<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

「横浜みなとみらい~開港の道」:夜景ライトアップバージョン (その3)

                                                          
久々に「横浜開港の道・夜景ライトアップバージョン」シリーズを再開しましょう。(その1)で「みなとみらい」~「野毛界隈」、(その2)では、「横浜ベイブリッジ」~「象の鼻・クジラの背中」「伊勢佐木町」まで紹介しましたが、(その3)は「山下公園」~「中華街」周辺のレポートです。♪街の灯がとても綺麗ネ、ヨコハマ~♪(古)

c0119160_17183484.jpg
c0119160_17185850.jpg

   



★横浜のシンボル「山下公園」の夜景


前回は「横浜三塔」~「大桟橋」を経て「山下公園」に入るつもりでしたが、チョッと伊勢佐木町に立ち寄り、青江美奈オバ様の喘ぎ声を聴いてしましました。また再び海岸部コースに戻り歩きを進めて行きましょう。

                    「横浜みなとみらい~開港の道」:夜景ライトアップバージョン(その1)


      .......(左)象の鼻近くにある小物雑貨店 (右)貿易会館周辺のレストラン夜景......
c0119160_17265715.jpgc0119160_1747967.jpg

大桟橋方向とシルクセンターへの十字路の角っこには貿易会館があります。このあたりの横浜ムードを感じさせるレストランが並んでいい雰囲気。象の鼻近くにもお洒落な雑貨店があるので是非ともお訪ねあれ!


   ......山下公園「インド水塔」、関東大震災でインド人救済の御礼にて建立された。......
c0119160_17493526.jpgc0119160_1739364.jpgc0119160_17245330.jpg


c0119160_1727485.jpg


山下公園に入るとエキゾチックな「インド水塔」と「赤い靴」の女の子の象が見えてきます。童謡「赤い靴」の歌詞をあらためて口ずさむと、エッ?と思っちゃうゾ。♪「赤い靴~履いてた女の子~、異人さんに連れられて行っちゃった。」、コリャ~、女の子が外人に横浜波止場から拉致されたという歌じゃネーカ!恐ろしヤ・・


   .......童謡「赤い靴・女の子」の象、寂しそうに見える姿に数々の悲劇があったのかも・・.....
c0119160_17572643.jpgc0119160_17581210.jpgc0119160_18104484.jpg
c0119160_17575382.jpg



c0119160_1758439.gif


山下公園に係留されている「氷川丸」は横浜港のシンボル的な存在。1930年豪華客船として建造され、太平洋航路や病院船として30年間のお勤めを果たし、1960年からは山下公園に係留されています。昨年で就航後80年・山下公園での鎮座50年の節目を迎えた。長い歴史を刻んできたわけですネ~!


             ........「山下公園」桟橋に停留する「氷川丸」の夜景......
c0119160_18161492.jpgc0119160_18163079.jpg
c0119160_18164871.jpg


氷川丸の前では休日に大道芸を見ることができます。若者が未来のブレイク目指し曲芸披露で頑張る姿は微笑ましい。横浜のメインエリアはMMにシフトしていますが、やはり氷川丸は昔から一目置かれる存在・・


            .......山下公園(氷川丸の前)で見披露される大道芸の若者......
c0119160_19383348.jpgc0119160_1941458.jpgc0119160_19425426.gif

c0119160_19421415.jpg


c0119160_6162184.jpg

c0119160_19432192.jpg

「山下公園」中央部に入ると、噴水と彫像そして横浜マリンタワーが三つ巴でいい構図を見せてくれます。
間接照明で光り輝く夜公園は人が少ないですが、新緑の休日は家族連れやカップルで大いに賑います。


         ......「山下公園」夜景は、噴水と彫像のコラボが実にいいのです。......
c0119160_20222579.gifc0119160_19553239.jpg

c0119160_19563158.jpg

1927年開業、横浜を代表するクラシックホテルとして名高い「ホテルニューグランド」、チャップリンやマッカーサーも宿泊、皇室や英国王室も御用達の老舗ホテル・・。エントランスホールの石造り階段は一度登ってみる価値ありです。


      .......「ホテルニューグランド」横浜瑞一の老舗ホテルのエントランスロビーはいつ見ても威厳がある。......
c0119160_20312771.jpgc0119160_20235771.gif



c0119160_20244473.jpg

      ......「ニューグランド」の花崗岩建物は夜景では一段と味わい深い姿となる。......
c0119160_20354141.jpg

横浜マリンタワー(高さ106m)もかつては横浜のシンボルでした。横浜港開港100周年記念行事(1959年)からの横浜のシンボルを建設しようという機運が盛り上がり、灯台を意識したデザインで1961年に完成。
創業時は鳴り物入りの開業となり、多くの観光客を記録しました。(ピーク時で入場者数105万人/年)


       ........「横浜マリンタワー」も09年に化粧直しでリニューアルして再度オ-プン!......
c0119160_20422281.jpgc0119160_20433633.jpg



c0119160_20441132.jpg
c0119160_20443229.gif


          .......「氷川丸」の横顔夜景は「象の鼻」デッキから大いに堪能できます。......
c0119160_20531411.jpg

その後、集客力はMMに押され減少傾向(2005年には年間27万人)、運営会社・氷川丸マリンタワー(株)は入場者減に伴う経営悪化を理由に2006年12月に営業を終了しました。しかし、マリンタワーは横浜市に、氷川丸は日本郵船に譲渡され、開港150周年2009年にお色直しして再び復活しています。


                           開港150周年・新緑の横浜を歩く②(09年4月)




★夜も活気に溢れる「横浜中華街」


10数年程前、中華街への年間来街者数は1,200万人と言われていましたが、MM線が開通して渋谷から直行接続になってから一挙に5割up、1,800万人にまで増加して大変な賑わいを見せています。


      .......「横浜中華街」メイン通りにある広東料理「均昌閣」(昭和20年創業)......
c0119160_21343712.jpg

中華料理店の他に雑貨・衣料・お土産屋が多くの軒を並べ、 昼も夜も人出で賑いまさに街全体がテーマパークのような雰囲気!照明や街並みもリニューアルされ、横浜の中で最大の活気に溢れているエリアです。
c0119160_2137996.jpg
c0119160_21373942.jpg

  .....「中華街」雑貨屋ストリート、衣料・装飾・土産が満載、珍しいお宝が堀り出せるかも....
c0119160_2144193.jpgc0119160_21442621.jpg

ペリー来航で横浜が開港され多くの欧米人が横浜に来ましたが、彼らは欧米本土からではなく清国駐在者が派遣されました。商館コック・会計係・通訳等として連れ立ち来日したのが中国人だったのです。 


   .....「中華街4門」:朝陽(東)・延平(西)・朱雀(南)・玄武(北)はそれぞれ華やかです!....
c0119160_21485687.jpgc0119160_21492025.jpg

最初は欧米人商館の中で実務を営み暮らしていた中国人でしたが、次第に人口増で住居が手狭になってくると、今の中華街エリアに集団で移転し住むようになりました。これが「横浜中華街」の始まりです。
中華街中心地「横浜大世界」は古き上海時代をモチーフにした様な街並み、、美味しい中国料理が続々・・


  .......高級フカヒレ旨そう~!でも最大産地は東北気仙沼、供給逼迫でますます高値に・・......
c0119160_21534147.jpg
c0119160_2154394.jpg

中華街には華やかな中国寺院が2つあります。一つは「関帝廟」、関羽という歴史上人物を祀った中国式寺院で商売の神様として崇められています。日本でいえば商売繁盛のえべっさん神社ですかね~

     .....中華街に住む人達の心の支えとなっている「関帝廟」(左)&「媽祖廟」(右)......
c0119160_21563274.jpgc0119160_21565613.jpg

もう一つの「媽祖廟」は航海・漁業の守護神として中国沿海部で信仰を集めている道教の女神が祀られる寺院。日本では厳島神社・金毘羅さん・住吉神社あたりかな?弁天様も相当するのかもしれん・・

                    「横浜みなとみらい~開港の道」:夜景ライトアップバージョン(その2)




★おわりに


「横浜開港の道」はMM・赤レンガ・大桟橋・山下公園・中華街までがメイン通りなのでほぼ全て語り尽くしたような気もしますが、最後は「港の見える丘公園」周辺夜景も紹介してシリーズを終えたいと思います。


    .......ボーリング橋を通過していくと、ベイブリッジ夜景も小さく見える距離となった。......
c0119160_21311348.jpgc0119160_21314356.jpg

山下公園の西端の石段を登った高台から「ボーリング橋」を渡って、「横浜人形の家」から「フランス山」~「港の見える丘公園」に向かうルートまで行き着けば「横浜開港の道」を歩き抜いたと言えましょう。
ここから高台に上がると、横浜ベイブリッジは遥かなる遠景、ましてやMMビル群はさらにその向こう・・


   .....「港の見える丘公園」夜景もシットリ感、オジサン一人で歩いているとヤバイかも・・(苦笑)....
c0119160_21363392.jpgc0119160_21465160.jpg

c0119160_21365583.jpg


       ........「外人墓地」からの夕暮れ風景、遠くランドマークタワーの明かりが・・......
c0119160_2153285.jpgc0119160_21544439.jpg




c0119160_21535285.jpg


MM最新高層ビル群、汽車道~赤煉瓦倉庫、大桟橋からの港大展望、横浜三塔のエキゾチックな雄姿、庶民的な野毛・かつて賑った伊勢佐木町、横浜のシンボル・ベイブリッジ山下公園・マリンタワー、活気溢れる中華街、港の見える公園に外人墓地、結構歩きましたねエ・・。横浜開港の道はまさにバリエーションの宝庫!


          ......ゆっくり回る観覧車の光が水面に映えるいつも幻想的な光景。......
c0119160_2233448.jpgc0119160_2252069.gif


c0119160_224396.gif



c0119160_22155266.jpg


  .......(左)横浜ベイブリッジの雄姿 (右)MM21コスモクロックが映る水面色彩(左右合成にトライ)......
c0119160_22212023.jpgc0119160_22214977.gif




c0119160_22221322.jpg


関西勤務時に見た六甲山からの神戸夜景、北海道勤務時代は函館山からの函館夜景、そして大東京の高層ビル夜景・・、日本全国いろいろな個性的な夜景を楽しんできましたが、小生は横浜夜景がやはり一番気に入っています。視界が開け海風景を見ながら長く歩けるシチュエーションが実に素晴らしい!


   ....いしだあゆみの名曲「ブルーライトヨコハマ」(1968)、当時MMビルは当然ありませんでした。......
           c0119160_22412098.jpg
c0119160_22442965.jpgc0119160_22384919.jpg

横浜夜景を楽しみながら歩く「横浜開港の道」は3回に分けて紹介してみましたが、皆様も是非ともいずれかのコースを散策して見て下さい。色々な角度からいろいろな横浜の表情が楽しめますよ~!


       .......「みなとみらい駅」から「山下公園」に続くルート地図(今回の主コース)......
c0119160_20352142.jpg


今回で横浜夜景のレポートは終わりとしますが、秋に番外編として「横浜港から見た工場夜景クルージング」記事を掲載したいと思っています。京浜コンビナートの装置夜景群も実に見所が満載でしたね~!

c0119160_2251275.jpgc0119160_2251225.jpgc0119160_22514411.jpg


                                                        おわり



次回の記事は「新緑の越後路、2011GW・家族旅行」(その1)を予定しています。
c0119160_20114666.jpgc0119160_20122816.jpgc0119160_2018741.jpg

  by rollingwest | 2011-05-22 00:00 | 神奈川県 | Comments(48)

<2011年5月9日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その3):「鹿島神宮」「香取神宮」

                                    (その2):「水戸・大洗・鹿島灘」編から続く


       ≪日本の夜明けは、常陸(hitachi)の国から・・ガンバレ・茨城!Sunrise!≫


★茨城・千葉に鎮座する憧れの古代神社

10年11月に巡った茨城・千葉の旅・3回目をお届けします。1回目は牛久大仏・土浦・石岡・笠間稲荷、2回目は水戸・大洗でしたが、今回は日本を代表する古代神社「鹿島神宮」&「香取神宮」を紹介しましょう。実は、茨城への旅情を掻き立てられた動機は2大神宮を訪ねたかった事に他なりません。


      .....(左)「鹿島神宮」....神宮への憧れが茨城・千葉へのトリガー...(右)「香取神宮」.......
c0119160_2135822.jpgc0119160_6474723.jpg

c0119160_2295040.jpg

昨年秋に訪ねた茨城・鹿島の地は期待に違わず思い出深い訪問旅でした。日の立つ常陸国の由来、鹿島工業地帯の夜明け、神宮の歴史深いパワースポット、Jリーグの雄アントラーズの聖地・・、堪能した半年前の風景は今や震災に襲われ苦しみの境地に陥りました。一刻も早い復興祈願、ガンバレ茨城!


   .......鹿島神宮は茨城県・香取神宮は千葉県だが、利根川を挟みぼ同じエリアで隣接......
c0119160_22165534.jpg
c0119160_22172426.jpg

    




★鹿島コンビナートの夜明け


鹿島コンビナート(鹿島・神栖)は日立と並ぶ代表的な茨城の臨海工業地帯です。早朝の工場群(Jリーグ鹿島アントラーズ母体の住金や鹿島石油等)から仰いだ感動的な日の出に出逢え実にラッキーだったなア・・


     .......鹿島臨海公園から望む鹿島コンビナート(住金鹿島)の夜明け........
c0119160_21493750.jpg
 
宿泊した市内のホテルを早朝まだ暗い中で出発、港湾道路から海岸へと行き果てると「鹿島臨海公園」に到着。夜明け前からの護岸堤は釣りに興ずる太公望達、自分だけのよき時間を満喫していました。

c0119160_21335941.gif

     ........日の出前、静かに佇む「鹿島石油」タンク群、製油所装置からスチーム上昇........
c0119160_21413149.jpg
 
    .......鹿島港貨物船、堤防で釣を楽しむ人々。当時は震災なんて全く想像もせず.......
c0119160_21394121.jpgc0119160_214022.jpg

快晴確実となる黎明、11月早朝は放射冷却で身震いするような肌寒さでしたが、常陸国の日の出を間近に見られると思うと心躍る期待感・・!濃い群青色だった空は徐々に明るくなり水色~オレンジ雲へと輝き色を変化させてきた・・。ついに待ち兼ねた太陽が鹿島石油タンクから顔を出し始めました。


          ........朝日が昇り始めた!石油タンク前を通過する艀船.........
c0119160_21475192.jpgc0119160_2148153.jpg

本州の最東端(銚子・鹿島)から登る太陽は誠に有難タヤ~! 背筋に感動が走り、日出づる国に生まれてきたDNAが刺激されます。朝から日の出を待ち構えていた若者達も大歓声を上げていました。


   ........(左)鹿島臨海公園・タワー下に集う若者 (右)朝の陽光を浴び感激に浸る......
c0119160_21494575.jpgc0119160_2152865.jpg
c0119160_21424786.jpg
今回の大震災報道は東北が中心となっており茨城・千葉は割を食っていると思います。津波被害の悲惨さ・原発被害で東北の深刻度とは比較にならない事が理由かもしれませんが、茨城被害も相当なものです。度重なる余震が連続、福島原発の農漁業への風評被害、苦しみは量り知れません。


   .....(左)「鹿島臨海鉄道」広い野原の線路 (右)「住金鹿島」(今度新日鉄と合併)も大被災.....
c0119160_21445479.jpgc0119160_21564975.jpg

c0119160_21572635.jpg
鹿島はまさに企業城下町。工場操業が止まり生産活動停止となれば、下請け業者への仕事が減少、従業員の給料カット・市の税収減へと繋がり、影響は即、街の景気に大打撃となることが確実・・


     .........鹿島工業地帯の上には大雲塊、北アルプス連峰の様だった!.......
c0119160_221198.jpg

これから被災地に残った課題は余りにも多く半年前に見た鹿島・黎明光景(ホンワカした雰囲気)に戻るには相当時間がかかるのかもしれません。一刻も早く平常な生産活動や日常に戻ることを祈念!




★2500年以上の歴史を誇る古代神社「鹿島神宮」

さあ、最大のメインイベント!憧れの「鹿島神宮」への訪問です。早朝の凛とした空気の中、神社の鳥居をくぐると赤い「楼門」(日本三大楼門)が出迎えてくれました。やはり威厳が漂い雰囲気があるね~


    .....ついに「鹿島神宮へ!鳥居くぐると真赤な楼門・・、何とこの鳥居も震災で倒壊......
c0119160_2254287.jpgc0119160_21575994.jpg

c0119160_2264911.jpg
神武天皇の御代に創建、天智天皇が神宮を造営。その後歴代の天皇や将軍により修造・寄進され、現在の本宮社殿は2代将軍徳川秀忠より奉納(1619)の国・重要文化財、桃山期の極彩色が華やか!社殿背後の巨木は根廻り12m、樹齢1,200年と推定されるご神木。確かに巨大杉が多いね~


  ......ルーツは何と紀元前660年鹿島神宮「本殿」、2500年超の歴史を刻む社殿は威厳が漂う........
c0119160_2283831.jpgc0119160_21592778.gif


c0119160_2291452.jpg
神宮本殿には、日本古代史から崇められた軍神「武甕雷男神」(タケミカヅチノミコト)が祀られています。社殿から奥へと進むと、巨大杉林立の奥参道が奥宮の方に延びていました。神寂びた雰囲気ある美しい大森林は「鹿島の杜」と呼ばれ21万坪800種以上の草木が茂る天然記念物となっています。


   ......朝の清冽な空気の中、「鹿島の杜を進み行く。巨大な古代杉から空仰ぐ.......
c0119160_22122282.jpgc0119160_22125039.jpgc0119160_22132097.jpgc0119160_222588.jpg



c0119160_22134522.jpg
「天照大神」は当時出雲の大勢力「大国主」に国を明け渡すよう迫っていましたが、出雲の抵抗で事態は進展せず・・、業を煮やした天照神は、武甕槌(タケミカヅチ:鹿島)と経津主(フツヌシ:香取)の2大武神を出雲に派遣、最後は大国主に国譲りを行わせました。鹿島神宮と香取神宮の兄弟神話の由来・・


     ........神話時代、最強武力を誇った武甕槌神(タケミカヅチノミコト)が祀られる。.........
c0119160_22283320.jpgc0119160_22285775.jpg
c0119160_2212891.jpg

参道を行くと左手に鹿園があり「神鹿」の由来が記載してあります。大和朝廷時代となり権勢を握った藤原氏は、奈良を守るためには鹿島の地からこの軍神を呼び寄せることが平定の道と考え「春日大社」を建立しました。鹿島軍神を奈良に分祀する際、神鹿を守りとして一緒に奈良へ招き入れました。


     ........神の使い「神鹿」の立て札、鹿島神宮は名の通りシカに深い由来........
c0119160_22305382.jpgc0119160_22311418.gif

c0119160_22315582.jpg
そして神鹿の末裔達は、奈良観光の名物「春日大社の鹿」となっています。そうか~、奈良公園のルーツは鹿島アントラーズのご先祖様の鹿達だったのか!ちなみに「アントラー」とは鹿の角という意味です。


     ........奈良公園(春日大社)の鹿はここがルーツ、鹿島神宮から運ばれた。.........
c0119160_22392136.jpgc0119160_22395157.jpgc0119160_22401624.jpg
やや薄暗い木漏れ日注ぐ一角に鳥居と、鯉が泳ぐ群青の湧水の池があります。神秘的な清冽な泉は「御手洗池」(mitarashinoike)。鹿島の七不思議の一つとして、この池には誰が入っても同じ深さ、子供が入っても大人が入っても水面が胸の高さを越えないと伝えられます。


      .......参拝前に信者が身を清める「御手洗池」、紅葉が輝いていた。.......
c0119160_22461964.jpgc0119160_22472115.gifc0119160_22475655.gif



c0119160_22484049.jpg
  ......神代から湧き出ずる御手洗池,鹿島七不思議の一つ(干ばつ時も涸れたことなく鯉泳ぐ).......
c0119160_5344542.jpgc0119160_5351042.jpg

鹿島神は元々常総地方の土着神でしたが、神話に最強武力神として登場した背景には、大和政権の蝦夷征伐との関係があるようです。朝廷軍が東北地方に遠征する時、鹿島の地は重要な軍事拠点でした。そして北進する朝廷軍を守護する軍神として霊威力を発揮したのが鹿島神だったという訳です。


        .........鹿島神宮「奥の宮」、ここは最大パワースポットかも・・・........
c0119160_537880.jpgc0119160_7171931.jpgc0119160_2263198.jpg



c0119160_5381293.jpg
尊王攘夷の基礎となった水戸学は、鹿島神宮など茨城に根ざした神話や古事記がルーツとなっています。「常陸」(hitachi)は、日本で一番先に太陽が出る最東端(常陸←日立=日が立ち始める神聖な国)として崇められてきました。武神の威力は太陽によってパワーが注がれると考えられたのでしょう。



★「レイライン」(太陽の通り道)の最東端、日本の夜明けは「鹿島」から・・


初日の出が一番早く拝める場所は、鹿島灘に突き出た房総半島・最先端「犬吠埼」。神話時代から太陽は絶対的な崇高な存在であり、鹿島の地は崇敬を集めていました。ちなみに日本での最東端は納沙布岬(根室市)ですが、冬季の太陽は南東から明けるので初日の出はやはり鹿島エリアが一番先


  .....出雲と対峙した「天照大神」の要請を受け、2武神(タケミカヅチ&フツヌシノミコト)出征の絵図.......
c0119160_22414983.jpgc0119160_22425264.jpgc0119160_22434057.jpgc0119160_22442741.jpg

地球は地軸が23.4度傾いているため、公転時に太陽から受ける光・エネルギー量の変化が生じ四季が存在します。天孫降臨の「高天原」(宮崎県)を起点として太陽の通り道(地軸傾斜23.4度)に線を描くと不思議なことに気が付きます。線上に日本有数のパワースポットが多く位置しているのです。


   ......日本列島を縦断通過する太陽の道「レイライン」の上に数々の神社・パワースポットが存在......
c0119160_2315101.jpgc0119160_2255361.jpgc0119160_22552860.gif

c0119160_2257799.jpg


最も力強い生命力を与える夏至の太陽の動きを、「高千穂」からスタートすると「剣山(四国)」⇒「高野山」⇒「吉野山」(奈良)⇒「伊勢神宮」⇒「富士山」⇒「明治神宮」⇒「皇居」、最東端がまさに「鹿島」。高千穂から太陽が昇る日の出方向を求め、日本人はレイライン(太陽の道)に聖地を造ってきたのかも・・


     .......最大のパワースポット「要石」、大地震の根源「なまず」を抑える石として祀られる。.......
c0119160_228529.jpgc0119160_2291237.jpg
c0119160_229406.jpg

鹿島七不思議の最大のパワースポットは「要石」。これは地中に眠る大鯰が暴れて大地震が起きないように頭を押さえている封じ石とのこと。見かけは人間の頭程度しかありませんが地中深くまで続く一枚巨岩らしい。水戸光圀が一週間掘ってみたが、終に実現しなかったという伝説の不思議石なのです。


        ......鹿島神宮、朝の境内。神聖空気に触れ大きな力を受けたような気が・・.....
c0119160_2216052.jpg
c0119160_22142411.jpg

茨城沖は太古時代から地震が多い場所だったのかも・・。今回は要石の封じが外れちゃったのかな?
太陽&地震、まさに自然威力を恐れ、崇めてきた日本人のルーツがこの神宮には存在する気がします。




★燦然と輝くJリーグ屈指の名門「鹿島アントラーズ」


鹿島と言えばアントラーズ、今やJリーグ超名門!Jリーグのスタート(1993)以来18年になりますが何とその内6回優勝しているのです。その他ナビスコ杯・天皇杯も各2回優勝、まさに無敵の強さを誇ります。
c0119160_2225282.gif
c0119160_22261461.jpg

Jリーグ発足当初は鹿島にプロチームをつくること自体に無理があると言われました。小規模の街で大スタジアムもなかったからです。しかし住金を母体に鹿島市民が一体となって即座にカシマサッカースタジアムを造り上げ開幕に間に合わせました。今回初めてその雄姿を目の当たりにしてその熱気を感じました。


  ...(左)鹿島スタジアム熱狂サポーター応援風景 (右)アントラーズ戦士(大船渡の小笠原、シャルケ内田も)....
c0119160_22285190.jpgc0119160_22291410.jpg

c0119160_22294248.jpg

W杯で活躍したスーパースター・ジーコをブラジルから招聘し、プロ意識を徹底的に植え付けられて何と発足の年に準優勝の好成績、その後、アルシンド(友達ならアタリマエ~)やビスマルクなどを補強し1996年に初優勝!その後の強さは今に至り、2007-09年は3連覇も果し、その栄光の輝きはまさに偉大です。
               

   .....アントラーズの礎を築いた初期スーパースター達(ジーコ、アルシンド、ビスマルク、マルキーニョス、レオナルド).......
c0119160_22385789.jpg
c0119160_22391637.jpg
c0119160_22393897.jpg

c0119160_659210.jpg
c0119160_2240623.jpg

鹿島市民が一丸となって応援する熱狂的なサポーター体制が選手達に勇気を与えるのでしょう!鹿島アントラーズの強さは、神の鹿が「鹿島神宮のパワー」を運び与えてくれる賜物なのかもしれません。カシマスタジアムも地震に見舞われたが鹿島軍神が守ってくれる!


   .......鹿角アントラーの強さ!右は怪獣「アントラー」模型(3式機龍殿のプレゼント)・・、アッ関係ね~か.......
c0119160_224625100.jpgc0119160_732253.jpg
c0119160_22464171.jpg





★上総一之宮の「香取神宮」(鹿島神宮と兄弟神社)


そして鹿島神宮の近隣には(千葉県ですが)、先程紹介した兄弟なる「香取神宮」が鎮座しています。天照大神命を受けた香取軍神「経津主」(フツヌシ)は鹿島タケミカヅチと一緒に西征し出雲の国譲りを実現


    .......「香取神宮」の鳥居、 紅葉や菊祭りで賑う境内。菊花が雪の如し.......
c0119160_7393218.jpgc0119160_740726.gif


c0119160_7474484.jpg

鹿島神宮の色彩が全体的に落ち着いたダーク系色であるのに対し、香取神宮は朱色で明るい感じがする。しかし兄弟神宮であるだけに、建物は楼門・本殿・奥宮・森など全て同じように対で存在


          .......香取神宮「総門」、朱色・黄葉のコントラストが映えていた(10/11月)......
c0119160_7465967.gifc0119160_7403619.jpg
c0119160_7472521.jpg


対の極めつけは、香取神宮にも地震封じの「要石」が存在、水戸光圀が掘り出せなかった逸話も一緒
鹿島神宮も昔は香島神宮と呼ばれ「香」の字・共通でしたが、鹿に縁があり鹿島に名を替えたとのこと


      ......香取神宮にも地震封じ「要石」があった!正に鹿島神宮と対なす兄弟神社!......c0119160_813189.gifc0119160_8132419.jpg
c0119160_8135290.jpg


    ......(左)神宮参道を「七五三親子」が歩く。微笑ましいネ~ (右)「奥宮」は少し離れた場所......
c0119160_8193641.jpg
c0119160_8195989.jpg

香取神宮の長い参道は、両脇に沢山の石灯籠が配置され明るい緑に包まれて実に風情があります。七五三参拝を終え、3歳の女の子がチョコチョコと長い参道を歩き下り行く可愛らしい姿が印象的でした。




★カンバレ!茨城・SUNRISE!

今回の旅は「鹿島神宮」(茨城)から利根川を渡って「香取神宮」(千葉)に入りましたが、この辺りは常総地区と呼ばれ一体感があります。次回はアヤメの咲く頃に合わせて利根川を挟んだ水郷(潮来・佐原)を紹介してみたいと思います。このエリアも液状化現象で内陸部でも相当被害があった模様・・


          .........茨城南部ルートを辿り、いよいよ上総国(千葉)へと入っていく。........
c0119160_9531286.jpg

大地震発生1週間前(3/4)に鹿島海岸浜にイルカ50頭が打ち上がっていたそうです。地震封じの神様であるべき鹿島神宮も鳥居が壊滅状態となり、まさに千年に一度の大震災というしかない惨状です。


   ......大地震発生前の鹿島海岸にイルカ50頭・・、予兆?そして鹿島神宮の鳥居も無残な姿に・・.....
c0119160_9262482.jpgc0119160_9264683.jpgc0119160_92783.jpgc0119160_9272756.jpg

c0119160_1221432.jpg

茨城・千葉の被災規模は東北に比べれば小さいもしれませんが、続く余震恐怖、農業・漁業・観光での福島原発の風評被害、精神的ダメージは相当なものと察します。心からお見舞い申し上げるとともに日の出の聖地・茨城が一刻も早く復活し明るい夜明けを迎えられるよう祈念します。ガンバレ茨城!

c0119160_111426100.jpgc0119160_11112249.jpgc0119160_11134421.jpg

c0119160_11121327.gif

c0119160_12353152.jpg
c0119160_1236326.gif
   ....(上)日が立つ常陸国、鹿島の海・怒涛サンライズ (下)鹿島コンビナートの夜明け......
c0119160_11105827.jpg


                                                        おわり

                                     (その4):「水郷」(潮来・佐原)編へ続く


次回は「横浜開港の道:夜景ライトアップバージョン」(その3)を予定
c0119160_1024138.jpgc0119160_103119.jpgc0119160_103215.jpg

  by rollingwest | 2011-05-09 00:00 | 旅の風景 | Comments(52)