<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

<2007年10月20-21日>秋田・岩手の名山を訪ねて(Fツアー復帰登山) 


★東北の山

東北大陸には実に多くの名山があります。

東北6県に存在する200名山をカウントしてみると31座(うち百名山が16座)にもなりました。
標高が高い山は意外と少なくて2千m以上の山は7座しかありませんが、豊かな植生・野生動物、湿原・池塘、大らかなパノラマ風景・温泉に恵まれ、これらの山々は実に飽きることがありません。

ネックといえば、やはり東北大陸はドデカくて遠くてアクセスが不便、なかなか手軽には行けない場所だということでしょうか。


 ...朝もや、秋田の田園風景(大曲IC付近)、東北の山を象徴する田んぼ旅情....
c0119160_2173572.jpg
東北北部(青森・秋田・岩手)はまだまだ手付かずの自然が多く残っており、ブナ大木などが多い原生林を有する深山が多い(世界遺産で有名な「白神山地」は青森・秋田県境)ことが特徴です。



★第1日目:「風雨の苦行登山」
<日本200名山・「和賀岳」(1.440m)>

東北地方を東西に分ける巨大な脊梁・「奥羽山脈」において火山に関係ない山は少数派ですが、今回訪れた2つの200名山はそれに該当し古い地層が隆起・侵食によって形成された山地です。
1日目に訪ねた「和賀岳」は秋田・岩手県境の壮年期山地で、「ブナ原生林がたくさん残る奥深いマタギの聖地」なのです。

 ...「和賀岳」甘露水コース登山口。真木渓谷全体を俯瞰するセンスいい看板.....
c0119160_2195351.jpg
金曜夜に東京を出発した夜行バスは雨の中。天気予報も雨天確実で半分あきらめムードで北進。しかし翌朝、登山口到着時は晴れ間が覗いています。
「何とラッキー!やはり我々は日頃の行いがよいのだ・・・。」と一瞬錯覚させてくれました。


しかし登り始め徐々に標高を上げていくとともにその願いは虚しくやはり雨が降り出してきました。すでに晩秋。緯度・標高が高い東北山地の雨は冷たく、いよいよ修行登山のスタートです。


 ...晴れてこんな風景↓が見えると期待したが残念!雨にたたられてしまった。...
c0119160_2110393.jpgc0119160_21105254.jpg
今年は8月が史上最高猛暑、9月も残暑も厳しかったため全国的に紅葉は大幅に遅れています。
通常この時期の東北北部はモミジも終わり枯葉が目立っているはずですが、今回丁度色付きのいい見ごろを迎えていました。しかし紅葉の美は光と青空がないとその彩りは全く映えないのです。


      ......紅葉の色づきも申し分なかったが・・・、実に惜しい。「もっと光を!」.....c0119160_2112052.jpgc0119160_21121878.jpg
薬師岳を過ぎると広々とした草原が出現。ここは夏に高山植物が咲き誇る「お花畑」なのですが、今の状況は極楽浄土と対極。冷たく厳しい風雨に向う我々はまさに「野晒し修行僧」状態でした。
さらにクマザサが生え放題の登山道では、覆い被さる葉の雨露がさらに身をグッショリと濡らして体を冷やしてくれます。  (T_T)「たまには地獄もいいもんだ~!」ヤケクソ・・(笑)


          .....稜線に出ると強い風と冷たい雨に悩まされた。(苦行の行進)...
c0119160_21364530.jpg

      .....風雨に晒される広い枯草高原にもあちらこちらに秋の風情が見られる。.....c0119160_2159582.jpgc0119160_21594282.jpg



秋田・岩手の山奥は世界に名だたる豪雪地帯。「和賀岳」周辺もブナやミズナラ等の巨木が沢山生えています。この母なる森が豊富な生命を育み、熊が多いマタギの里となっているのでしょう。

     .....さすが秋田の深山・豪雪地帯、ブナの巨木があちこちに聳えていた。.....c0119160_2142277.jpgc0119160_21425156.jpg
 ...広葉樹林はいい紅葉だったが紺碧の空があればもっと感動できたのに!....c0119160_2144879.jpgc0119160_21442227.jpg
「食山人さん」の生まれはこの近く「和賀仙人」という場所なのだそうです。なるほど、毎週のように幾多の山をハンティングするその姿を見れば「狩人マタギ」の血が流れているのかもしれません。
それとも「お酒の仙人」の方でしょうか?どちらにしても私には違和感がありません。


和賀岳山行はかなりの時間を要し下山時はもう闇が迫っており、まさに「秋の夕日は釣瓶落とし」。



★海の幸満載!男鹿半島の民宿「夕なぎ」

男鹿の民宿「夕なぎ」はFツアー東北遠征時の御用達宿。絶品料理が大人気、今回で3回目です。
念願の宿湯に浸かって、氷雨に濡れた体はようやくポカポカと生き返りました。
これからは本日のメインイベント「豪華な海の幸三昧」の時を迎えます。

.....男鹿半島.民宿「夕なぎ」での新鮮な海の幸、ヒラマサの刺身は今にも動き出しそう!.....c0119160_21515410.jpgc0119160_2152125.jpg

タイやヒラマサの舞踊り、しょっつる汁に秋田の美酒。瑞々しい「あきたこまち」の新米御飯。
地獄を経験した後の極楽境地は余計に素晴らしい~!心地よい酒悦は瞬く間に体中を駆け巡り、自分の記憶は遠のいてあっという間にコロンと昇天してしまいました。

     ....鯛の船盛りは実に豪華で感動的! 右は秋田名物の「しょっつる」.....c0119160_21534020.jpgc0119160_21535243.jpg




★第2日目:「焦らされ続けても、最後は女神の慈悲」
<日本200名山・「姫神山」(1.124m)>

  *2日目はカメラを一時的に紛失してしまい、以下の写真は食山人さんに提供頂きました。


荒れ狂う怒涛の日本海。バスは秋田男鹿から東北大陸を横断し一路岩手に向かうものの、今日もずっと天候不安定状態が続きます。(空には何度も綺麗な虹が見えるのですが・・・)
「冷たい雨での行軍・二の舞はもう勘弁」、「姫神山」を中止して温泉極楽コースを選択するのか、登るのか、皆は最後の最後まで悩みまくります。


....「夕なぎ」さん↓大変お世話になりました。日本海・男鹿半島の磯に押し寄せる荒波怒涛.....c0119160_2233920.jpgc0119160_223528.jpg


強風・曇り・局地的な雨、でも時折青空と太陽が覗き、「姫神山」はさんざんと迷わせてくれました。
我々の男心は弄ばれ、焦らし続けられ、その名の通り最後まで気をもたせてくれる罪な女性です。
登山口に着き決断!曇りだが頂上は見えている。ここまで来た以上、行くっきゃない。いざ頂上へ!


    ....↓登り道で遭遇した「一本杉」、さすが貫禄ある名木だ!....c0119160_6103562.jpgc0119160_221253.jpg

   ....「姫神山」の登り道は快適。天候は不安定だったが虹が1日で10回近くも見えた。....c0119160_2212298.jpgc0119160_6141454.jpg


ようやく頂上!そこは素晴らしいパノラマ!さすが女神様・・・、最後は優しく受け容れてくれました。風は強かったのですが、最後にいい景色に恵まれた喜びに浸ります。最後まで「姫神山」の登山に拘り続けたM子様・・、ありがとう!女神は実は貴方だ~!


      ....「姫神山」の山頂は花崗岩の露岩群、頂上風景は名前とは逆に男性的.....
c0119160_2216224.jpg


北上川を挟んで眼前には、日本百名山「岩手山」(2,038m)の男性的な勇姿が迫っていました。
均整優雅な「姫神山」と男神「岩手山」は、昔は夫婦だったそうです。昔は・・。(つまりバツイチ)

          ...目の前には、冠雪の「岩手山」の雄大な風景.....
c0119160_22165743.jpg


当地の伝説によると夫婦の間に割り入ってきたのがもう一つの日本百名山「早池峰山」(1,917m)、
この浮気に対して「岩手山」はついに激怒、噴火爆発して大荒れとなったとのことです。

それ以来「姫神山」と「岩手山」が晴れれば「早池峰山」は曇ってしまい、「姫神山」「早池峰山」が晴れると「岩手山」は曇るというビミョーな三角関係になってしまいました。
   (神様とは思えないあまりにも人間的な愛憎劇・・)
なるほど「岩手山」が見えた当日は「早池峰山」の方はガスに覆われて全く見えませんでした。

           ...一本杉キャンプ場へ下る時の岩手山パノラマ.....
c0119160_22173824.jpg


帰りの高速道路も懸念したほどの大渋滞にはならず22時過ぎに帰宅できましたが、バスの乗車時間は9時間近く。やはり東北大陸は本当にデカイ・・!
  (特に岩手県が広くて長い。宮城・福島両県は後半戦という感じです。)

でもその車中は腹がよじれる程に爆笑しながらの9時間、そんな長丁場を全く退屈せずに本当に楽しいバスの旅でした。
(山を歩いている時間より、酒飲んで大笑いした時間の方が断然長くて濃密だったなのですから)


...「酒仙」と化した「喜悦の和賀仙人」:食山人さん。姫神山をあとにして楽しい爆笑帰京バス....c0119160_22184093.jpgc0119160_22185426.jpg


皆さんの酒量、食と趣味へのこだわり・辛らつジョークの突っ込みと大ボケ、長い人生経験で培った人間の深み、さらに新しいことに挑戦していこうとする意欲、本当にスゴイ!全くかないません。
団塊世代の先輩皆様方の「中高年パワー」には最後まで圧倒され続け改めて敬服した次第です。

                                                    おわり

  by rollingwest | 2007-10-21 21:04 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(12)

<2007年10月7日> 復活登山:「秀麗富嶽十二景」(その1)「雁ケ原摺山」「姥子山」:(前編)

★旧:五百円札の富士風景で有名な山を訪ねて(第1番「雁ケ原摺山」「姥子山」

ようやく9ヶ月ぶりに登山復帰いたしました。
今年1月の富士山パノラマ登山(Fツアー:御坂十二ケ岳)以来のこと。
腰骨破砕事故遭遇にもかかわらず、またこのように健康体で山に登れるとは実に幸せなことです。

今回復活登山に選んだのは「秀麗富嶽十二景」の「雁ヶ原摺山」(がんがはらすりやま:1,857m)、
ここは懐かしき旧五百円札(岩倉具視)裏デザインに採用された富士風景で有名な山なのです。
そしてそこに連なる「姥子山」(うばこやま:1,503m)、この2つが「秀麗富嶽」第1番であります。


         ......↓クリックすると拡大地図を見ることができます。........
c0119160_18515964.gif
...「秀麗富嶽十二景」の山々を紹介。「大月郷土資料館」HP(掲載許可済)....
               リンク:「秀麗富嶽十二景写真デジタルミュージアム」


先日の「大月探訪」で「秀麗富嶽十二景」の存在を知り、これから毎年2~3座ペースでこれらの山々を少しずつ登り、四季おりおり富士山の秀麗美を楽しんでいこうと思います。(⌒∇⌒)ノ"


★雁ケ原摺山

折りしも昨日(10月6日)は富士山が平年より5日遅い初冠雪の姿を見せました。
c0119160_18563059.jpg
...史上最高の猛暑も今は懐かしい。「富士初冠雪」の便りが入りいよいよ本格的な秋...


「綺麗な富士が見えるぞ!駐車場登山口から1時間の歩きだから、楽勝々々、大丈夫!」とあまり気乗りしていなかったカミサンを言いくるめて強制連行。
朝7時過ぎ「大峠」駐車場(大月ICから510号線を北上)に到着してゆっくりと登山開始しました。

c0119160_1934325.jpgc0119160_1941129.jpg
.....今年の紅葉は非常に遅い・・・。まだ緑色のブナ道は何か初夏の季節かと錯覚してしまう。....c0119160_2131766.jpgc0119160_21313592.jpg
.....風情ある山道を登っていく。苔がびっしり生えている岩(右の上下)が出現!実にいい山.....
c0119160_21325879.jpg


足慣らし・腰慣らしのトレーニングでしたが、歩きは実に快調。9ヶ月のブランクは全く感じません。
1時間程登れば早くも頂上近くのビューポイントに到着、何人かのカメラマンが待機していました。
しかし富士山は見えるものの、立ち込めた雲の上に頭がチョコンと見えるだけ・・・。

c0119160_2016378.jpgc0119160_20165874.jpg
.......晴天で富士山は見えたもののガスに覆われ「五百円札デザイン」のパノラマは見えず....


快晴予報は結局ガスの多い日になってしまいチョビハズレ~、クッキリ乾いた紺碧の空でなかったため待望の「五百円札富士風景」↓を残念ながら味わうことができませんでした。→(T_T)
c0119160_20491122.jpg
..... 「秀麗富嶽」写真コンテスト2006優秀作品、本当はこんな風景が見えるはずだったのに~(涙).......


★姥子山

「ここでもう駐車場にすぐ帰ってしまうのはあまりにも惜しい・・。」
「ここまで来たんだから、素晴らしい富士がまだ見えるかもしれないし、姥子山まで行こう!」
・・と長い歩きに気乗りしないカミサンを説得します。(実は初めから計画的犯行)→(`∇´ )


c0119160_20512663.jpgc0119160_20514525.jpgc0119160_20571783.jpg
.....まだ高山植物が綺麗!(左)ミヤマトリカブト、(中)ミヤマママコナ、(右)ヤマホタルブクロ.......


しかし「姥子山」への往復は結構きつかった・・・。→゜゜(´□`。)°
(厳密には姥子山へは下り、ピストンで戻るときが登り。とにかく登り戻りの道が長く感じました。)

c0119160_21154819.jpgc0119160_21171042.jpg
....似ているが全く花が違う。(左)フジアザミ、(右)タムラソウ(菊の仲間)、虫が気持ちよさげ......
c0119160_2137245.jpgc0119160_21375554.jpg
          .....ミヤマトリカブトの花をクロ~ズアップ!.......


姥子山頂上からもついに「富士山」のお姿は拝めず、下山してみたら結果的に5時間半の行程になってしまっていました。「こんなに歩かされて、騙された・・。」とブーイングのカミサン。→(`×´)
でも登った時の開放感は、尖突なピークがある「姥子山」の方が断然よかったですね。→ヽ(゜◇゜ ) 
そして花とキノコ発見に夢中だったのは彼女の方でしたので、むしろ感謝してもらいたいもんです。


c0119160_21443359.jpgc0119160_21445085.jpg    

...「姥子山」頂上見晴しは開放感あり。快晴だったらこんな絶景が見えるはずだったのに。....


今回の「復活登山」は期待した程のパ゚ノラマには恵まれずちょっと残念でしたが、道のり途中での「みちくさ」が実に楽しかった!  季節は過ぎているのに綺麗な高山植物が結構残っていました。
そして何となんとキノコが30種類以上見つけられたのです。「キノコ狩りしながら逍遥」~これこそ、秋の山の醍醐味ですね。 →傘\(@^▽^@)ノ傘   キノコの詳細は後半で写真紹介しましょう。



帰りは藤野ICの近く「東尾垂の湯」(藤野温泉病院の隣)で汗を流しました。
温泉治療「リハビリ施設の100%かけ流しの湯」でお肌ツルツル・本物感!効能がありそう。
ちょっと入場料が高く感じたけれど、実にいいお湯でした。
c0119160_21485011.jpg


温泉から上がったあとは勝手にビール飲んでいい気持ちになり、私は後部座席でホロ酔い爆睡。
急遽運転させられることになったカミサンからはまたブーイングをいただきました。(笑) スマソ  
でも連休にもかかわらず帰りの中央高速はスイスイ、やはり早立ち・早帰りが鉄則ですね。


「秀麗富嶽十二景」、今回初めて第1座を踏破したことを契機にこれから順番に登っていこう。
また新たな楽しみが増えました。

                                               (後半に続く)

  by rollingwest | 2007-10-07 17:36 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(13)

<2007年10月7日> 復活登山:「秀麗富嶽十二景」(その1)「雁ケ原摺山」「姥子山」:(後編)

(前半より続く)

★キノコ満載の山

いや~、びっくりしました。さすが10月の山、キノコのオンパレードでした。
木々の紅葉は全く早かったのですが、地面では色とりどりのカラフルな傘が沢山開いています。

とりあえず図鑑を開いて名前を調べてみましたが、聞いたことのないものが殆どです。
どれが毒キノコか、食べられるものなのかさっぱりわかりません。
 
(専門家の方にも名前を確認してもらい、なんとか種別判明ができました。)


(左)↓カワリハツ(食用:辛味やクセがなく煮こむとダシがでるのでおでんや煮物に適す)c0119160_1730179.jpgc0119160_1730367.jpg
(右)ツバフウセンタケ(食用:白樺林によく生える。ひだは淡い薄茶色からのちに褐色に変化)↑ 



シロハツ(左・右)↓(食用:スライスで胡椒かける。しかし肉はボソボソしていて口あたりは悪い。)c0119160_17373698.jpgc0119160_17375855.jpg

             
  
(左)アミタケ↓(食用:ぬめりが味噌汁に合う)  (右)キンチャヤマイグチ(↓食用:炒め物が美味)c0119160_17414873.jpgc0119160_17421112.jpg

 
          
ベニヤマタケ(左・右)↓(食用:完全に毒キノコかと思ったら、なんと食える!酢の物・すまし汁用)c0119160_17434954.jpgc0119160_17441111.jpg


         
↓(左)クチベニタケ(不食:胞子排口がちょこんとした口紅に見える、世界的には稀種らしい)c0119160_17462240.jpgc0119160_17464815.jpgc0119160_1747370.jpg
  (中・右)ホコリタケ(食用:別名キツネノチャブクロ↑、老菌はつぶすと胞子が煙のように出る) 



 ↓(左)カバイロツルタケ(食用:中華風に炒めてアンカケにすると美味しい)c0119160_17514287.jpgc0119160_17515926.jpgc0119160_17525163.jpg 
             ドクツルタケ(左:成菌、右:幼菌)↑(猛毒:食べたら間違いなく死ぬ) 

  
          
↓(左)ヤマイグチ(食用:白樺林に多い。炒めて食す)、シメジモドキ(右)↓(食用:別名ハルシメジ)c0119160_17583578.jpgc0119160_1758547.jpg

         
     
↓(左)ドクベニタケ(毒:強烈な苦味)   (中)↓アカチシオダケ(不食:傷付けると赤い液が出る)c0119160_1805069.jpgc0119160_1814970.jpgc0119160_182778.jpg
    (右)コテングタケモドキ(毒:柄にツバがあり、根元に袋状のつぼがあるのが特徴)↑



↓(左)ヌメリイグチ(食用:ぬめりあり・ナメコ汁に似て人気あり) (右上)ニガクリタケ↓(猛毒)c0119160_1812855.jpgc0119160_18214963.jpgc0119160_18221647.jpg
     エセオリミキ(中)(食用:味噌汁用)↑  クヌギタケ(右下)↑(食用:エノキダケと同じ調理)



クリタケ(全部)↓(食用:切株・木の根元に重なり合い群生。コクのあるダシが出て鍋物に合う)c0119160_18362842.jpgc0119160_18364143.jpgc0119160_1836558.jpg 
 
   
      
ベッコウダケ(左)↓(サルノコシカケの一種、根株に寄生して腐朽させてしまう。果樹園被害も)c0119160_18414768.jpgc0119160_18421682.jpgc0119160_18434855.jpg
(中) ヤマイグチ(食用:饅頭の傘が特徴)↑、(右)ベニハナイグチ↑(食用:肉締り歯切れ良く美味)



カニノツメ(左)↓(不食:まさに地面に生えた蟹爪みたい。粘液があり糞のような臭い)c0119160_18481821.jpgc0119160_18485948.jpgc0119160_18491432.jpg
  タマゴタケ(左:成菌、右:幼菌)↑(食用:派手な色・毒キノコと思ったが食べられるとは意外!)

      

(左)↓ヒイロベニヒダダケ、(中)チシオタケ↓(いずれも不食:広葉樹腐朽木に生える)c0119160_18545519.jpgc0119160_18551180.jpgc0119160_18552585.jpg
            (右) イタチタケ(食用:頼りなげ繊細な美しさがある。炒め物に適する)↑



さすがキノコは奥が深そう。シロウトが勝手に判断するとロクな目に遭わないでしょう。
でも9ケ月ぶりの復活登山は、秋の風情を十分に味合わせてもらいました。

「ローリングウエスト山紀行2007」も長い間ブランクでしたが、ようやく記事が埋まりました。
今年中にあと2~3の登山レポートを載せたいと思っております。
                                                   (おわり)

  by rollingwest | 2007-10-07 16:25 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(6)