<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

<2011年9月18日>さようなら「船の科学館」(東京ベイサイド風景)

c0119160_16531726.gif

★はじめに

飛行場の次はSHIPネタでお楽しみ下さい。昭和49年(1974)開館以来、37年間に渡り1800万人の来館者を迎え続けてきた海洋総合博物館「船の科学館」(お台場)が9月30日をもち展示休止しました。メインの展示本館施設の老朽化が著しいことから次世代の海洋教育拠点にリニューアルするためです。


    .....(左)南極観測船「宗谷」と閉館した「船の科学館」 (右)「ゆりかもめ」&フジTV(お台場)....
c0119160_1705359.jpg
c0119160_1711657.jpg

c0119160_1715685.gif
c0119160_1721533.png


    .....(左)閉館の横断幕(37年間の愛顧御礼) (右)入口展示の「海底ハウス・歩号1世」.......
c0119160_173618.jpg
c0119160_1732812.jpg

本展示館入場は20数年ぶり、当時カミさんと一緒に来訪しました。本館部分(6階建)は大型客船「クイーンエリザベス号」をモチーフにした形をしており、内部も実船の構造に合わせた構成になっている。一見老朽化とも思えませんが、やはり東日本大震災で屋根の一部が剥がれ落ちたことのインパクトが・・


      ......エントランスロビーには莚で編んだ帆の原始帆船が展示(2Fから見下ろす).......
c0119160_983835.jpg





★古代船・帆船から貨物船・タンカー・豪華客船・・と「船の歴史」が続々


37年前の7月20日(海の記念日)開館した東京臨海副都心・品川区の博物館、船舶・海運や海洋開発・海上保安に至るまで館名通り船の歴史を収録展示する海洋総合博物館として有名でした。


     ......(左) チチカカ湖(ペルー)の「葦の舟」    (右)帆船・大航海時代展示物.......
c0119160_9212760.jpgc0119160_9183377.jpg










c0119160_9214867.jpg
c0119160_994451.gif


まず入ると、船の発祥となったチチカカ湖の「葦の舟」や筵製の帆船、大航海時代の歴史船に関する展示物があり、やがて近代的な貨物船・原油タンカー・フェリー・豪華客船などが次々と登場してきたノダ。


       ......(左) 貨物船の模型が一挙公開  (右)貨物船クレーンが実際に動く.......
c0119160_10464152.jpgc0119160_1047333.gif



c0119160_10482815.jpg

         .....日本最大原油大型タンカー (高度成長期の象徴、原油大量輸入時代).......c0119160_112527.jpgc0119160_1117625.jpg









c0119160_114319.gif


「豪華客船・世界一周の旅」・・、一生に一度は体験したい気もしますが、当然そんな裕福な財産はないので到底無理。それにRWは優雅な船旅をジックリ満喫するタイプではありません。貧乏性なので短時間で色々な所を廻って効率的に楽しみたいので、とても性には合わないと自覚・・(makeosimi?笑 )


    .......(左)日本を代表する長距離フェリー「さんふらわあ」 (右)フェリー船模型も続々現れる.......
c0119160_11225142.jpg
c0119160_11231073.jpg

    .......世界一周贅沢旅行:日本最大豪華客船「飛鳥」、全く縁がありませんなア・・.......
c0119160_11314156.gifc0119160_16461022.jpg



c0119160_16435655.jpg


世界の豪華客船といえば「タイタニック」号!優雅なる船の大模型やスイートルームが再現されており、ビデオでは1912年のあの日の悲劇(沈没へのストーリー)が紹介されていました。アカデミー賞に輝いた1997年名画(゙デカプリオ主演)・BGM(セリーヌデイオン)が脳裏にフラッシュバック!♪「マイハートウィルゴーズオ~ン」♪


       .....(左) 悲劇の「タイタニック号」の模型  (右)これがタイタニックのスイートルーム......
c0119160_1215479.jpgc0119160_12152551.gif


c0119160_12154825.jpg


    .....(左)タイタニック号沈没物語がビデオ再現  (右)映画「タイタニック」のイメージユーチューブ.......
c0119160_17211324.jpg
        






★日本近代史の発展を支えてきた船


日本史を江戸時代に遡り、明治~昭和に至る船も紹介されている。江戸時代、全国流通の血液役割を果たした北前船・桧垣船・樽回船が先ず登場。江戸・京都周辺の水路経済も勉強になった~!


  .......江戸時代の「千石船」に酒樽を運ぶ「樽回船」、日本海で活躍した「北前船」がある.......
c0119160_1224591.jpg
c0119160_12251639.jpg


    .......(左)京都伏見を往来した「三十石船」 (右)江戸時代水路(利根川・江戸川).......
c0119160_12262894.jpg
c0119160_12265068.jpg


幕末・明治維新のトリガーとなった「ペリー黒船来航」、空中俯瞰からのジオラマ!常に岸から慌てふためく江戸庶民の目線だったので新鮮な光景!東京湾が江戸時代からの埋立で変化してきた歴史・・


       .......(左) ペリー来航(黒船)のジオラマ  (右)東京港の今・むかし.......
c0119160_12275236.jpg
c0119160_1228865.jpg


♪「守るも攻めるもくろがねオ~」♪戦艦「大和」は旧日本海軍が世界最大46cm主砲9門を搭載し極秘に建造した歴史に名を残す軍艦。昭和16年完成、20年4月米空母機攻撃により僅か4年に満たぬ短い生涯を閉じました。でも戦後の子供達には宇宙戦艦のイメージで長く生き続けています。


         ......御存知・ 戦艦「大和」、日本海軍史を飾る歴史的な軍艦.......
c0119160_12403867.jpg
c0119160_1241040.jpgc0119160_15175047.jpgc0119160_1244635.jpg







c0119160_12552797.jpg


     .....(左) 日本海軍の栄光・軍艦「三笠」  (右)旧海軍の潜水艦の姿はスマート.......
c0119160_15415384.jpgc0119160_154284.jpg



c0119160_15423122.jpg



♪「おいら岬のオ、燈台守は~!」♪海を守る燈台をテーマにした映画といえば「喜びも悲しみも幾年月」、全国で数々の燈台が舞台となりましたが、その一つ北海道「石狩燈台」の実物が展示


      .......(左) 旧・石狩燈台の燈光器  (右下)船のタービンエンジン(実物大模型).......
c0119160_16111537.jpgc0119160_166088.gif



c0119160_1662825.jpg


       .....(左) 昔の潜水服、宇宙人の様な金属ヘルメット (右)海洋開発施設ジオラマ.......
c0119160_16244374.jpgc0119160_1625797.gif

c0119160_16252414.jpg

そして昭和に入り、海底探索や資源開発の世界へと進歩していきます。資源に恵まれぬ日本ですが、広大領海に無尽蔵エネルギー資源が眠っています。これを効率的に大量採掘することができれば・・





★懐かしき青函連絡船、「羊蹄丸」殿、お疲れ様でした!


科学館の見晴し台に出て見ると隣のミニ埠頭に2隻の船が係留されている。日本の南極探検の先駆けを担った「宗谷」と、今回で引退することになった青函連絡船「羊蹄丸」・・。まさに昭和の船光景


     ......(左)前庭にある体験プール (右)「宗谷」(手前)&「羊蹄丸」(奥)の係留コラボ、もう見納め.......
c0119160_17255192.jpg
c0119160_1730370.jpg


      ......科学館休止にあわせ引退した青函連絡船「羊蹄山丸」、余生はどうなる?.......
c0119160_17333416.jpg

青函連絡船には過去3回程乗った記憶があります。学生時代の夏(1977)に北海道一人旅、新社員として室蘭赴任した時(当時会社は敢えて飛行機赴任をさせなかった)・・、昭和末期は北海道への渡航といえばこの連絡船でした。国鉄(JNR)が運営していたので、船のロゴが実に懐かしい~!


     .......(左)昭和時代、北海道旅は青函連絡船が当り前だった (右)洞爺丸台風悲劇.......
c0119160_17351565.jpgc0119160_17355211.gif


c0119160_1737411.jpg


「羊蹄丸」は「青函トンネル」完成(1988)まで活躍した最後の青函連絡船でした。維持費用負担が難しいことで法人へ無料譲渡とのことですが嫁入先は決まったのだろうか?中に入ると「洞爺丸」の悲劇事故 (台風で転覆)も紹介されていました。大事故が引き金になり青函トンネル建設計画となったのです。


     .....学生時代の一人旅、北海道への新入社員赴任・・、いずれも青函連絡船だった.......
c0119160_1802939.jpgc0119160_1804748.jpg




c0119160_181348.jpg

♪「上野発の夜行列車降りた時から~、津軽海峡冬景色~」♪(今回、懐かしの歌ばかりオンパレード)この夏に北海道日高に行きましたが、2時間程の飛行フライト。遠路はるばる青森駅へ到着しさらに本州から北海道に渡る旅の郷愁など、今は全く感じられません。便利な時代になったけど寂しい気持ちも・・






★南極探検・日本の先駆け「宗谷」

「羊蹄丸」隣(手前)には、初代・南極観測船「宗谷」(昭和30年代大活躍)も係留されていました。映画「南極物語」は樺太犬タロ・ジロを取り上げた実話、「宗谷」は探検隊と犬を最果地まで運びました。


   ......南極観測船「宗谷」。何と戦時中にミッドウェイ海戦に動員され戦後は引揚船でもあった......
c0119160_1875398.jpgc0119160_1815421.jpg






c0119160_18221415.jpg



c0119160_1881866.jpg

RWの場合、南極観測船と云えばやはり「ウルトラQ」の怪獣「ペギラ」が脳裏に浮かんでくるのダ~。カッチャン・キキキ~♪「ジャンジャ・ジャ・ジャ・・ジャ・ジャ~ン」♪ピーヒョロ、ヒュ~♪ 「これから30分、貴方の目は貴方たの体を離れ、この不思議な時間の中に入っていくのです」 (懐かしき石坂浩二のナレーション)


   .....「ウルトラQ」は小学校時代夢中になった怪獣TV、機龍殿に頂いたペギ頭も掲載.......
c0119160_17582657.jpgc0119160_17585382.jpgc0119160_17591039.gif

TBS開局60周年記念の「南極大陸」(主演・木村拓哉)が10月16日(日)9時よりスタート!相当手をかけた大河ドラマ級の民放大作との評判。この撮影はまさにこの船の科学館に係留されている「宗谷」で行われたのです。昭和のヒーロー「宗谷」はこの物語でどの様な雄姿・活躍を見せてくれるのか楽しみ!


    .....南極観測船「宗谷」の活躍はTVドラマ「南極大陸」でどのように描かれるくのか?.......
c0119160_19531668.jpg        






★お台場の憩いエリア:「潮風公園」&「東京ベイサイド風景」


科学館の展示をひととおり満喫して今度は外に出て海の空気を吸い込んでみましょう。玄関前には金色の大きなスクリュー。そして母を背負った銅像がある。石川啄木かな?・・と思ったら、かつて「日本の首領(ドン)」とまで呼ばれ、右翼・政財界の黒幕として権勢を奮った笹川良一(1995没)だった。


     ......(左) 野外展示されていた大型スクリュー (右)「船の科学館」のレイアウト図........
c0119160_1829040.gifc0119160_18291771.gif


c0119160_18293767.jpg

♪「戸締り用心~火の用心、人類みな兄弟、一日一善~!」♪懐かしい30数年前のCM。真ん中で歩く爺さんがドン笹川。母を背負う銅像もこれ見よがし、黒幕が清廉イメージを演じる姿が偽善者臭いナア・・。笹川様は、競艇界や船舶振興会のドンでもあり、この「船の科学館」設立に大きく貢献!


  .....(左)日本船舶振興会のドンだった笹川良一会長、母を背負う像 (右)船舶振興会懐かしCM......
c0119160_2223422.jpg
        


「船の科学館」の隣には、2年前に「ガンダム」像が立っていた「潮風公園」があります。目の前には東京港湾施設や天王洲アイルやレインボーブリッジが見える。あまり知られてない公園かも・・穴場です!


        ........「船の科学館」に隣接する「潮風公園」の広場風景.......
c0119160_1839531.jpg

          .....2年前の潮風公園には「ガンダム」が屹立し話題を集めていた.......
c0119160_21114633.jpgc0119160_2112892.jpg

c0119160_21124478.jpg


「船の科学館」屋上から見た東京ベイサイド風景は実に素晴らしい。この展望が見られなくなるのはチョット残念ですが、またいつか当地に素晴らしい展示館と展望台が復活する日を大いに期待します。


    ......「潮風公園」&「船の科学館」、隣接する2つの見所は今後も素晴らしいコンビを!......
c0119160_21344034.jpg
c0119160_21353592.jpg





★GOOD BYE!「船の科学館」


37年の長きに渡り、船の歴史や科学を我々に伝え続けてきたお台場象徴「船の科学館」。閉館の響きはチョット寂しいですが老朽化による一時休業なのでまたいつかリニューアルで復活することでしょう。
c0119160_21504223.gif
c0119160_21521762.jpg


      ......お疲れさまでした!「船の科学館」、四方を海に囲まれた日本にとって船は不可欠.......
c0119160_2201486.jpg
c0119160_2202877.jpg
 
       .......「船の科学館」展望から見た東京湾の風景、左は「宗谷」&「羊蹄丸」.......
c0119160_221528.jpg
        

10月以降も南極観測船「宗谷」の展示公開は継続、屋外展示物・プール面を活用した各種体験教室も実施し、博物館自体の活動を継続しています。是非とも皆さんも訪ねて見てはいかがでしょう?


   .....展望台から東京ベイ一望!右はレインボーブリッジ、いつか展望施設が復活する日を期待.......
c0119160_2264351.jpg




                                                         おわり



次回は、北アルプス難関峰「毛勝山」&北陸「魚津」探訪の記事をお送りします。
c0119160_2210469.jpgc0119160_22105682.jpgc0119160_2211829.jpg

  by rollingwest | 2011-10-24 00:00 | 都会の風景 | Comments(54)

<2011年9月10日>越後の200名山「ニ王子岳」

今はもう完全に秋ですが、9月上旬は残暑で蒸し蒸しする夏の名残がありました。何か懐かしい気も・・


c0119160_8505421.gif




★今年3回目の弾丸ツアー!「二王子岳」登山


「Fツアー9月定例会」は越後北東部・新発田市に鎮座する「ニ王子岳」でした。今回も夜行日帰りで完結・効率高い「弾丸ツアー」(朝登頂、PM・温泉・史蹟探訪、車中懇親・夕方帰宅)。5月諏訪守屋山⇒高遠、7月岐阜大日岳⇒郡上八幡に続き「山はお手軽、でも二次目的が充実」パターン。濃密なる一日だった・・


    ......(左)「ニ王子岳」は飯豊連峰(新潟・山形)の前衛峰 (右)早朝5時半出発、神社脇を通過.....
c0119160_8573124.jpgc0119160_8581043.jpgc0119160_8583929.jpg






c0119160_8585993.gif


21:30都内を出発、バス内でワイワイ一杯やりながら事前情報交換会、23時前には車内消灯。小生は今回も睡眠誘発剤を飲み熟睡状態でしたが、バスは未明3時頃には登山口に到着していたようです。
朝4時半、朝食(パン)を詰め込み、5:50に登山口を出発。朝からムワ~とした湿気で曇りがちの天気・・


            .......由緒ある「ニ王子神社」の正面の顔、風格と威厳が漂っていた........ 
c0119160_929825.jpg


歩き始めると「ニ王子神社」が出現!山の由来になっている神社のようで立派な風格ある社殿でした。王子とはprinceの意味ではなく、神社世界では末社・摂社、氏神や路傍石祠のことを指すようです。


        ......(左)湿気が高くムシムシした中を登り出す (右)巨木の脇を通過する食山人氏........ 
c0119160_932389.jpg
c0119160_9324277.jpg



南に位置する台風の影響でジメジメした空気が日本列島全体に流れ込み、異常に蒸し暑い一日でした。ドンヨリしてムッとする湿気での登山は辛い・・。玉の様な汗が噴出し、水の消費量は半端じゃありません。


            .......水墨画の様な雲と山並み (でも終始こんな感じでした・・)........ 
c0119160_1040958.jpg

展望には当然恵まれず、登山道には高山植物は殆ど見られない・・(日高の時とは雲泥の差)、発見したのは大きなナメクジ・・と思ったら何と「ヤマビル」(12cm以上の化け物級)、こんなのが3匹も出現した!
コイツが木から落ちてきて襟首を咬まれていたら・・と思うとゾゾ~!越後の夏山はあまり心地よくない・・


    .....(左)ガスの中を行く (中)ダイモンジソウ:名前通り「大文字」 (右)巨大な山蛭!(食山人氏ヨリ).... 
c0119160_1044977.jpgc0119160_104429100.jpg












c0119160_1231098.jpg
c0119160_10444390.jpg



避難小屋・定高山を経由で歩き進めますが、途中には神子石という岩があるくらいで、山道は基本的に単調。山頂近くの「油こぼし」が急坂と聞きましたが実際に通過してみると大したことはありません。


    .....(左) 七合目急坂「油こぼし」を登る  (右)女人禁制を破った女性が石にされた「神子石」......
c0119160_1056752.jpg
c0119160_10563110.jpg


8合目の三王子神社の祠を過ぎ、池塘「鴨池」(秋なのに何故かオタマが数匹泳ぐ)が現れます。池から最後の坂を登れば頂上はもう少し・・、赤い蒲鉾形の二王子小屋が見えた!9時半過ぎに頂上ゴールイン


          .......唯一出現した池塘「鴨池」、もう秋なのに池の中にはオタマジャクシが!........ 
c0119160_1164777.jpgc0119160_1171788.gif



c0119160_117441.jpg


       ......(左)三王子神社は小さな石祠  (右)ニ王子小屋が見えてきた!ついに頂上!....... 
c0119160_1118189.jpg
c0119160_11182511.jpg


山頂は予想通り一面ガスに覆われて視界は全く利きません。晴れていれば飯豊連峰の雄大なパノラマを目の前で大いに満喫できるはずだったのに・・。しかしこんな事はよくあること、マア・・気にはしません。


            .......「ニ王子岳頂上」での集合写真、何~にも見えまヘ~ン・・・(残念)........ 
c0119160_12382520.gif
c0119160_12365192.jpg

        .......こんな光景が見たかった!残雪の飯豊連峰を望むパノラマ写真(ネットより拝借)........ 
c0119160_12393232.jpgc0119160_12394447.jpg
c0119160_1240185.jpg


頂上には「青春の鐘」(鳥居形)がありました。比較的若手と自称する中年オヤジ2人が颯爽と鐘を鳴らすも「青春」とは誰も言ってくれません。夫唱婦随登山を続けてきたN沢夫妻の写真の方が微笑ましい・・


      ......(左)自称若手が「青春の鐘」を鳴らしても・・・ (右)メオト登山を重ねてきたN沢ご夫婦...... 
c0119160_12503727.jpgc0119160_13154598.jpg
c0119160_12501450.jpg


              .......新発田方面の里は、蒸したガスに煙る風景が続きました・・........ 
c0119160_12532835.jpg
c0119160_12534510.jpg

頂上に到着したのは9時35分、4時間弱の登りでした。皆で集合写真を撮り、ちょっと早い昼食タイム。ビール乾杯後は各自が持ち寄った秘蔵食(焼きメザシ・モロキュウ等)を交換しあいワイワイと盛り上がりました。


          ......(左)杉木立を一歩一歩降りゆく (右)下山ルートも単調だが渓流は癒しの道....... 
c0119160_1312813.jpg
c0119160_1315259.jpg

       .......(左)下扇沢を渡れば終点は近い (右)ニ王子神社境内にある炊事施設に到着........
c0119160_1351499.jpg
c0119160_1353548.jpg
 

下山も同じ道の往復、単調で興味深い場所は殆どなく、途中の雰囲気ある杉木立と終盤の渓流がよかったくらいカナ・・。下山すると再び「ニ王子神社」出現!朝見た時より一層風格が増している感じだ!

 
           .......「ニ王子神社」の威厳にあらためて感銘し撮影する食山人氏........
c0119160_139532.jpg

       .......(左)本殿の中も実に立派! (右)無事下山に感謝の祈願・Machi子様........
c0119160_13221437.jpgc0119160_1533935.gif
c0119160_15342528.jpg


朝は閉められていた本殿の中が伺えます。なかなか立派な神社だ!無事下山に感謝し、鈴を鳴らし「二礼二拍一礼」。その後暫く林道を歩くと駐車場にバスが待っていてくれました。やはりアリガタイデスネ~


        .......(左)待機していたバスにようやく到着  (右)秋を迎え黄金色となった水田風景........ 
c0119160_15495752.jpg
c0119160_15513411.jpg

       ......ニ王子岳のピストンコースMAP、単純な往復で眺望なしの山行は印象に残らず・・・.........
c0119160_15552323.jpg


 




★「ニ王子温泉」&「新発田市内」史蹟見学


登山自体はあまり面白くなかったけれど、早速に付随目的(むしろメイン目的?)の温泉に向かいます。バス車窓からは広大な蒲原平野が一望、心配されたセシウムも検出されずホッと一安心、実りの秋風景・・


      .......福島に近い蒲原平野は原発汚染の脅威・7月豪雨水害で本当に大変な年だった。........
c0119160_1664678.jpg
 
バスは「ニ王子温泉」(まんだらの里)に到着。何やら宗教法人の経営施設(温泉病院も併設)のようですが露天風呂から稲穂風景が見渡せて感激!実りの秋・絵画を背景にした湯は満足度が高かった!


                .......「ニ王子温泉」まんだらの里の湯で山の疲れを癒す........
c0119160_1613261.jpgc0119160_16132542.gif 

c0119160_16134384.jpg


       .......黄金色の稲穂「額縁・田園風景」・・を見ながらの露天風呂は初体験かも・・!........ 
c0119160_16195599.jpg

さて稲穂ビュー露天風呂を楽しんだ後は、新発田市内の史蹟見学をしてから帰京することにしました。
新発田(sibata)は新潟・東北部の中核都市、蒲原平野(加治川水源の水田)に広がるコシヒカリ産地です。


               ..........新発田公園から新発田城の天守閣に向かう。........ 
c0119160_16272295.jpg

かつて甲子園常連だった新発田農業が当地を有名にしたような気が・・。新発田藩城下町として栄えた市街地は歴史的建築物・城下町当時の道や水路が多くあり、風情ある街並みには雰囲気を感じます。


           ..........新発田公園の広い芝生には、立派な枝ぶり松が多くあった........ 
c0119160_16322827.jpgc0119160_1754170.gif

c0119160_16324478.jpg


      ......(左)新発田城の「旧二ノ丸隅櫓」 (右)堀部安兵衛(赤穂浪士・高田馬場)の記念碑...... 
c0119160_17154465.jpgc0119160_17155681.jpg

c0119160_17173521.jpg
c0119160_17175848.jpg


市内見学を終え15時前には関越高速に乗り東京へ。途中で若干渋滞はありましたが、バス内はいつもの如く、それぞれの持ち寄った銘酒や逸品肴を交換し合いながら楽しい話題に花を咲かせました。


          .......関越道「嵐山PA」、またも弾丸ツアーで登山・温泉・観光の濃厚な一日........
c0119160_17384511.jpgc0119160_1730206.jpg 

c0119160_1825243.jpg


c0119160_18255486.jpg


c0119160_17303951.gif


最近のFツアーは、山が半分、残り半分が史蹟観光。そして今回も20時半には帰宅でき、効率的な弾丸ツアーでした。安い費用で着々と名山に足跡を残せているのは、この会のお陰と感謝するばかりです。


  ....(左)日本百名城「新発田城」の天主閣 (右)蒲原平野の屋敷林、稲穂の海に浮かぶ島の如し.....
c0119160_17411640.jpg
c0119160_17413158.jpg





                                                          以上





次回は、「さようなら船の科学館」(東京ベイサイド風景)をお送りします。
c0119160_17475736.jpgc0119160_17493874.jpgc0119160_17512651.jpg

  by rollingwest | 2011-10-13 00:00 | Comments(38)

<2011年夏>大田区探訪(その2):「羽田空港・東京ベイサイド」編

                                                                 久々に都内徘徊記事です。大田区探訪シリーズを今年からスタートしましたが、第2回は昨年秋にオープンの新国際線ターミナル(24時間最新鋭施設・滑走路)の羽田空港や東京ベイサイド風景を紹介しましょう。


             大田区探訪(その1):「下町風景編」(羽田・蒲田・大森・六郷)の記事はコチラから




★羽田空港「新国際線ターミナル」   (祝!開港1周年)


前回の羽田記事は「呪いの大鳥居」でしたが、今回は昨年10月開業の新国際ターミナルをレポートします。
国際拠点(ハブ)化を目指す羽田空港は、国際線拡充し旅客ターミナルビルをオープンし話題となりました。


        .......羽田空港に次々と着陸する飛行機、城南島からプレイン・ウォッチングする家族........
c0119160_21281899.jpg
c0119160_2129727.jpg

              .......2010年10月21日にオープンした「新国際旅客ターミナル」........ 
c0119160_2129482.jpg

今後の航空行政(成田との住み分け)・原発事故で外人観光客大激減など課題が山積みですが、この新空港には年間9千万人利用客が見込まれ、観光立国日本の大きな期待が寄せられています。


              ......「羽田新国際ターミナル駅」(京浜急行&東京モノレール).......
c0119160_21302520.jpg
 
今回の新国際線ターミナルの目玉は、何といっても抜群なアクセス・便利性です。遠距離・成田に比べて羽田はモノレールで17分。品川から京急で13分。小生殆ど海外旅行はしませんが、川崎も十分な恩恵・・


     ....... (左) ターミナルロビー全景を見下ろす  (右)赤い提灯が連なる「江戸小路ゾーン」........
c0119160_21313282.jpg
c0119160_21314748.jpg
 

       ........ (左) 搭乗カウンターも見通しのきくフロア (右)屋上展望デッキに出てみる........
c0119160_21321769.jpg
c0119160_21324437.jpg

新国際線ターミナルは、吹き抜けロビー3階が出発階、4・5階は「Made in Japan羽田オンリーワン」をテーマにした百店以上の飲食・物販店が集結。チョッとしたテーマパークに似た様相を呈し、工夫が凝らされています。また屋上展望デッキも飛行機の発着見送りや見学客に配慮され視界・開放感が十分溢れています。


         ....... 「航空管制塔」クローズアップ、次々に発着する飛行機........
c0119160_21333850.jpgc0119160_21335736.gif


c0119160_5273122.jpg





c0119160_21342594.gif


4階は江戸の街並みを再現した通りに名店が並ぶ「江戸小路」ゾーン、5階は空港初プラネタリウム・カフェが入る「Tokyo Pop Town」ゾーンに分かれ、飛行機を利用しない人でも食事や買い物が楽しめるのも魅力となっています。でも本格的にプラネタリウムをイメージして来た人にとってはチト期待外れかも・・(笑)


          ........ターミナル4Fロビーと江戸小路を上から見おろす、広々として開放感がある........
c0119160_4521627.jpg
 
      ........ (左) プラレタリウム喫茶店、(ウ~ン、余り期待しない方が・・笑)  (右)カフェSHOPエリア........
c0119160_4572458.jpgc0119160_457576.jpg

c0119160_4585259.jpg

 
先日TVで「羽田空港までマイカーで行き、飛行機に乗る方は要注意」のニュースが流れていました。最近、駐車場料金の値下げが行なわれ、車が満杯になる混雑ぶりのようです。駐車場に入るまで渋滞で延々動かないケース(飛行機に乗らない一般観光客)が増え、搭乗手続きに遅れる旅客もいるらしい。


    ....... (左) 新国際線ターミナル、ピカピカのロビー (右)羽田空港MAP(クリックすると拡大表示)....... 
c0119160_543163.jpgc0119160_545622.jpg








c0119160_5215496.jpg

過去は羽田空港からは、ソウル・北京・上海・香港など限定路線チャーター就航でしたが、新国際ターミナル開業以降はアジア各国への定期便、欧州北米への長距離路線 (深夜早朝限定) も就航しています。大震災・原発の影響で外国観光客の復調にも時間がかかると思いますが、再び賑ってほしいものだ。

c0119160_792685.gifc0119160_792685.gifc0119160_792685.gifc0119160_792685.gif

           ........ 空港建物・燃料タンクは軍艦島の如し、東京ベイに漂う水鳥........
c0119160_555218.jpg
 





   
★「東京港野鳥園」&「中央卸売市場」


       ....... (左)「東京港野鳥園」の事務所  (右)3号観察小屋(竹林に囲まれ風情あり)........ 
c0119160_5591417.jpgc0119160_5593356.gif

c0119160_6013100.jpg


平和島・流通センターから東京湾に向うと右手に広大な緑・湿地「東京港野鳥公園」が存在。ここは「日本野鳥の会」グループが管理する都内最大級のバードウォッチングエリアです。大井ふ頭南部の埋立地に出現した野鳥生息地を後世に残そうと地元関係者・NGO・東京都の協働により誕生した公園です。


   
                     ........葦原の沼で寛ぐ水鳥、鷺が餌を啄ばむ........ 
c0119160_6102476.jpgc0119160_6104614.jpg



c0119160_6113923.jpg

c0119160_7141084.jpgc0119160_7143531.jpg
c0119160_7292378.jpg


広い園内に多くの観察小屋が配置され、バードウォッチングが楽しめる工夫が凝らされています。夏季の訪問だったので思った程、鳥の数も人出も少ない。やはり渡り鳥の移動時期こそ賑わうのでしょう。空を飛んでいたのは鳥でなく、空港から離発着を繰り返す飛行機のみでした。JETバードのウォッチング・・


      ......(左) 東観察広場のバードウォッチング窓  (右)広場の上は飛行機が頻繁に通過........
c0119160_7341318.jpgc0119160_1542714.gifc0119160_7343349.jpg


c0119160_735292.jpg

 
東京港野鳥公園の隣接地に「東京都中央卸売大田市場」があります。主に青果・花卉を取扱い、当分野では日本一の規模を誇ります。魚介類を扱う「築地市場」と並び、東京の生鮮供給の大基地!


  ....「東京都中央大田市場」は緑に囲まれウォーターフロントに静かに佇む。中は活気に溢れる......
c0119160_7444967.jpgc0119160_7451650.jpg

c0119160_7454637.jpg


今年は福島原発事故の影響で、日本の食安全が世界から不安視され生鮮市場は辛い時代に・・。中国からも安心なのか?と訝しがられるようになったとは・・、情けなく悔しい気持は国民共通の思い・・







★「城南島海浜公園」・・、東京ベイサイドの風景


城南島海浜公園」は東京湾に面した城南島の東端にあって羽田空港と隣接している大田区の公園です。離着陸する旅客機や航行船舶を間近に見ることができる。砂浜やキャンプ場の施設もあって、子供の家族連れには穴場の観光SPOTかも・・!東京都民の憩いの場としても高い人気を誇ります。


     .......(左)家族連れが砂浜で楽しく遊ぶ  (右)東京ベイをぶっ飛ばす水上バイクの水飛沫........ 
c0119160_15131955.jpg
c0119160_1515263.jpg

                ........「城南島オートキャンプ場」で休日を楽しむ家族連れ........ 
c0119160_1516669.jpg

子供の歓声響く喧噪を離れて、テトラポット護岸道を歩けば、カモメが日向ぼっこで気持ち良さげに寛いでいる。パラソル婦人が一人・・、心安らかなのか、憂いを秘めているのか?ハッ!妄想はご法度・・(苦笑)


         .......テトラポット護岸の穏やかな海、心が癒されるね~、パラソル婦人は何思ふ?........ 
c0119160_1525799.jpg
c0119160_15253190.gif




c0119160_15255367.jpg

東京ウォーターフロントには、5つの海浜公園があります。「お台場海浜公園」「葛西臨海公園」「夢の島公園」「若洲臨海公園」(若洲リンクスというゴルフ場もある)、そして「城南島海浜公園」(←唯一大田区)・・、その他に「浜離宮庭園」「芝離宮庭園」もあるし、東京ウォーターフロントには公園や庭園が結構ありますね~


         .......「城南島海浜公園」のMAP (東京湾の埋立地の典型ですネ~).......
c0119160_1542307.jpg
 
                             「浜離宮庭園」の記事 (港区探訪:その7)はコチラから


         ........ (左)標識に止まるカモメを撮影するカメラマン (右)護岸・鎖越しの羽田空港........ 
c0119160_1619350.jpgc0119160_16194726.gif


c0119160_16201869.jpg


臨海部公園は埋立地が多く人工的で物足りなさを感じますが、大田・品川区は古い船着場の名残など下町的雰囲気が残っているような気もします。やはり人が生活する場があってこそ風情が出るネ・・・


           .......船舶溜まりの人工立木の上に留るウミウ、こちらも寛ぎの時間.........
c0119160_1630230.jpgc0119160_792685.gif

c0119160_792685.gif

c0119160_792685.gif


c0119160_16315483.jpg


東日本大震災で千葉市や浦安は深刻な液状化なのに、近接東京ウォーターフロントは何故か被害報告が殆ど聞こえてきません。(不思議・・) ネットで調べてみると、今回は偶然に震源距離がギリギリ浦安までで影響が違ったとか、江戸時代からの埋立地はゴミ・廃材が目一杯詰まっているからだとか、関東大震災時に液状化したので地盤が固まっているから・・云々、何か色々な説がありますが本当かネ~?


     .....(左)東京ウォーターフロント・航空写真 (右)飛行機を眺める家族、平穏日常に勝るものなし...... 
c0119160_16452658.jpgc0119160_16455029.gif

c0119160_16462988.jpg


何れにしても東京直下型・東南海大地震の発生で東京湾が津波や液状化被害を受けないと断言することは誰もできません。東京ウォーターフロントが水に浸かりインフラが壊滅した時、我々にいかなる甚大な影響が及ぼされるのでしょうか?この幸せな日常風景が失われないことをただ祈るばかりです・・。



                                                         おわり




*(PS):東京ベイサイドといえば、先日お台場の「船の科学館」が37年の勤めを終えて閉館すると聞き、先日訪問してきました。こちらは東京ウォーターフロント景色合わせて、10月下旬頃に記事を公開する予定です。
c0119160_229393.jpg
c0119160_2294752.jpg






次回は、新潟県新発田市にある「二王子岳」(Fツアー)の記事をお送りします。
c0119160_17205296.jpgc0119160_1721189.jpgc0119160_17213579.jpg

  by rollingwest | 2011-10-02 00:00 | 都会の風景 | Comments(52)