<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

<2009年9月5日>盤越国境の200名山「御神楽岳」


★新潟県の山

           .....新潟県の地図、御神楽岳(クリックすると拡大で見られます。).....
c0119160_8114037.gif

新潟県は南北に長く広大であり、山形・福島・群馬・長野・富山の5県と隣接しています。県境には奥深い山々が数多く鎮座して山が豊富な県です。今回訪ねた「御神楽岳」は東蒲原郡(福島県境)に鎮座する200名山。先日登った雨飾山(糸魚川)も同じ新潟県ですが150㎞も離れています。


       .....御神楽岳の上空立体地図(今回、我々はラクチンな室谷コースから登った).....

c0119160_8134718.jpgc0119160_8144432.jpg
c0119160_815528.jpg

RWの同郷県内とはいえ、磐越国境あたりの山は殆ど未知の領域です。御神楽岳は昨年秋Fツアーで企画されたものの、天候悪化で延期となった経緯(あの時は手違いで集合予定の夜に、小生は待ちぼうけを食らってしまった因縁あり・・・笑)から今回は2年越しのリベンジ山行となりました。




★雨中の出発

9月4日(金)22時、参加者は赤羽駅に集合し夜行バスで出発。東北道で会津方面から新潟県の旧・津川町(現・東蒲原郡阿賀町)に入ります。眠っている間に室谷登山口に到着。(これがFツアーの素晴しさ!) 目覚めて出発準備を始めたら、突然の大雨!天気予報は悪くなかったのに・・。
c0119160_905171.gif

               ......登山開始時は激しい大雨、小降りになってから出発.....
c0119160_8265729.jpg
c0119160_8272719.jpg

今回の室谷コースは平成9年に再整備された新道で、傾斜は終始穏やかで楽なルート。物足りなさを感じますが、もう一つの蝉ケ平コース(以前の主道)は長くて険しく、こちらの方は相当厳しいかも・・。


         .....「老木下の沢」の流れに沿って登る。ちょっとしたミニ滝も出現。.....
c0119160_925781.jpg
c0119160_93338.jpg


   .....(左)高貴な紫・ミヤマトリカブト (中)山葡萄の真っ赤な蔓 (右)鮮やかなピンクのガクアジサイ....
c0119160_992599.jpgc0119160_993650.jpgc0119160_995495.jpg

「老木下の沢」や「最後の水場」で一息を入れて、東西に延びる木立の尾根を越えていきます。
朝降っていた雨は完全に止み、少しずつ晴れ間が覗いてきた!今回も♪「いけそうな気がする~」




★頂上付近にて

        ......(左)御神木のような大樹 (右)御神楽岳の頂上。(入)の漢字の如し.....
c0119160_9283288.jpg




c0119160_929761.jpg

大森山を通過すると、蝉ケ平コース(長く険しいルート)と頂上との分岐点「雨乞峰」に到着。雨乞いなんかしてないっチューに・・!(晴れ乞いを念願) その願いが通じたのか、どんどん青空が開ける!

c0119160_9273679.gif

  ......(左)「雨乞峰」で晴れてきた!(右)登頂したが展望は開けず、ブヨだらけ~。早く退散!....
c0119160_9413530.jpgc0119160_6481028.gifc0119160_9415528.jpgc0119160_9421147.jpgc0119160_9415528.jpg





c0119160_6481028.gifc0119160_9415528.jpg

あと約10分!もう頂上は間近だ・・。ようやく待望の場所に立ってみたら落胆・・、そこは全く展望が利かずに、ブヨの大群が渦巻いている。コリャ、堪らん!登頂写真を撮った後は逃げるように下山~


 ......(左)峻険な岩峰が本来見えるはず (右)雲の合間から岩壁の一部が見えたがチョットだけ.....c0119160_10141556.jpg



c0119160_10143884.jpg

Fツアーの皆も頂上からそそくさ先程の分岐点「雨乞峰」へ逃れてホッと安堵!ビールで乾杯&昼食。
雲量はどんどん鎮まり、高気圧に覆われ始めて蝉ケ平コースから望めるはずの大岩峰の片鱗も垣間見えてきた!そして遠くには日本海の眺望も開けてきたぞ。前回・雨飾山に続いてのJapan・sea!


        ...... 沸き立つ芸術的な雲の小島群、遥かなる向こうの青は日本海.....
c0119160_10194255.jpg






★光り輝く瑞々しい下山路


頂上パノラマを楽しんで下山、ピストンで同じルートを戻ります。やはり太陽光が豊富だと沢の水や森林はどんどん眩しく輝くね~!雨上がり後だけに、木々の水摘が一層に反射しているためかな・・

             .....光りが溢れてくるとブナ林は一層Vividに輝きを増す。.....c0119160_10223337.jpgc0119160_1023189.jpgc0119160_10231449.jpg


c0119160_12584931.gif
c0119160_10231449.jpg





c0119160_1033537.jpg


              ......下山路の水場、美味しい水に疲れが癒される。.....
c0119160_1040596.jpgc0119160_10393167.jpg

そして最後は定番の温泉。今回山自体はルートの面白みが少なかっただけにこれが最大の楽しみ。


         ......無事下山!御神楽温泉の露天風呂で心は豊かに~!.....
c0119160_1045099.jpg



c0119160_10452352.jpg


     ......御神楽岳は上川村(新潟、旧・津川町の近く、西会津の県境付近)に鎮座する。.....
c0119160_10481818.jpg





★越後から会津国境の風景


            ......阿賀野川の上流付近の光景、奥深い山に清流がユッタリと.....
c0119160_1145669.jpg

バスから見た帰路光景は実に感動しました。山奥深い渓谷&水田風景、いい雰囲気があります。魚沼付近も好きですが、この辺りの光景は人が殆ど入らない場所だけに一段と風情が深い・・。


        ......(左)バス車窓から見る激流  (右)新潟・阿賀町の水田風景を見ながら往く.....
c0119160_1175777.jpg
c0119160_1182718.jpg



            ......旧・津川町(現・阿賀町)の国道から見る磐越国境の山々.....
c0119160_11141637.jpg

車窓風景は平坦で広大な田園風景に変わってきた!バスはもう福島県に入っています。遥かには名峰「磐梯山」が見えるではないか!野口英世が生まれ育った会津の農村。磐梯山はこちらから見ると鋭角でなだらかな稜線ですが、裏に廻ると明治大噴火(1888)の爆裂火口に姿を変えます。


          ......福島県に入ると、緑に輝く西会津の稲田。遥かには名峰「磐梯山」.....
c0119160_1115766.jpg

越後から会津に国替えとなった上杉景勝・直江兼続もこの風景を見ながら会津若松に入ったはず。この道は義経・弁慶も北陸~平泉への逃避時に通過しており、歴史的には古からのメイン幹線ルート


                             リンク記事:天地人(景勝・兼続)のルーツを訪ねて

         .....会津に転封となった景勝・兼続(NHK「天地人:さらば越後」の場面より)....c0119160_1315494.jpg
c0119160_11175878.jpg



           ......(左)磐梯山の優美なシルエットが迫ってきた。 (左)会津の川風景.....c0119160_11234544.jpgc0119160_11273439.gif


c0119160_11281132.jpg

余程のことがなければ、このルートを通過することは殆どありません。今回の「御神楽岳」山行自体は楽チンコースを選んだので印象は薄かった(山のパノラマの方は、登った御神楽岳より磐梯山の方がよかった)けれど、風情と雰囲気がある会津国境の風景を見ることができ素晴しかったね~!


       .......再び、「御神楽岳」のスラブ岩壁、下越の谷川岳とも呼ばれる(ネット写真より).....
c0119160_11403091.jpg

今夏は雨に悩まされ、岳人は満足な山旅を味わえないことが多かったですが、9月に入ると安定的な秋晴れの日が続きました。さ~て次は秋の大型連休(シルバーウィーク)に向け北海道の山に挑戦!

                                                       おわり





次回記事は、「日高山脈の遥かなる難関峰:ペテガリ岳」(前編)を紹介します。
c0119160_1141542.jpgc0119160_11523298.jpg

  by rollingwest | 2009-09-12 08:05 | Comments(27)