<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

<2011年11月27日>【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その5):銚子・九十九里浜編

昨年秋(2010年11月)に訪問し1年がかりでレポートしてきた【常陸・房総の旅】もついにフィナーレ記事・・・(これにて完了・大団円・・!)

c0119160_16192035.jpg


★日本一早い初日の出が拝める千葉・銚子の「犬吠埼」


「牛久・土浦・笠間」~「水戸・大洗」~「鹿島・香取神宮」~「水郷」(潮来・佐原)・・常総グルリ大周遊の旅は最後に本州最東端「銚子・犬吠埼」を訪ねました。「九十九里浜」を南下しアクアライン経由で無事帰宅。超ロングコースだった・・。欲張って色々な名所史蹟を廻ったけれど、実に見応えがあったネ~!

                  2010年秋・常陸房総(その2):「水戸・大洗・鹿島灘」編はコチラから
c0119160_17233073.jpgc0119160_23361596.jpg

c0119160_17165433.gif



    .....房総半島に突き出た銚子の「犬吠埼」に立つ・・(2010/11月、震災前発生前の秋).....
c0119160_17243632.jpgc0119160_2223520.jpg c0119160_17245815.jpg



c0119160_17251887.jpg


     ....鹿島灘の怒涛、強風に煽られ波しぶきが荒々しく押し寄せていた。....
c0119160_17274530.jpg
c0119160_1728088.jpg

鹿島灘に突き出る「犬吠埼」、やはり凄い波飛沫だ!地名由来は犬が吠える如く怒涛音の岬と思ったが、実は義経伝説らしい。兄頼朝に追われ奥州へ逃れる途中銚子に立ち寄った義経は愛犬を残し去り、犬は主人を慕うあまり七日七夜も岩頭で吠え続けたという言い伝えに拠るものだとのこと(涙)


    .....(左)随所に文人石碑が幾つか佇む。 (右)日本一早い初日の出が拝める。....
c0119160_188812.jpgc0119160_18173479.jpg
c0119160_1883011.gif




c0119160_18282766.gif

c0119160_18175094.jpg


日本最東端岬は納沙布岬(北海道根室市)ですが、初日の出が一番早く拝める場所は「犬吠埼」。(冬季の太陽は南東から明けるため) 「鹿島神宮」が2500年の歴史を誇り神話時代から崇敬を集めた最大理由は、絶対的存在「太陽」の起源地が鹿島・銚子だと崇められたことに拠るものなのでは・・

               2010年秋・常陸房総(その3):「鹿島神宮」「香取神宮」編はコチラから

c0119160_19451736.gifc0119160_1941366.jpg
c0119160_19414499.jpg





★醤油の街「銚子」


銚子」の地名由来は地図で分かるように酒を注ぐ「お銚子」に似ているからです。千葉と茨城県境に流れる利根川河口部が確かにその形になっている。銚子・漁師・酒・醤油、イメージも繋がるネ~!


     ....銚子は漁業と醤油産業で発展した街。ヤマサやヒゲタのブランドが有名....
c0119160_19491224.jpg
c0119160_19494259.jpg

醤油生産地で有名な野田・銚子・土浦(キッコーマン・ヤマサ)は霞ヶ浦や水郷の水運業と共に発展してきました。水郷・佐原が大いに栄えたのも醤油・酒を水路で江戸に運んだ大供給地になったからです。


             2010年秋・常陸房総(その4):「水郷」(潮来・佐原)編の「記事はコチラから


   .....銚子名物「ぬれ煎餅」、醤油に浸した煎餅は独特(銚子電鉄が大いにPRし有名に)....
c0119160_203975.jpgc0119160_2039341.jpg



c0119160_20395728.jpg


NHK朝のTV小説「澪つくし」(沢口靖子が悲恋のヒロイン)が話題になってから何と四半世紀以上が経ってしまった。その舞台となった銚子電鉄「外川駅」も訪ねてみました。何ともレトロでいい雰囲気・・


    ....「澪つくし」(1985)の舞台・銚子電鉄「外川駅」。可愛いネ~沢口靖子、今やタンスにゴン・・!....
c0119160_20481377.jpg c0119160_20483177.jpgc0119160_20484351.jpg





c0119160_204974.jpg






★銚子の断崖絶壁・「屏風ケ浦」~「刑部岬」


銚子~旭市飯岡「刑部岬」の延々10㎞続く海岸に海抜50mの絶壁が続く「屏風ヶ浦」があります。荒削りな断崖が連続する雄大かつスケール感ある絶景は英仏ドーバー海峡「白い壁」に匹敵!穴場だ~


         ......銚子市の犬岩から続く切り立った豪快な断崖「屏風ケ浦」....
c0119160_2057770.jpg

     ......屏風浦の南端(刑部岬付近)にあった工場廃墟!烏だけがギャーギャー鳴いていた。....
c0119160_205836100.jpgc0119160_20585443.jpg


c0119160_20591155.jpg


屏風浦・高台を九十九里浜(南西方向)に車を走らせると断崖敷地に工場廃墟を発見!中を覗いてみると、閉鎖後10数年は経過した様な朽ち果てぶり・・。人っ子一人なく、烏10数羽が突然の闖入者を睨みつけ、何か霊気も漂うヤバイ雰囲気。崖から見下ろす海面は光で美しく輝いているのに・・


     ......「刑部岬」へ押し寄せる鹿島灘の海面波、夕日に輝き実に美しかった・・!....
c0119160_2135128.jpg

     ......岬に残された工場廃墟は、昼間なのに不気味。独特ムードが漂う・・(不思議空間)....
c0119160_2155267.jpgc0119160_2161874.jpg

c0119160_2163774.jpg


何か憑依されそうな予感に襲われ、こんな所に長居は無用!脱兎の如くこの場を逃げ去り刑部岬へと車を走らせて行きました。「刑部岬」は屏風浦の南端、九十九里海岸の北端に位置する断崖岬です。


     .....「刑部岬」・飯岡海岸は海一面が怒涛・波飛沫!壮観光景が広がっていた!.....
c0119160_2118855.jpg
c0119160_21183280.jpg

岬の先には、広大な九十九里の砂浜が広がっています。そこには浜全体を嘗めるが如く、常時押し寄せ続ける長大な波の数々!多くのサーファー達が大波を捉え華麗な舞を繰り広げていました。懐かしいなあ・・、この光景!この砂浜に来たのは初めてではありません。今回で4回目の訪問です。


    .....「九十九里浜海岸」の広長大・遠浅な砂浜、サーフィンのメッカ(次々にビッグウエーブ)......
c0119160_2123576.jpgc0119160_8323298.gifc0119160_21232899.jpg



c0119160_21411243.jpg






★学生時代に何度も歩いた「九十九里浜」


   .....「九十九里浜海岸」は旭・飯岡「刑部岬」~上総一宮「大東海岸」の南西60数kmの砂浜......
c0119160_21534537.jpg

「九十九里浜」、百里にも到達しそうな(実際は60数km⇒十六里浜?)長い砂浜を意味します。当「地名を知ったのは小学校時代、漫画「巨人の星」で左門豊作が打倒・星飛雄馬の打倒に燃えこの砂浜で特訓をした場面(百目ローソクを何本も置き、自らのスイングで灯火を消す)を見て知ったのですタイ!

c0119160_21551665.jpgc0119160_8333994.jpgc0119160_21553993.jpg

c0119160_21555919.jpg
c0119160_21561344.jpg



   .....九十九里浜踏破時(35年前)と比較し、テトラポット護岸が増え砂浜が小さくなった気が・・......
c0119160_2214760.jpg
c0119160_2221283.jpg



大学時代にこの浜を3回歩きました。「旅の会」メンバーと一緒に砂浜にテントを張りワイワイ旅(2泊3日)が2回、アサリ取りもしたなア・・、ドザエモンを発見しビックリしたことも!大学4年では1泊2日で単独踏破。我がサークル歴史でも3年連続で九十九里浜を歩いたのは多分小生だけと思います。(アホの一言)


   .....大学サークル仲間と踏破した九十九里浜。小生はハタチ前後:初パーマヘアは大失敗(苦笑)......
c0119160_2245680.jpg
c0119160_2251148.jpg

   .....ひたすら浜を歩くお馬鹿集団、神楽坂様には当時も棍棒でドラム缶の上で踊らされイジメに・・....
c0119160_226128.jpg
c0119160_2261420.jpg

ビンボー臭い学生時代の旅の思い出に浸っていた所、ふと視線に入ったのはラブラブカップル・・。密着し熱く愛を語り合う羨ましき光景、嗚呼、当時憧れた砂浜の愛など一切縁がなかった我が青春時代。当時彼女がいなくて柏崎砂浜で北朝鮮に拉致されなくてよかったと負け惜しみを呟くRW・・


   .....羨しいナ~!こんな光景は我が青春時代に記憶ナシ、全くモテない貧乏学生だった・・(泣)......
c0119160_22103150.gif
c0119160_22111282.jpg

愛に溢れたほのぼのカップル・・、34年ぶりの懐かしき潮騒砂浜・・、小生がこの光景を感慨深く味わったのは丁度1年前。九十九里浜にも4ケ月後に大津波が襲い壊滅的な被害を齎すとは想像さえしませんでした。茨城・千葉も福島と同様に農漁業・観光・市民生活が破壊されてしまった・・。


   .....九十九里浜大パノラマ。津波被害から早く立ち直り、再び当時の平穏な光景に戻ってほしい....
c0119160_22121438.jpg


35年ぶりに懐かしい九十九里浜潮風を浴びて満足!帰路に着こう。牛久大仏から始まり、霞ケ浦・笠間・水戸・鹿島へと大周遊した印象的な旅だったナア。最後に・・、過去に訪ねた千葉・茨城観光地の中から今回レポートできなかったお薦め名所を追加し、今回記事の綴りを終えたいと思います。

       2010年秋・常陸房総(その1):「牛久・霞ヶ浦・土浦・石岡・笠間」編の「記事はコチラから

c0119160_793561.jpg

c0119160_22135356.gif

c0119160_6122542.jpg

      ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  

c0119160_16194997.jpg


★過去訪問した千葉・茨城の名所(レビュー)


南房総・富津金谷港の背後にギザギザの岩壁が連なる個性的な「鋸山」があります。鋸山は標高僅か329mながら、その名の通り鋸歯の如くアルペン的で迫力ある姿・・・。鋸山頂上はまさに絶景!


   .....千葉「鋸山」に登り断崖絶壁「のぞき岩」から見た富士と東京湾絶景(2006/10月)......
c0119160_8394346.jpg

鋸山日本寺は聖武天皇勅詔を受けた高僧行基が1300年前に開いた名刹、当地に日本最大の「薬師如来大仏」やバーミヤン石仏の様な磨崖仏が鎮座。コース途中には1,553体もの「羅漢石仏」が各所点在しており、頂上付近の石切り場には垂直岩肌に彫刻された「百尺観音」もありました。


     ......(左)房総半島にも磨崖仏があった! (右)日本寺・石大仏を発見!(驚)......
c0119160_841231.jpgc0119160_8412664.jpg
c0119160_8414743.gif



頂上部は「地獄のぞき」と呼ばれる断崖絶壁のスリリングな岩場風景があり、岩はまるでライオンの横顔(東京湾に向かって豪快に咆哮)!青空のもと東京湾の全景が一望でき、三浦半島越しに富士山・箱根の山が間近に横たわっています。こんな角度から富士山を海越しに見られるとは・・!感激~


   .....(左)「鋸山」から仰いだ東京湾(富士山&三浦半島) (右)「のぞき岩」は獅子ンの横顔!......
c0119160_8472854.jpgc0119160_8475591.gifc0119160_8483536.jpgc0119160_8481583.jpg

c0119160_8494442.jpg

           ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   

鴨川シーワールドの10km程東側、天津小湊には日蓮聖人のルーツが存在す。ここには日蓮聖人の生誕地「誕生寺」と日蓮宗を立教開宗を宣言した「清澄寺」があります。清澄山に佇むこの寺には、年輪深く刻まれた杉巨木や「南無妙法蓮華経」を日の出の海に向かって唱える日蓮像がありました。


   ....朝日を仰ぎ日蓮が開眼した「清澄寺」(鴨川市)、初めて「南無妙法蓮華経」を唱えた立像......
c0119160_9155496.jpgc0119160_9164494.gifc0119160_9191486.jpg


c0119160_9193471.jpg


   .....日蓮聖人生誕地(安房小湊)の「誕生寺」、南洋植物が植えられ明るい雰囲気のお寺......
c0119160_9285842.jpg
c0119160_929877.jpg

聖人生誕時、この天然湾に祝福するようにマダイの大群が現れたとの伝説が残っていました。天然マダイ生息地「鯛の浦」・・。春うららのような水平線の光の輝き、そして誰もいない秋の海でした。


      .....日蓮聖人誕生の吉兆で、鯛の大群が海面に舞い現れたという「鯛の浦」......
c0119160_9323576.jpg
c0119160_9331415.jpg

清澄寺から北上、大多喜・市原方面には「養老渓谷」があります。山の少ない千葉県にも渓谷があるんだ~と驚いた!木漏れ日の中で癒しの川辺歩きをゆっくりと楽しんだことがいい思い出です。


     ......山が少ない千葉にも立派な渓谷があるのだ!光り輝く「養老渓谷」(2006/10月).....
c0119160_9354693.jpgc0119160_93653.jpgc0119160_948407.jpg



c0119160_9363716.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 


茨城の名峰「筑波山」には、15年前(娘がまだ2歳半の時)に家族で登りました。ロープウエイで登り、下りは巨岩(日本神話の天岩戸のような風景が続く)が沢山出現するスリルあるハイキングでした。


   ......家族で登った「霊峰・筑波山」、遠くから見ると威厳あり正に神の山(1996/10月)......
c0119160_10232223.jpgc0119160_1024150.jpg



c0119160_10215970.jpg


      ......ガマ油売りでも有名な筑波山、神々の岩や祠の道を下山した。......
c0119160_10343261.jpgc0119160_10345576.gif
c0119160_10423738.jpg


c0119160_1038516.gif


関東平野北東に凛と聳える筑波山は、イザナギ・イザナミが頂上に降り立ったという日本神話の霊峰。頂上には3千年の歴史を有する筑波山神社が鎮座、山頂からの眺めは関東一円が見渡せます。


      .....筑波山は双耳峰(男体山・女体山)、イザナギ・イザナミ神話と日の出霊峰......
c0119160_1048186.gifc0119160_10491111.jpg

c0119160_10493493.jpg



茨城県・太子町の「袋田の滝」は高さ120m・幅73mの大きさを誇り日本三名瀑の一つ。春は雪解け水量、夏は鮮やかな緑、秋は紅葉で彩られ、冬は滝全体が凍結するといった四季それぞれ見所があり、4度見なければ本当に滝を満喫出来ないので「四度の滝」と言われます。まだ1度だけ・・
             

  .....日本三大名瀑「袋田の滝」(日光・華厳の滝、熊野那智の滝と並び称される)(1996/10月)......
c0119160_1054516.jpgc0119160_10535964.jpg

c0119160_10534416.jpg


          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

茨城・千葉は一般的には観光県とは見られませんが、こうやって周遊すると実に素晴らしい場所が多いのに気付かされます。皆様も是非とも訪れて見てはいかがでしょうか?今年は東日本大震災に襲われ正に悪夢の様な年でしたが、復興祈念!日はまた再び昇る。ガンバレ茨城・千葉

                              
       .....日本一早い初日の出が拝める常総・最東端は「日出る国」のルーツと崇められた。....
c0119160_112164.jpgc0119160_11262360.jpg

c0119160_11253100.jpg




                                                         おわり




次回は、「京浜(横浜・川崎)工場夜景クルージング」の記事をお送りします。
c0119160_1165131.jpgc0119160_11981.jpgc0119160_1195949.jpg

  by rollingwest | 2011-11-27 00:00 | 常陸・房総の旅 | Comments(70)

<2011年11月3日>秋の「狭山丘陵」探訪(所沢・狭山不動尊&トトロの森etc)

                                                                   ★所沢・狭山丘陵の秋を楽しむ

c0119160_22274537.jpg

プロ野球日本シリーズは最終戦までもつれ、ソフトバンクが中日を下しついに悲願の日本一!埼玉西武ライオンズはパリーグ・クライマックスシリーズで敗退しましたが、最終戦で3位に滑り込み(シーズン途中は最下位に低迷)、ファイナルまで上ったので結構頑張ったと思う。その本拠地「西武ドーム」がある所沢で秋を楽しみました。


            ........「西武ドーム」(所沢市)や狭山丘陵もいよいよ本格的な紅葉時期に.......
c0119160_22171958.jpgc0119160_22174672.gif


c0119160_2218827.jpg


実は西武ドーム周辺は、国宝級の歴史的建造物や里山自然が楽しめる見所が多くある穴場なのです。
「狭山不動尊」「山口観音」、里山自然が溢れる「狭山丘陵」には「となりのトトロの森」や「狭山湖」等も・・


                .........一点の雲無き青空、銀杏黄葉&「狭山不動尊」..........
c0119160_22324962.jpg

平地に紅葉が輝き始める季節となってきましたが、今秋は11月も夏日があり冬の訪れが相当遅い気がします。紅葉のハズレ年なのかも・・。温暖化影響なのか、最近東京の紅葉は年末時期の方が綺麗・・


     .......(左)「狭山湖」堤防からの展望はホント癒されるネ~ (右)「狭山湖取水塔」の水彩画.......
c0119160_22441057.jpg

c0119160_22444565.jpg

紅葉の盛の時期にはまだ早いものの、所沢・狭山丘陵の静かな秋を十分堪能することができました。
「狭山不動尊」⇒「狭山湖」⇒「となりのトトロの森」⇒「西武ドーム」⇒「山口観音」のコースで紹介しましょう。




★「狭山不動尊」(徳川家霊廟など国宝級の遺構群)


所沢には以前、世界の建物を集めた「ユネスコ村」という施設がありました。「堤康次郎」(西武グループ創業者・ピストル堤の異名)が東京プリンスホテルを港区芝に建てる際、空襲で焼けた増上寺の一部や重要文化財を買い取って所沢で公開したのです。それを守るために開山されたお寺が「狭山不動尊」です。


              ......(左)「狭山不動尊・勅額門」から望む「西武ドーム」の額縁風景.......
c0119160_2249396.jpgc0119160_22522039.jpg

c0119160_22514747.jpg


西武のドン堤は戦災で荒廃した港区芝・増上寺の「徳川家霊廟」(勅額門・御成門・丁子門)を買い占め、所沢に移築しました。空襲で世界遺産級の霊廟が焼失したことは残念ですが、埼玉で増上寺の由緒ある門・石塔が見られるとは思わなかった!「勅額門」は徳川2代将軍「秀忠」の霊廟門だったのです。


       .....(左)「不動寺総門」(元長州藩・毛利家屋敷門) (右)「勅額門」(秀忠公御廟を移築)......
c0119160_22321146.jpgc0119160_22324859.jpg





c0119160_22332778.jpg

不動寺総門を上がっていくと「狭山不動尊」(正式名・狭山山不動寺)が現れました。本尊は不動明王、西武ライオンズが必勝祈願を行う天台宗の寺です。昭和50年(1975)開山、まだ30数年か、新しいネ~!
寺本堂右脇には「第一多宝塔」。先に進むと鐘楼、坂道を上がる辺りに「第ニ多宝塔」が聳えています。


          ......「不動寺総門」の階段を登れば、広場で七五三家族が記念写真.......
c0119160_2202281.jpgc0119160_220569.jpg


c0119160_2215885.jpg



     ......(左)「第ニ多宝塔」(兵庫県東條町から移築、室町中期建立)(右)鐘楼から見る多宝塔.....
c0119160_225546.jpg




c0119160_2261873.jpg


本堂裏手に囲い庭の中にはおびただしい数の青銅製の唐灯籠群がありました。増上寺の各将軍霊廟に諸侯が挙って奉納した燈籠らしく、その数に圧倒されます。燈籠道の奥には「羅漢堂」が佇んでいる。


          ........港区麻布より移築された井上馨邸の「羅漢堂」、徳川霊廟の大燈籠群.......
c0119160_2291741.jpgc0119160_2295296.jpg



c0119160_2211058.jpg


不動尊の裏側(西武ドームの逆側)にも立派な「桜井門」があります。江戸時代末期の尊王攘夷志士「天誅組」一派の本陣として利用されていた奈良県十津川の「桜井寺」の山門。色々な遺構があるナア・・


                   ......(左)「桜井門」 (右)桜井門・天誅組の解説........
c0119160_22204147.jpgc0119160_2226155.jpg


c0119160_22212891.jpg






★狭山湖(山口貯水池)の風景


狭山湖(正式名称:山口貯水池)は所沢市・入間市の境界に位置する人造湖で、多摩川の水を導水して昭和9年に完成、東京の水瓶役割を担っています。湖周辺は狭山自然公園して「埼玉自然百選」にも選ばれています。春は桜、夏は森林浴、秋の紅葉、冬は湖面に映る富士山と夕日。景観が素晴らしい!


          ......(左)狭山湖(山口貯水池)に水鳥が行く (右)取水塔クローズアップ.......
c0119160_685027.jpgc0119160_691447.jpgc0119160_610429.jpg







c0119160_694142.gif

           .....(左)秋の狭山湖公園の休日風景 (右)東屋越しの狭山湖........
c0119160_6164462.jpg
c0119160_6165645.jpg

狭山湖は中央堰堤を挟み上貯水池(西)・下貯水池(東)で構成されるアース式ダム、多摩川の水を羽村浄水場・第3水門から多摩湖へ送水しています。浄水場への送水管は村山境線と呼ばれ多摩湖自転車道として市民に広く親しまれ憩いの場となっているのです。湖畔時期の満開桜も一度満喫したいね~


      .........「狭山湖」大絶景!最近のデジカメはパノラマ機能があり、ワイド写真が手軽だネ~!.........
c0119160_6194480.jpg





★「となりのトトロの森」(狭山丘陵の里山風景)

          ......(左)ご存知有名な「サツキとメイの家」 (右)トトロの森の入口(脇に神社).......
c0119160_6223415.gifc0119160_6225665.jpgc0119160_6231470.jpg


c0119160_6243751.jpg


狭山丘陵は映画「となりのトトロ」の舞台のモデルとなった場所といわれており、一般に「トトロの森」として親しまれています。東京・埼玉にまたがり、東西11㎞、南北4㎞、面積約3500haに渡って広がる丘陵は正に首都圏に残された緑の孤島・・。ここにはかつての武蔵野の里山風景や自然が残っています。


              .....(左)清照寺の門前石仏      (右)トトロの森への道.......
c0119160_21185086.jpg
c0119160_21192010.jpg

谷地の地形に広がる自然の中には欅や榎の大木に囲まれて、藤森稲荷神社や北野神社など鎮守の森がありました。藤森稲荷の榎はトトロの木と呼ばれているそうナ。確かに精霊が息づいている気が・・

 
          ......(左)藤森稲荷神社のエノキ(トトロの木)     (右)北野天神社........
c0119160_21222862.jpg



c0119160_21282864.jpg


車で廻ったので「トトロの森」入口は反対側の道から廻り込んでいきます。案内板は余り整備されておらず見つけるのにちょっと苦労しました。清照寺の門前石仏の下辺りにありますが、ワカリニクイ~・・(笑)
c0119160_21311284.jpg

           ......(左) トトロの森の入口     (右)トトロの森1号地の看板........
c0119160_2133820.jpg
c0119160_21332143.jpg

入口を進んで行くと「トトロの森:〇号地」の看板がいくつかありますが、宮崎駿などに関する物は一切なく、純粋に里山自然を守っている場所という感じ。ちょっと静かすぎて誰にも会わなかったのが意外・・


         ......(左)アブラゼミの一生の看板    (右)映画「となりのトトロ」.......
c0119160_21425764.jpg

c0119160_2141894.jpg

緩やかな丘と谷が織りなす四季の里山景色の中に狐・狸・オオタカ・フクロウ等、多くの動物・植物・昆虫が息づいているのでしょう。大都市近郊緑地としては驚くほど豊かな自然が残されているとのことです。
c0119160_2142370.jpg       
 
狭山は茶どころとしても有名ですが、今年は原発の影響で規制値を超えるセシウムが検出され風評被害(足柄・静岡も同様)に苦しんでいます。日本の自然を象徴する水田・里山風景を維持し支えていくことも後継者不足で相当厳しいと聞きます。首相のTTP参加表明で日本農業の未来はどうなっていくのか・・?


           ..........「狭山の茶畑」、緩やかな丘陵に広がる長閑な風景.........
c0119160_21481558.jpgc0119160_2148333.jpg

c0119160_2149666.jpg




c0119160_21492140.gif






★「西武ドーム」の中を覗いてみる・・


日本シリーズに残念ながら進出できなかった西武ですが、本拠地球場の中を覗いてみよう。ここで学生時代にビール販売のバイトしたことが懐かしい・・。当時は屋根なしの球場、今は完全密閉ではない隙間のドーム


       ......(左) 西武ドーム周辺も紅葉風景   (右)西武ドーム外野側からの婉曲.......
c0119160_22224838.jpgc0119160_2223649.jpg

c0119160_22231733.jpg


今回、ライオンズVSホークス対決・・、パリーグ・オールドファンはどのように見たのだろう?ライオンズと言えば昔は福岡(西鉄)、ホークスは大阪(南海)、昔の西鉄ファンは意外にライオンズの流れを重んじて西武が好きという人もいると聞きます。大坂の近鉄は仙台楽天に身売り、ロッテは昔仙台が本拠地。日ハムは今や北海道


          .........バックネット側に位置どり全体を俯瞰、結構いい球場ですね~!.........
c0119160_19474314.gifc0119160_19472553.jpg










c0119160_19481671.gif


昔のプロ球団は東京・大阪に偏在していましたが、今の図式は地元意識の盛り上がりが生み出されています。全国にフランチャイズが分散したことは実にいいことだネ~。Jリーグに刺激された事は間違いありません。でも埼玉って県のまとまり意識が今一つ。西武が優勝しても所沢だけで、浦和はレッズ中心カナ?(笑)





★「山口観音金乗院」

西武ドームから狭山不動に向かって左側の通りを進み、さらに坂を上ると「山口観音金乗院」があります。「開山堂」と中国風建物「七福神御堂」、本堂にはマニ車、チベット風でもあり・・異国文化のコンフュージョン・・
しかし観音像や観音堂は奈良時代の僧・行基により820年頃に開かれたという日本の古刹なのです。


        ......(左)「山口観音金乗院」の開山堂&七福神堂 (右)本堂マニ車(回すと功徳)........
c0119160_19565712.jpg
c0119160_1957994.jpg

          ......(左)「七福神堂」の竜のうねり(向いあっている)、コリャ完全に中国の寺だ~!.......
c0119160_19575499.jpgc0119160_1958392.gif

c0119160_19582712.jpg


本尊は「千手観音行基菩薩」(弘法大師・空海が開眼)、「狭山三十三所第一番」の札所となっています。空海の霊泉、4体の千手観音像、本堂マニ車、中国風の五重塔や仏国窟、ビルマ仏など色々あるネ~!
鎌倉時代末期には、幕府打倒で挙兵した新田義貞がここに立ち寄り戦勝祈願をした寺でもあるそうナ・・


      ......(左)本堂の全景 (右)「空海」像と地蔵群があった。「南無大師遍照金剛~」!........

c0119160_20252235.jpg 
c0119160_20254746.gif


c0119160_20262072.jpg

    

           ..........「山口観音案内図」、結構色々な建物や史跡が混在している!........
c0119160_21211189.jpg

裏斜面を上がると「奥之院」と呼ばれるエリアに出ます。オオ~、真っ赤な「八角五重塔」が聳えている!
コリャ~、横浜中華街に移設したら脚光を浴びるだろうナア!五重塔下には塔をグルリと回るように「仏国屈」というトンネルがあり、中に西国三十三番札所・四国八十八ケ所霊場の各本尊が祀られているのです。


         ......(左)「奥之院・八角五重の塔」を見上げる (右)仏国窟(本尊が沢山並ぶ).......
c0119160_2123717.jpg


c0119160_21234045.jpg


c0119160_2124569.jpg


洞窟の中に入ってみると、仏像がズラリと並び、訪問者を迎えてくれます。写真は明るく写っていますが、実際は非常に暗くヒンヤリしてチト不気味な感じ・・。この通路を進んで行くと反対側出口に繋がっている。


          ........「仏国窟」の出口には光が!出れば悟りの世界か?(amai kangae).........
c0119160_21291848.jpg

外に出て見ると「水子地蔵尊供養塔」、雛壇の通路は一番下中央から同心円状にちょっとした迷路風になっています。ミニチュアのビルマ仏があり巨大中国龍もうねっている。何でもアリのドラゴンボール寺院ダネ~


               ......(左)「水子地蔵尊供養塔」 (右)本堂を見下ろす中国竜.......
c0119160_21321240.jpg


c0119160_21424588.jpg


         ......(左)中国竜のうねり (右)散策する夫婦・・、写真撮るRWを睨みつける猫........
c0119160_21332395.jpg
c0119160_2133418.jpg







★秋の狭山をあとにして


     ......(左)木陰から覗く「奥之院五重の塔」 (右)「桜井門」に続く「狭山不動・石灯籠」の道.......
c0119160_21501075.jpg
c0119160_21504027.jpg


滅多に来ない所沢・狭山丘陵の秋の風景を堪能して帰路に着きます。車でグルグル巡りゴッタ煮状態・・、お寺も何でもありのゴッタ煮状態だったナア・・。でもお宝物が所沢に沢山眠っていることを知り再発見・目からウロコ!埼玉狭山から見える夕暮れの富士山も美しい・・!充実の日を過ごして満足でありました。


     .........「狭山湖」から見る夕暮れの「富士山」、さらば狭山丘陵.........
c0119160_21544943.jpg









c0119160_2155594.gif




                                                       おわり








次回は、【常陸(茨城)・房総(千葉)の旅】(その5):「銚子・九十九里浜」編をお送りします。
c0119160_727279.jpgc0119160_7271756.jpgc0119160_7273167.jpg

  by rollingwest | 2011-11-15 00:00 | 近郊歩きのミニ旅 | Comments(59)

<2011年10月8~10日>北アルプス難関峰「毛勝山」&北陸「魚津」探訪

c0119160_2141030.gif

★(1日目):難関の200名山「毛勝山」へのアプローチ (無人小屋・前泊)


北アルプス「剱岳」の北部に聳える名峰「毛勝山」、嘗ては登山道がなく残雪期しか登れない秘境でした。10年前に尾根道が開かれましたが、厳しい難関峰に変わりはなし。9月3連休にマツ氏と挑戦企画したものの天候不順で、10月初旬に変更延期。結果的には快晴に恵まれた最高の山旅となりました。


  .....(左)08GW:常願寺川から仰いだ雪の毛勝 (右)今回、間近に見た「毛勝山」、大迫力~!......
c0119160_70435.jpgc0119160_702420.jpgc0119160_733268.jpg



c0119160_735488.jpg

                  ↑  08年5月毛勝山:「残雪の立山大周遊」記事  はコチラから


初日は登山口へのアプローチのみ。東京駅を昼に新幹線出発、越後湯沢経由ほくほく線で富山の魚津駅に到着が15時40分。駅前でレンタカーを調達し北陸電力の社員宿泊施設「片貝山荘」(現在は無人施設)に向かいます。事前に登山口の確認を終えて、17時過ぎに到着し小屋の中に入りました。


     ......(左) レンタカーで片貝山荘(無人小屋)に向かう道 (右)片貝川の電力治水施設.......
c0119160_718131.jpg
c0119160_7185024.jpg

        ......(左) 夕暮れの片貝川堰堤風景 (右)第5水力発電所の放水ゲート.......
c0119160_722843.jpg
c0119160_7221631.jpg

小屋には我々2人の他は、横浜から自家用車で来られたN川さんという人だけでした。自炊食事・酒を飲みながらお互いに情報交換。難関200名山を中心に単独行で登っている方なので話も合いました。


   .....(左)無人の北陸電力の元・宿泊寮(水は使えない) (右)美しい月夜の晩、山荘で語らう.......
c0119160_725132.jpgc0119160_7252190.jpgc0119160_726544.gif

c0119160_7263777.jpg



c0119160_21443122.jpg



c0119160_212276.gif
c0119160_7301329.jpg






★(2日目):「毛勝山」への挑戦、往復11時間近いハードな行程


翌朝4時に起床。N川氏と一緒に3人で登ることにしました。登山口まで車を乗り入れ5時40分登山開始。樹林帯からはいきなり猛烈な急坂が始まります。10年前に開かれた北西尾根は連続急登、切り開いた人達は大変な事業だったろうなあ・・。2時間程登って漸く三角点(1479m)に到着、大休止・・


  ......(左)尾根ルートは厳しい急坂 (中)三角点(1479m)  (右)朝の光に「越中駒ケ岳」が輝く......
c0119160_8223231.jpgc0119160_825361.jpg










c0119160_8261345.jpg


    ......(左)厳しい急傾斜を登りダケカンバを過ぎる (右)越中駒ケ岳、雄大な稜線ラインが広がる......
c0119160_8345821.jpg
c0119160_835209.jpg

幸い秋の素晴らしい快晴に恵まれましたが、夏場にこの急登道を登ったら汗が噴き出て相当辛い思いをするでしょう。途中に水場は一切なし。我々は2ℓ強の水でしたが、夏場では3ℓは必要かも・・


     ......(左) 遥かには日本海の海岸線が (右)標高1800m付近からは霜の草付き場へ.......
c0119160_8451177.jpgc0119160_8453468.jpg
c0119160_8462766.jpg

8:40大岩(1730m)通過、9時過ぎに霜に覆われた草地帯に出ました。振返れば背後には魚津市街と日本海がウッスラ見える。左手には僧ケ岳・越中駒ケ岳、標高を稼ぐと白馬三山が眼前に現れてきたゾ!


            .....遥か彼方に冠雪の「白馬三山」が見え始めた!手前は滝倉山.......
c0119160_995356.jpg
c0119160_9102558.jpg

             .......朝日に照らし出せれる霜が被った草付き場を登っていく......
c0119160_917389.jpgc0119160_9172488.jpg
c0119160_91744100.jpg


幻想的な霜の草付き場を登り詰めると2千m付近(9:45)で池塘「モモアセ池」が出現!枯れたチングルマ、草モミジ、輝く苔、何とも幻想的な世界が・・。そして屹立する毛勝山の大迫力ある姿が間近に!


    .......(左)毛勝山が全貌を現し始めた!大迫力 (右)一番目の池塘モモアセ池に到着......
c0119160_9251923.jpgc0119160_702420.jpgc0119160_21425725.jpg





c0119160_925424.jpg

左側に「後立山」の大連峰パノラマが雄大に広がっている!白馬・杓子・白馬鑓~不帰のキレット~唐松岳~五竜岳~鹿島槍ケ岳~爺ケ岳、35年前の学生時代に長大山脈を縦走した数日間がフラッシュバック


    ......(左)白馬三山クローズアップ(白馬・杓子・白馬鑓) (右)後立山連峰(五竜岳&鹿島槍)....... 
c0119160_1021733.jpg
c0119160_10213057.jpg


10:45「クワガタ池」に到着。確かに池塘の形は完全にクワガタ!ウルトラ怪獣「アントラ」ーと実にソックリ!池を過ぎると草付き大斜面が出現!これを越えれば頂上だが、最後の登りは本当にきつかった~!


     .........「クワガタ池」に到着、名前の通りクワガタの角、↓正に「怪獣アントラー」だ!........
c0119160_10261539.gifc0119160_1027273.jpgc0119160_102849.jpg



c0119160_10283536.jpg


    .....(左)頂上への最後の大急登(草尽き斜面) (右)大斜面をヘバリ苦しみ登るマツ氏.......
c0119160_10404411.jpg
c0119160_10401438.jpg

11:40、歩き始めて丁度6時間。ヘロヘロになりながら漸く登頂!しかし苦行は頂上から仰ぐ北アルプスの大絶景で報われました。「剱岳」の迫力ある裏容姿、毛勝三山とコラボした連峰は初めて見る光景!


  ......(左) ついに登頂!3人で山頂記念写真 (右)「剱岳」の雄姿をユックリ満喫する岳人達.......
c0119160_10444971.jpgc0119160_10453792.jpgc0119160_1046822.jpg

c0119160_10464535.jpg





c0119160_1047379.jpg


  ......「剱岳」(左)&「毛勝三山」(右から毛勝2151峰・釜谷岳・猫又岳)、北ア最北部・レアな大絶景......
c0119160_10572926.jpg

剱岳・立山連峰の北に位置する毛勝三山(毛勝・釜谷・猫又)は魚津と黒部に跨る山岳群で片貝川源流。左には後立山連峰の全貌!昼食は素晴らしい快晴に恵まれ感動的な時間を過ごしました。


   .....長大な「後立山連峰」 (左から、雪倉岳・白馬三山・唐松岳・五竜岳・鹿島槍ケ岳)......
c0119160_1058513.jpg


          ......北側から見る「剱岳」の雄姿、大迫力!絶景を満喫し寛ぐ人達.......
c0119160_1102746.jpg

12:20出発、再び同じルートを下山。もう少し頂上で風景を味わっていたい気もしますが、まだ下山で5時間近くかかる長丁場。秋の日暮は早いので油断はできない。クワガタ・モモアセの池塘を過ぎて行く。


        ......(左)「モモアセ山」をバックに一本休憩 (右)気持ちいい草の下山道........
c0119160_11144043.jpgc0119160_1115487.gif


c0119160_11152464.jpg


     .......(左)ダケカンバ、やや色の悪い紅葉 (右)頂上の展望広場から仰ぐ白馬三山.......
c0119160_1121795.jpg
c0119160_11213188.jpg

紅葉の色づきは鮮やかでなく期待外れでしたが、やはり青空と十分な光量がある時はそれなりに輝きを増してきます。頂上付近よりも中腹・紅葉樹林帯で夕暮れの日光に映えるいい紅葉に遭遇

           ......(左)青空に映える黄葉. (右)鳥の嘴の様にせり出す紅葉.......
c0119160_1244688.jpgc0119160_1251138.jpg

c0119160_1253677.jpg

     ......(左) 紅葉道を下る登山者 (右)くすんだ紅葉も青空と日光があれば十分映える.......
c0119160_1213531.jpg

c0119160_12133072.jpg


下りも急坂連続で本当に長い~!登りもラスト傾斜が胸突き八丁でしたが、下りも最後が辛かった・・。小生の下山到着は16:30、マツ氏は相当へばり17時過ぎ着、登山開始して11時間近いハード行程


       ...... 長く急な最後の傾斜道、11時間近くの長丁場山行も遂にフィナーレ!.......
c0119160_12192877.jpg

片貝山荘に戻り荷物を整理、レンタカーに積み込み魚津市内へと戻ります。駅前ホテルで宿泊手続を取り無事帰還し安心。2人は居酒屋でビールと地元の肴で乾杯・反省会予定が・・、マツ氏は完全にダウン




★(3日目):「魚津」の歴史探訪&三大奇観


       ......「魚津港」の歴史と自然奇観を探索、港に広がるテトラポット・砂浜風景.......
c0119160_15274252.jpg

富山県魚津市・・、4万5千人の北陸・小都市ですが、実は歴史と自然奇観が楽しめる穴場の街。まずは歴史探訪!富山湾漁港として栄えた魚津は歴史的史蹟が多い街、海岸線を歩いてみましょう。


     .....(左) 「万灯台」(魚津港最初の江戸時代灯台) (右)魚津水産(旧地方銀行の建物).......
c0119160_12245027.jpgc0119160_12251019.jpg

c0119160_12253017.jpg


    .....「米騒動」発祥地は魚津、この米蔵から米が運び出された、可愛い米俵モニュメント.....
c0119160_12324441.jpgc0119160_1233531.jpgc0119160_12334964.jpg






c0119160_12341155.jpg


江戸時代航路を見守った「万灯台」、大正時代に全国に広がった「米騒動」の発祥地、上杉謙信が柴田勝家率いる織田軍と戦った「魚津城跡」、那須与一にも所縁ある諏訪神社など確かに見所多し


       ......(左)「魚津城跡」の石碑     (右)「上杉謙信」の歌碑(魚津城の戦いにて).......
c0119160_15291412.jpgc0119160_15293029.jpgc0119160_21453276.jpg

c0119160_15303544.jpg


          ......(左)魚津の諏訪神社    (右)拝殿内には那須与一の絵が!.......
c0119160_15391040.jpg
c0119160_15392735.jpg


そして魚津には「三大奇観」と呼ばれる大自然(北アルプスと富山湾)の珍しい光景が見られる場所!3大奇観とは「蜃気楼」「埋没林」「ホタルイカ漁」、これらのルーツは全て北アルプスの山々なのだ。

c0119160_15402554.jpg

   ......(左)魚津海岸から見る「富山湾対岸」の風景  (右)蜃気楼写真はネットから拝借.......
c0119160_15545489.jpgc0119160_15551836.jpg





c0119160_15553727.jpg


富山湾に広がる自然の映像「蜃気楼」の仕組み、海の中に沈んでいる「海底埋没林」を見るには「魚津埋没林博物館」を訪ねることをお薦めします。かくなる光景が見られるのは日本では富山湾のみ


     .....古の大地の浪漫「魚津埋没林博物館」、太古のマンモスやトナカイも展示されていた......
c0119160_1653554.jpgc0119160_166087.jpg


c0119160_166196.jpg


    ......(左)乾燥埋没木の展示ホール (右)埋没林は片貝川上流に繁茂した北アの巨木群.......
c0119160_18274884.jpgc0119160_183124.jpg



c0119160_18312516.jpg


蜃気楼は、大気と海の温度差により光が屈折によって起きる自然が生み出すトリック映像。春の上位蜃気楼は遠方風景が上に伸びたり反転、冬の下位蜃気楼は実際風景の下に虚像が出るパターン

c0119160_18364684.gif

    ......蜃気楼9変化(船泊)&富山湾地図、蜃気楼のメカニズムが紹介(目からウロコ).......
c0119160_18372467.jpgc0119160_18374963.jpg






c0119160_1838752.gif


この虚像が起きる原因は北アルプスの山々が海に迫っている急峻な富山湾の地形。春の冷たい雪解け水が海に急速に流れ込むために水と海水の温度差が生じ、海面に屈折レンズを作り出すからです。


      .......「5月の蜃気楼」写真パネル、海面に浮かぶコンビナート群はまさに幻の如し・・・......
c0119160_19562366.jpg

魚津「海底埋没林」は約2千前に片貝川(毛勝山源流)が氾濫し海に流れ出た北アルプス巨木群が海面上昇によって現在の幻想的な奇観が生み出されているのだそうです。確かにレアな光景!(驚)


           ......博物館の「埋没林プール」、幻想的な光景に遭遇して驚き!.......
c0119160_2014059.jpg
c0119160_202264.jpg

             ......プール底から眺める埋没林の神秘的な水中風景......
c0119160_2053920.jpg
c0119160_205571.jpg

「三大奇観」の3つ目は、神秘に青く光り輝く「ホタルイカ漁」。富山湾に珍しい生物が存在する不思議は富山湾地形に秘密の鍵が・・。フォッサマグナ最終到達の深海底に北アルプスから栄養ある急流水が豊富に注ぎ込んでおり、数々の神秘的プランクトンが繁栄できる珍しい生態系が成り立っている。


      ......「ホタルイカ漁」、水揚げ時の輝きはLED照明の様なブルーイルミネーション.......
c0119160_2085116.jpgc0119160_209456.jpg




c0119160_20101640.jpg



c0119160_20103777.jpg


今回、富山の「毛勝山」&「魚津」を訪ね、当地が北アルプスを間近に臨む麓の街で「山と海のダイナミックなドラマ」が展開するレアSPOTだったことをあらためて認識。本当に貴重な見学体験をしたナ~!


           .....JR魚津駅プラットフォーム、右には富山地鉄のカラフルな電車が走る.......
c0119160_20235695.jpg

      ......魚津市から見える「冬の北アルプス連山」のパネル (博物館の屋上にて)......
c0119160_2058502.jpg

北アルプスも数々のルートを過去登りましたが、「フォッサマグナや海の視点」から新知識を得て、山への感慨が一層増した気が・・。毛勝山登山では、奥深い北アルプスの懐を感じ(日本屈指の難関峰・剱岳の険しい表情を北位置からジックリ味わえた)、リアルな体験と勉強ができて実に充実した3日間でした。


    .....(左)08GW残雪期の思い出(剱岳をバックに)(右)今回初めて見た北側(裏側)からの剱岳.......
c0119160_20295235.jpgc0119160_10464535.jpg


c0119160_20301060.jpg



                                                        おわり




次回は、紅葉に彩られた「となりのトトロ」の故郷「狭山探訪」記事をお送りします。
c0119160_2164219.jpg


c0119160_2131764.jpgc0119160_2171138.jpg

  by rollingwest | 2011-11-03 22:00 | Comments(48)