<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

<2007年11月25日>「秀麗富嶽十二景」(その2):百蔵山(紅葉リベンジ)

★秀麗富嶽十二景・第7番」(百蔵山)

c0119160_15212474.jpgc0119160_15215075.gif
       ....↑両脇の写真・地図をクリックするとが拡大表示されます。↑......


     ....下記HPからは、↓富嶽十二景個々の山からの美しい富士が望めます。..
             リンク:HP「秀麗富嶽十二景写真デジタルミュージアム」



山に復帰して以来、天候に恵まれず、素晴らしい紅葉や山の展望を味わえなかったこの秋。
こうなったら、天候連敗続きジンクスとモヤモヤしていた気分を強制的に断ち切ってやろう!
前日の天気予報を確認したら、11月25日は快晴予報(^O^)!です。こりゃ~行くっきゃないね~!

c0119160_15225026.jpg
     ...当日は.雲ひとつない快晴!青空に映える素晴らしい紅葉と富士山だった!.....


「今回はビール飲まない・運転する」と誓って、またもカミサンを連れ出して家を5時30分に出発。
めざす山は「秀麗富嶽十二景」の第7番「百蔵山」(1,003m)。
10月「雁ゲ原摺山」に続き、今回も「美しい富士山のパノラマ」へのトライ。そして「紅葉のリベンジ」


c0119160_1530423.jpg
    ....「百蔵山」のシルエット、朝の光に輝く中央高速を越えると登山口は近い.....


天気予報はバッチリと当り、雲ひとつない一面の青空!ついに待ちに待ったシチュエーション。
中央高速大月ICを降りて朝7時過ぎに登山口に到着。気持ちのいい山道をゆっくり登り始めます。


              ....↓クリックすると写真が拡大表示されます。....
c0119160_15443279.jpgc0119160_15444999.jpg
  ...(左)真赤なクサギの実と広葉樹... (右)マムシソウ、鮮かだけどやや毒々しく不気味な実...



心地いい風がそよぐ山道には、秋の美しい紅葉や真赤な実が目に飛び込んできます。
その色の鮮やかさは、日光と青空のコントラストがあってこそ一層映えます。
錦秋の美しさ」を楽しむためには、「光」・・・これこそが絶対不可欠な必要条件といえましょう。


c0119160_15562122.jpgc0119160_1556401.jpg
  ....青空と光があればこそ、紅葉の美しさが一段と浮き上がりその感動は増す。....


晩秋の陽だまりの中をゆっくり登っていきますが、早朝なので誰とも交錯せず静かな山歩きの路。
1時間半、頂上に余裕でゴールイン。なだらかな山容を象徴するように頂上も広々とした公園のよう。


c0119160_1558437.jpgc0119160_15582662.jpg
    ...(左)気持ちいい登山道、誰にも合わない.... (右)頂上に到着、見晴らしのいい広場だ。....


頂上からの眺望は実に素晴らしい!やはり「秀麗富嶽十二景」のにふさわしい見晴らしです。
まさに小春日和♪**(^,^)。 まだ朝の9時すぎ・・・。頂上ではのんびりといい時間を過ごしました。

c0119160_1615564.jpg
       ...「百蔵山」からの「富士眺望」。杓子・御正体の山々が前衛として横たわる。.....



青空に映える紅葉はまさに「錦秋」、実に鮮やか!絵画の中にいるような感動的な光景でした。
天候連敗続きで紅葉感動を味わえなかった今年の悔しさを一挙に取り戻し、ついにリベンジ実現!


c0119160_1616434.jpg
          ....青空の中で、鮮やかな楓はまるで千代紙の模様のようだった。.....

c0119160_16184571.jpgc0119160_161968.jpg
    ....「.これ以上ない!」と言っていい位、深紅の楓が覆い被さる山道のモミジ風景.....


11月末近くの山は枯葉ばかりになるのが通常ですが、今年の紅葉は実に遅く、こんな素晴らしい光景を初冬に近い山道で見られるとは・・・。  やはり地球温暖化の影響でしょうか。


c0119160_16302074.jpgc0119160_16304091.jpg
 .....(左)サルスベリのような大木を傍らに見て下山..... (右)秋の象徴、光るススキは風流がある。.....


陽だまりに輝くススキなど「晩秋の風情」を味わいながら、下山を終えたのはまだ11時前でした。
お弁当も広げることなく、昼前に下山した余裕のハイキング。まだまだ時間は十分残っています。




★錦秋深まる「桂川渓谷」と「猿橋」


9月2日に初めて訪ねた「猿橋」「桂川渓谷」。今回はカミサンを連れて再びおとずれてみました。
当時は木々の緑が青々と輝いていましたが、今日は錦秋モミジとの色彩コラボレーション。


              ....クリックすると写真が拡大表示されます。↓....
c0119160_16334286.jpgc0119160_1634284.jpg
      ...3ケ月ぶりに訪れた猿橋と桂川渓谷、深まる秋の渓谷は風情が漂う。....

           
渓谷でお弁当を食べた後は、またも「大月郷土資料館」を訪問し「白旗史朗」常設写真展を見学。
白旗史朗氏が初めて撮影したときの「秀麗富嶽十二景」の拡大パネル写真が飾られています。
一般の方が競い合った第14回の「秀麗富嶽十二景」コンテスト優秀作品もまだ残っていました。

c0119160_16432684.jpg
            ....再び「大月郷土資料館」を訪問して白幡写真展を鑑賞.....


帰りに大月ICに乗ったのは13時半、中央高速は渋滞なく快適スイスイ。昼間に帰宅できました。


c0119160_16441675.jpg
    ...「猿橋」から見る「桂川渓谷」↑。水路橋をおおう紅葉とコバルトブルーの対照.....


                                     
9月に「大月郷土資料館」を訪れた時に初めて知った「秀麗富嶽十二景」。2つ終えてあと10座。
山は逃げるわけではありません。これから天気が確実にいい快晴日を狙って「思い立ったら吉日」「早起き・早立ち・早帰り」で行くことにいたしましょう。 気楽に気長に楽しみを待ち続けましょう。

             リンク:山中湖快気祝い・大月探訪

             リンク:復活登山:「秀麗富嶽第十二景」(その1):前編

             リンク:復活登山:「秀麗富嶽第十二景」(その1):後編


             
                                               (おわり)

  by rollingwest | 2007-11-25 15:17 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(16)

<2007年11月10日> 信州・北国街道「海野宿」

日本百名山「浅間山」。噴火危険で頂上への立入りが禁止になっている日本代表の活火山です。
最近この山の危険区域が大幅に緩和されて、頂上近くまで行けるようになったことから「Fツアーの浅間山・登山計画」が募集されました。
実に17名がエントリーする人気ツアーとなり、前日金曜日に夜行バスで東京をいざ出発~!


c0119160_21313288.jpg
....「浅間山」の登山は悪天候により断念。こんな光景が見たかったが山は逃げる訳ではない。.....  


しかし天気予報は傘マーク。当日は強い風雨で浅間山は霙模様・・。あ~あ、今回も東北に続き、天候に恵まれない!登山復帰後は連敗続き・・・(泣)。(今年は余程、小生の行いが悪いのだろう)
こうなったら山は諦めて観光と温泉しかありませんなぁ・・・。実はこっちの方がよかったりして(笑)


c0119160_2158580.jpg
  ....国の重要文化伝統的建物群の保存地区になっている「海野宿」の歴史ある街並み.....


観光で訪ねた所は、信州上田・小諸に近い長野県「東御市」にある「海野宿」(うんのじゅく)です。
木曾の「妻籠宿」「奈良井宿」と並び「日本の道百選」にも選ばれている「海野」の宿場街並み・・。
あまり知られていない所ですが、いや、実に素晴らしいところでした!まさに穴場ではないか~!

    リンク:信州の街道探訪「海野宿」
            
c0119160_21334553.jpgc0119160_2134149.gif





c0119160_19425467.jpg
...「北国街道」は「中山道」から分岐して「善光寺」へ↑さらに越後・越中に続く... (クリック拡大表示)



中山道から分岐北上する「北国街道」の途中に、「海野宿」はひっそりと存在しています。
本陣・旅籠宿が300戸を数えた宿場町で、当時の雰囲気を残す旅宿の路です。
実に風情のある光景で、一遍に気に入ってしまいました。

c0119160_21585953.jpg
        .....ひなびた宿場風景、懐かしさと風情が感じられ実に素晴らしい。.....


北陸諸藩の殿様方も参勤交代で、遠路はるばる北国街道を歩き続けてお江戸詣をせざるを得なかった訳です。(大変ですね~!)その長い旅路の中で大名行列の宿場ポイントとなった「海野宿」。

c0119160_2204087.jpgc0119160_221284.jpg
     .....「海野宿」散策のスタートは「本陣跡」と「白鳥神社」、ここもまだ紅葉は早い。.....


街道の宿場民家のうち、約半数は「海野格子」とよばれる独特で立派な格子をもっている家です。
こんなに沢山な立派な宿がある理由は、参勤交代だけでなく「佐渡金山の運搬」や「善光寺参拝巡礼」等で多くの宿泊需要があったからです。やはり流通や観光需要がないと町は栄えませんよね。

c0119160_223436.jpg
       ...「海野格子」を構えた、つくりの大きな民家には渋い威厳が感じられる。.....

c0119160_22105443.jpgc0119160_22111093.jpg
  .....用水路の続く道端には、秋の花々が飾られ落ち着いた雰囲気を出していた。.....


よく甲斐性ない人を「うだつが上がらねー」(小生もその部類と思われます(笑)・・)と云いますが、「うだつ」(卯達)とは、隣り合う民家の境目にある防火白塀のことです。これが大きい家ほど「お金持ちである。」と周辺から認められ、「うだつを上げられる」ことは「裕福の象徴」でありました。

c0119160_2214591.jpgc0119160_22151790.jpg
  .....↑この家はお金持ちだったのだろう。「うだつ」の袖壁は大きく張り出している。.....


明治時代になると「参勤交代制度廃止」「佐渡金山枯渇」の余波で街は一時的に「衰退の危機」を迎えたと思われますが、その後「殖産興業政策・製糸業発展」とともに宿の建物が養蚕場に転用され再び繁栄に転じたとのこと。よかったね~。明治版「町興し復活」といったところでしょうか。


c0119160_2225941.jpgc0119160_22252550.jpg
 ...(左)信楽焼「徳利たぬき」が可愛い..... (右)明治時代風の自家用ポストが懐かしさを感ずる.....

c0119160_2226317.jpgc0119160_22261784.jpg
  ...(左)昔懐かしい半鐘と本陣屋敷跡....白鳥神社のご神木は威厳と迫力に満ちている ...


有名な「木曽宿場町」には観光客がどっと押し寄せますが、「海野宿」は人の歩く姿もまばら・・・。
むしろ、こちらの方が静かで渋くて街の味わいがあるような気がします。

c0119160_22304099.jpg
     ....650mも長く続く街並は「重要伝統的建物保存地区」に選定され、実に風情がある。.....


北国街道に沿ったゆかりの地をいくつか訪ねてみたいですね~。今後もう少し研究してみよっと。


今回は温泉に2つも入っちゃいました。(高峰温泉・鹿教湯温泉)いずれも泉質は絶品の名湯!
特に「鹿教(かけゆ)湯温泉」は鹿に案内されて発見されたという歴史がある温泉、本当に心身とも癒させるいいお湯でした。 われわれも名湯発見!「鹿さん親子」ありがとう!

c0119160_22363891.jpgc0119160_2237047.gifc0119160_22371675.jpg
   ...「鹿教湯温泉」は信仰深い猟師が、鹿に導かれて発見したとの故事による古い名湯 .


どんなに雨風が吹いてもわずかな可能性をもとめてあきらめないFツアーのメンバー。(前回の姫神山は粘り勝ちでした。) たとえ登山が断念してもタダでは転ばず、次の新ネタが用意されます。
私もその恩恵にあずかって素晴らしい穴場を紹介してもらいました。感謝・感謝~(^_^)/~~

                                               
                                                     (おわり)

  by rollingwest | 2007-11-10 21:29 | 寺社・史跡・古道 | Comments(11)

<2007年11月3日>文京区探訪(小石川・本郷・湯島) 


古い町並みが少なくなってきた東京で、今もなお静けさを保ち、歴史・文学の雰囲気を残している所が文京区です。その名のとおり、東京23区の中ではもっとも文教的アカデミックな街ですね。


地下鉄「後楽園駅」で降りて、小石川から本郷・湯島を経由し神田駿河台「御茶ノ水」駅まで逍遥・散策する長~い散歩旅でしたが、懐かしく落ち着いた雰囲気での歩きは実に心地よいものでした。



★江戸時代の名残を残す「小石川・春日」

c0119160_21364143.jpg
     ...東京ドームの隣とは思えぬほど静かな石垣塀の道(水戸黄門が完成した庭園).....

c0119160_10504550.jpg

「後楽園」といえば「東京ドーム」。 学生の頃は「巨人軍球場」と「遊園地」「場外馬券場」しか連想しなかった小生。これから文京区を探訪しようとせん人物としては全くふさわしくない・・・? (笑)
c0119160_1053839.jpg

アミューズメントのメッカ、喧騒たる娯楽施設のすぐ隣には「小石川・後楽園」が静かな空間を保ち続けています。この庭園を完成した方は、水戸光圀公(人生楽ありゃ~♪の黄門様)であります。
庭モミジも色づく時期ですが、今年の紅葉はやはり遅い。都心の木々はまだ青々と輝いています。

c0119160_21373725.jpgc0119160_21375155.jpg
     .....「後楽園」の名の由来は「先に憂いて後に楽すべし」。池の背後は東京ドーム....

c0119160_1054314.jpg
c0119160_10545677.jpg

小石川・春日の街並を散策していくと多くの坂道に行き当たりお寺・史跡があまた点在しています。
東京23区に坂道は658ケ所あるそうですが、そのうち何と文京区の坂は117ケ所を数え、全体の2割近くを占めているとのこと。「さだまさし」の唄に登場する「無縁坂」も文京区湯島なんですよ。


....(左)春日町に鎮座する北野神社↓通称「牛天神」。
源頼朝が来訪、夢に祭神・菅原道真が現われ「牛」形の願い石が残されたとの故事による。.....c0119160_21452640.jpgc0119160_21454151.jpg

   ....(右)「伝通院」、徳川家康の生母や千姫など徳川家ゆかりの女性の墓が多い。↑.....


★近代文学発祥の地「本郷」


「樋口一葉」や「坪内逍遥」等の日本近代文学をまともに読んだことがない小生にとって、樋口一葉を語る資格はない(逍遥日記のネームを使う資格もない?(笑)・・・)のですが、散策路の足を進めていくと「菊坂」という坂道に行き当たりました。ここは一葉が貧しく暮らした人生ゆかりの地です。

c0119160_2231983.jpgc0119160_2234982.jpg
.....(左)一葉旧居跡に残る井戸(まだ現役)... (右) 一葉が通った質屋(伊勢屋)と菊坂の風景....


「菊坂」を抜けて左折北上すると、「本郷菊富士ホテル跡」という所に出くわしました。
この辺は静かで実に落ち着きのある坂の道です。文京区は実に雰囲気があるねえ~・・・。


c0119160_2285179.jpg
  ....「近代学発祥の地:本郷」の銅盤碑(江戸振袖火事や女子美大跡でもあるらしい)...


ここには「近代文学発祥の地」という銅盤モニュメントが見られます。そこに記載されている名前は実にメジャーな方ばかり。文学に直接触れたことが少ない小生でも7割位は知っている文士達。
彼らは本郷の地に集い貧しい生活に耐えながら、文壇で活躍する未来の夢を見ていたんですね。



★東京大学「本郷キャンパス」

本郷といえば「東京大学」。敷居が高すぎて小生には全く縁のない「日本最高学府」ですが、
本郷キャンパスを歩くと実に興味深く素晴らしい建物が沢山あります。

c0119160_2216929.jpg
    ... 国重要文化財・東大「赤門」(正門ではない)、加賀前田家屋敷の門だった。...


高層ビル化や郊外移転の拡張等で何の感慨も受けない大学キャンパスが増えているご時勢、比較にならない程の「歴史の重」みと「優秀人材を輩出したプライド」をビシビシと感じました。

c0119160_2217964.jpgc0119160_22173234.jpg
    ....東京大学構内キャンパス風景、日本を支えた数多くの優秀人材を輩出.....


「団塊の世代」の大量退職が始まった2007年。当時大学生だった全共闘世代の方々が警察と戦って傷つけられた「安田講堂」、事件から早40年近い歳月が刻まれました。東大シンボルの建物として修復され復活しているものの、今だに当時の傷を心身とも引きずっているような気もします。

c0119160_2226060.jpg
    ....東大のシンボル「安田講堂」。全共闘の終焉を告げる占拠事件から40年近い。.....



★受験生の神様「湯島天神」

学問の神様で有名な天神様「菅原道真」を祀っている「湯島天神」は受験シーズンになると白梅のもとで「合格祈願絵馬」が沢山飾られます。いや~まさに文教の頂点:文京区のシンボル神社だ!

c0119160_22294788.jpgc0119160_22311529.jpg
     ....受験シーズン期は合格祈願で賑わう「湯島天神」、学問の神様「菅原道真」を祀る。...


「湯島天神の白梅」はあまりにも有名ですが、当日訪れた日は「菊まつり」の真っ最中でした。
c0119160_22313521.jpg


これがまた実に豪華で素晴らしい!この日のために手塩にかけて大事に育てられた高貴で芸術的な数多くの菊たちが凌ぎを削って競い合っています。いいタイミングに恵まれて、満足・満足~!

c0119160_22315315.jpg
    ...湯島天神は白梅が有名だが秋の「菊まつり」も実に見事!豪華芸術の粋を競う。...



★幕府直轄の学問所「湯島聖堂」

日本の最高学府・東京大学が本郷に設置されたのも、元々は徳川幕府が推奨・直轄する学問所がこの湯島の地に開かれたからであります。「昌平坂学問所」という儒教の大学だったのです。

c0119160_22502657.jpg
            ...幕府直轄の学府「昌平坂学問所」の地、「湯島の聖堂:大成殿」....

c0119160_22511051.jpgc0119160_22551583.jpg
     ....幕府は儒学教育を推進、開祖「孔子」が祀られている。↑世界最大の孔子像....

儒教の開祖は「孔子」、ここには世界最大の孔子像が鎮座。当日は「孔子復活百周年事業」として孔子に纏わる公開イベントが開催されていました。「都心の静謐」に感激、実に貴重な場所です。
c0119160_2256217.jpg
   ...「聖堂:.大成殿」構内は荘厳な静けさが漂う。隣が喧騒な「御茶ノ水駅」とは思えない。...




★江戸の総鎮守「神田明神」

湯島聖堂の目の前にある奥まった高台には「神田明神」が重厚な雰囲気で鎮座しています。
江戸三大祭りで有名なのは「神田祭」、この御神輿が担がれるとき江戸っ子の血は騒ぐ時!
でも神輿の担ぎ手には丸の内・大手町のビジネスマンも大いに貢献しているとのことですよ。

c0119160_2333699.jpg
          ....江戸の総鎮守・「神田大明神」、「神田祭り」は「江戸三大祭りの筆頭.....


ここに祭られる神は3つ、1と2は「恵比寿」「大黒」、そして第3はあの怨霊伝説で有名な「平将門」
恐ろしいイメージが先行する「将門」ですが、関東では崇敬される英雄武将なのでした。

c0119160_2351593.jpgc0119160_2361453.jpg.
   ....(左)天平時代の聖武天皇創建の由緒ある神社...(右)唯我独尊を貫いていた境内の銀猫....


「日本三大怨霊」とは「平将門」「菅原道真」「崇徳上皇」。いずれも日本の歴史に強烈な印象を残す御三方ですが、その中でも「平将門の首塚」は特に崇め恐れられている存在です。
c0119160_23403189.jpgc0119160_2312066.jpgc0119160_23121783.gif
 ...(左)「承平の乱」首謀者「平将門」...(中)(右)大手町ビル群の谷間に鎮座する「将門の首塚」...


M物産隣り・大手町高層ビルの谷間に、雷鳴と共に飛翔してきた「将門の首」が祀られています。
過去何度も移転を試みても、祟りと思われる不幸な事故がつど起こりました。小生も今この近くで勤務しているのですが、毎日昼休みにお参りしているサラリーマンの姿を何人か見かけます。




★フィナーレ「御茶ノ水:神田駿河台」


文京区探訪というのに「何で神田なんじゃ~?さっきから千代田区が紹介されているじゃねーか」とクレームもありましょうが・・、「御茶ノ水駅」を最後のゴールとしたものなのでご容赦下さい。

      ....(左) 「御茶ノ水駅」に架かる「聖橋」、名前のルーツは隣接する「湯島聖堂」.....c0119160_23224591.jpgc0119160_23232881.jpg
   ... (右) 日立ビル脇に埋もれる「蜀山人」終焉地の立札。食山人さん、他意はありません・・。....


「神田駿河台」はやはり「学生の街」、もうここに来ると文京区の静かな雰囲気は全くありません。
「喧騒」の言葉が似合う賑いを見せています。(でも学問拠点という面では共通点があるのかな?)
神田川北側・湯島には医師系大(順天堂・東京医科歯科)がありますが、南側の駿河台には有名私大(日大・明治・中大)の最新鋭の高層ビル校舎が林立。昔の古いキャンパスが懐かしい・・・。


c0119160_23325031.jpg
       ....神田駿河台風景を象徴する「日本ハリストス正教会」の「ニコライ堂」.....

御茶ノ水駅のすぐ隣には、立派な「東欧ビザンチン式教会」がそびえています。学生時代から目に焼きついている風景ですが、初めて入ってみました。
この教会は通称「ニコライ堂」、ロシアの修道司祭ニコライが建立したことにちなみます。

c0119160_23334352.jpg
       ....この日は教会内部を無料公開、金色の荘厳な礼拝所にはミサが流れていた.....



東京23区の史跡・街並みはもう殆どと言っていいくらい訪ね歩いてきましたが、意外にも文京区の周辺はじっくりと散策したことがありませんでした。本当に風情があるいい街並みです。
この周辺に散々出没していたのに、今さらにこの街の魅力を再発見!遅すぎるってか・・?<(_ _)>


やはり、学問や文学の風情が似つかわしくない小生には縁遠い場だったのかな・・。
誰~!?自分をよくわかってるじゃん・・・と言った人は!  (`ヘ´#)!!!

                                                    (おわり)

  by rollingwest | 2007-11-03 21:32 | 都会の風景 | Comments(18)