<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

<11年1月22日>甲斐の国・探訪(その2): 山梨県の富士山(中編)

                                                                   甲斐の国・探訪(その1)山梨県の富士山(前編)より続く



★富士吉田と富士急行


前編では吉田の火祭りや浅間神社を紹介しましたが、まだまだ富士吉田市からの記事は続きます。
中編は、富士急関連情報・地元名物吉田うどん、富士山レーダードーム館レポートをお届けします。


        .....富士吉田から仰いだ朝の冬富士、クローズアップ(10年1月)....
c0119160_1604546.jpg

富士山への電車アプローチは富士急行が便利。09年8月、開業80周年を記念し「富士登山電車」という観光列車(大月~河口湖間)の運行をスタートさせました。まだ乗ったことはありませんがこの車内の内装写真を見ると豪華!今年夏に富士吉田駅を「富士山駅」改名して相当リキが入っているなあ・・



  .....(左)7月、富士吉田駅を「富士山駅」に駅名変更 (中・右)「富士登山電車」、お洒落な内装....
c0119160_21353237.jpgc0119160_21364959.jpgc0119160_2137527.jpg


富士急オーナー会長は堀内光雄氏、衆議院議員10期当選(労働、通産大臣、自民党総務会長歴任)の大物政治家(宏池会派閥長も経験)。09年衆院選挙では民主党旋風で落選してしまいましたが・・


        ......(左)富士吉田の周辺地図  (右)富士急のドン・堀内光雄オーナー....
c0119160_21424874.jpgc0119160_2143764.gif

c0119160_2159166.jpg


c0119160_21432945.jpg


富士急ハイランドには広い屋外スケートリンクがあります。30数年前に学生仲間と行き、初スケート体験をしましたが転んでばっかりいたなあ・・(苦笑) 富士急所属の五輪名選手といえば橋本聖子や岡崎朋美が有名です。岡崎選手は子供が生まれましたが次の冬季五輪も目指すというから偉いなア・・


  ....富士急スケートリンク橋本聖子(参議院、日本スケート連盟会長)、岡崎朋美の五輪名選手輩出....
c0119160_2271936.jpgc0119160_2275633.jpg






c0119160_2281059.jpg



富士急ハイランドは、世界ギネス級ジェットコースター「フジヤマ」(最大落差70m)や「ドドンパ」「鉄骨番長」など絶叫マシンを次々に投入、常に高い集客力を誇ります。全国各地で旧来型遊園地が苦戦する中で健闘を見せるのは、広大な土地に雄大な富士絶景を見ながら絶叫できることが大きな魅力からなのかも・・


    ....富士急ハイランド(2006年)、最近娘はもう殆ど親父に付き合ってくれないネ~(苦笑)....
c0119160_22195576.jpgc0119160_22202452.gif
c0119160_22205649.jpg



    ....富士山と富士急ハイランド絶叫マシン、最大落差70mフジヤマ心臓が止まりそう・・....
c0119160_22353937.jpgc0119160_22365416.jpgc0119160_2236319.jpg

先にレポートしたように富士山登山が若者の間で大ブーム、中国など世界各国から富士の雄姿に惹かれ富士吉田への観光客数は着々伸びています。そのトレンドを察知し「富士山登山鉄道」の運行開始、富士山駅改名など効果的な設備投資で集客を目論む辺り、この電鉄会社は結構したたかなのかも・・






★吉田うどん、これぞ真のB級グルメ!


富士吉田では「吉田うどん」をよく食べました。 麺は太いものが多く、非常に固いことが特徴です。喉越しではなく、噛み応えを重視した麺が好まれます。切り方も野性味溢れた感じがしてチョッとワイルド・・


          .....吉田うどんの名店「美也樹」。ここはいつも行列が・・。.....
c0119160_6263342.jpg
c0119160_6265523.jpg


多くの店は味噌と醤油による汁を使用しています。(うどんの汁で味噌の味を主体は珍しいかも・・)
手打ちという手のかかる製法でありながら、一杯300~350円程度の超低価格を維持していることが素晴らしい!桜井うどんと白須うどんが最も古い吉田のルーツ店と語られることが多いようです。


                .....老舗「白須うどん」は普通の民家のよう、広いお座敷.....
c0119160_6294140.jpg
c0119160_6295766.jpg


民家広間を使い家庭的な雰囲気の店が多い気がする。富士吉田は農作物に恵まれず保存が利く食材を大事にしてきた歴史が受け継がれます。最近B級グルメブームに乗り、俄か作りで街おこし目的メニューが生まれてるけれど、吉田うどんの様な名物こそ脚光を浴びるべき地元B級グルメだと思うなア・・





★「富士山レーダー」建設・プロジェクトX


小生が初めて富士山を登った98年7月、頂上剣ケ峰には真っ白いドームの「富士山レーダー観測所」がまだ雄々しく聳えていました。しかし気象衛星時代が到来し、翌年ついに観測所は閉鎖。日本最高所の厳寒環境の地から、35年間にわたって日本気象観測の最前線的な役割を果たし終えたのです。


     .....(左)富士山レーダードーム館  (右)昔、山頂にあった頃の光景(影富士とレーダー).....
                                                         c0119160_1674727.jpg
c0119160_1682850.gif


c0119160_1693369.jpg





c0119160_17352992.jpg


2000年3月スタートした「プロジェクトX ~挑戦者たち」(NHK制作ドキュメンタリー番組)、 記念すべき第1回は「富士山レーダープ゚ロジェクト成功物語」でした。今から11年前の番組ですがシッカリ記憶に残っている。


     ....富士山レーダーの設置プロジェクト成功物語は「プロジェクトX」第一回で取り上げられた。.....
c0119160_1619687.jpg
c0119160_16193552.jpg




c0119160_1620872.jpg




    【それでは「プロジェクトX」の番組再現、田口トモロヲ風に穏やかなナレーション開始!エ~ックス・・!】
                                             

 
1959年、伊勢湾台風は死者行方不明者を5千人も出す記録的な大災害となった。これを教訓に台風の動きを早期探知することが求められ、気象庁の事業計画として富士山にレーダーを設置することが決定された。気象庁測器課長・藤原寛人はそのプロジェクト中心メンバーの一人に選ばれていた・・


    ....富士山レーダー模型、頂上観測し続けたレーダーは台風観測で災害予防の役割を果たした.....
c0119160_16395680.jpg
c0119160_16403273.jpg





c0119160_16404627.jpg

電機メーカー、測量・建設会社技術者達のプロジェクトメンバーの前に立ちはだかった大きな壁は、冬富士山頂の想像を絶する程の厳しい気象条件だった。氷点下20℃最大風速100mの突風が吹き荒れる場所、最新鋭の気象レーダーを建設することは当時の技術では不可能にも思える至難の大事業だった・・


     ....冬富士の猛烈な気象条件、凍りついた斜面は滑落危険に晒される(ネット写真拝借).....
c0119160_16531760.jpg
c0119160_16533524.jpg


最初は建設資材を人馬で荷上げしたが、500t重量物を全て短期間では不可能だった。ブルドーザーやヘリコプターでの運搬に切り替え再度挑戦。当時、日本は東京五輪を翌年に控え空前の建築ラッシュ。こんな厳しい環境で苦労して働きたくないと辞めていく多くの作業員を説得し引き留める毎日だった・・
 

   .....資材搬送の試行錯誤(①馬で担ぎ上げる⇒②ブルドーザーで登る⇒③ヘリコプター搬送).....
c0119160_1658398.jpgc0119160_16583181.jpgc0119160_1659065.jpg


c0119160_16594668.jpg

ドーム骨組み(重さ620kg)はヘリコプターで一気に山頂に運ぶ計画を立てたが、乱気流が渦巻く頂上部は墜落の危険が高く、誰も運搬操縦する者がいない。そこに名乗り上げたのは海軍航空隊出身の神田真三である。しかし気圧が不安定な日々が続く。乱気流を避け、いつ決行するかが最大問題だった・・


             .....(左)乱気流で危険、ヘリコプター搬送 (右)映画になった「富士山頂」.....
c0119160_17165461.jpg
c0119160_17171732.gif



c0119160_17324479.jpg


気象庁で指揮取る藤原が天気図をにらみ続けていた。藤原は気圧配置を読み取り、ヘコプター空輸の決行日は8月15日しかな いと判断し指示を出した。神田が操縦するヘリコプターはドームを吊り頂上部へと飛び立って行く。ついにレーダードームは富士剣ヶ峰に初めてその姿を記すことが実現したのだった・・


  .....プロジェクト中心メンバー、気象庁・藤原寛人・測器課課長は退官後、あの有名作家に転進.....
c0119160_1746635.jpgc0119160_17463290.jpg





c0119160_1747110.jpg


伊勢湾台風の無念から5年、気象庁・藤原らの執念は9千人を巻き込む大プロジェクトとなり、空前の難工事を成功させた。1964年9月、富士山レーダーはついに動き始めた。 全員協力体制の結実だった。藤原寛人は1966年退官、作家生活に入った。『新田次郎』、小説「富士山頂」の著者その人である・・


    .....新田次郎の山岳小説・歴史小説は30刊にも及ぶ。若い頃によく読んだものだなア・・。....
c0119160_17585531.jpgc0119160_17592585.gifc0119160_180360.jpg






c0119160_1802989.jpg






c0119160_180486.jpg


気象庁在職中に「強力伝」で第34回直木賞受賞。その後も山岳小説や歴史小説を通じ日本人の夢と挑戦の物語を書き続けた。1980年没、享年68歳・・。男たちのドラマは今も語り継がれている・・。


    ....(左)挑戦者たち (右)引退レーダーは04年にドーム館として復活、富士吉田で第二の人生.....
c0119160_18153578.jpg
c0119160_1816640.jpg

           ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆     



・・・~なんてね。田口トモロヲ風を気取るのもこれで終わりジャ、それでは第1回の放送を御覧下さい。
素晴らしい山岳小説を著した巨匠・新田次郎、作家転身前にこんな大きな仕事をしていたと再度認識
ちなみに新田次郎の息子は藤原正彦(日本の有名な数学者)で「国家の品格」の著者でもあります。


               「プロジェクトX挑戦者たち」の主題歌:「地上の星」(中島みゆき)
                    

今から50年前の高度成長時代、日本が発展し続けてきた基礎には先人達の挑戦歴史があったからなのですね~。本当にスゴイことです・・。 PJ・X~! ♪風の中のす~ばる、砂の中の銀河~!草原のペガ~サス、街角のビーナス~♪…///…♪ヘッド・ラ~イト、テール・ラ~イト、旅は~まだ終わら~ない~♪




                                 過去に公開した「富士山」の記事はコチラから



                                                        つづく



*「山梨富士レポート」はあと1回、富士五湖や青木ヶ原樹海周辺エリア等を紹介する予定。世界遺産登録が決まった時にお祝いで紹介したい思っております。
c0119160_6573749.jpgc0119160_6575765.jpgc0119160_6581669.jpg





次回は、【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅シリーズ】(その1):牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間編をお送りします。
c0119160_714920.jpgc0119160_715930.jpgc0119160_7152645.jpg

  by rollingwest | 2011-01-22 00:00 | Comments(52)

<11年1月11日>甲斐の国・探訪(その1): 山梨県の富士山(前編)

                                                                  ★富士は日本一の山~♪
                      
11年1月11日、1尽くしの日です。日本一の山「富士山」で今年の初めを飾る記事といたしましょう。初夢で最も縁起の良いと言われる富士山は日本人の心のルーツ、過去何回か富士山記事を紹介してきましたが、まだまだ書き切れていませんねエ。何度観ても飽きない・・♪「富士は日本一の山~」

c0119160_16224618.jpg

                                 過去紹介した「富士山特集の記事」はコチラから

小生はかつて静岡市に3年間(1999-2001)住んだので駿河の富士は馴染み深かったのですが、山梨県側からの富士山表情は、登山以外では縁が薄かったような気がします。しかし2年前に仕事の関係で山梨エリアも担当となり、そのチャンスも生かして山梨富士の美しさも十分知ることができました。


    .....(左)中央道から撮った冬富士(10年1月) (右)富士吉田側より冬富士・クローズアップ.....
c0119160_1731173.jpgc0119160_17312412.gifc0119160_17313917.jpg

c0119160_1732440.jpg




c0119160_1743214.jpg


今回記事は主に山梨の目線で名峰富士の姿を3回に分けて紹介してみたいと思います。前編は、山梨各地からの富士のさまざまな表情・富士登山・火山を鎮める浅間神社の紹介。中編は富士山観測レーダーの歴史・河口湖周辺の光景・樹海周辺の風景などを中心に紹介、そして後編は富士山が世界遺産に目出度く登録が決定した時にお祝い記事(富士五湖・樹海周辺)を掲載したいと思います。

c0119160_22443875.jpg




★山梨各地からの富士のさまざまな表情


静岡・山梨両県は富士山を共有する間柄であり、お互い富士山を巡りライバル意識を燃やしていますが、それぞれ味わいがあり甲乙はつけ難いと思います。秀麗な姿の美しさでは山梨富士に軍配が上がる気もしますが、静岡が優位な面(駿河湾とのコラボ、東海道五十三等、歴史深さ)も多くあるなア


 ....(左)甲府市内ホテルからの夏富士は頭だけ覗く (右)日本航空学園滑走路に聳える富士......
c0119160_1875111.jpgc0119160_1881376.gif


c0119160_1883924.jpg


富士山は山梨と静岡で形が変わりますが、同じ山梨でも見る場所によっても様々な表情を見せます。甲府市内からの富士は、前衛の山が名峰全景を遮り裾野の広がりが今一つのようにも思える・・


   ....(左)河口湖から見た満開桜と富士(10/月) (右)河口湖大橋・夕暮富士(09年7月)......
c0119160_18155887.jpgc0119160_18162075.jpg



c0119160_18164065.jpg


小生はやはり富士吉田や河口湖から見る富士山が一番気に入っています。滑らかな裾野に広がりを持ち頂上部も美しく秀逸!本栖湖からの富士山も五千円札・絵柄になっただけあり素晴らしい!


      .....本栖湖からの富士山は、湖の静けさ・雰囲気がいい!(01年5月)......
c0119160_18215419.jpg

山梨富士に電車でアプローチする場合は富士急に乗ると便利。 今年7月から富士急「富士吉田駅」は「富士山駅」と名前を変えるらしい。ご当地こそが富士玄関口という自負を持っているからでしょう。


   .....(左)富士吉田駅より雪煙  (右)富士スバルライン入口からの大雪煙(09年12月)......
c0119160_1823553.jpg
c0119160_18231829.jpg


登山では南アルプス・奥秩父から何度も山梨富士を眺めましたが、今まで一番間近で感動的な富士だったのは10年前の南アルプス・笊ケ岳(ザルガタケ)からの光景!夕暮れと日の出が素晴らしかった~!


   ....01年秋、笊ケ岳登山のテントから見た富士、夕暮れに・・孤高名峰が感動的だった!......
c0119160_18265123.jpgc0119160_1956174.jpg





c0119160_19344974.gif

c0119160_1925898.jpg

笊ケ岳(2629m)は山梨西部(静岡県境)の200名山ですが、ここから見る富士山(手前は身延・朝霧高原)は遮る山がなく霊峰が孤高の姿で見えるのです。標高日本一の富士と同じ目線で俯瞰できる錯覚にも陥ります。笊ケ岳へのアプローチは厳しいですが、富士・南アルプスの大展望台の山でした。


   ....翌朝、笊ケ岳登山道から富士山&日の出を撮影、今も忘れられないネ~!(01年9月)......
c0119160_1952155.jpg
c0119160_2047599.jpg





★富士登山が大ブーム


登山に殆ど興味ない人でも、富士山だけは一度登ってみたいと思う名峰。今、若者を中心に富士登山が大ブーム(山ガールも闊歩)になっています。夏シーズン登山者は何と40万人(2/3は山梨側より)にもなっているとのこと。夏の夜の富士山はヘッドランプで光の行列がジグザ゙グ状態で連なります。


     .....(左)夏の富士登山は大行列  (右)富士登山ブームを報じる写真......
c0119160_20142474.jpg
c0119160_2018675.jpg


小生も今から13年前に初めて富士山を富士宮(静岡県)から登りました。5合目から登り始め初日は九合目小屋に宿泊。翌日はヘッドランプで早朝に登頂し、日本一のご来光を体験するコースでした。


    ......会社仲間と富士山初登頂!(98年7月) 高山病に罹い、苦労登山だった。......
c0119160_20521479.jpg
c0119160_20412052.jpg

         ......98年7月、富士山頂から仰いだ美しいご来光は感動的だった!......
c0119160_2059474.jpg

結果的に念願叶い素晴らしい日の出を拝むことができましたが、前日九合目小屋で完全に高山病に罹ってしまい、吐き気と闘いながらヘロヘロ状態の登山でした。3776m空気は本当に薄かった~


      ....富士山の山肌はまるで月面クレーターのよう、頂上火口はお鉢めぐりができる。......
c0119160_21161644.jpgc0119160_2117589.jpg




c0119160_21154079.jpg
頂上お鉢巡りもしましたが、頭がガンガン痛くて見渡すばかりの殺伐風景(溶岩に覆われた火口)の中を歩いても辛いばかり・・。この時「富士山は登る山でなく見る山だなア・・」つくづく思ったものです。


     .....ご存知「山ガール」、富士吉田から登山コース(イラスト地図はクリックで拡大表示)......
c0119160_2138535.jpgc0119160_21392826.jpg
c0119160_21394577.jpg


でも富士登山はいつかもう一度挑戦してみたい。やはり富士吉田の浅間神社に参拝した後、正規ルートで登らないと一丁前に富士山を語る資格はないかもしれない・・というような気がしています。
次回は、高山病にならないようユックリ歩いて体を慣らすか、酸素をこまめに補給して登ろうと思う。




★富士の火山爆発を鎮める「富士浅間神社」


夏山登山終了の8月末に「吉田の火祭り」が行われます。日本三大奇祭の一つと云われ「北口本宮・浅間神社」や「富士講」(江戸末期からの霊峰富士を崇めて登る信徒組織)を主体として、松明(taimatu)が焚かれる幻想的な行事。この祭りを見るともう山閉まい・秋到来だと感じます。


    ......吉田の火祭り(日本三大奇祭)、松明点火され、祈りの行者が列を連ねる。......
c0119160_21571666.jpgc0119160_2157362.jpgc0119160_21575727.jpg

c0119160_21584876.jpg

富士講」信者が登山前に必ず参拝する「北口本宮富士浅間神社」は10年前に初めて訪ねました。鬱蒼なる巨木杉がそそり立ち、長い350m参道の威厳ある神社、浅間はせんげんと読みます。


      ....富士山の怒りを鎮めるために建立された「北口本宮・冨士浅間神社」......
c0119160_2263589.jpgc0119160_227726.gif



c0119160_22733100.jpg

c0119160_20352093.jpgc0119160_20354290.jpg

静岡市や富士宮市にも「浅間神社」があります。静岡勤務時代に娘の七五三で地元鎮守・浅間神社に参拝しましたが実に歴史・威厳ある社でした。富士宮も富士山の立派な大社があるり市名の由来になっています。当時は富士山を祀る神社が何で浅間という名前なのだ?と疑問に思っていました。


     .....(左)静岡浅間神社の本殿  (右)娘の七五三は当神社で祝う(00年10月).....
c0119160_22205993.jpgc0119160_222137100.gif


c0119160_2222494.jpg
  ......(左)富士宮浅間大社(静岡県)本殿  (右)大社が本宮、湧玉池という湧水池がある。......
c0119160_22335845.jpgc0119160_22332136.jpg

浅間(sengen)の語源はやはりアサマ、古語で火山を意味します。(アソやウスも同様)そのルーツは各地の有名火山に残され、浅間山(長野)・阿蘇(熊本)・有珠山(北海道)の呼び名に変化しています。火の怒りを鎮める神社、浅間山(活火山)との共通キーワードだったのかと気付いたのは数年前のこと。


  ....(左)木花開耶麻姫命を祀った富士御室浅間神社(勝山) (右)石灯篭参道.......
c0119160_22443879.jpgc0119160_22451746.jpg



c0119160_2246880.jpg

富士吉田にもう一つ浅間神社があることを昨年春に発見!2合目勝山地区にある「冨士御室浅間神社」。699年に勧請されたとの言い伝えがあり、富士山近辺では最も古い神社とされています。


       .....村上天皇が建立した里宮、桜が満開でした。(10年4月).....
c0119160_22553644.jpgc0119160_2256750.jpg

祀られるのは「木花開耶姫」(konohanasakuyahime)で水の女神のこと。ナ~ルホド・・、水が火を消すって訳か・・!富士山は古代から何度も大爆発を繰り返してきました。姫の鎮めが十分効いているのか、江戸時代の宝永大噴火以来、富士山は現在おとなしくしている。今後も暴れないよう願います。


   .....(左)御室大権現の神石 (中)木花開耶麻姫命 (右) 拝殿賽銭箱は富士と桜デザイン.....
c0119160_231559.jpg


c0119160_2322543.jpg
c0119160_2324030.jpg


富士浅間神社近くには「忍野八海」(oshinohakkai)と呼ばれる素晴らしい湧水里があります。富士講導師は「御師(oshi)」と呼ばれますが「忍野村」は「御師の村」という意味なのかもしれない。
     

       ....信じられないくらいの透明度をもつ富士の湧水「忍野八海」.....
c0119160_23241371.jpgc0119160_7273432.jpg

c0119160_23262111.jpg
c0119160_23264130.jpg

忍野八海の湧水は山梨の桂川となり、相模湖・津久井湖・宮ケ瀬湖のダムに貯えられ神奈川県水源となっています。神奈川は渇水に困らない県で水も美味しいと云われますが、な~るほど豊富な水源は富士湧水なのだから頷ける話。(静岡も同様) 水のありがたさを知り、またも富士山に感謝!


       ......再び、富士吉田側の冬富士、やはり裾野が広く美しい容姿......
c0119160_23463934.jpg



                                                         おわり
 



次回(中編)は、富士山レーダーの歴史(プロジェクトX)富士吉田関連の記事を中心に紹介します。   
c0119160_23501621.jpgc0119160_2215421.jpgc0119160_2216370.jpg
       

  by rollingwest | 2011-01-11 01:11 | 山紀行・名峰レビュー | Comments(60)

<2011年1月1日>「新年のご挨拶」&「今後の公開記事」(予告編)

                                                          

★2011年到来!新年のご挨拶
c0119160_1759422.jpgc0119160_184546.gif
c0119160_1814691.gif


皆様、明けましておめでとうございます!昨年は皆様より数々のコメントを頂戴し、相互情報交換の場で交流させて頂きあらためて感謝いたします。今年もよろしくお願いいたします。よき年でありますように!


              ........ 新年を迎える「川崎大師」・山門の門松(大晦日)........
c0119160_1872893.jpg

今年は柏崎帰省せず、川崎自宅での年越しでした。自宅で過す時はいつも大晦日に川崎大師を参詣し、静寂な雰囲気の中でゆっくりと旧年の無事を御礼参りします。初詣の準備に勤しむ人達の年末光景を見るのもお気に入りですね~。でも初詣の大混雑には巻き込まれたくないのが一番の理由かな(笑)


     .....(左)インド寺院の様な薬師殿 (中)人が疎らな川崎大師本堂  (右)赤い五重の塔......
c0119160_1884422.jpgc0119160_1891741.gif

c0119160_1810744.jpg

c0119160_18102938.jpg

    .....(左)経蔵内部の説法釈迦如来 (中)本堂に祈る人達 (右)山門から見る仲見世通り.......
c0119160_18334220.jpg
c0119160_1834176.jpg

c0119160_18343479.jpg

さて今年も10日に1度のサイクルで数々の記事(逍遥旅、山行レポート、都会風景、洋楽ロック、寺社仏閣、史蹟、季節の花々、その他TOPICS)をお届けしたいと思います。ここ2年間で撮影した写真がまだ多く溜まっており紹介できずにおりました。今年はその写真をジックリ・ユックリ公開していこうと考えています。





☆【今年掲載予定の記事をご紹介:...kotoshi subeteno koukai wa murikamo...! (^O^)/ 】



★お正月はやはり富士山!【甲斐の国・探訪シリーズ】(①~⑤)


         .......富士吉田から仰いだ冬富士、まさに容姿端麗!(10/2月撮影)......
c0119160_2014341.jpg
c0119160_20143944.jpg


小生はかつて静岡市に3年間(1999-2001)住んでいたので駿河の富士は馴染み深かったのですが、山梨県側からの富士山の表情は、登山以外では縁が薄かったような気がします。しかし2年前に仕事の関係で山梨エリアも担当し、そのチャンスも生かして山梨の富士の美しさも十分知ることができました。

                                     名峰レビュー「富士山」(その1)

     ......(左)中央道から撮った冬富士 (右)すばるライン・料金ゲート上に富士の雪煙舞う(09/12月)......
c0119160_2023275.jpgc0119160_20475777.jpg








c0119160_20234930.gif


静岡と山梨の両県は富士山を共有する間柄であり、お互い富士山を巡ってライバル意識を燃やしていますが、それぞれ味わいがあり甲乙はつけ難いと思います。秀麗な姿の美しさでは山梨富士に軍配が上がる気もしますが、静岡が優位な面(駿河湾とのコラボ、東海道五十三等、歴史の深さ)も多くあるなア


                                     名峰レビュー「富士山」(その2)



     .......(左)甲府・航空学園の飛行場に聳える冬富士 (右)富士吉田の富士山ドーム&吉田うどん....
c0119160_2162372.jpgc0119160_2172052.jpg

c0119160_2175256.jpg





c0119160_218919.jpg


次回の記事では「山梨県から見た数々の富士山の表情」を紹介します。そして山梨県の魅力や歴史
もその後シリーズで5回掲載予定 (武田信玄に関する史蹟も多く残されている甲斐の国は興味深い・・)


     .......(左)山高神代桜(北杜市)の大しだれ(10/4月) (右)甲府市内、釜無川から見た茅ケ岳.....
c0119160_21233454.jpg


c0119160_2123561.jpg


   .....(左)甲斐善光寺 (中)甲府駅前に座する信玄像 (右)恵林寺(甲州市)は信玄の菩提寺.....
c0119160_21293859.jpgc0119160_21295762.jpgc0119160_21302261.jpg

甲府名物といえばワインが有名ですがその他も、ほうとう・おざら・あわび煮貝・馬刺し等が有名。そして昨年B級グルメ日本一に輝いた鳥もつ煮が大ブレイク!元祖・奥藤蕎麦屋は長蛇行列になっている様だ。


      .......甲府駅から歩いて行けるサドヤのワイン工場、地下のワイン醸造の見学ができる。.....
c0119160_21364488.jpgc0119160_21373041.jpg




c0119160_21374848.gif


   ......(左) B級グ゙ルメ日本一に輝いた甲府・鳥もつ煮(元祖の奥藤) (右)あわび煮貝&ほうとう鍋.....
c0119160_21483846.jpgc0119160_2149553.jpg

c0119160_21493433.jpg




c0119160_21495545.jpg


山梨県探訪シリーズは、4回(①山梨から仰いだ富士山の表情、②信玄ゆかりの地を行く、③山梨名物・食い処、④山梨のさまざまな風景)をお送りする予定。多分③④は来年以降になる様な気が・・(苦笑)





★【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅シリーズ】(①~⑥)

c0119160_2262166.jpg
c0119160_2263942.gif

昨年秋に茨城・千葉の数々の名所をドライブ旅で訪ねてみました。常磐道に乗って牛久・霞ヶ浦・土浦・笠間へと北上し、水戸・大洗・鹿島方面へ。後半は潮来・佐原、銚子から九十九里浜を南下し、アクアライン経由での大周遊でした。この旅を5~6回記事に分けて、各地見所をシリーズで紹介していく予定です。


   ......(左)これぞ茨城の牛久大仏(ドデカイ!) (中)名峰・筑波山 (右)笠間焼の数々(10/11月).....
c0119160_22105417.jpg


c0119160_22112187.jpgc0119160_22115183.jpg


      ......(左)大洗海岸灯台に鹿島灘・怒涛 (中)水戸「弘道館」(尊攘) (右)「皆楽園」の梅.....
c0119160_22485586.gif


c0119160_2250186.jpgc0119160_22591595.jpg

茨城県に観光県のイメージはないが、実際訪ねてみると非常に見所が多く、歴史探訪面でも見応えがありました。霞ヶ浦から仰ぐ筑波山、笠間稲荷、日本有数のパワースポット鹿島神宮・香取神宮、水戸徳川家の史蹟、大洗海岸、鹿島コンビナート群、水郷(潮来・佐原)、昔家族で訪ねた袋田の滝・・、バラエティ溢れる・・!


    ......(左) 鹿島コンビナート石油タンクに朝日が昇る (中)鹿島神宮・奥宮 (右)潮来・水郷の風景.....
c0119160_2333190.jpgc0119160_2335268.jpgc0119160_2341968.jpg


   ........(左)九十九里浜の広大砂浜、大波サーファー (右)銚子に近い刑部岬を俯瞰(10/11月).....
c0119160_2393276.jpgc0119160_2395430.jpg

佐原からは銚子に東進。その後は九十九里浜の沿いに南下しましたが、この広大な砂浜は学生時代に3回も踏破(相当アホかも・・)したことがあるので実に懐かしい風景でした。房総半島も以前に訪ねた鋸山・日蓮生誕の地・養老渓谷も合わせて紹介予定。コレも間違いなく来年に食い込むでしょう・・(笑)






★【東京スカイツリー・成長の風景】



   ......(左)スカイツリー完成図 (中)着工時の工事現場訪問(08/7月) (右)着工10ケ月(09/5月).....
c0119160_2351598.jpgc0119160_23521379.jpgc0119160_23523488.jpg

ついに今年12月に東京スカイツリーが634mの高さに達し、竣工式が行われます。計画発表の頃(3年前)からこの世界一の電波塔建設を興味深く注視し、2年半前、墨田区探訪で当地を訪れ着工時の風景を撮影したことが懐かしい。当時散策した押上・業平橋の街はまだ今のブームとは程遠く静かだった・・。


                                   「墨田区探訪」(08年7月)の記事はコチラから


     ........(左)着工後1年目(09/夏) (中)娘と花見(10/4月) (右)亀戸天神・藤棚(10/5月).....
c0119160_23595060.jpgc0119160_055250.jpgc0119160_012489.jpgc0119160_015474.jpg

東京スカイツリーの成長姿は節目々でSHOTに捉えてきましたが、地デジ時代を迎え武蔵国に634mの新ヒーローが誕生!建築物ではドバイのブルジュドバイ(818m)には及ばずとも電波塔としては世界一の高さ!

   ......(左)北十間川からの逆さスカイツリー (中)(右)10/12月初めに500m越え、真下から見上げる.....
c0119160_0101160.jpgc0119160_0105993.jpg
c0119160_051355.jpg


   .......(左)10年大晦日は540mに迫る (右)11年に634m(ムサシ)となり世界一の電波塔へ!.....
c0119160_0151493.jpg
c0119160_015307.jpg

まずはこの3月に塔の高さが634mに達します。そして内部建物の工事に入り12月に完成し竣工式。そして商業オープンは来年春です。建築で少しずつ成長する姿は今年で完了なのでこのプロセスをレビューしてみたいと思っています。これから東京下町が大いに活性化しそうで楽しみですね~。







★【諏訪探訪シリーズ】 (①~②)


昨年5月に諏訪の「御柱祭」(7年に1度に行われる奇祭)を見に行きました。諏訪下社・春宮の里曳祭だったので勇壮な木落しは見られませんでしたが、諏訪の深い歴史に触れられたことは嬉しかった。


     ........(左)諏訪下社(岡谷)の春宮 (中)諏訪神官の行列 (右)下社の御柱里曳き(10/5月).....
c0119160_155553.jpgc0119160_161391.jpgc0119160_163894.jpg

御柱祭の記事を6月にレポートしようとしているうちに「W杯・南アフリカ大会」が開催し、熱戦に釘付けになってしまった。W杯歴史・レビュー記事の執筆に入り、諏訪御柱祭の掲載タイミングを完全に外した~(苦笑)


   ........(左)万治の石仏 (中)諏訪湖の夕暮れ(10/5月) (右)諏訪市街の夜明け(遥かに富士).....
c0119160_1102982.jpgc0119160_111094.jpgc0119160_114578.jpg
c0119160_1112357.jpg

諏訪は湖風景、諏訪大社四つの宮社、武田信玄がさらった湖衣姫など歴史の宝庫でもありますので、内容を吟味しジックリ整理整頓してから公開したいと思います。もしかして3編になるかもしれません。





★【洋楽・ロックシリーズ】(アーティスト別・名盤レビュー)


昨年はジョンレノン命日の記事に皆様より多数コメントを頂戴し誠にありがとうございました。アーティスト別・名盤レビューコーナーはビートルズ・エルトンジョン・レッドツェッペリンを掲載以降、スッカリと足が止まっております・・(苦笑)


    .......(左)「ローリングストーンズ」(ミック&キース)&ベロマーク  (右)プログレシッブロック「イエス」、名盤「危機」.....
c0119160_444378.jpgc0119160_4442489.jpgc0119160_4445466.jpgc0119160_445912.jpg

次回はローリングストーンズを紹介しますと言ってもう2年近く、今年こそストーンズ歴史を語りたいと思います。次はイエス特集(プログレシッブロック)の予定ですが、来年になる可能性が強いので期待しないで下さいね。

                                     「洋楽ロック:アーティスト別名盤レビュー」





★【大田区探訪シリーズ】(①~③)


都内探訪シリーズは、大田区探訪記事をスタートさせます。まずは昨年華々しくデビューした羽田新国際線空港ターミナルのご紹介!羽田周辺には呪いの大鳥居、野鳥公園、日本の技術を支える中小工場も存在


     ........(左)羽田空港・新国際ターミナル(中)空港ロビー風景 (右)空港近くに立つ羽田大鳥居....
c0119160_6244761.jpgc0119160_6252133.jpgc0119160_6255383.jpg

そして大田区には羽田や下町とは対照的に、高級住宅地(田園調布・雪谷・久が原等)も同居する区。
田園調布前の多摩川には、かつて巨人軍のグランドがありました。巨人の星エピソードと一緒に紹介予定


   ......(左)大田区・丸子橋近くに昔、巨人軍グランドがあった。(右)巨人グランドで感激の飛雄馬と伴....
c0119160_6315587.jpgc0119160_633399.jpg


c0119160_6323755.jpg


c0119160_634447.jpg

大田区には日蓮の足跡が多く残されています。日蓮が旅の途中で足を洗った洗足池、袈裟をかけた袈裟掛けの松のある御松庵、そして日蓮が生涯を閉じた池上本門寺がありますので、乞うご期待!


   .......(左)中原街道の脇にある洗足池(10/9月) (中)日蓮が没した池上本門寺 (右)日蓮聖人像....
c0119160_6585561.jpgc0119160_657482.jpgc0119160_6581440.jpg








c0119160_6591829.jpg


そういえば港区探訪シリーズ⑦(最終編)や江東区探訪(その②)もまだ完結していませんでしたネ~。
品川区・世田谷区の写真も撮り溜めてあるので、折りをみて公開したいと思います。期待せずに・・






★【横浜開港の道・夜景バージョン】(③~④)


横浜開港の道の夜景バージョンは、①みなとみらい・赤レンガ倉庫、②ベイブリッジ・象の鼻・関内を掲載済。最後その③は、山下公園・中華街周辺をお届けする予定。開港の道(夜景)は一応の完結となります。


    .....(左)横浜ホテルニューグランド (中)中華街にある媽祖廟 (右)山下公園噴水から見るマリンタワー....
c0119160_730462.jpgc0119160_7302882.jpgc0119160_731814.jpg


                                            「横浜中心部探訪」シリーズ

そして特別バージョンとして、かねてからの念願だった京浜工業地帯の夜景をその④でお届けする予定。昨年秋に家族で横浜桟橋から出航、大黒埠頭や川崎の工場夜景クルージングを堪能!GOOでした~!


  .......(左)東燃化学・フレアスタック (中)東亜石油・蒸留塔 (右)昭和電工プラントの水蒸気(10/10月)....
c0119160_739087.jpgc0119160_7392536.jpgc0119160_7394979.jpg





★【ローリングウエスト・山紀行:2011】


昨年、懸案の難関峰を数座クリアすることができました。5月に北陸「笈ケ岳」(登山道なく残雪期のみ)、6月に長丁場「和名倉岳」、7月に東北の「早池峰・船形山」、8月に岩の難関「鋸岳」、10月に奥深い「佐流武山」、これで日本200名山は136座となりましたが、まだ遠いなあ・・(九州の山は今だゼロです)


    .......今年もGWに残雪登山や、北海道の日高山脈に挑戦する予定(無事登山を心がけたい)....
c0119160_930365.jpgc0119160_931325.jpgc0119160_9312284.jpg

今年の計画は難関峰では、北海道・日高の「カムイエクチカウシ山」や北陸の残雪峰「毛勝山」に挑戦予定。
恒例のFツアーでは、戸隠山、ニ王子岳、能郷白山・大日ケ岳が企画されており、そちらも大いに期待!
c0119160_9354152.jpg



c0119160_9362638.jpg
c0119160_9364718.gif

この分ですと今年の予定記事はさらにオーバーフロー状態となり、上記記事は3年越しになるかもしれませんが、気長にお付き合い下さい。それでは改めて今年も皆様との交流を大いに楽しみにしています!




                                                        おわり

                                                                                                                                                                                                         


次回は、山梨探訪(その1):「山梨県から仰いだ富士山、数々の表情」をお送りいたします。
c0119160_9522257.jpgc0119160_9524515.gif

c0119160_953413.jpg

  by rollingwest | 2011-01-01 07:00 | ごあいさつ | Comments(56)