのは彼が29歳の時、そしてその翌年3rdアルバムのレコーディングも完了し、「アイガッタネーム」がチャート急上昇て正にこれからという時・・飛行機事故で二度と帰らぬ人となってしまった当時は30歳(栄光は僅か2年足らず)、まさに不運としか言い様がありません・・。1970年ロック発展期に伝説的なロックアーティストが次々と若くして非業の死を遂げました。1969年ブライアン・ジョーンズ、1970年ジミ・ヘンドリックス、1970年 ジャニス・ジョプリン、1971年ジム・モリソンいずれも名前にJがついていることから「Jの悲劇」という都市伝説で今も語り継がれています。1980年にはジョンレノン、ジョンボーナム(zepドラマー)というJが悲劇の死を迎えており、その中間期に悲劇のタスキを受け継いでしまったのがジムクロウチだったのかもしれません。亡くなった直後に全米NO1に輝いた追悼曲「タイムインアボトル」(1973)を聴きながら最後を締めたいと思います。ミュージシャン死後に全米No.1 曲は、ジャニスジョプリン以来の快挙・・。この歌詞は「もしも時間を瓶に詰めておけたら……」という歌詞はまるで自分の運命を予言していたかのようで実に悲しすぎます。あれから40年以上が経ちますが、彼が残した3枚のオリジナルアルバムは今でも輝きを失っておらず今でも多くの人を静かに魅了し続けています。




★(097):ユーライアヒープ 「7月の朝」 (1971年) (2014.6.25公開)


c0119160_21134242.jpg小生がロックに目覚めた1970年代初頭、夢中で聴いた英国プログレ・ハードロックの先駆けバンド「ユーライアヒープ」を紹介したいと思います。今の若者はそんなグループは知らないという人が殆どかと思いますが、レッドツェッペリンやディープパープルに次ぐハードロックのパイオニア的な英国バンドであり、当時衝撃的に登場したクイーンと並ぶ新進気鋭のバンドとして非常に高く評価しておりました。プログレ的・ヘヴィメタル的な要素が強いものの非常に聴きやすいサウンドが特徴であり、米国プログレハードへの伝導者として先鞭的な役割を果たしたの彼らではないかとRWは思っております。彼らの名曲の数々には「〇〇の魔法使い」「悪魔の〇〇」等やたらブラックサバス的なホラー調な題名が多く登場していた印象があるなあ・・。ユーライアヒープの結成は、1970年にミックボックス(G)が、デヴィットバイロン(Vo)とケンヘンズレー(Key,Vo,G)とが出会ったことから始まり、第2作目「ソールズベリー」(1971)あたりからだんだん評価が高まり、3作目「対自核・Look At Yourself」(1971)が世界的にも驚異的なセールスを記録し日本でもブレイク。「対自核鏡」は人間の目がついた独特のシルバージャケットが実に印象的でした。この1972名盤からは、畳みかけるように小気味のいいテクニシャンギターワークと美しいコーラス(オランダのフォーカス風)が印象的な名曲「tears in my eyes」や、ハードなギターワークと「aaa~」が印象的な絶叫コーラスの「ラブマシン」などが大好きでした。しかし彼らの音楽は非常に幅が広く、「What Should Be Done」のような叙情的な世界も随所に表現しておりこれがまた魅力的なのです。今回冒頭に紹介した「7月の朝」はユーライアピープファンのNO1の人気曲、序盤は静かな語り口調、そして彼ら独特のドラマティックかつプログレ的な展開を見せる壮大曲(終盤に延々と続く電子音のリフが実に印象的)は彼らの最高傑作と言っても間違いありません。名盤「対自核」では「7月の朝」と並ぶ小生のお気に入り曲「I Wanna Be Free」を最後に紹介して締めとしたい思います。ユーライアヒープの次回編は翌年の名盤「悪魔と魔法使い」(1972年)から数々の名曲を紹介する予定です。




★(096):ビリ―ジョエル 「イタリアンレストランで」 (1977年) (2014.6.13公開)


c0119160_22285151.jpgエルトンジョン、ベンフォールズ、ダニエルパウター等、過去記事でピアノアーティストを何人か紹介してきましたが、大御所「ビリー・ジョエル」を今まで一度も掲載しておらず大変失礼いたしました~!<(_ _)>。 エルトンジョンに次ぐ世界最高峰のピアノマン、1970年代後半から1990年代前半にかけてポップで親しみやすいメロディラインと、大都会に生活する人々を描いたメッセージ性の強い歌詞で次々にヒットを連発した「ビリー・ジョエル」の名曲の数々を3回に分けてようやくレポートいたしまする。初回はデビューから最大名盤「ストレンジャー」までの中心曲、第2回目は「ニューヨーク52番街」「グラスハウス」からのピックアップ、最終回は「イノセントマン」から1980年代終盤までのヒット曲を3部構成でお届けしましょう。小生がビリージョエルに興味を持ち始めたのは1977年、下宿のFEN ラジオから流れてきた「ムーヴィン・アウト」(小生の最大お気に入り曲)に出遭った時からです。サックスとコラボしたエネルギッシュな曲は実に衝撃的!大都会ニューヨークに生きる市民の生活と心情を逞しい躍動感とともに見事に歌い切っておりました。何故こんなにも印象的だったと言えばやはり中間部で発せられる「La・ca ca ca ca・・!」「ma ma ma ma・・!」の奇妙な連呼とバイクエンジン音とのフィナーレが脳裏に鋭く焼き付いていたんでしょうネ~!この曲は米国で大ヒットしたのですが、日本ではB面扱いで冷遇されていたことを後程知り大いに意外でした。日本ではバラード系曲の受けがいいですが、米国ではノリのいいロックンロール系がヒットしていく傾向があったようです。その後日本で大ブレイクしたのは、ご存知今回の主題盤「ストレンジャー」からの1stシングルカット「素顔のままで」(1977)でした。しっとりと歌われたビリーバラードの代表曲は、前妻エリザベスに捧げられたラヴソングでグラミー賞の最優秀曲賞に輝いています。直訳すれば「そのままの君でいてくれ」ですが、邦題「素顔のままで」は実に的確でセンスが感じられる命名だな・・とあらためて思います。そしてアルバム題名にもなっている「ストレンジャー」(1977)、哀愁漂う印象的なセンチメンタルメロディの口笛が静かに始まり、突然衝撃的なイントロが入りアップテンポな曲が展開されていきます。都会の孤独をかっこよく歌った一度で忘れられなくなるような彼の最大代表曲の一つです。懐かしきジェームスディーン出演のユーチューブ「若死にするのは善人だけ」(only the good die young)(1977)では特有のしゃがれ声が激しく高揚する軽快なロックンロールバージョン!全世界で1億枚以上のレコード・セールスを記録し、アメリカでのレコード総売上第6位のアーティストとなったビリージョエルですが、音楽人生のスタートは決して順風満帆という訳ではなかったようです。初期の代表曲「ピアノマン」(1973)は、彼がロスのピアノバーでピアノの弾き語りをしている時の失意の経験を元にして作られた曲だったとのこと。「ニューヨークの想い・NY物語」(1976)も夜景が似合うニューヨークの哀愁曲ではなく、ロスのピアノバー時代のことを歌っているらしいですが、よほど辛い思い出があるらしく彼はあまりそれを語ろうとしません。再び名盤「ストレンジャー」からの佳曲へと記事を戻しましょう・・。今回、メイン掲載した「イタリアンレストランで」 (1977)はシングルカットこそされませんでしたが小生の最大お気に入り曲(初期エルトンジョン的雰囲気も・・)です。名盤「ストレンジャー」の中で最もスケールが大きい優雅な曲としてビリーファンからの人気が高く、また本人自身も好んでステージ゙で取りあげています。冒頭部分は静かにシットリ歌い上げ、突然アップテンポの明るい曲に転調、ビートルズを意識したような壮大に展開していく連続構成曲はストリングスでのクライマックスを迎え、最後は再び美しいハーモニー(ピアノソロ・ボーカル&サックス)を奏でながら余韻を残しながら静かに閉じられていきます。第1回記事のフィナーレ曲は、日本人の琴線に触れる隠れた名曲「シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン」(1977)で締めることにいたしましょう。これも「素顔のままで」と同様に 彼のキャリアを支えた前夫人エリザベスへの愛の賛歌でした。まだまだビリージョエルのヒット曲は多くあり、次はどんな内容で紹介していきましょうか・・。第2回目は数年後になるかと思いますがお楽しみに~!

  by rollingwest | 2002-03-01 00:00 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(120)