<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2012年1月28日>「都電荒川線ぶらり旅」(その1)前編:「飛鳥山・庚申塚・巣鴨」

c0119160_11452069.jpg


★「都電荒川線ぶらり旅」、また新たなシリーズが・・


先日、学生仲間と「都電荒川線の街歩き」を楽しんできました。いつもは気ままな一人ぶらり旅を楽しんでいるRWですが、たまには気心知れたメンバーとワイワイ言いながら歩くのも実に楽しい!本企画に皆も一偏に嵌ってしまい、今後も継続開催の誓い。都内唯一の都電旅・・、またも新シリーズが発足・・(笑)

c0119160_11463030.jpg
c0119160_11463961.jpg


           .......東京に残る最後の都電「荒川線」、心が癒される昭和レトロの風情.......
c0119160_11482445.jpgc0119160_11484724.gif
c0119160_11493549.jpg

大学サークル仲間・モッチャン(ガバチョ氏夫人)より、「W林ワカボンが昔懐かしい荒川線沿線を歩きたいと言ってるから付き合って~」とメールが入り即快諾!しむけん様も名古屋からわざわざ駆け付け頂いて参加
1/28午前に大塚駅に集合!でもガバチョ氏は飲み会からの登場でした~!中年軍団4人いざ出発!


     .......学生仲間(RW・モッチャン・ワカボン・しむけん氏)は大塚駅から都電に乗り込み出発~!........
c0119160_12204414.jpgc0119160_1221317.jpg
c0119160_12213086.jpg

「ALWAYS三丁目の夕日」映画シーンにも登場する都電はかつて都内交通ネットワークの要的存在でした。以後モータリゼーション発達の影響で車に押され業績悪化、昭和42~47年、35系統の路面電車が廃止されました。しかし都電荒川線(三ノ輪橋~早稲田)は住民の強い要望で存続決定され唯一の現役


         ......都電荒川線の路線図、三ノ輪(台東区)⇔早稲田(新宿区)を往復運行.......
c0119160_12314957.jpg






★桜で有名な「飛鳥山公園」からスタート


大塚駅から庚申塚・西ケ原を経由し王子方面に向かいます。民家脇をコトコト走り抜ける姿は鎌倉・江ノ電と共通する風景かも・・。でもやっぱ違うかナ、江ノ電の様な海の開放感ではなく殆どが下町風景・・
それにしても車両はかつてと比べ明るく色々なデザインに溢れ、垢抜けた感じになってきたなあ・・(驚)


      ......(左)都電の線路(曲がりライン)を俯瞰 (右)陽だまりの「飛鳥山駅」に到着~!.......
c0119160_12335511.jpgc0119160_12341415.gif

c0119160_12342678.jpg


           ........Ohカラフル!こんなお洒落な都電車両も行き交うのか~!.......
c0119160_12413599.jpg
c0119160_12415945.jpg

飛鳥山駅(改札は通過自由、脇道から誰でも出入り可能な大らかさ)を下車、まずは江戸時代から桜の名所で有名な「飛鳥山公園」を訪ねてみました。過去、花見で何回か来たが冬期の訪問は初めてだ。


      ........(左)冬の飛鳥山公園に足を踏み入れる (右)春には満開桜が見事な飛鳥山........
c0119160_12454492.jpgc0119160_1246383.gif
c0119160_12462666.jpg

         .......蒸気機関車や昔活躍した都電の車両が公園に展示されていた........
c0119160_12495537.jpg
c0119160_12502267.jpg

公園は二段構造となっており上部に登ると広い公園だ!かつて活躍した都電車両(オレンジ色)が展示されており、子供向遊具・砂場や茶店もある。オ~、向こうにはSL機関車も鎮座しているではないか!


     ......(左)SL王者(D51)機関車 (右)機関車内部、石炭炉に装着された計器・バルブ類.......
c0119160_13422383.jpgc0119160_1343265.gif

c0119160_13434924.jpg


       .......機関車に乗って、郷愁に浸るアラフィーの童心軍団(GOGOも近いのに)........
c0119160_13474353.jpgc0119160_1348795.jpg






c0119160_13483712.jpg


SLに登り機関室を覗いたりして童心でハシャぐオヤジ達。「イヤ~、冬でもなかなか楽しいね~!今度は満開桜の下で飛鳥山に集合し大いに騒ごう!」と、冬なのに早くも花見予定を決めてしまう脳構造がノーテンキな春状態の中年4人組。集合写真を撮りながら、下町ぶらり旅の楽しい一日はスタートしました。





★飛鳥山公園で渋沢栄一の大偉業をあらためて知る!


飛鳥山公園には3つの博物館(北区飛鳥山博物館・紙の博物館・渋沢資料館)があります。十分な時間はないので一つにせねば・・、渋沢栄一に以前から興味があったので小生要望したら皆さんも賛同


       ......飛鳥山公園には渋沢栄一の住まい跡と史料館があった!知らなかった・・........
c0119160_13595249.jpgc0119160_1402884.gifc0119160_1404867.gif




c0119160_1411075.jpg


「渋沢史料館」は、日本近代経済社会の基礎を築き、実業界のみならず社会公共事業・国際交流面でも指導的役割を果たした渋沢栄一(1840~1931)の全生涯にわたる資料を収蔵・展示しています。


       ........(左)渋沢資料館の入口 (中)第一国立銀行 (右)渋沢栄一胸像........
c0119160_14103552.jpgc0119160_14105519.jpgc0119160_1411222.jpg




c0119160_14115172.jpg

渋沢栄一というと、国立銀行設立や主産業の創始に関わった先駆者なるイメージは持っていましたが、館内での業績紹介を見ると、ここまで多岐に渡る偉業を成し遂げたスーパースターだったのか~と驚き!


......(左)若き日の渋沢栄一&第一国立銀行 (右)歴代の大蔵省首脳(今は小粒すぎて・・)......
c0119160_1430569.jpg
c0119160_1432198.jpg

第一国立銀行・東京商工会議所・証券取引所・三井銀行・王子製紙・東京電力・東京ガス・日本郵船・東京海上・石川島播磨重工・サッポロビールなど名立たる企業500社、日本赤十字社・帝国ホテル・帝国劇場・早稲田大学・日本女子大の創設にも関わっている。日本初の田園都市構想(田園調布)も提唱・・

 

    ........(左)東京商業会議所 (まさに日本経済基盤の創始者) (右)東京株式取引所 ........
c0119160_15322737.jpgc0119160_1532557.jpg
c0119160_15332024.jpg


渋沢は埼玉県深谷市に豪農の長男として生まれ、血気盛んな青年時代は反幕府的な活動をしていましたが、運命の巡り合わせか最後の将軍・徳川慶喜に仕えることに・・。パリ万博見学で欧州訪問、近代技術・経済の見聞を得ましたが、帰国後は既に徳川幕府は倒れ明治時代になっていました。


    ........(左)徳川昭武パリ万博派遣一行写真  (右)日本近代工業の象徴・富岡製糸場........
c0119160_15414251.jpg
c0119160_15415637.jpg

その後明治政府の要請で政府に仕えたものの、官僚制度に限界を感じ民間人として行動することを決意します。商工業の発展に力を注ぎ、先に掲げた多くの企業・機関を創立し育成していったのです。


    ......(左)田園調布の街も設計 (下)東京海上本館(大手町) (右)庭には渋沢翁立像.......
c0119160_154619100.jpgc0119160_15464579.jpg





c0119160_15472325.jpg

史料館に隣接する庭園は大正期の2つの建物「晩香廬」&「青淵文庫」(旧渋沢邸の一部で国指定の重要文化財)が当時のまま威厳ある姿で残っています。毎週土曜午後の公開なのでいい機会に恵まれた!かくも立派な建物が北区に存在し、その庭で蒋介石が招かれていたとは・・更にビックリしたね~


              .......渋沢の喜寿祝いに建築された「晩香蘆」が特別公開中........
c0119160_1603071.jpgc0119160_15595026.jpgc0119160_160555.jpg
c0119160_16126100.jpg


      .......(左)「青淵文庫」の芝生には雪だるま (右)文庫の庭で蒋介石(国民党)を迎えた........
c0119160_16101119.jpgc0119160_1611993.jpg
c0119160_16112871.jpg


先程まで春ノーテンキだった中年軍団も「日本経済発展の恩恵を受けてきた我々は渋沢栄一の偉業に支えられたきたのか・・」と一応殊勝な気持になったものの、再びノーテンキに都電ぶらり旅へと戻ります。

                 渋沢栄一の生まれ故郷「埼玉県深谷市の記事」はコチラから




★王子駅でワンブレイク


飛鳥山公園から裏山を通じ王子駅に出る道が存在します。王子駅は仕事で昔よく通った街なので馴染み深いが、このルートで駅前に行くのは初めてだ・・。王子駅南口は昔から変わっていない昭和建築


      .......(左)飛鳥山公園から王子駅に続く散歩道  (右)地味だけど風情ある王子駅南口.......
c0119160_16232532.jpg
c0119160_16234461.jpg

あ~腹減った~!王子駅前の食堂で小生は天丼を注文(結構旨かった)。さて昼間からビールで乾杯かと思いきや・・皆さん真面目に歩こうとして?自粛。ウ~ンそれぞれ健康に気遣う歳となったか・・(笑)


       ........王子駅前・明治通りの歩道橋風景、ロータリーに曲がりゆく都電(自動車と並走)........
c0119160_1628475.jpgc0119160_16274261.jpgc0119160_1628044.jpg


c0119160_16304045.jpg


腹ごしらえを終え、王子駅から再び都電に乗り込み再び早稲田方面へと逆戻りします。ほのぼの・・、この電車には満員電車のいきり立った雰囲気・痴漢・喧嘩など殺伐とした雰囲気は無縁に思えます。


             ......王子駅には黄色の電車が停まっていた。さて再び出発~!........
c0119160_16355232.jpg
c0119160_16363913.jpg

次なる目的地は本日のメーンイベント~、おばーちゃんの原宿「巣鴨のとげぬき地蔵」~!怖れ入谷の「鬼子母神」~!有名人多く眠る「雑司ヶ谷霊園」~!いずれも豊島区名所~!(年増区じゃないヨ)


           ........都電駅の観光解説ポスター、やはり懐かしきレトロ電車だね~........
c0119160_1639267.jpgc0119160_1734124.gifc0119160_16401264.jpg

c0119160_1745813.gif

c0119160_16403792.jpg







★「庚申塚」から「巣鴨とげぬき地蔵」へ


前編クライマックスは「庚申塚」~「巣鴨のとげぬき地蔵」、年寄りくさいSPOTなんて全く関係なしと思っていたが齢50半ばとなり、この街へ思いを寄せる心境になってきた現実は複雑な気持ち・・。庚申塚は猿田彦神社だったのか~!古代ミステリー好きなRWとしては天孫降臨の猿田彦・・、実に興味ある存在


     ......(左)巣鴨・庚申塚に御参りするおばあちゃん (右)猿田彦神社の三ザル石碑.......
c0119160_1794399.jpgc0119160_17101715.gifc0119160_17103554.jpgc0119160_17105642.jpg




c0119160_17124848.jpg


おばあちゃんの原宿」として全国的に知名度の高い「巣鴨地蔵通り商店街」、過去JR巣鴨駅から入ったことは何度もありますが、都電「庚申塚駅」からのアプローチは初めて!毎度活気がありますね~!
モッチャン最大目的は「赤パンツ」、これを履くと「赤の力」で元気・幸福呼ぶ縁起物らしい。ホントかね~(笑)


      .......庚申塚から「巣鴨地蔵通り商店街」へと向かう(本日のメインイベント)........
c0119160_17322691.jpgc0119160_17324653.gif
c0119160_17331466.jpg


   .....(左)帆布バッグを売る畳屋さん (右)「赤パンツ」!単価高いのにバンバン売れる大人気.......
c0119160_17373935.jpgc0119160_1738676.jpg

c0119160_17383142.jpg

とげぬき地蔵」の正式名は「高岩寺」、曹洞宗の寺院です。境内は人出で賑い露天も多く並んでいるね~。かつて誤って針を飲み込んだ女中に、居合わせた僧侶が地蔵尊の姿を印した御影と呼ばれるお札を患部に飲ませたら、針が御影を貫いて出てきたらしい。当話が「とげぬき」の由来なのだそうな


            ........(左)巣鴨のとげぬき地蔵「高岩寺」 (右)護摩香炉の炎........
c0119160_1745821.jpgc0119160_17551170.gifc0119160_17461532.gif


c0119160_17512056.gif
c0119160_17464265.jpg


               .......おばあちゃんの原宿のご本尊「とげぬき地蔵」.......
c0119160_17585632.jpgc0119160_1759116.jpg

c0119160_17593766.jpg

高岩寺境内には「洗い観音」が鎮座(明暦の大火で妻を亡くした檀徒が供養で寄進したらしい)。布で病気部分をこすると効き目があると言われます。これがご本尊の「とげぬき地蔵尊」と勘違いする人も多いようですが、本尊「とげぬき地蔵尊」は秘仏のため通常は拝見することはできないとのことです。


   ......「洗い観音」を磨きご利益を受けんとする人達 (特に悪い場所はないがRWもゴシゴシ・・)......
c0119160_185089.jpgc0119160_1852560.gif
c0119160_185465.gif


c0119160_186253.jpg
c0119160_1861653.jpg


         ........(左)とげぬき地蔵境内の露天商風景 (右)境内も多くの人で賑う........
c0119160_18195692.jpg
c0119160_1820881.jpg

さて再び巣鴨商店街に出てJR巣鴨駅方面へと歩いてみよう。「すがも園」塩大福の大人気ぶりには驚いた!モッチャンが並んで購入、我々にご馳走してくれました。巣鴨駅前には高岩寺より歴史の古い「真性寺」(江戸六地蔵尊の一つ)があります。巨大な空海座像がお地蔵様の如し、ありがたや~!


      ........人気の「塩大福」を求め大混雑!「すがも園」店内風景、ウワ~活気あるねエ!.......
c0119160_1822405.jpgc0119160_18225855.jpgc0119160_18235727.jpg


c0119160_18241773.jpg


         .......巣鴨駅前に鎮座する「真性寺の空海さん」(お地蔵さん風だね~)........
c0119160_18353267.jpgc0119160_18355243.jpg

c0119160_18362356.jpg
c0119160_18364888.jpg







★都電ぶらり旅:後編(鬼子母神・雑司ヶ谷霊園・早稲田)へと続く


JR巣鴨駅前の賑やかなる風景を満喫した後は、「地蔵通り商店街」を戻って再び都電・庚申塚駅へ。
次の目指す場所は、「鬼子母神」と「雑司ヶ谷霊園」「旧・宣教師館」と「早稲田」周辺の懐かしき光景


       ...... とげぬき地蔵へは巣鴨駅前から入るのが一般的かも、大賑わい!.......
c0119160_1946331.jpg
c0119160_19475486.jpg

     ......(左)おそれ入谷の「鬼子母神」~! (右)文人が多く眠る「雑司ヶ谷霊園」.......
c0119160_1952810.jpg
c0119160_19522888.jpg

    ......(左)雑司ヶ谷「旧・宣教師館」 (右)雑司ヶ谷霊園から早稲田駅へと向かう........
c0119160_19553493.jpg
c0119160_1955504.jpg

          ......早稲田駅も早大キャンパス構内もかつてとは雰囲気が一変した気が・・.......
c0119160_2024961.jpgc0119160_2052590.gifc0119160_205454.gif
c0119160_2055919.jpg


今回は、都電荒川線の前半(王子・飛鳥山&巣鴨・庚申塚2ケ所)だけの記事だったが結構リキを入れて書いてしまった・・(長文反省)。前編レポートの区切はこの辺にして、後編(雑司ケ谷霊園・旧宣教師館・早稲田)は3月中旬に公開したいと思います。(途中に、関東大震災関連の記事を入れる予定)

c0119160_22361567.gif


                                     

                                                          おわり



            「都電荒川線のぶらり旅」(その2)後編:「鬼子母神・雑司ケ谷・早稲田」に続く





次回は、「関東大震災復興記念館&東京都慰霊堂を訪ねて(震災考)」をお送りします。
c0119160_20172722.jpgc0119160_20174232.jpgc0119160_20175981.jpg

  by rollingwest | 2012-02-19 00:00 | 都電荒川線ぶらり旅 | Comments(64)

<2011年11月>秩父探訪&観音三十四ケ所巡り(その1):名峰「武甲山」を仰ぐ秩父の里

                                                                                                                                                                         
★秩父の名峰「武甲山」に登る


埼玉秩父にピラミッド形の名峰「武甲山」(日本200名山:1295m)が堂々と鎮座しています。秩父を訪れた時に歴史深い武甲山に登ってみたいと思っていましたが、昨年11月ようやく念願を叶えました。

c0119160_21463274.jpg


    ......(左)雲上の「武甲山」、鉱山の山肌が露わに (右)06GW羊山公園、芝桜が美しかった.....
c0119160_2144595.jpg
c0119160_2144594.jpg

日本武尊が東征時に登った由緒ある名峰ですが、山肌はセメント石灰岩の採掘で削り取られ実に無残な姿なのです。大した感慨は得られまいと思っていましたが、秩父の里と武甲山との関わり合いが実によかった。これを機に秩父三十四ケ所霊場巡りがしたくなり、今後何度も秩父を訪れるきっかけに・・


        ........(左)いざ秩父の里へ!いよいよ夜明け、川面に反射する暁光が眩しい.....
c0119160_21512537.jpgc0119160_2152844.gif



c0119160_21524368.jpg

昨年11月初め、好天時を狙い夜明け前に家を出発!関越道経由で秩父に入ります。秩父の川から見る朝日は実に美しかった!7:45橋立寺・鍾乳洞がある浦山口側から渓流に沿いの道を登山開始



                   .......登山開始!橋立川の渓流道を登っていく.....
c0119160_2221739.jpgc0119160_2223414.gif

c0119160_2225519.jpg


       ......(左)ススキ靡く急坂の登山道、秩父連山を望む (右)道端には野菊が咲いていた.....
c0119160_22151238.jpgc0119160_22153363.gif




c0119160_22155761.jpg


昨年秋の紅葉は色づきが遅く11月の山でもまだ鮮やかなる錦秋絵図とはなっていませんでしたが、ススキ揺れる秩父連山やカラマツの色彩、秋の風情を楽しみながらジグザグの急坂を登って行きます。


         .......(左) 美しいカラマツ林  (右)紅葉が色づき始めた2011年11月の山.....
c0119160_22211167.jpg
c0119160_22214886.jpg

1時間半程歩くと長者屋敷の頭という所に出ました。セメント採掘の発破注意のお知らせ看板がある!山の北側斜面が石灰岩質であり、明治期よりセメント原料採掘場として操業開始された場所なのです。


      ........(左)「長者屋敷の頭」の指示標板  (右)発破の看板や避難所が随所にある......
c0119160_22265636.jpgc0119160_4292573.jpgc0119160_22271444.jpg






c0119160_22274324.jpg


大規模な採掘が進められたのは昭和40年代後半(日本経済の高度成長)、道路・ビルの土木工事に大量のセメントが消費され、山の姿が変貌する程に山肌は削られてしまったのです。ウ~ン、当時は経済成長一辺倒の時代だったから致し方がなかったのか?今なら環境破壊の大合唱は間違いなし・・


         ........(左)近づいてみると実に無残な武甲山の山肌 (右)石灰石採掘の現場......
c0119160_22325435.jpgc0119160_2233784.gif

c0119160_22333220.jpg

             ........(左) 秩父の街を遠望 (右)カラマツ林から垣間見える秩父の山.....
c0119160_4342034.jpg
c0119160_4354276.jpg

歩き始めて2時間弱、9:40山頂「御嶽神社」に到着。日本武尊伝説の山にしては社殿が地味だなあ・・、オ~狛犬は狼だ!数年前、両神山や大岳山を登った時も狼が神社の両脇を固めていました。


           .......頂上へ到着!(左)「御嶽神社」の社殿 (右)秩父の守り神は.....
c0119160_4395884.jpgc0119160_4404014.jpgc0119160_4411629.gif



c0119160_4414375.jpg


明治期に絶滅したニホンオオカミですが、秩父や奥多摩は狼が昔多くいたと云われます。秩父三峯山は関東一円における狼信仰の総本山・・、狼⇒オオカミ⇒大神として恐れられ崇敬されていたのでしょう。


   .......(左)秋の「両神山」(1723m) (右)小屋の屋根に登り、秩父連山のパノラマ展望を満喫.....
c0119160_4575930.jpg
c0119160_458185.jpg

数年前登った「両神山」(百名山)が遥かに堂々鎮座している!結構きつかった記憶があるギザギザの山姿は遠くから見ても実に威厳と貫禄ありました。下りは「橋立の滝」も楽しみながら10:40到着


           ........(左)下山時に「橋立の滝」を! (右)カラマツ林の急坂道.....
c0119160_533331.jpgc0119160_524445.gif

c0119160_53132.jpg

         ........下山完了!「橋立堂」の裏に聳える垂直岩の壁、鍾乳洞も存在.....
c0119160_5114359.jpgc0119160_5121133.gif


c0119160_5124231.jpg


「橋立寺」は秩父三十四ケ所霊場・28番目の寺、背後に切り立った断崖絶壁には圧倒されます。岩の鍾乳洞巡りも実に興味深い!詳細レポートは今後1番~34番迄のシリーズ記事で紹介していきましょう。


           .......(左)第28番・橋立堂の本堂  (右)躍動感あふれる神馬像.....
c0119160_5172091.jpgc0119160_518746.jpg


c0119160_5191070.jpg
c0119160_5195374.jpg







★秩父の街から仰ぐ「武甲山」


武甲山に抱かれた秩父は、いろいろな顔を持ち合わせています。歴史深い神社・お寺や観音霊場が山路や谷合い・民家の近くなど素朴で心癒される里風景の中に溶け込んでいます。セメント鉱山町の側面もあるし、「秩父夜祭り」(日本三大曳山祭り)の華やかな顔、秩父事件などの民衆運動の表情も・・


                  .......秩父鉄道「影森駅」からの仰いだ武甲山.....
c0119160_6321073.jpgc0119160_6323427.jpg






c0119160_6325922.jpg


秩父のシンボル「武甲山」はどのような山なのだろう・・。石灰岩採掘で哀れなる姿に変貌してしまった山の歴史や背景などを知りたくなり、秩父の高台にある「武甲山史料館」を訪ねてみることにしました。


     ......(左)読書の秋、絵になりますネ~ (右)羊山公園脇にある高台から秩父の街を俯瞰.....
c0119160_6464723.jpg
c0119160_647445.jpg

資料館に入ると、秩父山地の生成や昔の山容(セメント採掘前)、地元に生息した動植物の展示、山名の由来が解説されていました。武蔵と甲斐の間に位置するために付いた名と思っていたが、違った・・


          ........(左)「武甲山史料館」 (右)館内に展示される地元の野生動物(剥製).....
c0119160_6493736.jpgc0119160_651397.jpg

c0119160_6512860.jpg


「日本武尊」(ヤマトタケルノミコト)が東征時(1世紀末)、武士の兜の様な山を見て感激し、勝利の祝いで武具を山の岩蔵に納めた伝説が由来でした。武具納蔵した場所なのでここから武蔵国の名前が発祥したのです。ナルホド!そうだったのか~!東京スカイツリー634mの動機・ムサシも武甲山がルーツだったのか!


     ......(左) 「三峯神社」の随身門、ここが狼狛犬の総本山 (右)「日本武尊」像が神々しい....
c0119160_6555719.jpgc0119160_6562489.gifc0119160_6564581.gif



c0119160_657103.jpg


武甲山はかつて1336mでした。今の標高は1295mですので、何と40m以上も石灰岩採掘で頂上が削られてしまったのか・・!こんな数奇な運命で形を変えられた名峰は日本ではここだけかも・・(涙)


     .......(左) 昭和35年頃の武甲山が写真パネル展示 (右)秩父セメント鉱業所と武甲山......
c0119160_713422.jpg
c0119160_714882.jpg

c0119160_7142662.jpg


確かに昔の武甲山は重量感・貫録があり、兜の様に見えるな~!日本武尊が感動した気持が理解できます。でも削られた現在も端午の節句で被る兜の形を維持していると思う。兜の意地で・・oyaji gyag


         ........現在の武甲山(削られても形はよいが、セメント石灰岩採掘で無残な山肌.....
c0119160_7204550.jpgc0119160_7211396.jpg



c0119160_7213789.jpg

秩父神社は秩父市中心街に鎮座、三峯神社・宝登山神社と並ぶ秩父三社の一つ。隣接・秩父まつり会館には華やかな夜祭の屋台が展示されています。京都・祇園祭、飛騨・高山祭と並ぶ日本三大曳山祭。何故こんな山里に祇園の祭が・・?古代ミステリーの推理が今、RWの脳裏には浮かんでいます。


        ........(左)「秩父神社」神門から本殿を望む (右)「秩父夜祭」の屋台モニュメント.....
c0119160_7264098.jpgc0119160_727895.jpgc0119160_7273693.gif

c0119160_728363.jpg


その後、幾つか秩父三十四ケ所観音霊場を巡ってみると実に歴史あるお寺が多いことに驚きました。由緒あるお寺が、素朴な田舎の中に溶け込むが如く随所に点在している。実に魅力的な風景・・


        ....(左)第25番・久昌寺の歴史深い素朴さ  (右)第4番・金昌寺の山門大わらじ.....
c0119160_74124100.jpgc0119160_7415841.jpg



c0119160_7421792.jpg



     ........(左) 第23番・音楽寺本堂にお遍路さん (右)秩父公園橋から眺望、武甲山と荒川.....
c0119160_755738.jpgc0119160_8352546.jpgc0119160_8354298.jpg





c0119160_7553067.jpg


第23番音楽寺に行くと秩父公園橋を通り、荒川を渡ることになります。ここからの武甲山は秩父の街とコラボしての俯瞰風景、実に素晴らしかった!人工的に削られた山もピラミッド形なので格好いいネ~


              ........秩父公園橋・欄干から俯瞰する武甲山秩父の街......
c0119160_831185.jpg

      ........(左)酒蔵「武甲正宗」の全景  (右)田植え前の武甲山、水田に映る逆さ武甲.....
c0119160_8525165.jpgc0119160_853979.jpg

c0119160_8551649.jpg

早朝から登山し、武甲山の歴史を知り、秩父の街を楽しみ、秩父三十四ケ所観音霊場の一端を知ることができた。もう夕暮れ・・、まだまだ訪ねたい場所は多いですが今日はこれ位にしておきましょう。


    ......西武秩父駅の脇には仲見世通り、駅前広場から見た夕暮れ武甲山....
c0119160_843839.jpgc0119160_84693.gif

c0119160_8463942.jpg

今後数年に亘り10回位の秩父シリーズを積み重ねて行きたいと思います。本来はお遍路姿で廻るべき秩父三十四ケ所観音霊場巡礼ですが、暇なしRWには悠長すぎて無理。車で勘弁させて頂きます。

c0119160_6273922.gif

    .....(左) 第14番・今宮坊は秩父礼所で最古の歴史 (右)第13番・慈眼寺の十三賢者堂.....
c0119160_953593.jpgc0119160_955521.jpg
c0119160_961610.jpg

次回からは、秩父に纏わる様々な風景や歴史・街を紹介しながら観音霊場を5寺ごとに分け紹介していきたいと思います。人間様に傷つけられても、小生をかくなる心境に導いて頂いた武甲山に感謝・・


            .......「小鹿坂峠」から見る武甲山&秩父公園橋.....
c0119160_9123155.jpgc0119160_9133833.jpg


c0119160_9153418.gif
c0119160_10362978.gif





c0119160_9161851.jpg




                                                            おわり



次回は、「都電・荒川線ぶらり旅」(その1):前編(飛鳥山、庚申塚・巣鴨)をお送りします。
c0119160_10404784.jpgc0119160_1041435.jpgc0119160_1041181.jpg

  by rollingwest | 2012-02-08 00:00 | 秩父探訪 | Comments(68)