<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

<2007年12月25日> 2007年・歳末カウントダウン「光都東京」


クリスマス3連休(←俺には全く関係ねー!)も終わり、いよいよ2007年の最終週を迎えました。

年の瀬を迎えた今、「丸ノ内」と「日比谷」では素晴らしい「光の芸術」が競い合っています。
仕事を終え帰宅途中に立ち寄ってみました。この美しい光景を見ながら、新年を迎えるのもなかなかロマンチックでお薦めかもしれません。 こっちは毎年、紅白見ながら家での年越しだけどね(笑)

さて、今年も残り少なくカウントダウンの秒読み開始!いろいろあって印象深い年だったなあ・・・。


★「光都東京」ライトピア2007

c0119160_1329351.jpg


例年この時期、東京・丸ノ内では「東京ミレナリオ」(神戸ルミナリエと競う年末の光のページェント)が開催されますが、今年は東京駅舎工事中であるため「ミレちゃん」は暫らく休止になったとのこと。

c0119160_1330694.jpg


それに代わる後継イベントが、丸ノ内・皇居周辺で行われている「光都東京・ライトピア2007」!
先日「師走の都会紅葉」を楽しんだばかりの「和田倉噴水公園」が今回そのメイン会場なのでした。
クッキリとした満月もイルミネーション部隊の一員にしっかり加わって盛り上げておりましたぞー!

c0119160_13514963.jpgc0119160_1352941.jpg


「和田倉濠」の石垣上に連なる樹木はライトアップされ幻想的な光景!お濠水面に映る都会夜景とのコラボレーションは、今まで見たことない初体験光景!実に不思議な気分にさせてくれました。

c0119160_13323023.jpgc0119160_13324320.jpg


12月初め「和田倉噴水公園」を訪れた時は「青空の紅葉に映える噴水」でしたが、今夜は数分ごとに色彩を変えるイリュージョナルな噴水光景。おっさん一人だけど気分はロマンチック! (o^щ^o)

c0119160_1334364.jpg
c0119160_13341691.jpgc0119160_13342982.jpg


今回企画の評判をインターネットで確認したところ、「東京ミレナリオ」に代わるイベントとしては今一盛り上がりに欠けるという意見が多少あるようです。「和田倉噴水公園」は皇居に近くやや寂しく寒そうなので若者が来ないのかも・・(笑)。 私としては和風で落ち着きのある今回の方が好きですね。

c0119160_1336480.jpg


東京駅もオレンジ色にライトアップされていました。(^o^) う~ん、やはり日本一威厳のある駅だ!
駅前の新高層ビル群も華やかなイルミネーションに飾られており、気分はまさに年末バージョン。

c0119160_13372442.jpg





★「TOKYO FANTASIA 2007」


日比谷公園」の方に足を向けて見ると「TOKYO FANTASIA 2007」という大々的イベントが開催されています。有楽町駅を降り帝国ホテル(下記左)脇を通り抜けてアプローチして見てください。

c0119160_1432935.jpgc0119160_1434661.jpg


ここには日本一高いクリスマスツリー(高さ42m)が飾られています。環境をPRするために、ツリーには芽吹きから新緑・花が咲く成長を光のイルミネーションで表現・演出が行われるのです。

c0119160_1494085.jpgc0119160_1410071.jpg


青い発光ダイオードはやはり目立つね!樹木はダークオレンジの間接照明で真っ赤に浮き上がっています。実は葉っぱが全て落ちた冬樹なのに紅葉の盛りのように見せるなんて本当にスゴイ!

c0119160_1411215.jpg


先ほど訪れた「和田倉噴水公園」と比べると圧倒的に観客の数が違う! 「日比谷公園」に向う道は大行列。警備員が声を張り上げて誘導指示する喧騒。それもカップル連れが多い。うん、うん、わかるような気がする・・・。 こちらの方が実に鮮やか・華やかなクリスマス電飾イルミネーション。
c0119160_14122832.jpg


ま、中年おやじはカメラに映像収めたらそそくさと帰ろ。家でビール飲んでた方が落ち着くもんね。
でもいよいよ迫り来る年の暮れの雰囲気を十分感じられただけで満足満足~!さて即座に帰宅。





★2007年さようなら・年末カウントダウン


さて大掃除も終わったし、喪中欠礼で年賀状書きもなく、久しぶりにまったりした時間を過ごしています。今年は柏崎に4回帰ったので年末年始は帰省せず自宅でゆっくり正月を迎える事とします。


c0119160_14181171.jpgc0119160_14151044.jpgc0119160_14152316.jpg
今年もあとわずか。カウントダウンの刻時は、下記の「ユニクロック」(美少女がダンスするユニクロ配信のデジタル時計)でお楽しみ下さい。スタイル抜群だよ~!(俺も完全におやじだね~)c0119160_14202428.jpgc0119160_14204134.jpgc0119160_14205349.jpg

 *5秒ごとにデジタル6桁表示(時・分・秒)が刻まれそのつど、踊る美少女隊が登場!
     ↓
 「ユニクロック」





今年皆様には諸事お気遣いを頂戴しまして誠にありがとうございました。   よいお年を


                                                      おわり

  by rollingwest | 2007-12-30 13:26 | 都会の風景 | Comments(11)

<2007年12月初旬>師走の「丸ノ内・皇居外苑」(LAST紅葉) 


12月初旬、冬晴れの昼休み。あまりにも天気がいいので、昼食後にデジカメを持って大手町から丸ノ内・皇居方面をぶらついてみました。山や行楽地の紅葉はもう終わりですが、都心はまだ見頃で華やか。「都心の紅葉」ってこんなに素晴らしいんだ!・・・とあらためて気づかされました。


c0119160_20513128.jpg
   ....初冬の皇居外苑風景、遠くには東京タワーや警視庁・霞ヶ関の官庁ビル群が見える。.....



最近、平地の紅葉は11月下旬~12月初旬が盛りの時期になってきているような気がします。
(一昔前の常識と比べれば1ケ月程度は遅い。) 京都など有名行楽地の紅葉時期も11月末頃が見頃・定番になってきているようですが、言わずもがな地球温暖化による影響なのでしょうか。

           (小さい写真はクリックすると拡大表示されます。)
  
c0119160_21172674.jpgc0119160_21174114.jpg
 ....丸ノ内(三菱村)ビル群の紅葉、無機質な最先端ビルと対称をなす都会の紅葉も実にいい。.....


平日昼休みの大手町・丸ノ内の公園は人もまばらで実にゆったりとしています。あまたのビジネスマンやOLさんがこの地・この時間に集っているはずですが、ビルや地下街で昼食やコーヒータイムでワイワイとおしゃべりをしているのでしょう。この時間に紅葉散策を楽しむ人は殆どいません。


c0119160_20542259.jpg
  .... 「和田倉噴水公園」は昭和36年天皇陛下ご成婚記念で造られた。噴水と紅葉がコラボ.....c0119160_20554064.jpg
c0119160_20555123.jpg
    ....「噴水公園」の正面入口から見る。やはり美しい紅葉に青空は必要だね~!.....



「都心の紅葉」が素晴らしい点は「人工物との対称・調和」、「秩序・整然性」ではないでしょうか。
最先端の高層ビルが次々新しく建てられている中で、わずかな自然や季節の移ろいを感じられる木々の姿は都会のサラリーマン・OLさんの心を癒す貴重な風景であることは間違いありません。


c0119160_2057819.jpg
    ....ランチタイムは小春日和。ガラス張りの休憩所では、噴水の帯を見ながら寛げる。.....


近くにこんな素晴らしい場所があるのに、その存在に気づいていないケースや、いつでも見られると思って腰が上がらないことが多いものです。「昼休みにブラブラと歩いて街の光景をウォッチしてみよう!」という発起心をもって散策すると、お宝はあちこちに転がっているなあ・・。と再発見。


c0119160_21214812.jpg  c0119160_2122120.jpg
  ....「東京銀行協会ビル」、上の高層部と一体化している。旧ビルをレリーフとした芸術的建築.....

            (小さい写真はクリックすると拡大表示されます。)

c0119160_20593524.jpgc0119160_205947100.jpg
.....「和田倉濠」から「東京銀行協会ビル」遠景。「パレスホテル」の脇の水辺で白鳥が羽ばたく。.....


皇居周辺はお濠が沢山あり、揺がない水辺に写るビル風景も捨てがたい・・。実に絵になります。
羽根を休めていたお濠の白鳥が突然羽ばたく写真を撮ることができて、なかなか得をした気分!


c0119160_2105423.jpg
     .....「桔梗濠」の水面に映る皇居「桔梗門」(左)と「パレスホテル」(右).....



現在、六本木・銀座・臨海副都心など東京中心部は新高層ビル・再開発ラッシュですが、丸ノ内・東京駅周辺も例外ではありません。むしろ当エリアが一番変貌を遂げている場所の1つかも・・。
東京駅丸ノ内側はここ2~3年新商業ビルが次々にオープンしていますが、反対側の八重洲口や駅地下街も含めてまだまだ建設が続いており、一体どんな姿になるのか私には想像できません。


c0119160_2113836.jpgc0119160_2115611.jpg
....銀杏の陰から見える「東京駅」。周辺光景は高層ビル建築ラッシュ、日々変貌を遂げている。.....


1週間前の木々はもっと葉っぱが多くて「最盛の紅葉銀杏」でした。もうそろそろ終わりに近い・・・。
あと数日前にデジカメにその光景を収めておけばよかった。(嗚呼ちびっと後悔・・・)


c0119160_213853.jpg
      .....銀杏並木の向こうには皇居、12月初旬でもこれだけの美しい紅葉が見られた。.....
c0119160_2134135.jpg
       .....銀杏も落葉絨緞、丸ノ内なのに殆ど人影がないのが実に不思議.....



でも落ち葉が敷き詰められた銀杏の絨毯もなかなかの風情。冬の訪れが近いことを感じさせます。この12月10日でようやく人生の半生(反省?)を刻んでしまいました。この美しい秋の名残りをプレゼントにまた次の半生頑張ろぉっと!。RWには似合わないコメントで本日はこれにて失礼・・(笑)

                                                     おわり

  by rollingwest | 2007-12-26 20:49 | 都会の風景 | Comments(10)

<2007年12月1日>日本200名山:奥多摩「大岳山」


日本200名山に付き合ってくれる方は主にFツアーの皆様ですが、弟の会社上司であり小生とは同い年で大学同級生である「マツさん」とこのたび知り合うことができました。      


c0119160_13211066.jpg
      ....日本200名山「大岳山」(1,267m)、別名「鍋冠山」。なるほどそういう形をしている。...


この方は200名山をすでに170座も制覇しているつわもの(小生まだ118座)で、日本民俗学・歴史・神社仏閣・史跡・お酒・麻雀・レトロ文化・怪獣等への造詣が深く、小生と趣味がバッチリ合います。
今回、彼に奥多摩の200名山「大岳山」を案内してもらい今年最後の山紅葉を満喫してきました。


c0119160_13244981.jpg
     .....紅葉樹と御岳ケーブルカー橋梁の鮮やかなコントラスト、絵画のような風情...



奥多摩へのアクセスはやはり電車が一番、朝9時前に青梅線「御嶽駅」で待ち合わせ。紅葉眩い山へのアプローチは「御岳ケーブルカー」で稼ぎます。市電のようなレトロ感が漂う車両が急傾斜を登っていく姿は実に絵になりますね。いよいよ楽しい旅の始まり、始まり~!\('∀'*)/ヤッホ~ 


c0119160_13263668.jpgc0119160_13265149.jpg
 .....紅葉の鮮やかさと、ゆっくり登山するケーブルカーの雰囲気が実にほのぼのとしている。...


ケーブル駅を降りて「御嶽神社」に向う道はよく整備されていて、まだ見頃ある黄金の錦秋が味わえます。ここは手軽なハイキングコースで通常は多くの人が賑わう場所ですが、初冬の早朝で人のない静かな雰囲気。光溢れる小春日和・紅葉のもと、贅沢な気分で逍遥歩きを楽しめました。


c0119160_1334020.jpgc0119160_13342366.jpg
    .....今回も光の多い紅葉に遭遇できた!美しい道を歩くさわやかな朝・いい時間...



奥多摩の街・坂道は実に風情があります。宿坊・古い旅館・雑貨屋などがあり、そこを通過すると、胴回りが巨大な「神代ケヤキ」(御嶽神社の神木)が現われました。実に貫禄があるねえ~。


c0119160_13364671.jpgc0119160_1337049.jpg
...レトロ雰囲気漂う茅葺家の脇を過ぎていくと、神代ケヤキ(御嶽神社の神木)が鎮座していた。....


いよいよ「武蔵御嶽神社」の入り口に到着。大きな杉と大灯篭があり、ここが由緒と歴史ある霊験あらたかな神社だということを感じさせます。紀元前90年(崇神天皇時代、なんと古墳時代じゃ~)、今から2千年前の創建、山岳信仰の隆盛とともに栄えた関東大霊場の1つなのです。



c0119160_13384691.jpgc0119160_13391093.jpg
  ....御岳神社入り口にある大杉と大灯篭。鳥居をくぐって神社への石段を上がっていく。...



驚いたのは狛犬が「狼」だったこと。そういえば2年半前に登った埼玉「両神山」の神社も同じ狛犬した。マツさんによると、秩父・奥多摩の山々は昔「ニホンオオカミ」の生息地で、明治時代まで存在していたとのこと。食害野生動物を食べるオオカミは農業面で神聖視されていたのだそうです。

c0119160_1345538.jpgc0119160_1351323.jpg
  .....真っ赤な紅葉と御嶽神社本殿。狛犬狼の形相は迫力満点。2対のウルフが神社を守護する。...c0119160_13522020.jpg
c0119160_13523467.jpg
     .....崇神天皇時代、紀元前に創建されたと伝えられる威厳と歴史ある社殿...




御嶽神社に別れを告げ、奥宮方向に足を進めていくとやがて分岐点に到達。そこには巨大な杉が聳えていました。「天狗の腰掛け杉」と呼ばれる銘木で何と60mもあるとのこと!まさに神の化身。

c0119160_13561689.jpg
    .....御嶽神社を守る大神木・「天狗の腰掛け杉」。日本有数の高さを誇っている...




標高を上げて行くにしたがい紅葉は殆ど見られなくなり、冬枯れ木立の山道に変わってきました。
もう12月の山歩きですから、この風景が本来の姿なのですが・・。この寂しさもまた一興。


c0119160_13574593.jpg       

   
c0119160_1358130.jpg
     .....冬枯れの杉木立の道を行く。これもまたなかなかの雰囲気があるものだ。...



奥の院・鍋割山経由でようやく「大嶽神社奥宮」に到着~!結構きつかった。でもまだ頂上ではない・・。見上げるとかなり急峻な道、ここからの登りがまた厳しそう・・。もう一息だ~!\(≧O≦)g!


c0119160_1359473.jpgc0119160_13595911.jpg
.....「大岳山」から俯瞰するパノラマ。東京都の最西部に位置する。↑(クリックすると拡大表示)...



ついに「大岳山」(1,267m)登頂! 奥多摩・丹沢・奥秩父の山々が俯瞰、ここは唯一東京都に存在する日本200名山なのです。頂上では最大のお楽しみビールと弁当。調子に乗り焼酎までも・・。


c0119160_141353.jpgc0119160_14134537.jpg
   ....登山道途中には「烏天狗」石仏があった。見晴らしいい所でマツさんと2ショット....



大岳山の山頂直下は露岩帯があり、谷側は切れ落ちているので通過には注意が必要です。
奥多摩氷川へ下る鋸山尾根コースは岩場アップダウンがあり、転落事故も多い危険なルートなのです。


c0119160_143291.jpgc0119160_1434361.jpg
   ....山の途中は、殆ど紅葉は終わりに近かったが、鮮やかなものも見られた。....



標高を下げていくと再び美しい紅葉風景が現われてきました。その都度、デジカメで撮りまくり道草をしてしまう私。マツさんは、単独行が多く登山スピードが目茶苦茶に速い。多分小生とペースが合わなくて相当イライラされたのではないか、と後程反省・・・。でも、この方は表情も変えず黙って小生をじっと待っていてくれました。(スンマセン)  足が速くて単独行、「加藤文太郎」みたいな人だ。


c0119160_1414401.jpgc0119160_14151118.jpg
   ....(左)杉林の中で黄色いナラ葉群まるでお花畑のようだった。(右)奥多摩の町を望む....



奥多摩・氷川渓谷に下りてくると再びカラフルな世界。赤い橋や渓谷流の青さと紡ぎあう紅葉、色彩コラボは、歩き甲斐のあった「大岳山」の疲れを忘れさせてくれます。(でも実にいい山だった!)
流れる渓谷の心地よい水音を聞きながら、最後は定番の温泉で疲れを癒し、実に満足々々~。

c0119160_147654.jpgc0119160_1472247.jpg
    ....橋梁の下は氷川渓谷。紅葉と清流が美しい。温泉に浸かって疲れを癒す。...


手軽に登山が楽しめるご当地は日頃多くのハイカーで賑わいますが、今日は比較的人出が少なく静かな奥多摩。今年最後の山は小春日和の紅葉に恵まれ、ラッキーで実に楽しい1日だった。
マツさん、初めて付き合っていただきありがとうございます。次回は迷惑かけぬよう気をつけます。


c0119160_148448.jpg
      ...レトロな外観の.奥多摩駅。夕刻イルミネーション、雰囲気が実におしゃれ。...



今まで東京から離れた遠くの山ばかり目に向けていましたが、東京都の山も実にいいものだ!
今年最後の手仕舞い山行が想像以上に充実していたので、満足感に溢れて帰路に着けました。
来年もまたいい山との出会いがあることを楽しみにしています。


                                                      おわり

  by rollingwest | 2007-12-22 13:16 | ローリングウエスト山紀行 | Comments(17)

<2007年11~12月> 柏崎エピソード(2007レビュー)


今年もあと残すところ僅かな日々となり、もう2007年もそろそろ終わりを告げます。
自分自身にも大きなアクシデントがありましたが、深く傷ついた故郷・柏崎に思いを馳せる年でした。そして懐かしい数多くの同級友人と再び交遊を深められた印象深い節目の年でもありました。


c0119160_17555216.jpg
....柏崎のシンボル「米山」さん(993m)、市民誇りの名峰。高校時代以来、久しく登ってないなあ...




★震災被害から4ケ月を迎えて(07.11.17)


11月17日親戚結婚式に出席のため、3ケ月ぶり3回目の里帰り(震災・お盆に続き)をしました。  
かなりの時が経ったかのようにも思えるあの悪夢の中越沖地震・・・、被害発生から4ケ月目の日。
あの日から故郷復興は一体はどんな様子なのか、街なかの表情を帰省の折に訪ね見てきました。

c0119160_1832839.jpg
       ...青く澄みきった中央海岸の光景、護岸堤からは柏崎原発が遠くに見える。....


11月中旬といえば、柏崎においては初冬。しかし当日は雲ひとつないポカポカとした小春日和。
北西風で荒れる冬の日本海では信じられない位の穏やかさ。蒼い薙ぎ海にはさざ波。za・Zaa~・・



今もまだ目に焼きついている震災発生直後のあの日の光景。 建物が倒壊した現場や表面が波打って隆起していた道路はすでに修復されており、かつての街の落ち着きを取り戻しています。

c0119160_1854169.jpgc0119160_1855529.jpg
... 07.7.16震災の悪夢。柏崎の街は今も復興途上。「喬柏園」(旧:柏崎公会堂)も修復中だった.....


しかし随所に虫食い状態となった空き地が点在、今も不便な避難所生活のまま寒い歳末を迎える人々が多くいることを物語っています。市内にはコンテナのような避難所施設が幾つも見られました。

c0119160_18114950.jpg
....子供の頃、最大の楽しみだった「えんま市」。あの日の賑わいは果たして戻るのだろうか.....


最大のショックだったのは「閻魔堂」周辺の寂れぶりです。柏崎最大の縁日「えんま市」のシンボルであり、映画・見世物小屋興行で市民が一斉に集まり賑わった所(子供心に懐かしい街の中心地)
商店街アーケードは全て取り壊され、今は単なる目立たない1つの路地となっていました。(T_T)


               (クリックすると拡大写真でご覧になれます。)
c0119160_18183028.jpgc0119160_18185259.jpg
 ...(左)わが母校、柏崎第一中学校... (右)隣接する市民グランドと柏崎高校の体育館(遠景)....


避難所生活の場となった母校「柏崎第一中学」や「柏崎高校」の校舎は青く澄み切った空の下で、若者たちが元気な姿でスポーツ練習に励んでいます。柏崎も少子化の影響で寂しくなったと聞きますが、こうやって活気ある若者の声を聞いていると「がんばれ~」と声をかけたくなります。




★本家の長男がついに結婚!(07.11.17)

美味しいコシヒカリを作り続けている叔父(前:柏崎農協長)の長男が30後半でようやく華燭の典
本家長男がいつまでも結婚せずに皆をヤキモキさせていましたが、ついに喜びの日を迎えました。

c0119160_1822126.jpgc0119160_18223390.jpg
....本家の長男S人くん(従弟)がついに結婚、ニコニコと笑み溢れ実に幸せそうな顔をしていた。.....



震災当日、祖母・叔父の家を見舞った時、半壊した家の惨状を見て呆然としました。しかし日頃大人しく優しい長男S人くんが、骨折の叔父に代り逞しく復旧のリーダーシップを見せていたのです。
「男子三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」・・・。 新婦Y子さんは震災倒壊した本家に手弁当を差し入れ毎日激励、ろうそくの火を灯してくれました。   故郷復興と新婚生活の明るい未来。


c0119160_18415282.jpgc0119160_18421552.jpg
 ....新郎家族。実に素晴らしい方々。....親族一同集合!慶弔時じゃないと皆滅多に集まれない。...


披露宴では親族代表の挨拶をさせてもらい、披露宴終了後の内輪二次会では、懐かしい親戚同士で集まって久しぶりに話に花を咲かせました。   こういう親戚の再会はいいですね~。
   ☆☆  「あたたかな思い出深きともし火は郷土とともに未来を築かん」  ☆☆




★柏崎高校サッカー部メンバー・33年ぶりの集合再会(07.12.8)


ひょんなことから高校サッカー部メンバー3~4人で飲み会をやろうという話が持ち上がりました。
幹事をやることになり、サッカー部の監督だったT先生(現・柏崎高校校長)にダメモトで声をかけてみたら、公用がないにもかかわらずこの日のために上京し参加してくれるとの嬉しい知らせ!

c0119160_18263381.jpgc0119160_18265699.jpg
....33年ぶりに皆集まっての楽しいひととき。T校長先生(サッカー部恩師)を囲んで話は弾む。....


急遽、「避難所最高責任者・T校長先生を慰労する会」に会の趣旨を格上げしたところメンバー10名が全国各地から集まってくれたのです。新橋の飲み屋ではワイワイと実に楽しい会となりました。

c0119160_18284165.jpgc0119160_18285454.jpg
     ....昔、一緒にサッカーボールを追いかけた仲間たちも年輪を重ねた。50歳だからねえ・・....


我々も50歳・先生も60歳の節目の年に、こうやって懐かしいメンバーで再会できたことは素晴らしいことでした。今後はもっと人数を増やしてサッカー部同窓会を数年に1回は開催したいものです。




★学生時代・同級メンバーとの再会・交友深まり


半生を過ぎていくと昔懐かしい中学・高校時代の仲間たちと再会する機会が増えてきます。
ここ数年は「蓮池薫帰国」「中越沖地震」等の柏崎関係話題があったことや自身の骨折入院などで同級生と再会するきっかけに恵まれ、その後定期的に懐かしいメンバーで飲むことが多くなりました。


..(左)↓堀井真吾「朗読劇」、被災した柏崎母校小学生を激励。(07.10.18)、新潟日報より...
c0119160_18311312.jpgc0119160_18321479.jpg
 ...(左)高校同級会の輪が広がる契機となった4年前の蓮池帰国祝い同級会↑(03年8月)....


<お互い家が近所で定期的に飲んだり唄ったりしている堀井真吾の「物語シアター」を紹介>
    リンク:「物語シアター」
        →12月11日に彼が朗読劇に招待してくれて初めて聴いたが実に素晴らしかった!


<蓮池薫とは大学2年の夏休み帰省時に2人で毎日、柏崎市内のパチンコ屋に通いながら「雀球」を打ちながら、ロック洋楽(イーグルス・レイナードスキナード等)の話で盛り上がっていたものだ。大学3年になって失踪したと聞いてビックリしたものだが・・。甲子園・帰国会・高校同窓会等で帰国後も数回飲める機会があったが元気そうで何より・・!現在翻訳家でデビューし活躍中>

    リンク:「蓮池薫ブログ」      リンク:蓮池薫:「北」の暮らしを語る



特に今年はこのように中・高・大学時代の懐かしいメンバーで飲む機会が多くあった年でした。
飲み会を重ね、同級友達の輪が拡大することでまた新たな再会の楽しみが増えていきます。
サラリーマン生活が終わりに近づいていく中で、その嬉しい機会は益々多くなることでしょう。


     .....(左)↓大学時代の山仲間GDMの再会登山(06年11月)軽井沢・浅間隠山... c0119160_1226444.jpgc0119160_1226593.jpg
....(右)大学クラブ「旅の会」の仲間が高田馬場で退院快気祝いを開催してくれる。↑(07年6月)....

    「GDM30周年記念OB会」(浅間隠山)  ←「RW山紀行3」上から2番目の記事



c0119160_11135179.jpgc0119160_1114571.jpg
           ...中学時代のミニ同級会、いつまでもみんな元気です。(07.12.22)....


...30年ぶりにS木聖二と再会。懐かしい学生時代のことを大爆笑で語り合う。(08.2.5)....c0119160_653224.jpgc0119160_655782.jpgc0119160_66384.gif



★復興の花火

小さい頃から馴れ親しんできた「柏崎ぎおん祭り」の海上花火大会。今年は震災発生のため直前に開催が中止となってしまいました。今年大晦日に一部有志の方が発起して、柏崎の復興を祈念して越年の花火大会を開催しようとしているとのことです。 

    リンク:「ハッピータウン柏崎」

    リンク:「柏崎復興の花火(08.7月)」

 ...「柏崎ぎおん祭り」海上花火大会は長岡花火に劣らず今や全国的にメジャーになってきた。....c0119160_18364611.jpg
c0119160_18373075.jpg



この年末は帰省しない予定なのでこの花火を見られないのは残念ですが、いつか街が復興し活気が戻った「ぎおん祭り」で海面を明るく輝き照らす「大スターマイン」の数々を見てみたいものです。

   ローリングウエスト逍遥日記:「ガンバレ柏崎」

                                                      おわり
 

  by rollingwest | 2007-12-15 17:39 | 故郷の風景 | Comments(37)