<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「アーティスト別名盤レビュー」(第4回):「ローリングストーンズ」

★はじめに


「アーティスト別・名盤レビュー」特集記事は、前回レッドツェッペリン紹介して以来、久しくご無沙汰しています。次は「ローリングストーンズ゙」と言いながら2年近く経ってしまった。ストーンズのメンバーも古希を迎えそろそろ誰かの寿命が尽きちゃうかもしれない・・、今の内に紹介しなきゃ・・と思い立ち久しぶりに再開!   


c0119160_1684744.jpg

                                  「アーティスト別・名盤レビュー」特集記事はコチラから


ローリングストーンズ゙の歴史はまさにロックが誕生して50数年の発展史そのものなのかも・・。世界人類文化史に燦然と輝き伝説となっている「ビートルズの栄光」は活動期間(1962~1969)が僅か7年で築き上げられたことも奇跡的なことですが、同時期にデビューした双璧ストーンズの方は50年もの長い間、解散もせず今なお栄光最前線の地位をキープしていることにあらためて驚かされます。
c0119160_16125921.jpg
c0119160_16132830.jpg


小生がロックに興味をもった入門編(60年後半~70年初頭)はビートルズやサイモン&ガーファンクル、エルトンジョン。一応、ストーンズのベストアルバムも買って聴いてはいたものの、当時は黒人ブルースの雰囲気が強い彼らの音楽には今一つ馴染んでいけず、夢中に嵌ったバンドという訳ではなかった様な気がします。


   .... ストーンズ代表曲「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」(1968)、名盤「ベガーズバンケット」と同時期リリ-ス.....
c0119160_108337.jpg                 

しかし中年になってから、再び聴き直してみると彼らの魅力は噛めば噛む程味わい深いスルメの如し・・。ストーンズ結成は1963年、あと2年でデビュー50周年を迎え文字通りロック界のモンスター的存在。70歳になっても飛んで跳ね第一線地位を貫き通す元気なジジー達の名曲をジックリ紹介してみましょう。




★ストーンズの音楽性&オリジナル・メンバー


「ローリング・ストーンズ」はビートルズと並び60年初期にデビューした英国ロックバンド、ブルースやR&B(黒人音楽ルーツ)の影響を受け、シンプルでストレートなロックンロールを指向し続けてきました。黒人ミュージシャンからも敬愛される数少ない白人バンドかもしれません。世界アルバム売上は2億枚以上の驚異的数字!


             ......「テルミー」(1964:デビューアルバムに納められた名曲)......
c0119160_10254275.jpg                
1965年「サティスファクション」が全米NO1に輝き一気にスターダムに駆け上った彼らは「不良の音楽」と名指しされました。当時ビートルズの圧倒的地位を頂点とするブリティッシュインベンションは世界を席巻中、でもストーンズの音楽は一般的に支持されるタイプではなく一種独特な位置づけにあった様な気がします。


       .....「サティスファクション」(1965:初の全米NO1!世界にストーンズを知らしめた曲).....
c0119160_11401729.jpg                

デビュー当時のメンバー5人を紹介しましょう。何といっても象徴はミック・ジャガー(リードボーカル)、彼こそストーンズの「ベロマーク」の化身そのもの。セクシーな声が魅力的でスキャンダラスで奔放!そして双璧の象徴はキース・リチャーズ(ギター)、2人がもし脱退したとしたらそれは最早ストーンズではありません。


          ......「黒くぬれ」(1966:ブライアンのシタールがエキゾチック旋律).....
c0119160_11453756.jpg

チャーリー・ワッツ(ドラムス)、古希を迎えた最年長の寡黙なジジー。しかしこの人はキーマン!チャーリーのドラムとキースのギターが絡み合うようなストーンズの独特なリズム・雰囲気が生み出されているのです。今はもう脱退してしまったビル・ワイマン(ベース)、渋い雰囲気がよかったがもういないのは寂しい・・


            ......「ホンキー・トンク・ウイメン」(1969:スワンプロック風傑作)......
c0119160_1149427.jpg                

デビュー当時はリーダーでバ゙ンドの名付け親だったブライアン・ジョーンズ(ギター、ハモニカ・シタール)、1969年脱退後に自宅のプールで急死。自殺説と事故説があるが脱退を含め、一体彼に何があったのだろう・・。ミック・テイラーが後を継いだものの1974年に脱退。後任にジェフベックが誘われましたが実現せず


   .....「悪魔を憐れむ歌」(1968:最大名盤ベガーズバンケット、アフリカパーカッションの衝撃作).....
c0119160_11524553.jpg                

初期の彼らには上記曲に象徴されるが如く「不良」「危険」「悪魔」等のイメージが残っていますが、実は優等生的なイメージを持つビートルスに対抗してレコード会社によって戦略的に仕組まれたものです。しかし真の不良は麻薬ドラッグに溺れたビートルズの方かもしれません。ストーンズは意外と品行方正だったのかも?


        ......「ギミー・シェルター」(1969:レットイットブリード、新生ストーンズ映画テーマ)......
c0119160_12594082.jpg                
1969年はロック史2大イベントが明暗を分けて刻まれました。伝説のロックコンサート「ウッドストック」に対抗した「オルタモントの悲劇」(ストーンズ中心)は準備不足の開催強行で4人の事故死者を出してしまいました。ヒッピーとロック理想主義は本事件で打ち砕かれ70年代のロック新時代へ向かう節目となりました。




★メロディアス美曲も多く生んだストーンズ


        ......「涙あふれて」(1965:初期のメロディアス曲・ティアーズ・ゴーバイ).....
c0119160_131504.jpg                

黒っぽいロックンロールのイメージが強いストーンズ゙ですが、反面ビューティフルな名曲も意外と多いのです。こんな一面も彼らの大きな魅力、60年代3大スイートソングと言われる「レディジェーン」「涙あふれて」「ルビーチューズデイ」、加えて「シーズ・レインボー」・・。小生はこの初期4曲が好きですね~!シンプル&スイート


 ......(左)「レディジェーン」(1966:美しいハプシコード)  (右)「シーズ・レインボー」(1967:ピアノ旋律印象的).....
 

「ルビーチューズデイ」は実は「夜をぶっ飛ばせ」(ストーンズらしいパンチの効いたロックナンバー)のB面曲でした。「一緒に夜を過ごそうぜ」という歌詞が「刺激的で風俗上問題あり」とA面曲の批判が強くなり、レコード会社はB面美曲の宣伝に力を入れ全米NO1になったらしい。今や隔世の感がありますなア・・


                     .....ピアノとリコーダーの奏で「ルビーチューズデイ」(1967).....
                        

そして70年初頭のメロディアス名曲といえばやはり「悲しみのアンジー」!ア・エンジ~ア・エ~ンジ~・・ビューティフォ~!ミックが喘ぐように名を呼ぶ女性はデビッドボウイの妻・不倫の恋と騒がれた意味深な名曲。でも彼らの美曲は決して甘ったるいフォーク調にはならず常に土臭いR&Bが漂っているような気もする。


            ......「悲しみのアンジー」(1973:山羊の頭のスープ) ミックはDボウイみたい......
c0119160_13111260.jpg                





★70年代:さらに進化発展、黄金期を維持


デビュー当時、ストーンズ音楽はビートルズ影響下にあったと言われています。しかし屈指の名盤と称賛される「ベガーズバンケット」(1968)でストーンズ独自の世界を築くことに成功!これを機に彼らは次々名盤を世に送り出し、ライバルだったビートルズ解散(1970)で勢いはさらに増していきます。


        ......「ブラウン・シュガー」(1971:名盤スティッキーフィンガーズ、全米№1) ......
c0119160_13372493.jpg                

ジミヘン・ジャニス・ジムモリスンら60年末ロックスターの死(Jの悲劇)以降、70年代ロックは大きく変遷しました。しかしストーンズは一切流れに惑わされず自らの道を突き進んだのです。71年には自レコード会社を設立し第一弾の名盤「スティッキーフンガーズ」(ジャケットはアンディウオフォール起用)で大きな話題を集めました。


            ......「ワイルドホース」(1971:スティッキーフィンガーズ、カントリー風バラード)......
c0119160_1342289.jpg                

ストーンズのサウンドは70年代に入ると益々ブラックミュージックに傾倒していきます。最高傑作と呼び声高い「メインストリートのならず者」(1972:2枚組)は全編R&Bでストレートなロックを貫き通していました。


            ......「ダイスをころがせ」(1972:メインストリートのならず者、代表曲)......
c0119160_18365391.jpg                

この頃ロンウッドがミックテイラーのギター後任でフェイセズ(ロンと同様、ジェフベックグループから移籍したロッドスチュワートのバンド)から加入。当初ゲスト参加でしたが、フェイセズ解散(1975)を機に正式メンバーに・・。


    .....(左)「ストリートファイティングマン」(1971) (右)80年代名曲「スタート・ミー・アップ」(1981)....
 

「山羊の頭のスープ」(1973)「ブラック&ブルー」(1976)ではレゲエやファンクソウルを取り入れたり、ディスコサウンドにも挑戦していきながら自分達流にアレンジシしていきました。70年代のストーンズは60年代の不良や悪魔のイメージも維持しながらも新境地に挑戦し自らのサウンドやイメージを作り上げていきました。




★結成50年に向けさらに元気なロック古希ジジー達


1990年ついにストーンズ初来日!それ以前の来日計画は麻薬常習理由で実現しなかった大物バンドの上陸は日本を興奮の渦に巻き込みました。90年以降もアルバムを次々にリリースをしています。


           .......(左)「ブリッジ・トゥザ・バビロン」(1997)        (右)「ビガーバン」(2005).....
c0119160_540539.jpg
c0119160_16493912.jpg

メンバーは4人となってしまいましたが、21世紀に入り還暦過ぎても彼らのパワーは衰えない!2008年は彼らのドキュメント映画「シャイン・ア・ライト」が公開!還暦過ぎたミックの鍛えられた体と腰フリを見てビックリ!何じゃ、コリャ~!飛んだり跳ねたり走り回ったり・・。顔の皺さえ見なけりゃ30代にしか見えん!


    .....古希近いのに元気に頑張り続けるストーンズ・ドキュメント映画「シャイン・ア・ライト」(2008).....
c0119160_14362855.jpg                   

70年代の名曲「イッツ・オンリー・ロンクンロール」の歌詞にはストーンズの音楽姿勢が素直に表現されています。「たかがロックンロール、だが俺達はただ単にロックが好きなだけ!」 永遠に元気に歌い続けるぞ・・と


  ....「イッツ・オンリー・ロンクンロール」(1974) 熱心なストーンズファンのお気に入り曲(シンプルイズベスト).....
c0119160_1440417.jpg                

幾多の歴史を重ね、ロックンロールの王道を半世紀も走り続けてきた偉大なるローリングストーンズ。7年の短期間で激しい音楽変遷を繰り返してきたビートルズに対し、50年間もR&Bをベースとした姿勢を変えないストーンズ。2大バンドはロック発展の伝説的双璧として永遠に語り続けられるでしょう。
c0119160_16512127.jpg


                                                          おわり

  by rollingwest | 2011-04-27 00:00 | 洋楽(ロック・POPS) | Comments(62)

<2011年4月14日>大田区探訪(その1):「下町風景編」(羽田・蒲田・大森・六郷)

★大田区探訪シリーズをスタートさせます・・


東京・大田区は地元川崎市に隣接し、色々な面で馴染み深い区です。今回、大田区を紹介するシリーズを立ち上げて見たいと思います。最近は雨後筍の如く、〇〇シリーズ乱立気味でスンマヘ~ン(苦笑)

c0119160_18143793.jpg

          .......2010年10月オープンした新国際空港を羽田沖の鵜が見つめる。.......
c0119160_1817884.jpgc0119160_18172742.jpg


大田区には羽田空港(10年に新国際空港ターミナルがオープン)や大田市場・野鳥公園等の臨海部風景、蒲田・糀谷・六郷の下町風景(日本の最先端技術を支える中小企業が多い)、超リッチな高級住宅地で有名な田園調布・雪谷・久が原など、色々な風景が混在する実に不思議な区のように見えます。


     ......(左)高級住宅地の象徴、田園調布の駅 (右)久が原の「昭和の暮らし博物館」.......
c0119160_18222930.jpgc0119160_18224631.jpg
c0119160_1823378.jpg


川崎市と大田区を繋ぐ「丸子橋」は小生が四半世紀以上も慣れ親しんだ近隣風景となってきました。少年時代夢中になった「巨人の星」、星飛雄馬がニ軍で涙を流した巨人軍グランドは丸子橋の近く。


    .....「丸子橋」近くは嘗て川上・王・長島など巨人軍スーパースターが練習を積んだ場所.......
c0119160_18314926.jpgc0119160_18365534.jpg
c0119160_18371788.jpg


また大田区は日蓮に所縁ある史蹟が多く残されています。日蓮が旅途中で足を洗った事に由来する「洗足池」、日蓮が生涯を閉じた「池上本門寺」、今後は日蓮が各地に残した足跡も辿ってみたいネ~


     .......(左)日蓮が足を洗ったと云われる「洗足池」  (右)日蓮が没した「池上本門寺」.......
c0119160_18403293.jpgc0119160_18455397.jpg
c0119160_18411650.jpg

シリーズ紹介は5回の予定。(その1)「下町風景編」(羽田・蒲田・大森・六郷)⇒(その2)「羽田新国際ターミナル」&海岸部風景編⇒(その3)少年時代の憧れ「巨人の星」編(ジャイアンツ多摩川グランド)⇒(その4)「日蓮」が辿った足跡・史蹟探訪⇒(その5)大田区の高級住宅地編&「昭和の暮らし博物館」






★羽田空港の都市伝説・・・呪いの「羽田大鳥居」


大田区臨海部といえば埋立地の城南島・京浜島がありますが、最大級のエリアは羽田空港でしょう。昭和40年代、航空機のジェット化が急速進展する中、羽田国際空港の原形がスタートしました。10年10月・新国際線ターミナルが開業し、首都東京に24時間運航の世界に向けた新ハブ空港がスタート!


               .......「東京国際空港・新国際線ターミナル」の広大な滑走路.......
c0119160_18511096.jpgc0119160_18512961.jpg
c0119160_18515959.gif



原発事故で外人観光客の大激減、今後の航空行政(成田との住み分け)など課題が山積みですが、この新空港には大きな期待が寄せられています。「羽田新国際ターミナル」記事は次回、大田区探訪(その2)でジックリとレポートする予定ですので、今回は海から見た羽田空港や周辺の風景を紹介します。


              .......要塞の様な空港タンク・ターミナルビルを背景に水鳥が泳ぐ.......
c0119160_1938824.jpg

昔は漁業が営まれ、海苔が採れた東京湾の浜ですが、海の羽田空港はまるで海上要塞の様にも見えます。陸部から空港に繋がる道途中に関所ゲートの如く佇む一本の赤い鳥居が存在しています。


          .......(左)羽田空港の海に船の航跡  (右)「羽田大鳥居」が海に浮かぶ.......
c0119160_1950178.jpg
c0119160_19504034.jpg


周りには神社がないのにポツンと居残る大鳥居・・、実に不思議な光景ですが、これにはワケあり伝説があるからです。この鳥居を何度か撤去しようとするたびに次々と人身事故が起こったのです。
大手町「平将門首塚」にも似た話ですが・・、羽田大鳥居」に纏わる呪い伝説を皆様に紹介しましょう。


      .....恐怖の都市伝説「羽田大鳥居」(呪いの鳥居)の威容、意外にも「平和」の文字が・・.......
c0119160_9251986.jpgc0119160_19533445.jpgc0119160_19535167.jpg 




c0119160_19542031.jpg

 
終戦直後、空港接収した米軍が大拡張工事に着手し鳥居も何度か取り壊そうとしましたが、作業事故が起きて死者が出たり、工事関係者が病気になったりと「稲荷様の祟り」と恐れられました。事故は幾度も続き、ついに恐れをなしたGHQは空港施設内にその鳥居だけ残し帰国して行きました。


     ......K機長の逆噴射で有名な「羽田沖日航機墜落事故」(1982)も何やら曰くつき・・.......
c0119160_20124325.jpgc0119160_2013421.jpg
c0119160_20133451.jpg


高度成長期、羽田空港の施設拡張を計画すると翌年に航空機大事故が何度も頻発しました。1971年岩手雫石の航空機事故(死者162名)や1982年羽田沖・日航機墜落事故(逆噴射)はいずれも大鳥居撤去の話が出た直後と云われます。それ以来、鳥居移転は完全にタブー化されたのです。
c0119160_21564086.jpg

記事掲載後に調べてみて改めて驚きの事実も認識・・!大鳥居は元々は羽田空港のターミナルビル駐車場にありましたが、1999年空港拡張に伴い約800m離れた現在地に移転、この年に何と羽田空港離陸の全日空機で機長が殺されるハイジャック事件が起きていました!(まき子様との下記コメント参照)


   .....静かなる羽田の海パノラマに太公望・・、「大鳥居」はこの静けさを守りたいのかもしれない。.....
c0119160_2210503.gifc0119160_2210503.gifc0119160_22241945.jpg
c0119160_2210503.gif


今後新国際ターミナルの発展を目指す日本にとり空港滑走路の拡張は必須課題です。しかしこれを実現させるには羽田大鳥居移転に直面せざるを得ません。この時また事故が起きれば何とする・・?






★大田区の下町風景 (羽田・蒲田周辺)


多摩川河口近くには「羽田の渡し」の石碑があります。かつて「六左衛門の渡し」とも呼ばれ、川崎大師参詣の要路でした。この川渡しは昭和14年に大師橋が完成するまで利用されていたとのこと


          .......(左)「羽田の渡し」の石碑  (右)渡し跡の堰堤で釣りをする家族......
c0119160_2059254.jpgc0119160_20495318.jpgc0119160_8345918.jpg


c0119160_20505313.jpg


海岸部住宅地にヒッソリ佇む「羽田穴守稲荷神社」があります。呪いの大鳥居はこの神社第3鳥居だったのです。江戸時代に地元名主が新田開発の水害防止・安全祈願で稲荷の祠を祀ったそうです。稲荷の化身「白い狐」が現れたとの噂も立ち、穴守稲荷によって新田堤防は水害もなく守られました。一見穏やかな印象の神社ですが両脇を固めるお狐様も含めて霊験強く恐ろしい守り神なのかも・・


        ......羽田大鳥居の大元の神社は「羽田穴守稲荷」、本殿は控え目な雰囲気.......
c0119160_2191543.jpgc0119160_21245783.gif
c0119160_21142923.jpg


大田区には日本の産業を陰で支える中小企業の工場の街としても有名。工場数は1983年にはピークで9,190件あったそうですが、2010年に4,351件となり僅か四半世紀の間に半減しています。周辺を歩いてみましたが、工場集積地という面影は殆どなくマンションが増えた住宅地という感じでした。


         .......大田区の町工場風景、中小企業で生き残った企業は半減状態......
c0119160_21331036.jpgc0119160_21333821.jpg

c0119160_21335832.jpg


しかしここは日本最先端技術を支える縁の下の力持ちの街です。大田区工場の金属箔技術(太陽電池パネル)は、日本の衛星「はやぶさ」の成功を実現させたことで称賛を浴びました。大震災で東北各地の下請け工場がやられ企業生産活動に支障を来していますが・・、もしここがやられたら・・

 
    ....大田区町工場は苦境に喘いでも世界最先端技術が伝承。はやぶさの成功は大朗報!.......
c0119160_2144964.jpgc0119160_21401286.jpg
c0119160_21404260.jpg

 
♪虹の都・光の港、キネマの天地~♪松竹蒲田撮影所は大正9年~昭和11年まで蒲田駅の東口にありました。撮影所はその後、神奈川大船に移転し数々の名作を生みましたがそれも今はもうありません。『蒲田行進曲』が有名になったのは昭和57年の同名の松竹映画で使われたことによります。


    ......蒲田キネマ通り商店街、今は寂れているが昔は松竹・蒲田撮影所があった。.......
c0119160_222583.jpgc0119160_2233813.jpg
c0119160_2235871.jpg


監督深作欣二・脚本つかこうへい、風間杜夫(スター)・平田満(大部屋俳優)、松坂慶子(落ち目女優)、蒲田撮影所を舞台に奇妙な人間関係を描いた名作でした。♪春の蒲田・花咲く蒲田、キネマの都~♪蒲田にはユザワヤへ買い物によく出かけたなア。この街には雑多な雰囲気と活気が満ち溢れる・・

    
     ......(左)蒲田には黒い湯の温泉がある。 (右)いつも多くの人で賑う蒲田駅周辺の商店街......
c0119160_2210176.jpgc0119160_22123948.jpg


c0119160_2211221.jpg






★大田区下町にはまだまだ見所が・・(大森貝塚・六郷水門など)

   ....(左)「新田神社」は新田義貞の子孫が祀られる。 (右) 明治天皇行幸所、蒲田梅屋敷.....
c0119160_7392995.jpg
c0119160_7395959.jpg


蒲田の庭園「梅屋敷公園」(3千坪敷地に梅の木が数百本あり、東海道の休憩茶屋)や新田義貞の「新田神社」、日本史でよく耳にしたモース「大森貝塚」・・、大田区には見所が多く隠れています。


          .......「大森貝塚公園」には発見した科学者モースの像が座る。.......
c0119160_9322889.jpgc0119160_9325419.jpg

大森貝塚は縄文後期遺跡で国の史跡に指定されています。多くの貝殻、土器・土偶・人骨、鹿・鯨の骨、古代日本の姿を窺い知る出土品が多く発掘された場所。発見したのは米国の動物学者モース、汽車の窓から貝塚を偶然見つけたのです。日本初の考古学的調査が行われた歴史的な場所です。


    .....(左)大森貝塚を発掘したエドワード・モース (右)貝塚堆積跡(古代日本人のゴミ捨て場)......
c0119160_9364278.jpgc0119160_9371883.jpg


c0119160_9374710.jpg

c0119160_9381354.jpg

京急・六郷土手駅近くには「六郷神社」が鎮座、源頼義・義家父子が前九年の役の勝利後、武運長久を祈った京都の石清水八幡から分霊を勧請しここ大田区の地に創建したと伝えられています。


            .......源氏が武蔵国に創建した「六郷神社」の鳥居と本殿.......
c0119160_20181813.jpgc0119160_2020344.jpg

ここに「六郷用水」という農業用灌漑用水路がありましたが、度々起こった六郷用水の氾濫を防ぐ目的で多摩川改修工事が行われました。その一環で昭和初期に完成したゲートが「六郷水門」です。


          ......多摩川の治水を担ってきた「六郷水門」はなかなかの威厳ある構築物.......
c0119160_20243077.jpgc0119160_20245627.gif

c0119160_2026579.jpg


c0119160_20262946.jpg


多摩川の排水口・水運の役目も果たした水門は、ドイツ人設計者が生んだ印象曲線がダイナミックに表現されています。土台煉瓦の近代建築遺産は多摩川河口風景を象徴するモチーフ的存在なのかも・・


          .......休日の「六郷水門」、河川土手を行く自転車カップル........
c0119160_20345662.jpg

大田区風景・第1回目の紹介は下町や水辺の風景にポイントを当てました。第2回は昨年秋にオープンした新国際線ターミナル(24時間ハブ空港)の最新鋭なる空港施設・滑走路などをレポートしてみましょう。


c0119160_21335255.jpgc0119160_21354270.jpgc0119160_21361982.jpg



                                                        おわり





次回は久々に洋楽の記事、ロック史を飾る「アーティスト別・名盤レビュー」:「ローリングストーンズ」の登場!
c0119160_21421311.jpgc0119160_21423077.jpgc0119160_21424684.jpg

 

  by rollingwest | 2011-04-14 00:00 | 都会の風景 | Comments(65)

<2011年4月2日>地元のモトスミ・武蔵小杉の桜風景 (川崎探訪)

                                                                   琵琶湖記事から1ケ月近くもお休みさせて頂きました。東日本大震災や原発で暗い話題ばかりの3月でしたが、あらためて日々無事・平凡な生活を過ごせる日常がいかに幸せなことなのかと再認識しました。

c0119160_6421972.jpgc0119160_6424864.jpg
c0119160_6431359.jpg

新年度に改まり、待望の桜も咲いてきました。日本国民もいつまでも沈んでばかりではいけませんね。
余裕ない日々も続きますが、被災地復興を祈念しながら、当ブログも少しずつ再開したいと思います。

c0119160_614456.gif
c0119160_62434.gif


桜の季節到来!今年の花見は被災地の方を思うと全体的に自粛ムードが広がっているかもしれません。宴会気分は抑えながらも、昨年春に取り溜めた写真にて地元の「モトスミ桜」を紹介したいと思います。




★春の訪れ・・、地元モトスミの桜名所を紹介


モトスミ桜」(元住吉駅周辺)は対外的には有名でないかもしれませんが、見応えある名所スポットです。
住宅街を静かに流れる「渋川桜」(渋川堰堤の桜並木)と「ニケ領用水」は知る人ぞ知る穴場かも・・
川崎の元住吉~武蔵小杉~等々力緑地周辺の散策エリアを中心に数々の見所を紹介しましょう。


   ......(左)春爛漫!神奈川の隠れた桜名所・元住吉「渋川桜」 (右)白桜と花桃のコラボ競演.......
c0119160_681139.jpgc0119160_6134563.gif


c0119160_675161.jpg


今年の桜前線は平年並の様ですがやや遅れた開花状況という印象を受けます。震災の憂鬱と厳しい冬の寒さが続いた影響が大きいのかも・・。昨年の桜も開花宣言後に花冷えが続いたことで満開桜を長く楽しめました。数年前まで続いた暖冬サイクルの潮目も変化し、地球温暖化って本当?という声も・・


          .......(左)渋川の満開桜にカップル(羨ましい~)  (右)雪が降るような白桜.......
c0119160_6165381.jpg
c0119160_6171853.jpg


モトスミ桜並木は「渋川桜」と「ニケ領用水」景色が壮観!ニケ領用水は多摩川を水源とし、川崎市多摩区から幸区までを流れる全長約32kmの農業用水路でした。今は住宅地の中を流れるせせらぎの小川という風情ですが、元住吉~武蔵小杉~等々力緑地まで延々と続く桜並木道は歩いてみる価値十分!


            .......「ニケ領用水」沿いの遊歩道、桜満開風景(毎年、癒されます・・).......
c0119160_6224373.jpgc0119160_6231156.gif

c0119160_6233185.jpg


手前味噌かもしれませんが、モトスミはなかなか住みやすい街です。物価の安い店が軒を連ね600m以上も続く「元住吉ブレーメン通り」はいつも縁日のような賑いを誇り、活気に満ち溢れる商店街です。


                 ......庶民的価格で人気ある商店街、元住吉「ブレーメン通り」.......
c0119160_6312661.gifc0119160_6315445.jpgc0119160_6475285.gif

c0119160_6323585.gif
c0119160_633047.jpg






★武蔵小杉から等々力緑地へ


元住吉から武蔵小杉に向かうといくつかの氏神様が鎮座しています。武蔵小杉には13年間住んでいたのでいくつか思い出の場所がありますが、小杉神社は娘の3歳の時に七五三で来たものだなあ・・。


        ......武蔵小杉周辺の氏神様 (左)今井神社  (右)等々力緑地近くの小杉神社.......
c0119160_6545691.jpg
c0119160_6551394.jpg


小杉神社の脇に、神奈川県内でも屈指の大公園「等々力緑地」があります。園内には陸上競技場・硬式野球場・テニスコート、とどろきアリーナ・川崎市民ミュージアムなどスポーツ・公共施設が充実しており、若者が多く集う場所。また釣堀・四季園・ふるさとの森など緑や花も多く川崎市民の憩いの場となっています。


   .......「川崎・等々力公園」は春爛漫 (左)桜満開の釣堀風景 (右)紅白チューリップが咲き誇る!......
c0119160_6581934.jpgc0119160_6591780.jpg

c0119160_6594917.jpg

c0119160_753647.jpg

                   .......「等々力市民ミュージアム」と陸上競技場のトラック.......
c0119160_118816.gif
c0119160_755350.jpg

川崎市民ミュージアム前の広場には大きな鉄塊のオブジェが鎮座しています。川崎市に製鉄所をもつJFEスチール(旧・日本鋼管)から寄贈された「トーマス転炉」(高さ8m、重さ約60t) 高度成長時代の中心部・京浜工業地帯の産業遺産であり、日本がかつて鉄鋼生産世界一だった時代の礎を築いた名炉です。


    ....... (左)等々力児童公園に桜満開  (右)「 トーマス転炉」(鉄人28号の頭部みたい!).......
c0119160_20383928.jpgc0119160_79243.jpgc0119160_8323214.gif
c0119160_8552284.jpg
c0119160_8425156.jpg


c0119160_794283.jpg

等々力競技場は陸上競技とサッカーの施設。Jリーグ発足(1993)時は読売ヴェルディ(カズ・ラモス・北澤・武田)の名選手が活躍しましたが、現在は川崎フロンターレの本拠地となっています。フロンターレはここ数年、強くなってきましたが優勝にはまだあと一歩・・、歓喜の優勝で市民が盛り上がる日はいつ来るのだろうか。


        .......川崎フロンターレの本拠地「等々力競技場」(Jリーグ発足当時はヴェルディが使用).......
c0119160_932994.jpgc0119160_94662.gifc0119160_943511.jpg


c0119160_916476.jpg

c0119160_9697.jpg


武蔵小杉駅周辺の光景はここ数年で一変してしまいました。駅の東側には10年春に横須賀線に乗り入れる新駅がオープン。この利便性を見越して多くの高層マンションが一挙に林立。市内人口は一挙に増加


                 .......武蔵小杉の新駅に林立する高層マンション群.......
c0119160_9304851.jpgc0119160_9384740.jpg


c0119160_9312873.jpg


                                  リンク:過去の「川崎探訪シリーズ」はコチラから




★まんが寺の「常楽寺」を経て、再びモトスミに・・・


        .....桜並木の「ニケ領水」沿いを散策する人達.......
c0119160_9473926.jpgc0119160_948339.jpg
c0119160_948449.jpg


「等々力緑地」の近くには、春日神社と常楽寺(まんが寺で有名)があります。「常楽寺」は本堂の襖や梁などに有名漫画家に自慢の作(主に昭和40年代)を描いてもらったことでその名が付いたそうです。


        ....... (左)等々力公園近くの「春日神社」  (右) まんが寺で有名な「常楽寺」本堂.......
c0119160_1014596.jpgc0119160_10151936.jpg

       .......♪「黄桜~」で有名な小島功の美人画や初期ドリフターズを描いた漫画も・・.......
c0119160_10182219.jpg
c0119160_10183862.gif


前住職が親交あった小島功や富永一朗などに書いてもらったとのこと、ペーソス感溢れるほんのり調の漫画(ドリフターズもある)や風刺画が多数あります。昭和40年代のよき時代の雰囲気が伝わってきます。でも寺の縁起によると、奈良時代に聖武天皇・御願所として行基菩薩によって開基されたとのこと・・驚


             ....... (左)常楽寺の薬師堂   (右)「つもり違い十ケ条」の教訓石碑.......
c0119160_10271627.jpgc0119160_10263730.jpg

c0119160_10274479.jpg


さて再び「モトスミ桜」(住吉桜)へと戻りましょう。花桃も咲く二ケ領用水散策路を綱島街道方面(関東労災病院)に向かって歩くと「川崎平和公園」の桜に出会えます。コチラはまたいつかジックリ紹介しましょう。


      ....... (左)花桃が二ケ領用水に垂れ下がる。 (右)散った桜の花びらが流れる。.......
c0119160_10322392.jpgc0119160_1033793.jpgc0119160_10332446.jpg

         .......モトスミの「渋川桜」は神奈川・花の名所100選にも指定されている。.......
c0119160_10492881.jpgc0119160_10382100.jpgc0119160_10372632.jpg






c0119160_10364226.jpg

「渋川桜」は神奈川県の花の名所100選にも入る桜の名所、250本にも及ぶ堰堤桜は実に見事です。是非と一度も訪れて見て下さい。このような春爛漫を無事平穏に迎えられるのは実に幸せなことです。被災地の皆様は桜を楽しめる心境じゃないと思いますが一刻も早く真の春が訪れることを祈念します。

c0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gifc0119160_14465715.gif


今年の更新頻度は半月に1回位のペースダウンになりそうですが、引き続きよろしくお願いいたします。


                                                          おわり





(追伸):今年の満開桜を公開 (2011.4.10)


2011年・モトスミ桜は4月10日(日)にピークを迎え、天候にも恵まれた暖かい日の中で多くの人達がお花見を楽しんでいました。あちこちに満開の桜が咲き誇り、まさに春爛漫!最高の花見日和でした。


            ....... 渋川沿いの「モトスミ桜」がついに満開!地方選挙もチャンと投票スミ.....
c0119160_1830634.jpgc0119160_18302941.jpgc0119160_18305399.gif


c0119160_18311914.jpg


元住吉駅から「渋川桜」の長い堰堤桜を楽しみ、小杉方面への「ニケ領用水」との合流分岐を右折し、「川崎平和公園」に向かう散策路を満喫。午前中に出発、昼になると花見客の数はドンドン増えて来た。


        .......「渋川桜」が一番華やかな場所は、やはり法政ニ高の周辺ですね~!.......
c0119160_18383647.jpgc0119160_18385410.jpg

「川崎平和公園」に出て見るとお花見客が溢れていました。昨日は風が強くて雨模様だったので、今日こそは!と待ちかねた人々が大いに盛り上がり春爛漫を満喫しています。やはり春はこうでなくちゃ・・


        .......花見客で大賑わいの「川崎平和公園」!自粛ムードぶっ飛ばせ~!.......
c0119160_1842739.jpgc0119160_18422754.jpg


        .......「川崎平和公園」近くの「ニケ領用水」沿いの桜並木も実にいい・・.......
c0119160_18443659.jpg





次回は「大田区探訪」(その1):「下町風景編」(羽田・蒲田・大森・六郷)をお送りします。
c0119160_11222920.jpgc0119160_11225147.jpgc0119160_11231195.jpg

  by rollingwest | 2011-04-02 00:00 | 花鳥風月(季節の風景) | Comments(58)