<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

<2008年4月27日>秀麗富嶽十二景(その4):奈良倉山

c0119160_8264966.jpg
奥多摩と大菩薩嶺を結ぶ山塊にある「奈良倉山」、ここは秀麗富嶽十二景(山梨大月周辺の富士山絶景ビューの山々)の1つですが、今回は職場で山好きの方の紹介により低山愛好グループ「テオリア」に初参加。皆さんから明るく迎えて頂き、春の新緑山行を楽しく過ごさせてもらいました。


      .....当日は雲の中で見えなかったが、奈良倉山から眺望される富士山風景......
c0119160_7354580.jpg
                 第14回「秀麗富嶽十二景」写真コンテスト入賞作品より


写真家「白旗史朗氏」監修コンテストで有名な「秀麗富嶽十二景」の山々を昨年から登り始め、これが4座目の登頂。ガスで富士は見えず(天気はGood)少々残念でしたが、実におもしろかった~!

                 「秀麗富嶽十二景」デジタルミュージアム



....(左)不思議の花(カサネランという葉緑素のない植物)  (右)木々の芽が膨らむ春の山......c0119160_843630.jpgc0119160_845762.jpg

JR中央本線「上野原駅」に8時過ぎ集合。初めてテオリアの皆さんにご挨拶。富士急バスで鶴峠にて下車。JTの森から植林された山道を登っていくと、まもなく奈良倉山(1349m)に到着しました。
意外にあっさりと到着。晴天なのに残念ながら期待の富士山は見えず~!(冒頭写真でご勘弁・・)


 ....(左)芽吹寸前の木々の道を行く (右)ヤブレガサ(若葉が破れた傘に似ている由来の名)......c0119160_89556.jpg




c0119160_892336.jpg
                                  クリックすると拡大表示されます。↑


さてパノラマが駄目なら最大の楽しみは、心地よい風を受けながら、新緑・芽吹きを味わう山歩き。地面に変わった葉や綺麗な花があれば、ついバシバシと写真を撮ってしまいました。(若干2~3名)
c0119160_812679.jpg


  ...(左)生き々と開き始めるコナラの新緑.....(右)大きなカタクリの花に遭遇。実に鮮やか!...c0119160_8333892.jpgc0119160_8335719.jpg


自然林を歩き抜けていくと松姫峠の林道に出ました。最盛期には富士急バスは1300m近いこの峠まで乗り入れており、ハイカーの新コースとして人気が高まっているようです。ここから程なく次のピーク鶴寝山に到着。さあ昼食!手作りラーメンや手持料理を振舞い合い楽しい時間が過ぎていく。


...(左)テオリアの皆さんと集合写真(奈良倉山頂)... (右)昼食風景、皆お互い実に面倒見がよい...c0119160_836161.jpgc0119160_8361436.jpg

するどい突っ込みとボケの応酬が常に飛び交いワイワイと明るく楽しいテオリアの皆さんでした。c0119160_18325372.gif
マイブログに時たまコメントを頂けるリトルセサミさんは写真のプロ。道具にもこだわり抜き、十数万円もするカメラ(レンズ代は別)を最近買ったとのこと。三脚も数万円・・・、スゴイ!


 .....(左)トチノキの大木を見上げるS川さん......実が猫の目に似る↓.ボタンネコノメソウ(右)....c0119160_844596.jpg









c0119160_8454718.jpgc0119160_8502725.jpg
.....(中)苔に覆われた二股の倒木、縦にすると↑コマネチッ!・・(あっ品がなくて失礼~)......


    .....トウゴクミツバツツジが鮮やか! 芽吹きの淡緑と、紫の花のコラボは心が和む。.....
c0119160_8553018.jpg



さて本コースの目玉は「オオトチの巨樹」と「ワサビ田」です。山腹を巻くように下山道を進んでいくと、涸れ沢がぶつかる曲り道にその「神々しい栃の巨大樹」は斜上するように鎮座していました。
その高さを全て写真では表現できませんが、下から見上げた画像でその大きさをご想像あれ!
c0119160_8573726.jpgc0119160_858192.jpg
 .....ついに出た、トチの巨大樹!下から見上げるとムーミンかトナカイが変化した巨大怪獣だ~!.....
c0119160_925211.gif


さらに下って沢筋が近くなると段々畑然とした「ワサビ田」に遭遇!清冽な谷間の流れに沿って営まれています。若々しく柔らかなワサビの葉には白い花が点々と咲き、そよ風に揺れていました。

     .....渓流沿いには「ワサビ田」が棚田のようにも見える。実に風情と清涼感がある。......
c0119160_934878.jpgc0119160_94882.jpg
静岡時代にはよく遭遇した光景だけど、まさか東京近郊でこんな場所があったとは・・(目にそよぐ)
c0119160_962181.gif



登山道はやがて人里に入り、いよいよゴール。終点での楽しみはもちろん温泉!ここで浸かった「小菅の湯」は非常にツルツルとした名泉でした。この泉質は、国内の有名な温泉やかけ流し温泉にも十分渡りあえる素晴らしさです。本当にオススメ、皆様も是非とも一度訪れてみて下さい。

....(左)鄙びた民宿とユキヤナギ  (右)小菅の湯に到着~(最近人気上昇の穴場らしい)......c0119160_981545.jpgc0119160_983120.jpg
c0119160_9101840.jpg

     .....「小菅の湯」入り口の前には、美しい菜の花畑が広がっていた!......
c0119160_911664.jpg


最近、JR中央本線沿線の山に行く機会が増えました。自宅から2時間以内で行ける近さは非常に魅力的です。そして結構穴場の見所や温泉が多いことも新発見。昨年から秀麗富嶽十二景の山々は自分にとっての確実にマイブームとなってしまいました。さて5番目はどの山にしようかな。
c0119160_9114066.gif

                                                       おわり

        リンク:「秀麗秀麗富嶽十二景」に関する記事、過去登った山の記事はこちらから。

  by rollingwest | 2008-04-28 07:32 | Comments(16)

<2008年4月20日>青梅:昭和レトロの歩き旅(その1) 

★昭和レトロの街「青梅」

東京青梅市は人口7万人強。マラソンで有名ですが、駅前周辺は青梅宿(青梅街道宿場)の雰囲気が残り、タイムスリップしたようなレトロな街。川と丘陵に挟まれた自然溢れる山里風景も広がります。
日頃・山に嵌まっているおじさん3人は、昭和レトロの平地や丘陵歩きをじっくり楽しんできました。

c0119160_22185663.jpg


今回の趣旨は小生の山友人である2名の「強モノ」を初めて引き合わせる機会でもあったのです。
その両雄は、「食山人さん」(毎週登山の雄)と、「マツさん」(日本200名山を180座近く制覇)。

           秋田・岩手の名山を訪ねて(食山人さんとの山行)
           奥多摩「大岳山」レポート(マツさんとの山行)


        ......「ある愛の詩」の映画看板や「怪人二十面相」が迎える「昭和幻燈館」......
c0119160_22363130.jpg
 
今後幾つか残っている「難関200名山」を一緒に登れる仲になればいいかなと思っていましたが、2人とも大いに意気投合してくれて(山の造詣の深さ・日本酒好き)、実に紹介し甲斐がありました。c0119160_22314073.jpg
c0119160_1825186.gif




★「青梅鉄道公園」

まず訪ねてみたのは「青梅鉄道公園」、昭和37年に鉄道開業90年記念で開所した公園。
さすがに50年近い建物、老朽化・人もまばらで寂れた感じでしたが、桜や新緑のもとではSLや新幹線も元気に見えます。食山人氏も今から20年以上前、幼少の息子さんを連れてきたとのこと。


       ......「青梅鉄道公園」のSLと、新緑の下で静養していた初期新幹線の車両......

c0119160_22395975.gifc0119160_22403172.jpgc0119160_22411240.jpgc0119160_22413912.gif

私は「テツオ」ではありませんが、鉄道マニアの方は以前公開の「大宮鉄道記念館」記事も再見~。
                                        大宮鉄道博物館のレポ-ト
あの規模に比べるとかなり物足りない気はするけれど、この鄙びた感じもなかなかの味わいあり。



          ......山里の青梅はまさに桜が花盛り!花に囲まれたSL達だった。......c0119160_2254920.gif
c0119160_225364.jpg

       .....記念館で紹介されていた.青梅の歴史。でもやはりマラソンが一番有名だよね。....c0119160_22551581.gifc0119160_2255312.jpgc0119160_22554334.jpgc0119160_2256142.gif




★青梅:山里の春

青梅の春の山里風景は、秩父の雰囲気に似ています。歴史ある街並みに素朴な風情。
鉄道公園からはJR青梅線と平行して丘陵のハイキングコースが整備されており、軽い足慣らしにはうってつけ。新緑の山々(淡い緑で光っていた)、遅い満開桜などで今が一番いい季節・・・。

  ....(左)青梅の里、散策路での神社と桜。(右)シャガの花弁で寛ぐ草虫↓、まさに春到来~......c0119160_231012100.jpgc0119160_23103981.jpg

 .....日頃、山に嵌っている食山人殿。たまには平地歩きもいいね~と大いに楽しんでいました。.....c0119160_23164778.jpg











c0119160_23171255.jpg

しかしこの2人、やはり超健脚でメチャクチャに足が速い。チンタラと写真を撮りながら歩いている小生は、あっという間に離されてしまい常時最後尾。3人で山に登る時、俺は完全に足手まといだな・・・。


 .....(左)淡い新緑に彩られる青梅の山々 (右)新緑の山麓にはレトロの青梅市が横たわる....c0119160_2318464.jpgc0119160_23182064.jpg


.....(左)青梅線の単線踏切。電車が通過~!(右)旧稲葉家(江戸時代の町年寄り)の内部風景.....c0119160_23204635.gifc0119160_23192015.jpgc0119160_23194141.jpg


「青梅」の地名ルーツは金剛寺の青い梅伝説。金剛寺の梅は、平将門が植えた「誓いの梅」と云われ、梅の実が秋になっても青々としていることから「青梅」と呼ぶようになったといわれています。
ここは梅より「枝垂れ桜」の方が有名。やはり寺社価値がより高まるものは梅・桜・紅葉でしょうか。


.....「枝垂れ桜」の金剛寺(真言宗の古刹)、境内にある青い梅こそが青梅市の起源。.....c0119160_23325476.jpgc0119160_2333658.jpgc0119160_2333172.jpg
   ......山里の民家の庭には咲き誇る桜、「藤の蕾」も開花が近い、風情があるねえ・・・......
c0119160_23365468.jpg


途中で道を間違えるハプニングもありましたが、このおかげで青梅の里の春を楽しむことができて「ケガの功名」・・・。庭木や畑には花や野菜たちが実に生き生きとした表情を見せていました、


    .....(左)タンポポと綿毛が可憐   (右)躑躅・スノーフレーク(鈴蘭水仙)・芝桜が咲き誇る......c0119160_23382655.jpgc0119160_23392624.gifc0119160_23394586.jpg

......春の畑のネギボウズ、あざやかな花々と一緒に元気に育っている。風情ある田園風景......
c0119160_23414182.jpg

さあて、山里の自然を楽しんだ後はいよいよ「昭和レトロ」の真髄に触れに行こう~! トトロ→レトロc0119160_23422875.gif

↓青梅:昭和レトロの歩き旅(その2) に続く

  by rollingwest | 2008-04-25 22:17 | レトロな風景 | Comments(23)

<2008年4月20日>青梅:昭和レトロの歩き旅(その2) 

↓青梅:昭和レトロの歩き旅(その1)から続く


★青梅レトロタウン散策

「青梅レトロタウン」はJR青梅駅の東側エリアにあり、「昭和レトロ商品博物館」「赤塚不二夫記念館」等のお宝物展示館が旧青梅街道沿い「キネマ通り」を中心に点在しています。商店街のあちらこちらに古い映画の看板が据付けられ、街全体に昭和時代の懐かしい雰囲気が漂っていました。

           .....いや~懐かしい昭和レトロの街、じっくりと味わってみよう......c0119160_10535652.jpgc0119160_1054936.jpg

     ....青梅の街・全体でこのコンセプトに協力し、店舗に映画館看板を掲げている。....c0119160_10554195.jpgc0119160_10561100.jpg


「レトロタウン」誕生のきっかけは、青梅が最も栄えた昭和30~40年代をイメージして、町おこしを進めたことが始まり。昭和風情を再現したJR青梅駅、街なかの映画看板、昭和を懐かしむ博物館、ノスタルジックな気分を楽しんでもらおうという、市民全体で取り組む意気込みが伺えます。

c0119160_10573477.gif
c0119160_1058639.jpgc0119160_10583024.jpg

春の自然路を歩いたあと、3人は蕎麦屋で一杯。日本酒好きな御二方は早速に奥多摩産の銘酒「澤乃井」(小澤酒造)を注文。この辺りから2人はもう意気投合、杯を重ね合っておりました。(笑)c0119160_18331090.jpg

c0119160_115949.gif

       ....「昭和レトロ博物館」に入ると、いきなり懐かしい東宝怪獣映画のポスターが!....c0119160_1163961.jpgc0119160_1165472.jpg
    (左)ゴジラ(隅田川・勝鬨橋)         (中右)モスラ(東京タワー)c0119160_1181886.jpgc0119160_1183632.jpgc0119160_1184890.jpgc0119160_119061.jpg
            (中左)ラドン(佐世保・西海橋)  (右)キングギドラvs三大怪獣(相模湾)

 
「昭和レトロ博物館」では、昭和時代の懐かしい商品や店舗・看板・ポスター等のお宝物に再会!
やはり昭和30年代の東宝怪獣映画は最高ですね~!四大怪獣がデビューしたあの時代こそが、怪獣映画のあるべき姿だ!真面目なストーリー仕立で、未知への恐怖と夢、雰囲気がありました。

      怪獣特撮TVゆかりの地を訪ねて(←懐かしい怪獣たちにいっぱい会えるよ~)

      円谷プロゆかりの地が閉鎖(←懐かしい怪獣のぬいぐるみたちの今後の運命は?)



        ....懐かしい昭和の裏通りが再現、水原弘の「キンチョール」ブリキ看板もある。....c0119160_11252097.jpgc0119160_11253153.jpg
         ....「由美かおる」って、死ぬまで歳をとらない感じだなあ・・。....c0119160_1127565.jpgc0119160_1128674.jpg
....(左)昔よく行った駄菓子屋風景....(右)小泉八雲作「雪女」は青梅民話がルーツだったとは!....c0119160_11294376.jpgc0119160_11295819.jpg

ちょっと薄暗い電灯に、暖かみのある数々のアナログアイテム、何か昔小さい頃に友達と原っぱで夕方暗くなるまで遊んでいた頃の光景が蘇ってくる・・。まさに「三丁目の夕日」、あの日あの時代!


      ....(左)「昭和レトロ博物館」の外観....(右)ダークダックスと赤塚不二夫が「シェ~!」....c0119160_11314138.jpgc0119160_11323729.jpg






c0119160_11324924.jpg

隣接の「赤塚不二夫記念館」も懐かしい。昔「漫画少年」だった私は赤塚キャラクター(おそ松くん・天才バカボン・もーれつア太郎等)が大好きでした。自作漫画を弟に読ませ楽しんでいたもんだなあ・・・。


     ....赤塚不二夫は無類の映画好きだったらしい。 「禁じられた遊び」のポスター↓....c0119160_1145236.jpgc0119160_11453849.jpg

     ...小学生時代に夢中で読んだ少年マガジン・サンデー・キング等の雑誌も沢山展示....c0119160_11471668.jpgc0119160_11473136.jpg

そういえば、先日「少年マガジン(講談社)とサンデー(小学館)が提携」というニュースが流れていました。かつては2大少年雑誌のライバル同士でしのぎを削り、両雄として君臨していたのに・・!
ネット普及や趣味多様化、携帯で小説が読める時代にもなり、出版業界も相当な苦境のようです。


   ...青梅の地は、やはり昭和レトロの宝庫だった。ああ「昭和は遠くなりにけり」....c0119160_114913.jpg












c0119160_11491960.gif


c0119160_11572283.jpgc0119160_11581227.jpg


子供は携帯やPC・ゲームに夢中でもう外では遊びません。ちまたにモノはあふれ、娯楽や趣味も多様化、もう日本国民が共通の音楽・TV番組を家族団欒で楽しむという時代も戻ってはきません。昭和高度成長期が少年時代だった我々世代は、このようなレトロ街に何度も足を運ぶことでしょう。
  
                                                       おわり



PS:そういえば今日は「昭和の日」だった! RWにしては珍しくタイムリーなUPじゃん!(笑)
                                                   (08.4.29)

  by rollingwest | 2008-04-25 19:08 | レトロな風景 | Comments(24)

<2008年4月6日>真空管アンプの喫茶店(同級生と過ごす春の日) 

★真空管アンプの喫茶店


団塊の世代を中心に「真空管アンプ」が最近ブームだという噂は2~3年前から耳にしていました。
会社をリタイアし比較的裕福なこの世代の人たちが、昔懐かしいLP時代を思い出して、真空管のアンプの手作りコンポーネントでいい音響を楽しみたいというニーズが高まっているからです。
c0119160_1958332.jpg

地元・元住吉に住む同級生H井真吾からで「このコンセプトの喫茶店が駅近くあるので是非とも行こう」と誘われ、Rスチュワート好きな「猫わか様」も巻き込み3人でこのレトロな店を訪れてみました。元住吉駅からブレーメン通りに出てすぐ右(地下1F)にある「ゼフィラス」という真空管アンプ喫茶店です。


.....(左)同級生のH井真吾・猫わか様と店内で・・(近撮はさせぬぞ!と→1人はお面着用).....c0119160_19584968.jpgc0119160_1959468.jpg
    .....(右)これぞ今、音響マニアにブームの真空管アンプ↑、そして懐かしのレコードプレイヤー.....


我々は団塊世代より10年程あとの「ウルトラマン世代」ですが、青春時代にプレイヤーでLPを聴きまくった境遇は同じ。昔の高性能オーディオ機器やLPアルバムが並んだ店内に入った途端、懐かしさが込み上げてきました。成程、アンプには立派な真空管が何本も植えつけられ、オレンジ光を放っています。

c0119160_2042573.jpg
c0119160_20654.gif


「真空管はデジタルよりいい音と言うけれど何が違うんですか?」マスターに聞くと、「音自体が特別いい訳じゃないけど音の感じ方・雰囲気の違いですよ。」・・とチョット意外な回答でした。
「デジタルは上下音域がカットとされるから重み・深みが出ない」というマニアの声も聞きますが、「針を落とすブチッというアナログ音で感じる温かみや感慨」か?要は主観・自己満足の世界なのかなぁ。


   ....(左)生まれて初めて購入したS&GのLP(私の原点)と実に数十年ぶりに偶然再会!....c0119160_208980.jpgc0119160_2082898.jpg
.....(右)当時LPの中に入っていた解説書と、付録カレンダー(ミッシェル・ポルナレフだ!懐かしいスター達).....


そしてLPジャケット棚から、何と懐かしいアルバムが出てきたのです!「サイモン&ガーファンクルの赤盤グレーテストヒッツ」。これこそ私が洋楽に興味を持ち始めた13歳の頃、生まれて初めて買ったLPレコード!昔、沢山集めた実家のLPはもう何処かにいったのにこんな所で再会できるとは・・。
そして付録の洋楽スターのカレンダー(部屋に貼っていた)も入っている。まるで新品同様じゃん!


  .....(左)S&G「明日に架ける橋」 (右)デレク&ドミノス「いとしのレイラ」、Eクラプトンの名盤.....c0119160_20214484.jpg
c0119160_2022294.jpg

3人はマスターの薀蓄に耳を傾けながら、美しいS&Gサウンドやエリッククラプトンの泣きのギターを聴いて懐かしい時間を過ごしました。(猫わか様・お気に入りのロッドスチュワートはなかったけれど・・)



◆◆◆♪それではユーチューブで↓懐かしい音楽・名曲を是非お楽しみ下さい。♪画面の△を1クリック

           サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」
           エリッククラプトン(デレク&ドミノス)「いとしのレイラ」
           ロッドスチュワート「セイリング」
           ミッシェルポルナレフ「ホリデイ」

上記の記事は最近ブログで知り合いになった「ださいおさむ氏」の「Reason to Live」というコーナーで、洋楽名曲の歌詞を自訳して思い出や薀蓄を語るサイトです。一遍に嵌まってしまいました。
c0119160_2101353.gif

私より2才前後年下のようですが、好み曲がお互いピッタリ合っており、また実によく詳しい。(超博識)
昔聴きまくった名曲が走馬灯のように蘇り懐かしさを堪能、新たな発見もさせてくれるNICEブログ!

  ◆◆◆本ブログ゙メモ欄にリンク紹介しています。是非と定期的に楽しんでみてください。◆◆◆    




...(左)喫茶店のマスター(多分、団塊世代で過去は長髪・洋楽キチ) (右)店の前で同級生H井と....c0119160_2113613.jpgc0119160_2122297.jpg

前回の記事でも述べましたが、やはりレコードを擦り切れるまで入れ込み感をもって聴いていた我々の青春時代。夢中になった名曲はそれぞれ違いますが時代を共有できていることが嬉しい。

                         RW:洋楽(ロック・POPS)の記事シリーズ





★洋館公園で過ごす春のうらら日

c0119160_21434811.gif
趣味多彩な「猫わか様」は洋館建物もお好きなようなので、近隣にある「大倉山記念公園」(2月に梅が満開の時期に訪問)へ案内しました。当日はもう桜が最後の時期となって葉桜模様でしたが、当日はポカポカ陽気で到来の春を実感するにはもってこいの日でありました。 

                  梅満開時の「大倉山記念公園」(2月)


.....(左)大倉山記念館に向かう御二方  (右)広場でサルサを陽気に踊るラテン系?の人達.....c0119160_21451191.jpgc0119160_21454480.jpg
c0119160_21472623.gif
....(左)いよいよチューリップの季節ですなあ。 (右)ホール天井には獅子と鷲が刻まれていたんだ!.....c0119160_2149212.jpgc0119160_21492161.jpg

洋館好きの「猫わか様」の見学ニーズも満たし、2月に梅林が紅白満開だった谷地の公園を散策。
輝くような新緑にはまだちょっと早いものの、芽吹きの木々から溢れ出す生気を吸い込みながら、到来したばかりの春の喜びをじっくりと、ゆったりと味わうことができました。


        .....新緑一歩手前の木々、当公園の畝り木はかなり芸術的な姿を見せている・・・。....c0119160_21583829.jpgc0119160_21585058.jpg

     ....水仙も実に綺麗!さあ、これから花や新緑の季節ですなあ・・ワクワク!c0119160_2385767.jpgc0119160_2216681.gifc0119160_22163849.jpg

人生も大台を過ぎると、同級生(まだ30歳台だと言い張る人もいますが)との再会の機会が嬉しく、青春時代に夢中になった音楽・趣味などをレビューしたくなるものなんだなぁ・・と実感します。
当時には知りえなかったそれぞれの一面や深みを再発見し、それらを自分に刻み込みながら・・。
今日は本当にいい春の一日でした。


                                                    おわり

  by rollingwest | 2008-04-18 19:59 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(20)

<2008年4月>「ブログ開設1周年ご挨拶」 & 「サ・ク・ラ・(2008)レビュー」


★ブログ開設1周年のご挨拶
c0119160_13581636.gif
昨年4月(桜が満開だった頃)、無事退院したことを機にブログ開設してちょうど1年となりました。
まさにマイブームとなってしまい「ブログは嵌まるぞ~」と言っていた人の気持がよくわかりました。四季の節目をレビューしたり、旅先に逍遥した時の光景や心境を何度も噛み締められたり、今までの自分の趣味をあらためて整理し心に刻み直してみたり・・・と、実に楽しいものですね。
c0119160_13592388.gif
この間、何人もの新しい方とも(まだ見ぬ人も多く含めて)お友達になることもできました。
2年目に入りますが、ますます皆様と交流を深めていきたく今後ともよろしくお願いいたします。

                       ブログデビューのごあいさつ:「雪は桜に」(07年4月)


★サ・ク・ラ・(2008)レビュー

周辺風景はもう葉桜・・。今から新緑の季節を迎えようとしている時にいまさら「桜の記事」も遅きに失しますが、やはり季節の節目にサクラ光景は欠かせません。撮り溜めていた写真を一挙公開~!
私の記事は結構タイムリー性に欠ける場合(今回もそれに該当)も多いのですが、ご容赦下さい。c0119160_14524297.gifc0119160_1463117.gif
今年の桜は例年になく、元気が漲り実に綺麗に咲いていた気がします。(梅も同様でしたが・・)
「冬の寒さは厳しく、春になったら一挙に暖かく・・」と、やはりメリハリが効いた季節の移ろいのほうが花の色を美しくクッキリとさせるのでしょう。     何事もダラダラはいかんですね・・(笑)




★皇居東御苑(千代田区)

皇居の二重橋や外苑は昔何度か訪れたことがありましたが、東御苑(江戸城の本丸があった所、平川門から大手門へ抜ける)は今迄よく知りませんでした。昨年から大手町勤務になり昼休みでも気軽に行けるようになったので、季節の移ろいや花を楽しみに年数回訪問し、ブラついております。


....東御苑「平川門」入口。原則、月・金を除き一般無料公開される。(最寄駅:大手町・竹橋)....c0119160_14164655.jpg
c0119160_14171784.jpg

             
    .....皇居東御苑の「本丸跡公園」には大きく横枝垂れしていた立派な満開サクラが!.....
c0119160_1418146.jpg
c0119160_14192090.gif
東御苑の小高い丘を登っていくと、非常に広い芝生の公園に出ます。ここは「本丸跡公園」という場所で何と11万㎡以上あるそうです。(東京の中心部にこんな広い敷地が・・・!) ここには昔、江戸城の天守閣がありましたが、1657年「明暦の大火」(振袖火事)で焼失してしまったとのこと。


   .....(左)白く清廉で鮮やかな満開桜は感動的! (右)春の芝生で談笑する外人さんたち.....c0119160_1440762.jpgc0119160_14403071.jpg

立派な桜が取り囲むように咲き誇る広い芝生には、平日昼にまばらな人たちが憩っていました。
東京の超ド真ん中なのにこんなにも人口低密度なエリアで桜を楽しめるとは実に贅沢ですなあ・・。
満開の盛りを迎えたばかりの萌え桜!花のひとつひとつが天に向かって反り立っているようだ!

 ....(左)落ち着いた雰囲気、諏訪の茶室。(右)江戸城天守閣の跡に登る。遥かに高層ビル群.....c0119160_14221422.jpgc0119160_1423645.jpg
c0119160_14245333.gif
c0119160_14251035.gif
 
遠方にはひしめく丸ノ内の高層ビル群、今ここに身を置く所は広々とした緑の贅沢な公園敷地・・、
このアンマッチが「皇居の魅力」ですね。東京は意外と緑の面積が結構大きい都市だと感じます。
これから新しい緑が萌え始め、大都市・東京のオアシスとして鮮やかに輝いていくことでしょう。

   ......本丸跡地の広大な芝生では、老夫婦が仲睦まじく座り春の訪れを楽しんでいた。.....
c0119160_14261986.jpg
   ......(左)大手門に向けていくと高層ビルも近い(新緑はまだ先)。(右)大手壕の枝垂桜.....c0119160_14265617.jpgc0119160_1427152.jpg

さ~て昼休みも終わり、午後からの仕事に戻りましょっかね。
次に来るのは、新緑や初夏の花が咲く頃ですかね~!爽やかな風が心地よい日に来よっと。



★津田山「緑ケ丘霊園」(川崎市)

地元川崎市にもいくつか桜の名所はありますが、高津区の津田山「緑ヶ丘霊園」もその1つです。
名前の通り、市営の公園墓地で、小高い丘陵地には数え切れないほどのお墓が密集しています。
今年の桜は開花が早く4月には桜が散ってしまいそうなので、3/29に弁当を持ってお出かけ~

          ......霊園の桜道には家族連れ・カップルが気持ちよく散歩.....
c0119160_1458451.jpg

アクセスはJR南武線津田山駅を降りてスグで、非常に行きやすい。駅前を降りれば、露天が並び今日はやや風が強いけど絶好のお花見日和です。またもビールをもって春のおじさん状態へ・・。
ここは600本の古木桜が沿道に並び、桜トンネルがズ~っと続いているところが魅力的ですね。
c0119160_14591678.jpg
  .....(左)鮮やかなコブシの花。 (右)おもろいね~!幹木から直接花びらが生えている。↓....c0119160_1502121.jpgc0119160_1504340.jpg

墓地の脇のあちらこちらでお酒を飲んでワイワイやっている光景もちょっと違和感もあったけど・・。
まあ花盛りの陽気な春の日ですから、お墓に眠る方々も許してくれるでしょう。むしろ、久しぶりに下界の人と一緒に酒盛りできて喜んでるかも・・。ここには藤子F不二雄氏のお墓もあるようです。c0119160_152013.gif
   .....華やかな桜の咲きぶりは実に見事!.霊園なので雰囲気は静かで落ち着いている。.....c0119160_1525654.jpgc0119160_153825.jpg

地元や神奈川県内でも行っていない桜の名所はまだまだ多く残っています。もっと探してみよう。
さて来年はどこの桜の下で弁当を広げてビールを飲もうかな・・?




★目黒川(目黒区)

東京の目黒川の堰堤桜は有名なスポット。昨年「歌舞伎界のプレイボーイE蔵と女優TSがデート」と芸能ネタでニュースが報じられていました。おじさん一人で寂しいけれど定期券の途中駅だし、「見るならば夜桜だ!」・・と仕事帰りに日比谷線中目黒駅で下車して川沿い散策を楽しみました。

           ......まるで白い蝶の群れが川の上を飛んでいるようにも見える!......
c0119160_1594821.jpg
c0119160_15112815.gif
      ......都会一等地の堰堤夜桜というのも素晴らしいものですね。......c0119160_15124226.jpgc0119160_15125946.jpg
ここはJR目黒駅や田園都市線池尻大橋駅からもアクセスできる8kmに渡って続く桜並木です。
上記の芸能話題で有名になったためか、近年人気が急速に上がってきたメジャーSPOTの1つ。
c0119160_15142344.jpg
  ...(左)橋げたから夜桜を撮影するカップルたち。 (右)川面に提灯の光が浮かび上がる。.....c0119160_15252217.jpgc0119160_15253488.jpg
やはり夜桜はいいですねえ・・。紅白提灯が並ぶ宴会風景が日本の典型的なお花見光景ですが、間接照明に浮かぶ幻影堰堤を歩いていく楽しみ方もリッチな感じがしてたまにはいいものですな。c0119160_15263295.jpgc0119160_15265111.jpg
    ...さすが!芸能人や著名人も歩く有名な目黒川沿いの桜、リッチだねえ・・・。.....c0119160_1528085.jpg











c0119160_15283033.gif

周辺にはブティック・高級雑貨店、和風・洋風のお洒落な店・レストランが軒を並べており、実にいい雰囲気。光に映える美しい夜桜は、恋するカップル達には絶好のデートスポットなのでしょう。
c0119160_2040251.gif
さぁて・・、そんなロマンチックに関係ねエ~おじさんは、早く家に帰って缶ビールでも飲もうっと・・!プシュc0119160_1643164.gifc0119160_15332095.gif

                                                     おわり 

  by rollingwest | 2008-04-12 13:56 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(16)