<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

<2012年11月(神在月)>「出雲展」鑑賞&「出雲大社」探訪旅へのプロローグ

★古事記1300年「出雲~聖地の至宝展」


    .......11月初旬、東京国立博物館(上野)の「出雲~聖地の至宝展」を鑑賞.......
c0119160_17453269.jpgc0119160_17454626.jpg
c0119160_1746457.jpg


今年は古事記編纂1300年の節目、そして来年は60年に一度行なわれる出雲大社遷宮の大行事を迎えます。以前から出雲・古事記の謎に興味があるRWは、10月から開催されていた「出雲~聖地の至宝展」(11/初旬)を会社同僚を早速誘って東京国立博物館(上野)へ鑑賞に行ってきました。


  .......(左)出雲展ポスター (右)中国王朝至宝展チケットを購入して出雲展(併設)も同時に鑑賞.......
c0119160_17482297.jpgc0119160_17484238.jpg



c0119160_17492599.jpg


出雲大社の創建は「日本書紀」に拠れば659年出雲国造に命じて神宮を造らせたとの記述がありますが、その起源は謎に包まれています。日本神話では、国を造った大国主が高天原の神々から国譲りを迫られ、その代償として出雲に大神殿を建立することを求めたと「古事記」に記されています。


    .......10世紀頃の「出雲大社」神殿復元想像図、日本最大の神殿伝承!これはスゴイ!.......
c0119160_17513268.jpg
c0119160_1752822.jpg

現在の出雲大社も、「大社造り」と呼ばれる風格ある最古の神社建築様式ですが、10世紀の「出雲大社」は何と高さ48m壮大なる巨大社殿(上記復元図)だったとのこと!正に天に届くが如くの神殿!


      ...... 1984年に一度に358本の銅剣が出土、荒神谷遺跡が発見された!.......
c0119160_17533433.jpg
c0119160_1756769.jpg


出雲展の展示場には、数々の銅鐸・銅矛・銅剣が陳列されていました。これらは荒神谷遺跡(1984)、加茂岩倉遺跡(1996)から発見されたもので、358本の銅剣が出土など1つの地域からこれ程大量な青銅器が出たことは前代未聞とのこと。当地域に一大勢力・文化圏があった確実なる証拠です。


        .....さらに1996年、加茂岩倉遺跡から出土したおびただしい数の銅鐸.......
c0119160_17565944.jpg
c0119160_17571572.jpg


2000年には出雲大社境内から「宇豆柱」(uzubashira)という巨大な柱遺跡が発見されています。この出土は日本中を驚かせました。古事記に記述された大神殿や国譲り神話などは単なるつくりごとと思われていただけに日本古代史の事実と想定されるからです。こんな巨大建築があったとはネ~!


       ......出雲大社境内から出土した「宇豆柱」、巨大なる神殿実在の歴史を証明.......
c0119160_1825850.jpg
c0119160_1834388.jpg


       ......この階段規模と人間のサイズを比較してみてください!とてつもなくドデカイ!........
c0119160_1844440.jpgc0119160_1851233.jpgc0119160_1852645.jpg







c0119160_186426.jpg

平安時代の編纂書に「雲太・和ニ・京三」との記述があります。出雲大社が日本一、2番が大和の東大寺大仏殿、3番が京都御所・大極殿と言い表したもので、当時の出雲神殿がいかに巨大な建物だったかを物語っています。しかし出雲大社の栄華と国譲りの真実はミステリーに包まれているのです。


  .......平安時代の編纂書「口遊」(kuchizusami)伝承に「雲太・和ニ・京三」、真実と判明した!.......
c0119160_1883337.jpg
c0119160_1810666.jpgc0119160_18102971.jpg
c0119160_1895885.jpg


712年、太安万侶から元明天皇に奏上された「古事記」は今年1300年を迎えました。「日本書紀」(720年・舎人親王)にも神話は存在しますが、出雲の部分は古事記のみしか記載されていません。また「出雲風土記」には、大国主の宮を建てたのは高天原ではなく出雲の神々と記述されています。


      .......出雲には、天孫族(天皇家祖先)に屈服していった闇の歴史が隠されている.......
c0119160_18114736.jpgc0119160_18124470.jpg
c0119160_18122264.jpg





c0119160_18132942.jpg


記紀は天皇側(勝者の立場)から記載された歴史・神話書、その真実は作り変えられ闇に葬り去られた可能性が高いと云われます。6歳で観た東映映画「わんぱく王子の大蛇退治」は日本神話を物語った壮大なドラマだったナア・・。今も心に残る映画のルーツ出雲の旅に出てみることにしました。
c0119160_1815784.jpg

 ......映画「わんぱく王子の大蛇退治」(1963)、主人公スサノオノミコト、伊福部音楽が素晴らしかった.......
              c0119160_19383051.jpg

11月中旬、有休休暇を取って憧れの「出雲」の地についに足を踏み入れ、古事記・日本神話の史蹟・神社を訪問しました。夜行バスで現地入り、レンタカーを使い早朝から夕方までひたすら走りまくり~
c0119160_18161165.jpgc0119160_18163035.jpg
c0119160_18165151.gif






★古事記・日本神話ゆかりの地「出雲」を訪ねた旅

c0119160_18214932.jpg

詳細なレポートは来年公開する予定ですが、今回廻った出雲大社や古事記に所縁深い史蹟の数々をダイジェスト速報版として紹介しておきたいと思います。まずは出雲神話が濃縮されている「八雲立つ風土記の丘」を訪問、その後出雲大社へと向かいました。「旧JR大社駅」は実に見応えあり


     ......(左)「八雲立つ風土記の丘」 (右)かつての出雲大社の玄関、「旧JR大社駅」.......
c0119160_18224029.jpg
c0119160_18225338.jpg


そしていよいよ、伊勢神宮と並び古代より日本の歴史を見守り続けた出雲大社へ!まずは自称日本一の大鳥居がお出迎え・・、ここに祀られるは「大国主」(スサノオノミコトの息子)、国つ神の筆頭。銅鳥居手前にある「ムスビの御神像」は大国主大神が海神から「幸魂奇魂」の「おかげ」を授かる姿なのだ!


   ......日本最大級の大きさを誇る「出雲大社」大鳥居、ドでかい~!(1位は熊野大社).......
c0119160_18235899.jpg

     .......(左)「ムスビの御神像」、縁結びの御魂を現す海神 (右)御魂を授け受ける大国主.......
c0119160_18251185.jpgc0119160_18253918.jpg

c0119160_1825578.jpg


出雲大社の拝礼方法は「二礼・四拍手・一礼」、通常は「二礼・二拍手・一礼」ですが格式高い出雲大社は別。今回拝礼は「御仮殿」に行いました。60年に一度の遷宮(2013年)に向け現在は「本殿」「拝殿」が修理中のため、大国主大神は今仮の神殿移り鎮まっているからです。来年は遷宮の大行事!


  .......(左)出雲大社「拝殿」(遷宮前の仮殿だった) (右)本殿は修復中、2013/5月遷宮実施.......
c0119160_18271338.jpg
c0119160_18272995.jpg


出雲大社の西に広がる砂浜海岸は国譲り神話で知られる「稲佐の浜」。毎年陰暦10月10日(今年は11月23日)に神迎えの神事(神迎祭)が行なわれます。全国から集結する神々が当浜に上陸し出雲大社に集結します。オ~、遠く海上には国引き神話に由来深い「三瓶山」が望めるではないか!


    ......(左)国譲り神話の舞台「稲佐の浜」 (右)「三瓶山」(sanpeisan)は2003年に登頂した.....
c0119160_1828319.jpgc0119160_18284957.jpgc0119160_1829455.gif
c0119160_1829284.jpg


稲佐浜から北上すると、日御碕(島根半島、最西端)に行きつきます。ここに天照大神とスサノオを祀る日御碕神社が鎮座。ナルホド!太陽が命名される岬の神社だからアマテラスもおったか!ここに日本一の高さを誇る優美な灯台が屹立しています。素晴しい日本海サンセットを撮れて大満足でアリマシタ~!


     ......(左)日御碕神社、上宮がスサノオ、下宮がアマテラス (右)サンセットの光を浴びる鳥居.......
c0119160_1831529.jpgc0119160_18313394.jpg
c0119160_18315593.jpg


    ......(左) 日御碕から望んだ日本海の夕日 (右)夕暮れに輝く日御碕灯台(東洋一の高さ).......
c0119160_1834956.jpgc0119160_18331686.jpg
c0119160_18345078.jpg


出雲大社とはやや離れますが、伊弉冉尊(イザナミノミコト)を祀っている「神魂(kamosu)神社」にも訪問。本殿は日本最古の大社造り、初め出雲国造家はこの神社の祭主を代々勤めていましたが、杵築の地に出雲大社が創建され、祭主として移住したそうです。伊弉冉尊は女神、出雲大社の大国主命は男神


    ......(左)イザナミノミコトを祀る「神魂神社」 (右)「佐太神社」、神在月に全国八百万の神が集結.......
c0119160_18351672.jpgc0119160_1836062.jpg
c0119160_18363798.jpg


アマテラスノミコトが治める高天原で大暴れしたスサノオノミコトは天から追放され、出雲の斐伊川上流(船通山)に降り立ちました。当地で国神アシナヅチ娘の稲田姫(クシナダヒメ)と出会い八岐大蛇の生贄になる事実を知ります。彼女を救うためスサノオは大蛇を酒に酔わせ退治し、目出度く2人は夫婦となりました。


    ......(左)スサノオノミコトが八岐大蛇と対決 (右)「八重垣神社」、スサノオとクシナダヒメの縁結び聖地.......
c0119160_1838253.jpgc0119160_18382938.jpg
c0119160_1839969.jpg


「八重垣神社」はスサノオノミコトが稲田姫を愛しく詠んだ日本最初の和歌「八雲立つ出雲八重垣、妻籠みに八重垣作る。その八重垣を・・」に因んだ名前。出雲大社も縁結びの神、女性に人気の神社。


      .....多数の銅鐸・銅剣等が出土した(左)「荒神谷遺跡」と(右)「加茂岩倉遺跡」も訪問.......
c0119160_184013.jpgc0119160_18402117.jpg
c0119160_18403744.jpg


出雲展で鑑賞した.多数の銅鐸・銅剣等が出土した「荒神谷遺跡」と「加茂岩倉遺跡」にも行ってみました。出雲市から離れた山間部、当日は大雨でしたがレンタカーでないと不便な場所。奥出雲は見所が多いですが距離が離れており、朝~夕方まで精力的・効率的に廻らないと全ては見られません。





★2013年より、「山陰・山陽の旅」シリーズを開設いたします。


今回の旅は出雲を訪ねただけでなく、本当に欲張って山陰・山陽の名所をテンコモリに廻りましたので主な見所もダイジェストで掲載しておきます。夜行バスで米子到着でレンタカーを調達し、中海を右手に見ながら松江へと向かいました。松江城の天守閣・お堀、月照寺、小泉八雲の足跡なども巡りました。


      ......(左)松江城・天守閣の雄姿  (右)日本を深く愛した小泉八雲の旧居.......
c0119160_2063616.jpgc0119160_2062860.jpgc0119160_2072072.jpg
c0119160_2071326.jpg


              .....(左)松江城の堀川めぐり  (右)宍道湖の癒される風景.......
c0119160_209539.jpg
c0119160_2085594.jpg


奥出雲を巡り、名画「砂の器」(野村芳太郎監督、原作・松本清張)の舞台となった「亀嵩駅」にも寄ってみました。ここはいつか訪れたいと願っていた場所。山陰の山奥は滅多に来られないので感激!


     ......(左)名画「砂の器」ロケ地・記念碑 (右)砂の器「亀嵩駅」で奥出雲の蕎麦を味わう.......
c0119160_2011478.jpgc0119160_20105479.jpg
c0119160_20122729.jpg


奥出雲から西に向かい島根県部中央部にある世界遺産「石見銀山」も訪ねてみました。大航海時代の16世紀、世界で流通した銀の約3分の1近くが石見銀山で産出されたものと云われています。


  ......世界遺産「石見銀山」を訪問 (左)銀採掘坑道「竜源寺間歩」(右)「清水谷精錬所跡」.......
c0119160_2014176.jpgc0119160_20132251.jpg
c0119160_20143456.jpg


    ......(左)石見銀山で栄えた街並、赤瓦で統一感 (右)世界遺産センターで銀山の歴史も.......
c0119160_20143972.jpg
c0119160_2015564.jpg


石見からは瀬戸内方面に南下しもう一つの世界遺産「宮島」へ!広島で泊まったホテルを朝5時過ぎに出発、宮島口から始発フェリー(6:25)で渡り、干潮浜に佇む「厳島神社」の大鳥居を見ることができました。数々の史蹟や弥山に登って昼近くに戻ってみればもう大鳥居は海の中に浮かんでいました。


    ........世界遺産「宮島」の「厳島神社」 (左)朝の干潮風景 (右)昼には水上社殿となった.......
c0119160_2016271.jpgc0119160_2016629.jpgc0119160_20163797.jpg



c0119160_20164549.jpg


宮島・弥山から俯瞰した瀬戸内海・大パノラマは本当に感動的でした!ここはロープウェイで上がれますが、頂上まで歩くのは相当距離あるハイキングですので甘く見てはいけません。弥山は登る価値あり!広島名物もみじ饅頭のルーツはここだったのかと思うほどに紅葉谷の錦秋は見応えあるものでした。


      .....(左)厳島神社の背後に聳える弥山 (右)弥山の頂上から展望した瀬戸内パノ゚ラマ.......
c0119160_20185496.jpgc0119160_20185732.jpg


c0119160_201932100.jpg


        ......見事な紅葉日和に恵まれ大聖院(↓)や大願寺・五重塔・千畳間等を巡る.......
c0119160_2021350.jpgc0119160_20211425.gif





c0119160_5155821.jpg


最後は岩国(聖二殿故郷)に寄り「錦帯橋」「白蛇」「岩国城」を見て帰りました。天気のタイミングもあったと思いますが、やはり山陽はサンシャイン溢れた明るい雰囲気、山陰はやや翳あるミステリーな場所・・


                   .....日本三大名橋「岩国・錦帯橋」の勇壮・優美な姿.......
c0119160_2023380.jpg
c0119160_2024297.jpg


      ......(左) 岩国城から望むパノラマ (右)岩国の名物「白蛇」、巳年の来年はブームかも.......
c0119160_20254433.jpgc0119160_2025130.jpg

c0119160_20261234.jpg


大国主大神は、皇孫に国譲りをしましたが神世界(神事)は出雲が支配するという条件交換を行いました。旧暦10月に全国から八百万神を集結させ、死後世界や人の縁の決めごとをする「神在祭」。旧暦10月を神無月(出雲では神在月)と呼ぶのは全部の神様が出雲に出張で不在になるからです。


   .......(左)2012年11/23~30日「神在祭」が行なわれた (右)出雲大社のシンボル「大注連縄」.......
c0119160_20263050.jpg
c0119160_20265086.jpg


来年は巳年、八岐大蛇や岩国シロヘビもブームになりそうな予感が!そして出雲大社60年ぶりの遷宮(修復)と伊勢神宮の21世紀初の遷宮(20年移転)が重なる凄い年!日本を代表する2大の社・神宮が同じ年に大祭を迎える訳で、ブームは頂点に達し日本国民は大いに盛り上がることでしょう。


   .......(左) 来年出雲は大社遷宮・大蛇でブームかも! (右)伊勢神宮の20年遷宮とも重なる!.......
c0119160_20294421.jpgc0119160_2029221.jpg



c0119160_20301519.jpg


                                     「伊勢神宮」レポートはコチラから

今回の旅内容については、来年以降、「山陰・山陽の旅シリーズ」としてジャンル分けで詳細に公開していく予定です。下記内容となりますが、全てレポート完了するには2年くらいかかりそうダナア・・(笑) 


(1)米子・大山~出雲風土記の丘 ⇒ (2)松江城・小泉八雲・月照寺 ⇒ (3)出雲大社・日本神話 ⇒ (4)日本神話・古事記ゆかりの史蹟を巡る ⇒ (5)奥出雲風景(銅文化遺跡・たたら製鉄・砂の器ロケ地) ⇒ (6)世界遺産「石見銀山」 ⇒ (7)世界遺産「宮島・厳島神社」 ⇒ (8)「宮島・弥山」からの瀬戸内海パノラマ&岩国「錦帯橋」   「2012秋・山陰・山陽の旅」の全レポート記事」

c0119160_4334372.jpg


                                                         おわり

  by rollingwest | 2012-11-25 00:00 | 山陰・山陽の旅 | Comments(75)

<2012年11月>新宿区探訪:(その4)新大久保周辺(韓国タウン・西早稲田)


★歌舞伎町から韓流の街「新大久保」へ


久しぶりに新宿区探訪の紹介記事です。昨年秋に歩いた「歌舞伎町~新大久保~西早稲田コース」の写真がもう1年近くも蔵出しされておりませんでした。当時は紅葉が綺麗な時期で季節的にも合っているし、韓国や中国との関係も悪化してしまったタイムリーな話題も交えながらレポートいたしましょう。


     .......(左)新宿ピカデリーもモダン建築風  (右)歌舞伎町から新大久保職安通り.......
c0119160_12343753.jpgc0119160_12342848.jpg


c0119160_1574135.jpg

c0119160_12351298.jpg



c0119160_12351496.jpg


昨年11月、新宿ピカデリーでジョージハリソン映画を鑑賞、その折にかねてより訪ねて見たかった新大久保コリアタウンを歩いてみました。新宿区役所通りから鬼王神社経由で大久保通り方面へ北上していくと徐々に女性の姿が増えてきた。裏路地にも関わらず焼肉屋・韓流ショップ多く点在している。ナルホド!


     .......(左) 韓国家庭料理店も立ち並ぶ  (右)韓流SHOP通りを行き交う女性達.......
c0119160_12435385.jpg
c0119160_12443743.jpg


韓流ショップの店内を覗いてみよう。KARA・少女時代・東方神起・チャングンソク・イビョンホン・パクシフ・・等のブロマイドやグッズが盛り沢山!若い子もオバチャマも品定めに夢中。うちのカミサンも韓流ショップに来るほどではないが、韓国ドラマを毎日夢中で見ております。もう我が家も完全にTV番組は住み分け状態・・


   .......(左) 韓流スターグッズがズラリ、店内装飾は異様に明るい (右)お洒落な韓国料理屋.......
c0119160_1248686.jpgc0119160_12482593.jpg


c0119160_12492418.jpg


         ......華やかな韓流スター達 (左)KARA (右)東方神起 (下)少女時代.......
c0119160_1425325.jpgc0119160_1427029.jpgc0119160_14271981.jpg








c0119160_14281633.jpg


大久保通りに出るとさらに人通りは増えて活気に溢れている・・!ここも圧倒的に女性の数が多く、老若問わず目が輝いている方ばかり。売り出しデビューを控えた男性新人グループのPRを兼ねたストリートウォークの後を追いかけるギャル達、韓国料理店前で大笑いするオバチャン達・・、実にパワフルですナア!


        .......(左) 韓国新人歌手がPRで街を闊歩  (右)活気あるコリアタウン&日本オバサン.......
c0119160_1437853.jpgc0119160_14463511.jpg


c0119160_1437355.jpg




c0119160_1438567.jpg



昨年秋はまだ韓国とはいい関係でした。しかし今年8月、イミョンバク大統領が自らの支持率を上げるために竹島上陸の愚行。ロンドン五輪では銅メダル決戦で韓国に敗れ、更に「独島は我が領土」の旗を掲げられる屈辱・・。サッカーファンの小生は頑張っていた日本五輪チームが報われず本当に悔しかった。


  .....(左)イミョンバクの軽挙盲動により日中韓は一挙に悪化 (右)反韓国デモ(8月)が新大久保に.......
c0119160_14474278.jpgc0119160_14473625.jpg



c0119160_14481471.jpg


   .....ロンドン五輪・男子サッカー、韓国に敗れメダル逃す。悔しい~!「独島は我が領土」の挑発.......
c0119160_14522790.jpg
c0119160_14525012.jpg


この愚挙は、潜んでいた日本のナショナリズムにも一挙に火を付けてしまい日中韓関係は一挙に悪化。野田首相が尖閣列島国有化を急いだのも、石原前都知事の仕掛け&イミョンバク大統領竹島上陸に起因します。日中関係が憎悪レベルに到達したことで日本経済は暗雲。景気の後退に一層の拍車が・・


        ......日本・電機大手企業が危機に瀕する中で 韓国サムスン電子は絶好調......
c0119160_1456572.jpgc0119160_14563586.jpg



c0119160_14572461.jpg



かつて世界で輝いていた日本企業は、低迷続く景気&中国・韓国企業の席巻(得意分野がアッという間に大逆転)で現在どん底に陥ってしまいました。こんな時代の到来を誰が想像しただろうか・・


          .......(左) 新大久保駅前の風景 (右)駅近く脇の和風なレトロ小路.......
c0119160_15132567.jpg
c0119160_15131153.jpg


新大久保駅前も凄い人出!学生時代のイメージは、高田馬場と新宿の狭間駅でラブホテルの多い街ぐらいだったのに・・、今はこんなに活気ある街になったとは・・!でも駅周辺には日本風情が漂う光景も潜んでいます。皆中稲荷神社は実にレトロで路地と参道が一緒になった様な地元密着感がイイネ~


           .......(左) 皆中稲荷神社  (右)鉄砲組百人隊行列の解説板.......
c0119160_15195891.jpgc0119160_15201146.jpg


c0119160_15202781.jpg


神社見学の参道(路地裏)は何かタイムスリッップしたようなレトロ景色。鉄砲組百人隊行列なるエピソードもあったのか・・。日本風情満喫して再び大久保通りに戻ると、また一挙に韓国カラーに逆戻り・・、(苦笑)


        .......(左)再びメイン道路へ(韓流百貨店)  (右)若者で賑う韓流ランド.......
c0119160_15173424.jpg
c0119160_15174621.jpg






★山手線沿いに北上、西早稲田・戸山へ


新大久保から山手線沿いに高田馬場駅へ向かって北上、学生時代に電車の窓から何度も見た懐かしい光景だネ~!LOTTEはそう言や韓国資本だったナア・・とか思いながら西早稲田方面へ右折


          .......(左) ロッテ工場(韓国資本)の看板  (右)山手線電車が通過.......
c0119160_1524695.jpg
c0119160_15243385.jpg


    .......(左) 新大久保、山手線沿いの林立高層ビル群  (右)懐かしのグレッグ専門校の看板.......
c0119160_1527465.jpg
c0119160_15275758.jpg


西早稲田・戸山周辺の光景は、歌舞伎町・新大久保とは一変しアカデミックな雰囲気が漂っています。早大理工学部、学習院女子大のキャンパス、都立戸山高校(著名人を輩出した名門)が隣接するスクールゾーン。学習院女子大の赤鋳造門は素晴らしい!重要文化財指定の鋳門には誇りが感じられます。


         .....学習院女子大学の真っ赤な鋳造門、強烈な色ではあるが威厳が漂う......
c0119160_15302822.jpgc0119160_15304142.jpg


c0119160_1531157.jpg


           .....威厳ある赤い鋳造門は真っ赤な紅葉が実にマッチしていますネ~.......
c0119160_15361515.jpgc0119160_15361843.jpg



c0119160_1537015.jpg
c0119160_1537215.gif




c0119160_15372961.jpg


理工学部や戸山公園周辺は実はあまり来たことがなく、今回ジックリと廻ってみました。大隈講堂のあるメインキャンパスとは雰囲気が違い、やや無機的で欧米大学の様な感じも・・(行ったことないけど)


     .......(左) 早稲田大学理工学部の象徴ビル  (右)理工・大久保キャンパスの街路樹風景.......
c0119160_15464988.jpgc0119160_1547490.jpg

c0119160_1549159.jpg







c0119160_15495296.jpg


都立戸山公園は紅葉が真っ盛りでした。陽だまりの中で老若男女が秋のいい一日を楽しんでいました。今年は猛暑の影響で都内はまだ緑色が多い。この光景になるのは12月初めの頃かな・・?


             .......都立戸山公園、紅葉の中でパフォーマンス訓練に励む若者達........
c0119160_15574885.jpgc0119160_15573617.jpg





c0119160_15581739.jpg


        .......(左)オジサンが座って何かの作業に励む  (右)戸山公園で遊ぶ子供達.......
c0119160_163166.jpg
c0119160_1631350.jpg






★歌舞伎町・ゴールデン街


靖国通りを横切り再び歌舞伎町方面へ・・。ビルの谷間には「歌舞伎町アートサイト公園」というやや前衛芸術的なSPOTが・・。コンテナをアートギャラリーに使用し実に個性的。バスケットボールに興じる若者も・・


               .......来た路を戻り、歌舞伎町アートサイト公園に入ってみる.......
c0119160_16223027.jpg
c0119160_16224611.jpg

        .......(左) コンテナSHOP&クラフトワークの建物  (右)バスケットボールを楽しむ若者達.......
c0119160_16243892.jpg
c0119160_16245444.jpg


そして歌舞伎町のメインエリアへ・・。ミラノボウル前やコマ劇場に来ましたが、不眠の街も当時間帯は眠っている?何か元気がなく古臭い感じ、寂れたような印象を受けたのは昼間だったからなのかナア・・。


        .......歌舞伎町ミラノボウル前の広場はかつてのような賑いが失われたような・・.......
c0119160_16265719.jpg
c0119160_16272264.jpg


大学時代はまさにこの広場周辺こそが日本一の大繁華街と思っていました。大学野球で優勝するとミラノ座前に集まり、噴水(今は撤去)に飛び込まされたものです。ノーテンキでよき時代だったナア・・。


         .......大騒ぎして噴水に飛び込むノーテンキな学生たち(1970年代半ばの写真).......
c0119160_1630265.jpgc0119160_16303553.jpgc0119160_16302094.jpg


c0119160_16305477.jpg


大学1年の頃、歌舞伎町でナンパなるものに挑戦してみようと聖二様とディスコを梯子してみましたが全てスカ・・。ダサイお上りさん学生を相手する子は誰もおらず2人は空しく敗退、寂しく帰路に・・(苦笑)


    ......コマ劇場前通り、昔この辺はディスコ(今はクラブと呼ぶ)が沢山・・サタデイナイトフィーバ~.......
c0119160_16362771.jpgc0119160_16364298.jpg




c0119160_1637353.jpg


そして歌舞伎町シンボルだったコマ劇場も今は解体されシネマコンプレックスビルにリニューアル建設中でした。
レトロ感漂う新宿ゴールデン街も怖い雰囲気だけれど懐かしい。またこのエリアが活気づけばいいですネ


     .......かつてのシンボルだった新宿コマ劇場跡は再開発中、再び活気溢れる街に・・?.......
c0119160_16425323.jpgc0119160_16434551.jpgc0119160_16431953.jpg




c0119160_16441110.jpg


c0119160_1651265.gif

  ......(左)夜の世界文化遺産、新宿ゴールデン街レトロ小路 (右)神楽坂様著作のゴールデン街案内本......
c0119160_16534535.jpgc0119160_16535377.jpgc0119160_16541240.jpg






c0119160_16542641.jpg


時代経過とともに繁華街姿や人気エリアは確実に変化しているんだなア・・と、今回の韓国パワーで賑う新大久保の街を散策してあらためて思いました。オバチャンパワーもあらためて脱帽で゙ゴザイマシタ(笑)


      .......(左)韓国といえばやはりキムチ (右)焼肉レストラン「大使館」(職安通り)前の賑い........
c0119160_1702165.jpgc0119160_170842.jpg

c0119160_170558.jpg



c0119160_1704370.jpg


               .......新宿区地図(今回紹介したコースを示しておきます)........
c0119160_1842446.jpg
c0119160_184364.jpg



                        過去に紹介した「新宿区探訪」の記事はコチラから




                                                        おわり

  by rollingwest | 2012-11-10 00:00 | 都会の風景 | Comments(64)